妙なこだわり

レス3
お気に入り5

あめ

健康

ときどき変なところが気になって、妙にこだわってしまいます。

例えば、「口腔」を「コウクウ」と読むか「コウコウ」と読むかとか、普通に考えるとどうでもよい内容が多く、さらに自分の意見が一般的な意見と違う場合や間違っていることもあります。

内容的にはどうでもよいことであるはずなのですが、自分では譲れなくなってしまい、結果的に、話をしている相手にとても不快な思いをさせてしまいます。

自分でもどんなときに何にこだわってしまうのかよく判りません。

同じような経験をお持ちの方、周囲にそういう人がいて困ったという方、いらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:7670535648

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ほかの例

    トピ主です。
    書きそびれましたが、30代男性です。

    Aさんと東京ディズニーランドに行ったときのことですが、
    「ディズニーランドは千葉にあるのに東京ディズニーランドだ」
    という内容の話になりました。

    その流れで、Aさんが
    「この辺りがもし東京都になったら、マンションや土地の価値がもっと上がるのにね〜。」
    と言いました。

    Aさんは、単に流れで出した会話に過ぎず、
    私が「そうだよね〜。」くらいに返すと思ったみたいなのですが、私は納得できずに(理解できなかったという方が近いかもしれませんが…。)
    「そうかな?土地の名前が変わるだけでそんなに変わるかな?」
    と返してしまいました。
    それから議論のようになってしまい、最後には激しい口論になりました。(自分の主張には根拠がないので、相手も納得しません。)

    これから遊びに行くというときだったのに、楽しい雰囲気を完全にぶち壊してしまいました。

    相手としては、単に楽しく会話をしていたと思います。
    後から考えると、自分にとってもどうでもよい内容だったので、どうして激しく言い争うほどこだわってしまうのか自分が理解できません…。

    ユーザーID:7670535648

  • 多分…

    読んでいて、ふと思いました。
    「アスペルガー症候郡なのかな…」と。
    検索して調べてみると、幾つかの特徴があり、言葉へのこだわりや、場の空気を読む事が出来ず、人間関係に悩まれやすいようです。
    発達障害の一つのようですが、アスペルガー症候郡は知能に障害がなく、むしろ高い知能を持っている方が多いようです。
    その為、発達障害である事が周囲の人にも解りずらく、また本人も自覚出来ず、トピ主様のようにどうしてなのかと悩む事があるようです。診断に長ける医師もまだ少ないとの情報もありました。

    勝手な憶測をお許し下さい。ご参考までに…。

    ユーザーID:6599312025

  • ありがとうございました

    ぜん様
    レスを入れていただきありがとうございました。

    アスペルガー症候群のことは知りませんでしたが、ウェブで調べた範囲では当てはまる点も結構ありそうです。

    何か原因があるのかもしれないと教えていただいて、助かりました。

    ユーザーID:7670535648

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧