• ホーム
  • 学ぶ
  • 「うぁ〜、思わず惹きこまれた」 演劇、その他

「うぁ〜、思わず惹きこまれた」 演劇、その他

レス34
(トピ主0
お気に入り10

趣味・教育・教養

みつこ

時々、舞台等々を見に行きます。

落語、演劇、バレエ、その他諸々、実際、面前で
演技している姿を見て、
「うぁ〜、思わず惹きこまれた」
俳優さん、女優さん舞台の内容、エトセトラありますか?

思ったよりそれ程でもなかったと言うのも含めて
教えて貰えたら嬉しいです。

友人は10数年前に人間国宝の柳家小さんの
高座を聞いた事があるけど好きにはなれなかったと言います。

私は先日見た「桂春団治」の藤山直美さんは
もっと惹きこまれる人かと思っていましたが、
それ程でもありませんでした。
私が東京生まれの、東京育ちだから、大阪のべたな感じが
理解出来ないのかも知れませんが。

ドラリオンもさほど(友人共々)感動しなかったり。
子供だったら感動したかも知れませんが。

バレエは感動した公演がいくつもあるのですが。

ユーザーID:0176653794

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 劇団四季のライオンキング

    先日、劇団四季のライオンキングを観に行ってきました。
    ミュージカルは初体験だったのですが凄く良かったです。
    3時間、あっと言う間でした。

    題材が子供っぽいかと思ったのですが、
    大人でも思い切り楽しめました。
    劇団員さんの演技力や歌唱力はもちろんですが、
    動物の表現の仕方や演出に度肝を抜かれました。

    これに味をしめて、次はキャッツに行く予定です♪

    ユーザーID:2902963808

  • メアリー・ステュアート

    宮本亜門が演出した白石加代子、麻実れいの2人芝居。
    終演後、しばらく席から立ち上がれなかった演劇は
    今のところ、これだけです。

    一昨年、原田美枝子と南果歩の共演で再演されましたが、
    こちらは観ていません。

    期待したほどではなかったと思ったのは、昨年観た劇団四季の「オペラ座の怪人」。

    もともとミュージカルよりストリートプレイのほうが好きなんです。
    ファンの方には申し訳ありません。

    ユーザーID:5252083766

  • 「こどもの一生」

    小演劇系になるのでしょうか、なかじまらも原作、G2プロデュース、
    「こどもの一生」はほんとうっに怖かった!!
    現実感を取り戻すまで暫し座席から立てなかったのは、この舞台だけです。
    キャストも中村有志、升 毅、生瀬勝久、古田新太、入江雅人、小沢真珠、西牟田恵、芳本美代子と、かなり贅沢な舞台でしたね〜。

    逆に見るたびに期待ほどでなかったなぁ、と思うのはキャラメル○ックス。
    (ファンの方ごめんなさい!いや、私も本当はファンなんですよ!)
    昔は好きだったんですけど、今はなんと言うか、役が役者本人にしか見えない・・・。
    ベテラン勢でどっしりとした舞台をやってほしいものです。

    ユーザーID:2139553926

  • きっかけはアマデウス

    演劇、歌舞伎、お笑いを含めて年間かなりの本数を見ますが、
    私の演劇好きになったきっかけは松本幸四郎さんの「アマデウス」です。

    老年のサルエーリがマントを頭から被り椅子に座ってストーリーテラーになっている場面から、マントをパッと脱ぎとって若かりし頃のサルエーリになると同時に、
    華やかな宮廷音楽が流れて照明が差し込んだ瞬間、鳥肌が立ちました。

    どの舞台にも言えることなのですがカーテンコールが好きです。
    演じきった役者さん達の清々しい顔もいいのですが、
    同じ舞台を同じく浮かんでみて感じた人たちがいっせいに拍手をしていると、
    これまた鳥肌が立つんですよね。

    それほどでのなかったものもありますが、
    これは人の好みの問題も関わってくるので自粛します。

    ユーザーID:5908844339

  • こういう書き方はマズいかなぁ?

    中年男なので変に誤解されると困るんですが・・・。

    先日初めて鑑賞したミュージカル「マリー・アントワネット」の“もうひとりのMA”マルグリット・アルノーを演じている新妻聖子さんと笹本玲奈さんに“惚れ”てしまいました。作品そのもののデキを云々するより前に、おふたりの歌の上手さと感情の込め方が、気持ちよかった。

    一生懸命さ、ひたむきさがビシバシ伝わってくるようなパフォーマンスには、性別年齢に関係なく、魅かれてしまいます。

    ユーザーID:4085592978

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • マンマミーア!

     昨年の夏に劇団四季のマンマミーア!を見たときは本当に興奮しました。
     保坂千寿さんという方が主演だったのですが、細い体から繰り出される歌声に大感動!・・人が歌う歌に感動して泣いたのは初めてでした。
     劇団四季のほかの演目もぜひ見てみたくなりました。

    ユーザーID:4395229245

  • 劇団 PEOPLE PURPLE 『ORANGE』

    小さい劇団なのですけれど、劇団PEOPLE PURPLEの『ORANGE』という芝居、すごく良いです。

    キャラメ○ボックスを観た際に、劇場のロビーにあった
    チラシを何気に手に取って
    「狭い舞台の上で消防署が中心のストーリーなんて無茶な…。どんなものかな?どれどれ…」
    と気まぐれで観に行ったのです。
    ストーリーの始まりは何だか吉本新喜劇の演劇版?と言った
    具合で何だかなぁ?と戸惑いながら観ていたのですが、
    ストーリーが進むにつれてひき込まれ、気が付けば号泣!!!

    次回、また公演があったら、周囲を誘いまくって(観てもらう
    価値有り!!!!)絶対観に来るぞ!と心に誓って
    しまったくらいです。オススメですよ!

    ユーザーID:7131121560

  • 劇団四季 JESUS CRIST SUPERSTAR!

    もう、30年近く前の事ですが。
    高1だった私は、劇団四季の「ジーザス・クライスト・スーパースター」を見て、本当に惹きこまれてしまいました。
    まばたきする間も、惜しいくらい。本当に鮮烈な舞台でした。

    キャストは、ジーザス:鹿賀丈史さん、ユダ:滝田栄さん、ヘロデ:市村正親さん、マリア:久野亜希子さん という、今思うと、涙が出そうなくらい、豪華なものでした。

    迫力ある歌やダンス、アンサンブルの美しさ、照明・背景の素晴らしさ。
    この舞台以来、劇団四季にどっぷりとはまり、幾度となく、たくさんの舞台を見ましたが、やはり第一に挙げるとしたら、この舞台です。
    そして、カーテンコールは、どんな舞台より、これが最高!
    客席と舞台が一体になって、最後にアンサンブルのみなさんの中から、復活を象徴するかのように現れるジーザスの姿を見ると、鳥肌がたってしまいます。

    ユーザーID:3779954460

  • メモリー…

    みつこさん、こんばんは。
    去年の秋に見た、劇団四季の「キャッツ」!!
    思わずひきこまれました。「メモリー」を聞きながら涙を流してしまいました。四季のミュージカルは他にもいくつか見ましたが、「キャッツ」が一番良かったです。

    ユーザーID:2590121775

  • 藤山直美さん

    藤山直美の舞台は圧巻です。
    が、先日見た桂春団治は演出が悪いのか全然よくなかったです。

    2月に公演された、ラサール石井演出
    『殿のちょんまげを切る女』の藤山直美はサイコーでした!

    7月の『妻をめとらば』を見るかどうかは検討中です。

    ユーザーID:7001513004

  • ベジャールのバレエです!

    大学の集中講義で教授が見せてくれた『ボレロ』のビデオでガ〜ンとなるぐらい衝撃を受けてしまい、特にバレエ好きではない私がそれ以来モーリス・ベジャールのバレエのとりこです。その後留学、そして就職をしてスイスに住むことになり、年に2回はローザンヌにベジャールバレエ団の公演を見に行っています。80歳を過ぎたベジャール氏が舞台の最後に登場すると、毎回拝みたいぐらいの気持ちになります。音楽とダンスでこんなに心をつかまれるなんて、自分でも不思議なぐらいです。

    ユーザーID:5662915187

  • 桂米朝さん

    桂米朝さんの食べたり飲んだりするシグサに喉がなります。
    酔っ払いの描写も素晴らしいと思います。
    ただ、最近の、かなりのご高齢になってからの高座では
    ネタを飛ばしたり、場面転換を間違えたり…とハラハラしてしまいます。

    ユーザーID:7665043804

  • 亜弓さんのような(笑)

    高校生くらいの頃だったので、
    もう四半世紀も昔の話になりますが……

    片岡孝夫(現・仁左衛門)主演の
    『女殺油地獄』を観に行ったことがあります。
    当時のカレシがたまたまチケットを入手し、
    高校生の分際で歌舞伎座のかなりいい席で観ました。
    孝夫は大河ドラマで何度か観ていて
    まさに顔よし声よし姿よしの役者だと知っていましたが
    舞台を観るのはそれが初めてでした。

    孝夫が出てきた瞬間、
    いっせいに場内のライトがぱ〜っと点灯したかと思った!!
    もちろん照明にも多少の演出はあったでしょうが
    彼が舞台にいると本当にそこだけ明るく感じるんです。
    「出てきただけで舞台が明るくなる」なんて
    『ガラスの仮面』の中だけのオハナシかと思っていましたが
    本当にそういう役者がいるんですね〜!!

    くだんの舞台の筋書きはわりとくだらない話なのですが
    孝夫ひとりにボ〜ッと見惚れて終わりました。
    いまだにこの時の孝夫を凌駕する衝撃には出会えません。
    実は私は松本幸四郎のほうが好きで
    歌舞伎も赤毛ものもわりとよく観ているのですが
    幸四郎はテレビのほうが向いている気がします。

    ユーザーID:8552869993

  • 惹かれる時は、思いも掛けずに惹かれるもの

    私の場合、最近だと、ウィーン版のエリザベートかな。
    ここ10年位、いわゆるシアターゴーアーです。
    一番最初のきっかけは、宝塚だったのですが、それは、確か
    仕事で大阪へ行ったときに、梅田駅にあった宝塚の大看板に、
    一度は話の種にでも、観てみるか、という感じでした。
    その時は、その後ハマルとは思いもせず。。。
    その後、宝塚に限らず、ミュージカル、演劇、歌舞伎、バレエ、いろいろ観ていますが、もちろんキャストやもろもろを考えて何を観るかを選ぶのですが、ハマる時は、「思いも掛けず」ハマるものです。いわゆるその分野で名高い人でも、自分の琴線に引っ掛かる時は引っ掛かるし、引っ掛からない時は、引っ掛からないものです。
    自分の好みは、数を見て、段々わかってくるもの、しかし、それでも、時に思いがけない時に、思いがけない演目だったりキャストだったりに惹かれたりして、それもまた、醍醐味だと思っています。

    ユーザーID:1290537737

  • 舞台女優といえば

    私のおススメは西牟田恵さんです。

    もうすぐ、稲垣ゴローさんとパルコ劇場に出ます!!
    劇団付ではないので、いろんな演出家の方と組むことでも
    有名ですが、以前見た「アテルイ」や「劇団壱組」では
    見終わってからもジワジワと心に染みる名演技でした。

    藤山直美さんは作品によってずいぶん変わりますね。
    今回の春団治はジュリーが主役だったからというのが
    大きいと思います。
    彼女は何に出ても藤山直美なのではなく、劇中での自分の活かし方が
    よくわかっている人だな、という気がします。

    あと、テレビでは変わり者の役が多い阿部サダヲさんは舞台では
    堂々の主役で惚れる事間違いナシの天才だと思います!!

    ユーザーID:6662785775

  • ミュージカル「レ・ミゼラブル」

    19年前の初演を観て「私はこの舞台に出会うために生まれてきたのだー!」
    と思ったほどでした。
    主役ジャン・バルジャンはじめ登場人物一人ひとりの生き方それぞれに
    共感し魂が揺さぶられました。
    今でもナンバーを聞くと自然に涙が出てきます。
    昨年19年ぶりに観ました。
    今年も上演されますね。関西在住ですがまた観に行きます!

    ユーザーID:1449931763

  • いろいろあるんだけど

    キャラメルボッ○スを初めて見たとき・・・たしかまた会おうと龍馬は言ったの初演かな?感動しました。それから何年も見ています。このごろは回数が減りました。
    今も好きですが、マチネさんの言うとおり、ベテラン勢希望なので、今の若手の人たちはそれほどかも。
    ただ、去年の夏公演は良かったと思いました。(子役の福田さんがとてもがんばっていた)賛否両論あるだろうとは思いましたが。

    歌舞伎だと、吉右衛門(当代播磨屋)の篭釣瓶や俊寛、昨年の初代追悼@歌舞伎座は、思わず見惚れ、聞き惚れました。
    勘三郎(当代)さんの2年半前のボストン&NY公演は当時ボストン在住でしたので、見に行きましたが、日本人としてとても誇らしかったです。

    宝塚もよく見たなぁ〜。(涼風、天海時代&杜、一路時代)

    ジョルジュ・ドンが20年前ぐらいに上野でボレロを踊ったのですが、あれは鳥肌が出るくらい感動しました。

    ユーザーID:7485355988

  • 引き込まれた〜

    在米なのですが、こちらにArt Channelというのがあって、ただひたすらオーケストラとか、バレエの一幕とかを流してるチャンネルってか時間帯があります。ぼーっと垂れ流しにしてたんですが、ある音楽の時に惹きこまれました。

    それはSarah Brightmanのコンサートの様子で「Stranger in Paradise」という曲を歌っているとき。なんか、妖精が歌っているようでした。森で迷って、この曲が聞こえてくると、みんな着いて行っちゃうだろーなーっていうおとぎ話な感じのとても綺麗な歌声。

    あとは、NYで見たライオンキング。ドラムを叩く人が二人、両サイドとも見えるので、そっちにばっかり注目して、舞台上をほぼ見てませんでした。だって、すっごいんだもん!

    ユーザーID:6542217601

  • 中村勘三郎!

    中村勘三郎丈の舞台でこれまでに3回引き込まれたことがあります。

    数年前にコクーン歌舞伎で夏祭浪花鑑を見ましたが
    その圧倒的な迫力にノックアウトされました。
    見に行ったあと1週間くらいぼーっとして仕事になりませんでした。

    もともと母の影響で歌舞伎が好きでちょくちょく見には行っていましたが
    これ以降、中村勘三郎(当時勘九郎)の追っかけをすることになりました。

    その後何度も彼の舞台を見に行きましたが、
    勘三郎襲名披露4月の演目、
    京鹿子娘道成寺と籠釣瓶花街酔醒は物凄かったです。
    娘道成寺ではまだ女性の格好をして踊っているのに
    すでに白蛇の表情になっているし、
    籠釣瓶では最後に自分が好きだった花魁を切り殺すのですが
    そのときの狂った表情が怖かったです。
    (しかも彼の目線が私の座席の方向にあったため、かなりの恐怖でした)

    6月のコクーンも行きたかったのですが、
    残念ながらチケット争奪戦に敗退。残念です。

    ユーザーID:4312895150

  • 団十郎の「暫」

    市川団十郎さんの「暫」です。歌舞伎が好きで、片岡仁左右衛門さんが大好きです。
    団十郎さんは、鼻にかかったようなしゃべりかたがあまり好みではなかったので、舞台は見ていませんでした。ところが、仁左右衛門さんの襲名公演の時に、団十郎さんが「暫」を上演され、その豪華さ、勇壮さ見事さに感動してしまいました。
    歌舞伎もなかなかいいですよ。

    ユーザーID:6598364391

  • 美輪明宏

    もう20年も前になりますが、渋谷のライブハウスで美輪さんのシャンソンの小さな舞台を観ました。それはそれは心に沁みて、涙がぼーぼーでました。シャンソンなんて初めて観たのに。「凄いなー」と感激しました。
    TVで美輪さんが色々な話をなさるけど、やはり、生の歌にはかなわないな、と思います。毛皮のマリーや天井桟敷の人々など名演の舞台も美輪さんがお元気なうちに是非観たいと願っています。チケットが入手困難なのが残念です。

    ユーザーID:4019386724

  • 弱法師

    原作は三島由紀夫。
    藤原竜也さん主演、蜷川幸夫さん演出です。観たのは一昨年でした。
    舞台の最後に風のような音が流れたとき、ぞっとして立てなかったんです。心の中が空洞になっていくようでした。
    あとで、その音が三島由紀夫さんが割腹自殺したときの音をそのまま流したのだと知って、もう一度ぞっとしました。
    感動もありましたが、畏怖に近い感覚でした。凡人にははかりしれません。

    ユーザーID:1696710713

  • 劇団☆新感線の「SHIROH」

    正確にはSHINKANSEN☆RX ROCK MUSICAL「SHIROH」。
    2004年12月の作品ですが、何度もゲキ×シネという舞台映像の映画館上映が行われました。
    生・ゲキシネ・DVDとあわせて20回以上見ていますが、未だに見るたびに涙が止まらなくなります。

    公式サイトもありますので、是非チェックしてみてください!

    ユーザーID:7061289116

  • 綾瀬はるか

    若手女優さんが多い中で一番惹きこまれるのは綾瀬さんの演技
    ポカリスエットも白夜行も世界の中心〜もすべて素晴らしかったです
    マックスファクターのCMも美しい…

    後は
    沢尻エリカさん…1リットルとパッチギのみですが溜めの演技がすごく上手
    上野樹里さん…ついつい目で追ってしまいます
    蒼井優さん…なんであんなに透明感があるんだろう、一作見終える頃には彼女に恋しています(笑)
    鈴木杏さん…また出てくれないかなー。彼女が泣くと一緒に泣いちゃうんです

    ユーザーID:6433326524

  • winds of god

    劇団四季や文学座のような老舗劇団から地方限定の小劇団まで、いろいろ見てきた私ですが、今までにたった1度だけ舞台を見ながらぽろぽろ泣いてしまった演目がコレです。

    バラエティ番組などでよく見かける今井雅之さん主宰の劇団ですが、テレビでの印象とは激しく違う今井さんの迫真の演技に涙が止まりませんでした。のちにドラマ化されてましたが、舞台の迫力には及ばないな、と思いました。
    いろんな意味で「惹きこまれた〜」って感じの舞台でした。

    あとは桂米朝師匠の落語ですかね。

    ユーザーID:4559665026

  • 小栗判官照手姫!

    横浜ボートシアターの「小栗判官照手姫」です。
    もう20年以上前に観た舞台ですが、観ていて初めて鳥肌が立ちました。
    数年前まで何度も繰り返し上演されていたようですが、私の住む街にはなかなかやって来なくて残念。
    東洋の神秘的な空気の中ですすむ舞台。仮面をつけているのにその仮面に表情が見えたときは背筋がゾクゾクしました。
    テレビでよくみる役者はいませんでしたが、深く深く印象に残っている舞台です。

    もうひとつ深く残っているのは劇団第七病棟の「ビニールの城」です。
    石橋蓮司さんと緑魔子さんの存在感が圧倒的でした。これも20年以上昔に観た舞台です。これはこの時が最後の上演でした。

    ここ5年くらい舞台を観にいくことができなくて、このトピを楽しんで観ています。 

    ユーザーID:2727881814

  • 歌舞伎で。

    歌舞伎で、坂東玉三郎さんが演じた「籠釣瓶花街酔醒」という演目です。
    玉三郎さんは初役の時で、最後に斬られて倒れ込む場面で、歌舞伎座の空気が止まりました。
    私は一階席の後ろに居たのですが、3階で誰かが少しでも身じろぎしたら分かるくらい、そのくらい、皆、息を止めていました。
    (その場面の玉三郎さんは、立ったまま後ろから斬られて、そのまま後ろに海老反りのようになって音もなく倒れ込みました。その動作のものすごい美しさと、それを見せるための筋力に圧倒されました)

    あんな風に「劇場の空気が止まる」という体験をしたのは初めてでした。
    再演からは、倒れ込む場面が少し変わってしまい、最初ほどの衝撃はなかったですが。。

    ユーザーID:3803412143

  • 『TRUTH』

    演劇集団キャラメルボックスの『TRUTH』

    芝居は、やっぱり生でみなくちゃ、感動出来ないと常々思っている私。
    しかし、『TRUTH』だけは違った。
    芝居をDVD版で見て感動し、泪が止まらなかったのは、この作品だけ。
    初演のDVD版も良かったけれど、再演の生の舞台では、役者さんの
    渾身の演技に更に感動して、ハンカチがぐしょぬれでした。
    まだの人は、DVD必見です。

    ユーザーID:5924406792

  • Yankee Stadium 20XX

    去年友達に誘われて行った Yankee Stadium 20XX って劇団なんですけど,ギャグあり,ダンスあり,アクションあり,泣き所ありの盛り沢山の公演で,今までの演劇のイメージが変わりました.3時間以上の公演が,全く長く感じられ無かったです.

    劇団を知らない友達には,「SETとZOOとコサキンを一緒にした感じ」と言ってますが,通じるような,通じないような...

    劇団のHPを見るとイベントにも出没しているみたいなので,今度はイベントにも行って見るつもりです.

    ユーザーID:6003921748

  • 私も美輪明宏さんです

    やはり20年以上前ですが、パルコ劇場で見た「双頭の鷲」には引き込まれました。美輪様のエリザベート王妃がすばらしかったです。

    他には、木下順次さんの「子午線の祀り」。
    これは平家物語を題材にしていますが、ものすごいです!
    新劇・歌舞伎・能・狂言の名優がずらりと出ますよ。
    何回も見ましたが、鳥肌が立ちました。

    ユーザーID:2507052505

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧