• ホーム
  • 学ぶ
  • 今からでは遅いでしょうか? お医者様の皆様に質問

今からでは遅いでしょうか? お医者様の皆様に質問

レス8
(トピ主0
お気に入り9

趣味・教育・教養

キャンキャン

私は27歳の子どものいない主婦です。

実は最近、知人、友人、家族をみていて急に今更ながら医学部にはいって医者になりたい!という夢を描くようになりました。正直恥ずかしくて誰にもいえません。
私の学力は高校まではかなりの進学校にいましたが、あることをきっかけに(あまりにも親がうるさかったため反発し)高校2年生から勉強をほぼおこたり、教科書をテスト前に見る程度しかしなくなったので、大学は3流大の私立にはいりました。

もともと数学は好きでしたが、何せ勉強していなかったのでほぼ忘れていると思います。理科は生物を専攻していました。まあこういう私ですが、今から勉強してどこかにはいれる望みはあるでしょうか?又、入学してからはどの定度勉強が大変なのでしょうか?私はこれから子供を持ちたいとも考えており、それと両立できるかも不安です(まだ受かってもいませんが・・・)

このようなわけで医学部の現状と遅すぎる受験に対して意見いただけませんか?
私はかなり本気です。

ユーザーID:9520217139

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 行動あるのみ

    今から猛勉強して挑戦してみてください。
    予備校の模試を受けて合格率を見てみるのもいいでしょう。要はやる気です。

    国公立なのか私立なのかで学費には大きな差が出ます。
    私立の場合、入学金、授業料、教科書代などなど6年間色々含めて3000万以上は必要です。
    アルバイトしながら・・という学生もいますが、実際は普通の大学生よりそういった時間は少ないです。
    特にトピ主さんは主婦ですから家のこともやらなくてはいけないし。

    妊娠中に集中力が増す人もいますし勉強できないことはないと思いますが、私は体の状態が悪く入院しましたし、妊娠中に心身共健康体でいられるかどうかは未知の世界です。妊娠出産は何が起こるかわかりませんから。

    子供を生み育てることと医師になることを同時進行させるのは正直いって難しいですね。
    両立するには大変な体力と労力と強い精神が必要ですし、どちらも甘い仕事ではないですよ。
    どちらか一つしか叶えられないのではありません、どちらを先にするかです。

    何歳になっても何かを志す気持ちには同意してます。
    ご家族と、周囲の協力をお願いして邁進してください。

    ユーザーID:7967950925

  • おすすめしません・・・

    まず、国公立に入りたいとして、簡単に言うとセンター試験で9割を取ってください。
    (当方私立は経済的に無理でした、何千万とかかりますので。)
    その後6年間の学生生活。1年半は教養、2年後期から基礎医学、だんだん臨床へ移ります。5年生から臨床実習です。同時に国家試験の勉強を始めます。
    国家試験だけ大変なように言われていますが、各学期の試験も国家試験並みです。パートや家事もしている余裕はありません。私は卒後忙しくなるからと6年生で結婚しましたが、夫も医師なので家事放棄を認めてくれたようなものです。

    今は卒後研修が義務づけられ、2年間あちこち回ります。その後は「ドサ周り」と言われる、地方病院を転々とする日々。医局制度がまだまだ根強く、配慮などしてはもらえません。週に休みは1日あれば御の字、土日も半日は病棟周りです。当直も週に1度あり(ほとんど眠れない)、当直明けもそのまま普通に夜中まで仕事です。今から頑張って30代後半で医師になり、それに耐えられるのならばいいですが。

    給料はそこそこいいですが、退職金やボーナス、有休がないことを考えれば民間企業の方がずっと恵まれています。御熟考下さい。

    ユーザーID:0203090057

  • 気持ちの強さ次第では

    私は理学部でしたが、所属していたサークルに、仕事をやめて34歳で
    医学部に入学した人(男性)がいましたよ。
    わりと地味な感じの人で、自分探ししてるようなタイプでしたが、
    勉強はかなり真面目にやってきたのではないかと思います。

    受験については、記憶力はかなり落ちているでしょうが、
    理解力などは高校の時よりも格段に上がっているはずですから、
    問題を解くスピードさえつけば何とかなるかも。
    1日8時間くらい勉強すれば数ヵ月でその後の予想が見えてくる
    のではないかと思います。
    まあその様子ではエンジンかかるのに1年は必要でしょうから、
    最低2年くらいは見ておく方がよいでしょう。

    入学してからの勉強は大学にもよるでしょうが、国立大クラスなら
    学期末は寝る時間もろくにとれないくらい大変だと思います。
    (私大についてはよく知りません)
    両立できるかどうかは気持ち次第だと思いますので、意志の強さと
    動機の強さに自信がなければ止めておくのも間違いではないでしょう。
    そもそも「かなり本気」ならここに相談する必要もないと思うのですが・・。

    ユーザーID:3897299368

  • 体力に自信ありますか:教えた経験のある者から

    ここに出されると言うことは迷っているともとれます。医学部の基礎で教えた経験から、授業は体力を必要としますよ、と忠告します。
     20歳までに大学に入った学生はそつなくこなしますが、再入学の方(陰で年寄)は記憶力(脳も体の一部)と体力が衰え、教える方も大変でした。何人かは何度も試験を落ち、最後はお情けの60点。臨床の講義と実習はさらに厳しいがどうなったか。同級生とのつきあいは他学部より大切ですし。
     昔は国家試験を通って(入学試験より楽だとか)すぐに希望の診療科へ行くこともできました。今は2年間の研修が義務で、厳しい勤務もこなさねばなりません。単純に現在の年齢に足しても35歳で医者です。その間夫の全面的な協力がなければ、出産・育児はおろか、家事も不可能でしょう。
     医学教育には多額の税金が使われています(私学助成金は税金)。あなたが入学すれば一人が落ちている訳で、その人がもっと優れた医者になったかもしれません。それを肝に銘じて、不退転の意志で望まれるのでしたら止める理由はありません。いい加減な気持ちでしたら、おやめなさい。
     この種のトピは周期的に出てきますが、もう一つの方も参考にされては

    ユーザーID:2727741118

  • 強い意志がありますか?

    学力についてはご自身の努力次第と思いますので、モチベーションについてお尋ねします。
    医療の現場が生半可なものではないことは、最近の医療崩壊などについての書籍もたぶん目を通しておられるでしょうからご存知と思いますが、そこで頑張る意志と体力がおありですか? 診療行為そのものよりも、人間関係のストレスが非常に強い職業ですよ。
    出産・子育てについては、私の周囲の女医さんで、成績がよかったから、というような動機で医師になった方々は、ほとんど出産を契機に仕事をやめるかパート的な仕事にまわっています。強い意志で頑張っている友人は、出産直前まで働いて産休2ヶ月で復職していましたが、家族の全面的な協力があってのことでした。
    人間的に向いていない人もいます。自分や家族が病院にかかったときに、診てほしくないような医者にはならないように、と機会があったら言っています。
    十分クリアーできる強い意志がおありなら、勉強もきっと大丈夫です。頑張ってください。

    ユーザーID:7069148716

  • 他トピにも書きましたが

    「30歳からの医学部編入」トピに入試のことは書かせていただきましたので、ご参考に。数学好きで高校が理系クラスならまだ望みはあるかも・・・しかもかなり本気とおっしゃるなら。
    記憶力と体力の勝負だと思います。
    各大学のサイトで入試科目など調べてみてください。
    毎年何かかにか変わっています。
    後期がなくなる、後期に国語を課す、センターで理科3科目必須・・・などです。

    ユーザーID:4712986013

  • 参考にならないかもしれませんけど

    えーと、私の医学部在籍は20年も前のことですから、参考にはならないかもしれませんが。
    医学部はとにかく記憶力が大事です。論理的思考が必要、という意味では理系かもしれませんが、とにかく覚えるものが多い・書き仕事が多い・読む本が分厚くて多い、といった点では、文系的能力が重要かも。記憶力と読む速さについてはまあまあで新しいことを知るのが大好き!だったから、私でもやれたのでしょう。
    でも無精者だったので、家でこつこつ勉強するよりも、とにかく講義に出席してノートを取りまくって、講義の知識だけで試験をパスしたようなものです。さすがに国試の勉強はしましたが(卒試のあと2ヶ月位は暇でしたので)。今では新しい知見も積み重なって、さらに覚える量が増えているでしょうね。
    だから、勉強よりも、なってからの方が大変でした。
    出産すると、家族の協力は不可欠です。子供にかまってやれないのを気に病んでやめる人もいます。家庭を持った女医の使いにくさをあからさまに批判する人もいます。

    要は、あなたの受け止め方次第です。勉強や人間関係が苦になりそうならやめた方がいいし、なんでもどんとこい!だったら、頑張ってください。

    ユーザーID:1504958002

  • シミュレーション

    女医です。
    トピ主さんの年齢あたりから、シミュレーションをしてみました。

    28歳 医学部入学
    大半が5年生頃より臨床実習(病院内での実地)を開始
    国家試験勉強は4〜6年生で本腰
    大抵、3年生以降帰宅時間は段々遅くなりアルバイトなどする余裕はない

    33歳 医学部卒業、国家試験合格
    卒後臨床研修(義務化)→給料はそこそこでるが時間なし

    35歳 臨床研修終了、やっと自分の専門科へ
    但し、このときまだ実力は研修医に毛が生えた程度。

    40歳頃 各科専門医の受験資格がやっともらえる頃

    この間子育てができるとすれば、学生時代。あるいは、せっかく就職した後、一旦休職。1年臨床を休めば、取り戻すのも大変です。

    さらに、国立大医学部として年間の学費が授業料だけで50万強、
    1冊1〜数万する医学書。それにさらに生活費がいりますね。
    以上、最も最短ルートかつ安上がりなルートをシュミレーションしてみました。
    いかがでしょうか。現実はこんなもん、です。
    ご参考まで。

    ユーザーID:8342523209

レス求!トピ一覧