なぜ生きるの?

レス75
(トピ主2
お気に入り59

心や体の悩み

生きる?

鬱が約4年続いているものです。
薬は、パキシルをはじめ9種類の薬をあわせて飲んでいますが、未だに良くはなりません。
自分で、良くならない原因の1つとして、「なぜ人は生きていくのか?」の答えが見出せない為ではないかと思っています。
親近者に相談しても、「答えの無いことを考える事が病気なのでは?」との答えが返ってきました。
正直言って、自分の性格は生真面目で、1つづつ疑問を解決していかないと気になってしょうがない性分だからだと思いますが、もし、同じような思いで悩んでおられる方がいればご意見を下さい。
現状、生きることへの執着が無く、本当に困っています。

ユーザーID:2776647058

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 理由は無いと思います。

    太陽がなぜ存在するかとか、猫はなぜ存在するかとかという疑問と同列だと思います。自然発生した存在には、物理的なプロセスはあるでしょうが、理由は無いと考えますね。 人間も同じで、生きる理由は別に無く、ただ、男女が子作りをした結果生まれ、その延長戦上に皆いて、死に向かっているだけでしょう。

    私も昔、人間存在に関して10年程葛藤していた時期がありますが、結果としては「人間など別にたいしたものじゃない」という結論に達しました。
    別にたいしたもんじゃないので、自分のやりたい事(出来れば人の役に立つ事)を精一杯やり、そして死ねばいいと思い、以来そのように生きてます。

    トピ主さんも、どうか周りの人間など気にせず、自分の思い通りに生きて下さい。
    あまり詳しくないですか、周りの人間を全く気にしなくなった時、うつ病も治るんのではないでしょうか。
    せっかくなので、生きる理由を求め、世界を放浪でもしてはどうですか?
    皆どうせ数十年間生き、死んでゆきます。 心の赴くままに、生活してはどうですかね。

    ユーザーID:6455383435

  • 明日は何をしよう

    私の義兄が同じ状態もしくはそれ以上かも知れません。
    ただ、今はおつらいでしょう。でも、塞ぎこむことが多いと思いますが
    病は気からと言いますので体調が良い時は公園とか行くのも良いですよ。

    なぜ生きる?に対して答えは一つです。家族・親の為です。
    貴方を支えている人達です。貴方によく成ってもらいたい。また昔みたいに笑った日々をおくらせたい。家族はみな思っていますよ。

    不安はあると思います。先を見るより今確実に何かできる事が有ると思いますよ。笑顔でおはようというだけでも良いんです。
    それが、皆を明るくするそして自分自身を変える事が出来るのでは?

    明日が怖いとかではなく、明日は何をしよう、試してみようと考えるのはどうですか?

    貴方は家族の一員なのですから、自分を追い込まないで出来る事を確実にこなしていくだけ良いんです。三食をキッチリとるでも良いんです。

    家族にありがとうっていうだけで環境も明るくなりますよ。
    家族の願いは貴方が幸せになってくれる事を願っています。

    ユーザーID:7926422493

  • よかったら

    こんにちは。
    私も子供の頃から何の為生きてるんだろうとよく思っていました。そういうことを考えるのが病気というわけではないと思いますよ。
    もしよかったら、江原啓之さんの著書を読まれてみてはいかがですか?何か心に残るものがあるかもしれません。
    たくさんありますが今の貴方にお勧めなのは「人はなぜ生まれいかに生きるのか」というタイトルの著書だと思います。時間があれば是非読んでみてください。

    ユーザーID:0147869455

  • 与えてもらったから

    私が思っていること。
    なぜ生きるのか。それは神様が私に生きていける体をくれたから。
    せっかくもらったんだから生きれる範囲内で楽しいことやつらいことも
    人生いろいろ味わえたらいいなと思ってます。

    考え方はいろいろあります。
    トピ主さんが鬱になったのも、もしかしたら人生の切り替えポイントだったのかもしれません。
    素人の私にはわからないパキシルという名のお薬など飲んでいるようですし、薬剤師などを目指すための切り替えポイントかもしれません。

    生きることへの執着がないのならば、自然に死ぬまでに何ができるか考えてみては?

    ユーザーID:3716318181

  • よかったら(ちょっと訂正)

    きららです。度々すみません。
    先ほどお勧めした著書ですが、いきなりだと少し難しいかもしれません。
    『スピリチュアルな人生に目覚めるために:心に「人生の地図」を持つ』から読んでみるのがいいかもしれません。
    あくまで私の意見なので、興味がなければ無視してくださいね。

    ユーザーID:0147869455

  • 行きる…。死ぬ…。両方の意味を考えちゃいます。

    私もよく考えます。
    答えがないから人は生きるんだと思います。

    生きる意味も、死がどんなものなのか…。答えを知る人は一人もいない。

    生きている私たちにはわからない。消えてしまった人たちにしかわからない答え。
    だから、答えがわからないから、怖くて人は生きてく事を選らんでる気がします。
    この世に答えがないのは確実だと思います。
    だから、大勢が生き続けているんだと。

    行きる意味はわからないけれど、行きる事と死の感覚の違いはわかる気がする。
    生きる→日常。
    死→就寝。
    なぁぁぁんにもない、寝てる感覚。

    私も鬱です。
    毎日こんな事考えて、虚しいです。

    でも、なぁぁぁんにもない感覚(死)が続くなんて、一番虚しいとも思います。

    生きるとは、目を開き毎日をなんとなく行動する。
    それだけで、今の私には意味があると思いたい。

    私は〈生きる?〉さんのように生真面目ではなく、夢見がちな妄想人。
    ギャップに苦しむタイプだと思います。

    『答えのない事を考える事自体が病気』→そうかもですね。

    でも、この疑問は一生消えず、持ち続けると思います。
    最大の疑問ですから。

    ユーザーID:3130478568

  • 疑問に支配されると動けない

    「なぜ人は生きていくのか?」と考え悩む理由は何ですか?
    「生きる」という事に理由が無いと生きていく意味が無いということでしょうか。では、「意味が無いから死ぬ」と考えるなら、その理由は何ですか?全ての物事に理由を求めるのは「生真面目」とは違います。理由が不明でも、目の前にある事に真摯に取組むことを「生真面目」と言うのです。理由はある意味で結果です。行動しないとその真の理由は見出せません。

    トピ主さんが現在の様な状況に陥られた原因は何でしょうか。
    そこには必ず理由が有る筈です。トピ主さんが本当に求めなければいけない理由はその事ではありませんか?自分にとっての「人生の真理」は、出来る事をやり尽くした者だけが死を目前に知ることが出来ます。「生きていく」というのは人間の本来の欲求であり、トピ主さんが今すべきは、その欲求を取り戻す事だと思います。哲学的世界に逃げ込んでも、トピ主さんは混迷を極めるだけだと思います。

    ユーザーID:8589358919

  • 人生の大問題

    ですね・・・。
    なぜ生きるのか、その訳がわかって納得できれば・・・と思う気持ちはわかります。
    私もそのようなことがいつも心にのしかかっている時期がありました。
    でも、今まで生きてきてわかったことは、
    こういう問いは、本を読んだり、頭で考えている限り、答が出ない、
    ということです。
    言語はすばらしい道具ではありますが、非常に限界のあるものです。
    その答が欲しいのなら、できる限りのことをあれこれ経験するのが先だと思います。その経験があって初めて、頭で考えることや書物で読むことが意味を持ってくるのです。
    外界に目を向けましょう。空気を深く吸い込んでみましょう。空を見ましょう。子供の目をのぞいてみましょう。風や空気を肌で感じとってみましょう。そこに、ヒントがいっぱいあります。

    問い続けるのは大切なことだと思います。
    でも、答を探す方法を間違えるとドツボにハマってしまいます。

    ユーザーID:1712837712

  • 誰かのために生きるのです

    これが正しい答えかどうか分かりませんが、私はそう思うことにしています。

    私も病院にかかったことはないものの、時々どうしようもなく「私はどうして生きるのか?」と考え始め気持ちが塞いでしまいます。

    家族や友達はいますよね?トピ主さんがいなくなったら悲しいし寂しいと思ってくれます。
    トピ主さんの存在があることで、生きていける人達がいるのだと思います。存在しているだけで価値があるのです。

    私は思春期に病気で父を亡くしました。当時は年頃というのもあり父親との関係があまりよくなく、放課後に家とは逆方向の電車に乗り毎日病院へお見舞いに行くのが面倒だと思っていました。
    私達兄弟と母をおいて、先に逝ってしまうなんて無責任だ・・・なんてお葬式では涙も出さずにこんなことを考えていた親不孝者です。
    でも、病床にいても父には存在していて欲しかったと今は思います。面倒なお見舞いも今はもう行けませんから。

    鬱を患っていなくても人は皆「どうして生まれてきたのか?どうして生きるのか?」という壁にぶつかります。
    そんなことを考える時間を大切にしてください。人生はあっという間ですから。

    ユーザーID:5368767817

  • 個人的な意見ですが

    産まれたから生きていくのでしょう?
    行き続ける先には死しかないでしょう。

    何かさだめがあるとか、運命だとか
    そういうメルヘンチックなことは言いません。
    生きていくってことは、すごく現実的なことです。
    息をして、お腹がすいたら食べて、寝る。
    これが生きていく理由です。

    ユーザーID:0181970686

  • 万人向けの答えではないですが…

    トピ主さま、初めまして。
    「なぜ人は生きていくのか?」
    誰でも考えちゃいますよね。僕ももちろん考えてしまいます。
    それに対する僕の答えはずっと「死ぬのが嫌だから生きていく」でした。
    生きる意味はわからないけど、とりあえず死ぬのは嫌だから生きていよう、と。
    でも、最近ちょっと変りました。
    人が生きるのは「宇宙の法則」なんだな、と。
    …別に怪しい意味ではありませんよ。
    この宇宙には、意味もなく定まっている決まりごとが幾つもありますよね。
    光の速度は常に一定だとか。質量を持った物質はすべて引力を持って他の物質を引き寄せる、だとか。
    そういった決まりごとの一つとして、「生命」というのもあるのじゃないかなと考えるようになったのです。
    ある一定の条件下で自然発生することも、拡散して遺伝子を広めようとする性質を持つことも。
    そうなる仕組みが予め世界には備わっていたのじゃないでしょうか。
    だから、人間が生きようとするのは、光速度が299,792,458 m/sで一定なのと同じぐらい自然なこと。
    理由はなく、ただそう在るのです。
    僕はそれで納得して生きていますよ。

    ユーザーID:2056349492

  • 「生かされている」から

    外を見て見よう。

    大きな木、きれいな花。ちっちゃい虫。ガォ〜と吠える犬。

    みんな生かされている。そしてみんな今の一瞬を大事にして、繋いでいって明日の太陽を拝む。

    人間だけ。考える力が強くなったから余計な事まで考えちゃう。

    いいんですよ。あなたがそこにいれば。神様じゃないんですから、答えなんかないですよ。胸はって「生きてるんだ。文句ある?」って言っていいんだよ。
    ご両親はあなたに「生きていてくれてありがとう」と思っているはずです。


    うつ病はいつかは治ります。

    今は人生の夏休みだと思って、ゆっくり休んでくださいね。

    ユーザーID:3289761946

  • なぜ生きるか?

    死ねないから。
    これにつきます。
    死ぬ気もないし。

    つまりなにかによって生かされているから。
    生きてるからおなかすくし。
    ご飯食べれば生きていけるし。

    生かされてるなら生きてみようか。
    どうせ生きてるなら、自分なりに生きてみようか。

    自分なりにと思ったらけっこうすることあったりして。
    することあったりしたら、こんな人生もありか、とか。
    するともうちょっと、こんなことやあんなことしてみようか、なんて。

    しているうちに楽しいこともあったりして。
    苦しいことがあってもそれはトレーニングなんて思っちゃったりして。

    そうしてるうちに人生、ぼちぼちかもなんて思ってたりして。

    ユーザーID:3455631601

  • 考えないことにしました

    このごろ思うんですが、人生って
    「自分の生きている意味を見出して生きる」のではなく
    「自分の生きている意味を自分で創っていく」
    んじゃないかな、と

    こう思うようになって色んなことをするようになりました

    ちょっと横ですが近所に
    とても親切な年配女性がいて
    彼女は私にお菓子を持ってきてくれたり
    自分の描いた絵を見せてくれます

    ぱっと見はそんなに上手な絵とは思わないのに
    彼女の個性が輝いていて
    すごく素敵な絵に仕上がっていました

    「あっ私も描いてみよう」
    と思いました、20年ぶりぐらいに

    自分の中で人の目を意識してがんじがらめになっていたのです
    どうせ描くなら賞が貰えるくらいになりたい
    そんなに上手く描けないなら、描かないでおこう、と

    小学生のときは人の目なんか意識せずに
    毎日毎日絵を描いていました
    そんな気持ちを思い出させてくれたのです

    トピ主さんは鬱ということで
    何かをやることは難しいかもしれませんが
    子ども時代に夢中でやっていたことを
    もう一度やってみたらいかがでしょう?

    ユーザーID:9679491812

  • ありがとうございます。

    トピ主です。

    正直言って、レスが全く無いのではと不安に思う事もありましたが、様々な方から励ましや、本の紹介等の色々なご意見を頂き、本当にありがとうございます。
    色々なレスが貰ったおかげで、自分は一人では無い様な気分になり、ちょっとだけですが元気がでました。

    ユーザーID:2776647058

  • 生きることに「なぜ」は成り立たない

    「なぜ人は生きるのか」。
    その疑問に対する答えは、「人間とは生きているもの(生命体)だから」です。
    では、「なぜ生きているのか」、それは「死んでいないから」です。

    そして、「何の為に人は生きるのか?」ですが、
    実はこれ、疑問として成り立たたないものなんですよね。
    なぜなら、人間(生命体)として存在することに、
    「何の為」という意志自体、必要ないんですよ。
    「何の為に"死なない"という選択をしているか」なら、疑問は成立しますけどね。

    森羅万象に意味を見出すのは、全て人間の「脳内」です。
    木も草も動物も、理由なんかなく、ただ存在してるだけですよね?
    そこにどんな意味を見出そうと、それは結局
    "人間の脳で納得できる範囲の理由"でしかなく、答えではないのですよ。
    理由なく、すでに生きている人間は、
    ただそこに「理由」を作ることが出来るだけです。

    言い換えれば、人間は「生きること」に個々の理由を見出せます。
    でも、理由を見出せなくてもいいと思います。
    ただ「生きている」ってだけで、実は既にすごいことですからね。

    ユーザーID:4195790196

  • それは難しい。

     昨年、坐禅の合宿(接心)に行きました。これで底が抜けると(見証)、自分とは何か、なぜ生きるのか、分かると老師が言っていたからです。2日目で挫折して帰ってきました。悟りのまえに、自分には到底できないと悟りました。

     でも分かったことがひとつ。本で読んだり、人の話を聞いても、生きるとはどういうことかは、本当には分からないと言うことです。人に聞いてもだめですよ。自分でわかるまで努力しなきゃ。でも老師は、まじめにやれば必ず悟れると言ってくれました。

    ユーザーID:5098931176

  • 答えは

    もうしめられたかな・・。はっきりいってなぜ生きるのか・・という問いに対して万人向けの答えってないんじゃないかな、と思います。
    ちなみに私自身の答えは、死ぬために生きている、です。
    数十年生きてきましたが、人間って生まれた瞬間から「死」に向かっているんですよ。(すごく暗い感じがしますが・・)
    もちろん人としてのゴールが「死」というんではないです。あなたが今答えを見出せないでいる問いに対して、悩んで苦しんで・・という途中けいかを大事にすべきであり、結果(答え)はわからなくていいんじゃないでしょうか。
    生きることに意義を見出せなくてもいいんじゃないですか。ただ、あなたの周りの友人、ご両親、その方たちがいることはあなたの存在意義であるし、生きる意義にもつながりませんか・・。(これは亡くなった叔父の受け売りです。)

    ユーザーID:8532674073

  • わたしは。

    なぜ生きているのか?
    アタシが、今、死んだら、子供たちが悲しむし、夫も悲しむし、
    親もまだいるから、親より子供が先に死ぬのは、親不孝極まりないし、
    友達たちも、私を必要としてくれてる人いるし、アタシが今死んだら、
    泣いちゃうだろうし。
    そういう他のひとのためだけじゃなくて、今、すごーく好きな仕事を
    やってて、毎日が充実してて、楽しいし、みんなを楽しませる
    仕事だし、『楽しかった!』って言って貰うと、嬉しいし。

    趣味も仕事も楽しいし、限りあるけど、限界まで、やってたい、
    仕事も趣味も。
    子供たちも巣立たせないとだし。

    なんで生きていくのかなんて、考えたこともない。
    産んでくれた人の気持ち、ここまで育ててくれた人の気持ちが
    わかった時に、生きていく意味がわかるかも。
    他の時にわかるかもだけど。

    ユーザーID:0704353957

  • ご飯を食べたらお茶碗を洗う

    直接の答にはなりませんが、こんな話を聞いたことがあります。

    若い禅僧が、覚りを開いた偉いお坊さんに、「覚りとは何でしょうか」と尋ねたそうです。
    偉いお坊さん「朝餉(朝食)は食べたか」
    若い僧 「はい、頂きました」
    偉いお坊さん 「では、その鉢を洗いなさい」

     生きるとは、という問いの後には、「今の自分の生き方は、意味がないのではないか」とか、「よりよく生きるには、どうすればよいのか」、といった更なる問いがあるのではないでしょうか。

     「覚り」なんて開けたら、きっと、そんなことは全部わかるのでしょうね。私は、禅の専門家ではないし、この話もうろ覚えなので、たぶん、私の解釈は間違っていると思うのですが、でも、この話を思い出す度に、少しホッとするのです。

     「覚り」は、遠い世界の話ではなくて、目の前にある、やらなければならないことを、一つづつやっていくこと。おいしくご飯を食べ、ぐっすり眠り、部屋を掃除してきれいにする。 

     それが、生きていることの意味。それで、いいんだよって言われているように思うのです。

    ユーザーID:7857324481

  • 自分の経験から

    あなたのトピを見て、たまらなくなって書き込ませていただきます。
    私は、親しい人を亡くしました。
    その人は鬱で自ら命を絶ちました。
    それを止めることが、私にはできませんでした。
    それ以来、心が痛まないときはありません。
    どうして救えなかったのか、あのときこうしていれば・・・と
    自分を責める気持ちが消えることはありません。
    普段は、日常生活を送るために、そんな思いを心の奥底に押し込めて、
    なんとか暮らしています。
    でも、ことあるごとに、どうしようもない思いが噴き出してきて、
    心が引き裂かれるような痛みに襲われます。
    心がばらばらになってしまいそうです。心から血が噴き出すようです。
    人一人の死が、周りの人にこれだけの痛みを残すのです。
    私は生きています。これからも生きていきます。
    なぜなら、こんな思いをする人をもう増やしたくないから。
    だから、生かされるかぎり生きていきます。
    それが私が生きる理由です。

    ユーザーID:9753677391

  • 生きてりゃいいのよ

    夢を一杯語っていたのに、脳腫瘍で闘病わずか半年で逝った中学時代の親友。彼女の死が、私に生きるということを深く考えされるきっかけになりました。

    ここ2年くらいは仕事上のストレスで、精神安定剤を出されたこともあります。仕事が辞めたくて、でも辞めた後が怖くて、たくさん泣いて… そんな時に思い出したのは、意思半ばにしてこの世を去った親友や、五体満足でなくても、必死に一日を生きている人々でした。

    私の性格上、上を目指していき続けなければ駄目になってしまいます。でも、『足ることを知る』という考え方に出会った時、『生きてりゃいいのよ』と思えるようになりました。

    トピ主さん 病気と闘っている時は、『何かのために』生きなくてもいいじゃないかと思います。朝昇る太陽を見て、一日の始まりを感じ、星空や月をみて一日を締めくくって。それだけでいいと思います。

    最後に、友人が亡くなる2ヶ月前、二人で読んで、涙して、今でも私に生きる活力を与えてくれている本を紹介させていただきます。20年前くらいの本で、今は新版になっているので若干内容が異なるかもしれませんが…

    星野富広 『愛深き淵より』

    ユーザーID:3059871916

  • 想像ですが

    たぶん生きる?さんは、若くって、しかも仕事をしていないのでは?
    「鬱病」と診断されて、ホッとしませんでしたか?

    「生きることの意味がわかれば、生きる力がわいてくる」と考えているんですよね。
    「自分が必要とされていないから、仕事をしないんだ」と思ってませんか?
    「誰かが自分を愛してくれたら、自分だって輝けるのに!」と思ってませんか?
    順番が全部、逆なんだと思います。

    まず社会は、あなたのことを必要としてないんですよね。
    それでも体を動かして、仕事をして、社会に割り込んでいかなくちゃなんないんですよ。
    そうして何年か仕事をしているうちに、あなたも必要とされるようになるんですよ。
    何かいろいろやってるうちに、好きなこと、面白いことも見つかるんですよ。
    好きなことに熱中しているうちに、あなたのことを魅力的だなって、思う人がでてくるんですよ。

    「考えて、結論が出てからじゃないと動けない」
    動かないことを正当化してるから、体と心のバランスを壊したんだと思います。人間はきっと、動くことで、健康を維持しているんでしょうね。
    バカバカしくて、つまんない仕事でも、始めることが大切です。

    ユーザーID:6807041644

  • 本の受け売りばかりですが

    トピ主さんが鬱であることを特に考慮せず、普通にレスさせていただきます。 V.E.フランクル著「それでも人生にイエスという」で、”人間は人生の意味を問う側の存在ではなく、意味を問われている存在である”つまり”人生の一瞬一瞬の時間をどう生きるかによって、私たちが(誰に対してかは明確に論じられていませんが、私が思うには宇宙に?あるいは創造主に?)意味を示す、応えるべきものである”、という内容があり、私個人的にはそれを含め、この本の内容の多くに共感するものがありました。 また、だれかの本で、”既に存在しているもの(者、物)の存在意義は、それを議論する理由・余地を越えて、既に存在意義はある”つまり”現に存在しているものは、だれがなんと言おうと存在意義はあるのだ”という言葉を読んだ時、なんとなくですが共感するものがありました。例えば私は大犯罪者は死刑のなるのもやむをえないとは思いますが、死刑囚であっても、死刑になるまでの時間をどう生きるか?という意義はありうると思うのです。 ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:9577155133

  • 答えが出ない理由

    あなたは問う立場の人間ではないから。

    あなたは答える立場の人間だから。

    一生をかけて、
    「なぜ?」を見つけに生きていかなければならないから。
    だから、あなたは生きているんじゃないの?

    答えを見つけに、今からは生きていけるよ。

    ユーザーID:5578569720

  • 私はこう思う。

    私もトピ主さんのように、何故、生きるのか、わからなかったのです。
    トピ主さんと同じように、生への執着もあまりありませんでした。
    でも、最近、身体検査を受けて体の一部に異常がある事が判明、検査の結果、命に別状はないそうです。
    しかし、自分はヒョッとして死ぬのかもしれないと、検査結果が出るまでの一週間、考えていました。
    もしも、自分の人生が残り少ないとしたら、私は一体何をしたいか考えました。
    それは愛する夫や子供達と共に過ごし、心行くまで美しい音楽や自然を満喫したいという事でした。
    何故生きるか、それは生かされているからだと思います。
    何故生きるか、その意味が本当にわかるのは死の宣告を受けた人だけかも知れません。

    ユーザーID:5182399125

  • そっかぁ

    自分自身が人間として生きてること自体に罪悪感ですね。
    吐き気がしてしまいます。
    それでも、その時がくるまでは、生かされてるから生きてますね。

    ユーザーID:5651203155

  • ラガーさんとユリさんchikuさんに共感

    私も落ち込んだり、問題にぶつかった時、あるいは、特に何も意味のある事を
    せずにただ生きている日々を思うとき、『何で生きているんだろう?
    生きることに何の意味があるんだろう?』と考えることがあります。

    先日『ディスカバリーチャンネル』というアメリカからのテレビ番組の
    DVDを観ました。海の世界がテーマのものと、渡り鳥を4年間かけて
    追ったものです。
    映像が美しいのはもちろんですが、人間達がほとんど見ることも
    知ることものできない世界で、いろいろな生物の生きる姿を見て
    思ったことは、「人間はこの宇宙と自然の中の一部として生かされ
    ているだけで、意味なんてないのかも。人間だけが特別
    他のものより偉大だとか賢いなんてこともないんだなあ。」
    ということでした。
    自分がいてもいなくても、知っていても知らなくても、世界は進み、
    人々や動植物は生きてそして死んで行くんですもの。
    別に人から褒められたり、認められたり、歴史に残ることをしたりしなくても、
    波瀾万丈だろうが平凡だろうが、うまれてきたら、ただ命のある事に感謝
    しながら生きて行けばいいんだと思いました。

    ユーザーID:1213144955

  • 生きるために生きる

    生きるために生きる。ただそれだけだと思います。
    お金も財産も何ひとつあの世には持ってはいけません。
    持っていけるのは魂に刻まれた思い出だけ。
    だからたくさんの経験をして、思い出を作るために生きるのだと思います。
    美しい景色を見たり、人を愛し愛されて、
    笑ったり泣いたり怒ったり。なんで生きるのかと悩んだり。
    ふと見上げた空に心が晴れたり。
    そういう日々の繰り返しが生きることだと思います。

    ユーザーID:7694601834

  • 面倒くさいから。

    とりあえず、今生きてるからです。
    私は怠惰な人間なので。
    死ぬの、面倒じゃないですか。
    苦しいのは、嫌ですよね。
    楽して死ねる方法って、そうそうないですよ。
    それこそ、死ぬほどの苦痛を伴うし、ものすごい勇気も要りますしね。
    生きてるの面倒だなぁ、考えるのいやだなぁ、って思うときありますけど、
    自分で死ぬことを想像して、その時に要する勇気や苦痛を考えたら、とてもじゃないけど
    死ねません。
    生きてる今の私の精神や肉体の状態や状況が『死んだほうがマシ』と思えるほど
    苦痛に満ち満ちたものであるならともかく、ただ漫然と毎日を怠惰に過ごしている
    生ぬるい焦燥と、死ぬ時に感じるであろう一瞬の地獄の苦痛を比べたら、『今のほうがマシ』です。
    苦しみとか、苦痛とか、大嫌い。
    だから死にません。
    ものすごい楽して死ねるんなら、わかりませんが。
    面倒なことは嫌いです。
    生きてるのも面倒だけど、死ぬのはもっと面倒です。いろんな意味で。
    無気力な答えでごめんなさい。

    ユーザーID:6652679440

レス求!トピ一覧