つまらない大相撲

レス11
お気に入り6

マリアッチ

学ぶ

大相撲面白くないですね。最大の問題は大関陣、千秋楽に勝ち越しなど昔なら考えられませんでした、私の提案ですが相撲取り組み時間を3時間遅らせては如何でしょうか上位陣取り組みが9時頃になれば
サラリーマンも入場することができます8時以降は割引料金があれば
ベストす。もうひとつ 土俵の直径を1メートル広げるべきです
最近の力士の体格は江戸時代の力士と比較にならない程大きくなって
います琴欧州がかわいそうな負け方をしている理由を考えてみてほしい,また押し相撲だけでは通用しなくなり相撲内容が充実して来ると
思いますが。。。
   

ユーザーID:7364626832

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 土俵を大きくするに賛成

    1メートルは拡大しすぎですが、直径30センチ程度は大きくして欲しい。
    今の力士の体格は以前と比べて、ざっと20%程度は大型になっている。

    見るからに狭い土俵であっけなく勝負が付いてしまい、以前のような大相撲(水入りなどを含め)がすっかり見られなくなった。

    横綱大関ですら、立会いの一瞬のぶつかり合い全てを賭けるようになって相撲の面白さがなくなってしまった。全力でぶつかるから負傷も多い。

    相撲の醍醐味である「土俵際の粘り」が見られないのは、今の土俵が狭すぎるため。
    以上のような理由で土俵を30センチ程度拡大すれば、相撲がもっと面白くなると思う。

    ユーザーID:1629878347

  • 半分賛成

    >相撲取り組み時間を3時間遅らせては如何でしょうか上位陣取り組みが9時頃になればサラリーマンも入場することができます

    2時間でいいですけどね。
    ゴールデンタイムに上位陣というのがベストです。
    但し、NHK総合での中継はできないでしょうね。

    >8時以降は割引料金があればベストす。

    注目度の高い上位陣の取組に割引をするインセンティブはないです。
    中入り後の取組前に退場する条件なら割引もありでしょう。

    ユーザーID:1989362740

  • そうでもないかと、、

    ワタシは逆に「立会いの面白さが増した」と考えます。
    長丁場も、もちろん良いんですが
    一瞬の駆け引きに魅力を感じるんですよネー。

    取り組み時間を遅くするのにはまったく賛成でございます。

    ユーザーID:4451254181

  • 怪我

    本気で言ってます?

    遠方の地で 15 日間格闘技やるんですよ?
    眠くなるだろう時間にやって怪我させる気ですか?

    ユーザーID:2763890943

  • 土俵を広げるのは反対

     力士の体格に合わせて土俵を広げるなんて、凄い発想ですね。私は大反対。だって、あの大きさの土俵でどのように取り組みをするのか?っていうのが面白いんじゃないんですか?

     最近の相撲はつまらない、というけれど、そんな事ないと思いますよ。だって若い力士は一生懸命とってるじゃないですか?私が問題だと思うのは相撲人気の復活の為か、相撲協会が大して実力も無いうちに(幕内に入ってすぐに、とか)番付を上げてしまう事だと思います。もう少し下の番付けで実力を付けていって、小結・関脇・そして大関に上げていった方がいいんじゃ?
     稀勢の里とか琴欧洲とかは人気で上に上がって今、伸び悩んでるって感じがします。

     あとはやはり四つに組む事が少ないですよね。何か体格とか土俵の問題では無く、力士の気迫っていうか、そういう気合みたいのが無い、ってのいうのが一番の問題なのでは?って思います。特に大関陣。

    ユーザーID:9790488438

  • やはり、人気と実力を備えた力士が重要。

     モンゴル出身力士が強いということはわかりますが、あんまり数が増えすぎてしまって、お互いが助け合っているという印象を持つことがあります。貴乃花全盛時に同部屋力士が多くて、取り組みに変化がなくなったのと共通する部分がありそうです。

     もうひとつの問題は、伝統をきちんと守る力士が少なくなったことにもあると思います。例えば、賞金を受け取る時は、きちんと手刀を切る。勝負が決まっているのに攻撃を継続する。稽古でライバルを痛めつける等、問題行動が多くなっています。

    ユーザーID:0912590009

  • 子供の頃の大横綱は

    千代の富士でした。
    小さな体で自分より大きな力士を次々と投げ打っていく千代の富士
    をみて目をまん丸くした記憶があります(笑)
    大人になった事もありますが、あの時の力士の神々しさは
    今は感じられなくなりました。

    それでも、力強いモンゴル勢の相撲はさすがだな・・と
    関心し、日本人も負けないだけの根性と執念をもって
    がんばれ!と感じる今日この頃です。

    トピ主さん提案は尤もな提案だと思います。
    お客ふがもっと気軽に楽しめる様な工夫と
    現代人の体格に合わせた土俵づくり・・・・
    本当に尤もです。
    相撲協会に手紙でも送って、考えてもらいたいですね

    ユーザーID:7764472738

  • それより升席・・・

    時間を遅くすると、確かに客入りは改善されるかもしれませんが、力士は一般人の生活時間帯とはかけ離れた生活してますから(朝稽古とか)、俺さんがおっしゃるよう、睡魔による不慮の怪我とか増えるかもしれませんね。

    土俵の大きさも、特に変える必要性を感じません。個人的には押し相撲の復権を願っていますし。全盛期の小錦や曙が千代の富士や貴乃花を数秒で吹っ飛ばしたような、そんな相撲を対朝青龍戦で期待できない現状は物足りないです。

    それより、升席ってどうなんでしょう?伝統ある大相撲独自の観戦スタイルであり、趣があると思いますが、核家族化、共働き化、趣味の多様化が進んだ現在では、4人集めるのは至難の業。2人用升席もありますが、それでも中々観戦仲間が見つからなかったり。溜席は容易には手に入りませんので、仕方なくイス席観戦しますが、空席の升を見るにつけ、せめて升席ゾーンに1人用座布団席があったらなあ、なんて思います。

    それから、最近目に余るのが、親方衆のだらしなさ。現役力士から舐められてるのでは、と思います。伝統を守らない力士やマナーの悪い力士は殴ってでも言うことを聞かせて欲しいです。

    ユーザーID:6449791814

  • 角番制度が

    私は角番制度がダメ大関を作っている気がするんですよ。
    角番→勝ち越し→負け越しまたは休場→角番・・・の繰り返しって、関脇以下だったら相当に番付が変動するはずですよね。
    案外、関脇に長く留まっている琴光喜の方が、大関よりも安定しているのかも?
    とにかく早々に優勝争いから離脱してしまう大関陣なんて、いらないです。

    上位取組は9時頃とは言わずとも、7時くらいになれば随分観戦しやすくなるでしょうね。
    1時間でも遅らせてもらえればだいぶ違うと思うのですが、どうにかならないのかなぁ。

    琴欧州は、親方衆が口々に「相撲が小さくなった」と言っている通り、大関の地位にしがみついてるのか負けるのを怖がっているように見えます。
    ちょっとメンタル面が弱いような。
    みんなに攻略法を研究されてしまったせいか、長身を活かせていないですね。
    変化はやめていただきたい。

    今は東西の横綱がモンゴル勢に占められてしまいましたが、稀勢の里や栃煌山のような若い子にがんばって欲しいです。
    ま、一番好きなのは安馬なんですけど。

    ユーザーID:1504742295

  • 面白い相撲の復活を

    相撲の一ファンです。確かに今はあまり面白く感じませんね。
    昔、横綱・北の海関、輪島関、貴ノ花(利彰)関、旭国関など5大関の時代がありました。
    この頃の相撲人気の立役者が、クールなヒール役だった今の北の海理事長でしょう。この方を倒すと宙に舞う座布団の数が半端じゃなかった。他には張り手の冨士桜関など、この技はこの人!っていう個性的な力士も多々いました。

    水入の大相撲も多かった。がっぷりよつでお互いの相手の出方を見計っている。動きがあると一瞬にして勝負がつくことが多いので、観戦するほうも目が話せません。思い出すのは旭国関と魁傑関の大一番。10分近くのすごい相撲だったと記憶しています。

    この時代の相撲が面白いのは、力士になんとしてでも勝つ!という気迫があったからでしょう。懸命に土俵で戦ったからこそ、試合後のインタビューは言葉が少なかったのですよね。
    もう一度みたいなーあの頃の取り組み。

    ユーザーID:9975770852

  • 取り組み時間について

    >私の提案ですが相撲取り組み時間を3時間遅らせては如何でしょうか上位陣取り組みが9時頃になれば

    これについては、既に答えが出ていますよ。
    以前、あるテレビ番組でビートたけしさんが北の湖理事長に同じ質問をしていました。
    それに対しての答えは、
    「力士の一日のスケジュールは、今の夕方の取り組み時間帯に最高の体調になるように組まれているから無理(難しい)。」
    朝起きるのも食事も稽古も昼寝も全て、夕方の取り組み時間を意識しているとのことです。
    そして、何よりも力士の体がそれで出来てしまっているので、長い時間をかけて体に染込んだ体内リズムを
    急に変更すると力士が調子を崩す、とのことでした。 

    ユーザーID:2749667435

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧