子供に英語って必要ですか?

レス60
(トピ主0
お気に入り25

妊娠・出産・育児

まんが

レス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まんがさんの意見に賛成です。

    アメリカの大学を卒業したものです。
    英語は確かに早ければ早いほど発音などもきれいに出来るようになると思うのですが、それ以前にお子さんが興味があるかないかにかかってくると思います。

    「日本に居て普通に生活するには必要」とお友達の方が言ってるようですが、
    私にはそうは思いません。私は仕事で英語を使いますが、
    仕事以外のところで英語が必要だとは思いません。
    だってここは日本でしょ?(笑)
    確かに話せたら日本語の話せない方々に道案内とかなど出来ますが、
    それもめったなことがない限り、そう言う場面には遭遇しません。

    お母さんであるまんがさんが『私は学校の英語の授業くらいで十分だと思いますし、子供が勉強したいと言ってからでも遅くはないと思います。』と思うのであれば、それが答えだと思いますよ!

    ユーザーID:5323436855

  • 9歳までに

    9歳までに外国語環境に身をおけば
    ネイティブなみの発音になるそうです

    それ以降では、どんなに上手くても
    やっぱり母国語なまりの英語になると思いますね

    私は海外に長く住んでいるうちに、訛り方で
    たいていの出身国(言語)が分かるようになりました

    ところで、日本人のお母さんが日本人の子供と日本国内で
    英語で会話する光景をみました
    親がいくら得意でも、ネイティブ以外の発音は、逆効果なのでは

    ユーザーID:6135523345

  • トピ主さんの言うとおり

    英語を話すことに関して、コンプレックスや、優越感を持っている親が、子供に必要以上の英語教育を与えるようです。 二言目には、ネイテイブ並。このあたりの親の心理を狙った商法ですね。  私は幼児期からの外国語教育など、お金の無駄と思います。 

    個人的な見解ですが、一番大事なことは、自国の文化を知り、言葉をきちんと知的に話せるようになることと思います。 そして自国語で教養を養うこと。 理路整然と自分の考えを述べることが出来ること。 これが基本と思います。

    学校の教科書の内容をしっかり学びましょう。 基本は大事です。 もし外国に住むことになったなら、そこから実生活で、応用を始めればよいわけです。

    また、外国語を学ぶのであれば、発音・アクセントに多少の難はあっても、きちんとした英語が話せれるようになることが重要と思います。  多少たどたどしくても、それなりの相手であれば、きちんと聞いてくれます。

    くれぐれも、教科書英語を馬鹿にしたり、悪擦れした”生きた英会話”などを手本にしないように。

    ユーザーID:6475880243

  • ムダだと思います

    考え方は人それぞれです。しかし、僕は英語なんて要らないと思います。

    必要だと思えば子供が自分でやればいいことです。どうしても英語ができないと生きて行けないという環境になれば勝手に覚えます。「できなくて苦労する」程度の英語力は「あっても足しにならない」英語力です。

    一般に、自分が英語のできない親ほど熱心に子供が小さいときから英語を教えようとします。端的に言ってムダだと思います。

    どうしても英語を勉強させたければ、小学校の中学年か高学年くらいでNHKラジオの「基礎英語」をやれば十分でしょう。

    ユーザーID:9612896958

  • 早いほうがいい

    2歳8ヶ月になる娘がいます。
    1歳半のときから、英語で遊ぶ環境を作っています。

    難しい問題ですね。
    英語を話せるようにさせたいのなら、早いに越したことはありません。
    文字を覚えると、音を文字で置き換えてしまいますから、
    その前に英語に親しませる方が、ベストかと思います。

    でも、学校の授業くらいで十分とお考えなら、
    必要ではないでしょう。

    英語は国際語ですから、
    中国人でもフランス人でもインド人でも、
    お互い英語でコミュニケーションが取れます。
    英語ができなければ、必要のない世界で一生を過ごしますが、
    英語が出来れば、世界は広がります。

    子供が大きくなって、自分で手に入れることもできますが、
    英語を遊びの中で身につける事もできる。
    考え方次第だと思います。

    ユーザーID:1264374801

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • それでいいならいいんじゃないですか?

    何も「全員に必要」と言ってるわけではないですよ。英会話に不自由なくさせたいと思うなら早期教育がいい、早ければ早い方がいいというものであって、全員が英語を早く習わないと駄目なわけではないので、トピ主さんが、ご自分の子供さんに今は英語は必要ないと思うなら習わせなければいいだけの事じゃないですか?

    ユーザーID:4447320480

  • 必要ないとまでは言いませんが

    私は中学生で英語を習いましたが、アメリカ人の先生にもネイティブだねといわれたりと、留学しても別に変に浮き出たりとかしてないので、中学生になって、本人がやりたいといったらでいいのではないでしょうか。

    本当に必要なのは、やりたいことを(限度はありますが)やらせてあげる。
    だと思います。(ずれてますが・・・)


    それより日本の文化を教えてあげてください。
    最近は英語がしゃべれても自分の文化をろくにしらないで脳みそからっぽの英語しゃべる日本人が増えているそうなので。

    同じ日本人として恥ずかしいというか、留学先でも自分の国ってきかれるし、日本にいるからこそ日本文化が英語よりも大切だと思いますが。


    ・・・いろいろずれましたが。
    やりたい、といってからでいいのでは?

    ユーザーID:2767190687

  • 不要だと思います。

    幼児の英語教育自体は悪いものではないでしょうが、
    遊びであり、それ以上でもそれ以下でもないのではないでしょうか。

    言葉とは知識ではなくコミュニケーションツールです。
    コミュニケーションを図りたいという意思を持ち、学べば、
    それが何歳であろうとも、会話することに不自由することはありません。

    私の姉は二十歳を過ぎてから英語圏の人と知り合い、
    独学で英語を勉強し、やがて英語圏の国に嫁ぎましたが、
    「英語を話す人とストレスなく意思の疎通を行う」という目的には、
    全く不自由しないだけの英語力を獲得しています。

    言語をコミュニケーションツールではなく、ブランドとして捉えるなら別ですが、
    そうでないのであれば、必ずしも「必要」ではないと思います。

    ユーザーID:7796930042

  • 通常は不要ですね

    まず、英語圏以外で国民が英語に堪能な国というのは、所得の低い国がほとんどです。

     これは、国力が弱いことと、自国以外の外国に出稼ぎに行けば単純労働においても自国より所得水準が上がるからです。
     翻って日本では、今のところ通常の労働で海外に行く理由がありません。つまり、大多数の日本の労働者は英語を習得するメリットがありません。あるとすれば高度の知識労働または、特殊な技能を持つ運動選手、芸術家ぐらいのものです。お子さんの将来のキャリアパスがこうした領域なのであれば外国語教育の必要性は高いのかもしれません。
     バイリンガル教育には2つの留意点があります。
     一つ目は、本当に二カ国語をそれぞれの国の知識水準の高い人レベルに相当する習熟度に達するには子供に相当程度のストレスがかかります。 ほとんどのバイリンガルな方は、話してみれば解りますが、基礎知識、語彙の点において、それぞれの国のネイティブに及びません。
     次に、継続性です。小さな頃から始めても、一年もブランクをおけば完全に忘れてしまいます。逆に、バイリンガル的な発音のみが目的であれば10歳程度から始めれば十分です。

    ユーザーID:2151931985

  • うーん…

    難しいですね。
    私は英語といっても中学生レベルでも怪しいくらい。
    それでも日本に住んでいる以上は困ることは無いですね。

    英語を学ぶ自体は悪くは無いと思いますが、英語に過度の期待をしたり
    無理に教えたりするのはマズイとは思います。
    ただ、英語が話せる=便利でいい!というのは否定しませんが
    これからどんどん時代が進むにつれて(勿論今すぐではありません)
    英語が廃れる可能性もあることを知っておくべきだとも思います。
    これから躍進するだろうといわれている言語はスペイン語、中国語だそうです。
    でも日本人で誰も彼も英語が話せるようになったら、「価値」って無くなりますよね。
    それならばと思って、重たいお尻はなかなか持ち上がりませんが
    私はトルコ語、イタリア語、ゾンカ語を学びたいなと思っています。

    それから発音は良いに決まってますが「発音はネイティブ並み」っていう
    呪い(?)にかかるとなかなか上達しませんよ。
    どうどうと日本語発音で話せばいいくらいの気持ちが大切です。
    「話せる」ことが大切ではなくて「伝える」ことが大切だと思いますよ。

    ユーザーID:0746067686

  • 私の経験では・・・

    英語だろうがフランス語だろうが、語るべきものを持たない人は絶対上達しません。
    逆に語るべきものを持っている人は、少々とつとつだろうが、発音がブロークンだろうが、みんな興味を持って耳を傾けます。
    以前、海外出張で英語圏以外の人達と英語で会議をした時に、つくづくそう思いました。自分の意見をしっかり持っている人は、流暢じゃなくても堂々と英語で意見を述べていました。

    つまり、まず、小さい頃から、日本語でたくさん本や新聞を読んだり、友達と議論したりして、正しい日本語と知識をしっかり身につけることが一番大切だと思います。

    私の周りにネイティヴなみに英語がしゃべれる友達が何人かいますが、みんな中学から普通に義務教育で英語を習っただけでした。
    日常生活ですぐ使う必要性がなければ、幼児からの早期教育はさほど効果がないのではないでしょうか。

    ユーザーID:3262586821

  • 小学校の4〜5年からでいいかも

    英語が導入されている小学校のことは分かりませんが、中学から始まる英語の進度は昔に比べて速いので、少し前から始めておくと子供は楽でしょう。きれいな発音かどうかよりも、英語で言いたいことが表現できるようになるかということの方が、英会話に関しては重要だと思います。(日本語で論理的な思考ができないようでは、英語では無理です。)
    国際学会へ行くと「香港だ」「韓国だ」、とわかりますが日本人と決定的に違うのは臆さず話すことです。発音は日本人の方がきれいなことが多いです。(あくまで学者の世界ですよ)
    基本的に耳のいい子は(音感のいい子)は早くからでなくても十分聞き分けられるし、NHKのラジオの語学講座をきちんとこなせば、かなりいけます。息子たちは相手がよほど早口でなければ会話してます。
    英語でのコミュニケーションが必須という職に就くのであれば、また話は違いますが。

    ユーザーID:6243334045

  • このトピも参考にしてください

    「子どもの頃、英語を習っていた方」
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0417/126908.htm?o=0&r=1

    上記トピも参考にされてはどうでしょうか?
    私も書き込んでいますが、私は3〜10歳まで英会話教室に通っていました。
    上記トピには、幼少の頃から英会話を習っていた人は、高校生くらいになって苦手意識が芽生えた人も多いですね(笑)。

    あと、幼少の頃から英語を習っていても、発音が下手な子は私の周りにも沢山います。
    会話力に関しては、幼少の頃英会話スクールで習った程度では、身につきません。
    英語圏に幼少の頃住んで幼少の頃は英語がぺらぺらだった子も、小学生ぐらいでその環境を離れると、英語を忘れてしまう子がほとんどです。

    英会話教室に通って英語を身につけさせようとなんて考えないで、気楽に通わせる程度ならいいのじゃないでしょうか。

    個人的には、幼少の頃は、1.国語(読書)や算数などの基礎学力をしっかり学ばせること、2.勉強する習慣を身につけること、の方が大事だと思います。

    ユーザーID:9309906119

  • 忘れました

    今から40年も前の事です。英語に触れていました。
    幼稚園では英語のレッスンがありましたし、伯母の旦那様は当時駐日米軍人で、その家に入り浸って過ごした私は、英語漬けの幼児期でした。
    しかし、幼稚園を卒業し、伯母一家が沖縄へ引越し、英語はすっかり忘れてしまいまいました。
    学校の授業の英語は勉強として覚えましたが、それでは全くしゃべれず。
    でも、発声だけは覚えているんですね。
    ヒアリングはできないのだけれど、読ませるとバイリンガル並みの発音です。習得したのはそれだけ。小さい頃慣れていたので、耳だけは確かです。しかし触れた絶対量が不足しているのでヒアリングで理解は出来ません。
    簡単な挨拶等は出来るので、旅行者などから話しかけられ返事すると、相手は『しゃべれる奴』と勘違いするので困ります。
    英語はずっと触れ続けていないと、言語ですから使えなくなります。

    ちなみにハーフの従兄弟は、日本語も英語もメチャクチャです。それも困りものですよ。

    ユーザーID:8991817382

  • 脳の発達を考えると

    日本人は日本語を覚えるためにそれほど苦労しません。
    同様に、日本語と他の言葉も幼い時期に触れる環境にいれば、
    苦もなく、バイリンガルになれます。

    それは、脳の発達は生まれてから一定の時期までは、
    すごい吸収力を持っています。
    特に、音の聞き分けなどは、10歳くらいまでに完成すると聞きました。
    後から、英語を勉強しても、RとLの聞き分けなど苦労するところです。
    音は、言語によって数がかなり異なり、
    日本語は、50音表に出てくる程度ですが、
    フランス語や中国語は千単位で音があるようです。
    英語とういう言葉を自由に話せる以上に、
    多様な音を音として聞き分けられるかどうかが大事なようです。

    将来何になるか、全くわからない時期ですが、
    早く触れれば楽なこともあります。
    本人が考えられる時期に選んでは遅いことは、芸能系でもそうでしょう。
    可能性をつぶさないために全てをさせるわけにはいきませんが。

    教材だけで、バイリンガルになれるかどうかはわかりません。
    最近では、その手の幼稚園や外国人学校へ入れる親もいるようです。
    やりすぎにも感じます。

    ユーザーID:2295720855

  • 3歳から早期英語教育を受けていた弟は・・・

    今35歳病院勤務の医者です。英語を3歳から習っていた割には、
    いまだに海外に行った事もなくパスポートすら持っていません。
    もちろん英語は話せません。
    仕事上英語の論文等を読み、自分自身英語で論文を書いたりもしているので、
    読み書きは問題ありません。
    私(姉)は、中学で英語を習うまで英語とは日本語のローマ字表記だと
    信じて疑わなかったほど外国語に対して知識がありませんでしたが、
    自分の専門分野でアメリカへ大学院留学しました。
    小さい頃から英語に接するのはよいことだと思いますが、
    英語はあくまでコミュニケーションのツールであって、
    そのツールを使って何を伝えるのかのほうが重要です。
    それに、世界中の人それぞれお国なまりがありますし、
    だれもなまりなんてあまり気にしません(わかりにくいなぁくらいでしょうか?)。
    それに親が英語をネイティブ並に話す環境でなければ、
    発音はなかなか身につかないと思います。
    英語もよいですが、今の環境で学べることはほかに沢山あると思います。
    育児は手探りで悩むことも多いと思いますが、頑張ってくださいね!

    ユーザーID:3515255740

  • 早い方が本人が楽みたい

    うちの小学生達は、2歳から英語の子ども番組を見だし、3歳から英会話スクールへ通っています(週1回)
    上の子はもう文法なども習い出して、英検3級レベルの私なぞは、小学校卒業の頃には抜かされてしまいそうです。
    見ていて思うのは、本人達は『勉強』という意識がまるでないって事ですね。
    これはすごく楽だろうな〜と思います。うらやましい。

    私も小さい頃から習ってましたけど、英会話は楽しかったですよ♪
    ただし中学入学後、全て崩れましたけど。
    私の英語は英会話スクールで習った分だけで、「学校の英語の授業くらい」の分は全く蓄積がありません(泣)
    私に関しては学校だけでは充分ではなかった訳です。

    何で英語にそんなに力を入れるかと言えば、私も夫も洋画ファン。
    字幕ナシで見られたら面白いだろうな〜というのと、憧れのスター(死語?)に会えた時に会話できたらいいな〜という思い。
    完全に趣味の世界ですね。
    子どもの英語も趣味の世界です。

    必要か?→必要ではない。
    学校で充分か?→それは本人のやる気と理解次第。

    こんな感じです。

    ユーザーID:2439787570

  • わたしも同じこと思っていました

    子供が出来たので早めに英語に親しむ方が良いのかな等いろいろ考えていた所、
    知人は胎児から英語の教材を使っており二歳で「発音も素晴らしいし英語好きな子になって良かった」と言っていました。
     「英語の早期教育よりも日本語をやってからでも」とか「英語の早期教育を押し付けるのは可哀相じゃない?」とか保健師さんや友人に言われても「英語が出来たら世界の人とコミュニケーションが取れる」と言っていました。
     ところが今お子さんはコミュニケーションを取るのが苦手で友達もおらずの状態なのだそうです。一日ビデオを見せて過ごしていたようです。
     発音の美しさは早期教育すれば良いと思いますが他者と関わる力は重要なんだと思いました。

    ユーザーID:9042927858

  • はい。その通りです

    こんばんは

    トピ主様の仰る通りです。
    2歳から英語なんて必要ありません!
    小学生からで充分です!
    ・・・と・・

    幼児英語を教えている私がそう感じます!

    ユーザーID:9996854710

  • 発音がよくても・・・。

    私は中学で初めて英語を習い日本で大学を出て、アメリカに渡りました。
    アメリカで大学などに通った事はありませんが、仕事でも生活でもコミュニケーションに問題はありません。
    電話や簡単な受け答えの際には、ネイティブと思われることもしばしばですが、政治の話や文学などで深い話をしたり、感情を説明するような状況ではすらすらと話せないこともあります。
    それでも、言いたいことは充分伝えられます。

    ネイティブというのが発音のことだけでしたら小さい頃から教えるに限りますが、発音だけよくても英語の理解力には結びつきません。

    私の知り合いのお宅ではお子さんに某有名遊園地に関連した何十万円もする教材で英語に親しませていらっしゃいました。
    お子さんはfとかlなどの日本人が苦手とする単語もきれいに発音していましたが、ただそれだけのこと。
    たまたまアメリカ人の方がいらっしゃる場所に私もご一緒したことがありますが、お子さんが意味もなく習った単語を次々と口にし続けているのでアメリカ人の方が困っていました。

    その後英語嫌いになってしまったと、親はぼやいているそうですよ。

    ユーザーID:2149042562

  • 国際人って何か

    言葉は単なる道具です。
    国際人に成るって事は自分の考えをきちんと伝えられる事がまず第一だと思います。

    英語は興味を持った時からが勝負です
    小さければよい、というものでは無いと私は考えます
    英語がどんなに達者でも逆に中身の無い人間は退屈なだけで誰も認めてくれません国際人だなんて。


    私は
    35才で英語を始め、39歳の今年海外の看護師免許を取りました
    いっぱしに、国際問題を討論する日々です
    成せば成る。
    ブロークンイングリッシュでもいいのさ、ハートがあれば。

    ユーザーID:0159069295

  • 幼児が英語を習うと儲かる人々がいる

    だから、「英語を習わせると将来良いことがある」というパンフレットはばら撒かれ、ポスターはいたるところに貼られ、テレビ・ラジオでは多様なCMが繰り返し流される。
    という側面もありますよね。そのうたい文句が間違っているわけではないのでしょうが、それに「踊らされる」のは癪ですね。

    英語の習得についてはいろいろな考え方があって、それぞれに一理あるとは思います。
    ただ、日本人である以上、日本語が下手だと将来恥をかく、のは間違いないですよね。
    私個人は子供が将来、志賀直哉のような美しい文章や金子みすゞのような心に響く詩が書けるようになったら素敵だなあ…と夢想したりします。

    なにより、まいかさんのおっしゃるとおり「他者とかかわる力」ってのは重要ですよね。そういうことの方が他の何よりも優先的に身に着けるべきものではないかと思います。

    私は「とにかく友達ができる子に育てたい」と考えます。
    友達さえいれば、見目が悪かろうが、頭が悪かろうが、運動が不得手であろうが、体が弱かろうが、貧乏になろうが、世の中が悪くなろうが、なんとか生きていけて、幸せになりやすいと思いますから。

    ユーザーID:5224675542

  • 子どもの可能性

    社会人の息子が、3歳から14年間LABOという英語の会に入っていました。
    英語のお話のテープを聴いて覚え、英語劇をしながら舞台で身体で表現して身に付けるという方法でした。
    色々な年齢差の子ども達が同じクラスで学び、春・夏にはキャンプもあり、
    1人っ子だった息子は遊び感覚で楽しみにいきました。中学時代に一ヶ月のアメリカホームステイも経験しました。(ただし、学校の英文法などの勉強には役に立たなかった)
    大学受験時に辞めましたが、2年前に就職してアメリカに出張で度々行くようになった現在、すごく助かると言っています。
    ネイティブのような発音はもちろんできないけれど、自分が話したい事は話せる。アクセントのコツは分かっているし、ちゃんと通じる。同僚が苦労しているのはヒアリングだが、自分は聞き取れるので楽だと言っています。
    英語で話す事にこだわりがないようです。
    それは やはり小さい時の慣れでしょう。

    それから、英語テープの色々な物語を通して西洋の文化の根底に触れたことが、意思の疎通にも役立つと言っています。
    遠い将来の 何を目的とするか?でしょうね。

    ユーザーID:1281058354

  • まわりが使ってないと

    言語というものは周りが話していたら特に習わなくとも話せるようにはなると思います。読み書きは習わないといけませんが。(幼児が母国語を話すようになるってこうですよね)
    で、日本の一般家庭の場合、普段親が英語で話したりはしませんよね?
    なので結局そんなに身にはつかないと思います。
    使わないと忘れます。

    ユーザーID:8994750201

  • ちょっと失礼な言い方になるかも・・・ですが

    この手のトピが立つたび、思うのです。
    このトピを立てた人は、英語を学んだことがないのか、と。

    マジメに英語を学んだ人間なら、少なくとも私の周りでは、
    「語学はまずきちんとした母国語の素養があって身につくものである」
    これが常識です。

    特段の事情(海外で暮らすなど)がない、
    日本人が日本で暮らし、将来の生活基盤も日本である、ならば。

    「お楽しみ」的に、ネイティブの発音を耳から早めに入れるために、
    ちょっとしたお教室などで「英語に触れる」のはマイナスではないと思います。
    しかし、日本語でするべき生活を英語でする必要は、特段の事情がない限りないと思います。

    実際、発音など多少おかしくとも、きちんと伝わります。
    語学は1つの武器でしかないのに、本人のアイデンティティに関わる部分にまで影響を与えるのはいかがなものかと。

    私は一部で有名?な英語漬け大学出身です。
    確かに英語が話せるインターナショナル出身の純粋日本人はいました。
    しかし、日本語でのコミュニケーション能力に難あり、の人も多かったのが事実です。

    ユーザーID:3232577257

  • 親の考え方次第ではないかと思います

    私はもうじき4才になる男の子のママです。うちの子は1才8ヶ月から英会話に通い、2才から英語の幼稚園のようなプリスクールに週2、3回通っています。
    私は留学経験があるわりにあまり英語が身につかなかったので、子どもには小さい頃から遊びの感覚で学んでくれればいいな、との思いから小さい頃から始めました。 9才以前に学んだ事は忘れやすいようですが、大きくなった時に下地ができていれば、英語を嫌いになったりすることもなく、外国人に対しても免疫ができていて世界が広がると私は思います。ただ日本語の方が大事なので、無理のない程度に英語に触れさせています。
    私はトピ主さんの考えが間違っているとは思いません。子どもが小さい時は親がきちんとした考え方を持って子育てすればいいと思います。必要ないと思えばする必要はないし、子どもが興味を持ってからで遅くはないと思います。

    ユーザーID:3718106954

  • 必要でしょうか?

    本当の意味での必要性を問えば、必要ではないでしょう。
    日本で育ち、日本人の両親を持っていれば、その必要性はあまりないと思われます。
    ただ、英語を使えれば便利だし役に立つでしょう。他の方も仰っていますが、言語はコミュニケーションの道具です。
    道具は色々あれば色んな使いようがあり、便利で使う楽しみというのもあります。
    幼いうちから母国語以外の言語に触れるメリットは色々ですが、強制ではなく自然に吸収していく事、
    新しい音に触れる、という事でしょう。例え、その後にその言語に触れる機会が長期間なくても、
    成長してから他の新たな言語に触れる時に「知らない、新しい発音」に対する恐怖感がずっと少ない、
    と言われています。

    私は25歳から海外に出て英語を覚えました。中学英語がこれほど役に立つのか?!と驚きました。
    また、言語を問わず「母国語で自己表現できない、意思を伝えられない人」は何語を習得しても、
    何語を使っても母国語と同じようにしか出来ない、と感じます。「まず、日本語で自己表現方法を
    確立してから!」とまでは言いませんが、慌てて今直ぐに、という必要はないと思いますよ。

    ユーザーID:7744405633

  • 必要かどうかは自分達で決める

    子供は2人。2人とも2歳クラスから英会話教室に通っています。幼児の頃は外国人講師との会話(挨拶や自己紹介程度)をしたりゲームをして楽しんでいました。日本にはないイースターやハロウィンなども催されて良い体験になったと思います。小学校中学年になると徐々に英検を視野に入れた内容に移行しました。うちの子供達は2人とも卒業時には3級を合格し内容をマスターしていました。

    物心ついた時から英語に親しんできた子供達は英検を受けるまで英語を「勉強」ととらえていなくて本当に楽しんでいました。中学の英語は勉強しなくてもほとんど満点でした。数学や理科が難しくなりましたが英語の勉強の時間を他の教科にまわせました。ほそぼそと英語を続けて今(高3)にいたりますが評価はずっとAです。耳はとても良くリスニングが得意です。センター試験も難なくクリアできると思います。

    習わせた理由は、中学3年間での基礎をもっと長い年月をかけてゆっくり身に付けて中学生になった時に1教科でも子供が楽をできたらいいなという思いだけです。子供達は「やっててよかった」と言っています。必要性を感じない人はそれでいいと思いますよ。

    ユーザーID:2051289403

  • 必要かといえば

    必要か必要でないか、で言えば必要ないでしょうね。

    私は早期教育は受けませんでしたし、英会話学校に行ったこともないし留学したこともないし、学校以外で英語を習ったことはありません。でもしゃべれます。発音も、ネイティブから訛りがないねと言われるくらい良いです。(自画自賛すみません...)

    早期教育しないと発音が身につかないという方もいますが、そんなことはないですねぇ。

    しかも別に発音がネイティブなみにならなくても、十分通じる英語は長じてからでも身につけられますからね。

    ちなみに私が学校以外で習ってないのに英語ができるようになったのは、ハリウッド映画と洋楽が好きで毎日英語を浴びるように聞いていたせいだと思われます。でも一番役に立ったのはやはり学校で習った内容ですけどね。

    また、私の父は30才過ぎてから独学で英語を身に着け、企業の輸出部で海外を飛び回る仕事をしてました。

    別に幼児期からやらなくても、本人次第で十分身につきますよ。

    ユーザーID:6044346699

  • 英語は大人になってからでも

    私の場合、2度にわたる海外駐在で、本当に困る場面に遭遇して英語が上手くなりました。
    困る→勉強する→また新に困る→勉強する→友達が増える
    と、困った事件をはさんで上達していきました。ついでに友達も増えて、「うまくなったね。」と言われてまた勉強です。
    必要にせまられて勉強したことは、25才過ぎてもどんどん吸収していきました。
    幼児には正しい、きれいな日本語の強化の方が大切です。
    辞書の意味もわからなくなったら大変!

    ユーザーID:0563436810

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧