男の人を立てる・・・とは?

レス64
お気に入り54
トピ主のみ1

みほこ

男女

はじめまして。
社会人一年目のみほこと申します。
お恥ずかしい相談ですが、「男の人を立てる」とはどういったことを言うのかいまいちピンとこないのです。

先日、男性の友人と電話をしていた時のことです。
現在、彼には好意を寄せている女性がいるようで、彼女の良い所を話してくれました。
「立てるときは俺をきちんと立ててくれるし」 と。

その時は「そうなんだ。素敵な人だね。」 と返したのですが、分かるようでいまいち意味が分からないのです。
もちろんいろんな意味があるでしょうが、基本的にはどういったことを指すのでしょか?

お忙しい中恐れ入りますが、教えていただければ幸いです。

ユーザーID:6197247585

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今の時代…

    男女平等の世の中、確かに「男性をたてる」なんて考えて行動している女性はそう多くはないでしょうね。

    「男性をたてるとは?」なんとなくわかっているつもりでもうまく言葉で説明できず、
    辞書でも調べみましたが、なかなかいい答えは出てきませんでしたので、自分の言葉で書きますね。

    ○上司(や先輩社員)の為に尽力するが、それが成果として現れた場合に、「自分のおかげ」とおごらず、
     「上司の指導が良かった」などと相手に花をもたせるとうな心遣い。
    ○男性が好意(下心でなく)でしてくれた親切を、遠慮せずに受け入れ男性に花をもたせるような心遣い。

    とか?
    でも、これって男女に関わらず、相手に対する配慮って意味では成り立ちますね。
    女はでしゃばらず「三歩下がってついて来い」という時代。男性=総合職・稼ぎ手。
    女性=事務・お手伝い・主婦。という時代には疑問にも思わなかった言葉なんでしょうけどね。でも調べるの面白かった。

    参考までに。http://secondlife.yahoo.co.jp/hobby/supporter/article/h1120065_00158.html

    ユーザーID:6049908777

  • たびたびすいません。

    例文作ってみたわりには、わかりづらかったかと思うので補足。

    【花を持たせる】
    人に名誉を譲る。その人を立てて功を譲る。「若い人に―・せる」

    ズレますが。私は世の中平等と信じて疑ってなかった新入社員のころ、自分のやった仕事が成果を
    出していい気になって吹聴していたら、実は裏で先輩が大変フォローをしていてくれたという事実を
    後で知って恥をかいたことがあります。いい気になる前に「お蔭様で」と一言いえる心遣いが大事だと知りました。
    まぁ、これも相手が男女限らずですけどね。

    あと、いまだに「男をたてる」なんて言葉が使われるのは、「三歩下がって〜」なんて女性を、いつまでたっても
    憧れている男性が少なくないからなんでしょうね。
    もちろん、そうでない男性も沢山いらっしゃるでしょうけれど。。

    ユーザーID:6049908777

  • 本気で「立てられてる」男性は、もう居ないのでは?

    「男は女より上位であらねばならない」「三歩下がって影踏まず」なんて
    価値観は前時代的でいまの世の中、大半の女性は「はぁ?」と思ってます。

    ただ、いまもそれを根強く信奉してる世代がまだまだいて
    「男を立てる」女性の態度を求める人がいるんですよね〜。

    たとえば物事を決めるとき、女が決定せずまずお伺いを立てろとか。
    ただ、これは男が完全に主導権を握る、ということではなく
    あくまでも形式。決めてるのは大概女性です(超無意味ですけど)。
    長く女性が影だった時代がありましたが
    この「建前と実権」を使い分け、本当の意味の賢さで
    家庭や仕事を操縦してきた人たちは実は一杯いたんだと思います。

    トピ主さんの男友達は現代の教育を受けてこられた方ですよね?
    なら、本当の意味で「立てて欲しい」と思ってらっしゃるのでなく、
    前時代的な人たち(上司や親)の前では、彼なりにある程度、
    対面を保たなきゃならないので、そういったときに、
    かたちだけでも「立てたふり」が出来る彼女、ということなのでは?

    そうじゃないなら、彼もその彼女もいつの時代の人!?って感じですが。

    ユーザーID:6702955927

  • う〜ん

    現代では死語になっているのでしょか。
    判りやすく云えば、一歩引いて相手を前面に出すということです。
    男女間で男を立てるということは、何かあったとき、たとえば今晩何を食べるかを決めるときでも、決めてよというう事ではなく、ぐずぐずしていたら、中華が食べたいとさりげなく誘導し、どこの店が良いのかも相手が知らないときに、さりげなくあそこの店に言ってみたいといって、自分がその店を知っているとおくびの出さず、今日はおいしい夕食をありがとうといえることです。
    つまり、でしゃばらず(相手に感じさせず)花を持たせることです。
    自己主張を抑えて、相手がその場をリードしていると思えるように心配りをすることです。
    恋愛だけでなく、上司との関係、嫁姑でも同じです。
    男は、うまく出来なくてもプライドは強いことが多いので、成田離婚という言葉が生まれるのです。何故なら海外旅行は女性のほうが機会が多いのが庶民ですから、男を立てずに、この役立たずと顔色に出せば、終わりになります。男がかいしょなしになり、女性が思ったことをストレートに男性に言ってしまう事が、だめなんでしょうね。

    ユーザーID:4564316428

  • 男性の強さや有能さを本人や周囲にアピールすること?

    男性をたてる…女性よりも男性のほうが

    ・強い
    ・裕福
    ・有能

    というような事を、本人や周囲に対して女性がアピールしてあげる事…でしょうか?
    恋人同士を例に考えると、彼の身内や友人の前で、彼がいかに頼もしいかを話すとか?
    食事の会計の時に、あとで精算でもその場は彼に支払い役を譲るとか(もしくは気持ちよく馳走になって、とても喜んでみせるとか)?

    全然違ったらすみません…。
    個人的には、三歩下がって男性をたてるような古風な関係は結構好きですが、「男性をたてる」を望む人は現代では男性も女性も少数派のような気もしますね。

    ユーザーID:8665599327

  • 女が男を操縦すること

    男を立てるというのは、実は、女の方が手のひらの上で男を操縦することなんですよ。男は単純で、自分の実力だと思って喜んでしまうものなのです。女に支配されていることに薄々感づいていないわけでもないのですが、男は甘えんぼですからね。

    表面的に同じことをするのが男女平等だと思っている人が増えたせいで、「男を立てる」ことのできる女性が減ってしまったのは残念ですね。

    ユーザーID:7824759425

  • さりげない気遣い

    例えばお祝儀が必要な場でそっと封筒を手渡してくれる、友人に奢りたかったのに銀行に行く暇がなかったときに、そっとお金を渡してくれる、仕事の出来や頭の良さは、おつきあいをしている男性の方が自分より上ということを周囲に言ってくれる。。。など、男の人の面目を支えながら、あくまで周りの人に自分の行為を気づかせない、といったところじゃないでしょうか。

    今はお互いがお互いをたてるくらいの方がうまくいくと思うけど。

    ユーザーID:1266285250

  • 今横に彼氏がいますが・・

    トピ主さあああ〜ん!!!

    彼氏が横で言ってますよ。

    『そんなのもわかんねーの?男に恥をかかせないことだろ。
    簡単やんか。』

    って。。

    男は見栄をはりたい動物なんだとさ。。。

    ユーザーID:5550784166

  • 素敵なことですが難しい

    男としての立場を持たせること、というのかな・・・。
    人前で相手を自分より上に立たせるような扱いというか。
    「女性は三歩下がって」が時代遅れのような言われ方をしてますけれども
    やはり見てて素敵だなと思う女性は、自然と男性を立てています。
    また、ご夫婦・カップルの仲も円満なようです。
    男性は自分のプライドが守られたことで、気持ちよく相手に貢献できるし
    女性もその恩恵を受けて気分よくいられる。
    ほんと素敵だな〜って思います。

    ユーザーID:8975466128

  • 最近の男性は覇気がない

    >いつまでたっても憧れている

    ちょっと違う気がしますね。もともと日本には男性が働き手、女性が家事全般、という「慣習」がありました。その考えの名残のようなものかと思います。
    最近ではちょっとずれた「男女平等」のもとにその慣習が壊れてきてはいますが、これは日本人の中にある精神のようなものともいえるでしょうね。

    ユーザーID:9216240210

  • 男をたてる

    「男を適当におだてて、めんどくさいことやらせる」感じですかねえ?

    ユーザーID:9208944234

  • 一歩さがって・・・かな?

    本来は三歩下がってなんでしょうけれど。
    とりあえず一歩ほど下がってみる事でしょうか。
    あと、みりんさんが書かれていたように
    ”花を持たせる”という風な。

    私は第一次均等法世代なので、男女平等でがんばってきましたが
    なぜか”男を立ててくれる”とよく言われました。
    歌手の森昌子さんが離婚された時に
    「いつも男性の前に出ないようにしていた」とおっしゃって
    おられましたが、この年代以上の女性の習慣というか癖だと
    思います。

    興味がおありならすこし分厚いですが
    「新・良妻賢母のすすめ」を読んでみられたら良いと思います。
    私は、最初の一章ぐらいで挫折しましたが
    飛ばし読みをしてもなんとなく意味はわかるのではないでしょうか。

    ”男だから”立てる必要はないと思いますが
    人とのお付き合いの中で
    ”相手を立てる”という意味で役に立つかとは思います。

    うちの夫は41歳ですが
    ”男だから立ててくれ”とも言わないし、
    歩くときに一歩後ろを歩いたりすると
    違和感を感じるようですが・・
    若い人からその言葉が出るという事は
    年齢とは関係ないようですね。

    ユーザーID:4689882591

  • ちょっと意地悪な言い方をするなら

    「男性の自尊心や見栄を満足させてやり、いい顔をさせてやる」ことですかね。

    たとえばこういう感じ。
    恋人でも夫婦でもいいですが、男性が女性のことを誰かに
    「こいつは俺がいなきゃ何にもできないんだ」と言ったとします。
    そこで女性がどうリアクションするか。

    「何言ってんのよ、あなたこそあたしがいなきゃダメじゃん!」と逆襲する?
    「ホントにそうなの。この人って頼りになるのよ」と穏やかに微笑む?

    男性が面目を保てるのは後者ですね。
    かなりベタな例ですが、おおむねこういうことじゃないでしょうか。

    ユーザーID:9949732904

  • 男性を立てる=彼をリスペクト:尊敬すること

    だと私は理解しています。要するに“馬鹿にしないこと”です。好きな人を馬鹿になんてする訳ない、と思いがちですが、妻が夫に対して発するネガティブな愚痴、“そんな事も分んないの?馬鹿だなぁ”等の発言はかなり男性にとってダメージです。女性にとって何気ない一言、言い方一つで男性の受け取り方は180°変わってきます。そういう発言を控えて、全面的に“励ます”“彼の考えを尊重する”ことが、尊敬につながり、それが“立てる”ことになると思います。

    男性にとって一番重要な部分です。
    ここを傷つけられると彼らのプライドは粉々らしいです。

    例えば彼の、仕事に対する姿勢や、家族に対する思いやり等、彼の生き方、彼の決断(大小関わり無く)を、認め、それを声に出して表現すること、もしくは黙って支える事がいわゆる彼を”立てる”ことなのではないかと私は思います。時には貴女の考えの方が優れているかもしれない。でも、場合に寄っては彼の考えを支えるほうが(結婚している場合は特に)二人の関係に置いては後々良い結果を招く事があるようです。

    ユーザーID:6558483492

  • 日本の場合は

    ちょっと違うと思います。みりんさんの書かれたような内容はあくまでもレディファーストが根付いている西洋文化の話で、エレベーターに乗ったらドアの側に立ち、ボタンを押す、数人いればお茶を出すことを求められる・・のような女性がまず動くことを求められるような日本的文化の中では逆をさす事が多いと思います。

    常に男性より前に出ない、をさす事が多いでしょう。
    男性を影で支える、内助の功などは最たるものです。
    自分が言う前に彼は何を言うか。
    自分がどう動けば彼の為になるか。
    いつも一歩下がり、アシストすることを優先とすることです。
    年配者にはそういう女性は今でも好ましく思われるので、結果的に自分の評価を上げることにもつながります。

    基本的に私のやり方は西洋式ですが、西洋式でも日本式でもお互いが美しく見えるふるまいが重要かと思います。

    下僕に成り下がっているのは西洋式から見てもみっともないし、メイド視しているのは日本式でも美しくないし、男性が素敵に見えません。

    ユーザーID:4917685940

  • 大事な場面では彼女にサポートしてもらってますという意味では?

    「男を立てる」というと随分古風に聞こえますが、自分のメンツが保てたとか満足出来たという状態は人それぞれなので一概にどういう状態が「立てた」というのかは言えないと思います

    もし私が男の人に「立てるときは俺をきちんと立ててくれるし」と彼女自慢されたら、
    「しっかり者の彼女を持ってるね」と思うのと同時に
    「この彼氏はちょっと頼りないタイプなのね」という印象も持ってしまうかも
    姉さん女房なのかなとか、女性に主導権のあるお付き合いなのかなというイメージをしますね

    それが悪いとかは思いませんが、少なくともリードするタイプの男性ではないという感想を持ちます

    付き合っている相手に支えて貰うというのは良いことですよね

    ただこの彼氏が「男を立ててもらってる」だけでなく、彼女を「立てる」ということをしてないとそれは単に独りでは「立てない」人ということになっちゃいますよね

    「功名が辻」みたいな彼女ということなのでしょうね

    ユーザーID:0119073599

  • 相手を良く見せる事ですかね…

    ん〜。私も良くわからないですが、私が街中のカップルを見て彼氏がかわいそう…いくら男前でも、かっこよく見えない行動をさせる女性は立てる事が出来ないんだと私は思います。  例えば〜彼女の鞄を持ってる男性を見ると舎弟のよぅに見えたり…コンビニなどで車の助席から下りるなり、スタスタ先に入って行って男性がパシリのように見えたり…などなど…
    逆に言うと、男性がよく見えるよぅにしてあげれば良いのではないのでしょうかね?例えば〜私がやるのは、絶対上座を譲る、買い物したものなど『持つょ』と言われるまで頑張って持つ!レジでは財布を出す!親しき仲にも礼儀あり精神で小さな事でも『ありがとう』は言う。
    第3者の目から見ると、ブサイク君でも優しいブサイク君に見えるもんですょ〜
    一度、街中のカップルの採点をしてみて下さい。
    私も日々いろんな女性から勉強してます

    ユーザーID:3863094470

  • お「だてる」?

    今の時代に「男の人を立てる」のは時代錯誤という意見もありそうですが、
    個人的には「立てる」は良い意味での「おだてる」「持ち上げる」と解釈しています。
    主人の実家に行ったら「家事にとても協力的」「会社は皆勤で尊敬する」「面白い話をたくさんしてくれて家庭内が明るい」など
    もちろん事実ですが、誇張または感謝の意を含めて話題にします。
    買い物に行ったら必ず「あなたならどっちにする?」と主人に決定権があるよう持って行きます。
    これは実際には下調べなどして自分の希望の選択肢を用意したりしますけど。
    なんだか小バカにしているようですが、決してそうではないつもりです。
    人は褒められれば嬉しいし、主導権があると思えば責任感も増してくるものです。
    個人的な考えですが、特に男性にこのような傾向があるのではないでしょうか。
    根本的に尊敬・愛情の気持ちを持ちながら、相手のいい気分と程よい責任感を
    引き出すのが、今の時代の「立てる」目的なのかなぁと思います。

    ユーザーID:8638235594

  • 男女かかわらず。

    やはり、男女にかかわらず誰でもたてることができるのが、素敵かな、と。
    男をたてる、俺をたててくれるひとがいい、一昔前、私の結婚前はよく聞きました。
    今の時代、あんまり聞きませんけどね。。。本当のところ、どうなんだろ。
    うちの伴侶に言わせれば、男しかたてない女はどういったもんかと。いろいろ思いますねー。ま、人生観はいろいろです。
    女の立場からすれば、じゃ、女はさがりっぱなし?下がってるように見せてほんとは実権を握ればいいじゃない、とか言う人もいましたけど、それもねえ?
    さりげなく、素直に、おごらず。そして性別ばかりを気にせず、しかしながら
    性のあり方に反抗せず。あー、むずかしい。でも面白いテーマです。

    ユーザーID:9469015312

  • 自分に自信のない男に

    「自分に自信のない男性に気分の良くなるようなことを言ってあげたり、やってあげたりすること」だと私は理解しています。

    そういうことを女性に恥ずかしげもなく期待する男性がまだ存在することは、悲しいことだと思います。

    ユーザーID:0711176105

  • HNにまず驚き・・

    私の名前があなたのHNと同じなので、本当にビックリしました。
    タイトルがタイトルだけに、さらに驚き、おなじ名前のよしみとして
    カキコすることにしました。
    しかし最近多くなってきましたね(笑)

    さてさて本題。
    端的で恐縮ではありますが、

    まず!お母様にお聞きなさいませ。
    そんな事、レディ(大人)になったら自然に身につくものだという認識です。
    私の母に関しては・・実際反面教師でしたけど・ね(苦笑)
    ともあれご自身で考えられて、辞書も総動員して、兎に角自分を磨いて・・。
    自然に認識していかれることでしょう。
    (祈)

    ユーザーID:3725241804

  • 思いやりかな?

    女性が自分を男性として気を遣ってくれる、ということではないですか?

    女性に対してと男性に対してと、物の言い方言葉の選び方に気を遣うことありませんか?
    女性に対して言ってもいいけど男性に対して言うと傷つけるとか、
    男性に対して言ってもいいけど女性に対して言うと傷つける言葉や言い回しありますよね。
    逆に、女性間では通用するのに男性とは通用しない事とか、女性なら解ってくれるのに男性には解らないとか。
    それが性差だと思います(脳の違い)

    女性にも女としてこうありたい、男性にはこういう風に気を遣って欲しいって理想ありますよね。
    デートの時スマートにエスコートして欲しいとか(歩道側を歩かせてくれるとか、扉を開けてくれるとか)重い荷物を持ってくれるとかetc.
    男性の場合、男としてこうありたいというプライドや体面があると思います。それを察して叶えてあげると嬉しいだろうな、と思いません?

    私が夫にしてるのは、適度に頼る、褒める。感謝する、礼を言う。家で冗談で落としても、外では絶対落とさない。花を持たせる。自信を持たせる。

    違うかな?

    ユーザーID:1957587198

  • 男性好み

    立てるっていろんな意味がありますが、現代で言えば
    「男性に対してすごいねと尊敬の念を表する」
    「ここというところで出しゃばらない(男性よりデキるところをひけらかさない)」
    ということだと思います。

    ここ小町では「男を立てるなんて時代錯誤な!」と言う方も多いかもしれませんが、
    時代に関係なく男は自分を立ててくれる女が無条件で好きだとさんまだか紳介だかが言ってました。

    男を立てることができる女性と言うのは、無神経な人ではできない、
    ある意味で空気が読める、素敵な女性だと思います(笑)

    ユーザーID:1819359691

  • 代表?

    えーと、私の場合

    ・子供の幼稚園に提出する書類の「保護者」の署名欄に私でも良いのだけれど夫の名前を書いている。

    ・誰がやったって良いのだけれど大して介護もしなかった長男に葬式の喪主をやらせた。(親戚の話)

    ・我が家の世帯主の名前は、私でもよいのだけれど夫の名前になっている。

    ・婚姻届の提出時にどちらの姓を選んでもよかったのだけれど夫の方が外での仕事が圧倒的に私より多かったので、夫の姓に変わってあげた。(会う人ごとに「名字変わったんだ」と言わせるのが可哀想だったから)

    最近「男を立てている」かな(?)と思える事例です。

    ユーザーID:3225540366

  • 男と女の違い

    女同士だとタメ口で指図やリードされても気にならないけど、男性が女性にそうされるとムッとくる時や人もいる・・・。男性って意外とデリケートだし、女性と傷つくポイントが違うので、「男のプライドを潰さないように」微妙に注意する=男を立てる、なのかな??

    ユーザーID:9179753991

  • お下劣ですみません・・・母の名(迷)言

    この手の話題になると思い出します。
    「立派な男は自分で立つ!」

    妙に納得しました。

    ユーザーID:4215497690

  • 男のプライドを傷つけないよう振舞う

    タイトルのまんまですが、男の人はとにかくプライドが高いと思います。

    男の人ができないことをストレートに「なんでそのくらいできないの!?」というのはNG。じゃなくて、「〜できる男の人ってカッコいいなぁ!」と言われたら、「よ〜し、やってやろう」となるんじゃないかなぁ。(特に好きな彼女に。実体験です。)
    褒めて、うまく動かすんです(笑)

    男の人が道に迷っても人に尋ねないで、地図などで自力で探す人が多いですよね。あれもプライドでしょう。そこで女の人が探し出してはいけないんです。分かってても一緒に探すフリをしたり、それとなく導くのです。そしてあたかも男の人が自力で探した感じにする。そして褒める。それが男を立てるということかなぁ

    男を立てると、必然的に男は「彼女に頼られている」という満足感と、「俺がいないと駄目な彼女=可愛い」と思ってそうだし、女性にとってもお得だと思います。

    ユーザーID:8913938102

  • タイトルをきちんと読むと…

    「男を立てる」という話題になっていますけど、
    もともとは「俺を立ててくれる」という話でしたよね。
    私は純粋に「相手へのリスペクトを他人の前で示してくれる」ということだと理解しましたが。

    「男を立てるのが女としての筋」だからこの人はいい人なのだ、
    とはトピ主さんのご友人は言っていないように思います。
    集団の規律をきちんと守ることのできる人、ということで高く評価されているのではないでしょうか。(1対1の関係でも外からは一つの「集団」だと見ることができます。)

    たとえば、野球やサッカーの選手とかが、マスコミのインタビューのときに監督批判を声高に語ったり、試合のヒーローは自分だけかのように自慢するのは「監督を立てる」「チームメイトを立てる」の真逆でしょう。

    「相手を立てる」というのは、男女に限らずあるべきものだと思います。

    ユーザーID:9960727498

  • 良く考えると難しいですね。

    どなたかも書かれていましたが、シンプルに言えば「人前で恥をかかせない」ということだと思います。だから、状況や場面によって具体的な言動がどうって言うのは難しいけど、もし恋人やダンナさんなら、最低限、よっぽど気を許している相手でない限り、自分しか知らないような相手の良くない所や不満を言ったりしない、などでしょうか。杉田かおるが離婚騒動の際に相手が「歯槽膿漏で口が臭い」と暴露していましたが、こういうのが「立てる」の全く逆の例です。相手の男の人の価値観によって「自分が立てて貰っているかどうか」は変わってくるので、どういう行動が「立てる」ことになるのかは一言で言えませんよね。大半の女の人は好きな人に「大切にされたい」って思うと思うんですが、その男バージョンでしょうか。。

    ユーザーID:2135489704

  • 表舞台で

    活躍の場を与えてあげると言うことかな
    ともすると女性の方が気が利くのでついつい活躍の場を取ってしまいますよね
    それを気が利かない人(男性)にも活躍の場を分けてあげるというのに近いかな

    ユーザーID:1093163223

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧