キャリア・職場

これは退職勧告でしょうか

レス7
お気に入り4

ダメこ

働く

私立大学で文系の助手をしているダメこと申します。
助手になって来年で10年、30代も終わりに近づいています。

先日、学科主任から「あなたの事が学科内の会議で話題になった。ここでは講師に昇任することはないのだから、早く他に就職口を見つけなさい。私が主任の仕事として伝えます」と言われました。

自分でもわかってはいましたが、実際に言われるとショックでした。
助手になった時から研究職の募集があれば、応募していますが、なかなか決まらず今日に至ります。
業績もぱっとせず、年齢だけを重ねていく自分が情けなく、恥ずかしくもあります。
最近では適性がないのではと思い、自信も失いかけています。

こんな時こそ一心不乱にがんばらなければと思うのですが、主任の言葉を思い出しては落ち込んでしまい、仕事も進みません。

助手から昇任しないというのは学科内の暗黙の了解で、大学の規定として明文化されているわけではありません。

まだまだ研究したいこともあるし、経済的な事を考えると辞めたくはありませんが、能力もなく、必要ともされていない職場にしがみついても先はないとも思います。

私は辞めるべきなのでしょうか。

ユーザーID:5436867431

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 受け取り方が違ってない?

    私には退職勧告ではなくて、貴方を心配しての言葉だと思えますけど。研究職・・・特に文型のポストは少子化の影響を受けて今後減ることはあっても増えることは無いでしょう。そんな中で助手のポストにしがみついていては、能力があろうと、必要とされていようと、昇進する事は無いのでしょう。

    あなた自身「私は生涯助手で今の給金で働くつもりです」と本気で思っているなら、その旨を相手に伝えたらいいでしょう。でも、それではいけないってあなた自身も思っているんでしょ?

    ユーザーID:6902987359

  • それが何か?という気持ちで

    >まだまだ研究したいこともあるし、経済的な事を考えると辞めたくはありません

    トピ主さんは「まだやり残していることがある」と考えてらっしゃる訳ですから、
    学科主任なり、学校なりから大っぴらに言われない限り、ここはサラリと流しておくべきでしょう。
    主任含めて、職場での人間関係はどうですか?長年に渡って同じ職場で働いているという
    ことは、それなりに上手にお付き合いできており、トピ主さんへの印象も悪くないと思われます。

    わたしは民間企業で働いておりますが、お客さんが製薬会社や大学の研究職の方々に
    なりますので、実状はなかなか厳しい世界である、というのはたびたび耳にします。
    しかし企業にしろ大学にしろ、皆がみな大きな成果を残して、その功績でドンドン出世していく
    などということはないでしょう。パッとしない人はドンドン切られていくのであれば、わたしも含めて
    みなが失業者です(笑)。

    主任はトピ主さんにハッパをかけたのではないですか。これは「退職勧告」ではなく「激励」だ。
    そのように理解して、もうひと踏ん張りされたらどうでしょうか。
    研究職の応募も、タイミングですよ。焦らず待つことです。

    ユーザーID:4743071719

  • 転機ではあるかも

    大学も奇妙な場所で出世するにも、素直に業績がある、目立った業績はないが通り一辺倒の勉強はした人で学界or大学の有力者から気に入られている、役所からの各種天下りで業績がない人、学問とはほど遠い芸能人(!)教授などが混在していることは、トピ主さんも重々承知していらっしゃることと思います。つまり真面目に取り組んだからといって正しく評価されるわけではない世界に身を置いています。

    今からがんばって大学に残ることができる可能性があるなら、がんばってみることは決して悪くありません。ただし、今さら収入に結びつかない作業を重ねて50歳になった自分を想像してみて背筋がぞっとしたならば、別の道を歩まれた方がよいかもしれません。世間の大衆は、どうやってお金を稼ぐかということを社会に出た瞬間から常に考えて生きています。作業(原因)と収入(結果)が直接結びつかない仕事をしている人は、働くということに対する心構えが甘くなっています。

    ユーザーID:8456131926

  • 辞めなくても良い

    別に「講師」にならなくても良いじゃないですか。

    好きな研究続けましょうよ。

    ユーザーID:6592286536

  • 退職勧告でしょう

    学科主任が、「主任の仕事として」早く他の就職先を見つけなさいというのですから、その言葉は、退職勧告だと思います。
    トピ主さんの悩みは、その退職勧告に応じるべきかどうかということです。応じたくない理由は、研究が好き及び経済的状況、また努力にもかかわらず、現状では転職先が見つからないということです。そうであれば、つまりトピ主さんが、辞めたくないなら、精神的に耐えられる限り、またクビにならない限り(すいません、大学の助手のポジションについて解雇があるかどうか分かりません)大学にしがみついてはいかがでしょうか。ただし、退職勧告が続けば、気持ちがへこみ、ものすごく辛いと思いますが…。

    ユーザーID:3411227755

  • トピ主です(1)

    トピ主です。親身なレスありがとうございます。

    なるなる様
    >貴方を心配しての言葉だと思えますけど。
    私もそれは感じています。
    ただ「この先はないんだから、研究職はあきらめたらどうか」と遠回しに言われているような気がして、上記のようなタイトルをつけてしまいました。
    ちょっと被害妄想的ですね。すみません。反省します。

    モクモク様
    あたたかいレスをありがとうございます。
    学科内の先生方は皆やさしく、人間関係は良好です。モクモク様のおっしゃるとおりハッパをかけてくれているのだと思います。
    今年度中に成果発表すべき課題が二つほどありますので、それについては気を抜かず、より良いものになるよう励みたいと思います。

    ユーザーID:4918659748

  • トピ主です(2)

    たんぽぽ様
    確かに年齢のことを考えると見極め時かなと感じています。
    10年やってみてモノになっていない、という現実をどう受け止めるのか。
    もしここで辞めたら、それはあきらめなのか、逃げることなのか、かといって続けていくだけの能力が本当にあるのか、自問する日々です。
    夢だけでは食べていけませんものね。

    原始人様
    >好きな研究続けましょうよ。
    原始人様の言葉で、アルバイトで学費を稼ぎ、パンの耳を食べていた学生時代を思い出しました。
    あの頃を思えば、研究してお金がもらえる今の生活は夢みたいです。
    なんだか力が湧いてきました。

    ユーザーID:4918659748

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧