最初に「お」がつく違和感のある言葉

レス118
(トピ主3
お気に入り32

生活・身近な話題

椎名

「お抹茶」とか「お習い事」なんでもかんでも「お」を付けて違和感を覚えます。
「お」を付けたがると言う事は、上品に言いたいのでしょうか?
けれど残念ながら、私には上品に感じ取れません。
もともと「お」で上品づけさせるような言葉ではないので、実際に発音したら
「抹茶」だという単語が理解できるものでしょうか?
実際にそれで「え?何を言っているの?」とわからない時がありました。
私の考え、おかしいでしょうか?

ユーザーID:6982274237

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数118

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 習慣かなぁ

    「お抹茶」に違和感ありません。もっとも、わたしは普段は「お薄」と言っています。
    「お茶」も使いますが「おぶ」も使っています。

    おうどん、お蕎麦、お豆腐、お粥、などなど子供の頃から「お」が付くのが当たり前の言葉がたくさんあって、つけないと呼び捨てみたいで気持ち悪いです。上品とかどうかじゃなく身に付いた習慣、方言に近いかもしれません。
    「お好み焼」なんて「好み焼き」じゃ絶対通じないし。

    そうそう、「お」が付くものも多いけど、「さん」や「ちゃん」が付くものもいっぱいあります。今は関西ではない地方で住んでますが、時々突っ込まれたり話のネタされますね、地域差は面白いですよ。

    こういうものは、生れ育った地域や家庭環境(親の話す言葉使いなど)が大きいのではないでしょうか?

    ユーザーID:6591314351

  • おみおつけは好きです。

    まさにそんな経験をしました。
    知人が「おりんご」といった時はなかなか理解できず、何度も聞き返してしまいました。

    「お習い事」は初耳です。(笑) なんかもう滑稽ですら‥

    トピ主さんと同じで「お」を多用する人には、申し訳ないけど品も教養も感じられないです。

    「お大根」「おビール」「お給食」「お教室」「おぜんざい」、幼稚園じゃあるまいし勘弁して欲しいです。

    ユーザーID:4240174081

  • そうですね

    「お着物」

     と

    「おビール」


    とりあえずこの2つを・・。

    ユーザーID:3835010335

  • 子供の卒園した園では

    おしゃがみ。
    何のことと思ったら、しゃがんで座るということ。
    理解できませんでした。

    ユーザーID:6444925307

  • カタカナに「お」が違和感

    「おビール」「おトイレ」「おリボン」など。

    横になりますが、もっと気になるのが必要ない(と私は思う)「さん」です。
    「夫さん」「彼女さん」
    丁寧に?やさしげに?言いたいのかなと思うのですが、最近増えてきて気になります〜。

    ユーザーID:2469529516

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お取寄せ

    自分がする行為なのになぜ「お」取り寄せと言うのか。

    普通に「取り寄せた商品〜」でいいと思います。

    ユーザーID:9743876325

  • 関西出身さんに同意

    「おうどん」「お抹茶」「お醤油」「おまめさん」「お大根」「おぜんざい」「おざぶとん」などは、方言(?)だと思っています。
    普通に使います。
    「おビール」はおかしいですね…。

    ユーザーID:0710973034

  • 「お」や「ご」の多用はかえって下品

    ・・・とマナーブックにありました。
    それを読んでから「お」「ご」の多用が気になりだしました。
    自分を上品に見せるのと、相手を敬う意味合いで使っているようですが、その使い方がかなりおかしい。
    「お通帳とご印鑑」「ご通知をお送りさせて頂きます」などなど、聞いていてこちらが恥ずかしくなるような言い回しもあります。
    究極は自分のすることに「お」を付けること。電話した相手が不在の時、電話に出た人に「お電話があったことをお伝えください」と言っていました。「ご確認させていただきます」というのも「?」と感じます。
    思うに「お」や「ご」を多用する人は、正しい敬語や謙譲語の使い方を知らないから、テキトーに「お」を付けときゃそれらしく聞こえるわ、とごまかしてるんじゃないでしょうか。逆に知性のなさをひけらかしているようで本当に下品に聞こえます。

    ユーザーID:6923700775

  • おけつ

    おケツ

    「お」がついて丁寧になったようで
    実はなってない
    所詮ケツ。なところがおもしろい

    お習い事は、初耳です
    おなら・いごと
    なんか逆に下品

    こんな発想ばかりの私って・・・

    ユーザーID:6306956470

  • 3才の息子

    大好きな100円回転すし「スシロー」を
    「おすしロー」と呼んでいます。
    ほほえましいので?家族みんなで「おすしロー」と呼んでます。
    いつか大きくなって「スシローじゃねえか!」と気づくのを
    楽しみにしたりして♪

    ユーザーID:0217195062

  • とある通販サイトの購入者レビューで

    「このバッグのお色はとても上品で〜」
    「楽しみにしていたお品なので〜」

    背中が痒くなりました。

    ユーザーID:5440496393

  • 子供がいるお母さんに多い気がします

    友人数名に共通することなのですが、子供を産んだとたんにやたらと名詞に「お」をつけるようになりました。
    教育上の観点から、丁寧な話し方を心がけるようになったからではないでしょうか。そんな友人の一人が、自分の友人の事を「お友達」と言った時には混乱しました。一瞬私の友人の話かと思いましたが、よく聞くと彼女自身の友人の話でした。

    確かに何でもかんでも「お」をつけたり、必要以上にへりくだった話し方には違和感があります。
    ただ、人によって大切であったり好きだったりと意味の大きいものには「お」をつける場合はOKだと思います。
    抹茶が大好きなら「お抹茶」と言うかもしれないし。

    後、自分でも不思議なのですが、お金の事を「金(かね)」と言う人いますよね。割と上品そうな人の中にも(女性も)。私は何となくそれに違和感があるのですが、「カネ」を「オカネ」と言ったら、カネが好きな人のようで「カネ」と言い捨てて言うのでしょうか?もし分かる人がいらっしゃいましたら教えて下さい。

    ユーザーID:0946752028

  • おぞうきん

    私も関西出身のせいか、つい習慣で「お」がつき、名詞の後に「さん」がついています。
    特に食べ物系には「お」は大抵つけている気がします。
    「さん」がつくのは、「お芋さん」「おかぶさん」「飴ちゃん」などが代表的でしょうか。
    年配の人が言っていたのを聞き覚えた感じなので、「お習い事」「お教室」「お給食」「おトイレ」は言わなかったですが…。

    タイトルの「おぞうきん」は、同じく関西の人に「なんでぞうきんに『お』つけるねん!」と言われましたが、家では普通に使ってました。

    決して上品ぶっているのではなく、名詞の一部として使っている地域もあるように思います。

    ユーザーID:8190199037

  • 同じようなトピが

    以前にもありましたね。
    その時の結論?ではないですが、多くの意見として
    カタカナ語に「お」を付けるのはおかしいとありました。

     ○ お抹茶、おうどん、お稽古事、等
     × おビール、おスーツ、等

    私は関西出身ですが、「お」をつけることで上品づける訳ではなく、
    子供の頃から自然に使ってきた言葉です。
    おみかん、お大根、おりんご、お洗濯、お玄関…
    違和感ないですねぇ。

    ユーザーID:4979717312

  • 場合によって変えてます。

    私は「お布団」「お味噌汁」と言った時に丁寧すぎだといって笑われたことがあります。
    でも他の女の子が「肉」「腹」と言うのを聞くと粗野な印象をうけて気になります。
    笑われたときに唯一私と同意見だった子は
    「おてて」「おめめ」さらには「おスプーン」と言うので余計に自信が・・・

    それでも「お習い事」は違和感が。
    上品よりもむしろ頑張って気取っている印象をうけますね。
    粗野とかの問題ではなくて。

    あと、余計かもしれませんが
    「医者に行く」よりも
    「お医者さんに行く」の方が柔らかい印象をうけます。
    これは私が子どもっぽいだけでしょうか・・・?

    ユーザーID:9420253021

  • 友人にひとりいます。

    「コーヒー」を「おコーヒー」と言う友人がいます。
    真顔で言うので、私は会話の途中でいつも「?」となり、話に集中出来なくなってしまいます。
    お金の使い方や暮らし方など価値観の違いにも気がつき最近は会わなくなりました。

    ユーザーID:3936331322

  • あります、あります

    お抹茶は違和感ありませんけれど、いやなのが「お紅茶」!「おトイレ」「おソース」も聞いてて、おかしな感じですね。こどもが何回教えても「おトイレ」と覚えてしまってなおりません。といっても「お手洗い」とおしえているのですが、これも変なのかしら(笑)。

    ユーザーID:4483248062

  • お胸

    エアロビクスの先生が、指導中になんでも「お」をつけてました。「お腕伸ばしてー」とか「これはお背中に効きますよー」とか。でも「お胸」だけはどうしても気持ち悪くて、それをきっかけに先生の全てが嫌になり、エアロビクスレッスンをやめてしまいました。
    ほかの場面なら許せたかも・・。でもノリノリの音楽に合わせて動いてる時に言われたから、なんだかモゾモゾしましたよ。

    ユーザーID:2635042191

  • 駄ですが

    「おフランス」


    ベルバラの世界を連想します。。。

    ユーザーID:0347518976

  • マナー教室では

    ・外来語(カタカナ言葉)には「お」をつけてはならない。
    ×おトイレ
    ○御手洗い

    ・自分発・自分側のものに「お」をつけてはならない。
    自分が習っている場合
    ×お習い事(聞いたことないけど)
    ○習い事・稽古事
    人が習っている場合
    ×習い事
    ○お稽古事

    抹茶も立てていただいたなら「お抹茶」でいいのでは?

    ユーザーID:2856539938

  • よく似たものだけけどつけるものとつけないもの

    お手洗いは一般的ですが、おトイレは変
    お茶は問題ないけれど、お紅茶はだめ
    お汁粉は言うけれど、おぜんざいは???

    お薄、お濃茶とは言うけれど、お抹茶とはいいませんね。

    ユーザーID:2024042578

  • 以前

    建築関係の会社で働いていた頃、お客様に対して土地の話をする際に

    「お土地は〜?」と話すのが苦痛でなりませんでした。

    お客様も耳慣れない言葉なせいか、よく聞き返されました。



    母は、「おトイレ」という言葉が嫌いで堪らないと言っていました。

    「『音を入れ』に行く訳じゃない!小のほうだ!」と…。なんじゃそら。

    ユーザーID:5969508586

  • やっぱり…

    それは、「お習い事」でしょう。
    声にだすと「おならいごと」

    私がこの言葉をネットで知った後、周り10人くらいに聞いてみたところ
    みんな知りませんでした。
    そして必ずみんな「おなら…?」と発言します。
    「お稽古事」はいいけど「お習い事」は、ないでしょう…。(変換できないし)
    それから「お粉」これは変換できるけど聞いていたらむずむずしてしまいます。
    「おビール」も聴いた瞬間「お水のおねえちゃん」か「きどったマダム」
    が浮かんできます。

    ユーザーID:1519977400

  • 間違ってないのかもしれないけど

    「お教室」「お紅茶」。
    若いママ向けファッション誌では、当然のように使われています。

    「お教室の後のランチに…」「普段使いのお紅茶」など。
    幼稚園受験ママ経験者が子どもに使っていた言葉から、
    応用されたのか、私の子どものころにはなかった言葉使いです。

    以前他の育児系HPで“ヘン”と書いたら全く賛同されませんでした。

    ただ、ビールのように外来語やカタカナ語に「お」をつけるのは明らかに
    間違いですよね?

    ユーザーID:6792298844

  • なんにでも「お」を付ける人

    本当に何がなんでも何に対しても「お」を付ける人、知ってます。
    お御馳走だとかお御飯だとか、既に「御」が付いている物にまで、これでもかと「お」を付けられるとムズムズします。
    彼女が物体の全てに「お」を付けるのは、それが品の良いことだと信じているかららしいのですが、モノによっては「お」を付けるとウケてしまう(「おオムライス」とか)ので、その度に噴出すのを堪えている私の身にもなってほしいです(笑)。

    ユーザーID:1548170879

  • カマボコ

     高級なカマボコに「御蒲鉾」と書いてあると「オカマボコ?」と不思議な気持ちになります。

    ユーザーID:7366626176

  • 食べものにはつけます

    「お抹茶」には違和感はありません。
    「お習い事」はちょっと変に感じます。
    「お着物」「お大根」「おぜんざい」「おりんご」「お紅茶」には違和感は全然ありません。普通に使う言葉です。
    でもカタカナのつく「おビール」「おコーヒー」は何故か違和感があり、使いません。

    むかし、ある有名な方が、「(病気が)およろしくなられた」と話しておられるのをテレビで観てびっくりしたことを思い出しました。

    ユーザーID:1831672705

  • たまに思うのが…

    女性のグルメリポーターや、料理番組に出てくる女優さんが言う、
    「とっても上品なお味で…」
    が、なんとも居心地が悪いです。
    「お味」って?
    有りなんでしょうか…?

    ユーザーID:4867274600

  • 私も関西です

    今、レス5本を拝見して、私の感覚では、
    ○:おうどん、お蕎麦、お豆腐、お粥、お好み焼き、おぜんざい、おトイレ
    ×:お習い事、お大根、おビール、お給食、お教室、おしゃがみ
    △(自分は使わないが違和感は無し):お抹茶、おぶ、おりんご、お着物、おリボン

    「おビール」は水商売の雰囲気がします。
    「お車」という言い方は日常では全く使いませんが、飲食店などで「お車が参りました。」とか耳にします。

    関西出身者さんのおっしゃるとおり、地域性もありますよね。
    関西人の私は、飴をアメちゃんというので、主人に笑われました。
    他の果物に「お」を付けることはありませんが、みかんにだけは「お」を付けて「おみかん」と言います。
    いなり寿司は「おいなりさん」です。

    ユーザーID:4606274501

  • そりゃあ

    「お受験」、「お時間」、「お教室」!
    普通に「受験」、「時間」「教室」
    でいいじゃないかぁ!!と思っていました(笑)

    ユーザーID:8705343237

  • 「お」をつけている言葉あります・・・

    「お習い事」「おビール」は違和感を感じますが。

    「お抹茶」「お薄」「お濃茶」
    「お花」「お水」「お道具」
    「お稽古」「お教室」「お手本」・・・
    これらはわりと使っているかも。

    上品づけようというつもりで言っている訳ではないですが、しいて言えば失礼のないように、という気持ちはあるかもしれません。
    「お抹茶」ならそれを点てて下さった方に、「お教室」ならそれを開いて下さっている先生に、かな。
    うーーん、耳障りでしょうか・・・?どうしよう・・・。

    ユーザーID:3324911419

  • お抹茶は平気

    幼稚園で使っていた「お砂場」「お滑り台」なんかも、まぁ・・・許せる? 笑
    一番変なのは お店で(化粧品屋さんなど)で
    「お名前様は?」と聞かれるは背筋がオゾゾ っと来る程嫌いです

    「お稽古事」とは言うけど「お習い事」と言うのははじめて聞きました
    「おビール」は・・・なんかお仕事っぽい感じですね

    ユーザーID:6045374599

  • 『お』が付くと別な意味?

    何となく意味合いが違いますよね、『受験』と『お受験』。

    ユーザーID:7456470216

  • 言葉を丁寧に使う友人の言葉

    言葉を丁寧に使おうとする友人の一言。
    「もうすぐ、三月三日、『お節句』も近いね〜。」
    と、聞いたとき返す言葉もなく・・・違和感ありまくりました。

    トピ主さんの感覚、よくわかります。

    ユーザーID:0569279697

  • いますねぇ

    私の友人でも必要以上に「お」をつける人います!
    中でもキモチワルイと思ったのは「おじゃこ」
    「おいしいおじゃこ頂いたの〜」って言うから
    何のことかと思って聞き返したら
    「雑魚(じゃこ)」のことでした。
    この言い方は一般的なのかなぁ
    私は初耳だったのでド肝を抜かれたのですが。。。

    ユーザーID:7336763664

  • そう思われてたことを知ってちょっとショックです。

    お抹茶普通に使ってました。違和感も何もなかったです。
    私自身は、あれ(抹茶)の名前だと思ってました。今まで、上品のためとか、丁寧にとか考えたこともなかったです。
    同様に、お魚、お豆腐、お布団、お茶碗、お茶、おはし、お湯呑、お皿、日常生活で小さな頃から使うものはほとんど「おもちゃ」のように「お」がついている名前のものだと思っていました。
    おリンゴも、おミカンも普通に使います。
    決して上品な家庭で育ったわけでもありません(「お馬さん見に行く」と言えば競馬場のような、どちらかというと・・・な家庭です)。
    ただ、親の影響で、普段「お」のついた言葉使うことが多いです。
    普段「おナスの焚いたの」や「お魚やいとこ」、「おうどんで良いか」など、「お」のつく言葉を、上品と言うこと意識する事なく使ってます。
    周りから、上品に見られたいから「お」をつけてると思われてたのかと思うと、ちょっとショックです。

    これから、正しい日本語を使えるようにして、上品ぶってると思われないよう頑張ろうと思います。

    ユーザーID:8608215714

  • ありますよね。

    一番おかしいなーと思ったのが「おサイズ」です。
    何かのテレビでセレブな母娘の特集をやっていて、洋服を選ぶ際に店員さんが「○○さま(娘)のおサイズは全て把握しておりますので」と言っていました。
    あと、一般的に使われていますが、「お電話」はOKですが「お電話番号」はNGなんですよねー。
    マナー研修で習いました。

    ユーザーID:8710948595

  • 私も関西出身さんに同意。

    お大根(おだい)、おネギ、お豆腐(おとふ)、お抹茶、お茶、
    お米、おぜんざい。 普通に使います。

    京都どす さんが書かれているように
    おざぶとん(おざぶ)、おまめさん、とか。

    優しくて好きです。

    地域性もありますから
    一概に上品に言いたいからだとは言い切れないと思いますよ。
    関西弁のアクセントで読むと普通の言葉に読み取れるし。

    夫も関西出身で、今は東海地方に引っ越してきたので
    時々なつかしくて意識して使ってしまいます。

    でも「お習い事」「お給食」は聞いたことがないなあ。
    「お習い事」と言うなら、どちらかというと「お教室」かな?

    「おビール」「お着物」「お洋服」は、お店の方が使われるのなら
    違和感ないです。

    「お取り寄せ」は関西弁とは関係ない最近の言葉のようなので
    よくわかりません。どうなのかな?

    ユーザーID:6262104774

  • 丁寧なんだか違うんだか・・・ 笑

    友人が、「綺麗な日本語を身につける!」と
    上品な言葉で会話するようにやたら気をつけていましたが・・・


    チョット気が抜けちゃったんでしょうね

    「昨日、おじゃがいも食ってさ〜」

    ・・・・ん????なんだかなぁ


    じゃがいもに「お」をつけるのにかなりの疑問でしたが
    その次の「食って」にも違和感 苦笑

    丁寧なんだか違うんだか・・・
    それだったら「じゃがいも食べてね・・・」の方が
    よっぽどいいのにと思ったエピソードがありました

    ユーザーID:1288592567

  • おレスいたします

    私の勤める会社の女性が「お名前様」という言葉を使います。
    電話応対などで「お客様、お名前様を教えていただけますか?」という具合です。
    なんとも違和感があり気持ち悪いです(あ、でもこれは「様」が変なのかも…と書きながら気付きました)。

    他にも、お酢、おソース、お電卓、お金庫、お鍵、おコーヒー、お灰皿、お袋(お母さんの意味のオフクロではなく、紙袋のこと)、お封筒、お切手、おゴミ…これもその女性との会話の中で出てきた言葉です。
    毎日聞いているので、慣れて自分も使い出してしまうのではないかと心配しています。

    ユーザーID:4270621762

  • 私だけじゃなかったんですね

    トピ主さんのいうことがよくわかります。
    私はテレビの料理番組で料理の先生と女優さんが「お酢」「お酢」
    と連発していたとき私の頭の中はなぜか「オス、メス」の言葉がこだまして
    おりました。
    それって普通なの?上品?品格?格式?
    訳ワカンネーってかんじですよね。

    ユーザーID:8332165956

  • 関東に多い

    関西から関東に転勤になった時にやたら「お」を前につける事に違和感を覚えました。ただ、「お」をつけた方がいいものもありますから、一概には言えませんが、気になったモノは

    ●おかぼちゃ
    ●おうち(相手の家ではなく自分の家を言う時)
    ●お受験(今ではもう定着しましたが、では「お試験」も同様では?と思う)
    ●箱の「お裏」(あるお店で「箱のお裏に詳しく書いてます」と言われた)


    などなど。まだ一杯ありますけど、今はこれしか思い出せません。「お」の乱用はかえって失笑されます。でも他人が好きで使う事ですから、ここで言っても駄目でしょう。

    ユーザーID:8548608754

  • 写真は写真でも

    さっき病院でレントゲン撮ってきました。
    撮り終わったら技師さんが、

    「お写真のほう、確認しますので、お待ちください。」

    ・・・・確かに「患者さんの内臓」の写った写真ですから、まあ、気持ちはわかるんですけど、
    内蔵のレントゲン写真にまで「お」を付けてくださらなくてもいいのに〜

    ちなみに、この「お」は、敬語の勉強を始めた小学生が混乱しやすいところの

    「丁寧語の「お」」ではなく「尊敬語の「お」」

    ですよね。
    持ち上げられて、素直に喜んでおきます(笑)

    ユーザーID:9310020152

  • カタカナ

    食べ物に「お」がつくのは、違和感のない場合が多いです。
    お米、お粥、お餅、お雑煮、お刺身、お菓子、お団子、お赤飯、お水、お茶、お抹茶…違和感がありません。
    でも、カタカナの食べ物に「お」がつくのは、違和感があります。
    おピラフ、おステーキ、おケーキ、おコーヒー、おビール…

    トピずれですが、ビールに「お」がつくかつかないかで、ビールの値段が違うと聞いたことがあります。「おビールどうぞ(微笑)」と出されたら「ビールお待ちっす!」と出す店の3倍とられるとか(?)

    ユーザーID:0950020669

  • お食事券

    汚職事件に聞こえる

    ユーザーID:0334534125

  • >小学生みたいな発想さん

    横で失礼します。
    うちの会社(部署)でもおケツって使うんですよ。
    「この日がおケツだから、逆算して…」って
    「締切日」という意味で使うんですが、若い女性社員が使うとつい笑ってしまいます。

    そういえば、「ハラが減ったので、メシを食いに行こう」
    「おハラが減ったので、おメシを食いに」とは言いませんね。

    ユーザーID:6483753927

  • 丁寧なのは良いけれど

    私が通っていた女子大は、育ちの良い方も多く、その方々が使う丁寧な言葉遣いは、良い勉強になりました。

    ですが、どうしても、「お土瓶」だけは慣れる事ができませんでした。

    ユーザーID:5101786280

  • 少しズレますが・・

    「お紅茶」がどうもしっくりきません。

    でもおトイレやお布団等は子どもの頃から名詞として使って
    きているので違和感はありません。

    気になるのは、私は関西人なのですが、おうどんのつゆを
    「おつゆ」と言いますが、よく聞くのに「しる」と言う人が
    いますよね。あれがとても違和感があってしっくりきません。

    どんなにチャントした人でも「しる」なんて言われると
    引いてしまいます。

    ユーザーID:1435235813

  • 京都出身ですが

    他の方も書いておられるように方言、習慣のものが多いですね。

    今子どもが小さくてなんでも「これなぁに?」と聞いてきますが、とにかく自分の口から出る言葉は自然と「お」がついていたり「さん」「ちゃん」がついていたりするんですよね。

    「お抹茶」なんて普通です。実家では「おうす」と呼びますが。「お餅」「おりんご」「おみかん」「おやかん」「おみそしる」。。味噌汁については、CMでも「おみそしるなら、○○園」と昔やってたので、そうそう違和感ないと思うんですが(笑)年がバレますかね。

    ただ、他の方のレスにもありましたが、「お色」「お品」などに加え
    「お粉」というのも違和感です。「お粉」は、化粧品のパウダーのことかと思ってましたが、最近お菓子作りなどで小麦粉などをさして「お粉」と言われるのも目にしてそれはすごい違和感でした。あと、「お迎え」など、幼稚園の子どもを迎えに行くことをいうのも違和感ですが、子どものおられる方々にはもう普通の言葉のようです。「お教室」もその類ではないでしょうか。

    ユーザーID:0263811951

  • びっくり〜

    おトイレって普通〜〜に使ってたのでびっくりしました。

    私の場合、野菜に「お」が付くとなんとな〜く違和感です。
    「お茄子」とか「お葱」とか。

    ちなみに「お財布」ってゆうのは普通ですよね???

    ユーザーID:5099913487

  • 不自然なの多いですよね

    基本的に、訓読みには「お」音読みには「ご」をつけるものだと理解していました。
    「ご病気」なら自然ですが「お病気」だと不自然ですね。
    最近、気になるのは「お教室」です。教育ままさん達が早期教育のためにお子さんを
    通わせる教室のことや、ちょっとセレブな習い事の教室について使われていることが
    多いようですが違和感を感じますね。「お習い事」は初めて聞きました。何となく
    変ですね(笑)
    あと外来語につける「お」。「おビール」など。昔ざあます言葉の奥様が漫画などで
    よく「おフランス」などと使っていたと思いますが、それに似ていますね。
    要するに、必要以上に上品ぶった言葉遣いがかえって違和感を感じさせて、下品に
    聞こえるということではないでしょうか。
    あと、私は京都人なのかもしれませんが、「お抹茶」「お芋」「お大根」などは
    普通に使っていますので違和感はありません。地域性もあるのかもしれませんね。

    ユーザーID:7126150875

  • 私の場合

    「おみおつけ(味噌汁)」は漢字にすると「御」の行列みたいな言葉で、それはそれで可笑しいですが。関西にはそういう言葉が多いですよね。おでん、とか「お田楽」のことだそうですしねえ。

    個人的には、ネットオークションの商品に関する記述でよく見かける言葉で
    値段に関して「お高い」と言うのがすごくヘンだと感じます。

    「お高い」というのは態度のことじゃないの?
    お高くとまりやがって、って。
    「お稽古事」は言いますがお習い事はヘンですねえ。おなら以後と って誤変換するし!
    でも、おトイレ、お教室、おソースは耳慣れてます。なんでかなあ?

    ユーザーID:7275292858

  • お田んぼ♪

    タイトルは小さい時に
    農家である祖父の家に行った時のこと。
    親にどこ行くの?と聞かれ
    丁寧に答えなきゃ!と思ったらしき私は
    おたんぼー!と答えたそうです‥苦笑

    しかしながら最近は、
    この、お田んぼの何がおかしいかすら分からない人もいるみたいですね‥

    最近変だと思ったのは某料理教室にて
    先生が‥
    そこの、お椅子とって!

    動詞の方が命令形かい!と思いました‥笑

    ユーザーID:7645429094

  • お酢って普通の言葉かと

    思ってました。
    変に思う人もいたんですね。驚きました。

    私も関西出身です。
    特に上品とかを意識したことではなく、お金をカネと言わない感覚と似たようなものでしょうか。

    でも「お習い事」は聞いたこと無いですね。。。

    ユーザーID:7991455924

  • お友達

    同じマンションの、誰が聞いてもなまってるのに、東京の出身だと
    ウソをのたまう知人、「お友達と・・」「お友達が・・」とどんな、
    高貴なお友達と思いきや、ただの田舎のバ−サンでした。一人爆笑。

    ユーザーID:7904867386

  • わりと使うかも

    以前、姉妹で「○○さ〜ん」なんて呼び合う、ハイソ気取りのおばさんと仕事をしていましたが、
    なんでもかんでも「お」をつけてお上品ぶってましたね。
    ランチ600円のお店でも「おコーヒーくださる?」なんて注文してました。
    だけど紅茶は「ティー」。お紅茶ではだめなんでしょうか?

    今まで上がったもののうち、お抹茶(茶道を習ってました)・お酢・おぜんざい・・・あたりは違和感ないです。
    「お受験」「お教室」これは、「お」をつけると意味が違ってきますよね。
    教育ママが右も左もわからないような幼い子にさせている場合の(嫌味を込めた)言い方では?
    それが本人たちが喜んで使うようになってしまったのかと。

    おケツ、おトイレ・・・はわざと使っていますね。
    シモの話をあからさまにしたくないとき、そういうふざけた言葉遣いでごまかしたりしてます。

    夕食のことを「おゆうはん」と言ったら驚かれましたが、変でしょうか?
    「お昼ごはん」「お昼」とはいうのに、おゆうはんはだめ?
    「じゃ、おあさはんって言うわけ?」ってずいぶんキツク言われてショックでした。

    ユーザーID:8557289358

  • オークションに多い

    鳥肌さんの指摘と似ていますが
    オークション出品者のコメントは「お」の宝庫です

    明らかにおかしい「お」の連発

    自分が信頼出来る人間だとアピールする為のコメントが
    かえって「こいつただのあほちゃうか?」と…

    ユーザーID:8777342833

  • 習慣です。

    日常生活のどんなものにおをつけるかはとても地域性があると思います。私の育った東京では、調味料、食料品にはおをつける場合が多いように思います。ここにでてきた違和感があるというお抹茶、お紅茶、お酢、お漬物、お土瓶などは普通におをつけています。お味も普通だし,お着物も違和感ありません。

    「お電話があったことをお伝えください」は、普通に使っていますよ。電話におをつけるのは、自分の電話におをつけたのではなくて、相手に対して丁寧な言い方をしたのだと思います。

    ユーザーID:7352400698

  • 上品ぶってるのではありません

    関西では食品によく「お」がつきます。特に「お酢」はかなりの確率で「お」が欠かせません。
    上品ぶってるのでも気取ってるのでもなくて、習慣的に単語の一部と化しているのです。だから聞きなれない人が違和感を持つのは仕方ありませんが、おかしいわけではないのでご理解ください。
    なお、私は「醤油」に「お」をつけて「おしょゆー」と発音します(「ゆ」にアクセント)。多分これは古い関西弁なのだと思います。

    「お受験」は小さい子供に不自然とも思える努力を強いる営みを揶揄する表現でしょう。大学受験だったら「お受験」とは言いませんものね。

    ユーザーID:3949742509

  • 丁寧語のつもりじゃないんです。

    私も関西(阪神間)の人間ですが
    「お」が自然に付いてる言葉は多いですね。
    上品ぶってるわけでなく、たとえ独り言でも「お」が付いてます。

    違和感があるとコメントされてる方がいましたが
    「お酢」「おトイレ」「お友達」「おじゃこ」なども普通です。

    もちろん「お茄子」「おじゃが」「お豆腐(おとふ)」などの食材系も
    母親が使ってたので、染み付いてます。

    逆に、ここ数年で出てきたような「お受験」などは馴染みないですが。

    ユーザーID:7891823085

  • この言い方は?

    私の夫は、「おご馳走様」と言って、毎回食後に手をあわせます。結婚したては、気持ち悪くて、即「やめて〜!」と言いましたが、直りません。

    夫の実家に遊びに行ったら、家族みんなで使ってました。因みに、出身は九州です。

    使いすぎの「お・ご」なんてものではなく、二つ使っちゃうこの感覚、いまだに気持ち悪いです。

    ユーザーID:3703150233

  • 「おご馳走さま」!

    言います言います!「おご馳走さま」!
    今まで全然変だと思わずに40数年生きてきましたよー。
    そうやって分析(?)されると、確かに変ですよねえ。

    九州全域なのかなあ。
    ちなみに私は福岡の筑豊地方の生まれです。

    ユーザーID:9310020152

  • 許せない「おビール」

    私の継母は、毎晩「おビール」を連発していました。
    毎日でも慣れずに違和感ありました。
    「お生理」もひどい、と思いました。
    「おきゅうり」も嫌いでした。
    「お紅茶、おコーヒー」も上品ぶってるだけ、という印象でした。
    ある高級ブランド店の店員さんが
    「お時計のお修理の件」と発言していたのには引きました。

    お抹茶、おうどんOKです。

    ユーザーID:2921870216

  • 絶対いや

    義母が使う
    「おみりん」と「お麦茶」
    即座に
    うちは息子だから、そんな言い方するようになったら困るわと言いました。
    あーイヤだ。

    ユーザーID:4343245718

  • 仏壇につけると汚くなる・・・

     仏壇のことを「おぶつだん」というのは、どうしても納得できないんです。汚らわしいものになっている・・・ 
     それに、「お神棚」っていわないしね。

     よくいくカラオケやで「お二階の220号室です」とか言うのも、いつも心の中で突っ込んでしまうよ。だって、お地下とかお三階っていわないもんねえ。。。

     最近の、ちょっとお上品な奥様たちが良く使う「お教室」にもていこうがありますね。だって、お学校って言わないしね。

    ユーザーID:7042895114

  • お給食〜

    「お給食」と聞いた時は衝撃をうけました。「オキューショクって何?」と頭の中でグルグル。最近は普通に言うようですね。この理屈で「お学食」「お食券」「お社食」ってなったら、怖い。

    お酢、おトイレ、おてて(幼児に対して)、おめめ(幼児に対して)、おまめさん(豆)、おみかん、おみそしる、おゆうはん・・・東北ですが使ってました。抹茶は「お薄」でした。

    おみかんは言うけど、「おりんご」は言わなかったです。どうしてだろう?りんごは当たり前にあったからですかね。(みかん=南のもの)
    そうそう、コタツを「おこた」とも言ってました。

    ユーザーID:6322597040

  • 関東の人間ですが

    食品関係は「お」をつけることが多いです。皆さんと同じく、上品ぶってるわけでなく単なる習慣であって、「お」を取ると落ち着きません。「抹茶」という単語であることは知っていますが、習慣的に「抹茶」とは発語しにくいです。「肉」「魚」「さしみ」「酢」、いずれもそういう単語だということは勿論理解しています。文章で書くなら、「お」はつけなくても平気ですが、口をついて出てくるのは「お肉」「お魚」「おさしみ」「お酢」です。

    会話の中で「肉」「魚」「さしみ」「酢」という言葉を耳にしたら、ちょっと無機質な感じがして耳障りでもあります。これも単に耳に馴染んでいないからであって、上品ぶってるわけではないですし、「お」をつけない人を「粗野な人なのかしら?」などと思ったりもしませんよ。

    単なる言語習慣の違いであって、それ以上でも、それ以下でも、ないと思いますが。

    ユーザーID:5394410230

  • お洗面

    わが社の女子社員は、トイレに行くことを「お洗面に行ってきます」と言います。ほぼ全員が。20数年前に入社したときは、何のことかと本当にびっくりしましたが、今では抵抗がなくなりました(もちろん、会社を一歩出たら使いません)。

    古い会社なんですけど、これってわが社だけなのかどうか、恥ずかしくて他社の友人には聞けません。

    ユーザーID:6228449540

  • お薄って何!?

    私の実家は上品な家庭ではなかったので、
    「お」や「さん」を付ける習慣はなかったですが、
    お上品なお友達は、やはり
    「おぞうきん」「おビール」と言ってました(笑)
    彼女は幼稚園の先生になったので、
    「お着替え」「お約束」「お帰りの用意」など、
    「お」に拍車がかかりました。

    私も今、開業医院で受付をしていますが、
    患者さんに「お熱ありますか?」とか
    「お薬ありますか?」と聞いています。
    別に自分が上品に思われたい訳ではなく、
    患者さんに対しての丁寧語のつもりです。

    使う場所によって意味合いが変わりますよね。
    丁寧語や尊敬語としてだったら違和感ないけど、
    家族や友達に「おぞうきんでお掃除しといて」とか
    言われると、「おぞうきんって!」と、
    突っ込みたくなります。

    「お抹茶」は、もはや確立したひとつの言葉でしょうか。
    「お番茶」も。
    だって「お麦茶」「お烏龍茶」とは言いませんもん。

    ところで、私は関西人なんですが、
    「お薄」って何ですか!?初めて聞いた言葉です!
    「お」を取ると「薄」じゃないですか。
    「薄」っていう物があるんですか?

    ユーザーID:6653367818

  • 若干トピずれですが・・・

    以前会社に、メール本文なんでも「御」(しかも漢字)をつける人がいました。一番笑ったのが
    -----
    御疲れ様です
    御忙しいところ御手数ですが、御確認の上御電話またはメールで御連絡の方よろしく御願い致します
    -----
    1通のメールに「御」が7つ!!(爆)

    私はトピで出てきた中で普通に使ってるものもたくさんあります。

    おトイレ・お布団・お財布・お茄子・お酢・おしょう油とか。
    子供の頃から慣れ親しんでます。

    自分が聞いたことある中で違和感があるなぁと思ったのは、
    おビール・お名前様・お紅茶・おコーヒー

    「お受験」「お取り寄せ」はある意味それが流行りの単語になってる感覚です。

    こうして考えてみると、なぜだか私の中では調味料の「お」は普通かなぁ。
    おしょう油・お酢・お酒・お塩・お砂糖・お出汁とか。
    おつゆも使う。
    あ。でも「おみりん」「おポン酢」はないですね(笑)

    日常用語として地域や育った環境なんかで自然と「お」がついたり、
    そのときの立場や遣う相手によって、不自然なものがありますね。

    ユーザーID:1827177916

  • お教室

    最初はビックリしましたが、すぐに感化されて普通に使っている自分がコワイ。あと、お三時。いったい何に対して丁寧になっているのか?

    ユーザーID:4154379196

  • 自分の好きなもののことを「お気に入り」

    自分の好きなもののことを言うのに、「私の『お』気に入り」がおかしいと思います。中には、「うちの子のお気に入り」という甚だしい人もいますね。
    最近の、特に女性がよく使っていますが、自分のことに「お」をつけるのは日本語の規則に反しており、昔は、「先生のお気に入り」とか「上司のお気に入り」と目上の人については言いましたが、自分のことには言わなかったと思いますし、普通に「私はこれが気に入ってる」と言っていたと思います。
    誰かとしゃべっていて、一見、頭よさそうな人だと思っても、「私のお気に入り」を言われると、言葉の使い方を知らない人だな、と思ってしまいます。「言葉は変るもので、おまえは古い」と言われればそれまでですが、「お」を自分に使わないという原則のようなものはそう簡単に変らないと思います。

    ユーザーID:7401471131

  • 色々ありますよ〜!

    トピ主さんの「私の考え、おかしいでしょうか?」と言う質問は、
    私から見れば「おかしくないです。」となりますね。

    逆の経験があります。
    両親東京育ちで、自分は東北で育ちました。
    学校の教室では、周囲と言葉使いが合わず、
    「そんな気取った話し方するな!」と言われました。
    本人には何も他意はなかったのに、そうなっちゃうんですよ。

    「カタカナ語にはお・ごはつけない」と言うのは
    家庭内でもそうだったので、今でも違和感あります。
    おトイレ、おビール、おコーヒーは昔からですが、
    最近のメガヒットは、「おサイズ」ですね。 
    初めて聞いたとき、耳を疑い聞き返しました。
    「お名前様」」も 目が丸くなりました。
    逆に「お風呂」や「お肉」は、おを付けて言って欲しいし。

    言葉遣いと地域性、家庭環境。大きく影響しますよ。
    トピ主さんも、自分の言葉遣いも含めて
    違った視点から眺めてみては如何でしょうか。
    自分がつけるから、つけないから、と言う基準だけでは
    会話がつまらなくなっいますよ。楽しみましょう!

    ユーザーID:5664436134

  • ちょっと方言がちゃんぽんしてても一応関西人なんで…

    お酢とかお餅、お酒など色々つけてます。
    おしょゆー(醤油)とか。
    あと、この辺りに限っていえば。
    ”お迎え”は保育所や幼稚園・学童など日によって時間は違うけど
    『ある時間』に『保育所など』へ子どもを迎えに行く時に使う固有名詞みたいな使い方してます。
    だから公園や駅には”迎え”に行き、学童には”お迎え”に、なり、子どもらも周りの人も同様に使い分けしてます。
    あと介護されてる方はその要介護対象者を施設や病院へお迎えと云ってます。
    決して夫を駅にお迎えにとは云いません(笑)

    ユーザーID:1835830640

  • 方言と同じと思います

    父が転勤族だったので、日本各地に住みましたが、これについては色々ですね。
    私も他の方々が書いていらっしゃるとおり、私も方言と同じと考えます。

    自分に馴染みのある言葉で、ちょっと違う使い方をされたら誰だって違和感を覚えるものですが、頭ごなしにおかしいっていうのは大人気ないなぁ…と思います。
    方言でそれをやったら大人気ないでしょ?

    ちなみに、私は「お蜜柑」「あめちゃん」等の関西弁が大好きです。
    かわいいと感じますよ。

    多くの地域で「お仏壇」は言っても「お神棚」と言わないというのは面白いですね。

    ユーザーID:5282113160

  • 美化語に当たるもの?

    敬語の中の美化語とされているものに当たるのでしょうか?発する側の認識と、それを受け取る側の認識とに差異が在ると、お相手によっては毛嫌いされてしまう場合も存在するらしいので(?)、お互い一応心得て置くと良いのかな?
    美化語は「聞き手に対する配慮を示している」とも紹介されて在りましたが如何なものなのでしょうか?

    ユーザーID:8402250837

  • うわ〜!

    実母が「お」をつけたがります。
    お玄関、お二階、お茄子、おビール、おソース…前の3つは自分では使いませんが、他人が言ってても違和感はありません。
    でも!おビール、おソースだけは許せません!何度か指摘しましたが、「丁寧に言ってるのに何がいけないの?」とどこ吹く風。夫や夫の両親の前や外食した際に言われたりするともう恥ずかしくて。

    でも関西方面に多い言い方は、そのものを慈しんでいる感じがして好きです。おいなりさん、あめちゃん、おいもさん…和みます。

    だけど野菜や調味料も、お芋、お茄子、お葱、お大根、お砂糖、お塩、お酢…など「お」をつけてもあまり違和感のないものと、きゅうり、トマト、かぼちゃ、にんじん、みりん、ごま…のように「お」をつけてみると違和感ありありなものとに分かれるのが面白いですね。(この分類は、あくまで私の個人的な違和感によるものですが)

    ユーザーID:3559371801

  • こんなのあり?

    先日病院で、看護師さんが患者さんに、「お便がでたら---」といっているのを聞き、「???」と違和感を持ちましたよ。

    ユーザーID:0839992669

  • 辞書で調べてみました。

    【接頭語】
    語構成要素の一。単独では用いられず、常に他の語の上について、その語とともに一語を形成するもの。
    語調を整えたり、意味を添加したりする。
    「お話」「こ犬」「御親切」などの「お」「こ」「御」の類。接頭辞。

    私としては、語調を整えるのに使う場合が多い気がします。

    こういった日本語の常識の話になると、あまり調べもせず自分の常識や感覚だけでダメ出しをする方がとても多く感じます。
    「鳥肌が立つ」「常識のない言い方」などと決め付けて一刀両断せず、
    自分は変だと思うけど、実際の所はどうなのだろう?位の柔軟さがあったって良いのではないかと思います。

    笑えましたさん
    「腹(ハラ)が減ったので飯(メシ)を食いに行こう。」にも接頭語はつけられますよ。書くと良く解ります。
    「お腹(オナカ)が減ったのでご飯(ゴハン)を食いに行こう。」

    あと、信越ですが「おご馳走様」聞いた事あります。
    「おごっそーさん」とか「おごっそー」ですが、昔叔父が使ってました。
    最近は聞かないので、古い方言なのでしょうかね?
    文法的に変でも、私は方言も大好きです。

    ユーザーID:9598873390

  • オークションでよく目にする…

    「こちらのお色は」
    「〜〜のようなお色目」

    この言葉がどうしても気持ち悪くて…。背中がぞわぞわします。
    きっと上品というか丁寧に言っているつもりなんだろうなぁ。
    間違いとか正解とか以前に、受け付けないです。
    「花に水をあげる」と「花に水をやる」の違いでしょうか。
    なんというか、昨今は「課長さん」と呼ばないと呼び捨てみたいな
    感覚になってしまい呼べないという方が増えているようですが、
    それと同じ感覚でしょうか。
    「こちらの方がやわらかく聞こえる気がする」という感覚を、
    本来の使い方より優先するタイプ。
    こういう方が増えているのかなと思います。

    以前、「お音」と言われた時は「嘔吐?」と思いました。
    「お音色」とも言っていたような。御御御手の世界ですね。

    個人的に外来語におをつけるのも気になります。
    文字で御トイレと書いてあった時には一瞬止まりました。
    御マンションも見かけたことがあります。
    口語ならまだ許容でも文字は…。
    「娘のお成績が上がったの」といわれたときは
    「土星石」という隕石だと思ってしまったほどです。
    聞き間違いです…。

    ユーザーID:2436864420

  • もう一度辞書で調べてみました。

    >「私のお気に入り」
    「お」は尊敬だけではなく丁寧の用法も有るのですが。

    以下辞書より抜粋。頭の固い方より辞書の方がずっと柔軟です(笑)。

    [用法]お・ご――「お」は和語であるから「お父さん」「お早く」のように和語に付き、
               「ご」は「御」の漢字音からできた接頭語であるから「ご父君」「ご無沙汰」のように漢語に付くのが一般的。
    ◇話し言葉での敬語表現にも多用、漢語意識の薄れた語では、「お+漢語(漢字音語)」も少なくない。
    お客、お札、お産、お酌、お宅、お茶、お得です、お楽に、お礼、お椀、お菓子、お勘定、お行儀、お稽古、お化粧、お元気、お時間、お邪魔、お正月、お食事、お歳暮、お餞別、お知恵、お天気、お電話、お弁当、お帽子、お役所、など。
    ◇「ご+和語」は数少ないが、「ごもっとも」「ごゆっくり」など多少改まった言い方。
    ◇「―返事」など、「お」「ご」両方が付くものもあるが、「ご」は多少改まった表現、書き言葉的表現。
    ◇「おビール」のような例外はあるが、「お」「ご」ともに、ふつう外来語には付かない。

    ユーザーID:9598873390

  • 「お昼間」

    偶然なのかも知れませんが、ネットで知り合った九州の方が2人(それぞれは面識もない方)と、友人の母(九州出身)が「お昼間」って言います。

    お・・・お昼間????全く聞いた事のない表現で最初驚きました。(私は東京出身・在住)

    ユーザーID:6114533580

  • お薄とは

    gomaさんへ、質問いただいたので、お答えします。

    抹茶を入れる前の粉の状態のものを「抹茶」、普通に入れたものを「お薄(おうす)」と呼んでいます。濃い目に入れた抹茶は「お濃茶(おこいちゃ)」とも呼びます。ちなみに「おぶ」は煎茶です。
    父が京育ち、母もお茶を習ってたので、そのあたりの習慣かもしれないです。

    関西も広いから、関西圏でも色々違いはありますよね。

    ユーザーID:6591314351

  • 「お薄」とは

    gomaさまへ。

    「お薄」とは「お抹茶」のことです。
    抹茶には「薄茶」と「濃茶」の2種類あるんですよ。
    いわゆる世間一般で言われている抹茶のことが「お薄」で、
    「お濃茶」は本当に茶道の中でしか、なかなか口にしないと思います。
    カスタードクリーム状のどろどろした緑色の飲み物です。(変なたとえで失礼。でも、美味しいんだ、それが。笑)

    横レス失礼いたしました。

    ユーザーID:3324911419

  • 派遣のドラマでの台詞

    ドラマで「お時給分は働かせていただきます」っていう台詞が笑えました。

    それで思い出したのですが、

    「君たちは『お仕事をしてお給料を』もらうようにはなるな。『仕事をして給料を』もらう社会人になれ」

    学生時代、卒業を前に教授から言われた言葉です。

    ユーザーID:2622795646

  • おデート

    初めて耳にした時、気絶しそうになりました。
    おデートって・・・・・・。
    やめて〜!って感じです。

    他には皆さんもあげてらっしゃるとおり「おトイレ」も変。
    「お」をつけたいなら「お手洗い」と言って欲しい。

    下着を買いに行った時「お胸のお肉が・・・」でも悶絶。
    お肉はともかく「お胸」って。
    「お胸があるから」って、丁寧に言いたいのかもしれないけど、言ってることは「胸がでかいから肉がはみ出す」ってことだろうが!と。

    関西の人が「お芋さん」とか言うのはかわいく聞こえるんですけどね。
    なんか気取って上品ぶって「お」をつけるのが気持ち悪く感じるのかもしれません。

    ユーザーID:9356785366

  • お気に入りは普通

    けっこういい年さん、パソコンの上部に「お気に入り」のボタンがありますよ。「お気に入り」は普通に市民権を得ている言葉なので「お気に入りが変」とおっしゃったら逆に「変」だと思われると思います。雑誌などでも「私のお気に入り特集」などがよくあります。それも年配向けの高級雑誌などです。

    日本では特に西の地方の年配の方が「お」を乱用しますね。家の両親は長崎ですが、やはり「おごちそう」と言います。(笑)関東に出て長いので殆ど方言はでないのに「お」だけが残っています。

    人様がおをつけようがつけまいが、相手を非常識と思うことはないです。
    ただ「おビール」はなんだか水商売っぽくていやですね。

    ユーザーID:4719022448

  • 私も子供のときから普通に使ってました。

    すでに関西出身の方々が同じようにレスをつけてらっしゃいますが私も関西出身で、食べ物におをつけるのは何の違和感もないものが多いです。<お付きでワンワード>さんに同感です。お大根(祖母はおだいと呼んでました)、お魚、お塩、お砂糖、お赤飯、おこわ、お餅、お酒、お水、お茶、お雑煮、お汁粉、おぜんざい、お豆さん、おじゃが、お漬物、など。

    おビールはさすがに自分では使いませんが、ウエイトレスさんが「おビール、お持ちしました。」と言うのは、聞いて違和感ないですね。

    食べ物でなくおをつけるのは、自分のものでもお財布。おこた(コタツ)お布団、お座敷、お茶の間、お仏壇、お下がりなど。おトイレも言います。お玄関とは余り言いませんね。

    おやつは、昔の八つ時に当たる午後3時に食べる間食を言うと聞いたことがあり、それに対して「お十時」と言うのが小さい頃ありました。午前10時ごろに食べる間食の事です。

    他の人に対して、お着物やお召し物は使います。お靴は小さい子供には言いますが、大人には言いません。

    お給食、お教室、お受験は、昔は聞いたこともなかったです。

    ユーザーID:1132896537

  • おだいぶきん

    まだこのトピに登場していない言葉を・・

    食卓の上を拭くふきんのこと、我が家では「おだいぶきん」(「台布巾」に「お」をつけたもの)と呼ぶのですが、これを友人の前で使ったら「なんで布巾に「お」をつけるの?『台拭き』でいいじゃん」と不思議がられました。私は小さい頃から普通に使っていたのですが・・。これって方言?それとも我が家だけ??

    ちなみに、私は東海地方出身ですが、母が京都出身なので、関西弁は使いませんが食べ物などに「お」をつけた言い方は普通にします。(おみかん、おじゃこ、お酢、お醤油、お砂糖、おこた(コタツ)、おざぶ(座布団)、お布団などは違和感なし)

    ユーザーID:5203688973

  • 2回目の書き込みです

    某新聞の読者投稿欄で読んだ、笑える丁寧語です。
    宝石店に勤める投稿者は、先輩がお客様に「オパールはいかがですか?」といっているのを耳にして、あれ?うちにオパールはあったっけ、と見てみたら、真珠を勧めていたとか。文字にすれば「おパール」でしょうか。それじゃあ、本当にオパールを勧める時はどうするんだろう、という突っ込みが入っていました。

    もう一つ。私が就職してから、他の女性が「お名刺」と言っていたので、私も数回ほど使ったのですが、何だか違和感があって使うのを止めました。その後、マンガ『お水の花道』で、ホステスさんが「お名刺」と使っているのを見て、「おビール」と同じ、飲食業界の用語なのかな、と思いましたが、本当のところは知りません。

    ユーザーID:5101786280

  • 年配のご婦人

    ある程度の年齢になると丁寧に話しているのは聞いてて「上品」だなと思うし、雰囲気も上品ならいいと思う。そういう人が「おビール」「お紅茶」と言っても違和感はないかも。

    でも若い女性が言うとやっぱり似合わない。親しくない相手にほんの少し背伸びをするのはいいけど、背伸びしすぎると笑われますよね。分相応って言葉にも言えるのかも。

    ユーザーID:1442093185

  • ですね、オークション

    地域性、育った環境による「お」や、仕事で営業的な「お名前様」「お粉」などは馴染めなくても背景が分かるので理解はできるんです。
    でもどうしても違和感を覚えるのは、オークション出品者の「お」の使い方。「お色はチョコチェック、かわいいお品、お洗濯は・・」で、たいがい「〜くださいね。」で締めています。
    ソフトでやさしい印象を狙っているのかなと思いますが、「お」の多用や地幼児に話しかけるような使い方は、かえって商品価値を下げていると感じます。
    社会人経験が浅く、伝達のためのビジネス文書を書いたことが無い人かな、などということまで想像してしまいます。

    ユーザーID:7783882498

  • 自分のすることに『お』はつけない?

    というレスがありましたね。
    「お礼を申し上げます。」は間違いってこと?
    「礼を申し上げまする」武士風なら、ありうるかもしれないけど、
    私は「礼を申し上げます」とは言えないなあ。。
    マナーの先生にこの場合はどうなのか、お聞きいただきたいですね。

    『お』をつけるのは、話をしている相手に対して、丁寧さを表す場合もあるのです。
    しかし、程度をわきまえなければ、嫌味ともとれるし、かえって品も失い、馬鹿さが露呈する。
    何にでも『お』をつければいい、ということではなく、この人の前で「お色」と言ったら鳥肌が立つようだ、と認識したら、『お』はつけないといった配慮や柔軟さが相手への思いやりにつながるのではないでしょうか。
    あるいは、気持ち悪い〜と思ったら付き合いをやめる、指摘しても直らない直さない場合にはそういう人だとこちらが認識するしかないのでは?

    ユーザーID:7635391505

  • お薄

    >「お薄」って何ですか!?初めて聞いた言葉です!

    お茶は半年ぐらい囓っただけですが、

    お茶を点てる時に濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)があり、薄茶の方をお薄(おうす)と呼びます。濃茶はお濃茶(おこいちゃ)と呼んでたような。

    濃茶と薄茶は、文字通り濃度が3倍ぐらい違います。

    ユーザーID:1173739192

  • 2度目です

    「お」が付いて違和感のある言葉、ない言葉。地方や年代によっても感じ方がいろいろだなぁと楽しんで見ています。

    さて、今朝、職場の女性との会話の中にも(私にとっては)不思議な響きの言葉がありました。

    「るきあさん、今日一緒にお昼食いきませんか?」

    「オチューショク」???一体なんじゃそりゃ…と一瞬ビックリしましたが、次に続いた「この近くに新しいレストラン見つけたんですよー」という言葉で「あ、『お昼食』だったのね」と理解できました。

    「お夕飯」は昔祖母が言っていて聞きなれていたけど、「お昼食」って一般的なんでしょうか?「お昼ご飯」なら分かるけど。そういえば「お朝食」も聞いたことないなぁ。

    ユーザーID:4270621762

  • おだいぶきん > くららさま

    言います言います、おだいぶきん。布巾もお布巾です。

    それから、お布団、おこた、も言いますし、お二階、お廊下、お玄関、おだいどこ(台所)も言います。
    他の方の例にあった、「お洗面」、私は言いませんが、母は言ってます。
    先祖を遡っても、関西の血は一滴も入ってないんですけれどね。母の育った家が「ざーます言葉」だったせいかも(汗)。

    前回のレスにも書きましたが、決して決して上品ぶってるわけでも、甘ったれてるわけでもなく、それが染み付いた習慣なんですよ〜。とは言え、中3の息子が「お廊下」と言った時には、ちょっとマズイかも…と思いました。奴も普段は「廊下」と言っているんですが、その直前の会話で私が「お廊下」と言ったのを受けての発言だったので、ついうっかり出たんだとは思いますが。

    ユーザーID:5394410230

  • あるある!

    小町でもたまに見かける『お祝儀』という言葉に、ゾゾゾッと寒気がします。

    ユーザーID:3468369429

  • お痛み

    うちの近所の歯医者さんは、「痛み」に「お」をつけて、タイトルのようにおっしゃいます。
    すぐには意味がわかりませんでした・・・

    ユーザーID:0296823780

  • お御馳走様でした

    そういわれてみれば、うちの両親も九州出身でした!
    (私は関東育ちですが) 知らなかったぁ〜〜!
    社会人になり漸く周囲が「ィ」をつけていない事に気がつき、
    以来家の外では「お」無しの御馳走様でしただけで済ませてもらっています。

    そういうことだったんだ!
    両親のルーツに答えがあったんだ!
    かなりショッキングでした。
    と言うことは、九州出身者には通じるってことですね。
    ちょっと安心もしました。

    ユーザーID:9202759252

  • ただの

    方言です。

    ユーザーID:5481969884

  • 古風な人は使うかも。

    我が家の「お」用法(?)です。家では父・兄含めて普通でしかもホンワカして聞こえますが、他人が聞いたら笑うかドン引きするでしょう。
    お紅茶、お電話、お食事、お着物、お洋服、お火鉢、お醤油、おソース、お大根、お煮付け、お机、お椅子、お座布団、お葉(ほうれん草とかコマツナとか…)、お車、お廊下、お勝手、お玄関、お障子、お布巾、お雑巾、お塩、お靴、お草履、お下駄、お葉書、お豆、お漬け物、おたくわん、おみおつけ、お大根、お魚、お肉、お洗濯、お鍋、お風呂、お月謝、おむすび、おつゆ(すまし汁)、お線香、おひたし、お金、お米、お湯、お茶、おたま、おひつ、お皿、お箸、お芋、お蜜柑、お林檎、お戸棚、お寿司、お蕎麦、お饂飩、お膳、お茶碗、お椀、おすもうさん、お隣、お帽子、お鞄。

    文法云々はともかく、古い単語に「お」が付いてるみたいです。「おソース」はウスターソースを指します。気取っているとも思いませんけれど、ひとに「金、米、茶、風呂、飯」と言われるとがさつな感じで嫌です。一家そろってほんわか系言葉が染み付いてるのかも。

    ユーザーID:3800474979

  • 私もほんわか系!

    からすうりさんの言葉の一覧、私にとってもほぼ普通です。5つ6つを除いては日常使っています。この5つ6つに関しては、自分が小さい頃は使っていましたし我が子には使っていましたが、彼らも大きくなってからは使っておりません。

    言葉は生き物ですね、どんどん変わっていく感じです。でもヤッパリ自分が子供のときから使っている言葉は、そう簡単には変えられません。稽古の帰りに寿司食べに行こっ! カネが無いからだめ! なんて言えます?? やっぱり、お稽古、お寿司、おカネでしょうね。

    ユーザーID:6870920095

  • 基本的には気にならないけど・・・

    お酢、お味噌、お醤油、お夕飯やらは普通に言いますよ。むしろ「お」をつけないと違和感あります。別に上品ぶってるのではなく、「お茶」を「茶(ちゃ)」、「ご飯」を「飯(はん)」と言わないのと同じ感覚です。

    「お」付き言葉、普通はあまり気になりません。
    あめちゃんさんと同じく、関西の方が使う「お粥さん」とか「お豆さん」なんかは、むしろ食べ物に対する敬意と愛情が感じられて好きです。なんか美味しそうに聞こえません?
    私はあまり言わないけど、「布団」よりも「お布団」の方がふかふかに聞こえるし、「買い物」よりも「お買い物」の方が楽しそう・・・気のせいですか?

    そんな私でも違和感をおぼえるのは、やっぱり「おビール」です。それこそ「お水」の業界の人みたい。同じ理由から「おソース」もイヤかな。
    「おトイレ」も何か品がない気がする。「お手洗い」という言葉があるのに。「お習い事」も何かヘン。「お稽古事」ではないの?
    「おコーヒー」。聞いたことないし、かなり違和感あります。

    ユーザーID:7593607241

  • おじゃま,ご迷惑

    昨年の10月に,敬語を3分類から5分類に変更する「敬語の指針案」が発表されました.
    お役所がこういうことに口を出すべきではないと思ってはいるのですが,
    私はなかなかいいところもあると思っています.

    「お手紙」の「お」も「先生からお手紙を頂く」なら尊敬語、「先生にお手紙を出す」なら謙譲語となる
    というところがあるのですが,この区別は重要です.

    たとえば,「おじゃま」は謙譲語なら使えますが,尊敬語には使えません.
    尊敬する相手に対して,「じゃま」扱いすることができないからだと思います.

    私がとても気になるのは,最近の電車のアナウンスで
    「ご迷惑にならないように」という表現が横行していることです.
    用法としては,「じゃま」と「迷惑」は同じだと思うのですが,
    ここで「ご迷惑」と言われて,非常に居心地の悪い思いをしています.

    なんとなく丁寧に言おうとしているのでしょうが,用法を逸脱していると思います.
    お役所も指針案を出すなら,「この『ご迷惑』はまちがい」,くらいは言ってもらいたいものです.

    (「お」ではなくて,「ご」ですけど,とても気になっているので....)

    ユーザーID:6937053585

  • は?

    (Samおじさん?)「迷惑」を被る人を敬い、「ご」を付けて良いのでは?そして、「邪魔」を被る人を敬い「お」を付けて良いのではありませんか?はてな?

    ユーザーID:8402250837

  • すみませ〜ん(先に謝罪) その1

    5月7日に投稿してて埋れたのだと思って放置状態にさせてしまいました。
    言い訳としてはそれから数日後、ネット環境の無い場所に居た為に、
    現在発見して改めて投稿させて頂きます。

    たくさんの返事が届き、凄く参考になりました。
    皆様、感謝しております。

    ともあれ、初めの関西出身さんの意見は、それは良く聞く言葉ですね。
    「好み焼き」なんか、「お」が付かないと解らないのでは無いでしょうか?
    そういう事じゃなくって・・・(汗)

    おうどん、お蕎麦、お豆腐、お粥は違和感ないですよ?
    だけど多分「お蕎麦」+「食べる(と伝える言葉)」って言わないと難しいかも。

    「お抹茶」と「お薄」は方言である可能性があるのですかぁ。
    それは納得しました。だから「お」が付くんですね。


    「お着物」 「おビール」 確かに違和感出てきますね。
    特に「お着物」だと「置物」に頭の中で変換してしまいそうです。

    「おしゃがみ」はなんか違和感あるけど、丁寧に言っている感じがしますね。

    ユーザーID:6982274237

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • その2

    「おトイレ」は「おトイレに行きたいよ〜」
    って子供が言うイメージあります。大人だとまず「お手洗い」でしょうかね?

    京都どすさん、「お」が付く違和感の中で参考になりました。
    普通の方言もあったという事ですね。

    ランタナさん、私もマナーブックはあまり見ていませんが、
    「お」や「ご」等の上品にみせたい?言葉の多用は良くないと
    テレビか何かでありましたね〜。

    「おけつ」 ……これ、笑えますね。子供の頃よく言ってたかもしれません。
    後、あやすように「おけつ出して〜」とか。

    みかんさん、子供が言った「おすしロー」系はよくある言葉の一部ですよね♪
    何歳になったら気づくか楽しみですよ。

    後、商品に関して丁寧に並べられる言葉とかでたまにつく「お」は
    意外と違和感を感じる人が居られるんですね。自分が買うと確かに謙遜してしまうかな?

    あ〜でも、なるほど。
    カタナカを要する言葉に「お」を付けるのがおかしいって訳ですね?
    なんだかスッとしたような気がします。
    要は「お」は気取っている訳では無いと解釈して良いものでしょうか?

    ユーザーID:6982274237

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • その3

    ですがやっぱり、習慣以前に意識して使ってしまう「お」もあるんでしょうね。
    きっとそういうのに対して違和感があるのかもしれません。
    もっと気楽に喋って欲しいって思う時に「お」が多過ぎる時とか。

    それとこのトピを立てて思ったのが、例えば人様の事を表現する際の
    「お」は気を遣っている風に感じるけど、自分の事なのに「お」を付ける場合
    これには違和感を感じてしまうかも言葉があるかもしれません。
    品格を漂わせる、そういう言葉もあるし、無い言葉もあるって訳ですね。

    私の場合、「抹茶」の「お」は後付けみたいな感じがしますし、
    「お習い事」の「お」は誰かが言ってくれました「お稽古事」なんでしょうね。

    ユーザーID:6982274237

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • お母さん

    からすうりさん、教養のあるご家庭ですね。

    丁寧語としてつける"お"はさておき、私が小学校の時、国語の先生に習ったのは「大切な"もの"に、"お"をつける」ということでした。
    これは日本語古来のものなので、必然的に昔からある言葉についているケースが多くなります。また、この説明でいくと、具体的に存在する「名詞」につくようです。概念だとか、「受験」のように具体的には存在しないものには、つかないようです。
    最近は言葉が乱れたのか、このことが忘れ去られたために、最近生まれた言葉には"お"がついているケースが少ないようです。

    例えば…
     お母さん、お寺、お米、お酒、お箸
    どれも大切なものばかりです。

    あと、勝手な解釈ですが…
     ・おビール:ビールがさして大切ではないから、つけないのでしょう。もっとも大正時代だったら、ビールが貴重だったので"お"を付けたかもしれませんね。

     ・お受験:大切かどうかが、人によって意見が分かれるから、つけないのではないでしょうか。そもそも具体的な"もの"ではないし。


    ちなみに私が嫌いな言葉は「お飲み物」。なぜか、虫唾が走ります。

    ユーザーID:5075399656

  • おイヤですか??

    お節句、違和感ありまくり…のかたがいらっしゃいましたが、
    普通に使ってました。
    「お盆」「お正月」なんかと同じで、かならず「お節句」です。
    ちなみに、初節句、怠け者の節句働き…は、お節句とはいいません。
    地方によってだいぶ違うので、聞きなれないと変な言葉に聞こえるのでしょうね。
    おビール、おソースは上品な年配女性ならそんな違和感はありませんが、おサイズとかお色とかお品(しな)とかはイヤですね。

    ユーザーID:0234679941

  • ある!

    車がパンクしてロードサービスを呼んだとき、

    「お車のおタイヤにお釘が刺さっていまして」

    と言われました。

    お車はわかります。
    おタイヤ・・・嫌ですが、私(客)の持ち物(の一部)と考えれば百歩譲って許せないこともありません。
    が、なぜ「お釘」?

    丁寧に言いたいのはわかりましたが、
    かなりもやもやした気分になりました。

    ユーザーID:5807586569

  • 「お」をつけない違和感

    同じ言葉についた「お」にも、何も感じない人と、虫唾が走るくらい違和感を感じてしまう人がいるんですね。

    私はどちらかと言えば「お」を多用しています。でも、言い慣れていて、ずっと「お」がついて一語の感覚の言葉は、それから「お」を取って声に出すと、すごく違和感があります。

    ユーザーID:6338689852

  • 説明が不十分でしたか(へ?さまへ)

    どうも説明が下手で,申し訳ありません.

    ・私が先生にお手紙を差し上げたときに,....
    ・先生からいただいたお手紙によると....

    ふたつとも「お手紙」ですが,上は謙譲語,下は尊敬語です.では,「迷惑」です.

    ・(子供に向かって)ご迷惑でしょう,やめなさい!
    ・(お客に向かって)ご迷惑です!

    上の謙譲語は普通に使いますが,下の尊敬語は使えません.
    敬語を使うような関係の人に対して「迷惑」はそもそも使えないのです.
    そんなときは,敬語を使うのをやめて「迷惑です」というか,言い方そのものを変える必要があります.
    JRなら「迷惑にならないように」でもいいのですが,迷惑そのものを抜いて,
    「携帯電話はマナーモードに設定し,通話はご遠慮下さい」で十分でしょう.

    ちなみに,昔からある銭湯の看板には
    「他の人の迷惑になるような行為はしないで下さい」って,敬語抜きで書いてありますよ.

    10年ほどアメリカで生活していて,戻ったらこんなことになっていました.
    でも,ご迷惑にもちょっと慣れてしまいました.
    慣れる方が怖いような気もします.

    ユーザーID:6937053585

  • 自分や自分の赤ちゃんの「お世話」

    最近、自分や自分の赤ちゃんに対して「お世話」って使う若いお母さん方が多いです。

    「うちの○○ちゃんが風邪ひいちゃってお世話が大変でー」とか「産後、うちの義母が私と赤ちゃんのお世話したがったんだけど」など。

    「お世話」っていう言葉はあるけど、自分に対して「お」をつけられると寒気がします。

    ユーザーID:4448182250

  • 3回目の書き込み

    この場所を借りて、ひとつ質問させて下さい。

    私が前に、違和感がある「お」のつく丁寧語として「お名刺」を挙げました。
    これは普通に使う言葉でしょうか? 書き込んでから自分でも調べてみたのですが分かりませんでした。御存知の方がいらしたら、ぜひ教えて下さい。

    ところで、つい最近、最初に「ご」がつく違和感のある言葉を耳にしました。他にもあるので、別トピを立てて質問いたしますので、ぜひ教えて下さい。

    ユーザーID:5101786280

  • 「お名刺」について

    > 某女子大卒改めパスさん

    ビジネスマナーの記述を見ると「お名刺」を使っています。広辞苑の「恐れ入ります」の用例にも「恐れ入りますが、お名刺を頂戴できますでしょうか。」とあります。

    自分の名刺を「お名刺」と言うのは当然NGでしょうが、相手の名刺は「お名刺」というべき、ということのようですよ。

    ユーザーID:5394410230

  • >お付きでワンワード様

    ありがとうございました。

    『広辞苑』ですが、載っていたのは、最新版の第5版でしょうか?
    私の手元にある第4版のものには載っていませんでした。

    さすがに自分の名刺を出す時に「お」は付けませんでしたが、相手の名刺を受け取る時に「お」を付けるのは普通のことなのだろうかと迷っていました。
    これからは、きちんと「お」を付けることにします。

    ユーザーID:5101786280

  • いっそのこと、「お(御)」禁止にします?!(極端)

    「御」はしばしば使われますよね。
    自分の側に対しても。お尻、おにぎり、お風呂、お茶、その他無数。
    個人的には「お」がついてもつかなくても通じればいいと基本的には思います。
    逆に言えば「お」が元で険悪を巻き起こしたり殺気立ったりするのは、とっても幸せの反対。悲しくなる。

    ユーザーID:8402250837

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧