心や体の悩み

幸せと不幸せの量

レス29
お気に入り22

サルミヤのうさぎ

健康

40代、子供のいない専業主婦です。

私は結婚してこの約10年の間、苦労が無かったわけでありませんが、基本的に、幸せに暮らしてきました。夫の浮気、お金の心配、舅姑問題、病気など、これといった悩みの種を抱えていません。

でも、今、幸せなのは、子供の頃の辛い境遇を神様が相殺してくれているから?などと思ってしまうのです。

私は、お金はあるけど、愛の無い家庭に育ちました。小1くらいから、母の言葉による虐待と、小4くらいから、父の性的虐待(と言うよりもっと陰湿)に毎日毎日泣いてばかりの地獄のような日々でした。
私が20歳になった頃、父は、全ての財産を愛人に貢ぎ、母と私と弟は、家から放り出されました。父から離れられたことで、正直、安堵したのですが、この経験は、衝撃でした。

最近、フト思うのです。
「はい、もう、十分、苦労した分、幸せを味わったでしょ」と、神様に突然言われる日が来るのではないかと。
子供の頃の「幸せの貯金」を、使い果たしてしまうような感覚です。

同じような方、いらっしゃるでしょうか?
こんな考え方、おかしいでしょうか?

ユーザーID:6444379691

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数29

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • しあわせのものさし

    私は幼い頃、身に余るような幸せが訪れた直後、それを全て消し去るような辛い出来事が繰り返し起こり、やはりトピ主さんと同じように幸せと不幸は半々に訪れるものなんだと長い間考えていました。

    現在30代半ばの私ですが、毎日、育児に仕事にと慌しい生活で1日が過ぎるのはあっという間です。でも、「今日は快晴だな」とか「あ、春が近づいてきたな」とふと感じた瞬間、小さな幸せを感じます。なかなか言うことを聞かないわが子を叱ることも多いのですが、行事毎に見せてくれる成長の姿も大きな幸せです。反面、もちろん仕事の失敗、わが子を守るために選んだ離婚など・・・苦しいこともあります。早くに最愛の親を亡くし、一番見せたかったわが子の姿も見せられないことで時々底知れない孤独も感じます。

    でも、最近思うんです。「幸せ」って人それぞれの感じ方で、いくらでも大きく感じることができるんだということ。「幸せ」は自分の心の中にあるものなんだということ。
    「幸せ」を測るものさしは、自分の心の持ち方次第で変わるのではないでしょうか?

    ユーザーID:6339977787

  • 幸せ分量が多いんです

    小さいころの不幸と今の幸せがどこまで続くのか
    分量が終わってしまうのではないか

    きっと、幸せに感じることが普通の人より多いから
    人に感謝できる。だから、また良くして貰える。
    このような、とてもいい循環の人生の方ではないのでしょうか。

    だとすれば、感謝することと幸せに感じることが
    なくならない限り、ずーと幸せな人生だと思います。
    すばらしい方ですね。

    ほかのトピで裕福なうちに育ったのに
    外ではいやなことばかりで引きこもってしまうという方
    がいましたが、真逆ですね。そう考えると
    人生は、トータルでは皆同じなのかもしれません。

    裕福になに不自由なく育つ、わがままになり後の人生は不幸。
    不幸な家庭に育つ、普通が幸せと感じることができ感謝できる。
    幸せになる。こういうことだと人生は皆平等かも知れません。

    ユーザーID:5866571754

  • 私は

    人生はいつもプラスマイナスゼロだと思ってます。
    人間万事塞翁が馬。

    若い頃に体験された苦労が大きい分、現在の生活の中にある不幸を不幸と感じないのでは?
    トピ主さんと同じ現状でも、「私は不幸だわ」と思う人だっていると思います。
    考え方・とらえ方の違いじゃないでしょうか。

    まだわからない未来の不幸を悩むより、今の幸せな日々が続くことを願って生きていきましょう。

    笑う門には福来る!

    ユーザーID:1149595545

  • 禍福あざなえる縄の如し

    という言葉もあるくらいなので、人生プラスマイナス0なのかもしれませんがあえて言うなら。
    不幸な周波数を持っているところには不幸が寄ってくると聞いた事があるのでマイナス思考にならないように気をつけています。

    せっかく幸せを感じる自分が居るのなら、その幸せを思う存分享受しましょうよ。
    わざわざ「不幸になるかも」なんて考えながら過ごすより笑って幸せに暮らしましょ!

    ユーザーID:4632385990

  • 分量・・確かに同じかもしれないですね

    トピ主さんとはむしろ
    逆のパターンを感じています。
    そして、分量について感じていたことです。

    子供の頃は
    親からたっぷりの愛情に包まれて育ち、
    学生時代も友達に恵まれ、
    いじめも全く経験せず、
    本当にのほほんと
    幸せに過ごせたと思います。

    そのせいなのか、
    「もっと苦労をしないとお前は成長しないぞ」とばかりに
    成人を過ぎてから
    次々と
    試練続きです。
    「子供の頃に苦労していない分、今辛い経験をして
    しっかり強くなれ」という
    天からのメッセージなのかなぁ。などと
    考えていました。

    本当に人の一生は
    幸と不幸は平等なのだなと
    思いました。

    ユーザーID:2079687602

  • 幸せは…

    「幸せはいつも自分の心が決める」

    この相田みつを氏の言葉に私が感銘を受けたのは高校2年生の時でした。
    現在、私は20代後半ですが、いつも自分にこの言葉を投げつけています。

    ネガティブな思考は私の生まれ持った性格だと思って無理にポジティブに考えないようにしてからすっごく毎日が楽になりました。

    私も辛い幼少期を過ごした為に、「幸せ」というのものを常に疑ってきました。でもそれって損なんだって気づきました。だって「幸せ」って本当に自分の心でしか決まらないんですよね。
    まだこのみつを氏の言葉の真髄まで理解できない小生ですが、この人生を費やして探ってみたいと思っています。

    ユーザーID:3545268436

  • 別におかしいとは…思いませんが。

    理想論で申し上げれば、暗く冷たい闇を識るからこそ、
    暖かい光の大切さや、小さな灯火にも気付けるのかもしれませんが…。

    これは、難しい話かな…と思います。


    元々がこの世には存在しなかった私が、
    この世に生まれ出て、今はここで皆さんと語らい、
    そして最後にはまた「無」に還る…と、思っていますが、

    これは、ゼロからプラスになり、そしてゼロに戻るだけ…なのでプラマイゼロ。

    ですが端的には、こんな発想が出来る段階で、
    既に「十二分に幸福」と呼んでも、差し支えは無いでしょう。

    例えば、海を隔てた「近くの国」では、人身売買が行われています。
    今、この瞬間も「背嚢」に詰め込まれ薬で眠らされた「乳飲子」が、
    「電車の網棚」に放り上げられているのでしょう。
    ※人身売買の罪は死刑だそうですが…

    そんな子供の「幸福」はどこにあったのか?
    と尋ねられれば、私は答えを導き出す事が出来ません…。

    極端な例題で恐縮ですが、幸福と不幸の総量は、決して等しいとは思えませんし、
    立場に拠って定義の変わるモノには、いくら考えても正解は出ないでしょう。

    何を選ぶかだけの違い…かな。

    ユーザーID:1324906365

  • 幸せが続きますように

    幼少時のお辛い体験があったからこそ、幸せだと思うアンテナの感受性が豊かで、些細なことに対しても感謝の気持ちを持つことができる方なのでは、と推測しました。
    幸せと不幸の分量は、同じ単位では計れないのではないでしょうか。
    ネガティブな気持ちで不幸なできごとを顧みていれば、量は増えてしまうだろうし、いいことが重なったら、一つ一つのできごとが些細なものでも高く評価してしまう気がします。
    「私はこれがあると幸せ」って言えるものがたくさんあると、幸せは増えていきますよ。

    ユーザーID:1683918354

  • 揺り戻しが来るとは限らない

    私の人生は恵まれていて、苦労を知らなかった分、社会に出てから一気にどん底の3年間を味わいましたが、今はその谷の深さの4倍ぐらい幸せに暮らしています。

    あまりに幸せなので「これからドっと不幸に襲われるのかなぁ」と思うことがあるのですが、それを打ち消す材料が身近にありました。

    うちの母です。平均的な団塊世代の人生ではあるものの、貧乏・家族の不和・結婚の失敗・大病・子供の非行や非婚・親の介護・相続問題など、おおよその不幸とは無縁ですし、これと言った苦労もしていません。

    自分の生活の調子が下がっている時は「明けない夜は無い。そのうち必ず巻き返しできる。」と信じることは必要ですが、「こんなに幸せになっちゃって、あとが怖い」と恐れる必要は無いと思います。幸せに感謝すること、幸せを分け与えることを忘れずに生きればいいと思います。

    ユーザーID:8532778721

  • プラマイゼロだとは思いません…

    幸せを感じる能力に長けている人は、無限に幸せを見つけ出し感じる事ができる。
    その逆もまた然りです。

    なので幸せと不幸せの量が同じだとは思いません。

    自分の考え方一つで、いくらでも割合を変える事は可能だと思っています。

    ユーザーID:7488676445

  • ごほうび

    トピ主さんは、本当に苦しい青春時代を過ごされたのですね。
    私もトピ主さんほどの苦労ではないかもしれませんが、あまり幸せとはいえない10代でした。しかし、家族から逃れ自分で生活をするようになった20代半ば以降だんだんと楽になり、結婚から今までは、「これは若い頃の苦労に対するご褒美だ」と日々感じるほど幸せを感じます。そして、トピ主さんと同じように、「このご褒美はいつまで続くのだろう?」と思うこともあります。
    周りを見ると、「苦労→幸せ」「幸せ→苦労」と、確かに「半分半分かなぁ?」と思う人が多く見えますが、中には「幸せ→幸せ」な人もいますよ。
    だから、見えない不幸におびえるよりも、今の幸せに十分感謝し、今日を楽しむよう心がけています。一緒に残りの人生も幸せに味わいましょう!

    ユーザーID:8111738341

  • トピずれでしたら、ゴメンナサイ。

    子供の頃の性的虐待など、苦労されましたね。トピ主さんの悲しみを思うと上手く言えないんですけど、例えばとっても真面目で、人情があって、誠実で、優しい人がさんざん苦労して、不遇のままで一生を終えるという話しも周囲に聞きませんか?逆に、そんなに人格的には褒めるところはないのだけど、出世し、人間関係も上手く立ち回っている人も、確かに居られます。私思うんですけど、幸せを掴む握力の強い人は、自分の過去や能力には関係なく、それを望んだ瞬間から幸せに向かって舵をとっている気がするんです。性格や過去は関係ないと思うんです。
    トピ主さんが、いつまでも過去の出来事を気にしてしまう、良くも悪くもそれを基準にしてしまうという事は、その辛い事を忘れたくないということになりませんでしょうか。流行りの「スピリチュアルなこと」は凡人の私にはわからないので、それとは逆のことを言っているかも知れませんが、生まれや育ちは本人には選べないと私は思っています。だけど、過去は自分で切り捨てることも出来る。
    トピ主さんの今の幸福は過去に関係なく極めて当然であって、今後ももっと幸せになると思っていたら良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:4971278178

  • 幸せは、誰も取り上げることはできません

    トピ主さんに起きたさまざまなことは、誰の目から見ても「不幸せで、かわいそう」なことですね。
    でも、「私って幸せ!」と思うことは、本当に人さまざまではないでしょうか。そして、トピ主さんは、「幸せの感じ方」にとても積極的な方ではないかと拝察いたします。
    トピ主さんを素晴らしい方だと思うのは、人生のつらかった経験を少なくとも「淡々」と書いていらっしゃる。そこに泣き言もなければ恨み言もないことです。今とこれからの自分の生き方を、真摯に受け止めていらっしゃると感じました。

    幸せの貯金は、「定期預金」のように一定金額や時期の決まったものではないと思います。また、我慢した分が将来の幸せにはならないと思います。
    守りの体制で「幸せを独り占めしよう」とすると、笑顔も消えます。意地悪顔の人の所に、明るい笑顔の人はやってきません。「類は友を呼ぶ」ものです。
    自分の幸せな気持ちを少しでも他の方に分けること(思いやり、お手伝い、気遣いなど)で、相手の方からの感謝の気持ちも「幸せ」となって戻って来ると思います。幸せの種をまいて、花が咲いてまた沢山の種が弾けるように、幸せは絶対に枯渇しないと思います。

    ユーザーID:6190568032

  • 気持ちのもちようかな

    不幸な体験があったほうが、ささやかな幸せを感じやすいとは思います。でも一生の幸不幸に一定量があるとは思えません。
    もしそうなら幼くして殺されてしまう子どもの一生はなんだったのでしょう?生まれることすらできない子どももいます。
    因果応報と一緒で、あると思いたいけど、そうでないことも多いのでは。
    ずっと幸せな人もいますし、何のために生まれてきたのかという人もいるのではないでしょうか。サルミヤのうさぎさんが今幸せなのは何よりです。それを感じられることに感謝してれば良いと思います。

    ユーザーID:5709065638

  • 今まで生き抜いてきた自信をもって

    同じく40代です。
    トピ主さんの子供時代を考えると胸が痛みます。子供が犠牲になる事件をみるたび、悲しくなります。私もいろいろあった子供時代(犯罪に巻き込まれ殺されかけたり、両親の精神的虐待等)でしたが、今、こう思うのです。
    「自分には困難を超えるだけの運と力が備わっている」と。
    困難はやってくるでしょう。でも、あの苦しく逃げようのなかった子供時代とは絶対に違います。トピ主さんは、大人になるまで生き抜いてきたのですよ。これから苦しい事があっても、ご自身の力で幸にかえていける、生きているのはその証拠ではないですか?
    私は不幸、幸が半々なんて思いません。不幸があった分、幸せの感じる度合いも大きくなるとは思います。また、不幸を乗り越えた分、更に強くなれると信じてます。
    だからこそ、これから何があってもトピ主さんはそれだけの力が出せる人だ、と推察できるのです。
    命運尽きるまで、幸せを噛み締めていきませんか。

    ユーザーID:4441688141

  • 理解できます

    「幸せだと怖い」とか、「未来に対する縮小感」(幸せな未来が自分にあると思っていない)というのは、虐待被害者の後遺症だと言われますよね。

    ひどい虐待に長期継続的に遭い続けると、自己イメージまで歪み、自己評価が著しく低くなり、自分が幸せになっていい人間だと思えなくなる、そういうことはありえると思います。

    トピ主さんがそんな思いにかられてしまうのは、ごく当然のことだといえます。

    トピ主さんにお勧めしたいのは、ふとそのような思いにかられたときには、意識的に自分に言い聞かせるような行動に出ることです。

    「私はいま安全に安心して生きてる。幸せなんだから大丈夫」など、昔と今は違う、という言葉を出してみるのです。

    トピ主さん、笑いましょうね。前向きに、日々に感謝して生きていくことで、今日の幸せは明日にも明後日にもつながっていきますよ。

    過去のつらい体験の揺り戻しに負けずに、毎日をお幸せに生きられることをお祈りいたします。

    ユーザーID:7320973291

  • 幸せのパラドックス

    雑誌か何かで読んだ「幸せのパラドックス」という話を思い出しました。

    幸せばかりを追い求めても、次から次へと新たな欲と満たされない思いが交互におそってきて気が休まらず、希望がかなってもとても幸せとはいえない状態に陥る。
    でも、様々な困難と苦労の中ではささやかな幸せを本当に幸せだと感じ、心からの感謝と幸福を味わうことが出来る。何日も水が飲めないような過酷な状況では一杯の水さえもおいしいと感じるように・・・といった内容だったと思います。

    神様は今、日常のささやかな事柄に幸せを感じることの出来るトピ主さんにプレゼントを運んできてくれているのではないでしょうか。

    トピ主さんはプレゼントを受け取る資格があるーということだ思いますよ。

    ユーザーID:0784477160

  • 私は逆です

    トピ主さんと逆です。
    私の家族は逆に仲良く、よく旅行に行ったり
    そこそこお金もあり、なに不自由なくそだちました。

    そして今、不幸とはいえないかもしれませんが
    30代前半の私は好きな人がいても、いつも結婚運がないようです。

    よく、不幸と幸福は同量だというけど、
    ちょっと分かる気がします。

    好きな人とは結婚できない。
    どうでもいい人(好きになれない人)からは
    前向きな話をいただくけど・・・無理じゃん!って人ばかり。
    貯金なし、職なしとか。

    この男運のなさ、結婚運のなさは
    子供時代、(今も)良くして頂いたからなのか!?
    と考えてしまう程です。

    でも、いまの幸せはあなたが作ったものですよ!
    あなたがいなければできなかった幸せですよ!

    私も頑張ります。大好きな彼と結婚に向けて
    頑張ってます!
    トピ主さんもこの今の幸せをどうか大切にしてくださいね。

    ユーザーID:4139474665

  • 神様からのテーマ

    こんにちは♪
    ふと、思ったことを書きます。
    トピ主さんは人生の前半、外部からの影響に色々翻弄されて傷つくばかりの大変な思いをされました。
    他人には窺い知れないそれは酷い経験でした。
    が、それはもう通り過ぎてしまった事です。いまはもう大丈夫なんです。
    そしてトピ主さんはこれから幸せであることを経験して、その幸せを信頼していくことを学ぶのではないでしょうか?
    そんな気がします。
    そして言い古された言葉ですが、永続的な幸福とは内部から得られるものです。
    皆さんがレスされているように、今あるものを感謝していくことがその鍵だと思います!
    トピ主さん大丈夫ですよ!

    ユーザーID:7244354841

  • よく分かります。

    状況は少々違いますが、私も割とキツめの子供時代を送りました。
    今は優しくて裕福な夫と結婚し、特に悩みの無い日々を過ごしています。

    私の場合、良いことや嬉しいことがあると悪夢を見ます。ストーリーは毎回違いますが、結末は全て一緒。
    「今の私の幸せは、全て幻だった」というオチです。

    夢の中の私は毎回、落胆しつつもどこか納得しています。「そうだよね、話がうますぎると思ってたんだ」、と。
    そして、子供の頃感じていた恐怖、痛み、惨めな気持ちがどっと押し寄せて胸が苦しくなり、「あなたは一生、誰からも愛されないわ」という母の声が聞こえ、全身に汗をかいて目を覚ます。そんな夜が幾度もありました。

    禍福はあざなえる縄の如しと言うけれど、この幸福はいつまで続くのかなあ。そんな考えが時々沸いてきます。災いが、次の角で私を待ち構えているかもしれない、と。
    私にできることは、今の幸せを、常に感謝を持って受け止め、しっかりと胸に刻んでおくことかなと思っています。
    そうすれば、いつか災いにぶつかっても、エイヤッと乗り越えられるような気がするから。
    こんな考え方はネガティブですかねぇ。

    ユーザーID:5368269964

  • ものごとすべて表裏一体だから

    他人からみたらものすごく不幸なことでも当人にとったらよかったことってけっこうあるんですよね。それと一見幸せそうだけど実はよくなかったってことも。極端な話、長生きは果たして幸せなのか不幸なのかとか。自分の心の持ちようだから幸せも不幸の量も自分しだいじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6301165756

  • トピ主です

    レスが遅くなり、すみません。
    ちょっと涙目になりながら、1つ1つ読ませて頂きました。

    プルーン様
    確かにそうですね。幸せを感じられるような心、持ち続けたいです。
    プルーン様も、苦しいことを乗り越えていらしたのですね。人それぞれ、苦労の内容は違っても、生きていれば、色々ありますよね。勇気付けられました。ありがとうございました。

    秋刀魚様
    不幸を味わったから、些細なことでも感謝できる今の自分がいる・・・そんな風に考えたことがありませんでした。
    何かに気付かされた感じがします。
    温かいお言葉、嬉しかったです。ありがとうございました。

    ひめこ様
    私は、特に「寂しさ」に鈍感なようで、確かに、私の現状を「不幸」と思う人もいるかもしれません。妙に納得です。(苦笑)
    まだ分からない未来の不幸を思い煩うのは、馬鹿げていますよね。笑って毎日を送ろうと思います。ありがとうございました。

    ラルフ様
    そうですね、「幸せを感じることができる」ということに感謝して、笑って生きたいです。ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    ラル様
    すみません、お名前をタイプミスしてしまいました。失礼しました。

    olive 様
    私と逆のことを思っている方がいらっしゃるなんて、とても驚きました。苦労知らずの日々の後に、試練続きの日々・・・。不思議です。今の苦労が、早く過去の幸せと相殺されて、また、幸せに過ごせると良いですね。ありがとうございました。

    オレンジ様
    私も相田みつを氏のこの言葉を、大分前に知り、「深いなぁ」と思いました。
    今、自分は幸せだと思っているものの、どこか揺らいでいるのは、きっと、自分の心が、しっかりしていないから・・・。
    私も、この言葉の真髄を理解できるよう、人生経験を積んでいきたいと思います。
    ありがとうございました。

    KA様
    そうですね。こんな発想ができるだけ、十二分に幸せなのですよね。
    ご指摘頂き、少し、恥ずかしい気持ちになりました。
    おっしゃる通り、世界中には、あまりにも悲惨な人生を送る・終える人(子供に限らず)が大勢いますよね。
    そんな現実を見ると、とても幸せと不幸の分量が同じだなんて言えませんよね。考えさせられました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    まるこめ様
    幸せだと思うアンテナの感受性が豊か、と言って頂き、とても嬉しく思いました。自分で、そんな風に考えたことがありませんでしたので。
    過去の辛いことすら、「そのお陰で」と思えてしまいます。
    ありがとうございました。

    twain 様
    お母さまのような方もいらっしゃるのですね。
    今まで、「幸せを分け与える」ということまでは、考えが至りませんでした。
    新しい指針ができ、嬉しいです。
    ありがとうございました。

    テオーリア様
    無限に幸せを見つけ出し、感じることができるよう、これからも心がけていきたいと思います。
    今まで見えない亡霊に怯えているような感覚がありましたが、自分次第なのだということを意識して、ヘンな考えを追い払いたいです。
    ありがとうございました。

    ひかり様
    私と同じように思われることがあるのですね。
    でも、私と違って、不安に振り回されていらっしゃらない・・・。
    私も、ひかり様を見習って、残りの人生も、幸せでいられるよう、頑張りたいです。ありがとうございました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    ペンネ様
    自分の過去にデリート・キーーがあったら、押したいくらい、と思いつつも、どこかで、自ら、その過去に拘ってしまっているもかもしれません。
    結局、自分次第ですよね。過去にとらわれず、今の幸せを純粋にありがたく受け止められるように、気持ちを仕向けたいと思います。
    ありがとうございました。

    マーゴ様
    恥ずかしながら、1回目に読ませて頂いたときに、特に前半部で、涙腺が・・・。ちっとも「淡々と」ではない情けない自分がまだいます。
    後半部を読ませて頂き、自分のことだけ考えているから、幸せがいつか終わるかも、なんて考えてしまっていたのかも、と気付かされました。幸せが枯渇しないように、周りの人との関係を今以上に大切に生きていこうと思います。
    ありがとうございました。

    夜明け様
    そうですね。人の幸せ不幸せは、平等ではない、というか、実際、かなり不平等ですよね。
    このトピで、自分が今、幸せと感じることができるのは、感謝すべき素敵なことなのだと、皆様に教えて頂きました。
    これからも、感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    モティ様
    私は、いいトシをして、どこか自分に自信が持てず、迷いや不安が、心のどこかにいつもあるような感覚を持っていました。
    今まで、それは、自分の生い立ちのせいなのだと諦めていました。
    でも、そうですよね。私には、運と力が、備わっている。
    そう思ったら、勇気が湧いてきました。
    運命尽きるまで、幸せであることに感謝し、幸せを噛締めて生きていきたいです。
    ありがとうございました。

    ほうじ茶様
    こういう感覚は、後遺症のようなものなのですね。
    自己評価が低いなど、悲しいかな、とても納得してしまいます。
    半分、諦めていましたが、アドバイス頂いたように、自分に言い聞かせて、揺り戻しに負けないように、頑張ります。ありがとうございました。

    千代様
    神様のプレゼント・・・素敵な表現ですね。
    このトピで皆さんからご指摘頂くまで、皆が皆、「一杯の水」を有り難がるとは限らない、という認識がありませんでした。
    そう考えると、私は、ちょっとお目出度い人間なのかも。でも、そんな「お目出度さ」を、今、嬉しく思います。
    気付かせて下さって、ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    yui 様
    大好きな彼と結婚に向けて頑張っていらっしゃるのですね。
    yui 様も、旦那様と温かい幸せな家庭を築いて下さい。私も頑張ります。ありがとうございました。

    アイスジェイド様
    永続的な幸福とは内部から得られるもの・・・ですね。
    私は、過去のトラウマのせいか、幾つになっても、自分に自信が持てず、不安定な感覚に付きまとわれていました。
    でも、アイスジェイド様の力強い「大丈夫!」のお言葉に、気持ちが、シャキッとしました。頑張ります。ありがとうございました。

    モンタミノ様
    状況が違うとは言え、心に残った傷は、似ていますね。
    私も、夢でうなされ、泣いてしまうことがあります。(夫に「何の夢を見たの?」と聞かれても、内容は、言えません・・・)
    モンタミノ様のお考えは、ネガティブどころか、トラウマの無い方々のご意見と一緒じゃないですか。私も、今の幸せを、常に感謝を持って受け止め、しっかりと胸に刻んでいきたいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • トピ主です

    匿名様
    幸せは自分の気持ち次第。本当にそうですよね。
    今の私は、せっかく自分のことを幸せだと感じているのだから、もっと素直に、そのことを有り難く受け止めれば良いのですね。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:6444379691

  • とても心に残りました。

    このトピを読んで、とても心に残りました。同じようなことを書いている方が何人かいらっしゃいますが、私も、今思えば子どもの頃、何不自由なく優しい両親や兄弟に囲まれて育ちました。

    20歳過ぎぐらいから、いろんな苦労が次々にやってきて、「子どもの頃は幸せだったなぁ・・」と思ったりしていました。

    このトピを読んで、何かすごく心に響いたというか、トピ主さんのような方がいらっしゃると知って、私も今の生活の中にも、幸せなことがたくさんあることに気づきました。
    どうもありがとう。

    ユーザーID:9288290384

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧