了解と了承 ニュアンスの違い

レス10
(トピ主2
お気に入り4

生活・身近な話題

よよよ

私はよくメールで友達との連絡事項に対する返信として、
「○○の件了解しました」と使います。

先日あるお店に対してメールで質問(送料に関する事)をし、
その返信に対して納得ができ、今までなんとなく『了解』がくだけた感じで
『了承』が改まった感じだと思っていたので、
「送料の件了承しましたので注文させて頂きます。」と返信しました。

送信した後に本当にそうなのか疑問に思い、辞書で調べると

『了解』・・・物事の内容や事情を理解して承認すること
『了承』・・・事情をくんで納得すること

とありました。
ということは、『了解』は承認することとあるので上から目線のような
感じがします。『了承』は単にわかりました、という感じでしょうか。


実際皆さんがこの言葉を使われたらどんな感じがしますか?

また、このようなニュアンスが違う言葉って他にどんなものが
あるでしょうか?

メールをする上で相手に不快感を与えないようにしていきたいです。

ユーザーID:6148701673

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不快感はない

    特にどちらにも不快感はありません。

    了解はガッチャマンが「ラジャー」と言ってるように(笑
    下の人が上の人に使う言葉っぽいですが
    自分は「内容を理解して、受け入れました」という意味で使ってます。
    了承は「相手の言うことを受け入れ、納得してます」という意味で使ってます。

    なんとなく「了承」の方が受け身且つ丁寧な印象でしょうか。

    ユーザーID:4112292076

  • 漢字の意味で考えると

    漢字の意味で分解するとしたら

    解…解は「わかる」「とく」等、意味を理解し、納得するという意味。
    承…承は「受ける」の意味。

    改めて考えると難しいですね。
    普段仕事で使っているのは上司から指示された時に「了解しました」と返事をしますが、「了承しました」とは使いません。
    もし別の使い方をするとすれば「承知しました」ですね。
    了承を使うとしたら、こちらからお願いする時です。
    「ご了承いただけますでしょうか」「ご了承下さいませ」とか。
    この場合「了解いただけますか」では違和感があります。
    解するのは本人であって、第三者から解れと言うものではなく、
    どうか受け入れてください、という使い方の方がしっくりきませんか?

    私の結論

    了解…自分が納得した場合、自分に対して使う。
    了承…相手に納得して欲しい場合、相手に対して使う。

    どうでしょう??

    ユーザーID:7722666585

  • 了承は正式、しぶしぶ

    「了承」のニュアンスは、
    ・会議の決定や上司の決済を経ましたよ(正式感)
    ・(多少不満はあるけれど)そういう事情なら仕方ないね(しぶしぶ感)
    という感じで、優位な立場にある人が使う印象です。
    なので相手に「ご了承ください」と使うケースが圧倒的に多いです。
    「了解」は、了承よりも個人的で素直な感じです。

    ユーザーID:4983247493

  • まちがってたかも

    私は了解というのは、あどべんとさんがおっしゃるように

    > 下の人が上の人に使う言葉っぽい

    という認識でいました。

    了承については
    「しぶしぶOKする」というニュアンスがあると思っていて
    基本的には使っていませんでした。
    ただ「了解」というのも、友達同士で上下関係みたいで何か
    違和感を感じながら使っています。

    なので、約束の返事などは
    「○○の件、確認しました。」とか、了解の時は
    「了解でーす」とちょっとノリ良く書いたりしています。

    このトピを見て、辞書を引きましたが私の頭ではまだ確定で
    きません。
    小町って、本当に勉強になります。
    トピ主さん、勉強になる問いかけをありがとうございます。
    私もきちんと把握したいです。

    ユーザーID:6286447438

  • なるべく「了解」を使います

    私のあくまでも個人的感覚ですが、ちょっと極端に言えば
     「了解」=快く承諾
     「了承」=相手の事情を考慮し、やむを得ず承諾
    のようなイメージがあります。

    なぜそう感じるのか考えてみましたが、日ごろ、企業やお店が“顧客にとっての不都合な事柄”を事前に断っておくような場合に「○○ですのでご了承ください」といった言い回しをよく目にするからかもしれません。

    つまり私の感覚では、「ご了承ください」は、申し訳ありませんが・・・というニュアンスを含んだ“かなりへりくだった言い方”です。
    そのため、もしこれに対して「ぜんぜん構いません♪」という意思を伝えたい場合、「はい、“了承”いたします」と相手の言葉どおり返してしまうのは何となく失礼なかんじがしてしまうのです。
    (「お許しください」に対してふつう「ハイ許します」とは答えないとの同様で。)

    逆に「了解です」は“あっさりと快諾”のイメージがあり、もし自分が言われても不快に思うことはありません。

    ユーザーID:0895523281

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 難しい

    何度も何度も「了解」と「了承」の意味を読み返しました。
    普段、何気なく使ってる言葉でも、よくよく考えると難しいですね。
    そこで・・・考えてみたんですが。
    「了解」というのは(親しい言い方で言うと)「うん、わかった!」というような返答と同じような意味で「了承」だと「うん、いいよ!」というような返答と同じような意味では・・・・と思ったりもしました。
    ん〜〜〜でも、それもなんだか違うかなぁ・・・・
    気になる・・・・

    ユーザーID:1954161704

  • あまり気にしなくても?

    あどべんとさん、ありがとうございます。

    なんとなく「了承」の方が丁寧な印象というのは私も感じますが、
    かといって「了解」でもそんなに悪い印象でもないですよね?

    自分が気にするほど、まわりは気にしてないっていうこともありますしね・・・

    ユーザーID:6148701673

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 意味合い的には、さほどの違いはないようですが

    了承の使用例を見ると

    ・この件は落着したとご了承いただきたい
    ・学校当局の了承なしにクラブをつくった
    ・この案を了承なさいますか
    ・ 立見席しかありませんがご了承ください

    と一人称を対象にした使い方はされていませんよね。

    対して了解は

    ・その件は了解した

    というように一人称にも使うことから、概ね新婚さんの考え方で
    良いのではないでしょうか?

    トピ主さんの「送料の件了承しましたので注文させて頂きます。」の使い方
    は私は少し違和感を感じます。了解で良かったのではないでしょうか?

    ユーザーID:7836671677

  • 分かった、受け入れる

    了解=分かった。納得した。
    了承=受け入れる。

    了承の方が丁寧な(形式的な)場合に使うイメージが強いのと、納得していなくても受け入れる、というような感じがあります。

    「XXの事情がありますので、ご了承ください」というような、ニコニコでOKじゃないかもしれないけど、事情があるから受け入れてね、受け入れるね、というニュアンスです。

    ユーザーID:4525834596

  • トピ主です

    みなさんいろいろご意見ありがとうございます。

    みなさんの意見を読んで、一番わかりやすいのは新婚さんの

    了解…自分が納得した場合、自分に対して使う。
    了承…相手に納得して欲しい場合、相手に対して使う。

    という考え方かな、と感じました。

    ユーザーID:6148701673

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧