• ホーム
  • ひと
  • 愛情不足からのトラウマ、親に吐き出しましたか?

愛情不足からのトラウマ、親に吐き出しましたか?

レス63
(トピ主6
お気に入り90

家族・友人・人間関係

chan

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 吐き出しましたよ〜

    カウンセラーの勧めで、大学生のときに。

    一通り聞いた母曰く
    「あなた何様のつもり?悲劇のヒロインになわけ?」

    反応は様々だと思いますが
    私の場合ありがたいことに「憑き物」が落ちました。

    ああ今この人に何言っても無駄だ。
    私の人生はこんなことに時間使っちゃいけない
    そう感じました。

    今30代です。
    1人娘が生まれ、大事に思えます。
    叱るときも、母のしなかった「フォロー」ができます。
    自分が渇望しただけに、足りないものには目が行きます。

    過去の苦痛を訴えて、愚痴を言うのをやめてから
    母との関係はとても良好です。

    今思えば母親は昔、仕事に姑問題にいっぱいいっぱいで
    精神的に余裕がなかったんだとわかります。

    最近母から謝罪の言葉もありました。

    謝罪や反省って、北風と太陽。
    こちらから求めるものじゃないです。

    無意識の不満や閉塞感を過去のせいにしていないか
    自分を内観してみることをお勧めします

    今うまく行かないのは親のせい?
    いいえ、自分の資質と努力不足がほとんど。

    それに気付いたことが本当に良かったです。

    ユーザーID:5936530134

  • うちも一緒です

    親に愛された感じがありません。
    暴力か暴言か、母親はモラハラする人でしたし。
    それでも父親とは心の中で絶縁しましたが(小学校の頃)母親はたまに良い人だったこともあり絶縁出来ませんでした。

    今までの悲しみや悔しさを全部ぶつけたのは20歳頃です。
    何度も言いましたが、母は自分が正しい、お前は被害妄想だと全く反省もせずそんなことを言ったことはないと言いました。
    うちの場合は、そういう性格の母なのでもう何も求めなくなりました。

    夫に全部言ってあるので「何を言っても無駄だと流すしかない」と夫は言います
    。相手は変えられませんから自分の対応を変えるだけにしました。
    こんな母親でも孫を見せてあげたいって娘は思ってしまうんですよね。
    時々、孫を可愛がり私は完璧に育児したからあなたもそうしなさい的なことを言われカチンと来ますが最近は笑顔であなたのように育児をすると子供が私みたいに不幸になるから私なりに育てるからと言いかえします。
    それが精一杯のわたしの譲歩です。
    関係は良好です。孫にとって良い祖母であれば我慢出来ます。

    ユーザーID:0694769510

  • ノートに書き出すのは?

    どんなノートでも良いし、書きなぐりでOK(1ページに2,3行しか書かなかったことも)。
    いっぱいいっぱいどんな些細なことでも書きました。明らかに相手(母親)が悪い!という場合でなく自分に非があったことでも。
    例えば「○○の時、△△してほしかった」「○○の時、兄弟を庇うばっかりで私の云うことにはいっさい耳を貸さなかったよね」とか。
    そうやって私は自分のなかで理想の母親像と現実とを埋め合わせ、自分自身を再構築していきました。
    今現在も色々あるけど以前とは全然違う気持ちで接することが出来るように(時々落ち込むけどね)ノートも焼却処分に。
    カウンセリングはそれが合う人と合わない人があるし、かえって辛くなることが多いと聞きました。

    ユーザーID:4082645075

  • 吐き出しました・・

    親との関係に気づいてから、考えながらきたつもりですが、かなり吐き出してしまいました。それが良かったのか悪かったのかわかりませんが、回復ということからみれば、親と初めて真剣にぶつかり合える場、だったのだと思います。
    と言っても、父には携帯へメールで、母とも実家とは離れた所にいるので電話で抗議?するという形でしたが。

    母とも初めはまったくピントが合わず(合っていればこんなことにはなりませんものね)、よけいに怒りが湧いてきてしまったりでした。その時の自分の感情をもう抑えずに、一人の時でも泣いたりしながらきたことは良かったと思います。遅ればせながらの反抗期をやったのでしょうね。
    母とはそれから少しずつ、新しい関係を築いてこられているようです。

    色々書いてしまいましたが、あくまで私の場合、です。一例としてお読み下さい。
    chanさんも、まず本当の気持ちを大切になさって、ご自分に寄り添ってあげて下さいね。私も心がけていきたいです。

    ユーザーID:6278213030

  • ありがとうございます

    親に言ったり何らかの方法をとっているのですね。
    20歳頃に伯母が「おばあちゃん(母と伯母の母親)は子供の事よりも夫の事ばかり大事にする人だった。私は自分の子供にはいっぱい愛情を注ぎたい」と言われ「ああ、母はそんなおばあちゃんに育てられたからこんなんになってしまったのか(母は夫一筋の人でもありませんが)それは仕方ないな。でもこんな私も可哀想だ。」と思っています。
    確かに私は自分の子供に母よりはフォローができていると思います。子供には同じ思いをさせたくない。
    でも自分の人生を考えるとカウンセリングを受けるなり何かしていれば良かったなと後悔します。
    小学校の通信簿に「発表の場になると極端に緊張します」と書かれていて、この頃の私は親から内弁慶で大人しいと言われていましたが、今思えば、何か自分の意見を言ってもきちんと聞いて貰えず傷つくんじゃないかという思いから発表の場が苦手なんだと気づきました。
    よく、親子関係が人間関係の基本になると言いますよね。
    まさにそうだと実感します。
    傷ついても帰る場所がなかったので、1歩踏み出してみるという事がとても大きな怖い事と感じてしまいます。

    ユーザーID:2310656727

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 続きです

    過去は過去。と割り切れないものがあります。

    今の母は伯母の子(私のイトコ)をとても可愛がる事です。
    それは私が小さい時から求めていた母からの愛情・認めてもらえる、という事です。
    要するにイトコに対して嫉妬があります。

    母は、昔は親の借金や自分の病気など、今思えば母も大変だったんだな、と思います。
    なので過去の事は仕方なかったのだと流せそうだったのですが、今現在の母とイトコの関係をみているととても切なくなってしまうのです。
    私も認めて貰いたかった!話を聞いて欲しかった!自分を信じてくれてる人がいるのだと実感したかった!

    私はこんなに自分の事が嫌いなのに、イトコは親を反面教師にした伯母に育てられて素直に育って母からも頼られている・・。

    グルグルした感情があります。こんな自分、ますます自己嫌悪の日々です。
    気持ちの切り替えしないと、ですね。こんなんじゃダメですね。

    自分を好きになる事で変わるんでしょうか。

    ユーザーID:2310656727

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 言ってません

    両親には自分の気持ちを伝えてません。いろいろ思うこともある(あった)けど。
    虐待はないけど、同居の親(私の祖父母)やきょうだい、自営業だった事など、子どもにかまってる暇はない!って感じでした。
    ひねくれた子どもでしたね。親は私の本音は理解できないんじゃないかな。
    そんな私でも、夫も子どももいて、自分の家族には、できる限り愛情(なのかな?)をそそいでいるつもりです。
    子育ての中では自分の中の子どもをもう一度育てなおす感じでした。(上手く表現できないけど)
    そういう結婚してからの私を見て、特に母親は「(私が)子どもの頃は、関わってあげられなかったね、ごめんね」と言っていました。
    「私(母)が出来なかった、心の中でしたかった、親子のふれあいをしている」とも・・・
    私は親からこの言葉を聞けたことで「まあいいか」と今は収めています。
    今でも親に本音を言えない傾向はあるけど、以前ほどよそよそしくもないので。そんな感じでうす。

    ユーザーID:5674141310

  • ええ!?「子持ちのお母様」なのですよね??

    辛い過去だろうけど、もう人の母となった今、過ぎた事を(特にお母様にとっちゃ大昔の事で、娘も無事に嫁に出して安心してるだろうし)アレコレ言ってひと悶着起こす様な立場でない気が。

    過去を蒸し返すのはやめましょう、子供の為にも!
    母親がその親を責めているのを見聞きしたら、子供にも悪影響ですよ。(因果応報になる場合も。そういう親を見て育った子が将来壁にぶつかった時に過去の親の処遇を思い出して責め立てる。「お母さんが親を責める様な幼稚な人だったから私はこうなった…」とか)

    トピ主さんの気持ちはよく分かりますけど、言った所でほとんど変化も無い事が多いかも。どっちかと言うと一人相撲で終わってしまい、何らかの吹っ切れ感を得る事もあるかもだけど、挙句には「年老いた親を責め立てる成長し切れない悲しい子供だった私」と言う図式が永遠に自分に残る事になりますよ。

    トピ主さんは、すでにお母様の過去を知り達観する寸前で「こんな私も可哀相」とストップをかけてしまってます。勿体無いです。
    何代かに渡る悲しい輪廻だったのなら、ここで勇気を持って断ち切るのが主さんの出来る事なのかもしれないですよ。

    ユーザーID:4684779299

  • 私事で恐縮ですが・・・

    トピ主さんの気持ちや渇望、すごくわかるんです。実際。

    私も母親の「愛情不足」を常に感じて過ごしました。比較もされました。
    虐待とかそういうのではなく、とにかく「関心がない」と感じました。

    人との距離感がわからず、小・中・高といじめられました。

    「心理学」という分野を本で知りました。
    独学で英語を勉強し、米国に留学して大学で4年間、心理学を学びました。

    教授でカウンセラーでもある恩師からのアドバイスもあり
    母に過去の疑問や不満を吐き出し、最初のレスの反応がありました。
    すっきりです。

    私の母も感受性が強かった私に手を焼いていたと思います。
    責任のない、他人から可愛がられる親戚の女性は気が楽なのでしょう。

    トピ主さん
    ちょっと変ですが、恋愛に置き換えてみませんか?
    つまり、お母様に心的プレッシャーを与えずに様子をみるのです。
    求められない相手(この場合、お母様ですね)に求めても仕方ないことを知ることも大きな一歩になりますよ。

    子どもの時分には無茶なことでしょうが
    大人になった今ならできないことはないと思います。

    ユーザーID:5936530134

  • 言いましたよ

    親との関係がうまくいかず、悩みました。

    親にばかにされ、自信がないまま歳を重ねました。

    全くタイプの違う母、でも言わないと・・・と、責めずに淡々と自分がどんなに寂しかったか傷ついたか訴えました。

    そしたら、「お母さんにはわからない」と言われました。
    がっくりだけど、諦めがつきましたよ。

    責めるのではなく、自分がこう思っていると伝えたらどうですか?
    言う前は悩みましたが、言ったらすっきりしましたよ。

    母のせいにせず、これから自分の人生をしっかりと、と思うようになりました。

    結局、小さい頃にもらえなかった愛情を求めて、母に依存している自分に気がつきました。

    言ったことで母と自分は別な人、と実感したし、母も時々「あの時ごめんね」なんて昔なら絶対言わなかった謝る、なんてことをしてくれる時もあります。

    言ったら、自分の中で何かが変わると思うので、傷ついたとか悲しかったとか言ったほうがいいと思います。

    ユーザーID:3502944160

  • 吐き出しました

    私は、DV環境で生まれ育ったので、父親からの暴力は当たり前でしたし、殺されかけた事も数え切れない位ありましたし、また、母親は、教育熱心で、ワークホーリックで、強制的に塾に行かされたり、ピアノもやらされたり、それで、公共の場でぶったかかれた事もありました。そんな家庭で育ったので愛情なんてひとかけらも感じなかったです。私の弟なんて、そんな家庭環境のせいで、現在は、精神病にかかってます。

    それで、私が母親に吐き出したのは、20代後半の時でした。私が、アメリカの大学院に入る前の夏休みに日本でバイトをしていた時で、また、丁度、弟が精神がおかしくなって、母親に暴力を振るうようになった時です。母親には、「お母さんはいつも教育熱心で教育関係にはお金をかけてくれたんで、その事には、本当に感謝しているけど、でも、精神的にサポートしてくれたことなかったよね。お父さんが暴力を振るって、逃げるのに必死で、後は、お腹がすかない様にご飯を食べさせてくれたりしたけど、でも、それ以外の精神的なサポートがなかったんで、だから、私も弟も愛情を感じないで育ったんで、精神的に傷ついてるんだよ・・・」

    続きます

    ユーザーID:6893076989

  • 吐き出しました(続きです)2

    「私は未だに父親から逃げる夢を見てうなされるし、○(弟)だって同じように夢でうなされてるよ。こんな家庭環境に育ったことを、私は許せないし、それに、どうして、お母さんがこんな父親と一緒にいれるのか私も不思議。私だったら、子供にこんな風な環境で育って欲しくないから。それに、弟の精神がおかしくなったので、お母さんがあれこれ弟に学歴がどーのこーのってプレッシャーかかったから、こんな風になっちゃったのて分からないの?」

    って言ったら、母親は泣きました。

    それで、母の言い分は、

    「お父さんと離婚したら、一人親家庭だっていわれてお前達がいじめにあうかもしれないし、経済的にも離婚したら大変だったし・・・」

    「悪いけど、お母さんのほうがお金もうけてるのに、経済的にも大変って矛盾してない?」

    「・・・・・」

    あれから、もう7年以上経ってますけど、弟は父親に暴力を振るって警察に捕まり、精神科に入院させられました。母親は、それから少しずつは変わってきてはいますけど、相変わらず、自分の本心をいえる母親ではありません。それで私がぎつぎついうと泣くといった状態です。

    ユーザーID:6893076989

  • トラウマって、言ったもん勝ちだから。

     お母様にも言われるかも知れないですよ。

     あなたが良い子で居ようとして、それでも間が悪かったり疲れてたり、気が回らなかった時の些細な言動を論って「あなたに**されたのがずっと傷ついてた」「あの時どうして**してくれなかったの?」「子育てでトラウマになった。どうしてくれるの?」と。

     その年齢になって、子供も居るのに、まだ親が完璧でなかった事に拘るのですか?

     親子でも別の人格なんだから、とらえ方の違いや擦れ違いはあって当然でしょう。あなたの子供が30年後に、あなたの「そんな積もりじゃなかった行動」の重箱の隅をつついて「トラウマになった」と吐き出して来たら、情けなくないですか?

     今「ここが足りなかった」って言えるのは、それ以外の所を概ねちゃんと育てて貰えたからでしょうに。

    ユーザーID:9620154598

  • 私も32歳にして吐き出しました

    同じように親に吐き出した人がいて少し安心しています。
    我ながら大人げなかったかなと後悔する時もありましたが、その時からなにかがふっきれました。
    両親は立派に育てたつもりだった娘がそんな風に思っていただなんて、と、がっかりしたようですが、両親の不仲による母のストレスのはけ口になっていた事を私が引きずっていたことを(もちろん心当たりはあったのでしょう)、母は謝ってくれました。(父は相変わらずチンプンカンプンですが、それはそれで諦めがついたというか…)
    両親にも等身大の私(全然立派じゃない、そんなに余裕な人間じゃない)を分かってもらえて、これでよかったと思っています。

    今まではちょっとぎこちない親子関係でしたが、今はとってもうまくいっています。親に対して吐き出したことは、もう、一生口にするつもりはありませんよ。勿論。

    うちの場合は、私だけではなく、結果的に両者にとってよかった出来事だと思っています。

    ユーザーID:2570231707

  • 高度経済成長期の親

    って忙しかったですよねえ。。なぜか。肉体的にも精神的にも。そのくせまだ兄弟も多いから、ほって置かれたり。周りにもかぎっ子とか多かったです。

    私も小さい頃、数ヶ月単位でしょっちゅう知らない家に預けられたりしたんですよ。今思うとちょっと怖い思いもしたし、自分の子供には間違っても出来ませんけどね・・まあ忙しい時代だったと思って諦めてますが。

    「話聞いてくれなくて寂しかったよ」とか、「中学校も高校も誰にも相談できず一人で決めて、一人で事務処理もして、あのときはすごく不安だったんだ」とか、親とゆっくり話せるときに、なるべく恨み節にならないように気をつけて気持ちを伝えたりはします。本当、たま〜にですけど。

    ユーザーID:4672148616

  • 皆さんありがとうございます

    気持ちを分かって下さりありがとうございます。
    シュガー様、そうなんです。今更伝えるなんて事は、年老いた母を悲しませるだけなんだろうかとの思いがあり、今まで言えずにきましたし、過去の事として流そうとしてきました。
    でもやはり、私は達観できませんし、過去の事として流せそうだった感情が、今の母とイトコの関係をしょっちゅう目の当たりにする事で、別の感情というか課題のように出てきました。
    シュガー様のレスのタイトルや一悶着起こすだけという言葉は、私が思っていた、どうせ母に言ってもこう思われてしまうだけなんだろうか、というものでした。
    2度目・3度目の私の書き込みは、この場で吐き出してしまおうとの思いがあってのレスとなりました。
    ここで吐き出し、母の代わりに皆さんに理解していただける事で、自分の中で気持ちの折り合いをつけようとしたのかもしれません。
    ダンダン様の「イトコに対しては責任がないから」という言葉に納得ができ、羨ましく思ってしまう母とイトコに対して呪縛が幾分解けたような感覚です。
    これから母と会って実際どう気持ちが変化するのか分かりませんが、伝える時は冷静に話そうと思います。

    ユーザーID:2310656727

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 言ったことあります

    返ってきた返事は、

    「二十歳にもなって母親を求めるなんて、馬鹿じゃないの!?」

    でした。
    別の時は、

    「あんたを見てたらわかる。あんたは他人と本当の友情を築けない」

    とか。
    本人まったく悪気がないです。
    母は、「赤ちゃん返りを防ぐため、生まれて来たばかりの赤ちゃんよりも、その上の子の方を可愛がる」のがポリシーだったそうで、
    私が生まれてきたときは、私を抱くより兄を主に可愛がっていたそうです。
    そして妹が生まれ、さあ次は和の番、と思っていたところ、生まれた妹は重度の障害者。
    私はその後ずっと、ものわかりのいい手のかからない子供でした。
    それを今では反省してる、気づいた時にはもう遅かった、と何かにつけて涙ながらに語る母ですが、実際私の苦悩をぶつけたら
    返ってくる答えは上記のようなセリフです。
    母親としての彼女には、もう何も期待してません。

    「できちゃった婚でもいい、犬と駆け落ちでもいい、早く家から出て行け」

    と言われたことも。
    我が親ながら、その発想にあきれました……。
    すいません、明らかにトピずれの愚痴になりました。

    ユーザーID:4089271959

  • 大人になれた。

    幼い頃から家族関係が希薄で、今思い返してみても「個人の集まり」
    のような家庭で育ちました。
    父は、特技を生かして人とは違う道を歩んだ年子の姉をかわいがり、
    大人になって独立してから正月などに家族が揃っても、
    私は一度も名前を呼ばれなかった、なんてこともありました。

    そして、成人して少ししてから軽うつ、不安神経症などを
    患い、自分でもよくわからなくなっている中で母親と電話を
    している時に吐き出してしまいました。
    家に居場所がなかったこと。今でも居場所のない不安が
    原因の一つだと思っていること。
    母はまさに青天の霹靂、みたいな反応でした。

    それからは投薬治療を受けて精神疾患は完治しました。
    今では父親とも、少しずつ新しい関係を作っているような感じです。

    母に話して自分が一番変わったのは、主さんも書かれている
    「かわいそうな自分」という鎧が取れたこと。
    やっと、対等に大人同士として付き合っていけるように
    なった気がします。
    母親なのに・・というレスもありましたが、母親だからこそ
    自分の土台をしっかり再構築するべきだと思います。

    ユーザーID:0426426722

  • 言ってよかったです。

    小学生のとき、母は弟と妹を連れて家出しました。そのとき、私だけ連れて行ってもらえませんでした。
    母が帰ってきてもとの生活に戻ったけれど、ずっとひきずっていました。
    思い出しては泣いていました。

    私が 結婚して子供もできてから、冗談っぽく言いました。
    でも、言いながら泣きそうでした。

    「そんなこともあったね」と、返ってきた言葉はそれだけでしたが
    私の中で終わりました。
    もう思い出しても、泣くことはありません。

    ぜひ、言ってみてください。
    前に進めますよ。

    ユーザーID:6476783893

  • 理想の母親像も完璧ではありません

    >母が不憫なので親孝行の為にも。。

    などと、思いやりのある心の優しい方なのですね。
    吐き出すのは早い方がいいと想います。

    そして気付いてください、親の愛情不足で云々というカウンセリングが流行っているということを。
    親のせいにするのは甘えだと想います。
    世の中には親のいない人もいるのですよ。

    反抗期が無かったか反抗期に母親にぶつかれなかったのだと想います、だから早いうちに心の苦痛を取り除いたほうがよいと想います。

    ユーザーID:5644252490

  • おとなになったからこそ、たちむかえるのです。

    子をもつ親になったからこそ、自分のこども時代がいかにつらかったかを思い出してしまうのです。確かに「楽しかったこと」を忘れてしまって「つらいこと、悲しかったこと」ばかり心に浮かんで「悲劇のヒロイン」になっているかもしれない。

    でも、おとなになった今だからこそ、子をもつ親になったからこそ、かわいそうな自身のこども時代に別れを告るとき(親の呪縛をうけない、ほんとうの親離れ)がきたのではないでしょうか。私の母もトピさんと同じで、ひとつ下のいとこのほうが私の母と仲がよいのです。

    こども時代から母に甘えられず、濃い親戚関係にもかかわらず、実の母が私を疎外しますので。でも私も本心をぶつけて母に私の本当の気持ちを知ってもらいました。結果は悲惨でした。(他の方とほぼ同じです。わかってもらえませんでした。)けど、やったあ!!と叫ぶくらい自分では成功したという気持ちでいっぱいです。海原純子さん曰く「憎しみは愛情の凍り付いたもの」とのこと。全くその通りだと思います。いい子にならず自分の心に正直にいきてください。

    ユーザーID:2446200441

  • 言いました

    時間を作るようにお願いして、遠路はるばる実家まで帰って、母に言いました。

    最初は「そうだったんだ・・・」と言っていたので伝わった!と思っていたのですが、そのうち表面的な薄っぺらい部分しか伝わっていないことが分かり、こんな時、あんな時・・・と事実をあげて説明。

    そしたら突然、母がキレました。
    「あんた何様のつもり?ここまで育ててもらっておいて小さいことでグチグチと何の文句があるのよ。いい加減にしてよ。」で、「とっとと出てけ!!」と言われました。その後、いかに自分が正しいかを主張してきました。私がビックリしましたよ。想像以上にひどくて。

    この人全然分かってない ってこと、母性より自己愛の方が強い人なんだってことが分かりました。昔から馴染めなかったけど、改めてそういう人だと分かって良かったです。
    残念ですが、こうなったらあきらめるしかありません。よそのお母さんのような人は私にはいない と開き直れました。私がそのような母親にならないようにするだけだと思いました。

    こんな気持ちになる可能性もありますよ。アドバイスになっていませんが、何かのヒントになればと思います。

    ユーザーID:4495203908

  • 言ってません

    私のことかと思いました。

    言ってません。言ってもどうせわからないから。

    私が母の話を聞いてあげています。母は祖母にやはり愛情を注いでもらえず、その話をしきりとします。「私はアダルトチルドレンなの」とか、母娘関係の本なども読んでいます。でもあくまでも母は「娘」の立場なのです。自分が祖母からされたことを自分も私にやっていたということに全く気づかず、「私ってかわいそうでしょ」みたいなことを言います。うんざりしますが話を聞かないと怒りの矛先が私の方に来るので聞いてます。

    私も心をさらけ出せる人はいません。最近自分は人を信用していないんだということに気がつきました。夫ですら敵だと思うことがあります。

     私は「母よりも大人になるしかない」と思うことにしました。そう思うと母がちっぽけな人に見えてきます。 他人に心をさらけ出す必要はないのです。それでも十分コミュニケーションはとれます。

     ただ、うじうじ考えることも時々必要です。そうやってこういうところにはき出したら、後は前に進みましょう。自分の子どもとの関係で十分修復していけると思いますよ。
    はき出してもいいのかもしれないけど。

    ユーザーID:0069903197

  • 50才近いのにまだ苦しんでます

    いろいろアドバイスする方で、えらそうにやってました。
    でも、この問題だけは、うつの根源です。
    もう、50歳近い年齢なのに、幼稚すぎる私です。
    何を言っても無駄な母親には、言いたいことをのみこんでいます。
    年老いた両親に何がいえるでしょうか。
    でも、もんもんと辛い気持ちは、どうしようもない。
    今、更年期の欝と苦しんでます。
    自分の子供にはやさしい、いい母でいたい。
    でも、不公平感が苦しい。
    子供にはちゃんと愛情をかけないと、いつまでも苦しめてしまうものですね。

    便乗させてもらいました。吐き出しても、むなしい事です。
    でも、言わずにいられない。

    ユーザーID:6426075284

  • 吐き出してみるべきです

    私は小さな頃から、両親の愛情に飢えていた子供だったと思います。
    4歳〜8歳くらいまでチック症状があり、それから軽度の不安性障害、強迫神経症が続き、結婚して子供が生まれると、重度の鬱病になりました。

    カウンセラー、精神科医の勧めで、母親に自分の気持ちを打ちあけてみることにしました。
    それまで、自分の気持ちや悩みなど、一度も家族の前に出したことがありませんでした。自分の弱さや悩みを出すと、たちまち馬鹿にされたり、からかわれたりするような家庭だったのです。

    自分は愛情に飢えていたこと、親の小さなひと言にも、傷ついてきたことを話すと、母親は、
    「ええー、それじゃあ、お母さんがまるで悪者みたいじゃーん」
    父親は、
    「お前はお金に困ったことがないから、そんな下らない事で悩むんだ」
    ショックでしたが、目が覚めましたね。

    要するに、この人たちに何を言ってもムダなんです。
    私は今まで、「愛情ってものを持っていない人たちに、命がけで愛情を求め続けたきた」んだな・・・と。
    やっても仕方ないことに、ムダに人生を費やしてしまいました。
    それがわかって、本当に楽になりました。

    ユーザーID:9360311549

  • 今だからこそ。

    とことん言いましたよ。
    昔から何を相談しても「知らないよ知らないよ」が口癖の母、とにかく物事からどうやって逃げるか考えることが信条の母だったから、例外なく
    し〜らな〜いよ〜ま〜ったくぅ〜そ〜んなむか〜しの〜こと〜〜〜
    と駄々こねられました。
    スッキリなんてしなかったし、モヤモヤも傷も痛みも増幅、なーんも変わらなかったけど
    一つ言うなら母娘関係が逆転しました。
    もう、頼りたいのに頼らせてくれない「お母さん」ではない。
    年を取って、ヨレヨレして、子ども孫との接触を楽しみにしてる母。
    頼ろうと思わなくていいんだ。
    逆に我が子を心配するような感覚が芽生えました。
    そして母なりにがんばって育ててくれたんだろうなとけなげにさえ思えて。
    私も親になって程ないころ、いい時期だったと思います。
    こう育てられたかったというその通りに育ててもらったラッキーな人など、そうそういるものではないかもしれません。
    吐き出したところでさらに辛くなるかもしれないし、相手はなにも変わらないかもしれないけど
    自分自身の中で何かが変われるかもしれませんね。
    グッドラック。

    ユーザーID:1698491645

  • 言わなくちゃ始まらない

    子供の頃、母親の存在は絶対です。
    その母親から受けた様々な言動は、どんなに忘れようとしたって忘れられません。

    私は、いつも
    「お前は好かれない、私(母親)のほうが好かれる人間だ。」
    と言われ続けました。

    通信簿で良い成績を取れたことが嬉しくて、
    夏休みの親戚の集まりでそのことを叔父さんに話した途端、
    親戚中の前で母親に耳がしばらく聞こえなくなるほど殴り飛ばされました。
    私が誉められるのが気に食わなかったのかもしれません。

    些細なことは数え上げればキリがありませんが、
    いつもいつも傷ついて、
    私は人に好かれないんだと思って、
    うまく人間関係が築けませんでした。

    20代後半になったとき、相変わらず
    「お前は好かれない。私のほうが好かれる。」と言ってきた母親に向かって、爆発してしましました。
    今まで感じていた気持ちを洗いざらいぶちまけてしまいました。

    母親は反省しているのかはわかりませんが、
    とりあえず、私を蔑む言動が少なくなりました。
    今では母親のことも一人の人間としてみることが出来ます。
    あの時、吐き出して良かったと思っています。

    ユーザーID:4570858784

  • トピズレですが、或る母親さん

    すいません、どうしても我慢できなくて、トピズレ失礼します。

    或る母親さん
    >親の愛情不足で云々というカウンセリングが流行っているということを。
    って、どういうことでしょうか?
    親子の関係が精神的に影響を大きく与える、という研究がちゃんとされ始めてまだたった50年くらいなんですよ。
    それをひとくくりに「流行だから」「なんでも親のせいにするのはよくない」と言われるのには、抵抗があります。
    親子関係のこともなーんにも考えずに、ただ自分の感情のまま育てた結果、毒親になっている親がいることもわかっていただけないでしょうか。
    親だって人間だから感情の波がある、というのは、親側のエゴですよ。
    親なんだから、大人なんだから、家の中での絶対的権力者なんだから、だからこそ子供に対して気を配らないといけなんですよ。
    簡単に家庭の中で暴君になれるからこそ、自分の言動をちゃんと冷静に振り返らないといけないんです。
    子供からすれば、親は自分の生死を握っているんです。
    それだけ強い影響力を持っているんですよ、親は。

    ユーザーID:9063342085

  • 大きな子供

    小さい時に足を踏まれたと言って踏み返す子供がいませんでしたか?
    子供だから「目には目を」的な考えになってしまってもしょうがないかーとは思うけど。
    踏まれたんだから踏み返して当たり前と思っちゃうんでしょうね。謝罪して欲しいとかよりも、とにかく踏まれた事実を相手に教えてやらないと気が済まないんですよね。
    「今、足踏まれたよ。痛かったよ。」と冷静に言える子供もあんまりいないと思うし。
    ただ、トピ主さんはもう立派な大人、ですから!「しょうがないっか。痛い思いしたけど、彼女も足をひきずって真っ直ぐに歩けないんだし。」と思う事だって出来る知恵もあるでしょうから。

    足を踏み返して、その時の相手(親)の歪んだ顔を見る事で例え相手から謝罪が無いにせよ、気持ちがせいせいするならお母さんに伝えてもいいと思います。実際それをしてせいせいして前向きになれた人が結構いるし。
    ただ、それで吹っ切れたからと言って、そんな事で「大人になれた」なんて勘違いはしないほうがいいと思います。それをやる事は大きな成長のチャンスを自らドブに捨てるのに近いです。

    ユーザーID:4684779299

  • 吐露はせず、内省をくり返し、現在良好です

    同じく30代ですが、
    自分の性格について長年悩みを抱えてきました。
    特に恋愛において、見捨てられ不安に常に駆られてしまう為に
    相手から疎んじられてしまう事が多々ありました。
    2年程前、とても気に入った相手が出来たにも関わらず
    これまでと同じパターンに陥ってしまった自分に大変落胆し
    この自分の心理は何なのかと、調べた結果
    「アダルトチルドレン」という言葉に行き当たりました。
    関連書を手当たり次第読み、
    健全な親子関係を築けなかった過去の自分=インナーチャイルドを
    癒すセルフワークを自分なりに重ねました。
    書籍に記載してあった通り
    最初のうちは、胸の奥に封印されていた記憶が甦ることによって
    親に対する憎悪が爆発しました。
    当時は親元で暮らしていた為、親の顔を見る事が本当に辛かったです。
    けれどもワークをくり返すことにより
    「親も親なりに一生懸命だったのだ」という気持ちに至るようになりました。
    未だに自分の性格に関し悩みはありますが、
    以前の様な行き詰まった感情はありません。
    むしろ現在の自分を、不器用な人間ながらも誇らしく思います。
    吐露なさる前に、一度内省されることをぜひお奨めします。

    ユーザーID:7608347823

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧