この映画に出会えてよかった

レス65
(トピ主2
お気に入り80

趣味・教育・教養

電影迷

わたしは映画が好きです。最近は残念ながら、映画館で見る機会がありませんが、DVDではよく見ます。好きな映画はたくさんありますが、「出会えてよかった」と思える映画はあまり多くはありません。

わたしにとってそれは、チャウ・シンチー監督の「少林サッカー」と三谷幸喜脚本の「笑の大学」です。

この二つに共通しているのは、途中は思い切り笑わせておいて、最後に感動を与えてくれるというところです。特に「少林サッカー」の後半からエンディングにかけては何度見ても感動します。「笑の大学」の役所広司の最後の台詞と表情もすばらしいです。

みなさんは「出会えてよかった」映画はありますか。

ユーザーID:0887375072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数65

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • はいはい。

    どちらも見ました。良い映画ですよね。私も好きです。
    私は、小津映画の「東京物語」ですかね。
    なんともいえない余韻が残ります。
    こういう手法は撮り方によるのですかね、淡々としているが故に、とても哀しい。
    この感性を持つ日本に生まれて良かったと思う素晴らしい映画です。

    ユーザーID:3673733976

  • フック

    観て良かった、楽しかったと思った映画は多々ありますが、
    出会えて良かったと思えた映画はこれ、
    1991年に公開された、スティーヴン・スピルバーグ監督の「フック」です。
    ピーターパンが大人になった世界の話です。

    感動(泣き所)は普通、クライマックスあたりでやってくるのに、
    この映画はしょっぱなからあるセリフで泣かされました。

    仕事が忙しくて子供のサッカー大会を観に行けない、と言う主人公(ピーターパン)に、
    奥さんが「あなた、子供はすぐ大きくなってしまうのよ。今は「来て欲しい」と言っていても、いつか「来ないで」と言うようになる時がくるわ・・・。」

    この映画は子供を持つ夫婦に観てほしいなぁ、と思いました。

    ユーザーID:8686427094

  • 覇王別姫  さらばわが愛

    自分の中のベスト1です。

    京劇の劇団に売られた男の子が、女形の人気役者になりながらも、日中戦争、文化大革命という歴史の波に翻弄されていきます。

    公開時には体調を悪くしていて観ることができず、数年後に地方の映画館で観ることになりました。(出かけた先で、偶然上映していました)
    なんと表現してよいのか、うまく説明できませんが。。。人間の業というのか、「それでも生きていかなければならなかった人々」に圧倒され、涙していました。

    その後、あまりにも観たい気持ちが強すぎたのか、虚脱感のようなものに襲われて、しばらくは映画館に足が向きませんでした。

    ユーザーID:0059377183

  • アンドリューNDR114

    私は「笑の大学」は見ました。
    稲垣吾郎と役所広司の丁々発止のやり取りが面白く
    さすが三谷幸喜だなと思いました。

    私の「出会えてよかった」映画は
    ちょっとマニアックなんですが
    2000年に公開された「アンドリューNDR114」です。
    それまでも主演のロビン・ウィリアムズの映画は
    ミセス・ダウトなどを見て好きでしたが
    この映画は非常に素晴らしかったです。

    原作がロボットSF作家の巨匠、
    アイザック・アシモフだったからというのもありますが
    ただのお手伝いロボットがちょっとした回線の都合?で
    人間のやることなすことに興味を持ち、だんだんと人間になっていく、
    それをロボットの所有者の一家が四代にわたって見守る、
    そして最後に究極の人間への憧れ、死に至るまでの過程が
    非常に自然に描かれていていました。
    この映画を見ることで生命について考えさせられました。

    ユーザーID:2789425266

  • 大感動!

    「海の上のピアニスト」でしょうか。生まれてから生涯、船の上で生きたピアニストの物語です。
    ラストの展開には、もう泣けます!
    都会の喧騒に晒された後に観たい映画ですね。

    ユーザーID:3354144898

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私は。

    「千と千尋の神隠し」です!!

    訳わかんないって人も多いと思うんですけど、私ははまりました。
    あの不思議な世界にでてくるキャラが現実の世界でも「いるいる〜」っていう感じで。しかも誰も悪者として扱っていない。そんな世界で生きる術みたいなものを教えてもらった気がします。「生きていく強さを身に付けていく千」に勇気をもらいました〜!!!

    ユーザーID:1152715532

  • 映画を観るシアワセを感じました

    韓国映画「オアシス」

    前科のあるちょっとスロー気味な男性と
    脳性麻痺で全身・言葉の自由が利かない女性の純愛。

    韓国映画で純愛、なんていうとありきたりの
    わかりやすいストーリ、なんてイメージがありますが、
    この映画は全然違って、とてもテーマが深いです。
    ちょっとしたユーモアが利いていて
    笑っちゃったりするけど、笑いながら「どうして私は
    笑ってるんだろう?」と考えると、
    自分の中の偏見とか、そういうものに気づかされます。

    だからちょっと重くもあります。
    でも、なんとも言えず、優しい気持ちになれます。
    この映画で"泣き笑い"初めて体験しました。
    あと、女優さんの演技がすごいですよ。

    ユーザーID:9705769524

  • アンジェラの灰

    出張の帰り、駅のすぐ近くの映画館で、帰りの電車までの待ち時間に見ました。終了時間が発車時間の30分くらい前で「ラッキー」なんて思ってたんですが甘かった・・・
    もう最後大泣きしちゃって・・・泣きはらした目で特急列車に乗るわけ有り風な女になってしまいました。絶体絶命でした。
    その後DVDも買って時々泣いてます。

    ユーザーID:7828521371

  • 20年前にみた

    学生のころだったか、友人と映画館に2本立てのメイン「恋に落ちて」を見に行き、もうひとつの「キリングフィールド」に衝撃を受けました。

    ベトナム戦争の中の友情がテーマなんですが、
    少し気分が悪くなりそうなシーンもありましたが、ラストは泣けました。
    昨年BSで久々に観ましたが、何年たってもやはりよかったです。

    そして、上記のとは正反対の娯楽映画として「パイレーツオブカリビアン」!
    ここ数年アメリカ大衆映画は衰退かと言われつつあったなか、
    さすがエンターテイメントの本場と思わせられました。
    小学生の子どももすっかりはまり、新作を観にいくのを楽しみにしてます。

    ユーザーID:8835349346

  • キューティーブロンド

    感動モノでもヒューマンでもなく、【可愛いブロンドの女の子が自分を振った弁護士志望の元彼と同じ大学に行く為に猛勉強、合格して勉強しながら元彼を取りもどそうとする】というようなポップで楽しい映画なのですが、見終わった後にすーごく元気が湧きました。

    《あー私も頑張ろう!うん!頑張ろう!》と、特別悩んでいたり弱っていたわけではなかったのですが、とても前向きな気持ちで映画館を出たのを覚えています。

    今でもちょっと疲れて気持ちが弱った時に、《あー…、キューティーブロンドでもゆっくり見ようかな…》と思います。

    ユーザーID:5500624581

  • 愛しのローズマリー

    「愛しのローズマリー」という映画です。
    「恋におちたシェイクスピア」に出ているグウィネス・パルトロウと「ホリデイ」のジャック・ブラックが出ています。
    ネタばれになるので内容はふせますが、「人間大事なのは外見じゃない。中身が一番大事なんだ」ということを教えてくれます。
    自分に自信をなくしそうな時に観直して「内面を磨こう☆」と前向きな気持ちになれる映画です。
    この映画は私に色々な大切なことを教えてくれました。
    私の人生のバイブル的な映画です。

    ユーザーID:7781731579

  • いいトピめっけ!

    私が一番泣ける映画は、是枝監督の「誰も知らない」です。
    「泣け!泣け!」という押し付けがましい涙ではなく、
    主人公の気持ちに触れ、自然と涙が溢れてくるのです。
    実話をモチーフにしているというところが衝撃です。
    トピ主さんはお子さんはいらっしゃいますか?
    いらっしゃれば、尚のこと感動します。

    あとは「ギルバート・グレイプ」でしょうか。
    若き日のジョニー・デップとディカプリオが共演しています。ディカプリオが障害児の役を熱演していて(当時彼を知らなかった私は、本当にこんな人だと思っていました)これまたジーン…とする話です。

    「さびしんぼう」「ニューシネマ・パラダイス」もいいな。

    私はあまりドンチャンする激しい映画は好きじゃないので、こんなところですかな。

    ユーザーID:2045671687

  • いくつか

    私もいくつかありますが、ひとつは
    「リトルダンサー」です。
    最後は目頭が熱くなりました。
    ありきたりなメッセージかもしれないけれど夢をあきらめないで、と伝わってきたような感じです。

    海外在住なので日本の映画の情報がとても遅れているのですが、最近「誰も知らない」を見ました。
    実際に起こった子供置き去り事件を元にして作られたようで、悲しい結末ですが、そこまではとても爽やかに描かれています。
    子供の演技も本当に演技なのかな、って思うくらい上手です。
    母親の「私は幸せになっちゃいけないの?」という言葉、自分も親になり親と子供との関係がどうあるべきかを再確認させられました。

    そこまで人生が変わるほど、と言うわけではありませんが、上記の映画に逢えて良かったなぁ、と思いました。

    ユーザーID:3988899198

  • 私も

    当時付き合っていた旦那に連れられて映画館で観た少林サッカー。何の期待もしないまま映画が始まり…ところがどっこい、これがとんでもなく面白くて2も観に行きました!
    私のお薦めは「ロミオ&ジュリエット」と「シカゴ」です。どちらもテンポが良く音楽もいいのでストレス解消にピッタリです♪

    ユーザーID:4585211840

  • 『デーヴ』

    一映画ファンです。
    見てよかった映画はいっぱいありますが、私の一番手はこれですね。

    ケビン・クライン
    シガニー・ウイーバー主演の
    『デーヴ』です。

    大統領の遊びの間、大統領そっくりの目立ちたがり屋でお人よしの男が影武者をする事に、しかし大統領が倒れてしばらく大統領を続ける事に…。
    って感じのヒューマンコメディですが、中盤からラストは何度見ても感動してしまいます。
    元気になりたいときはコレを見返します。

    ユーザーID:7150925548

  • ライムライト

    古い映画ですが、
    チャップリンの「ライムライト」がそうです。

    映画を見に行った時の自分は、生きる意味を見失っていて、
    この映画に出会えた事で、とても救われた気がします。

    ラストの方では、隣に座ってた人がびっくりするほど、
    泣いていましたっけ。

    ユーザーID:6393241750

  • ロング・エンゲージメント

    戦争映画の最高傑作だと思っています。
    悲惨な戦争から戻ってこない婚約者の安否をひたすら探し続ける女性・・。
    フランス映画らしくユーモアや温かさにも溢れていて感動の1本です。

    ユーザーID:2256637163

  • 私が正直感銘?受けたのはラストサムライです

    実を申せば姫路の書写山円教寺での撮影現場にて雑踏警備に駆り出された警備員の一人が私です。あの当時は自分がそれ程感銘を受けるとは全然思ってなかった しかし、テレビで映画の予告を見るなり直ぐ映画館まで見に行こうと思ったんです。見終わって、感動…じゃないな。演出、迫力、躍動感に魅了されてしまった それからです 私が武士道の本を探して読む様になり、以前より関心が有った幕末や新選組の本まで読む様になったんです 今でもそれは続いて居ます 武士道は儒教と結びついた道徳心です 戦前戦中は武士道の教えを誇張し過ぎて悲劇の教えとまで言われましたが…皆さんもせび読んで下さい

    ユーザーID:8094564072

  • 『群れ』

    トルコの映画。
    私はこの映画を見て、愛を打ち負かしてしまう憎しみを知りました。
    同時に、夫婦や兄弟愛の美しさも。
    きれいごとが一切入っていない重い映画ですが
    心に深く残っています。
    映画館の有った京都の三条河原町(繁華街)から、わんわん泣いてバスに乗って帰りました。
    若いから許されたんでしょうね。

    ユーザーID:2824686784

  • 私は!!

    「ラブ・アクチュアリー」と
    「ショコラ」
    です。
    どちらも、心にじわ〜って染みてきて、
    何度見ても、温かな気持ちになります。

    ユーザーID:5541174850

  • 【ロッキー】です

    私が映画館で観た初めての映画です。
    親に連れられ行ったのですが、当時5歳の字幕も読めない私には内容が理解出来る筈もなく・・・。
    退屈でお菓子食べたり親に話しかけ「静かに!」って怒られたりして・・・。
    「裸の男同士が殴り合って最後に叫んで女の人と抱き合ってた」事しか分らずウチの親も含め周囲が泣いてるのを不思議に感じてました。

    でも中学の時、何気にリバイバルを観に行ってビックリ!!!
    すっごい感動しました。5歳の頃分らなかったセリフにもエイドリアンと抱き合ってるシーンにも。
    映画って感動するものなんだって実感して涙が止まらなかったのを憶えています。
    それ以来、学校生活でつらい事があったり社会に出て躓いた時には【ロッキー】を観て自分に気合を入れてました。

    なので、ずっと【ロッキーシリーズ】とスタローンの映画は欠かさず習慣のように観に行っています。
    本当に【ロッキー】に出逢えて良かったです。

    ユーザーID:3911374020

  • The way we were

    邦題で「追憶」だったと思います。バーブラ ストライザンドの主題歌も含めて大好きな映画です。観る度にバーブラ演じるケイティーの力強い生き方に勇気づけられます。そして若きロバート レッドフォードは今のブラピより断然かっこいい。

    ユーザーID:5730813369

  • 映画の好きな人は月に何回映画館に行くのかな

     私は2回です。ここのそれぞれのレスに出てくるタイトル。見たことがあるというものも多いのですが、見たかったのに見逃してしまつたのもありますね。テレビ画面で見るのと、スクリーンとでは....小さな後悔。
     古いところでは、ドクトルジバゴ。旧ロシアからソビエトになるころの大河ドラマ。チャップリンの娘のジェラルディンが主役の一人です。ひまわり。ソフィアローレンとマルチェロマストロヤンニ。音楽も重要です。一面のひまわり畑の映像に、このテーマ曲が重なると胸がキュンとなります。アンドロイドは電気羊の夢を見るか。
     最近でもいい映画はたくさんありますが、出会えて良かったというと。
    イノセント。近未来を描いたアニメですけど、独特の世界観がたまりません。
     

    ユーザーID:8711502323

  • 蝶の舌

    へんてこなタイトルのこの映画は、ファシズムが台頭しようとしているスペイを舞台にして少年と老教師の心の交流を描いています。ほのぼのとした物語ですが最後は悲劇で終わります。平和な時代に生まれて良かったと思いました。

    なつめさん。
    「キリングフィールド」はベトナム戦争ではなくカンボジア内戦が舞台だったと思います。

    繰り返しますが、平和な時代の平和な国に生まれて本当に良かったと思います。

    ユーザーID:1482943686

  • とっても古いですが

    「レインマン」と「レナードの朝」は感動できますね。

    ロビン・ウィリアムズの「生きる」もいいですね。

    誰か知っていたら教えてほしいんですが、ダスティン・ホフマンの映画でうれない役者が女装してTVの人気者になる映画ってなんていう映画なんでしたっけ?

    ユーザーID:7402650754

  • 「追憶」

    バーブラの一生懸命さ、可憐さとロバート レッドフォードの正当性の格好良さ、そして映画の素晴らしさ。涙涙です。きっとバーブラのいけてない女の子が上流の男の子に憧れるという設定はその時の自分と一緒だったからだと思います

    ユーザーID:6700484231

  • そりゃあ何といっても「風と共に去りぬ」

    コレしかありません。
    何度も繰り返し見ました。
    悩みがあるとき、無性に見たくなります。
    この作品を超えるものは、(私にとっては)ありません。

    なお、次点は順不同で次の作品デス。
    イル・ポスティーノ
    羅生門
    東京物語
    市民ケーン
    ローマの休日
    カビリアの夜

    シンドラーのリスト
    火垂るの墓
    寅さんシリーズ

    ユーザーID:6891206400

  • あえて邦画から。原作小説も良い作品です。

    「TOMORROW 明日」
    太平洋戦争中の長崎の市井の人々の日常風景を描いています。数日前に生まれた新生児、その母親、祖母、結婚したばかりの若い夫婦、恋する少女、みな懸命に生きていて心温まる描写が続きます。
    しかし、彼らの話す「明日」は1945年の8月9日なのです。
    原爆が投下される前日から翌朝までの日常風景を綴った、井上光晴の小説「明日・1945年8月8日・長崎」を社会派の名匠黒木和雄監督が実写化した映画です。あえて原爆炸裂後の悲惨な情景は描いてありません。出演は桃井かおり、田中邦衛、仙道敦子、長門裕之、原田芳雄、佐野史郎などです。
    この小説の実写化作品としては映画とはやや演出の違う、大竹しのぶ主演のTV版もありました。

    「大誘拐 RAINBOW KIDS」
    大金持ちの老女誘拐を実行した三人組の若者とそれに関わる人々を逆に手玉にとる老女の姿をユーモラスに描くコメディです。天藤真原作の同名小説の映画化で、監督は岡本喜八です。
    私的に感じたキーワードは「百億円」と「家族」。スケールがでかいんだか小さいんだか、とにかく面白くて、温かい気持ちになります。

    ユーザーID:9301580350

  • トピ主です

    みなさま、レスありがとうございます。
    名前は知っているものの、見たことがない映画がたくさんありました。
    今後の参考にさせていただきます。

    rottaさん
    そのダスティン・ホフマンの映画は「トッツィー」だと思います。
    これはわたしも見ましたが、良かったですね。

    ユーザーID:0887375072

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • MILLION DOLLAR BABY

    MILLION DOLLAR BABY
    主役の三にんはもちろん脇役が上手かったです。
    マギーの母親一家、自己中の卑しさ丸だし。
    ジムに入り浸りで軽薄な若い男、強いボクサーには絶対になれないがボクシングを愛している。
    卑しいなら卑しいなりに軽薄なら軽薄なりに、でも「自分は自分」と迷う事なく生きています。
    最期の結末には賛否両論がありましたが、こんな生き方もアリと思いました。
    邦画では「フラガール」
    自分の生き方は自分が決める、自分を信じて親に殴られ家を出てまで自分を貫く。なんの迷いも無く・・。
    蒼井優さんのファンになってしまいました。
    「博士の愛した数式」深津絵里さんの透明感のある静かな演技。
    好きですね〜。
    古いところで「道」・ジェルソミーナは悲しいですね。
    「禁じられた遊び」「汚れなき悪戯」「自転車泥棒」「鉄道員」「裏窓」「第三の男」「鳥」「処女の泉」「男と女」「あの胸にもう一度」「太陽がいっぱい」
    最近では「クィーン」
    みなソックリでパロディーみたいですが、中身は真面目。
    女王も首相も意外に質素な生活なんですね。

    嫁と姑は永遠の課題ですね、時代と身分に関係なく・・・。

    ユーザーID:9890782800

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧