嫌いな食べ物の克服法を教えて下さい?切実です

レス13
お気に入り0

わびさび

話題

女28歳。私はわさびとからしがどうしてもダメなのです。

お寿司は当然サビ抜き、刺身にもわさびは必要なく、どうしても食べなければいけない場合は、涙を堪えながら噛まずに水で無理やりに流し込んでいます。からしも同様です。

アレルギーではないのですが、まず身体が受け付けません。口に入れた瞬間、何を食べてもそれらが少しでも付いていると、もうその味しか感じず思わず涙が出てしまうくらいです。

しかし辛い物全てがダメかというとそうでもなく、胡椒、唐辛子は全然平気なのです。むしろ好きなくらいです。

今まで克服しようと何度も挑戦しましたが、結果は同じです…。でもいい加減なおしたいんです。一度で良いからお寿司やさんで「サビ抜きで…」を言わないで食べてみたい!買ってきたサンドイッチ(大抵カラシマヨ)を普通に食べてみたいんです!

どなたか嫌いだった食べ物をこうしたら克服できた!という体験談があれば、是非教えて下さい。よろしくお願いします。

ユーザーID:4095749979

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理はしないで、あきらめましょう。

    トピ主さんが、29歳まで何度も試して、駄目なら多分無理でしょう、、、からしやワサビを入れないで、お食事楽しんで下さい。無理する必要は無いと思います。

    ちなみに、私の妹(そろそろ40歳)もワサビが駄目です。彼女はビールが大好きで、お寿司屋さんでビールを飲みながら、ワサビ抜きのお寿司を注文します。ちょっと、ガクッ(笑)?

    そう言う私は、梅干が食べられません。友人が美味しそうに食べるのを観て、私も、と何度も試しましたが、食べると気分が悪くなります。もう、食べません。梅干が無くっても、他に美味しい食べ物は沢山有ります。

    ユーザーID:9913097198

  • 無理しないで

    食べるとき、苦痛なんですよね?
    だったら無理して食べなくてもいいのではないでしょうか。
    サビ抜きお寿司、カラシなしサンドイッチ、いいじゃありませんか。
    もっと堂々と食事を楽しみましょう♪

    ちなみに私は唐辛子を使った食べ物全般が苦手です。
    「ごめんなさい、唐辛子は苦手なの・・。」
    で済んじゃいますよ、友人たちとの会食とかは。
    みんな「そっか〜じゃあ辛くない料理も取ろうね」
    寛容な人たちなので助かってます。

    ユーザーID:8657815716

  • ささやかな経験

    同じです。…わさび・からし×で、コショウ・唐辛子○(むしろ好き)
    しかもわたしはマヨネーズも洋風ドレッシングも全滅。戻してしまいます。(大泣)
    克服はできていませんが、ささやかな経験を書きます。

    菜の花のお浸しを作ったことがあります。
    そして、合うドレッシングを考えながら白だしやお醤油を混ぜてみていました。
    そのとき「普通なら、からし醤油なんじゃないかな?」という気がしたのです。
    試しにからし醤油を作って、切り落とした根に近い部分にかけ、
    少しつまんでみたら「きっとこんな感じだ」と思えました。
    いつもは、なるべく何も感じないように飲み下しますが、
    そのときは味が合うかどうか知りたかったのでちゃんと味わいました。(笑)

    誰かに食べてもらうお料理を作ってみる、というのも
    一助になるかもしれないと思えた、ささやかな経験でした。
    そのうち最大の天敵:マヨネーズも手作りしてみようかと
    考えているんですが…嫌いなものをがんばって作る気にはまだ、なれません。
    はっはっは。(^^; そのうち、そのうち。
    お互い気楽に、苦痛じゃない程度に前進できたらいいですね。

    ユーザーID:2640318034

  • 気をつけて

    最初に、克服の手助けにならなくてごめんなさい。
    でも、ご自分で気が付いていない場合でも、アレルギーのある事があります。味覚はそれを排除しているのかもしれません。嫌いだ、食べると辛いという自然の感覚も大事にして下さいね。

    ユーザーID:9384849032

  • 一緒一緒

    マクドナルドやロッテリヤのハンバーガーでさえ食べれなかったりするので
    いまどきの子供はすごいなぁ〜と思います。
    私の経験では無理です。
    この世で食べ物がこれしかなかったら餓死決定です。
    でも友達に克服できた人がいます。
    その人はわさび味やマスタード味のお菓子でちょっとずつ慣らしたそうです。
    でも私はそんなお菓子すら食べれないから無理でしたが
    トピ主さんはどうですか?

    ユーザーID:0472294228

  • 似ているので

    小さい頃から、からし、わさびがダメ。今はダメではないだろうけれど、あえて食べようとは思わないという感じです。ちなみに胡椒と唐辛子は好き。

    克服法といえるかどうか。味に慣れるのが一番ではないかと。私は友達に「だまされたと思って食べてごらん」の寿司+わさびが最初です。それが高級トロ・まぐろに本わさびだったのです。最初は我慢。2,3回目にはなんとか食べられるように。その後は「あうもんだな」です。今は刺身にわさびはやっぱりだめなのですが、本わさび少量で、本当に合う食材(本わさびが生きる、コンビネーション抜群)だとOKです。でも今でも、チューブ入りは何がいいのかわかりません。刺身に本わさびならほんの少しつけますが、そのほかはつけません。わさび漬けなんて最悪です・・・。

    からしは、今もまったくダメです。ただ、粒マスタードは好きなのです!あら挽きウインナーやサンドイッチにはこれ。辛みの種類が違うのかなと思います。サンドイッチもこれならOKになりました。和からしはだめで、おでん、からしあえ、からし味噌等嫌いなままで、うえーっとなってしまいます。

    全然克服してませんね・・・。

    ユーザーID:1844498445

  • トピ主です

    レスが遅くなり申し訳ありません。

    殆どの方が、「無理はしないで諦めた方が無難」という意見ですね。自分自身、何となくもう食べることは無理なのではないだろうかと思っていました。これを機に挑戦することも止めてみようと思います。

    中には私と同じように食べられない方がいると知って、世の中広いんだなぁと思いました(笑)色々な意見、本当に有り難うございました。アレルギーではという意見もあったので、今度血液検査をしてみようと思います。

    幼い頃はわさびやからしが食べられなくてもそれは普通ですよね。でも十代後半ともなってくると「まだ食べられないの〜!」と言われ、今では「そんな人居るんだ…」と言われるようになり…。たまに会う親戚・知人などは、食べられるようになったか聞いてくる始末です。

    実はスナック菓子もそれらの粉末が少しでも付いていると、その事を知らなくても、食べた瞬間顔色が変わるくらいです(笑)実家では湧水でわさび栽培をしているくらいなので、触れあう機会はいくらでもあるのですが、多分この先一生あのわさびを食べる日が来ないと思うと残念ですね。

    ユーザーID:4095749979

  • 友人の話ですが

    私と同じく納豆嫌いだった友人が、納豆を克服したそうです。
    どうやって克服したのか…それは
    「食べたからって死ぬわけじゃない」と自己暗示のように言い聞かせたから、だそうです。
    え〜!?って感じの克服方法ですが、同じ方法で歯医者も怖くなくなったし、注射・点滴・献血などの針関係も平気になったそう。
    突っ込みどころ満載ですが、折角克服したのに水を差すのもアレなので黙っておきました。
    私も自分内納豆克服フェア実施中です。

    しかしトピ主さんの山葵・芥子に関しては味がイヤとか食わず嫌いの域ではないようなので、無理に挑戦するのはやめて正解だと思います。

    ちなみに山葵のつーんは、コーラを飲むと直ぐにひくと聞いたことがあります。
    でも山葵が入っていることで食べ物を美味しく感じなくなるんなら、あんまり意味のない方法ですね。

    ユーザーID:6346405785

  • 突然食べられるようになることも…

    ご実家でわさびを作ってらっしゃるんですね。
    食べられる者にとってはきっと美味しいわさびなんだろうなあ…

    私も体質なのだろうから無理はしないほうがいいとは思います。
    わさびやからしは風味が辛さを助長しているので、その匂いを感じ取る部分が敏感なのでしょうね。

    ところで、嫌いなものはある日突然食べられるようになったりすることもあります。
    刺激物ではありませんが、納豆が大嫌いでした。
    ところが31になって急に食べられるように。
    体調の変化で食べられるようになることもあるかもしれませんよ。

    ユーザーID:2138395506

  • 30過ぎて食べられるようになりました

    29歳で無理ならもう無理、というご意見が多いようですが、私はわさび、辛子を30過ぎて食べられるようになりましたよ!

    最初のきっかけは20代後半にすごく上等のおろしわさびを食べたことです。耳かき一杯程度をちびちび舐める程度でしたが、ツンとする中にもほのかに甘みがあってこれなら大丈夫かも…と思いました。

    その後も普通の練りわさびは食べられず、またあえて食べようとも思わなかったずに過ごしていたのですが、会社の上司につれていったもらった焼肉屋さんで、霜降りのこってりした肉にわさびをつけて頂いたところ、脂身がわさびでひきしめられて美味しいことがわかりました。そうなるとトロのときはわさびをつけるようになり、ふと気がつくと他のものにも普通にわさびをつけて食べられるようになっていました。

    また最近はソーセージも辛子がないと脂こく感じるようになりました。

    ポイントは「上質のものを少しだけ」「脂ものとあわせる」でしょうか。試してみてください。

    ユーザーID:1147342827

  • 私も無理しないでに一票。

    トピ主さんの気持ちも分かるけど、嫌いなもの無理して食べなくてもいいんじゃないかな〜と思います。私は嫌いな食べ物の克服法は知りませんが、友達で嫌いな食べ物が多い人いました。刺身ダメ、干しレーズンダメ、葱ダメ、生の人参ダメ(サラダに千切りで入っているの一生懸命よけていました。)固ゆで卵ダメ〜と数十種類はあったんじゃないかな〜。でも最近、かなり偏食が治ったと言うか、嫌いだった葱もレーズンも食べれるようになったとメールが来て、お腹が空いていた時に知り合いが葱と鶏肉の煮込みを持ってきてくれて食べたらおいしかったとか、レーズンもおいしい天然酵母のパンの中に入っていて、うっかり食べたらおいしかったとか、あまり意識せず〜って言うのがいいのかな?と思います。後、彼女の家族も嫌いなものはしょうがないよね〜と言う感じで本人に無理に食べろなんてプレッシャーをかけなかったのも良かったのかな?嫌いなもの、無理して食べる事ないよ〜、食べなきゃっ!克服しなきゃっ!と思うともっと食べれなくなりませんか?

    ユーザーID:4580793101

  • 無理はしないほうがいいかも

    確かにある日突然何らかのきっかけがあって食べられるようになることもあるけど、無理に「食べなくちゃ、食べなくちゃ」と思っても却って辛いだけかもしれません。どうかそう思いつめないで。
    ちなみに私は昔シイタケが嫌いだったけど、ある夏友人と楽しくバーベキューをしたときに克服しました。
    「何らかのきっかけ」が克服したい食べ物に対するマイナスのイメージを打ち砕いてくれれば食べられるようになる気がします。

    ユーザーID:0799484270

  • 段々食べられるようになりました

     私もトピ主さんと全く同じで、からしとわさびがどうしても苦手で、(だって辛いんですもの)唐辛子の辛さはOKと言う人間でした。

     サンドイッチにカラシマヨ、本当にイラっと来ました。

     が、私は元々が食いしん坊なのか貧乏性なのか、(多分後者)目の前にある食べ物を残すことが出来ず、辛くても無理やり食べていました。

     そしたら段々と平気になってきました。わさびもからしも、とにかく口に入れたら、鼻で息を吸って、口で出す、(逆だったっけな)を繰り返すと、涙も出ません。時々遅すぎて涙と鼻水が垂れまくりで、お茶!お茶!と右往左往しますが。

     是非トライしてみてください。慣れるもんですな。人間。

    ユーザーID:6632527792

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧