食器用洗剤をすすがない!?

レス29
(トピ主1
お気に入り12

旅行・国内外の地域情報

なおっち

以前テレビで、牧瀬里穂さんがどこか外国に留学したときに
そこの国では食器を洗ったら、すすぎをせずにそのまま拭いて
片付けるとおっしゃっていましたが、それはどこの国なんでしょう?
また日本では「えっ!?」と言う外国の生活習慣などありましたら
ぜひ教えてください。(外国に行ったことがないので興味津々です)

ユーザーID:1197266318

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ニュージーランドで

    昔留学したニュージーランドでは
    シンクに水をためて洗剤をたらす→あわ立てる
    →皿を入れてその中で洗う→そのまま拭く
    という様式でした。

    ニュージーランドでは水が貴重で
    もったいないからという意図だった気がします。

    アメリカは食器洗い機が結構流通してるので
    機械ですすいでいるとは思いますが。

    ユーザーID:9672667715

  • オーストラリアでも。

    その番組、私も観ました。NHKの『いまから出直し英語塾』での会話だったように思います。
    イギリスに留学していた時の話をしていたように記憶していますが、彼女はいろんな国にプチ留学をしているようなので、もしかしたら私の記憶違いかも。
    私自身はオーストラリアのケアンズでホームステイの経験があります。ここでも洗剤をすすがなかったので驚きました。20代の若いカップルの家でした。私がお片づけ当番の時はこっそりすすぎましたが、最初の3回くらいでやめて、後はこの家の風習(?)に従うことにしました。慣れれば平気?かな??

    ユーザーID:9998810787

  • 私が知っているのは

    ニュージーランドですね。以前住んでいました。(で、主人がNZ人なんですが)手で食器を洗う場合はひじりさんも書いておられますが、シンクにお湯を張って、洗剤を入れてあわ立てて、そこで汚れた食器を洗って、水切りかごに入れて乾いたら戸棚へ。というパターンです。

    ただ、ニュージーランドは食洗機の普及率は多分日本より高いんじゃないかな?日本でまだ一般的でなかったころからどんなに古い家でも食洗機を見かけましたので、多分大丈夫(?)。
    ちなみに私がステイしたところで皿洗いを任されたときは、みんなが見てないときに水道水でこっそりすすいでおりました。

    ユーザーID:4619708230

  • すすがないところ結構あるみたいです

    トピ主さんこんにちは。
    比較文化トピ大好きです!

    私はオーストラリアに住んでいますが、オージーはすすがないのが普通です。
    ただ、食器洗い機が普及してますので、食器洗い機を使っている人は「すすいでる」ことになりますね...。

    夫(オージー)の実家では食器洗い機を使わないのですが、私がお皿を洗ってすすぐのをみてカルチャーショックを受けていました。

    昔、エアーズロックのキャンプツアーに行ったとき、スイス人の家族連れ、ドイツ人の若い人が何人か、オランダ人の女の子、が私以外のメンバーだったのですが、全員、すすがずに拭いてました。
    日本ではすすぐこと、オーストラリアに来た日本人は、オージーがすすがないのをみてカルチャーショックを受けることを話しましたが、彼らにすると
    「それが少数派」「すすぐ理由は?」という感じらしいです。

    色んな国のレスがつくといいですね。

    ユーザーID:9270554920

  • イギリス

    大原照子「少ないモノでゆたかに暮らす」という本の中にも書いてありました。
    イギリスでは、シンクにお湯をはって洗剤を溶かし、グラス、お皿、フライパンなどの順で洗い、泡がついたまま水切りかごへ。
    そのまま大判のふきんで拭き上げるそうです。
    ここのお宅だけかと思っていろいろ見たところ、どこでも同じようにしていたそうです。
    英国人は水を大切に使う気質なのだと書いてありました。

    ユーザーID:7485913870

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • イギリスでもそうですよ!

    アメリカ生活15年を終え、イギリスに住むこと半年ですが、食器を洗ったあとすすがない事を目撃したときは私も驚きました。
    流しに洗剤を入れた水を溜め、食器をその中で洗い、泡がついたままで水切りに置いてふきんでその泡をふき取ります。
    だから時々マグカップで紅茶を作ったりすると拭き残りの洗剤が原因で紅茶がちょっぴりあわあわになったりするとか。。。。オーストラリアも食器の洗い方は似ているみたいですよ。

    もちろん、家では主人にきちんと日本式?洗い方を教えて、しっかりすすぎをしてもらいますが、彼の実家に行ったときには、ちょっと食器を使うことに気がひけます(笑)
    でも、子供もお年よりも元気で暮らしているから、きっと問題ないのでしょうが。。。。

    あと、イギリス人は残り物を翌日に食べるってことをあまり好まないようです。日本だったらカレーとか翌日の方が美味しいって言いますよね?でも、こっちはその日に作った食材が残ったら捨てるって考えの人が多いですね。私は何も言わずに温め直して翌日に出しますが。。。習慣の違いって面白いですよね。

    ユーザーID:0383704258

  • カナダ

    バンクーバーのインド人家庭にホームステイした時、食器をちゃんとすすがず泡が残ったままだったのでびっくりしました。
    現地で知り合った日本人の子に聞いてみると、白人家庭でもそうだと、みんな言っていました。

    「お腹に洗剤が入って何が悪いの?お腹の中もvery clean でしょ」みたいな感覚らしいです。

    ユーザーID:6241366766

  • ドイツも多いみたいです。

    ドイツ在住です。
    夫の両親(ドイツ人)は、洗剤をすすがないで
    ふきんで拭き取るだけです。
    初めて見た時、とーってもびっくりしました。
    水がもったいないかららしいです。
    私はその習慣に慣れないので、きっちりと
    すすいでます。姑にはナイショです。(苦笑)

    ユーザーID:4187065196

  • ドイツもこいつも〜

    私の住む国ドイツでもそうです!

    最初はそのように洗うドイツ人の夫に「体に悪い!」と抗議したのですが「ドイツ人は皆そのように洗うけど、洗剤が理由で死んだ人はいない」と主張するので納得してしまいました。


    ただ、日本のようにスポンジに洗剤をつけて泡あわにして洗うのではなく、まずシンクに洗剤を少し入れ、水をためて洗うので、洗剤は水っぽく、濃度は低いのでそのまま乾かしても泡はすぐ重力で流れてしまうんですよね。

    この方法に慣れてしまうと、ゆすぐ手間が省けて楽なので、私も最近ではこの方法で洗っています!

    ユーザーID:6536017135

  • ずっと以前のトピで

    同じテーマのトピを読んで目からウロコ!
    大変興味深く読破しました!

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0106/027110.htm?o=0&r=1

    ユーザーID:4717770830

  • フランスも

    友人宅にディナーに呼ばれ、後片付けしているのをお喋りしながら見ていたら
    泡あわなままフキンでふいておしまい。
    す、すすがないの?と聞いたら「どうしてすすぐの?十分きれいになったじゃない」
    ・・・そういう問題では・・・

    フランス人全部がではなく、育てられた環境にもよると思うのですが、
    お風呂でもバスタブに泡をあわ立てて、入ったらすすがずタオルで拭いておしまいです。

    お化粧も化粧落としクリームでぬぐっておしまい。

    水が勿体無いという問題と、水に入っている石灰が問題らしいですね。

    私は髪を毎日洗うというと、痛むじゃない!ハゲちゃうわよ、と驚かれたこともあります。

    ユーザーID:0943177748

  • カナダもです

    カナダに住んでるドイツ人夫婦のおうちにホームステイしたときも、すすいでませんでした。
    「消毒になる」と言ってましたよ。
    そのくらいじゃ死なない死なない、と思いながらも、お皿に残ったソースやなんかは最後まできれいに食べられませんでした・・・成分が混じってそうで。

    ユーザーID:6528797908

  • アメリカ、カナダ

    アメリカやカナダの食器用洗剤のコマーシャルも、洗剤水で洗って、ふきんでふき取るものが多いですよ
    洗剤水はふき取るので問題ないという考えらしいです

    ユーザーID:7532030850

  • うわ〜。

    すでに、レスがでていますが、オーストラリアではそうでした。

    わたしは、留学していて、ホストファミリーの家にお世話になっていたのですが、こればっかりは慣れることができませんでした。

    自分でお水やコーヒーを入れて飲むときは、コッソリとすすいでから、飲んでました。

    でもある時、見つかってしまい、非常に気まずい思いをしました(汗)。

    あ、あと驚いた生活習慣は、食べ終わったら、フォーク、ナイフ、スプーンは、縦に置くことです。これは、すぐ慣れましたが、、、。

    ユーザーID:1713031036

  • フランスも。

    フランス在住ですが、ここでも泡が付いたままです。
    ニュージーランドやオーストラリアにも住みましたが、この文化だけはいつまで経っても慣れません。

    ユーザーID:3488750001

  • アメリカでも!

    食洗機が一般普及するまでは、米国でも食器洗剤を泡が付いたまま拭いてたそうですよ。
    どうも?水資源が豊富な国(日本)以外、一般的に行われてる事と・・・

    お風呂でも髪は洗う時にすすぐけど、身体はその時に流れるお湯以外にすすぐ事は無いそうです。
    考えてみれば、旧式のテレフォン型シャワー以外で、アメリカのバスタブに「取り外しの利くシャワーヘッド」って、まず稀ですよね(笑)
    (大抵が、取り付けてあって外せないのが一般的)

    泡風呂で身体を洗い、そのままバスローブを羽織り出てくるのも普通ですし、小さな子供を15cm程度お湯を張ったバスタブで、身体と頭を洗い、頭から一度だけお湯をかけ、入浴終了!ってパターンも・・・
    「お尻は泡だらけだよ!」と、いつも友人(アメリカ人)を見てて思います。
    でもこの方法は、開拓時代から普通にアメリカでは行われてる事だとか?

    米国友人曰く「石鹸かぶれは起こさないけど、水かぶれはあるわね」と、石鹸成分よりも、硬質の水の方が人体に悪いと、言い切ります。
    「日本人は世界イチ清潔好きだから」と半ば呆れられましたが、私は日本人で良かったと思いますね。

    ユーザーID:7318900785

  • 日本のやり方の方が特殊

     題名の通りです。我が子のドイツ現地幼稚園では、自分の食べた食器を、洗剤の入った水の中に入れ、ブラシでこすり、そのまま乾かしています。屋台のビール屋さんでは、洗剤入りの水にくぐらすだけ。そんなもんです。

    ユーザーID:7618172332

  • 日本ではできない

    外国で洗剤を濯がないという話をよく聞きます。

    でも、日本ではそんなことしちゃいけないですよね。

    何でかというと外国では初期用洗剤は
    食品衛生法の基準が厳しく
    「口に入れても安全な物」で作られているからです。

    日本のように、商品の裏に
    「間違って飲んだ場合は速やかに病院へ」
    なんてことはあり得ません。

    わたしたちが泡立ち泡切れ油落ちの良さだけを追求したから
    こんな商品を作るようになってしまったのだから
    わたしたちも反省するべき点は多いですね。

    ユーザーID:1801770682

  • アメリカ人の中にもそういう風に洗う人いますよ。

    数年前、キルト作りを習っていたとき、先生のいなかの別荘で合宿をしました。そのとき、食事は先生のお母さんが作ってくださって、後片付けは順番に自分達でしましたがその中の二人は、ゆすぎませんでしたね。タブにお湯を張って洗剤を溶かし、その中で洗って、ゆすがずに水切り籠に移しておしまいでした。

    これとは別の例ですが、アメリカ人の友達は洗剤を溶かしたお湯で洗ったあと、右手で蛇口の栓を操作しながら左手で皿を持ち、ほんの申し訳のようにチョロ、チョロッと水をかけておしまいでした。

    元々食器洗い機も、家事労働の軽減というよりも、水を節約すること、当時普及し始めたディナーセットの食器が割れてしまわないようにという要求から開発されたと聞きました。

    日本人に比べると、全般的にお水を大切に使っている様に感じます。

    洗剤もスポンジに直接つけて洗うよりは、薄めて使った方が少ない量でたくさん洗えますね。

    ユーザーID:2917778202

  • 成分の違い?

    アメリカと日本の食器用洗剤はそもそもかなり成分が違うと聞いた事があります。

    アメリカの洗剤は成分が弱いのか手も洗えるので手洗い石鹸が切れてるときなんて食器用洗剤で手を洗ったりしますけど、知らないで日本でそれをやったらものすごくビックリされましたし「そんなことしたら手が荒れちゃうよ!」って注意されました。友人が日本に行ったときに食器用洗剤で手があれて仕方がないというので洗剤を送った事があります。

    身体にあまり害が無いのであまり熱心にすすがないのかなって思います。もちろんアメリカ人もヨーロッパ人も身体に悪いとなったら熱心にすすぐんでしょうけど。でも身体に悪いもので食器を洗うっていうのがそもそも不思議だったりする???

    ユーザーID:5844529418

  • ありがとうございます

    洗剤を洗い流さない国がそんなにあるなんてビックリしました〜!
    こんなにいろいろな国の人がすすがないってことは
    逆に日本人がおかしいの?と錯覚してきてしまいました。
    こちらではヨーロッパ、アメリカなどでしたが、アジアではどうなんでしょうね?外国の食器洗剤のCM見てみたいですねぇ。

    外国に行ったことがない私ですが、行ってみたい様な行きたくないような
    ふしぎな気持ちです。
    いろいろなお話が聞けて楽しかったです。
    レスくださったみなさん、ありがとうございました!

    ユーザーID:1197266318

  • オージーすすぎませんね

    以前、主人(アメリカ人)が日本で暮らしていたときのルームメイト(オーストラリア人)はすすぎませんでした。部屋も汚いし、だらしない人だったのですすがないのかと思っていたんですが、その後オーストラリアではすすがない人が多いと知りました。
    そして、アメリカでもすすがない人が多いと知り、その話を義母(生まれも育ちもアメリカ北東部の田舎。すすぎます)にしたら、「そんな話聞いたことも無いわ!本当にそんな人、アメリカにいるの?じゃあ、その人たちは、食洗機にはすすぎがあることをどう思っているのかしら」と言ってました。
    義母みたいな人もいるようです。

    ユーザーID:7321464940

  • 摩訶不思議

    そもそも洗剤の成分が違うのと、「清潔」に対する意識の違いもあるのでしょう。
    日本人ほど清潔好きな人達はいないですからね。
    同じようなことで、例えばフランス人に「どのくらいの頻度で風呂に入りますか?」という質問をすれば、多分かなりの日本人はびっくりでしょう。

    それが良いか悪いかは別の話。
    気候も文化も違いますからね。

    面白いのは「お金を拾ったら警察に届けるか?」という話題。
    アラブ人、ロシア人、スペイン人の方々との話の中で日本人女性が届けるという話をしたところ、「ナイーブ過ぎる」「どうして警察が信用できる?」という意見が大半だったそうです。

    個人的に「さすが!!」と思ったのは、韓国の「キムチ冷蔵庫」でしょうか。
    そして「これは・・・ないぜ」と思ったのが、「緑茶に砂糖を入れる」。
    うーん、理由を聞いておけばよかった。

    ユーザーID:4637631126

  • 洗剤以外の話題、、、良いですか?

    >日本では「えっ!?』という外国の生活習慣などありましたら教えてください

    とのことですので、洗剤以外の話題として、、、

    アメリカの家庭では(訪問者がいる、パーティーをしてる、等の特別な状況以外のまったくふつうの時)トイレに入る時は、トイレの戸は閉めませんねぇ。

    私もそれにすっかり慣れて、家では(家族のみが居てる時)戸をしめずに用をたします。

    どうでしょうか、驚いていただけましたか??

    ユーザーID:0919189003

  • 聞いたことありませんが…

    北米在住さんの義母様と同様、アメリカではすすがないなんて聞いたことありません。

    家族同士でキャンプに行ったり一緒に食事をしたりしても、みんな徹底的に洗い、すすぎをします。もちろん食器洗い機に頼ることがほとんどですが、上等な食器類を使うときは手で洗いますから。

    人生半分以上こちらですが、食器類すすがない人にお目にかかったことはありません。(あっ、昔、1人だけいました。彼女は日本人でした! チョロチョロと頼りない水道の水で洗う人でした。) (お風呂ですすがない人はアメリカ人でも知っていますが…)

    アメリカ夫もそんなの、気持ち悪い、聞いたことも無いよ、と言っておりました。でも、オーストラリアや欧州では普通なんですね。知らなんだ。

    ユーザーID:9438827036

  • イギリスですが

    どんな成分を使っていようと洗剤ですし、毎度の食事に関わることですから、
    身体にいいわけないですよ〜
    それに洗剤の匂いも食べ物に残ってしまいます。
    まな板ですら、洗剤ふきかけてスポンジでぬぐうって程度ですから、こっち式では。
    私は日本式にしっかり洗い、しっかりすすいでいます。

    節水のため、というわけでもないと思います。
    確かに昔はそうだったかもしれないけど、現代じゃこっちの人だって、
    シャワーだお風呂だ庭の水まきだ庭のプールだバスだと、
    水をバンバン使うライフスタイルになっていってますから。

    洗剤を流さないのは、お風呂のときにヌルヌルのまま出てきちゃうのと同様、
    天然の状態より、加工品・工業製品等とにかく手を加えたもののほうを良しとする
    西洋的思考のなせるわざじゃないかと思っています。

    でも、食品添加物の規制だって厳しくなっているし、オーガニック流行りでもあるし、
    そのうち「洗剤はすすごう!」キャンペーンも起こってこないかなと
    ひそかに期待しているのですが。

    ユーザーID:3251945762

  • まさにその光景

    オーストラリアにホームステイ留学をしていました。濯がず、拭いていた時ありました。あれが一般だったのかは解りませんが、全てではないと思います。

    ユーザーID:8753905299

  • フランスでは

    先ほどレスした者ですが、驚く生活習慣と言えば、フランスのほとんどの家庭では食器用スポンジで何でも拭いちゃいます。
    テーブルはもちろん。テラスにほったらかしにしてホコリだらけのテーブルや椅子も食器用スポンジで。
    窓のサッシもスポンジで。
    おまけに土足の床のちょっとした汚れもスポンジで。
    もちろん同じスポンジで食器を洗います。
    そして洗剤は洗い流さない。

    息子のオモチャを義母が洗ってくれたのですが、それももちろん濯いでいなくて泡だらけのままでした。
    (それを布巾で拭くだけ)
    離乳食を始めたばっかりの息子の食器も、そのスポンジで洗われた時は、こっそり洗いなおしました。
    そんな汚いスポンジ使うなら手で洗った方がマシです。

    成分が日本と違うとか、そんな事ないと思いますよ。
    それどころか、匂いはきついし、本当に体に毒々しいといつも思っています。

    ユーザーID:3488750001

  • デンマーク

    主人の故郷に行った時 水で濯いでる私に義父から洗い方を伝授されました
    食洗機では水洗いされているのでしょうが 手で洗う場合 濯ぎません
    溜めた洗剤入りお湯の中で洗い お皿等を立掛けて 泡がきれたら汚れも総て落ちたって意識らしいです
    (日本では考えられない量のバターを使った料理のお皿を纏めて洗った洗剤水ですよ!!!
     その量のバターが綺麗に取ってしまう洗剤が 身体に悪くない成分を持ってるとは 考えられません)
    カトラリーは水垢が付いてしまうと見た目に汚いので 洗剤水から引き上げた後 ピカピカに磨き上げ仕舞われてました
    水が硬水と軟水という違いもあり 水垢が付き易い事も原因なのでしょうか?

    それからは 如何に彼の眼を盗んで私がささっと食器を洗うかが 私の主題と化しました
    だって スープを食べる際には 洗剤を飲んでるんだ って意識が私の頭から離れませんもん

    海外旅行に日本人が団体で行くと ホテルの水圧が低くなって各室の水が出辛くなるって云われる程 
    水をゾンザイに使う日本人も悪いんでしょうけどね

    ユーザーID:2353882455

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧