この気持ち、どう切り替えたらいいでしょうか?

レス9
お気に入り2
トピ主のみ5

ルエン

ひと

結婚12年目にして、夫婦の価値観の違いに愕然としました。
発端は、主人がマイホームを買おうと言い出した事。考える基準が主人は「方角」、私は「家そのもの」だったんです。風水にこだわる主人は自分が契約までした物件を「やっぱり方角が悪いから」と保証金をダメにしてまで解約してしまいました。「そういうものにこだわりすぎて欲しい物も手に入らないのなら、意味がない」という私の意見は全く無視されました。
おまけに主人以上に方角にこだわる姑からは、息子に相談されたからとわざわざ私宛てに電話があり、色々とこちらの家庭に関しての干渉をされました。これまでは干渉のかの字もしない姑だっただけに、本音はそうだったのね!!(驚)とかなりショック。。。。
これまで主人とも姑とも円満だったつもりでしたが、今回の事でかなり複雑な気持ちです。もちろん愛情もあり子供達の事もあり、どうにか主人とは和解して分かり合ってこれからもやって行きたいのですが、これじゃ納得行かないという気持ちも湧き上がります。姑に関しては、しばらく笑顔では会えません。
このままじゃ闇に捕らわれそうです。

ユーザーID:4287087954

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • では

    ご主人は方角にこだわっている。でも、それを我慢させてまですぐに購入しなければいけない状況なんですか?

    家を買うなんて、一生物だし、とても金額のかかるものなんだから、2人の意見が合うものを買うのがベストだと思います。

    我慢して後で何かあったときに文句を言われても、ホイホイと取替えられない物ですよ。

    姑さんも今まで干渉しなかったというのは、少なからずトピ主さんのことを考えて今までは口を出さないように我慢されてきたんではないでしょうか?

    トピ主さんの不満も分かりますが、相手の立場になって考えてみてもいいのでは?と思います。

    ユーザーID:1457035530

  • ハマりすぎるのも困りもの

    私も昨年家を建てました。
    一生に何度もあることではないので、
    後悔しないように家相の本を買って勉強しました。
    でも、全て丸呑みしないで、
    参考程度にとどめておくのがいいと思います。
    ご主人が勝手に解約したのはお姑さんの入れ知恵だったりしませんか?
    では、土地探しはご主人やお姑さんに任せて、
    間取りはルエンさんのしたいようにする
    という約束をしたらどうですか?
    あなただけの家ではない、とちゃんと解からせなきゃダメですよ。

    ユーザーID:1850660947

  • 方角を気にするかたはいます

    お姑さんやご主人にとって「方角」は最も重要な事柄なのでしょう。そういう方いますよ、方角をすごく気にされる人です。買い物がマイホームと人生最大級の物件だけにご主人にとって「方角」は絶対無視できないのでしょう。そういう縁起をかつぐ人に何を言っても無駄です信じ込んでいらっしゃいますので。悪い方角の家を買って風邪でも引こうものなら「方角が悪いから風邪が引きやすくなった」とか何でも方角の所為にしてしまわれます。なので大変ではありますが奥様が妥協してここはご主人が納得がいくような物件を買われたほうが後々トラブルや余計な心配も無いかと思われます。家を買うと決心したご主人ですから多少時間はかかってもご自分が納得できる物件を購入されることでしょう。お姑さんも「方角」に関しては煩い方のようですので、それも合わせてご主人にお任せなさってはいかがでしょうか?色々と家庭のことに関してまで干渉されて驚いたとのこと「方角」命という方のようですから、そういうことに無関心な嫁ということで余計な事までも言いたくなったのかもしれません。そんなに物分りの良い都合よい姑は存在しないんです。そう思って諦めてください。

    ユーザーID:5495934515

  • トピ主です

    元気さん、さらささん、コバルトホワイトさん、レスありがとうございます。まず、少しずつですがトピに書ききれなかった事情も含めて書いて行こうと思います。

    元気さんのご質問にお答えする形で書きますが、トピにも書いた通り、今回の家を購入しようと言い出したのは主人です。物件を探して来たのも主人、内覧会に家族を連れて行って、契約する事を決めたのも主人でした。・・・と書くと一方的に決めたみたいですが、そこはやっぱり夫婦できちんと話し合いはありました。ただ、私はまだ家なんて先の話と思う気持ちも強くて。実はうちは転勤族で、12年間で7度の引越しをしてきたんです。まだまだ定年まで転勤は続くとの事。家を買うとなれば、次の転勤からは主人を単身赴任させる事になりますよね。父親大好きの子供達を見ていると、そこまでの覚悟ができずにいたんです。もう少し大きくなるまで付いて行くでいいんじゃないかと思っていました。
    でも、主人はそう思っていなかったみたい。昨年の夏頃から次々と建売住宅を探しては内覧会に参加し、私にも一緒に行こうと誘うのです。
    長いので続きます→

    ユーザーID:4287087954

  • トピ主です 続き

    主人によると、もう色々と風水についての本や資料を検討して、自分なりにその家については調べてあるとの事。少し難点はあるが、改善・克服できるだろうとの話でした。その上で私を内覧会に連れて行き、もう私が気に入れば契約してもいいと考えていたようです。現に、自分は既に5回目、私は2回目の見学で、契約を宣言し、その夜には契約してしまいました。私は正直びっくり。でも内心、念願のマイホーム&定住を手に入れた!!と天にも昇る気持ちもありました。
    ところが、事務所から帰ったその夜、主人が「でもやっぱりここが気になるな〜」と設計図を広げ出したんです。「よくわからないから、母(姑)に見てもらおう」と。姑は四柱推命とやらに明るく、近所の人に相談されるそうなんです。「もし良くないって言われたら?いまさら聞かない方がいいんじゃない?」という私を振り切って、ファックスで詳細を送り、何やら夜更けまで話し込んでおりました。
    結果は、トピ通り。姑の見解によると、「その家は何もかもが良くない。特に私に絶対に悪い事が起こる。そうなると子供達にも必ず影響が出て、まっすぐに育たない」と言われました。
    まだ続きます→

    ユーザーID:4287087954

  • トピ主です 続き

    さらささん、ご推察の通り。その姑の言葉を主人はまるっきりうのみにしてしまい、「やっぱりやめよう。あの家は良くない」と言い出したのです。そのあまりの変貌ぶりには怒るを通り越して、呆れるほどでした。
    契約した次の日に、こんな事になるなんて・・・。それも、あんなに夫婦で相談して決めた事だったのに、姑の一本の電話で180度ひっくり返るなんて。
    おまけに姑からは「そんな家何で買うって決めた?」「買うって事は息子を単身赴任させる気か」「絶対に悪い事が起こるってわかってるのに、どうしてやめない」などと電話で責められ、もう立ち上がる事もできないくらい落ち込みました。
    その後、落ち込んだ私を見て(保証金ももったいないと思ったらしく)、主人もいろいろと考えてやっぱり買うと言ったり、やっぱり無理だと言ったり、10日間くらいゆれました。その間、私も自分の気持ちを丁寧に話し、主人の言い分もたくさん聞きました。
    でも、最終的にはやめてしまったのです。決め手はやっぱり方角。姑に指摘された所はどうにもならないからという説明でした。
    もう少し続きます→

    ユーザーID:4287087954

  • トピ主です 続き

    単純で前向きな性格が幸いしてか、家については主人の意見がコロッと変わった時点で「こりゃもうダメかも!」と思えた(主人自身はその後ゆれましたが)私ですが、今回ショックだったのは12年夫婦をやってきて絶対的に分かり合えない事があるとわかった事。そして、それを突き通した事で私をどんなに傷つけたかは主人にはわからない事。反対に主人としては、わからず屋でとにかく感情的な私を発見したと思いますけど。
    コバルトホワイトさん、お言葉一つ一つに心から納得しました。

    もっと早くにトピを立ち上げて、ご助言いただけば良かった。堂々巡りしていた考えが、すっきりまとまったような気がします。
    そうですね。もうこの点については、私が妥協して目をつぶるしかないのでしょうね。姑についても、そういうものと覚悟しておけばショックも少なかったのかもしれません。甘ちゃんでした。

    長々とわかりづらい文章でごめんなさい。自分の中でまだ整理がついていなくて、情緒不安定です。でも、皆さんにご意見いただいて少し落ち着いて来ました。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:4287087954

  • う〜ん・・・夫婦の価値観

    トピ主さんの場合、12年目にして判明した価値観の相違。
    マイホーム取得については暫く凍結して、今互いの考え方や意思をきちんと確かめた上で、今後の方針を探っていくしか無いように感じます。

    私もトピ主さん同様、全く風水は気にせず自分の趣味や利便性を優先して来ましたので、今回の件でのトピ主さんの辛さはよく分かります。
    更に困るのはお姑さんの存在ですね。私は風水に無関心なので世間一般で見聞きする大雑把なことしか存じませんが、姑&夫軍団に対抗する為にもここは是非猛勉強しましょう。昔から引き継がれてきたものには、それなりの理由があると思うし、折衷案や解決策も隠れていそうです。

    が、より深刻な問題はマイホームでは無く、価値観の相違ですね。
    私は結婚30年ですが、その間価値観の相違が無かった訳では勿論無く、宗教観と思想観以外はすり合わせて来ました。策略家なので、一旦は夫に花を持たせておきながら、次第に外堀を埋めるが如き戦略で、結局は自分の思いを遂げて来た歴史があり、今では夫も承認してくれています。

    闇を打破出来るのは愛と勇気と知恵ですよ。
    頑張って!

    ユーザーID:6158131784

  • トピ主です

    nekomamaさん、レスをありがとうございます。
    含蓄のあるあたたかいお言葉に、とても励まされています。
    そうですよね。夫婦として長くやっていくには、場合によって片方が妥協もしながら巧くやっていくしかないですよね。これまでもそうやってやって来たはずだったのに。今回だけは何だかお互い引くに引けず、わだかまりだけが残っただけで終わってしまいました。

    最近主人は、既に通常通りの生活&精神状態に戻っています。のん気に新しい物件を探したりもしています。
    私は・・・皆さんにアドバイスいただいたおかげでだいぶ立ち直りましたが、まだまだ完全には立ち直れていません。忘れてしまおうと思ってるのに、夏の帰省の事を考えたりすると、あの時の姑の言葉が耳の中でこだまして、ぎらぎらした怒りが再燃したりもしてます。
    風水に関しては、主人のためにも少し勉強しようと思っていましたが、今回の事で全く受け付けない気持ちになってしまいました。(信じている方ごめんなさい)「土地の悪いパワーが・・・絶対に悪い事が・・・」と言い続けられましたからね。しばらくはダメです。もうそちらは主人に任せる事とします。

    ユーザーID:4287087954

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧