趣味・教育・教養

タイトルを思い出せないこんな小説を探しています

レス2
お気に入り3

にゃこ

学ぶ

10年以上前に読んだ小説のタイトルを思い出せずに気になっています。

ある国のお姫様が隣の国の王子様と結婚します。二人は愛し合っていましたがなかなか赤ちゃんができません。期限内に赤ちゃんが生まれないと離婚させられてしまうのですが、二人は赤ちゃんがどうやったらできるか分かりません。タイムリミットの前夜コウノトリの好物のキャベツをたくさん用意してコウノトリが赤ちゃんが運んでくれるように二人でお祈りします。しかし赤ちゃんは授からず泣く泣く離婚させられました。お姫様は外国に追放されて石鹸の広告モデルをさせられます。

話はそこまでしか覚えていません。表紙は王子様とお姫様がキャベツの山の中でお祈りをしている絵だったと思います。もしこの小説についてご存知の人がいたらぜひ教えてください!

ユーザーID:3925265496

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数2

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • さびしい王様かさびしい姫君かな

    ワタシは中学生の時に読んだので記憶が薄れていますが、

    北 杜夫著
    「さびしい王様」…「さびしい」3部作で、あとは「乞食」と「姫君」

    実はどれが1番目やらわからなくなってますが(^^ゞ

    その王子様(その話では王様です)の国は産油国かそのあたりのお金持ちの国じゃなかったですか?
    ターバンぽいもの巻いてなかったですか?

    もし巻いていたらきっとそのうちのどれかです。
    たぶん新潮文庫とかで出ています。
    もちろん3冊でひとつの物語なので、見つかったらぜひ!すべて読んでみてください。

    ユーザーID:3590760782

  • 『さびしい姫君』

    それは,北杜夫氏の『さびしい姫君』(新潮社)です!『さびしい王様』『さびしい乞食』との三部作の最終巻で,『さびしい王様』の主人公だった王様(ストン国国王)のお妃になった,ローラ姫のお話ですね。このシリーズ好きでした。あまりにも世間知らずで純真な王様とローラ姫の流浪が可哀想で…でも最後は大団円になってホッ。絶版かと思われますが,図書館などでお探しになってみてください。

    ユーザーID:4445049987

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧