人生嫌になります・・・

レス9
お気に入り8

うめ

健康

私は物心つくときから吃音です。・・・国語の朗読が嫌なので理系に行き資格をとって働いてきましたが何度も死ぬほどはずかしいめにあってそのたびに絶望してきました・・・

何年か働きましたが転職したところが朝礼(順番で司会も)や朗読があり仕事でもどんどん吃音がひどくなるので辞めました。

今はなんとかあまりそういうところがないところで働いていますが・・・本当は仕事もスキルアップしたいのにしゃべることがネックになって勇気が出せずにいます・・・

吃音を気にして人生逃げてばかりだということは分かっています。でも勇気を出して失敗するとほんとうに死んでしまいたいほど落ち込むのです。それでも生きてくしかないんですけどね。

ユーザーID:8286013326

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も・・・です

    私も幼少時から吃音です。
    うめさんのお気持ち痛いほどわかります。

    学校を卒業して今の職につきました。吃音で失敗したり、笑われたり、バカにされたりしながらも、職場の上司が話さなければならない仕事を1部免除してくれたりしたおかげもあって、なんとかやってきました。
    現在、その上司も部署が変わり職場の環境も悪くなって(業績悪化による、経費・人手削減)同僚の中から、免除するのは不平等だという話が出てきていて、岐路に立たされています。

    私もこれまで、資格を取ってスキルアップをと考えた事もありましたが、限りある金と時間を使って資格を取っても、その仕事をするのに話さなければならないと結局無駄になるのではと、二の足を踏んでます。

    自分の今の心境と似た思いのトピを見つけて親近感がわきました。
    トピのアップは大分前ですが、今はどうされてますか?
    いろいろお互いにグチを言い合ったりすると、少しは気が晴れるかもしれませんし、もしもこのレスに気づいたら、レスいただけませんか?
    もしあまり人目に晒したくないなければ私のアドに直接でも結構です。
    (いたずらはやめてね)

    ユーザーID:3191357119

  • 弟よ

    弟も吃音でしたねー。治ったかな?何年も会ってないけど。治っても治ってなくても、結婚したし、子供3人もいるし、現場監督だし、人生捨てられないでしょうね。まだまだ働かないとね。なんかね、腹のくくり方が足りないと思うの。朗読?どんどんやったら?笑われたっていいじゃないの?

    ユーザーID:8675368368

  • 克服法

    克服法ってどうなんでしょうかね。

    ぼくはインプロを指導していますけど、半年も続ければ結構効果が出るんじゃないかなぁと思いますが、吃音についての専門知識がないので断言はできませんね。

    インプロはビジネス系が多く、中には心を閉ざし気味の人たちに向けたワークもあります。

    ぼくの所の場合は、俳優向けで、「インプロヴァイゼイション」と呼んでいます。

    ユーザーID:5016429581

  • 実話です。

    私は吃音ではありませんが、知人が重い吃音です。

    この人は幼いときから学業優秀で、重度の吃音がありました。神学の博士課程を終え、彼は牧師になりたかったのですが、吃音のため、牧師になって説教が可能かずい分悩みました。いっそ諦めて神学者にと、よほど思ったそうです。結局、彼は牧師の道を選び、私の属する会員8百人、毎週の参会者3〜4百人という大教会の副牧師に抜擢され赴任してきました。

    より分かりやすい説教のためにスピーチセラピーに励み、彼の口から発せられる言葉の一言一言が彼の努力と闘いの賜物で、聴衆の心に語り掛けました。一年経ち、二年経つと、彼の吃音は軽くなっていました。

    彼は遠くの教会の牧師になるよう請われ、赴任していきました。今は30代後半だと思います。

    海外のことで実感が薄いかもしれませんが、あなたと同じ時代を生きている同じ喜怒哀楽のある人です。何かのお力になれればと願い、お知らせしました。

    ユーザーID:7531761624

  • 私の配偶者も吃音がひどいですが

    子供の時に朗読を当てられたりするのが死ぬほど嫌だったと言います。今も電話などでは、つまりやすい発音をしなくていい言葉を探すとか。興奮するとひどくなって、言葉になりません。でも私は、立て板に水、よりもそういう話し方が好きです。真面目で、素朴な人柄に思えます。どの程度の吃音かわかりませんが、気にするとかえってひどくなるみたいですね。「上手に話せなくって、すみませんね」とことわってしまえば、相手もそのつもりで聞いてくれるのではないでしょうか。交際していた頃でも、こういう人なんだと思って、吃音は全然気にならなかった私です。たぶん、じぶんがきにするほどは、相手は気にしていないのではと思います。ものすごい吃音で全く言葉にならないようなら、慰めにもならなくて御免なさいね。

    ユーザーID:1334317035

  • 私は難発タイプ

    かなり重度の吃音、25歳の男です。

    だんだん吃音がひどくなってきてます。最近は、研究発表の場で難発で言葉が出てこず、惨めというか情けないというかたまらない気持ちになります。専門用語を使うので言い換えるわけにもいかず、毎回大変な思いをしています。

    吃音の人にもタイプがあるらしく、プラス思考で気にしないでいつのまにか治ってたとか、逆に気になって苦しみ続けてるとか、もうあきらめて受け入れてる違う意味でプラス思考とか、いろいろいます。

    自分はずっと気になるタイプで、プラス思考にはなかなかなれません。

    今まで吃音に正面から向き合わないで、ズルズルと先延ばしにしてきましたが、年齢的にも立場的にもそうはいかなくなってきました。

    それで、今度思いきって吃音矯正のカウンセリングやサークルにコンタクトをとってみようと思います。いやだいやだ行きたくないという気持ちもあるのですが、今のままではまずい、自分の人生このままでいいのか、と奮い立たせてがんばってみようと思います。

    うまく言葉がみつかりませんが、トピ主さんの人生がよいものになるといいですね。私もがんばります。

    ユーザーID:8256797021

  • とにかく

    私自身は吃音ではありません。ご本人の悩みを知らないから言える、と思われてしまうかも知れませんが、吃音の方と話をしても、また話を聞いても別に気になりません。ですので職場に吃音の方がいらしても、
    正直仕事に支障があるとは考えた事もありませんでした。早く話す事を重要視されるのですか?

    >転職したところが朝礼(順番で司会も)や朗読があり仕事でもどんどん吃音がひどくなるので

    私は吃音でなくても、会社などの朝礼で話す事や自己紹介が非常に苦手なので緊張し気が重くなります。
    時には足が震えている事も有ります。その会社の雰囲気にもよるかと思います。

    それさえ無ければ、全ての事がうまくいくかと言えばそうではないと思います。
    人って、誰でも表に出ない悩みを一つや二つは抱えているものです。
    やりたい事を諦めるより、TRYしてそれでだめでも、諦めきれないなら再度TRYする、で
    良いのではないでしょうか。又は自分の個性を生かしてスキルアップするなど。
    そのプロセスは誰でも一緒だと思います。

    お役に立てないレスかと思いますが、死んでしまいたいほど落ち込む必要は全く無いと思います。

    ユーザーID:3178367532

  • 作家の重松清さんも・・・・

    子どもの頃から吃音に苦しんでこられた方です。彼の小説にはたびたび吃音の人物が登場します。子どもの頃からどんなに傷つき、嫌がらせに耐えてきたかがリアルに伝わってきます。その分人の気持ちのわかる優しい人になったのだと思います。「きよしこ」(自伝的小説です)「青い鳥」などおすすめです。

    ユーザーID:0472155955

  • 取引会社の人

    転職先の会社で初めて取引先となったOさん。ものすごい吃音でした。そしてとても真面目で誠実でいい方でした。私が大ミスをした時、私の上司に直接「ガーリックさんは仕事を始めて間もなく経験も浅い。それに日頃とても頑張ってらっしゃる。どうぞ彼女を責めて叱るようなことはしないでくれ」と言ってくださったんです。普通ならこっぴどく怒られてもおかしくないんですよ。本当にこの言葉に救われ、以降、Oさんにも会社にも迷惑かけるもんか!って奮起したもんです。Oさんは定年退職されるまで、有給休暇の消化もせずにずっと勤勉でおられたただ数日間だけ奥様と一緒に温泉を旅行されたのを除いては)。
    トピ主さんが吃音で悩まれているとのことで、このOさんのことを思い出しました。Oさんには何度かお叱りも受けたけど、その度に励ましや助言も賜り、本当にタメになりました。この方が初めての仕事で取引相手となって下さったことには本当に感謝してます。

    ユーザーID:2230261545

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧