欧米の夫婦はみなダブルベッドですか?

レス49
(トピ主1
お気に入り24

生活・身近な話題

ぺこり

アメリカ映画などを見ると、夫婦が必ずダブルベッドで
ふわふわの枕を重ねて使っています。
皆さん本当にそうなのでしょうか。
それと照明が全体に暗くて、あちこちにスタンドが置いてありますよね。
キャンドルがたくさん置いてある事もあります。
あれっておしゃれな映画の中だけのことですか?

つまらないことですが昔から気になっていました。
欧米の生活に詳しい方どうぞ教えて下さい。

ユーザーID:7190267598

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆じゃないだろうけど日本より圧倒的多数では?

    しみじみ思ったのは、
    ホテルに日本でいうツイン(シングルベッド2台)の部屋
    数が非常に少ないことです。
    男女ペアや夫婦二人なら同じベッド、というのが多数派なんでしょうね。
    うちは相手の寝返りとかの揺れが気になるので、
    ベッド2台派なのですが、ホテルで変な顔されました。
    「夫婦なら1台だろ?」って!! 

    映画では女性がとっても薄着(スリップだけとか)ですが、
    私にはとてもできません、冷えちゃう。
    でも、こちらのパジャマ売り場では、ああいうスリップみたいなパジャマ?が売っているので、映画だけの話ではなさそうです。
    やはり体格の違いのせいかしら?

    ユーザーID:3190135514

  • そうみたいです。

    北欧在住です。
    1人で寝るほうがよく眠れるのでシングル2つで寝たい(というかほんとは自分の部屋がほしい・・)とダンナに言うのですが、別々のベッドで寝る=愛情がない、という意味だ!と反対されます。彼の両親ももちろんダブルベッドです。
    こちらの友達も「えー、別々に寝たいなんて信じられない!!」といいます。
    旅行会社勤務なのですが、確かに日本の団体の「ツイン(2つのベッド)マスト、ダブル不可」のリクエストはホテル選択の幅が狭まります。

    あと、照明も暗いです。明るくできるのにあえて暗くするし、2人でラーメン、みたいなどうでもいい夕食でもキャンドルライトだったり(苦笑)

    ユーザーID:8760884371

  • フトンベッドです

    ドイツ在住です。
    独身時代に私がベッドから落ちたことがあると聞いた夫(ドイツ人)が結婚の為に用意してくれたベッドが「Futon Bett」。
    大きさは正方形に近いキングサイズのダブルベッドで、高さが20センチくらいかな。例え落ちたとしても全然平気な高さです。
    うちは夫婦揃って添い寝がいいと思っているので、このダブルベッドの真ん中に子供も一緒に寝ていますよ。
    枕も掛け布団も羽毛でふわふわですが、マットレスは固めを買いました。
    背中も沈まないし、何より私たちの体重で子供が窪みにはまる心配がないと思って。
    ベッドの両サイドに小さなサイドテーブルとスタンドを置いています。
    我が家の場合、映画の世界のようにロマンチックな寝室ではないですよ。
    でも朝起きると夫がベッドメイキングをしてくれるので、寝室は他のどの部屋よりも綺麗に片付いています(笑)

    ユーザーID:9015351676

  • そうですね

    アメリカ人の配偶者がいる者です。夫婦で大きいサイズのベッドに一緒に寝る。というのはやはり一般的ですね。義父母は結婚50年、ずっと一緒のベッドに手をつないで寝ています。日本だと、ゆっくり寝たいのでツインベッドで別々に寝られるご夫婦も多いと思いますが、彼らは日本でいうダブルサイズではなく、もっと大きいクィーンサイズやキングサイズに寝るので、ひとつのベッドでもスペースに余裕があるので、ずっと一緒に寝られるのだと思います。

    照明ですが、明るさの感じ方が私たちアジア人より強いらしく、日当たり良好な部屋は好まれません。私の主人は眩しくて目が痛いと言って、日中から遮光1級カーテンを閉じています。そして白熱球のフロアスタンドをオンにします。確かにキャンドルも大好きですね。特に来客があるときは、お気に入りの香りのキャンドルをあちこちにつけます。部屋の演出兼消臭芳香剤代わりです。

    ユーザーID:2335439354

  • そうですよ〜

    まずランプはきっと日本のように白熱灯を使ってる家庭はないんじゃないでしょうか?
    勉強用にはスタンドを使います。
    それ以外は間接照明がほとんど。
    これに慣れたら雰囲気があって良いですよ。でも、慣れるまではくら〜〜〜いって感じますよ。
    それと、ベッドは沢山友達がいるけど、シングルベッドを二つ。。。って聞いたことはありません。
    もちろん仲が壊れかけの場合、ベッドじゃなくて、ソファーとかでしょうけど(笑)

    ユーザーID:3056787487

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 間接照明

    天井灯がないんですよ。基本的に。だからみな、間接照明です。おしゃれでもなんでもなく。寮も間接照明なんで、勉強中、目が悪くなりそうで困りました。ハロゲンライトがやたら安く売ってますが、夏は暑いし・・・あと、木造が少ないのでキャンドルにも抵抗ないんでしょうかね。
    それから、私が知ってる限り、ダブルベッド、なんかやたらと枕が多い、がほとんどです。でもおしゃれでもなんでもなく(強調)。

    ユーザーID:5120662865

  • アメリカの事例でよければ…1

    アメリカのベッドの規格は日本と異なります。
    Twin 39x75in(インチ)、 99x190cm
    Full 54x75in、137x190cm
    Queen 60x80in、152x203cm
    King Eastern76〜78x80in198x203cm California72x84in183×213cm
    夫婦で使うのはQueenかKingです。もしかしたらFullも使うかも。
    ベッドメイクはベッドパッド、FittedSheet(マットレスに敷くシーツ)その上にFlatSheet、毛布、
    枕二つが基本です。寒ければComforter又はDuvet(掛け布団の一種)を更に掛けます。
    後は好みでSham(飾り枕)Bedskirt(ベッドの脚を隠すカバー)変わった形のクッションなどで飾ります。
    うろ覚えですが、昔ヨーロッパで枕を重ねリクライニングチェアのように斜めに寝ていたことからきているようです
    (今は普通に寝ています)。
    毎日整えるのは面倒なので、飾りは客用寝室やお客様が来て部屋を見せるときしかしてない人も多いみたいです。

    ユーザーID:8070524471

  • 基本的には

    アメリカ在住ですが、基本的には夫婦の寝室にクイーンかキングサイズのダブルベッドですね。相手のいびきがすごかったり、寝相が悪い人は大変だろうなぁ、と他人事のように思っちゃいますが。

    天井から下がった蛍光灯の直接照明ではなく、スタンドを使うのが基本です。家によっては天井に電気コードが通ってない構造も多いので。

    ユーザーID:5086356314

  • クイーンサイズ・キングサイズが多いですね

    日本だと布団とかツインベッドをそれぞれ使ったりと色々あるようですが、こちら(北米)ではやはり夫婦ふたりでクイーンサイズとかキングサイズベッドということが多いですね。わたしたち夫婦はクイーンサイズですが、お互い寝相が悪いので、ベッドを買いかえる際はキングサイズにしようねと言っています。
    照明の件は、古い家だと全ての部屋に電気の線が入っていないので天井に照明が取り付けられず、スタンド式の照明を置かざるを得ないということがあります。天井に照明がついていてもインテリアの掟なのか、ベッドの両脇には必ずサイドテーブルが置いてあって、その上に小さめのスタンド照明が置いてあります。床に就く前にベッドで本を読んだりする人が多いからだと思いますが。キャンドルはアメリカ人家庭でよく見かけます。こちらのインテリアデザイナーも必ずインテリアアクセサリーとしてキャンドルをあちこちに置きたがりますね。確かにムードがありますが、私は「家事の元になる!」と落ち着きません・・・

    ユーザーID:3625908056

  • ダブルベッドは一人で使うものだと思っていました!

    その手のベッドはダブルではなくてクイーンやキングサイズではないですか?

    ユーザーID:6337366440

  • ダブル、というよりも・・

    アメリカです。

    私の周りでは、お二人が一緒のベッドで寝ておられるところは、クイーンサイズかキングサイズのベッドが多いです。キングサイズは、トゥインサイズを二つ並べたのと同じサイズです。

    私たちはキングサイズです。私の知り合いは「歳を取ってから変えたのよ」と言ってフルサイズを二つ並べて別々に寝ておられます。

    アメリカのベッドのスタンダードサイズは、トゥイン、フル、クイーン、キングとなります。

    照明は、そもそも天井に付いてない部屋もあり、フロアスタンドや、サイドボード、ベッドサイドのライト、更に壁のライトを多用します。

    電球は、蛍光灯はオフィスみたいだからと嫌う人が多く、長く白熱電球が使われていましたが、最近は消費電力節約意識の高まりと、蛍光灯でもやわらかい光を出せるものが開発されたのとで、蛍光灯に代える人が多くなりました。蛍光灯と言っても、グルグルと渦巻状になっていて、これまでの白熱電球のところにはめ込んで使うのです。

    キャンドルは、ムードを盛り上げる為に使われていると思います。照明を落とすと、暖炉の火さえ、ずい分と明るく照らしてくれるんですよ。

    ユーザーID:5240492965

  • アメリカの事例でよければ…2

    スタンドの件ですがアメリカの住宅は居室にほとんど天井照明がありません。
    作りつけの照明があるのは洗面所や廊下、キッチンくらいです。
    ですのでスタンド(フロアランプといいます)やテーブルランプを組み合わせるしかないのです。
    ダイニングにはシャンデリアを飾りますが、主照明はランプと考えて間違いありません。
    それに慣れているので彼らには日本の天井照明は明るすぎて違和感があるみたいです
    (個人的には家のどこでも本を読める現代日本の明かりは好きなんですが)。
    蝋燭はインテリアの一部として飾り、ホームパーティやサンクスギビンングで人が集まるときに燃やします。
    新築はほとんどないせいか中古住宅をリフォームしインテリアに凝るのがアメリカ流です。
    日本で言う「ハレの日」用のリビングダイニングの家具や飾りつけは気合を入れている人が多いですよ。
    ファミリールームは…子供のおもちゃで結構散らかってたりしますが。
    大金持ち(結構多い!)はインテリアデザイナーに内装や家具を丸投げしますので映画とおりのことも多いです。

    ユーザーID:8070524471

  • 現実によくあります

    ベッドのサイズは、シングル、ツイン、クイーン、キングサイズといいます。
    独身者とか学生は多分ツインサイズ、夫婦やカップルはクイーンかキングサイズです。
    部屋の大きさとか値段ゆえか、クイーンサイズがよく売れているようです。これが日本で言うダブルベッドでしょうか。

    部屋の中が暗いのもその通りです。なぜか家の中は暗くて落ち着いた感じが好まれるようで、天井から電気がついているというのはあまり見かけません。伝統的にランプシェードのついた電気スタンドをあちこち置いて使うようです。日当たりのいいのを好む私たちには理解できませんが、日当たりとか家の向きとかも気にしません。
    キャンドルも好まれるようで、あちこちにおいて普段から点けて楽しんでいるようです。キャンドルもそれをのせるホルダーもいろんなタイプの物が売られています。
    全体的に料理に手をかけないで掃除に手を掛け、雑誌のインテリアのようなお宅は多いです。絵や造花、様々な飾り物で家をデコレートするのはこちらの人の楽しみの一つのようです。
    だから映画の中のインテリアも、あながち映画の中だけとは限りません。現実にたくさんあります。

    ユーザーID:6687721821

  • アメリカでは

    マンハッタン在住のあんこです。

    こちらではDouble Sizeのベッドは亜流です。
    ほとんどの方がQueen Sizeベッドを夫婦一緒に寝るベッド
    として選んでいます。
    寝室が大きければKing Sizeのご家庭もあります。

    Full SizeベッドはDoubleよりも
    大きいですが、Queenサイズよりは若干狭いです。

    そして夫婦ですが、離婚の危機にある夫婦を除いては
    必ず一緒に寝ます。

    枕は、ふわふわのもありますが、健康枕も多々売っています。
    何年か前に日本式の枕も売っていました(麦?入り?)。

    室内ですが、間接照明で日本人には暗く感じますが、瞳の
    色素の薄い人種には日本人が感じるよりは明るく感じるらしいです。

    キャンドルは、ロマンティックな夕食の時には欠かせない演出小物です。
    私は使いませんが、どんな小物の店にも色彩豊かで多種多様なキャンドル(アロマ入り)が売っていて見ていると飽きないですよ。

    マンハッタンに限って言えば移民都市なので、その人が何系かの
    民族的ルーツによって室内の装飾などは多少変わってくると思います。

    ユーザーID:4555384727

  • はい、そうです

    スペイン在住です。
    私の知っている既婚者はみな、ダブルベッドですね。
    夫婦でそれぞれシングルなんて、何か問題でもあるんじゃないかと思われそうです。
    家具屋さんを見ても、夫婦の寝室でシングルベッド2つというモデルルームは見たことありません。
    うちは枕は二人で長いのを共有してます。

    それから家の中ですが、暗いです。
    こちらの人は間接照明が大好きで、蛍光灯があるのは台所だけです。
    本当に暗いです。いやです。もう慣れましたけど。
    子供にしまじろうのビデオを見せるたび、「部屋は明るいかな〜?」の質問に、
    暗いよー、と一人でつっこんでます。

    暗がりで生活していても視力には関係ないのか、日本人ほど近視のひとは多くないようです。

    ユーザーID:8254148112

  • ダブルじゃなくて。。。

    ダブルベッドは小さいです。もっと大きな、クイーンとかキングとか、それより大きいカリフォルニアクイーンとか(名前がいろいろあるけど)、とにかく大きいベッドが出て来ますよね、映画。

    でも、私が今住んでいるマンハッタン、かなりのお金持ちで無い限りは東京近郊と同じような住環境ですから、映画のような訳にはいきません。その前に暮らしていたカリフォルニア、土地も安く家も広いので、家具がかなり大きかったです。それに乗じてベッドも大きかったです。

    照明は、日本と違って、天井に蛍光灯を取り付けてありません。キッチンとバスルーム、玄関辺りには天井にライトが付いているけれど、基本的にはスタンドを立てて明かりをとる間接照明が多いです。だから、アメリカに来て目が悪くなった〜って言っている知り合いも多いですよ。

    欧米と書かれていますが、私にはアメリカの2州の状況しか分かりません。でも、アメリカの方は体格の大きな方が多いので、大きなベッドじゃないと2人で眠れないんじゃないかしら?間接照明は、何もかもが明るい日本と違ってムードがあるから好きですけどね。

    ユーザーID:5394967941

  • アメリカの事例でよければ…3

    アメリカの東海岸の実情はTheNewYorkTimesRealEstate

    http://www.nytimes.com/pages/realestate/index.html

    で見てみてください。
    売買のHPですが中のインテリアも載っています。
    大金持ちはマンハッタン(都市のマンション)もしくはハンプトン(夏の邸宅)で高いほうから、
    小金持ちはNY,NJ,CTの$1,000,000以上
    中流のインテリアはNY,NJ,CTの$400,000〜600,000
    特に中流は売るために片付けてありますが、実際に住んでいる人が選んだインテリアなので参考になるかと思います。

    ユーザーID:8070524471

  • ダブルベッドというものは存在しません

    アメリカでは、ダブルベッドというものは存在しません。シングルでなく、ツインサイズ、フルサイズ、クイーンサイズ、キングサイズと大きくなっていきます。またそれぞれ、普通のサイズと、少々大きめのカリフォルニアサイズがあります。二人の場合、一般的にはクイーンかキングだと思います。フルサイズは一般的には一人向けです。

    照明に関しては、一般家庭では蛍光灯の眩しいライトは人気がありません。殆どが白熱灯です。ベッドで本を読みたいときには、部屋全体ではなく、ベッドサイドのテーブルにあるランプを付けて、本を読むようです。

    キャンドルに関しては、非常に人気があります。香り入りの物も多いです。私自身は、少しですが煙の匂いがするので、それ程好きではありませんが、訪れた家庭で使っていても、文句は一切言いません。但し、つけたまま、外出したり、部屋に誰も居ない状態が続く際は、キャンドルが原因の火事が多いですので注意します。

    ユーザーID:3303352921

  • えーっとですねー

    アメリカに住む日本人夫婦です。

    「ダブルベッド」というのは、シングルベッドではない物をさしていらっしゃるのかもしれませんが、体格の良いアメリカ人夫婦にダブルベッドは無理でしょう。キングサイズか、クイーンサイズだと思います。うちは、キングサイズベッドで2人で寝ていましたが、今は1歳になる子供も一緒なので、3人で寝ています。

    スタンドが沢山置かれている・・・・というのは、部屋に取り付けられた照明器具が無いからです。日本なら、各部屋に必ず天井なんかに照明器具が付いていますよね。地域にもよるのですが、私の住んでいるカリフォルニアには、台所、バスルーム、ダイニングスペース、玄関以外は備え付けの照明器具が無い、と言うのも珍しくありません。
    もし海外旅行の経験がおありなら、外国のホテルを思い出してもらうといいです。薄暗いですよね。あんな感じです。

    キャンドルは、香付きのものがあるので、リラックスするために寝室だけではなく、お風呂に入るときに使う方もいらっしゃいますよ。

    ユーザーID:3436096664

  • ダブルベッド&間接照明です

    ヨーロッパに住んでいるものです。夫が以前買ったアパートに今住んでいます。日本から私が引っ越して着た時から、なぜかダブルベッドでした。それと間接照明です。こちらではオフィスやスーパーでもない限り、蛍光灯は見かけません。蛍光灯の光や色が嫌われるようです。更に、キャンドルは、お風呂場にありました。たくさんではありませんが、雰囲気作りを一生懸命行う夫の行動としてはあり得ると妙に納得していました。
    アメリカにも住んだことがありますが、アメリカ人の女性のお友達の家へ訪れた時も、一人住まいにも関わらず、ダブルベッドでした。
    家具屋さんへ訪れても、圧倒的にセミダブルかダブルが多いので、ダブルが普通なのでしょうかね?

    ユーザーID:1419558335

  • 一例に過ぎませんが

    アメリカ人と米西海岸で暮らしています。これまで訪問したお宅は皆ダブルベッドでしたし、主人の両親世代も殆どがダブルベッドだったそうです(今はキングサイズないしクイーンサイズが主流ですが、昔はもう少し小さいベッドだったというのが主人の記憶)。

    照明は、最初は確かに暗いと感じました。寝室だけでなく、どの部屋も間接照明が中心なので、私はその「暗さ」に慣れるのに時間がかかりました。慣れてしまうと落ち着いていいなと思いますが。因みに、読書をする場合は、スタンドを使用します。居間にも読書用スタンドがあります。

    キャンドルは、私の周辺の人々の場合は、お客様を招待したときや、特別な日(お祝いや記念日)にはダイニングテーブルにセットしますが、寝室には置いていません。火事が怖いので。それと、我が家の場合は、キャンドルは結構高い(値段が)というのが使用を限定している理由です。

    ユーザーID:3512189547

  • アメリカですが

    こちらでは売りに出している家を見せるopen houseが盛んで、ベッドルームをちょいと見ることが合法的にできます。確かにダブルベッドは多いような気がしますが、全てが全てではありません。ただし、日本のツインベッドのような幅の狭いベッドは、あまり見かけない気がします。二つベッドを並べる場合は、セミダブルがおおいのではないかと。夫婦別々の寝室というのも、熟年夫婦では多いと思います。主にいびきが原因ではないかと。

    照明は、確かに天井から下がっている照明がない家が多いので、あちこちにスタンドを置くしかないですね。しかも、たいていの寝室は暗いです。

    ユーザーID:0204102327

  • 家は

    夫婦でも、広々と寝たいのでキングサイズです。以前、ダブルベッドを使っていましたが、やはり狭いし夫は大きいのでキングサイズにしました。ただ、現在は3人の子が夜中に忍び込んできて寝ていて、キングサイズなのにダブル並の狭さに…。

    ちなみに、ベッドルームは電気はもともとついていません。だから、ランプを自分で購入し置いています。家は、3ウェイランプで明るさを3段階に調節できるようになっています。薄暗いのもなれました。おそらく、欧州では寝室は寝るためだけの部屋なので暗くって当たり前なんだと思います。キャンドルは、個人的に好きなので子供部屋を除いては家のあちこちにあります。

    ユーザーID:0852859154

  • 素敵なベッドルームですよ!

    ドイツ在住です。
    義理の両親がドイツ人なんですが、トピ主さんがおっしゃってる
    通りのベッドルームです。ものすごく、素敵です!
    生活感が全然ただよってないというか、そのまま映画の一シーンに
    でてきそうな空間です。いつ行っても、ベッドメイクが完璧に
    されてます。(ちなみに姑に呼ばれて、もらい物をしたりする時に
    ベッドルームに案内されます。自分から見に行ってません。)

    ただ、ダブルベッドではなく、シングルベッドを2つくっつけたベッドです。
    ぱっと見は、キングサイズのダブルベッドに見えます。
    義兄宅のベッドルームも、義理父母ほどではないですが、
    優雅な雰囲気です。

    ドイツ人は、間接照明の使い方が上手だなと思います。
    まず、蛍光灯がありませんですし。
    ちょっと薄暗いのが難点ですが、インテリア面では
    効果的だなと思います。

    ユーザーID:6990688778

  • クイーンかキング

    クイーンかキングサイズのベッドが一般的です。ダブルベッドは狭くて寝返りが打てません。枕は人それぞれですかね。うちは一人一個です。飾りで置いても使わないし、ベッドで本を読まないので。
    照明は日本のように大きいのを一個部屋の中央にどーんというのは少なくて天井には一個中くらいのをつけて後は隅にいくつか小さいライトをつける事が多いです。ちなみに日本のような円になった蛍光灯はまず使わなくて、電球かコイル型になった蛍光灯が照明の中に3つとか入ってます。
    こちらに来た頃は暗くて暗くて...でもお肌とかはきれいに見えるそうですよ。

    ユーザーID:7652720287

  • アメリカ事情

    アメリカでは大体カップルはクイーンかキングサイズ(ダブルというのは聞いた事ありません。日本の呼称だと思います)のベッドに就寝いたします。又、ご指摘どおり、沢山枕をベッドのヘッドボードに立てかけて置き、実際に眠る時には必要なだけに減らして使用します。

    照明は確かに殆どの家庭が、日本人からしたら目を悪くするくらいの間接照明です。私はこれは多分に女性が自分の皺隠しに便利だと思っているのでは、と長い間思っています。でも、最近の家屋ではかなりこの照明が明るくなってきています。キャンドルも勿論使用します。特に入浴の際に底の浅い湯船に浸かって、バスタブの周囲にキャンドル(香料入り)を沢山点して、等はやっていますよ。

    それより、アメリカの家庭で子供用の勉強机というのを余り見ない方が私には不思議でしたし、今でも不思議に感じています。

    ユーザーID:1959339836

  • うちは、それに近いかも・・・・。

    現在、アメリカ在住です。うちはキングサイズのベッドと枕は3個ずつお互いに使って寝ています。
    初めの頃は枕は1人1個で十分と思っていましたが、日本の枕のようにボリュームがないので3個くらい重ねて寝ないと高さが足りないので、今では最低2個はないと寝れません(笑)。

    照明はリビングなどは日本の家のように蛍光灯ではなく電球(日本のトイレのような)なので暗い為に幾つかのスタンドが必要です。うちもスタンドは3つあります。 キャンドルは香り付きのものからなしの物まで、うちにも幾つかあります。去年、停電になったのですが、その時には大分助かりました。普段はそこまで使わないのがこういう時に役立ったので、これからも緊急用の為に揃えておこうと思いました。

    ユーザーID:3536528966

  • 気になるよね

    わたしも昔は映画の中だけと思っていました。

    今はカナダで暮らしております。
    うちはクイーンサイズのベッドです。
    お邪魔するお家はだいたいクイーンサイズのベッドでご夫婦で寝られている方がばかりです。ダブルよりもクイーンが一般的じゃないかなぁ?
    クッションや枕も沢山置いて、寝室のイメージに合わせてデコレーションしているお宅ばかりです。
    ランプスタンドもいろんなデザインの物を選ぶ事ができるので(しかも安い)、寝室だけじゃなくてリビングや階段の踊り場などあちこち置いてあります。

    ちなみにリビングの天井には基本的に照明が無いです。(天井照明のある家をみたこと無いです。)

    キャンドルも至る所に置いてありますよ。
    主寝室(夫婦の部屋)にはもちろん、大抵バスルーム(シャワー室、バスタブ、トイレ)も主寝室に付いているので、そこにも沢山キャンドル置いております。

    ユーザーID:3508790207

  • 大概そうです。

    カナダに住んでますが、我が家はダブルベッドですし、知り合いも全員そうですね。て、いうかこちらでは夫婦のベッド、または寝室が別になる=夫婦の危機ですからね。枕もいっぱい使ってますよ〜。うちは羽毛の枕5個使ってます。でも私には柔らかすぎるので、私はパイプ入りの日本製の枕使ってます。うちの主人は一人で4個は使ってますよ!

    うちは本当に寝るための寝室なので、テレビも置かないし(カナダやアメリカでは寝室にテレビがおいてある家庭が多いです)、照明も暗めのをふたつ置いて、リラックスできるようにしてます。キャンドルは…ロマンチックなムードを演出するときはつけますねぇ(笑)5つも6つも!

    ユーザーID:3494267766

  • 我が家の場合・・

    欧米人の夫を持つ日本人妻です。外国暮らし7年目になりました。

    我が家はダブルベッドでは小さいのでキングベッドです。
    そして枕は1人につき二つずつ。飾りにたくさんクッションをのせる人たちもいることはいますが、あれは本当に面倒です。実用的じゃないので誰もがそうしているわけではないですよ。

    照明が暗いのは、家のつくりによるところも多いと思います。私たちが今住んでいる家のベッドルームには、通路にしか天井電気がついていません。必然的にベッドの周りは暗く、ベッドサイドテーブルにのっているランプだけが明かりとなります。

    ろうそくについては、私はあまり灯しませんが、友人でろうそく大好きな人がいて、彼女の家はろうそくでいっぱいですよ。

    お役にたちましたでしょうか・・?

    ユーザーID:8791691815

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧