• ホーム
  • 話題
  • 読売新聞夕刊の「川の光」読んでいた方(駄)

読売新聞夕刊の「川の光」読んでいた方(駄)

レス0
(トピ主0
お気に入り2

生活・身近な話題

はなはな

昔から物語や小説を読むのが好きです。(ただ、外国の物語や本ははあまり読んだ事がないのですが。)

「川の光」終わってしまいましたね。大好きでした。
その以前の「八日目の蝉」も毎回ドキドキしながら結末まで読んでいましたが、「川の光」は動物も視点から書かれた物語だったので、また違ってなかなか楽しみながら、夕刊が来るのを楽しみに待っていました。
タータとチッチとお父さんの三匹の安定の地を求めての冒険、途中色々な困難にぶつかりながらも、行く先々で新しい友達に出会ってそしてついに安住の住処にたどり着く、という話でしたが、特に私は最後の困難にあった時に「どうなってしまうのか、でも今まで困難な事があっても助かってきたんだから、絶対に助かって欲しいな」と心配したりしてました。

しばらくしたら、書籍化されるみたいですが、出来れば買ってみたいなと思っています。そこで皆さんにお聞きしたいのですが、今までの夕刊や朝刊に載っていた小説などでこれは面白かった、または書籍化されていてなかなかお勧めの話だというものはありますでしょうか。
情報がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3975922804

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数0

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧