• ホーム
  • 男女
  • 完全な人間はいない。完全な親もいない。

完全な人間はいない。完全な親もいない。

レス29
(トピ主3
お気に入り18

恋愛・結婚・離婚

あいこ

 この言葉、結婚を考えている今、とても重く感じます。

 私の70歳になる父親が言いました「人が生きるということは、汚物をまきちらしながら生きることだ」と。
 そして父は、思春期の頃に私を虐待し、家族や親族を裏切り、家庭を経済危機に陥れた自分の弱さを、正当化しました「人間は完全ではない。完全な親もいない。俺はこれでいいと思っている」と。

 人が弱く不完全な存在であると指摘する父の言葉。不完全な生き物である人間が、子供という新しい生命を生み出し育てるという矛盾。その親のもとに、予期せず生まれてくる命。
 私自身、30歳近い今でもまだまだ人間として至らなさが残る人間です。そう、私だって完璧じゃない。私も、知らず知らず汚物を撒き散らしながら生きている人間のうちの一人なのでしょう。
 父のようにそれを正当化したくはない。でも人間存在の弱さを指摘した父の言葉は重い。私とて、自分の人間的不完全さが、やがてわが子を傷つけるのではないかと怖くなりました。
 このように思うのは私だけでしょうか。皆様、私の父の言葉、どう受け止めますか。

ユーザーID:5568243000

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • だからこそ少しでも良くなろう、優しくなろうとするのが人間

    お父様の言葉は言い訳っぽい。確かに完全じゃないから失敗することは誰にでもあるし、感情に押し流されたり、間違ったことをしたり、自分の至らなさから誰かを傷つけることもある。でも人を傷つけてしまったら、後悔して償いたいと願うのが人間らしい人間なのでは。

    居直って自分の罪に苦しまないのは人間的ではない。お父様も苦しいから言い訳している気がします。でも、そんなのは誰の救いにもなりませんよね。自分自身が一番救われない。たぶん苦しいから言い訳するのでしょうけど、謙虚に償いたい気持ちが無い限り、表面は強がっていてもきっと心の中は無間地獄。もし良心の呵責を感じて悔いることができたら、苦しくても救いがあるのでしょうけど。

    結婚して夫になり妻になり親になって生きていく中で、お互いに傷つけ合ってしまうことは必ずある。みんな完璧じゃないから。一度も失敗しないで一生を終わる人はいないでしょう。傷つけてしまって後悔して償って、傷つけられても立ち直って、時には許して生きていくのが人間かなあ、と。

    お父様とトピ主さんは親子とはいえ、まったくの別人です。許し許される温かな人間関係、家庭をあきらめないで。

    ユーザーID:9711327887

  • 真実でしょう

    お父様のお言葉非常に的を射ていますね。
    そして、その弁から察するに反省してるんですよ、今になって。
    我々は生物学上では、遺伝子を脈々とつなぐ鎖の一部でしかありません。次世代に遺伝子をつなぐだけの意味しか個々人にはないのです。100年後には、誰もあなたのこともお父様のことも覚えていませんよ。
    親として出来る限りの善意をもってしても、結果的に悪だったということもありますし、人間の弱さで、何が正しいのか頭でわかっていてもそれが実行出来なかったという事もあると思います。
    人間らしくていいじゃないですか?いい所も悪い所も弱さもあるのが人間で、愛ってそのすべてを受け入れることですから。まずは、ご自分やご家族の過去を含めて人生を受け入れることからはじめましょうよ。あなただけが、ブラックな過去を持つ訳じゃない、みんなそうやって生きてるんです。

    ユーザーID:1527925684

  • 「完全ではない」から誠実に生きなければならない

    「完全な人間はいない。完全な親もいない。」字面だけを見ればまさにその通りでしょう。

    でも、それは自分勝手をして、家族に、社会に、迷惑を及ぼしている当人が自分で言うことではありません。「完全ではない」ことは、自分勝手をして他人に迷惑を掛けることをいっさい正当化しません。

    身内や社会の迷惑にならないように、誠実に努力をしたのに、その甲斐なく、結果として失敗してしまった人に対して、その誠意と努力を認め、失敗を慰めるために他人がかける言葉です。

    傍若無人に自分の都合だけで生き、公序良俗に反して恥じない輩は、人の姿はしていても社会的には爪弾きの鼻つまみ者です。

    そもそも、そのような社会不適応者に「人間の何たるか」を語る資格はありません。

    完全な人などいません。だから、誠実に生きなければならない、少なくとも、そう生きるように努力しなければならない。それをせずに「完全な人間などいない」と開き直っている者ばかりでは、人間の社会は崩壊してしまうでしょう。

    人の世で求められているのは、完全ではなく、誠実。少なくとも、誠実に生きようとする努力である、とB坊は思います。

    ユーザーID:8712489947

  • うが〜!!!

    虐待された子どもが「完全な人間はいない。完全な親もいない。」って言って親を許すって言うんだったらまだしも、した側がそんなこと言うなんて本っ当に吐き気がします・・・。そういうセリフはやるだけのことをやった人いうことで、お父さんの場合はただの開き直りってものです。
    毎日毎日寝る間も惜しんで努力をしてる人がいう「人事を尽くして天命を待つ」と、毎日食って寝てるだけのいうそれとは雲泥の差ですよね。
    そんな父親の言葉を重く受け止める必要なんてないですよ。

    「完全な人間はいない。完全な親もいない。」確かにそうでしょう。だからと言って努力を放棄したり、人を傷つけたことへの免罪符なんかにはなりません。

    ユーザーID:2190050461

  • 不完全でも及第点を目指せ!

    トピ主さんのお父様の言葉に返すなら「だから何だ? お前が虐待したことの免罪の理由になんてならねーよ」です。

    完全な親なんていないでしょうよ。
    でも子供を愛し、守ろうとする親なんていくらでもいますよ。
    大切なのはいざというときどうするか。普段が20点のダメ親だって、子供の危機に体を張って見栄を捨て全力で守ろうとするならそれが子供にとっては最高の親です。

    子供とはいえ別人格の人間同士、全く傷つけることのないつきあいなんてありえません。でも、傷を恐れて何もしないつきあいよりずっと大切なものが手に入りますよ。
    親だろうが悪かったら謝る。愛情を態度と言葉で伝える。それさえできれば修復できないことなんてあまりないですよ。

    人間ですから機嫌の悪いときはいつもより叱り方がキツかったり、八つ当たりだってしてしまうかもしれません。ご飯だってレトルトを使ったり、3日続けてカレーかもしれません。
    でもいいじゃないですか。そんな時もありますよ。

    私も至らない人間ですから完全な親にも人間にもなれませんが、まあ、「及第点」のもらえる親にはなりたいなと思います。

    ユーザーID:7312183860

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 私の父と同じ言葉

    私も、父に同じ言葉を言われたことがあります。
    「人間は完全ではない。俺はこれでいいと思っている。これが俺だ。」

    うちは、あいこさんのところほどではないですが、
    やはり父に問題があり、私と妹は成人してからも、
    対人関係が上手く築けず、苦しんできました。
    思春期の頃、そんな父に精一杯の疑問と願いをぶつけたときの答えが、
    上記です。

    その時、私は、歯を喰い縛って穏やかに、
    「だから、そのままなの?
     少しでも良くなろう、前に進もうとするのが人間じゃないの?」
    と話しました。
    涙だけポタポタ流れましたが、取り乱さずに必死に話しました。

    それ以来、父は、私を大人として扱ってくれるようになりました。
    また、前からは考えつかないくらい、
    自分を改めようという努力が感じられるようになりました。

    でも、あれから10年。
    歳をとるにつれ、父は昔に逆もどり。自信満々暴君です(苦笑
    人間は弱いものですが、それを修正し、強くなっていけるのは若いうち。
    老いた後に、今までやってきたことや人格を批判され、
    自分でも間違いを認め、修正するのは、
    若い人間が考えるよりもずっと難しく、苦しいことなのでしょうね。

    ユーザーID:1706537688

  • トピ主です 父との談話2

    「父の自己正当化を認めなくていい」というたくさんのご意見に励まされ、再度父と話し合う力がもてました。ありがとうございます。

    また父ともめてしまったので、追記させていただきます。

    私は父の生き方を批判しました;「人は誰しも知らず知らずのうちにだれかに自分の垂れ流した汚物を拭いてもらって生きている、それは真実でしょう。しかし自分の弱さを当然他の人も持っているものだとして一般化するのはあまりに自己弁護的。汚物を垂れ流しても、気づいた時点で自分でふき取って、誠意をもって償いをして生きるべきだ。人が自分かわいさに垂れ流した汚物を、黙って被り続ける人間もいるのだ」と。

    そうしたら父は、返信に「引き続き、汚物を垂れ流します」などと書いて自分の人生とはいかなるものかを何百行にもわたって延々と書き連ねるのです、それが私への虐待の言い訳として私を納得させるかのように。

    32歳女同棲中さまのご返信にありましたが、「自分の人生を、父を受け入れるべき」と。このような父親を持ったという自分の宿命は受け入れますが、こんな父を受け入れ愛さなくてはならないのでしょうか。

    ユーザーID:5568243000

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 父との談話3 (読んでくださってありがとうございます)

    とても苦しくてどなたかに聞いていただきたいので、すみませんが三回目の投稿を引き続きさせてください…。

     もともと脚の悪い母は、私を産んだことで自身の生命を危険にさらしましたが、そんな私の出産を、父は希望していなかったといいます。彼いわく、「性交の喜びは、神が人間に与えた宝。貧しい人間にとって性交は最大の喜び」であり、そんな放埓なふるまいのすえに私という生命が誕生したことを自分の責任でないかのように結論するのです。

    そしてひょっこり予期せず生まれてきたのだから子供は親の犠牲になって当然かのように言います。さらに「俺は汚物を垂れ流す」と宣言して、文字通り私に汚物を垂れ流す父。反省しているのならまだしも、のうのうとよくもそんなことを考えられるものだと、この人間に対して、怒りと悲しみと、憎悪を抑えることができません。

    どうやって、この父親を受け入れ、愛すればよいのでしょう。
    どんなことがあっても相手をまるごと受け入れるのが愛情だとは言いますが…

     

    ユーザーID:5568243000

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 読んで思わず心の中で

    トピ主さんの御父様に対し「けっ、ふざけんな。てめぇが言うセリフじゃねぇよ」と毒づいてしまいました。(乱暴ですみません。)

    どのような大切な言葉も、言う人と状況によって意味合いが全く変わります。
    御父様のような方が、トピの題目のセリフを言っても、それは大事な言葉だと受け取る者はおりません。単なる逃げの言葉でしかありません。

    しかも、「人間は完全ではない。完全な親もいない。」に続く言葉が、例えば「この言葉に免じて、今までのことを許してくれ。済まなかった。これからは心を入れ替える」と、今までのことを詫びるものであれば、まだ救いようがあるかもしれません。

    ですが、実際に続いた言葉は「俺はこれでいいと思っている」。今までの過ちを全く詫びていませんよね。正当化にすらなっていません。

    > 私とて、自分の人間的不完全さが、やがて
    > わが子を傷つけるのではないかと怖くなりました。

    毒になる親を持つ子が誰でも恐れる「負の連鎖」ですが、きちんと自覚していれば大丈夫。御父様を反目教師にすればよいだけの話です。

    トピ主さんは、心配せずに前に進んで下さいね。

    ユーザーID:9618738284

  • 人間は弱い、でも考えて行動することはできる

    「人間は汚物を撒き散らしながら生きている」
    とは、お父さんが自分の生き方をそう言ったまでで、全ての人間の生き方がそうであるなんてどうして言えるのでしょう。
    お父さんの開き直りの言葉にまどわされないでください。「完璧でない」お父さんの言った言葉です。

    トピ主さん自らが考え、感じたとおりに行動してください。
    周りにふりまわされすぎないように…

    悪いと思ったことはしない
    心配であれば、事前に調べて勉強し、準備をしておく

    人間は考えることができます、反省し、次の行動へ移すことができます。問題が起きそうであれば予防することができます。
    ご自身で考え、律し、行動すれば大丈夫です。
    決して悪事を正当化せず、常に自己を省み、次につなげていけばいいだけのこと!
    このような努力をしてもいないのに「人間は完璧ではないから…」と心配するのは馬鹿げていますよ。

    ユーザーID:2859613107

  • 確かにそうだけど

    そう思って正当化しちゃったら、そこから先は何の進歩もないですよね。

    不完全であったっていいけど、反省し学ぶことができるのが人間。
    それができるからこそ失敗も許されるのだと思います。

    そんなことがまかり通るなら刑務所いらないじゃん。

    ユーザーID:0164144340

  • 他の皆さんもおっしゃってますが…

    他の皆さんもおっしゃっていますが、確かにトピ主さんのお父様の言葉には一理あると思います。でも、大切なのはそこから少しでも自分を昇華させようとする努力があるかどうかではないでしょうか?

    それを思う時、失礼ながらお父様の言葉は開き直りのように感じます。実は私も両親との関係で壮絶な体験をしたのですが、そうした中で生きてきた自分の体験からも、お父様の言葉は謝罪や後悔ではなく開き直りとしか感じられないのです。

    今後トピ主さんがご結婚され、お子さんが生まれた時、何らかの形でお子さんとの関係に嵐が来る事もあるかも知れません。しかしもしそんな事が起きたとしても、その嵐に背を向けてしまうのか、嵐の中に踏み入って行くのかで、お子さんの感じ方は変わると思うし、理解してくれる時も来ると思います。

    お父様のご年齢では、もしかすると後悔の気持ちを持っていたとしても素直に出せないのかも知れません。しかしそれは単なる言い訳で、嵐に背を向けて来た結果だと思います。そんなお父様の姿は、トピ主さんの中で反面教師としてなるのではないですか?

    ユーザーID:5932809229

  • 親が言うことじゃないと思います

    私の親も人生をネガティブな言葉で表現する人でした。

    「人なんか信用できない」「幸せはお金で買える」等々です。
    子供心に「例えそうだとしても嘘でも(偽善でも)いいからもっと親らしい言葉を言ってくれたらいいのに・・・」と思ってました。

    「人が生きるということは、汚物をまきちらしながら生きることだ」
    なんだか正しい事に聞こえますが親が子供に言うことではないと思います。
    それに「汚物」という言葉の選択もイヤですね。

    トピ主さんが悲しい気持ちになるのは当然だと思います。

    ユーザーID:3724094617

  • 一緒にするな

    回りに迷惑をかけず一人で生きてきた人間はいませんが、
    その分周りの為に生きようと努力すべきだし、し続けなければいけません。
    完全な人間はいないかもしれないが、そうなる努力は恒久的に続けるべきです。
    また、子供を育てることは獣でもしていること。それができなかった人間は言わずもがな。

    あなたのお父さんは良心の呵責から開き直っているだけで、屁理屈にもなっていません。
    そのような人に人間としてひとくくりにされると不愉快この上ないです。

    ユーザーID:6973465048

  • 父との談話3まで読みました

    二回目のレスです。

    トピ主さんの葛藤はよくわかります。今、お父様を愛するなんて不可能な事だと思います。私の父もトピ主さんのお父様と似たタイプです。
    今、私は父を受け入れています。経験を聞いて下さい。

    現在父は80歳。糖尿や脳梗塞もあり痴呆です。痴呆になってから激烈な性格が穏やかに変わり時には赤子のような無邪気な笑顔をすることがあります。

    父が痴呆になってから私の心はすっかり楽になりました。穏やかになった父を見ながら「もっと昔からこんな風なら(お互い)良かったのにね」と思いました。
    父に関する負の感情は驚くほどあっさりなくなりました。
    その時に思いました。

    「相手が変わる事でしか解決できない事もある」と・・・

    よくある話ですが父は愛情に恵まれない人でした。母からずっと性交渉も拒否されていたと思います。
    それでも私は父を幸せにするのは父自身でしかないし母を幸せにするのも母でしか出来ないと思っています。(やっと今、40ウン歳にしてです)

    無理に愛することはできません。自分を幸せにして下さい。

    ユーザーID:3724094617

  • わかりません

    >どうやって、この父親を受け入れ、愛すればよいのでしょう。

    どうして受入れなければならないのでしょうか?
    どうして愛さないといけないでしょうか?

    人は完璧でないのなら、すべての人を受入れなければならない、愛さなくてはいけないというものでもないように思います。

    しいていうのなら「許す」これだけでいいと思います。

    ユーザーID:6503443694

  • 2回目です。

    まるごと受け入れましょうってよく言いますよね。
    この場合がトピ主さんがするべきことは、「父親がそういう人間だということを受け入れて」、そして「そんな父親を許せない自分のことも」受け入れればいいんじゃないでしょうか?
    私だったらそんな父親はもう死んだものと思って縁を切りますね。受け入れるってことと許すってことは違うと思うんですよ。そして、トピ主さんを傷つけておいて開き直る父親を許す必要なんてないと思います。

    ユーザーID:9295997839

  • そんな親、愛さなくていいです

    トピ主さん、親だからってなんでも受け入れ、愛さなくったっていいと思います。

    あなたは、あなたです。
    たしかにその父親の遺伝子があなたを誕生させたのでしょう。
    でもね、だからってその親の考えをすべて受け入れ無くったっていいはずです。

    人間は失敗を繰り返して生きています。
    私なんか失敗ばかり。
    でも一生懸命考えて次ぎこそは前よりもうまくやる!って思いながら進んでるつもりです。
    確かに人間は完全じゃない。
    がんばらない自己を正当化しているあなたの父親は、私から言わせてもらえば、くだらない。
    勝手に汚物をまき散らしていけばいい。

    あなたはそんな考えに染まらないでください。

    結婚を考えておられるとのこと。
    きっと楽しい生活がまってますよ。
    目一杯幸せになってください。

    ユーザーID:6388408483

  • 愛せなくていいと思う(2度目です

    あいこさんのレス、読みました。
    私は、お父様を「受け入れ、愛す」必要はないと思います。
    あいこさんが受け入れることができない、と感じるのなら、
    それに罪悪感を感じることはないのです。

    私にとって、父は愛憎入り交じった対象です。私なりに受け入れています。
    でももし、あいこさんのお父様のように、
    「変わろう」という気配が欠片も感じられないでここまで来たのなら、
    愛憎もなく、軽蔑だけで決別したと思います。

    失礼だけど、あいこさんのお父様には、
    同じ人間として話しが通じないような気がします。
    だから、無理に愛しそうとしたり、受け入れようとして苦しむ必要ないと思う…。
    もうご高齢のお父様だし、今から変わってくれることはないですよ、きっと。

    あいこさんが今苦しいのは、まだお父様と解り合いたい、和解したい、
    という希望を捨てきれないからではないかと思います。
    しかし、レスを読んだ限りでは、
    そうした希望を捨て、「この人と解り合うのは無理!」と割り切ってしまった方が、
    あいこさんのためには良いような気がします。

    人は汚物の“ような”存在だけど、“本物の”汚物になってはいけない、のです。

    ユーザーID:1706537688

  • もういいですよ。。。

    トピ主さん、私もトピ主さんほどではないですが
    似たような状況です。

    私が出した結論は。。。愛そうなんて思わないし、もう何も期待しない。
    です。きっと死んでも涙も出ないでしょう。
    私も大人になってから、冷静に父親に話した事があります。
    帰って来た言葉は「子供のくせに生意気に」「誰が育ててやったと
    思ってんだ」「お前らの気持ちなんて知らねぇ」etc...の暴言でした。

    子供を平気で虐待できる親もいます。
    そんな人間受け入れる必要もないんです。
    もう十分に苦しみました。これ以上傷に塩を塗るような
    事しなくていいと思います。

    自分は絶対に、あんな親にはならないと
    そこだけを追求すればいいと思います。
    傷つけられたからこそ、わかる事もあるはずです。

    ユーザーID:4392878731

  • トピ主です

    ふくらすずめさん、32歳女同棲中さん、B坊さん、ももさん、チャトさん、ジルさん、ほしさん、むうさん、ももりんさん、ぼむぼむさん、ハム子さん、ぴよきちさん、なんで?さん、かぼちゃぱんさん、お返事くださってありがとうございます。

    ぼむぼむさん、父はもう自分では後ろを振り返ってみられないくらい年をとってしまったのでしょう。それがまた彼には苦しいのだと私も思います。それで父は良心の呵責から逃げることしかできないのでしょう。

    ジルさん、ハム子さん、辛い思いをうちあけてくださってありがとうございます。人間って時とともに変化するものなんですよね。良かれ悪かれ、その変化が私たちの関係にもやってくるときが来るのだと思います。今焦るのではなく、私たちが今後どうなるか、少し休息を入れながら歩んでいこうと思います。

    B坊さん、私もどうしようもなくがんばっている人に対するなぐさめの言葉として「人は完璧ではない」と言ってあげるようにしたいと思います。
    そして私は、人間の弱さをわかっていつつも諦めないで、子供にも素直に謝って一緒に成長できる母を目指します。

    まだまだお返事をおまちしております。

    ユーザーID:5568243000

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • お父様70歳ですから

    65歳の私の親も暴力父親でした。。亭主関白で。。同じですね。

    ところでお父様の生まれた時代の事考えたことありますか?
    70歳というと完全に戦前時代です。
    お父さんのお父さんは?
    大日本帝国で育った人間の価値観
    未だに、戦争の事を、真実を言いたくないという人が多いのです。
    だから、その当時のことは、私達現代人にとっては想像を絶するもの
    だと思います。

    そんな時代に育った人に、育てられた人に、心の余裕などありません。
    生きることで精一杯なのでしょう。

    でも、あなたは、この豊かな時代で育ったのです。
    あなたの傷を癒すのはあなたなのです。

    ユーザーID:3599531819

  • うちの父も

    うちの父は働いたことがなく、ギャンブルで借金をこしらえ、金がなくなると子供にたかる親です。いつも言っていたのが、親に感謝しろって、感謝しないと地獄に落ちるのだと。わたしたちは、ほかの父親を知らないので反論するすべもありませんでした。その父も70歳を越え、反省することもなくボケてしまいました。すべて忘れてヘラヘラしてます。この父に関わっては、まわりの人たちが苦労するようになっているようです。むくいが…バチが…当たらないのかと落胆しています。父から学んだことは反面教師でがんばる、ということです。

    ユーザーID:4387372052

  • 巣立っていいんだよ、あいこさん!

    私も家庭に問題ありで葛藤してました。大学卒業して親の希望で帰郷したものの心身ともにボロボロになり家を出ました。帰郷したくないけど、あれでも親なんだから親孝行しなきゃとか思ったんですがね。

    その後、心理学とかの本をよみまくり、カウンセリングにも通い、親とは疎遠な生活です。実父がなくなったとき、ちょっとショックで悲しかったけど、意外なほど早く吹っ切れました。それまでにもういっぱい悩み苦しんできたからだと思います。親に期待するものがないから腹も立たなくなっていました。産み、育ててくれてありがとう。グレもせず、犯罪も犯さず、自殺もせず、成人しました。

    ちゃんと教育を受けて、仕事もし、結婚して孫の顔も見せました。(遅かったけど)自分の家庭は反面教師でできるかぎり愛情こめて思慮深くがんばって幸せにします。なります。だから、親との関係はもうチャラね。という感じです。最低限のお付きあいだけ。あいこさん、まだまだプロセスの途中で苦しいかもしれないけど、大丈夫だよ。充分がんばってるし、離れちゃえ!やまない雨はない。陰ながら応援してるよ。

    ユーザーID:2038522972

  • 時代は関係ない

    トピ主さんのお父上が物心付く頃は、戦争は終わっています。受けた教育は、マッカーサーの影響を受けた教育のはずです。そして、高度成長期・・・

    時代のせいでしょうか? 

    私には、そうは思えません。私の父も同じ年代ですが、戦争のことなど覚えていないそうです。

    トピ主様、お父上は変わらないし、変わる気もないということを受け入れられますか?期待をすれば、腹も立ち、悲しくもなります。 期待をしなければ、何が起ころうと、平気になれます。「あ、また言ってるわ・・・」で終わり。また、理解などしようとしないことです。出来れば、違う星からきた人類以外の生命体ぐらいに考えてください。

    ユーザーID:0644717629

  • 貴女は自分の心を守る それだけでいいのです

    愛さなくてはと苦しまなくてもいいですよ
    その苦しむということ自体が相手を慈しんでるから出てくる感情ですから
    ですからこれ以上は必要ないのです
    だって、貴方のお父様を愛していないこの私は、「けっ 寝言は寝てから言え」としか思いませんし、苦しい気持ちにもなりませんもの

    完全だろうがなかろうが、どんな理由を並べようと、自分勝手に生きていくという宣言ですよね
    なら、ご自由に、と言っておいてもいいと思います
    そして貴女も
    「私も完全な人間じゃないから 汚物の世話は嫌。放り出して逃げるわよ」
    と距離をおきましょう
    子供に迷惑(精神的etc.)かける父親も 相手がいなければかけようがありません
    貴女が関わらなければ、彼は汚物とやらを撒き散らす機会が減って万々歳です

    彼のためにも、何よりも貴女のためにも距離を起きましょう
    相手がナニを言おうと、傷つけられる為に傍にいる必要は無いのですから

    お父様がかわいそうですか?
    まあ、これは彼がかたくなに選んだ道ですから
    何歳になっても代わることは出来なくても代わる努力は出来るものですよ

    ユーザーID:8360072174

  • ある意味かわいそうな・・

    トピ主様のお父様に対し失礼な発言、お許しください。

    不完全な人間どころか、お父様は本能のままに生きる、は虫類の脳が優位の人間なのです。

    人間が人間らしくあるのは、大脳新皮質、特に前頭葉、新しい脳が発達しているからだそうです。理性や知性、感情など高度な精神活動が行われます。

    は虫類のままの人間に、高度に発達した人間が何を言っても通じない、心に響かないのです。

    知性と理性、愛情と慈悲の心は、は虫類にはありません。
    お父様の子どもの頃の養育環境に問題があって人間の脳がじゅうぶん育たたなかったのかもしれません。
    年老いて脳は退化する一方。人間らしさを取り戻すのは不可能だと思います。

    あきらめるしかないです。
    ある意味、かわいそうな人かもしれません。

    ユーザーID:7716118580

  • 解釈が違う

    確かにそうでしょうけど、それは努力した人間が言える言葉では?
    何もしないでそう言うのはただの「逃げ」だと思います。
    汚い例え話ですが、汚物を撒き散らしてもそれを拾って歩けるのが人間。トイレという便利な物を作ったのも人間。巻き散らかしたままなら動物でしょう。お父様の言葉を要約すれば「汚物は出るものだから仕方が無い」とトイレまで我慢せずに道端で排便するようなものです。人間ならそれを恥ずかしいと思い反省して止める努力をすることが出来るはずです。それをしないのはただの怠慢か無恥でしかありません。
    わが子を傷つけるかもしれないと言うのなら、今のうちに育児書を読み漁って傷つけない方法を探してください。たとえもし傷つけてしまったとしても反省して止めればすむことです。自分で止められなければ相談所などもあります。世の中には人間が完璧でないからこそ助け合う機関がたくさんあるんですよ。この小町だってそうですよね。

    ユーザーID:3941245652

  • 読み直して

    トピ主さんの返信を読んでいませんでした。トピ主さんはトピの出来事はもう解決されたんですね。同じ事を言ってしまってすみません。
    私ならそう解釈をする父なら同じ言葉を返します。「完全な子供はいない。別に生まれたくてあなたの元に生まれたわけじゃない。」と縁を切ります。私も両親と確執があります。親へは愛情というより金銭面だけとはいえ育ててくれた恩のようなものが少しあるだけです。今は実家を離れ距離を取っています。かたくなになっている人に何を言っても仕方がないと思います。自分が言っていることを身をもって体験させ、反省させる必要もあると思います。お父様の言葉をかりるなら、親だからといって無理に愛する必要もないということではないでしょうか。

    今では両親も孫が生まれ、少しずつ変わってきています。相変わらず強情で反省の言葉はありませんが、行動の端々に以前とは違う愛情を感じます。トピ主さんの親もいつかは変わるかもしれません。

    ユーザーID:3941245652

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧