夫の事業の借金。。どうすべきか。。。

レス14
お気に入り18
トピ主のみ0

キューピー

ひと

はじめまして。30歳主婦で夫37歳、子供8歳と4歳の4人家族です。夫がIT関係の事業を起こして5年程たちます。現在は正社員1名にアルバイト3名程度で運営しています。私は、自宅でパン教室を開いていて、収入は月7万円位です。今まで夫に、信用金庫、銀行等から小額の借金があるとは思っていましたが、先日トータルの金額が1500万程あると知らされました。
夫は「もう少し頑張れば、絶対うまくいく!」と、真剣に考えていて、ネガティブな意見を言うと、機嫌が悪くなり聞いてもらえません。今まで心から応援してきましたが、借金の多さに正直目の前が暗くなる思いでいて、今後もこのまま、頑張ってと言い続けていいものか、とても悩んでいます。
同じような経験をされた方、もしくはその位の事業の借金から持ち直された方、失敗された方等、どんなお言葉でも構いません。アドバイスをいただけると幸いです。

ユーザーID:1844249733

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あわててもろくなことはない。冷静に細かく実態把握を

    まず、落ち着いてください。
    そして、不安ならば、心配になるだけでなく、ご主人に実態を詳しく聞いてください。

    1500万円の借金があっても、1400万円銀行に残っていれば、実質借金は100万円だけですし、こういったことは借金の金額だけ聞いてもなんといえません。個人だって家を買うとき、1500万円の借金している人くらい、いくらでもいるでしょう。(もちろんその代わり、家という転売可能なものもあるのですが)

    それと(どんな仕事でいくら売上げるのか、どうやって返していくのか)計画ですね。
    > 夫は「もう少し頑張れば、絶対うまくいく!」
    何事も一部の数字やこういった抽象的な説明でなく、具体的にトピ主さんでもわかるような説明をしてもらうといいと思います。
    ご主人を最もハードル低く信頼してくれるはずの、トピ主さんを納得させられないのであれば、顧客、銀行を納得させられるはずはありません。(なので、トピ主さんも冷静にね)

    借金の額だけ見たら私も似たようなものです。

    ユーザーID:9332422793

  • 1500万なんて小額

    こんにちは。
    家は夫婦2人の零細企業ですがご主人の借金額の2倍以上借金ありますよ。(事業資金だけでです。プラス住宅ローンもあります。)
    企業の年商などがわからないから一概には言えませんが、事業資金の借金が1500万円なんて小額なのでは?
    借入先が銀行や信用金庫、公庫等のお堅いところであれば大丈夫だと思います。銀行は決算書などをチェックして危ないところには貸してくれませんから。借入先がノンバンク等でしたらちょっと心配かな?
    むやみに借金をするのは良くないですが、
    借金をしなければ商売なんて大きくできませんよ。

    ユーザーID:3033278760

  • 借入金の性質

    ご主人と同じ5年前に起業したものです。現在従業員30名ほどの小企業として
    成長軌道に乗り始めました。

    事業用の借入金はその性質が様々だと思います。

    1500万の借入金が多いのか、少ないのかは一概には言えませんね。

    貸借対照表で総資産からの借金の割合はどうですか?

    損益計算書で年商からの借金の割合はどうですか?

    借入金は運転資金ですか?設備ですか?

    顧問の税理士さんはなんと言ってますか?

    融資はどこから受けましたか? 1500万程度なら

    国金、信用保証協会などから無担保、第三者保証人なしで融資を受けられますよ。

    そのような制度融資を利用しているのなら現状は大きな心配はないと思いますよ。

    返済の見込みのないところには基本的に融資はおりませんからね。

    事業に借金はつきものです。正常な事業計画があるのなら借入金が無いほうが 少しおかしい。

    役員報酬から家計に生活費が渡されて、資金繰りが回っているのなら問題ないのではないでしょうか。

    そんなものですよ。

    ユーザーID:6600515641

  • 増えたか減ったか

    ・起業時の債務金額はどの位でしたか?
    ・起業時から現在までの間に債務金額は増えましたか?減りましたか?

    起業時と現在の借入金の差額が今後の事業の展開を占う指標になります。
    例えば、起業時の借入が1000万で5年経過した現在が1500万ならば、1年に100万ずつ借入が増えたことになります。単純に考えればあと5年したら2000万に膨れ上がる計算です。逆に起業時が2000万で現在が1500万なら、あと5年経つと1000万に減る勘定になります。

    勿論こんな単純計算で事業の将来が予測できるわけではありませんが、「増え続けている」というのなら軌道修正が必要です。「一発当てれば全部返せる」のような場当たり的な思考や、裏付けの無い「意地やしがみつき」なら撤収の方向が賢明です。

    儲からなければ「商売」ではありません。「後戻り出来ない」と勘違いし、破滅に向かう経営者は少なくありません。二度とできないわけではないのだから、「一旦諦める」という勇気も必要なのです。

    ユーザーID:1986953223

  • 大切なのはこれから…。

     今ある借金は一応、度外視しましょう。度外視すれば消えてなくなるわけではありませんが、ひとまず。

     ご主人の事業について、現状を話し合っていますか? 事業を立ち上げた当座は、会社を回していくのがやっと、といった状況が当たり前です。でも、赤字で当たり前、と言えるのは三期目までだと思います。現在、ご主人の事業は黒字ですか? 今後の伸びは期待できますか? 5年も経ってれば良くも悪くも今後の見通しが立ってるはずです。

     どうにも手の施しようがない、というケースは、傷口が広がる前に撤収するという決断もしやすいんですが、困るのが”そこそこやっていけそう”なケース。従業員の給料を支払ったら社長の取り分が残らないけど、何とかならないことはないな…というやつとか。(実はウチの会社がコレ。もうちょっとガンバればいい風が吹くんじゃないか…とか思ってしまうんですよね。
     ご主人はまだお若い。スッパリ思い切る、というのもアリだと思います。ただ、今の借財をサラリーマン家庭の収入でが返済していくのは無理かと思いますので(個人保証してるはず)資産の処分も考えないといけませんが。

    ユーザーID:8864149018

  • 心配ですね・でも大丈夫ですよ。

    7年前に起業したIT経営女性です。
    うちはのんびり型経営だし無借金主義なので楽しくやってますが、事業にリスクはつきもの。
    その辺を奥様ご自身がしっかり勉強して欲しいし、3人子供がいて経理も経営も現場もこなしている私から見たら、奥様が経理担当するべきと思います。今は会計ソフトがありネット検索すれば素人でも十分に経理できるので資金面について把握できると思います。
    IT系というのはソフト開発かポータル運営でしょうか?
    事業の立て直しですが、とにかく今すぐ運転資金を確保するには、ホームページ構築事業を取入れることです。今企業にHPは必須項目なので、リキ入れて営業すればすぐにお客は見つかります。それで運転資金と利息返済分と、もちろん各自の給与もまかなうこと。
    それぐらいの事できないなら旦那さんには事業を諦めてもらい法テラス使って自己破産しましょう。
    後は何も問題なく業界は今人手不足ですからIT会社に十分再就職できます。ご安心を
    まずは国家プロジェクトのドリームゲートで勉強してみて下さい。
    問題は旦那さんが聞く耳を持つか、ですね。
    ちゃんと話を聞かない人なら、私は離婚を勧めます。

    ユーザーID:4633291885

  • 頑張るだけでは返せないかも

    はじめまして
    参考になるかわかりませんが、よろしければ…
    私の弟が事業をやっていて、トピ主さんのご主人と同じくらいの借金があります
    借金を返すというのは努力だけでは絶対に返せません
    150万ならまだしも、1500万となると利子も結構な額ですから
    かなり綿密に返済計画を立てないと苦しくなると思います

    うちの弟も少し前まではトピ主さんのご主人と同じく『頑張れば返せる』と言っていたのですが、
    事業者税や消費税の支払いや追加で雇った従業員の方の経費などで返済が苦しくなってきました
    業を煮やして、会社の現状をきっちり分析し弟に書面でもって話したところ、
    本人も危機感を覚えたらしく最近は毎月自分で会社の収入を確認し支払いも細かくチェックするようになりました

    2に続きます(長くてすみません)

    ユーザーID:1367343665

  • 頑張るだけでは返せないかも 2

    >夫は「もう少し頑張れば、絶対うまくいく!」と、真剣に考えていて、
    >ネガティブな意見を言うと、機嫌が悪くなり聞いてもらえません
    身内の暴露話ばかりでお恥ずかしいのですが、家の父親が全く同じタイプです
    そんな先の事は今言っても始まらない!タイプです
    でも正直言って、そんな事言っていたら(そんな安易に考えていたら)借金なんていつまでもなくなりません
    その借金はいつから借りていて、返済はいつまでで、利子の変動に対応した借り換えは必要なのかとか、
    さらにはそれをカバーして利益を生める将来展望はあるのかなどなど、
    本当にしっかり計画を立てなければ事業が立ち行かなくなってしまうと思います
    7歳年上のご主人という事で、トピ主さんはきっぱりはっきりは言いにくいかもしれませんが、
    『きちんと今後の事を考えて』と切り出して話し合いを持つ方がいいと思われます
    私はその事実(借金)が発覚した時、弟に電話して細かい事情まで全部聞きました
    このまま頑張って!といい続けたいトピ主さんのお気持ちも察しますが、
    それだけではなくて、やっぱり現実を見据えた話し合いをされることをオススメします

    ユーザーID:1367343665

  • 僕だったら怖くて御主人にお金を貸せない

    仮にトピ主さんに現在資金があるとして、ご主人の案件に投資したいですか?
    それが答えでしょう。
    自分でも有望に思え、将来高い確率で借金が返せると思うのであれば応援すべきです。
    しかしそう思えないのだからここへ来たのでしょう。

    5年もあれば芽は出るはずです。
    ユーチューブは2年もしない内に実を結びました。
    少なくとも収益カーブは現在右肩上がりでないと厳しい。

    経営者に必要なモノの一つに「見切り」があると思います。
    一回の負けが大きいと次が無いから。
    それと冷静に助言を聞く耳。
    容易に負の感情を表さない規律。
    どれも足りない気がする。

    借金の額うんぬんではなく、有望でないのなら別のコトをすべきだと思いますよ。

    まあ、「半年様子を見て収益の上昇が見られないようなら辞める」くらいの条件で話をしてもいいのではと思います。

    ユーザーID:1437259406

  • 説明責任がありますね!

    自分もいわゆるIT関係の会社を経営しています。
    1500万円という金額自体は全然多いとは思いませんが、事業形態や売り上げ等の財務状況、将来性など総合的な判断に基づいて判断すべきでしょう。
    奥様として心配な気持ちがあるのは確かだと思うので、経営が上手くいった場合、このまま推移した場合、売り上げが落ちて収益も確保出来なくなった場合、会社を整理しなければならない場合、それぞれのケースでどうなるのか?の説明を受けるべきでしょう。税理士や第三者を含めて話をするのもいいかもしれません。
    自分の奥さんすら説得できないような事業なら将来性も低いでしょうね。応援してくれる家族・奥様に事業計画の説明すらしないようなら経営者として資質が問われると思います。

    ご主人の説明を納得されたら、とことん応援してあげてください!
    100%成功することが約束されてることなんてないと思うし、逆に失敗(多少の借金も含めて)を恐れていたら成功することもないと思います。

    ユーザーID:1770186037

  • 借金のない会社のほうが少ないと思いますが。。。

    いろいろご心配でしょうね。
    問題は、その借金を返済する前にまた借金をしなければならなくなるかどうかだと思います。

    正常な経営(借金返済・経費等が支払える、自分の収入がある)ができる売上げを確保できていればその借金は心配ないと思います。
    キューピーさんは会社の中のことはまったくタッチしていないのでしょうか? どういう経営状況かはわからないのでしょうか?

    入ってくるお金より支払うお金のほうが多いから足りなくて借金するということだと思うので、今は仕事をしてもほとんど利益が残らないということかもしれませんね。
    それとも借金は会社を立ちあげるための経費に使われたのでしょうか?
    まず、返済や支払いが滞ってないか確認できればよいのですが。

    支払い等の延滞がなく、借金もきちんと返済していて今後大きな借金をする予定がなければ今のところは大丈夫なのではないでしょうか?
    キューピーさん家族の生活費はまかなえているんですよね?
    本当に苦しければ、従業員を雇うことも無理だと思うのでそんなにせっぱつまった感じではないような気がします。

    ユーザーID:4846984607

  • うちもです

    うちもトピ主さんちと似たような状況です。お給料もきちんと入りません。
    3歳と1歳の子供もいます。
    これも自営主のさだめと思って諦めています。

    うちの対策は、私が専業主婦にならず、正社員でいること。
    家の名義は私であること(実際、私だけでローンを組んでいます)。
    主人名義の預貯金はしない。
    そうすれば、会社が潰れても、とりあえずの生活はできると思っています。

    あとは、ご主人の頭の上がらない人(先輩や親友等)はいないでしょうか?
    もしいらっしゃれば、その人から話してもらえるといいと思います。

    ユーザーID:0681220162

  • 立場を明確に

    私も経営者です。 自営、零細企業経営者の家族ならば
    トピ主さまは自分の立場を明確にすべきです。

    事業用の借入金について心配があるのなら、自分も経営の主体として
    財務諸表を精査する必要もありますし、資金繰りなども
    考えていくべきでしょう。

    逆に 家庭の主婦として、または自分のご商売を中心に考えたいのなら
    ご主人の事業には一切口を挟まないことです。

    そのほうがお互いに精神的に楽です。中途半端に会社内の資金繰りなどを
    知ってしまうと余計に心配になることでしょう。


    ちなみに私は後者です。
    月々の生活費を給料のように口座に振り込んでいます。
    当然、役員報酬はその何倍もありますが、事業と家計はまったく別と考えています。

    口を挟むなら徹底的に勉強して 社長の右腕になる。

    そうでなければ、はっきり距離を置く。

    そこをまず決めた方がよいです。

    ユーザーID:8386392994

  • 同じ立場の者です。

    私も、夫の借金に驚いた立場でした。すごく不安ですね。
    そんな私は、ロンさんの意見に同感です。

    主婦の私には、夫の事業は、スケールから金額(借金)までが自分の生活からかけ離れています。
    夫を見ていると、一日一日真剣勝負で仕事をしています。夫が受けている強いプレッシャーも感じます。
    主婦の私にできる事を考えて、応援する事と出来るだけ夫が受けているプレッシャーから解放できる場所を家に作る事、無駄なネガティブな言葉をかけない事、夫が仕事に集中できる環境を作る事を心掛けるようにしています。
    ネガティブな事ばかり口にしていると、良い事も悪い事も何も話をしてくれなくなる恐れがあると思います。
    中途半端の口出しは、悪い方向への導きになる恐れがあるので気をつけてくださいね。

    おいしいパンが作れるキューピーさんは、とても素敵です。
    そのパンを食べられるご主人は幸せ者ですね。

    夫婦で山あり谷ありの人生を乗り越える覚悟を持ち、お互いがやるべき事をきちっとこなしていけば、あまり慌てたり不安になる必要もなくなると思います。

    ユーザーID:5789077789

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧