• ホーム
  • 働く
  • 管理職として適性を欠くひとたち、を考える

管理職として適性を欠くひとたち、を考える

レス14
(トピ主0
お気に入り11

キャリア・職場

ヒロミsee

30代前半、男性です。
大卒後、転職2度を経て現在3社目の企業では働いています。
転職理由は、1社目がキャリアアップ、2社目が上司との人間関係でした。
現職はメーカーで、地方の営業所で副所長をしています。
上司はあと2年ほどで定年ですので、今のところ後任所長はわたしの予定です。

営業所には男女7名おり、各人ともに仕事滞りなく、人間関係も良好です。
手前味噌ですが、仕事以外でも相談などよく受ける身ですので、部下への接し方
については自身ソコソコ合格点なのだろう、と考えています。

近頃、妙に過去にじぶんが仕えた管理職の方々を思い返すようになりました。
都合8名に仕えてきましたが、そのなかで「この人は器がちがう!」と思えたのは
いまの上司と、新卒のとき1年間だけお世話になった方の2名だけです。
残りは「なぜ管理職になれたのか(なったのか)?」疑問符のつく方ばかりでした。
セクハラを繰り返す、パワハラで次々辞めさせる、経費を横領する、など。

なぜ、このような人が管理職に登用されるのでしょう。みなさんどう考えられますか?
今ではよい反面教師にさせていただいてますが、世の中不思議です。

ユーザーID:8230098207

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なり手がない

    結局、そうそう能力のある人なんて多くはいないということじゃないでしょうか。それなのに、労働力として雇われた人たちはそれなりの数がいて、管理職的ポストもそれに見合うだけの数がある。

    仕方なく、ある程度の年齢になれば管理職にならざるを得ないしくみです。

    私の夫は、欲も得もなく「能力がないのに出世だけはさせられる。給料据え置きでいいからポストだけは就きたくない」と逃げ回っていますが、やがて順番は回ってくるでしょう。これが夫の今の最大の悩みらしいです。悪目立ちするのが嫌なのです。いくら上司に訴えても「能力がなくてもいつかは役目を負わないわけにいかないんだ」と言われるだけだとか。この悩みから抜け出すには、キャパを超えた仕事を引き受けて心身ともに壊れてしまうか、退職するかのどちらかしかないでしょう。

    トピ主さんのように能力のある人には、本当に能力のない人間(努力云々ではない世界)は理解できないでしょうし情けない人間に映るでしょうが、会社ごと変えなければどうにもならない問題ではないかと思います。

    私たちにも生活があって、自分から辞めるわけにはいきませんし。

    ユーザーID:6490560893

  • 自分の仕事はできるが、人格が伴わない

    というタイプの人は、割といるんじゃないかと思います。

    上司という立場になれば、「人を育てる」ことが期待され、人間関係の調整能力も要りますが、そのあたりの器がないのに、役職に就いてしまう人は結構いますね。そのあたりまでは、会社も見抜けないということなのかなと想像しています。

    自分が権力者側にいるのをいいことに、間違った力のふるい方をするようなタイプが上司にいると、部下は迷惑しますよね。パワハラ、セクハラなどは、必ず力関係を楯にしていると思います。

    胸が痛むのは、このトピですね。部下の方が、お気の毒過ぎます。このトピで、「部下が甘ったれている」「自分は苦しくても頑張ってきた」というレスがありますが、このテのド根性タイプが人の上に立つと、自分が自分の痛みに蓋をしてきた分、人の痛みにも鈍感になっているので、やはり人を追いつめると思います。いずれにしても、一方的で、想像力が欠如している上司は困りますね。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0403/125297.htm?g=02

    ユーザーID:1328659029

  • 管理職ポストに就いている人を管理職と呼ぶ

    能力を持っている人が管理職に任命されるのではありません。
    管理職ポストに就いている人を管理職と呼んでいるだけのことです。

    会社の人事は、年功序列をベースに、景気によってポストを増減したり、腐敗防止の意味で一定期間ごとに強制移動させたり、小さい会社ですと社長の好みで選別したりするものです。有能な人、器の大きな人が出世するわけではありません。

    個人の力量のせいにできない要因もあります。大企業で、企業内コースが機能している場合は、従業員はコースに沿って進むだけです。中小であっても、成長している企業であれば、管理職は部下に次々と課題を与えて能力を引き延ばしてやる余地があります。停滞している企業であれば、部下に次なる活躍の場を与えられませんから、放置プレーになります。縮小している企業であれば、経費削減のため部下を減らそうとします。

    横領については、社内の監視体制に不備があるという話になると思います。

    ユーザーID:4147746271

  • 無題

    残業代をカットするために管理職を設置するのだと偉い人が言ってました。
    (今度のホワイトエクゼンプションの導入は好景気の時に大量採用したいわゆる
    バブル世代のポストが足りず、残業代がかさんできている=ヒラのままで残業代
    カットを企業が考えてるからだそうです←蛇足でした)

    年をったら、若い人に現場仕事はかないません。知力も絶対的に落ちるのだし
    能力のない人に限って、仕事が暇で(仕事をふられないから)仕事以外に精が
    出てしまうんじゃないでしょうか?

    欧米では管理職は20代でマネージメント経験がないとものにならないと
    言われているそうです。日本の管理職登用年齢が高すぎるのかもしれません。

    ユーザーID:1490059551

  • 能力と勉強の不足。

    ヒラ社員と管理職では求められるものが違う。それをわかっていない人が多いからでは?ヒラ社員で仕事ができても、管理職になればマネジメント能力などが大きな比重をしめるようになりますよね。ヒラのときはそれがたいしてなくてもなんとかなったかもしれないけど。その延長線で、パワハラ・モラハラ等に関して勉強不足な管理職も多いようです。私の周囲に、誰でも知っている超一流企業に勤め、モラハラ被害に遭い、直接の上司があろうことか加害者を擁護して十人近く退職に追い込み、その犠牲になったという知人がいます。いまどきモラハラを知らない上司なんて職務怠慢の域ですね。それがわかっていない人が多いように感じます。

    ユーザーID:1276162588

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • うちの会社は

    全国に2000人ぐらいいます(たぶん)
    毎年昇格試験があり(所属長推薦でエントリー)論文とプレゼン、面接で合否が決まります。あと一定のポストにいる人には多面的評価といって、部下から査定をつけられます。
    前者が8割、後者が2割ぐらいの重きなんじゃないかと見ています。
    どんなに人格が良いひとでも口下手でプレゼン能力が低いと昇格できず、自己アピールがうまくて立て板に水のような発表ができる人は
    どんどん出世していきます。
    実際の職場では、パワハラまがいや事なかれ主義でもです!
    彼らは取締役への受けがよければオッケーなんですね。

    うちの会社は結果主義なので部署の成績が良ければ管理者は合格。
    退職者が出ても、管理者の査定には全く響きません。
    部下への接し方とか、コミニュケーションとかのそんな研修は全くありません。
    人格までいちいち評価してられないって事だと思います。
    会社の性質ですね。

    ユーザーID:1919485550

  • 年功序列

    日本はまだまだ実力主義ではなく、年功序列が根強い国だと思います。
    だから「どうしてこの人が?」と思うような人が上に立っているのでは。

    今はトピ主さんは副所長という立場ですから、
    部下のことを考える余裕があると思います。
    だけど今後、所長となった時に損得抜きで部下のことを考えられるでしょうか?
    トピ主さんの器がわかるのはその時だと思います。

    ユーザーID:6215473396

  • タメイキさんへ

    主さん横レスごめんなさいね。

    あはは。タメイキさん、私の事もおしゃってるのかな?
    人の痛みに鈍感で、人を追い詰めるだなどと、
    勝手な思い込みでずいぶんと
    “あなたのお嫌いなはずの”他人を追い詰めてる
    じゃありませんか?あなたも人の気持ちに鈍感なんですね。

    ど根性タイプだからって一方的に決め付けるなどと、
    あなたも同じくらい想像力が欠如してるんじゃ
    ないでしょうか?

    ユーザーID:2562678314

  • 年功序列

    それが能力適正に関係なく、一定以上の勤続年数が経ったら昇進するという、悪名高き日本の伝統「年功序列」ってやつだと思いますが。

    ユーザーID:2361417084

  • 管理職という呼び方が

    良くない様に思いますね。
    つまり、管理する人、ですよね。
    いわゆる役職に付く人は、必ずしも管理に適する人だけではなく、
    個人の能力が高くて上がってくる人もいます。
    要するに、一人で何でもできてしまい、個人能力が非常に高く、
    周りを使わないタイプの人です。
    そういう人も、役職に付けば管理職。
    つまり、なんらしかの管理を任されることになる。
    こういう人が、管理できるか、というと、ちょっと疑問ですよね。
    しかし、いったん管理職に上がると、よっぽどのことが無い限り、
    (懲戒に当たるような、とんでもないことをやらかすなど)
    ヒラに降格することはありませんので、管理職として何らかの仕事が与えられるわけです。
    私も経験上、「この人は”管理”職としては今一だけど、技術者としての能力は、
    管理職の給料を出してもいいはずだな」
    と言う人はいますよ。
    そういう人に管理の仕事をさせると、ろくなことは無いですけど。

    最近は管理職、と呼ばずに、基幹職、と呼ぶようになっているところもあるようです。
    その方が感覚的には近いかな、と思いますけど。

    ユーザーID:1877611049

  • 自分のことは思いっきり脇において

    トピ主さんの想いに、共感できます。
    上司に疲れた時、その手のコトが頭の中をぐるぐる駆け回ります。

    でも、結局思うのです。
    自分がそういうレベルの会社にいる訳で。
    同じ会社の中でもすばらしい上司も過去にはいました。
    でも、そういう上司ではなく、今のありえない上司に仕えなければならないのは、
    自分の力の無さなのであろう、と。

    全ては自分次第。
    どんな会社にも、必ず外れの人はいます、きっと。
    うちの会社なんて世間的には一部上場企業だけど。
    ありえない上司は年収1000万円なんて軽く超えているけど。

    で、あと思うのは。
    他の方の意見とかぶりますが、
    やはり、優秀な担当者=上司として優秀ではない、のです。
    これは、自分自身のこととして、実感しています。

    担当としての業務能力は、自分で言うのもなんですが、図抜けていました。
    だから昇進も早かった。
    でも、管理職になってから迷い、悩み続けています。
    「器じゃない」んです。
    さすがにポストも3つ目になり、だいぶマシになってきましたが・・・・。

    最初の時の部下の皆に、ごめんなさいと言いたいです。

    ユーザーID:4221925640

  • では、どういうひとが管理職として適正?

    私の前の上司は、部下の言い分を聞き、上の人達の意向や立場をよくわきまえ、マネージャーとしてそれなりに良くできた人でした。
    しかし、下からの突き上げ(言い方のとてもキツイ正論野郎とか)や板ばさみに遭い、マネージャー業務に忙殺され実務から離れるにつれ10年経ってとうとう鬱病になりました。
    こういう例は私の周りではかなり多いです。

    また、以前の私の先輩で、仕事はできないくせにギャンギャンとやかましく、特に女性には誰彼かまわずまとわりついて気持ち悪く、皆から嫌われている人がいました。
    その人は今別部署のマネージャーですが、自分の部下達の査定が全員良くないと絶対首を縦に振らないそうで、給料がどんどん上がる為に部下達からとても慕われているそうです。
    でもきっと、他のマネージャー勢から見たら煙たがられてるでしょうね。全くもって気にしない性格が功を奏しているようです。

    結局適正とか能力ってあまりアテにならないものだと私は考えます。多少上や下にワガママだと思われたり不満が出ても、ある程度自分のやりたいようにやれる人が管理職として長く続くのだと思います。良い意味でも、悪い意味でも。

    ユーザーID:8874987357

  • 最初が良すぎた

    人はどうしても比べてしまうものです。
    ということは、最初の人が人格者だったりすると
    後は、どうでもいい人の集まりのようになってしまいますね。

    また、そのような人が上になって管理職を選ぶわけですから
    すばらしい人は、すばらしい人を育てる。
    同じ穴の狢は、同じ人格を選ぶ。(安心だから)

    西武の堤義昭さんが言いました。
    頭脳は俺一人でいい。後は、従順な使用人がいればいい。
    何かにおびえて主人に従順に仕える人が一番安心。

    そのような序列で決まっていくので、仕事ができる人から
    とか、人格者から順番にとか、そのような一般基準では
    決まらないと思います。

    欧米だって同じです。仕事ができれば、人間性はあまり見ません。
    外国人にも変なやつはたくさんいます。
    どの基準で見るかで、変わってしまいますので
    なんともいえませんが、人格、仕事、優しさすべてに
    すばらしい人がいれば、たくさんの人の上に立てるのでは
    ないでしょうか?やはりどこか欠陥のある人は
    少人数の部下しかいないでしょうし、自然淘汰されるでしょう。

    ユーザーID:5276844894

  • 管理職しか道がない?

    私にも困った上司が1人いました。
    現場仕事では叩き上げで年齢以上の広い知識と経験があり、とても優秀でした。「推薦されたから」という理由で若くして管理職になり、私はその最初の部下のうちの1人として配属されました。

    すると、不思議なことに半年で私の仕事がなくなったのです!「これ終わりました」と報告に行くと「ありがとう、後は俺がやっておくから」と次々仕事を取り上げられ、あっという間に社内無職。今にして思えば女性部下の扱いが全く分からなかったので使わないで済むようにしたものと感じられます。それまでみんなが徐々にステップアップしていた仕事も、男性部下はどんどんハードになる一方女性部下は彼の下について以来全く変化なし。自然に評価も低くなり、モチベーションが下がり、と悪循環。

    それから数年経ちましたが、彼は今部下のいない「担当課長」になっています。会社もキャリアパスとして「部下を持たないで給料を上げる」道を選択できる仕組みを作りました。この制度がもっと早くできていたら、私も今頃もう少しは仕事できていたんだろう、と思うと悔しくてたまらないです。

    ユーザーID:0749554566

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧