映画『それでもボクはやってない』を見て

レス22
お気に入り21
トピ主のみ2

ミント

話題

先日この映画を見てもっと知りたくなって、本屋さんで『彼女は嘘をついている』という本を買いました。この内容は、映画とはちょっと違っていましたが、女性の虚言によって男性が痴漢の犯人にされて刑務所に行く話しでした。映画の後だったので、もし自分の夫がこういう目に遭ったら自分はどうするか…考えさせられてしまいます。裁判所は悪い人を裁くところだと思っていたのに、この本のこういうケースは女性としては複雑です。彼女とされている、被害者の女子高校生は罰せられないのでしょうか?皆さん、どう思いますか?

ユーザーID:8412508689

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 痴漢という犯罪があるから

    私自身、「そもそも痴漢という犯罪がある方が良くない」と考える人間です。
    もちろん、虚言で人を陥れる人間には心底腹が立ちますし、
    痴漢を利用するような女性がいては、犯罪を逆に軽いイメージにしかねないので
    厳重に処罰してほしいと思いますが、
    それ以上に、つまりはそれだけ加害者が特定しにくく、被害者の泣き寝入りも多い
    そんな卑劣な行為が日常行われているということですから、
    最終的に私は、痴漢という犯罪の存在と、真の犯罪者に対して怒りを覚えます。

    ちなみに某インタビューを読んだんですが、
    周防監督は、アメリカでの上映の際、アメリカ人に笑われたらしいですね。
    なんと、アメリカでは"痴漢"という犯罪自体がないらしいんです。
    万一起こったら、女性は鉄道会社を訴えるだろう、ということですし
    エレベータ等で女性と2人にならないのはマナーだそうです。
    私は欧米信者ではないのですが、
    少なくとも性犯罪への意識は、日本はかなり遅れていると私は思います。
    『森のクマ〜』トピでも話題になっていましたが、
    「女性も悪い」という認識には、情けないの一言かな。

    ユーザーID:5893258791

  • 一番悪いのは痴漢

    結局女性も、濡れ衣を着せられたの男性も、痴漢の被害者ってことです。
    痴漢は自分以外の男性が罪をかぶって困っているのを、さらに楽しんでいるんじゃないでしょうかね。

    だから男性も痴漢を見つけたら、通報してほしいです。
    痴漢されている女性を助けてあげてください。

    される女が悪いとか、被害者(女)が対処すべきだとか、他人事のようにしていたツケがまわってきたんじゃないかと思います。

    ここは男女力をあわせて痴漢犯罪に取り組むべきです。
    もう、痴漢は女性だけの被害ではありません。

    ユーザーID:2369652513

  • トピ主さん、私も観ました。

    私も「それでもボクはやってない」を夫と観ました。痴漢冤罪の実話をもとに映画化されたと聞いています。周防監督の日本の裁判にずばっとメスを入れたリアルな映画でエンディングでは席が立てませんでしたね。素晴らしい映画でした。いつ自分も事件に巻き込まれてしまうかわからない恐ろしさ。しかし、この被害女性の云っている事に嘘がなく、ボクにも嘘がない...被害者が二人、周防監督の最大のテーマだったのではと思う。私も会社初出勤日の朝、通勤ラッシュでオヤジ痴漢から相当侮辱的な目にあい、何も対策が取れず、ただ涙がポロポロでるだけ...これを教訓に次からは対策をあれこれ考えました。許してはいけない痴漢行為、また悲しい痴漢冤罪、少しでも社会から減ってくれたらとつくづく思う。

    ユーザーID:2495263539

  • 実は無実である可能性をどこまで持ち続けるべき

    最期まで無実を分かってもらえないまま、有罪な人物としてそのまま死んで行った方も存在するのかな、と想像すると、止め処ない怖ろしさ、無実を見つけてもらえなかった方の計り知れない絶望、底無しの無念、究極のやり切れなさを思いますが、犯人と断定する側の、事のおそろしさを、難しさを無知ながら考えます。

    その映画や本未だ見てないけど、レスもずれてたら御免なさい。

    ユーザーID:9570766198

  • 痴漢事件

    長くお付き合いした元同僚と、結婚目前で破談になったきっかけが痴漢事件でした。わたしは仕事を辞め、結婚準備をしていた矢先のこと。結納まであと1ヶ月をきったあたりで、元同僚が失踪。

    週末を挟んで、週明けに警察に拘留されていたことがわかり、相手の親が上京されて我が家へ説明にやってきました。元同僚のカレは女子高生に2人がかりで痴漢を数日働き、その女子高生が3日間我慢して3日目に我慢しきれず警察に突き出したとのコト。この時ばかりは本人も認め、会社も退社して破談になりましたが・・・わたしの人生は滅茶苦茶になりました。

    痴漢は、痴漢された被害者や痴漢をした加害者の人生ばかりか、周りをも巻き込む事件です。結婚してなくてよかったと思うものの、痴漢をした本人は再就職し結婚して過去を隠して生活をしていることを聞き、本当に悩みました。冤罪は恐ろしいことですが、「出来心」「うっかり」「間が悪かった」などという言い訳を免罪符に痴漢を行う人間への罰則を強化してほしいものです。

    ユーザーID:9804195671

  • 意図的かどうかがポイントでは?

    人を陥れる為に、女性が意図的にウソをついたなら、もちろん罰せられるべきでしょう。
    でも、警察の怠慢か、意図や目的が調べられることがない気がします。
    最近は痴漢は女性側の意見を鵜呑みにする傾向があるようですが、
    7年ほど前までは、どちらかというと女性の意見は封じられる傾向にあったように思います。
    わたしが昔ストーカーに遭った時、警察の方は全く取り合わないばかりか、
    わたしの気のせいのようなことを言われ続けて傷つきました。
    ストーカーと痴漢では違うのかもしれませんが、
    男性の口封じ、女性の口封じは共に、実は警察の怠慢が原因なのではないかと考えます。
    それに、起訴されたら99%有罪なんて、この国は三権分立どころか権力は完全に結託していますよね。

    ユーザーID:5686774080

  • 痴漢は女の敵であり、男の敵でもあります

    痴漢等、このような被害に遭われるのはやはり女性が多く
    気の毒というか、申し訳無いというか、そんな気持ちでいます。
    ただ、男性だって怖いんです。

    私は電車に乗る時、痴漢に間違われやしないかいつも不安でいます。
    満員電車なんて怖いです。もし何かの拍子で触ってしまったり、間違われたりしたら
    それで人生終わってしまいますもんね。
    何もしていなくても、何日も脅迫のような取調べを受けて、心をボロボロにされて
    多くの人が、やっていなくても「やりました」と言わされてしまう位に。
    痴漢に間違われないよう、必ずどちらの手も上に挙げるか本を読むかしているように気をつけています。

    「本物の痴漢」というものさえ居なければ、「痴漢の冤罪被害」も無くなるはずですよね。
    痴漢は女の敵であり、男にとっても敵です。

    対策としては、やはり満員電車をなくすのが一番でしょうかね。
    人と人がくっつくのが不自然なくらいの人しか乗れないようにすれば、きっと痴漢も痴漢冤罪もなくなるでしょう。
    そう簡単にはいかないんでしょうけどね・・・。

    ユーザーID:9218672605

  • いえいえ

    >なんと、アメリカでは"痴漢"という犯罪自体がないらしいんです。

    よくそう言われますが、アメリカにも痴漢はありますよ。
    満員電車での痴漢ではないですが、私も一度経験あります。

    ガラガラに空いてる電車なのに、男性が隣の席に座り、体を密着させて来るんです。見るとニヤニヤ笑ってて、明らかにワザとなんです。
    気持ち悪くて次の駅で降りましたが。

    ユーザーID:9271285163

  • 普通の犯罪とは著しく異なる点

    刑法の原則として「疑わしきは罰せず」というものがあります
    つまり、原則として直接的な証拠がないと罰することができないというものです
    例外として林真澄の毒カレー事件も直接的な証拠が無いにも関わらず、状況証拠で罪になりましたが
    これはあくまで特異な例であり、状況証拠では本来は罪になってはいけないはずです

    ちなみに、スリの場合は容疑者のポケットに被害者の財布が入っていたとしても、現行犯でないと逮捕できません
    それは、わざと他人のポケットに財布を入れて、スリにあったと虚言をいう可能性を排除できないからです

    ところが、なぜか痴漢の場合のみ被害者の証言で罪になってしまいます
    スリと同様に痴漢も虚言をいう場合もありますし、被害者の人は混乱をしていて
    本来無実の人を痴漢と勘違いしているかもしれません
    また、カバンや傘がたまたま当たっていて気づいていない場合もあります

    あなたは痴漢に限らず、本来自分がやっていないにも関わらず、
    犯罪を自分のせいにされたらどう思いますか?
    痴漢は犯罪だと思いますが、その犯罪を証拠もなしに罪にしてしまう現在の制度はもっと悪質な罪だと思います

    ユーザーID:0627485949

  • ろろさん、ちょっと・・・

    せっかくいいことおっしゃってるのに、余計なひと言が残念。
    「ツケがまわってきた」というくだりです。これはダメですよ。

    現場に居合わせたこともなく、シカトしたこともない、
    冤罪のリスクは、そんな人にも等しく降りかかってくるんです。
    ツケを払うべきは犯罪者であって、無実の人ではありません。

    私自身、冷や汗モノの経験があるので分かるんですが、
    電車の中で疑いの目を向けられる恐怖、これも相当なものですよ。
    夜道で走って逃げられるのなんて、これに較べたら何でもありません。
    何しろ、その女性が騒ぎ出したら最後、「容疑者一丁あがり」ですから。
    その場で否定すればするほど、怪しく見えるでしょうしね。

    これ以外は、ろろさんの言われることに全面賛成です。
    「被害者」ということで言えば、子供なら男の子であっても
    ターゲットになり得ます(恥ずかしながら、私も経験あり)。
    だからというわけではありませんが、電車に乗っている時は、
    本を読みつつ、いつでも動けるよう腹をくくっています。

    もちろん、卑劣な犯罪者をとっ捕まえるためです。

    ユーザーID:8977715592

  • 昨日見てきたところでした。

    昨日夫婦で見てきました。

    これを見て思ったことは「警察には客観的な捜査をしてほしい」・・ってことでした。

    『彼女は嘘をついている』は読んだことはありませんが、女性の訴えも男性の訴えも正しく聞いて吟味していけば真実は見つかると思うんですが、思い込みやどちらかの立場に立った見方をしていたら真実は絶対見えてこないと思います。
    警察も裁判所も客観的に判断して欲しいです。

    『それでもボクはやってない』の被害者の女の子は痴漢の被害を受けていたと思っていたのでしょう。
    それに対して女の子が「この人痴漢です」と言ってしまうのは仕方がないかもしれないと思いました。
    でも捜査で本当に痴漢行為だったのか、客観的に調べればいいだけだと思う。
    裁判所にも、「犯人として捕まえる」ではなくて「真実を突き止める」という立場で裁判を進めてほしかったです。

    以前実際に、痴漢冤罪の裁判で被害者といわれてた女性が実はうそを言っていた・・っていう事件があったと思います。
    その女性はどうなったのでしょうかね。

    ユーザーID:9180810762

  • トピ主です

    いろんなレスありがとうございました。とても分かれていますね〜
    ただ・・・いろんな方が言うように痴漢という犯罪を犯す人は許せないし、私も日々苦しめられた経験があります。でも、それとは全く別にこういうでっち上げのような言動で、何も罪を犯していない人が犯罪者にさせられてしまう。とおりすがりさんの意見と同様ですが。男の人が痴漢をするから・・・というのであれば、女性が万引きの容疑をかけられて自分がもしもやっていないにも関わらず、万引きをする人間の犠牲・・・と片付けられていいということ?自分の大切な父親や夫、息子が疑われても『男なんだから、仕方がないね』で飲み込めますか?この本の男性の奥さんは夫の無実を信じて、戦っていることが救いですが・・・正直男とか女とかではなく人としてこんなことがあっていいのか?どうもそこが納得が出来ません。

    ユーザーID:8412508689

  • 難しいです

    映画を見ていないのに、申し訳ありません。
    でも、誤解を恐れずに言えば、痴漢という犯罪での捜査や裁判自体が相当難しく、無理があると思うのです。

    目撃者もなく、証拠も残らず、ただ被害を主張する人と加害を否定する人のみの状況。どちらが証拠を立証するにしても、かなりデリケートな部分に踏み込んだ、羞恥心を感じる屈辱的な行為の連続です。
    被害者が被害を立証するのは2時被害を受けるのも同然、加害者が立証するのも性的被害を受けるのと同じでしょう。 

    だからといって、お互いの話だけを聞く状態では、果たしてどこまで真実に迫れるのか疑問です。
    事件の目撃証言でさえ、2転3転して証拠にならないことがあるのに、混乱している被害者や加害者の証言が証拠の大半、ましてやそれに基づいて現場状況の再現なんて、双方の利益にとってあるべきではないと思います。

    正しい捜査や裁判を求めるより、痴漢という犯罪をどうしたらなくせるかを考えた方が、男女双方にとって有益だと思います。 
    満員電車の男女比の調査をし、その結果に基づいて銭湯のように完全男女別車両にするとか、手の高さ制限を義務づけるとか・・

    ユーザーID:3858762122

  • 痴漢は「現行犯逮捕」

    「被害者の証言だけで罪になるのはおかしい」とおっしゃる方がいらっしゃるので・・・

    痴漢は「現行犯逮捕」にあたると思います。逮捕というのは普通は警察官が逮捕状をとって行うものですが、「現行犯逮捕」の場合、被害者や目撃者がその場で犯人をとりおさえ「逮捕」することができるのです。
    もとろんその後、証言に矛盾はないか、状況に不自然な点がないかなど、公平な立場できちんと捜査し、公平な裁判が行われなければなりませんが。

    もし、痴漢を立証するのに物的証拠が必要だとしたら、ほとんどの痴漢行為が立証不可能になってしまうでしょう。
    冤罪に苦しむ人も、犯罪に苦しむ人も、どちらもなくせればいいのですが・・・

    ユーザーID:7636935652

  • 結局、痴漢は「微罪」だから

    結局、痴漢なんて犯罪は捕まっても、迷惑防止条例で「何万円かの罰金払えば終わり」のレベルだからなんでしょうね。

    痴漢冤罪で逮捕された人が、警察で言われたことは「罰金5万円払えば済むんだから、とっとと認めろ!」だったとか。
    その人は「そういう問題じゃない、自分はそんなことはやっていない、やっていないものは認められない」と言い張った為に、何十日も拘留されちゃったんですよ。
    その間警察は何の調べもせず「痴漢なんかで捜査なんかしてられるか、たった5万円じゃないか、さっさと認めろ」と言うようなことを言い続けたんですよ。

    もし、痴漢が懲役10年の刑だったら警察や裁判所はこんな態度は取らないでしょう。

    思い切って、痴漢で捕まったら懲役10年にすれば、案外無くなるんじゃないですかね?こういう冤罪も、痴漢という犯罪も。

    ユーザーID:8286976122

  • Mr珍さん

    「厳罰化したら」って私も考えたんですが、
    それでは冤罪はなくならない気がします。
    死刑になるような凶悪犯罪でも冤罪はあるわけですから。
    やっぱり捜査関係者の意識改革(改善)と、
    取り調べの透明化しかないのではないかと。

    でも、罰金はもっと上げるべきですよね。
    ちょっとしたスピード違反と同程度ではさすがに……。

    例えば飲酒運転と同程度ってのはどうでしょう?
    50万円だか100万円だか、それくらいになれば、
    ひょっとしたら多少は抑止力になるかもしれませんし、
    間違って捕まった人も、無法捜査官の悪辣な説得に
    応じなくなるかもしれません。

    それにしても、杜撰な捜査で不当に拘留されるなど、
    冤罪の被害に遭った人には、何らかの保障があるんでしょうか?
    せめて担当責任者に何らかのペナルティーは欲しいところですが。

    あと、やっぱり許せないのは真犯人ですよね。

    ユーザーID:8977715592

  • 男女別車両に大賛成

    世の中、善人ばかりではない。

    ケータイ禁止車両でケータイを使っていたところ、それを咎めた男性に腹いせで痴漢に仕立て上げる女性。
    小遣い欲しさに示談金搾取を目論み、痴漢をでっちあげる女性。
    虫の居所が悪い、注目を浴びたい、等の身勝手な理由でその場に居合わせただけの罪のない男性を陥れる女性。
    たまたま傍に乗り合わせた男性が気持ち悪いだの気に食わないだのという理由で抹殺欲に駆られて事を起こす女性。
    こういう実例は枚挙に遑がない。

    女性が「この人痴漢!」と言うだけで男性は痴漢にされてしまう実状、即ち、「言った者勝ち」な仕組みを悪用する輩が闊歩する現在、男性側の自衛手段には限界がある。
    ゼロの概念を発見し賞賛されるように、「無」の証明は「有」のそれより遙かに困難。
    つまり、痴漢していないことを証明するのは奇跡に近い。

    痴漢に遭った女性と同様に、善良な男性が貶められるのも酷たらしい。
    これを解決するには全車両男女別化しかないと思う。

    ユーザーID:7511269874

  • 電車に限らず…

    ”安心乗車”さんが挙げられた例のような女性が現実に多くいるというのは、同性として情けない限りです。

    『森のクマ』のトピを読んだのですが、世の女性のほとんどは「夜道で後ろから歩いてくる男は変質者の疑いアリ」という認識のようですね。
    「気分を害しても納得して!仕方ないの!」「あの恐怖感は男性には分からない」「たとえ見知らぬ人の心を傷つけてしまっても、自分の身を守るためなら…」
    こういった感情が、少なからず痴漢冤罪に繋がるのではないかと思ってしまいました。
    トピ主さんや”とおりすがり”さんのご意見と若干重複しますが、「男が犯罪を犯すから…」だの「憎むべきは痴漢という犯罪」だからって、夫や親兄弟・恋人が冤罪や不当な扱いを受けても、果たして同じ事が言えるのでしょうかね?

    ユーザーID:7662401950

  • おかしい日本の警察・検察・裁判官

    トピ主です。レスをしていただいた方の中にも
    罰金を増やしてもどうでしょうか?懲役を10年にする。それはあくまでも真犯人であれば・・・ということでしょう。
    私もこの映画を見て、2冊の本を探して無罪になる方と有罪になる方とチラ読みしてみましたが、無罪になる確率なんてほとんどない日本の司法を知りたくて『彼女は嘘をついている』を買ったのですが、どうも映画の話とは似ているのですが事件自体は内容が全く違っています。人違いでもなく、この女子高生の悪意以外の何ものでもない。映画も本も読んでいない方のレスは、ちょっと痴漢に対する内容でしたがこの彼女の嘘で、1人の人間が刑務所に行くなんて、冤罪の恐ろしさでまだまだ自分の中でどうしても納得が出来ません。この週末も映画を観にいってしまったほどです。

    ユーザーID:8412508689

  • 問題がちょっと違うかも-1

    私は本を読んでいませんが映画は見ました

    映画「それでもボクはやってない」は
    痴漢犯罪の話しですよね。司法の理想通り「疑わしきは罰せず」
    という考え方だと、痴漢犯罪は現行犯でしか逮捕できなうえに
    間違いなく被告がやったという証拠をそろえるのはかなり困難なので
    殆どは「無罪」になってしまいます

    一方で映画で裁判官か選択した、というか今の痴漢犯罪裁判で
    主流になっている「無罪であるという証拠がないから有罪」
    という考え方だと、同じく絶対にやっていないという証拠を
    揃えるのが困難です(映画をみて私も驚きました)
    殆どが有罪のなってしまいます

    司法の限界というか落とし穴というか、そういうテーマの映画だと
    受け止めて私は観ていました

    『彼女は嘘をついている』は読んでいないのですが、トピ主さん
    の話しの感じではそれは「詐欺犯罪」だと思います
    詐欺師が法律を利用して利益(慰謝料)を得ようとしたって事ですよね?
    「痴漢犯罪」が厳しく取り締まられるようになって生まれた
    新手の詐欺の手法って事です。
    でも服役してしまえは詐欺は失敗ですけど

    つづく

    ユーザーID:5989888080

  • ちょっと問題が違うかも-2

    冤罪事件として考えるなら、他にも映像化されています
    実際にあった松本サリン事件をテーマにした
    「日本の黒い夏 冤罪」という話しです

    冤罪って怖いと思いますが、やはり身近な事として
    捕らえるのは私には難しいです
    自分が乗った飛行機は墜落しないと思うのと同じですね

    ユーザーID:5989888080

  • 痴漢を捕まえた事はありますか?

    私は痴漢を捕まえた事があります。
    もう20年以上前の事ですが。
    ただ、あの時の被害と2次被害を考えると本当に痴漢を捕まえるのは
    もう自分を相当犠牲にする必要があるという事です。
    警察を呼ぶにも鉄道会社の人から許してあげたら?などと男性を庇う
    ような事を言われたり、事情聴取でも酷い事を言われましたよ。
    あれから随分変わったのかも知れませんが、痴漢という行為は
    相変わらず行われていて娘がいる身では、被害者を一番救済する方法を
    確立しなければ結局男性も被害にあうんです。
    仕事に行ってからもおやじ達から「酷い女、気の強い女」と本当に
    酷い言われ方でしたから、私はかなり不快な思いは未だに残っています。

    痴漢はガラガラの車内でも夜中にはありますし、もっと厳罰に
    処分する事も考えながら対策を考えないと酷い事はもっと行われると
    思います。先日は中学生位の男の子が寝ている隣の女性に触っているのを
    見ました。私が白々しく大きな声で娘とその事を話したら逃げて行きましたが、私は第三者が見ただけでも訴えられるようにした方が良いと
    思います。

    ユーザーID:7931025452

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧