エリート夫と自分のギャップ

レス77
お気に入り47
トピ主のみ0

ボチボチ子

男女

このトピのレス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気がつけて良かったと思います

    おそらく午前の紅茶さんの言うとおり、トピ主さんは
    その人の肩書きや経歴で人を判断する傾向が強かったのではないですか。
    そしてそれは男性だけで、
    女性には学歴やキャリアは関係ないと思われていたのでしょうか。

    女性でも立派に社会で仕事をされている方がいるということを、
    今まで気付いていなかったかのようなトピ主さんの意見に驚きました。
    大学教授のご主人を持ち、自分は医院を開業されて、お子さんを
    育てている女医さんを知っています。
    その方がやっていることを、私やトピ主さんはできない、ということは
    まぎれもなく事実です。
    (私は結婚して仕事をやめました)

    トピ主さんにはトピ主さんの良さがあると思います。
    いろんな人間がいること、自分より優秀な面もある人間がいることを、
    自然に受け止められれば良いですね。お互いに。
    女性の幸せは、優秀な男性と結婚して専業主婦になることだけではないと
    気がつけて良かったのではないですか。

    ユーザーID:1145560454

  • トピ主さんと同じ状況だった知人の場合

    知人が、やはり同じような価値観で育てられ、27才でお見合いし、内科医と結婚しました。
    いわゆるお嬢様大学を卒業してから、一度も外で働いたことがなかったそうです。

    しかし、結婚後、その人は「いつか主人が独立して開業医になってもいいように」と、
    看護師の資格を取得するために、結婚後、専門学校へ通い、資格取得。
    同時に受付業務の為に、医療事務や、パソコンの勉強も(今から10年以上前です)。
    そして、現在は開業医となったご主人と一緒に看護士として勤務しています。
    一度も仕事したことなかった人ですが、新規のスタッフの採用や、指導、病院の運営まで
    しっかりとこなされているようです。

    トピ主さんも、同じように…とはいかないでしょうが、
    「格の違い」で悩むヒマがあるなら、自分に出来ることを探してはいかがでしょう?

    ユーザーID:9285416457

  • 大丈夫です!

    私の話で恐縮ですが。。。
    私は大学で技術系の分野を専攻して、キャリア志向の女性です。
    母は、大学を出ていません。教養もあまりありませんし、本を読むとすぐにうとうと眠ってしまうタイプです。
    しかし、娘の私が言うのもナンですが、母は人格的に非常に優れていて常識にも長けています。周囲の方を自然に思いやれる母の温かく柔らかい雰囲気のお陰で彼女がいるとどんな場でも和みます。
    会う人皆に好かれて家族から精神的にも頼りにされ、仕事で疲れている私の父を常にいたわり、しかも私から見たら色々と苦労をしているのに、あっけらかんとして毎日感謝をしながら生きている彼女です。
    私がどれだけ努力しても真似できない性格です。
    しかし稀ですが、頭の回転が速くて高学歴タイプの女性に嫌みを言われていました。私もどちらかと言うとそういうタイプなので何となくわかるのですが、パッと目に見える努力(勉強)をしていない母がとても満たされた生活をしているので多分、腑に落ちないのでしょう。(推測です)

    トピ主さん、学歴や教養が全てではありません。専業主婦も立派な職業です。どうぞトピ主さんならではの魅力でご主人を幸せになさって下さい。

    ユーザーID:0476918887

  • 羨ましいです

    トピ主様、こんにちは!

    私は、いわゆる一芸を持って要る女子です。
    私、個人の意見ですがトピ主さんみたいな方が羨ましくも思います。
    もっと、ご自分に自信を持ってください。
    トピ主さんのような方から、良いですよね手に職があってと言われるのですが、この経歴が時には邪魔をします。好きで職を辞めれないのです。トピ主さんのようなご主人探しが夢ですが
    一般の男達は、怖がって近寄りません。トホホ...

    ユーザーID:5317665405

  • 会合で「ご専門は」と聞かれるのは社交的には

    何の問題もありません。会合とは、ご主人の関係ですね。つまり医学関係者の集まりですから、その話題を中心として会話を楽しむ場所です。

    アマポーラさんの
    >少し親しくなってから「ご結婚前はどんなお仕事をされていたのですか」とやんわりと聞かれるならともかく…。

    これは社交的には口にしてはいけないことです。プライバシーに当たります。例えば「お花の先生をしています」に対し、「そういう学校で学ばれたのですか?」なら構いませんが。

    ボチボチ子さん
    プライバシー以外に語る内容をお持ちですか?専業主婦は家庭内の話題しか思いつかない場合が多く、それを社交の場では口にできないからトピ主さんはお困りなのでしょう。たしなみがおありなのですから、茶道、華道の話でも良いのです。
    わたしの友人たちは、「日本の器」「世界のドレッシング」「フランス料理日仏比較」「カレーの日印比較」など、ちょっと勉強すると楽しく語れる話題を用意しています。「200時間勉強すれば教養」が合言葉です。ネタを使わないことの方が多いのですが、あれば安心です。

    ユーザーID:9780714435

  • 自分に言い聞かせるんですか?

    何か、「大丈夫、専業主婦も立派な・・・」的なレスが多いので、
    違和感を感じました。
    そう思えないから、トピ主さんは居心地の悪さを感じているのではないですか?
    今まで何か、頑張りました?
    やり遂げた感、感じたことあります?
    スポーツでも、趣味でも、勉強でも。
    継続だけが力です。
    これと言って努力してこなかった人の、
    子育て、不安じゃないですか?
    お子さんに、「ママみたいにならないように頑張れ」って
    言うんですか?
    30歳なら、何か出来ますよ。
    劣等感感じてる暇に、見つける努力をしましょうよ。

    ユーザーID:1443375332

  • そういう場を避けるにつきます

    トピ主さんと同じような立場のものです。
    私も似たような場面を何回も味わい、そのたびに自分が情けなくなり、落ち込んでいました。
    生まれも育ちも能力も、天から与えられたものが多い人って、割合的には少ないけれど、かなりの絶対数でいますよね。
    知り合いのご夫婦は、2人そろって大学教授ですが、2人のお子さんを協力しながら育てていらして、海外での学会には子連れで行ったりしていらっしゃいます。トピ主さんや私のような主婦は逆立ちしたってそういう人生は送れないのですから、今ある幸せを噛みしめて旦那様に尽くされるのがよいかと思います。卑屈になるのなら、そういう場には極力行かないことです。優れた能力とは努力ではなく、天から与えられたものなのですから。

    ユーザーID:0910089066

  • トピ主です。

    皆様、思いがけず多くのレスを頂き、ありがとうございます。

    この中で、今まで何かをやり遂げましたか?
    というご質問に、あ!それかも!と思いました。

    というのも、趣味の幾つかは20年以上やっていますが、
    どれもノンベンダラリと続けているだけで
    達成したというものがないのです。

    結局、大学を出て、結婚し、体裁だけは整えることができたけど、自分自身が納得できる自分でないことに納得がいかないのかもしれません。

    親、夫、親類から見て納得してもらえる自分になるようにと、30年やってきたけれど、その30年やってきた自分は、私自身が心から納得できる自分ではなかったということかもしれません。

    すぐに、結論は出そうにありませんが、夫に認めてもらえた自分も大切にしつつ、自分自身も大切にしていけたらと思います。

    子供ができたら、また変わるというご意見もいただき、子供を望んでいる私にとっては、また別の世界を見られることが楽しみではありますが、
    将来、子供にも、お母さん、これ頑張ってるの!
    と後姿を見せられるよう何か極められたらと思います。

    ユーザーID:7514713865

  • 同じような者です

    私の夫は弁護士です、同期の弁護士とは比べ物にならないほど収入があります。
    幸いにもこの職種、パーティなどが少ないので、そういった機会にはあまり遭遇しません。ですが、私もトピ主さんと同じような考えに囚われたことがありました。仕事も出来るし、社会的にも通用する立場の夫に比べて、自分は”先生の奥さん”以外に名前はあるのだろうかと。

     いくら考えても、自分が無価値であるような気がしてなりませんでした。だけど、私にしか出来ない事もあるはずだと思う事で、少し気が楽になりました。資格も何もありませんが、得意のPC周りの環境を整えたり、得意の運転で運転手を買って出る、忙しい夫に代わってお酒の席で使えそうな小ネタを仕入れる、そして今は、資格取得の為に勉強をしています。

     受かっても弁護士とは程遠い資格です、が、頑張った自分には自信が宿るはずと思っています。専業主婦が凄い仕事とは思えませんが、自分は自分...これにつきます。

    ユーザーID:0371241852

  • エリートだからって人間性は別の問題。

    トピ主さんのコンプレックスはエリートに固執するところからくるのでしょうね。
    エリートだからって人間性は別の問題でしょう?結婚するからには同等レベルなんだと思いますよ。

    ユーザーID:5526750985

  • 国内なら大丈夫

    ご主人は再度、欧米の研究機関へ短期 or 長期の滞在する予定はないのですか?海外だとソーシャライズのスキルは重要です。夫婦は一組でパーティやディナーに招待されることも多いです。在米ですが、こちらは女性も男性と同様に働くことが多く(私はアメリカで働く研究者ですが、私の部下は男性です)、カップルは同じようなアカデミック・キャリアバックグランドの方が多いです。

    だから、今のトピ主さんの状況だと、もし将来、ご主人が再度、欧米の機関へ行かれたら、一緒についていくとたいへんかもしれません。バーバラブッシュのように名門出身でこれぞ主婦道みたいにでーんと構えると安心してみていられますが。こういう道もあるかもしれませんね。決して自信なさそうにしてはいけません。

    ユーザーID:8201682270

  • トピ主さんは夢を語りたいですか?

    トピ主さん、ご自身の夢は何ですか?

    トピ主さんがもし、何かに挑戦するというような夢を心の中から掘り起こしたなら、それを語ることができます。ご自分を卑下することもなくなるでしょう。

    でもそんな夢などより、平穏でゆったりとしたいまの毎日の中で夫を支えるのが幸せ、と思われるのならそれはトピ主さんの本分なんだと思います。

    研究者っていうのは、夢を語るのが仕事のようなところがあるのですよ。少年のような、言い方を変えれば子供っぽい気持ちが要るんです。
    そんな方々の話は、時として壮大あるいは高尚に聞こえ易いですが、客観的にみてどの程度の優秀さかというのは人によって随分と違うものです。

    仕事の専門性と人間性は別次元の話だということももちろんです。
    そういう種類の会話なのだと捉えてみることもひとつのやり方かと思います。

    ユーザーID:2450855020

  • ウチ来る?

    私も妻も人並み外れた高学歴者ですが、それ以外は全く只の人です。

    専門的な会合では場に合ったそれなりの話も致しますが、それはそれ。 話題がどうのこうの、と言うより其の方の「ひととなり」が最も重要な規準となるでしょう。

    私達自身も時折余所様からどう思われているか気になる事すら御座います。 人それぞれお互い様では無いのでしょうか?

    追記: 我が家に生息する二人の歳のいったボンクラを見て戴ければ、貴方のご心配等吹っ飛んで仕舞いますよ!

    ユーザーID:4341771557

  • もしかして

    What is your major? と聞かれたのではないですか?
    その場合、ただの会話ですよ。”大学ではXXXの専門でしたが今は彼を家庭でサポートしています。”って言えばいいだけです。
    考えすぎ。

    ユーザーID:3238161572

  • Professional housewife

    ボチボチ子さんのご主人と同じ研究者です、医者ではありませんが。
     タイトルは二人とも教授のドイツの友人夫妻から「ワイフは何してる」と聞かれたときの答えです、「職業、あるいは専門的主婦」。
     研究者の主婦業は結構大変ですヨ。私だけと思いたいですが、自分本位のわがままで、ほおっておいたら家計を考えずに書籍やコンピュータ関連機器に金を使うし、学会と称して旅行に行きたがるし(海外も含みます)。それを上手に操縦する私設秘書の役目を妻は背負っている訳です。私の妻は「ケチ子」と夫に言われながらも少ない給料をやりくりして二人の息子を育て、中古ながらも一軒家を購入させました。

     レスの多くにあるように、回りの方がどうであれ、あなたのご主人が妻に選んでくれたのですから、誇りを持ってください。尊敬するご主人が仕事がしやすいように、羽目を外させないように、子供を立派に育てる、と言う楽しみがあるではありませんか。時々手伝いをする素人主夫から見ると、専門的主婦、も難しい職業のようです。のろけになってしまったとしたら、ごめんなさい。

    ユーザーID:7109291945

  • ギャップに苦しむ暇があったら頑張れ

    >その方がやっていることを、私やトピ主さんはできない、ということは
    まぎれもなく事実です。(私は結婚して仕事をやめました)

    社会での仕事に関してはそのとおりでしょう。でも、家庭に関しては、その逆なのですよ。その方にできないことを専業主婦は出来るのです。専業主婦の作る家庭は決して兼業主婦には作ることはできません。働きながら人に預けてする育児とそうでない育児は違います。働きながら作る家庭とそうでない家庭は違います。誰も平等に1日24時間体はひとつですから、どっちも完璧になんてできっこありません。不可能です。

    どちらの能力も優れたものだと思います。トピ主さんは優秀な女性は働いているはずと勘違いされているようですが、能力のある女性で専業主婦を希望されなっている女性はいっぱいいますよ。彼女たちの作る家庭は、どんな優秀でも兼業主婦には夫に対して提供できないものです。もっと、専業主婦として誇りをもって下さいね。

    ユーザーID:3313717903

  • 私も昔はそうでした

    数年前の私もトピ主さんと同じようなことで悩んでいました。
    結局のところ、自分の考え方を変えるか、自分の置かれている状況を変えるかしか解決法はないのかなって思いました。

    結果、私は自分の置かれている状況を変えることにしました。ライフワークとして仕事をすべく今は勉強中です。恥ずかしながら、人生でこんなに努力をしているのは、初めてです。

    しかし、結局なにかを選択するということは他の可能性を捨てることでもあり、今の私は専業主婦としての務めはできないし、子供を生むこともあと数年は諦めざるを得ません。過去のコンプレックスはなくなりつつあるものの、この選択が夫婦にとっては良かったのかは疑問もあります。主人が望んでいるのは、専業主婦なのかなって感じることもあります。

    ユーザーID:6062988620

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧