恋愛・結婚・離婚

私への愛情が冷めてきてる夫

レス9
お気に入り9

カステイラー

男女

結婚14年、34歳兼業主婦です。
一回り年上の夫といろんな事(嫁姑、金銭面、リストラ)を乗り越え絆を深めてきたと思ってましたがどうやらそうではなかったようです。
勤務時間の都合上お互いすれ違いがちなので、夜は11歳の息子と家族団欒でお茶を飲んだりゲームをしたりと過ごしてきました。
でも最近はそれすら拒否し布団へ入ってしまいます。
仕事で嫌な事があれば話してくれましたので疲れてるだろうと労い黙認してきました。
夫婦の会話も生活も無くなり私はいったいこれからどうしていいのやら・・。もしや女?とも思いましたが、十分なお金や携帯も持ち合わせてませんし定時に帰宅、休日はテレビと友達(笑)
私に魅力が無いから?とダイエットしたり思いつくことはいろいろしましたが、夫には効かない。もっと仲良くしたいのですが、いよいよ嫌われ始めちゃったカナ?温和で優しい夫の変化にこれが本性?と思えば納得できるのでしょうか。アドバイスいただければ幸いです。

ユーザーID:7230610007

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 疲れるのよね。

    ご主人様お疲れかな?
    まだ、34歳のトピ主様には、分からない疲れ方ですが、
    40過ぎると、がたっと疲れるんです。ウチの夫も夜9時には寝てしまう日が多いなあ。気分が悪そうだなあと思うと、よく、マッサージをしてあげてます。マッサージをしながら、体と心がほぐれてくるのか、いろんな話をしますし、私が疲れているときには、マッサージしてくれるようになりました。夫婦円満の秘訣かも。
    夫が好きな香りのマッサージクリームをボディショップで一緒に選ぶのもたのしいですよ。

    ユーザーID:6130527203

  • ひょっとして

    愛情が冷めた、とかではなくて、ひょっとして鬱病の可能性はないでしょうか?
    以前、鬱を患った父と、状況が似ている気がするので・・・。
    身体的症状として「食欲がなくて、体重も減って、眠れなくて、いらいらしてじっとしていれない」もしくは、「変に食欲が出て、食べ過ぎになって、いつも眠たく、寝てばかりいて、体が動けない」(wikipediaより)また、性欲の減退もあるそうです。
    鬱病は、早く発見して早く治療を始めれば、ちゃんと治る“ただの病気”です。
    とはいえ、治療が遅れれば、大変に深刻な病気です。
    また、男性の40代〜50代というのは、特に精神的に大きな転機であり、悩むことも多いそうです。
    父が鬱になったのもこの年代で、家族の協力で、今は完治して好々爺となっています(笑
    鬱と決まった訳でもなく、私の全くの憶測ですが、少しでも旦那様の症状に共通するところがあるようでしたら、奥様が専門機関への診察を勧めてあげてください。
    鬱は治療開始が早ければ早いほど、また、その後は家族の支え&理解が、明暗を大きくわけます。
    杞憂かもしれませんが、ぜひ詳しいことを調べて、ご検討くださいませ。

    ユーザーID:7652475095

  • そっとしておく 1

    仲良くしていた夫の冷たい反応ってじわじわ効きますよね。

    専門家ではないので勝手な憶測なんですが、もしや男性更年期では?
    私の父なんですけど40歳を過ぎた頃から急に怒りっぽくなったり家族をないがしろにしたりして嵐の何年かを過ごしました。

    なんせ父の帰宅する足音が聞こえると母も私も胃が痛んで食べたものをケロケロしてしまったほど。理由がわからなかったので本当に辛かった。
    まだ男性に更年期があるなんて一般にいわれていなかったので悩みましたが、母が自分の胃の痛みを治療してくれる内科医にこぼしたところ「男性更年期」ではないかと。

    「暴れる猛獣が洞窟の中で身もだえしている状態なのでのぞきにいったり声をかけたりしてはいけない。彼(父)が自分で解決するまで何年でも信じてほっておきなさい」と、言われてきました。
    それから母は理不尽な怒りに冷静に対処し、毎日父の好きな食事が並び(食べなくても)明るく声をかけ、父が家にいるときは私たちを外に連れ出してくれました。

    ユーザーID:6677118416

  • そっとしておく 2

    暴風雨の終わりは父が無言のままでの食卓に一緒に着き始め、たまには無言でケーキを買ってきてくれ、ゆっくりゆっくり普段の生活に戻りました。
    これは根気の勝負だと子供心に思ったもんです。私には出来ないかも、とも。

    きっとトピ主さんのご主人も家族への愛情が変わったわけではないでしょう。ただほっておいて欲しいと思うことは間々あるものです。まして男性は外で大勢に囲まれ、家でも家族がいるとなれば一人っきりで好きなだけ好きな事をしていい自由が奪われたと、哀しくなることもあるのではないかしら?

    トピ主さんが悪いわけじゃない。
    あなたや家族は受け入れ態勢を整えながら、ご主人の迷走が終るのを信じて待ってあげてください。

    ユーザーID:6677118416

  • おしゃれも大事だけれど、、、

    ちょうどそんな時期。

    日常生活でも目新しい新鮮なものは何も無し。仕事は忙しい。子供も少し大きく生命への驚異なんて新鮮な驚きも消え、妻もふるびた畳みたい。

    人生すべてマンネリズム。

    さて懸命に痩せておしゃれをしてみせて気を引こうとしても、もう着つつ慣れにし妻しなれば、あまり効果はないかもしれません。

    それよりも生活上で変化を出す方が効果があるよう気がします。

    家具の配置を変える、カーテンを変える、くすんだ壁に色を塗り替える夫の寝具を変えてみる、朝に出勤時間の一瞬に今まで出したこともないちょっとしたお茶と菓子をだしてみる、あるいはトピ主さん自身が何か趣味を持ち、その趣味に熱を持つ、部屋に花をかざったり、下手な絵を描いてみたり。です。

    ただその時に、夫の気がひけたとか、引けなかったとか、神経質にならず、ゆっくりと自分のために。

    気がつけば、妻なる自分も明るく楽しく、家もなんだか綺麗になって、夫も何となく、生き生きした家庭と妻に気を引かれはじめる、、、です。

    即効ではないかもしれないが、きっと良い効果があると思う。

    ユーザーID:8637729294

  • トピ主です。

    わんころ様 
    夫は、肩こりがひどいのですが、マッサージをずいぶん前にしてあげたので忘れてました。試してみます。アドバイスいただきありがとうございます。

    らん様
    鬱とは思いもつかず、病的な項目など検索してあてはまるようでしたらそちらの方も視野にいれてみるべきですね。ただ思い当たるとすれば転職し職場仲間とは良好らしいのですが、自分の力がイマイチ発揮できないとガッカリはきてるようです。合計18年一緒に居ますが、これまで八つ当たりなどされた事も無く仲良くやってこれた?だけに、夫の変化にとまどってしまいました。アドバイスいただきありがとうございます。

    ユーザーID:7230610007

  • 逆の立場なら

    私がご主人の立場なら(トピ主さん非難ではありません)・・・

    会話がなくてすれ違いだと、愛情は冷めてきます。
    疲れてる時にこそ、優しい言葉をかけたりして欲しい。
    「そっとしておく」のは優しさかもしれないけど、「放置」だと虚しい。

    ちょっとくらい身奇麗にしても、外の異性のほうが魅力的
    (若い子はいっぱいいるし新鮮味がある)。

    とにかくコミュニケーションがない、心の支えになれてない等は
    危ないと思います。失礼なことを書いてすみません。
    らんさんの言うように、鬱病の可能性もありそうだな、と思いました。

    ユーザーID:5019056194

  • そっと、労りの気持ちで対応

    結婚15年。
    妻も実はくたびれているけれど、相手もくたびれている。

    あまり「女か?」なんて緊張しないでおいて。

    毎日出勤しては家族を養い、また出勤しては家に帰る、、、もっと別に人生を生きたいが、今の人生を捨てる勇気もない。

    こんな空しさを感じる頃。だからと言って「私だって大変は同じよ」なんて責めては駄目です。

    自分だって人生が耐まらなく空しくて、全てを捨てて脱出を夢見る時期が来ないとも限らない。お互いさま。

    というわけで、今は心浮き立たないで居る相手を慰めなくてはいけない。

    わざとらしくなく、家庭はやっぱり良いなあ、と感じさせ、ご主人の心に力を湧かせてあげなくてはいけません。

    人生は長いし疲れるのです。

    ユーザーID:8637729294

  • 気持ちを伝えること、忘れないで

    いたわりの気持ちで、接することも必要でしょうが、素直に、自分の気持ちを伝えることも忘れてはいけません。

    夫の激務、若くはない年齢。
    結婚15年を過ぎたあたりから、いたわりの気持ちで接することが多くなりました。

    ある日、気付きました。

    愛している、愛してほしい、という気持ちがなくなっていることに。
    夫はいつの間にか、私にとって、いたわってあげなければならない存在になっていたのです。

    そういう存在になってこそ夫婦、という人もいるでしょうが、さみしいものです。

    求めるのではなく、素直に今の気持ちを伝えておくことって大切ですよ。
    守られている、愛されていると感じられることは必要です。

    ユーザーID:4301551488

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧