トラウマですか?ワガママですか?

レス21
(トピ主5
お気に入り6

家族・友人・人間関係

ねこ

小さい頃、父は仕事でほぼ家に居ず母は舅と姑の仕事を手伝っていました。それでストレスがあったと思いますがいつも母は
「結婚しなきゃよかった。あんたさえいなければすぐに離婚するのに。」
「姑達は私の子だからあんたまで可愛くない。私に似て重い(母は太め。)と抱っこもしてくれなかった。」 
「お父さんは舅達のいいなりで、どうしようもない。浮気していると部下から電話もきた。言うこと聞くと思ったから結婚したのに間違えた。」など言い
「あんたがきちんとしないと私が怒られる。」 とも言われた私は、周りの顔色を窺う子どもでした。

ある日、母の言うまま父も舅達も悪人だと思っていた私が母の愚痴にあわせて、父の文句を言った時
「あんたにそんなこという権利はない。」
と怒られました。この頃から人間不信ぎみです。
今28歳。結婚4年。でも結婚に執着はなく子どももほしくありません。なぜ欲しくないのか分からず、ただ家族を持つことに嫌悪感を抱く自分はいます。母は子どもを産まないのはワガママだといいます。
私のワガママなのでしょうか?少なからず生育歴が影響しているのでしょうか?やはりこの程度の理由ではワガママかな…。

ユーザーID:9731686351

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 似た覚えがあります。

    30代、結婚目前の独身、です。

    子供の時、父親に怒られてばかりでした。酷い事も一杯言われたし、戦前生まれの人だったので、ゲンコツが飛んできましたよ。

    ある日、母親と父親が痴話喧嘩をしていて、状況からみて父親は悪くないと思った私は彼を擁護する様な事を言ったのです。
    もちろん、父親をかばうつもりだったので、褒められるとまでは行かずとも、まんざらでもない父の表情を見る事を何処かで期待してました。

    ところが「お前にそんな事言ってもらわなくていいんだ!余計だ!」と一喝されました。酷くショックで惨めでした。
    あの時決定的に父親から拒否されたという記憶が今でも強く残っています。

    何でしょうね。トラウマだと思います。

    その後も色々あり結局仲たがいのまま死別しました。最期まで父親を慕う気持ちを伝える事が出来なかったのは心残りです。少なからず、父との関係が上手く持てなかった事は、今までの男性遍歴に影響しているかもと思います。

    「子供を欲しくない」と考えてるのは、単に「彼の子が欲しい」と思える人に会ってないだけ、という事もあるので、あんまり考えすぎ無い方がいいのでは?

    ユーザーID:8766263079

  • フ〜

    結婚して、もう4年もたつんでしょう。
    もう自分達の家庭を持っているんだから、そろそろ親離れしてください。
    28歳の方と思えないほど、言ってる事が幼いです。

    ユーザーID:6721779882

  • わたしも

    そう思っていました。結婚する前も主人とその話だけは避けていました。
    結婚生活を送っていると色々なことがあります。

    時間が経って「この人の子供がほしいなあ」と思うことがあるかもしれません。
    今はその思いを持ったままでもいいと思います。生育歴はトピ主さんの責任では
    ないですから。

    ユーザーID:2549234152

  • 今はまだ心の準備が出来ていないだけでしょう。

    良い家庭像(理想)がないと、なかなか子供を持つ決心がつかないと思います。
    私もあまり幸せな家庭環境ではなかったせいか、ずっと子供はいらない、と思って
    いました。

    産もう、と決心するまで8年かかりましたよ。
    トピ主さん、無責任に生むよりも、自分(とご主人)が欲しい、と思った時が
    ベストだと思います。まだ20代じゃないですか。
    お母様の言うことは気にしないで!

    ユーザーID:1043158728

  • ワガママではありません。

    お母様に愛されたかったのですね。
    それがうまくいかなかったのが、傷になっているのでしょう。

    決してワガママではありません。

    こういう場合、「普通」が気になりますが、気にしなくて良いんです。
    何の問題もなく、幸せに育った人には理解できないんですから。

    私も相手は父ですが、似たような経験があります。
    「親だから」と言う人もいるかもしれませんが、「親」と思える程の絆が私たちになかったのだと気づいてしまったので、そういう言葉も平気で流せるようになりました。

    ご自愛下さい。

    ユーザーID:5905276179

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 親子、血縁はいつも矛盾したもの。

    私の母も高齢ですが、若い時から母自身が父の悪口を言う分には良くても、娘の私が言うと怒られたものです。
    私もいわば生育暦の歪み、思春期の頃には世間に苛められていた惨めな半生から、幸せな結婚、出産という人生を否定してしまい、子供を産むのがどうしても怖く、結婚だけはしていますが結果的に子供はいません。
    母もそんな私を、「好き勝手に生きている」と言いますよ。
    けれど、それが自分を守るために行き着いた結論です。
    お母様もお姑さまにさぞかし散々苦労させられたのでしょうね。
    せめて血を分けた我が子であるトピ主さんだけには、精一杯愛情だけを注いで欲しかったですよね。解ります。しかし逆に考えると、トピ主さんにも、実の親にも不信感を抱いてしまったように
    お母様にも、葛藤した想いを抱いた時期があったのだとは、思って差し上げられないでしょうか。
    お母様も一人の女性として、嫁ぎ先でひとり戦っていたのだと。
    子供を産むかどうかは、お母様との関係は気にせず、ご夫婦で相談して決めたら良いです。わがままとは、ちっとも思いません。

    ユーザーID:4829592361

  • それはワガママでしょう

    相変わらず辛口で申し訳ありませんが・・・

    勿論トピ主さんがそういうトラウマ(?)を抱えてるのは理解できます。
    ですけど誰しも育つ上で親から申し分のない育て方や心ある友人たちに囲まれてた訳ではないと思います。
    多くの人はそれなりに傷ついたり、いやな思い出があるもんです。

    本当に人間不信で結婚に執着せず、子供も欲しくない、家族を持つ事に嫌悪感を持ってるのなら、

    結婚をして、やる事をやって(下品な話ですみません)4年間もその生活を続ける事ができるのでしょうか?

    トピ主さんが悩んで苦しんでるのはわかります。
    でもそれ(育った環境)を理由にされてしまってはやはり本当に悩んでる人などから見れば甘えに見えてもしょうがないかと思いますよ。

    ユーザーID:2578453431

  • トピ主です

    レスありがとうございます。誰のせいでもないことは分かっているのですが、周りが続々と出産する中でどうしてこんなに子どもを持つことを拒む自分がいるのだろうと悶々としていたので投稿しました。子どもを欲しくない自分には何かが欠如している気がして、どうしてだろうと…。

    家が嫌でお金を貯めて(と言ってもそれまでの学費はすねかじりでしたが…。)卒業と同時に一人暮らしをはじめ今もあまり実家には寄りつきません。でも孫を欲しがる親への罪悪感と、今までの親への嫌悪感、それに中途半端な良心みたいなもの(親に孫を抱かせられない私は親不孝だ。という気持ち。)の狭間でグズグズしていたのだと思います。そういうもの全ての呪縛(大げさかな?)から離れて初めて本当の親離れなのかもしれませんね。

    うまく距離をとって接して行こうと思います。

    ゆずさん、もうすぐ結婚なさるんですね。末永くお幸せに。
    いつか私も自然に子どもを望むようになれたらと思います。

    ユーザーID:9731686351

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 因果関係を考えすぎないで

    私の両親も、ねこさんのご両親に負けず劣らす我がままな人達で、肉体的精神的虐待も日常的にありました。詳しく書くと私の気分がひどく落ち込んでしまうので省かせていただきますが、私も周りの人達の顔色を伺い自分の意見を言えない子供でした。この習慣は(性格ではなく習慣だと思っています)いまでも引きずっています。このころの思い出は一生忘れたくても忘れられないものですし、現今現在まで引き続いてる心の傷です。親離れなどというものとは全く質の違う、本人の意思に逆らって刻み込まれてしまった歴史です。
    だからこそ私自分を大切にする為に、物事とトラウマの因果関係を考えすぎないようにしています。関係を裏付けて納得しても、何も始まらないような気がして。

    子供がほしくないのは自分がほしくないから。自分自信の選択だと自信を持ってください。

    あなたから元気を奪うお母様とは、距離をおくことをお勧めします。簡単ではないのは私も身をもって経験していますが、自分の人生にプライドを持たせるのは自分自身です。
    お母様の不幸は、お母様がご自分で解決すべきことです。たとえ親でも、大人になってまであなたを侮辱することは出来ません。

    ユーザーID:5450401792

  • 再びトピ主です。

    たくさんのレスありがとうございます。 

    はしさん・あこさん いつか自然に欲しいと思える日が来たらいいな。と言うのが一番の願いです。母や祖母は「産めばどうとでもなる。」的な事を言うのですが、やはりそんな気持ちでは産みたくないのです。焦らず自分と向き合います。

    匿名さん 今まで心のどこかで親の発言は当たり前と思いこもうとしていたのですが、この年になって気になりだしてしまったのです。でもそういう感情と上手につきあい、普通ではなく自分らしく前を向いてゆこうと思います。

    ラテンさん 母の苦労ももの凄く分かるのです。でもそれはあなた自身の選んだ人生でしょう。とも…。親子だから。と考え方だけでなく、一人の個人として母を少しずつでも受け入れてその上で自分の人生を歩もうと思います。

    辛口ペッパーさん そうなんです。みんなが完璧な環境で育っているわけではないのです。だからワガママかな。と自分でも。私はずっとピルを服用していて(Hしなければよいんですけど…)本当に心の底から子どもを望むまで作らない。と決めています。それならグズグズ悩まなければいいのにそれも私の甘えなんですよね…。

    ユーザーID:9731686351

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です。続き。

    はなさん ありがとうございます。そうですね。因果関係を考えたところで時間や刻まれたものは消えずに残ったままですものね。結局、私は自分自身の選択に自信を持てないのが一番自分を苦しめているのだと思います。自信持たないと。
    母に会うと情緒不安定になるのに、たまには顔を見せないと。と思い、会っては未だ恨み辛みを言う母にがっかりして…。これも悪循環なんですよね…。
    はなさんの最後の一行。私もそう思って母と距離を置くようにします。

    ユーザーID:9731686351

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 今のご両親はどうですか?

    なんやかんやと愚痴を言うこともあり、苦労はしたけれど、今は?

    私の両親もそうでした。父は母一人子一人で結びつきは非常に強く母はその中で異分子のような感じでした。辛いことが多かったようです。「子供さえいなければさっさと別れたのに」との口癖、その子供とは私のことです。だから私は結婚に憧れもなく夢もありませんでした。

    でも、そんな父母でもいつごろからかとても落ち着いた夫婦となっています。姑(祖母)が亡くなり、仕事人間だった父も余裕ができて家庭を振り返る時間もできてき、それぞれに老後のことを考える年となったようです。

    私ですか?生まれてよかったと思っています。家庭不和の状況の子供時代を過ごしましたが 私はその後良き夫と出会え愛しい子供たちにも出会え幸せです。親は教師でもあり反面教師でもあります。「親の過去」のせいにした生き方ででなく自分の選んだ生き方であれば子供云々で後から悔いることはないと思います。お子さんのことはご主人ともよく話し合われてね。決定権は一人だけでないから。

    ユーザーID:1051325524

  • ビビンバさま(トピ主です)

    レスありがとうございます。今ですか…昔のままかそれ以上です。父・義父母への恨み辛みはもちろん、私が夫と仲良く暮らしていることが嫌らしく(私にもそう思わせる非があるのかもしれませんが)親戚・友人に「もしねこが離婚したら全部ねこが悪い。

    よくこんなのと結婚してくれた。義息子はボランテイアだ。」等々言っています。妹にも最近「どうしてお母さんはお姉ちゃんを否定する事しか言わないのかな。」と言われました(妹には恨み辛みも否定するような事も言いません。)。

    我慢していますが悔しくて悔しくて、それもあって私の心の汚い部分が「あんたのせいで子どもが欲しいと思えないかもしれないのに。」と思ってしまうのかもしれません。母のせいにしても何も好転しないのに…。考え方を変えなければと思います。

    こんなに子どもが欲しくないとは自分自身思わず結婚してしまったので、私は子どもが欲しいと思えない。だから子どもが欲しいなら別れてくれ。と先日夫に言いましたがが私と一緒に居ることが一番だから離婚はしない。と…。

    心の持ち方ひとつですよね。環境や親のせいにしても負のパワーが出ちゃうだけですよね。頑張ります。

    ユーザーID:9731686351

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • お気持ちわかります。

    私の母も姑・舅と同居で、長女の私は同居のストレスを母から受けていました。
    トラウマもあり子供に夢を持てなかったです。結婚した時父から「子供を産まない女は半人前」だの「子供を持つ事は動物として当然のことだ」などと言われて、私は愛情を注がれなかった上にメスとしてしか思われていない寂しさを感じて、結婚して8年間子供を持つ事など考えもしませんでした。
    しかし3年前、その両親が立てつづけて亡くなり、遺品などから私への愛情の深かった事を知り、愛情表現が下手なだけの両親だったのだ。。と思うようになり、縦の繋がりが欲しくなったと言うか、不思議なんですが子供を望むようになりました。
    親でも完璧な人間はいないし、過去の事は許してこれからの自分を前向きに見つめて行ったほうが豊かな人生になるような気がします。

    ユーザーID:9520575713

  • わがままではないけど、言い訳がましい。

    育った環境で、得手不得手、好き嫌いが影響を受けることは間違いありません。でも、それは誰しも何かしらの影響を受けるのだから、今何かできない事柄を、遠い昔に自分が受けたことを理由に免除される、なんてことは無いと思っています。
    子供が欲しくないなら、それはあなたの意思であり、好みであり、あなた自身が選んでいる「現実」です。
    それを認めるのはあなた以外に誰がいるのですか?自分で選んでおきながら善悪を他人にゆだねるのはよしましょう。
    トラウマ、本当に辛いことで難しいことでなかったことにしてしまいたいものですが、言い訳にするものではなく、越えていくものです。

    ユーザーID:9765172758

  • あなた自身が少女のまま

    トピや他の方へのレスを読ませてもらいました。同じような(もっとひどい)環境で育った者としてお話させていただきます。
    私も大人になるまでは親を憎みトラウマを抱えたと思いましたよ。でも社会人になったら親は親で自分には自分の人生があると知りました。あなたは28歳になって尚、お母さんに囚われてますよね。潜在意識に「愛されたい」という気持ちがそうさせるのでしょうか、だとしたら私は残酷ですが母の為に自分の人生をだいなしにしたくないし嫌な言葉も聴いていたくありません。
    母親と距離を置いて生活していますし、なにを言われてもスルーしています。ただ生んでくれた事だけは感謝しようとは心に決めていますけどね。実の母だから、これ以上憎みたくないから離れているのです。
    結婚して28歳になってまだお母さんに振り回されているあなたがお気の毒です。考え方一つで人生はダメにもすばらしくもなるというのに…。
    トラウマという言葉を使う人の心理には「だからしょうがない○○のせい」という気持ちが含まれます。
    その事にも気づいてください。そして子供の事は一旦置いといて、あなた自身がしっかりと立ち直り親離れをしてください。

    ユーザーID:2343730507

  • 私も同じです。

    私は既婚ですが、子どもを持つことなく40歳を過ぎてしまいました。

    私は両親から過剰に干渉されると同時に、こちらが頼りたい時には突き放すという子育てをされました。
    非常に愛情深い両親ですが、自分たちが忙しいときや子どもたちが意にそわない行動をする時は、子どもを突き放すかもしくは無理やりにでも意に沿わせようとしました。子どものためを思うあまり、子どもの意思を無視した行動をとる両親の暴走に翻弄された独身時代でした。そのときの両親の顔や行動を思い出すと、今でも体が震えます。
    自分も子どもに対して両親と同じような行動をとってしまうのではないかという恐怖を感じて以来、性行為ができなくなってしまいました。
    親不孝かとはおもいますが、両親との接触を極力さけ、また自分自身「子どもは持たない。」と決心したこととで、自分の中の負の部分を遺伝させなくてすむ安心感を得ることができ、今は比較的安定した状態ですごすことができています。

    夫はとても大切にしてくれていますが、離婚すべきなのかもしれませんね。
    なんのアドバイスにもなりませんが、こんな人間もいるということで。

    ユーザーID:6602140560

  • わがままではないけれど

    そこにこだわり続けていると、自分のやりたいことを見失ってしまうのではないかなぁ、と感じました。

    そういう育てられ方、生き方をしてきたことは、もう変わらないですよね。そう認めることは、ちょっと切ないですけれど。
    ただ、そう認めるためには過去の自分を振り返ることも必要だと思いますので、トピ主さんは今はその時期なのかもしれません。

    少し気持ちが落ち着いたら、自分はこの先、夫とどんな家庭を作りたいのか、子どもは欲しいのかどうか、自分の気持ちを見つけてください。
    その結果、「なりたい自分」になるために解決しなくてはいけない問題なら、カウンセリングなり、親に訴えるなり、解決していけばいいんだと思います。

    ユーザーID:5402900141

  • 親のはけ口に使われると・・・

    親のはけ口に使われると、ろくな事にはならないですよね。私はそこまでじゃないけど、かなり愚痴を聞かされました。やはり無意識の中にそれがトラウマのように、重くのしかかってるだと最近気がつきましたよ。

    あなたもりっぱなトラウマですね。心の傷や痛みは、周りにわかってもらえないものです。よくよく自分の話を聞いてくれて、解ってくれる人が必要でしょう。専門家の人でもいいです。とにかく何時でも自分の味方になってくれる人がいると、自然に気持ちも、落ち着いてくるのではないでしょうか?

    ユーザーID:5898672782

  • ありがとうございます。(トピ主です)

    レスありがとうございます。不思議なもので投稿してレスをいただいてを繰り返す中であらためて自分と向き合う事ができた気がします。ありがとうございます。

    「あんた産んだら私が育てるから産みな。」と言ったり、ついに私の夫のまで父を非難する言葉を吐く母に未だがっかりしたり悔しくはなるものの…子どもが欲しくないのはたとえどんな環境で育とうと今の私の意志です。その意志に対する後ろめたさを少しでも減らすために、自分を許す免罪符が欲しかった私の感情は、ワガママでもトラウマでもなく甘えが一番強かったのかもしれません。

    私と似たような、あるいはもっと厳しい環境で育った方々は、悩んで苦しんでそれぞれの形で乗り越えながら今を生きていらっしゃるんですよね。そして今も苦しんでいるのかもしれません…。
    私もしっかり自分で悩んで、いつまでも母の麓にとどまらず生きてゆこうと思います。

    ユーザーID:9731686351

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 一人の人として・・

    私も母親のことでずっと悩んだ経験があります。
    母親に言われた言葉がずっと頭を巡り眠れなくなった事もあります。
    ねこさんの気持ちがとても伝わりますよ。

    私は悩んでいた時にこの小町で救われました。
    親へ甘えたい、ありのままを受け入れてもらいたい・・という願望が大人になっても抜け切れていないことに、親離れできていないことに気づかされました。そして、いい子でいようと無理をする自分にも。

    寂しいけれど、もう親も自分も一人の人間として捉えて「親」「娘」と意識しないほうが楽だと思います。他人行儀位が精神的に楽です。
    結婚しているんだから、もう自分の人生・家庭を一番に考えましょうよ。

    子供を作らないのも人生の選択の一つだし、ご主人も今のあなたを受け入れてくされるんだから、過去にとらわれずに前を向いて生きていきませんか?

    少しずつでも自分を楽にできる方法を得ていくことが大事ですよ!
    自分、そして自分を支えてくれる人達を大事にね・・・。

    ユーザーID:0641772024

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧