球技センス

レス14
(トピ主1
お気に入り8

趣味・教育・教養

ぱぴこ

私は子供のときからなぜか球技センスが全くありません。

陸上、水泳などは普通にこなせましたが、小学生時代のドッジボールに始まり、中学、高校の球技大会やら遊びでのバレーボール、卓球、テニスなどすら楽しいと思ったことはなく、いつも緊張感に苛まれ惨めで苦痛な思いをしてきました。

原因を考えると幼少時マンション住まいで近くにボール遊びをするような場所がなかった、親も球技に興味がなく一緒に遊んだ記憶もない、私本人もインドアな遊びが好きだった、などからセンスのなさに加え幼少時からの経験不足ではないかと推測しています。そして現在、小三の長男が私に似たのか、センスがないようなのです。。。運動神経はかなり良いのですが、球技だけは本人も苦手感があり、野球やドッジボールをやりたがりません。

私自身の過去の惨めな経験や、球技を楽しめたらどんなにか人生楽しみが増えるだろうという思い、そして男の子でプライドが人一倍高い彼のこと、球技ができないことで今後惨め感が強くなるのでは、という懸念から少しづつでも練習しようかと考えています。昔は苦手だったけど練習してこなせるようになった、などの経験やアドバイス等あれば教えてください!

ユーザーID:1795586775

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も球技センスゼロでした

    どうして学校教育だと、球技ばかりやらせるんでしょうね。私も球技センスはゼロでした。小学生時代は無理にやりましたが、とにかくつまらなかった。そもそも、下手では面白いわけがないです。
    私の場合、苦手な原因は肩が弱いと言うか、とにかくボールが遠くに飛んでくれませんでした(泣)。握力もなかったので、球技には中学生の段階で見切りをつけて、剣道や空手の武道に切り替えました。竹刀だの木刀だのを扱うのはボールと違って向いていたようです。剣道をやってからは、野球ではボールがバットに当たって飛ぶようになりましたし、ドッジボールも玉に当たらなければいいので、投げずに終了時間まで逃げ切る方法で勝ってました。
    運動神経が良いのならば、球技に執着する必要はないと思います。その他のボールを使用しない競技に切り替えればいいと思います。特に武道系はやればそれなりに球技への応用が効くと思います。
    うちは遺伝的に球技にあまり適性がないのか、祖父は銃剣道、父は剣道と駅伝、弟は空手をやってました。祖父の時代はともかく、父や弟は武道の経験と運動神経で、球技の場合は適当に何とかしていたようですし、私もそうしています。

    ユーザーID:4372730872

  • 練習方法で良くなります。

    トピ主様今日は。
    球技で大事なのは(何でもそうですが)、継続です。
    その次が反射神経で、仕上げが動態視力です。
    継続は体力の向上を促進し、
    反射神経は瞬発力を育成し、
    動態視力はボールの方向確認・速度判断・
    進路予測性を高めます。
    何れも努力で平均的レベルに達すると思いますが、
    良いコーチに恵まれると格段に上達致します。
    私など走るのが速いだけで、中学では100m走県大会
    優勝位しか取り柄が無かったのですが、良いコーチに
    見出され卓球を始めると、高校では5大都市横浜代表に
    成ってしまいました。
    これは自慢では有りません。
    人より一寸運動が好きで、良い指導者に出会えば
    変わると言う事です。
    ご子息も球技を嫌がらずに継続すると、変われる
    と思いますし、仲間を観察し何故上手かを考えて行えば
    上達もするでしょう。
    まず楽しんでボールに接するようになると良いですね。

    ユーザーID:9316280045

  • 学校教育には球技の方が便利

    学校で球技が中心なのは、チームワークを教えるのに最適なのと、一度に多くの子供が競技に参加できて効率が良いためです。
    球技がいまいちの子供には、おもしろくないかもね。

    私は球技が好きですし、チームワークのすばらしさも理解できますが、その反面、自分がどんなに頑張っても、チームの誰かのミスで負けてしまったりすると、心から「ドンマイ」と思えない時がありました。
    心が狭いなあと思いますけど(苦笑)

    だからチームメートの出来不出来に関係ない、個人種目の方が好きな時もあります。

    ただ、私の周りではスポーツが得意な人は球技も個人種目も両方得意な人が多く(どちらを好むかは別として)
    子供の頃、ボールで遊ばなかった・・とかは大して関係ないように思います。

    ユーザーID:3205798830

  • いわゆる「運動神経」について

    運動、特に球技のうまさには、3つの要素があります。機械に例えると、センサー、コントローラー、エンジンやタイヤなどの実働部分です。

    センサーとは、ボールや周囲のプレイヤーの動きを認識する能力。動態視力や有効視野、方向感覚の問題です。
    コントローラーは、身体を動かす能力。センサーで感じとった情報を元に、身体のどの部位にどれくらいの力を入れてどう動かすかを判断し、実際に動かすまでの、主に脳から神経の問題です。
    実働部分は、フィジカル、文字通り身体能力。筋力や柔軟性、持久力や瞬発力の問題です。

    陸上や水泳などの個人競技はうまいけど球技はダメ、という人は、フィジカルの能力に比べてセンサーの部分が未発達であることが多いそうです。天性の才能の差が一番出る部分ではあるのですが、ある程度は訓練でカバーできます。まずボールをよく見、周囲の人を見ること。あとは慣れです。

    ちなみに、水泳の北島康介選手は、陸上で行う球技はまったくダメだそうです。まあ、水泳選手の場合は、陸上運動に適応できない肉体になっちゃってるせいもあるんですが。

    ユーザーID:6024932553

  • トピ主です

    皆様的確なアドバイスありがとうございました。私自信のことを考えると、持久力はあり運動するのも大好きなのですが、反射神経や動体視力が劣っているような気がします。実は私の兄弟も皆球技は苦手です。遺伝ですかね!?ましてや苦手ということでウン十年避け続けてきたので発達するはずもありません。息子には好きなことをしてほしいし、それで自信が持てたらベストだと思いますが、何せやる機会の多い球技、あまりにも惨めだと可愛そうで。。。幸い主人は普通に球技をこなせる人なので、休日はなるべく親子で楽しく球技をの練習をしたいと思います。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:1795586775

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 一番手っ取り早い(体育で)

    コミュニケーション能力・人とのチームワークを習うのに一番手っ取り早いのが球技でしょうか。
    私も小さい球の球技ができなくて苦労しました。

    ユーザーID:3729999954

  • それだけできれば

    球技以外できるのならいいじゃないですか〜。と私は思っちゃいました。
    私は運動は何ひとつできません。
    娘は、もっとできません。
    走っても遅いし、球技もダメ。同じ位置に立ったままでドリブルもできないほどで、トホホです。
    鉄棒もダメです。唯一一輪車に乗れるんですが、他の子が乗ってても誰も驚きませんが、娘が乗ってると回りはそれはそれは驚きます。
    それくらい運動がダメダメです。
    練習でどうにかなるならとも思いましたが「できない自分」を受け入れるのが早いと思い「そうさ〜苦手なのさ〜」というスタンスでいます。
    私の知り合いで、プロ野球に入団した人がいますが、男前でスポーツ万能。
    でも、悲しいかな泳げませんでした。夏の体育は大嫌いと言いながら、プールでは毎回おぼれかけていました。
    でも「まぁ俺にも苦手なものもあるのさ」とご愛嬌でした。
    そういう気持ちも大事かなと思いました。

    ちなみに娘は1年生の時に剣道を始めましたが、あまりにスローな動きなので、先々本人がつらい思いをするかもしれないと思い、引越しを機にやめてしまいました。
    運動のできない娘の胴着姿を見れただけでも幸せです。

    ユーザーID:4333132051

  • 小学生のバスケは

    運動神経がなくても、頭でカバーできるかなぁと感じました。小学生のバスケだと、ボールを持ってる子ばかり皆注目します。でもその子じゃなくて、その子が行きたい場所やパスしたい相手をマークするだけで、結構ボールが取れました。攻撃は得意な人にお任せ。そして敵をかく乱したり、パスを受けるなどサポートに回る。シュートもドリブルも下手だったけど、バスケだけは楽でした。

    ただ野球は振っても当たらない(笑) これは反射神経やらいるんでしょうね。

    ユーザーID:2130608140

  • 何でも出来たら、スーパースター

     何でも出来る人なんていません。あの、柔道金メダリスト井上康生さんが、高所恐怖症と聞いて、親近感を覚えるように、誰でも、苦手なことはあります。

     私も、運動神経が良くて、器械体操をしていましたが、何故か? 球技は苦手でした。踊りも、水泳も苦手です。考えてみると、個人競技は得意で団体競技は苦手という傾向があるようです。水泳が苦手なのは、水泳をすると足がつる為、恐怖感があるからです。

     大事なのは、長所を伸ばしていくことだと思います。

    ユーザーID:1335653385

  • すごくわかります!!

    私も球技は全く駄目です。
    走るのも泳ぐのもはっきり言って相当速いです。市で一番になった事もあります。
    しかし!!球技に関しては本当に駄目で学校で先生にもびっくりされていましたし、高校時代は常に得点係でした。だからハンドボール投げのあるスポーツテストで1級を取ることが絶対出来ませんでした・・・というか3級すら怪しいくらいでしたよ。飛ばないんですよボールちゃんが。

    中学時代部活で新体操をしていたのですが、もちろんボールが苦手で演技の規定がボールの年にはレギュラー落ち。
    偶然中学3年の最後の年はリング(フラフープ)だったので団体のレギュラーになれましたが・・・部活の先生もその差にびっくりしていました。「練習すれば出来るようになるというレベルじゃないね。もう」とまでいわれましたから。

    で結局大切な事は得意分野を生かす事じゃないかなと思います。
    ボールを使わないスポーツに全力を注ぐ!!
    ボールを使うスポーツになったら隅に行く・・・ではなくそれでも積極的に参加する。出来る範囲でいいんです。なんとか乗り越えられますよ!!

    ユーザーID:3601554763

  • 好きなことで伸ばしましょう。

    今 小3ですよね。
    違った参加の仕方もあると思いますよ。

    我が息子、小学校6年間リレーの選手、マット・鉄棒など何でも出来ます。アル競技(個人種目)では全国レベル。
    しかし・・・・・トント球技は×!!
    動体視力も???、性格もあるのかしら??と真剣に思っています。
    向かっていくタイプなので、競技的に引いて受けるものは苦手なようです。この間はサッカーでオンゴールしたとか・・・(苦笑)

    しかし・・瞬発力は抜群なので、ドッチボールは逃げる専門。でも、それってチームの戦力だったりします。ドッチは「ボールをよける」が語源ですからね。

    息子さん ぱぴこさんが球技が苦手の過去があって、事あるごとに言っていると、子どもは暗示にかかりやすいので、得意なことで「すごいね〜」と誉めて伸ばしてあげて下さい。

    何か一つ自信があると、球技が出来なくても、惨めにはなりませんよ。

    ただ、親子で楽しむ経験でしたら しゃかり気にならず、どんどんボールけりや、キャッチボールなど楽しんでくださいね。

    我が家のお気に入りは、温泉卓球です♪

    ユーザーID:1395715612

  • ボールとの距離感

    私に初めてテニスを教えてくれた先生が、
    ラケットを持つ前に、まずボールの落下点を予想して、そこに移動するだけの練習をさせました。

    球技はボールとの距離感を頭の中でイメージ出来るかによって、
    出来不出来がずいぶん違うという事でした。
    ボールが向かってくる速さ、
    自分が向かう速さ、
    高さ低さ、右左。

    それが感じられないと、ボールが向かってくるだけで怖く感じてしまうそうです。

    まずボールに慣れるために、ボールの行き先に行ってみる、追いついてみる。
    キャッチしてみる。

    打ったり、プレイする行動はそれからでも、良いそうです。

    慣れる事が一番なのかもしれませんね。

    ユーザーID:6872944402

  • 自分も苦手だった

    自分も球技が苦手な男子でした。男で苦手だと結構辛いですねえ。

    大人になればそういうことから逃れられるのですが、子供の頃は
    そうもいきません。でも、お母さんがお子さんのことを思って
    一緒に練習しようというのはとても良いことですね。お子さんも
    嬉しいと思います。柔らかいボールでキャッチボールをしてみるのも
    良いかもしれません。

    得意になる必要はないと思いますが、せめて惨めな思いをしないくらいには
    してあげてください。今のうちなら間に合うと思いますよ。

    ユーザーID:9893411228

  • 楽しむこと

    僕は運動はできてずっと小1〜高3まで満点評価でした。
    父や兄も運動ができたので遺伝もあると思います。
    技術や指導もありますが、1番重要なのは楽しむことです。
    楽しい、悔しいと言う感情は、ドーパミンが出て良いのです。
    また続くので上手になることが多いです。

    スポーツは、技術(柔らかさ)と筋力(硬さ)が重要です。
    とにかく多くのプロ選手が言ってるように、毎日道具やボールに触ることは大事です。
    筋力は高校、大学以降で重要ですが、今は柔らかさ■感覚を身につければいいと思います。
    柔らかさにリズムは重要なので、音楽を聴きながらバスケットボールをするとかいいですよ。

    ユーザーID:4074753913

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧