授乳について

レス40
(トピ主1
お気に入り25

妊娠・出産・育児

midwife

私はこの春から産婦人科に勤めている新人助産師です。
毎日赤ちゃんとお母さん、また全ての女性のなんらかのお役に立てればとがんばっているところです。
今、悩んでいるというか、考えていることがあり、ここでの意見を頂きたくトピをたてました。
私の勤めている病院では母乳育児を推進しており、そのために出産後早い時期から授乳時の抱っこの仕方や乳頭のくわえ方を説明したり、母児同室を開始したりしています。ですが、いくら授乳を頑張っても泣き止まない赤ちゃんがいて、お母さんの疲労やイライラはピークに達し、お砂糖水やミルクを足すこともしばしばあります。
できるだけ完全母乳でいきたいとがんばっている私と、お母さんとの間では温度差があるのではないか、と感じることがあるのです。入院中にきつくてもがんばっていれば退院後には完全母乳になり楽に授乳ができると信じて介助しているのですが・・・。
このような場では本音が聞けると思いますので、実際に授乳を経験された方の授乳に関するエピソードや、想いを聞かせてください。

ユーザーID:0968400098

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合

    10ヶ月の女の子のママです。
    私の場合、3ヶ月ぐらいまで無理やり出していた状態でした。病院は母乳推進で、いろいろ手助けはしてくれ感謝しています。実は、実母は「母乳以外は絶対駄目!」という人で、子宮から出血して私が救急車で運ばれた時でもミルクを与えなかったつわものです。でも、出そう出そうと思っていると出ないもので、実家滞在中(1ヶ月)のストレスは多大なものでした。
    その後、家に戻り、旦那の「たまにはミルク飲ませて、親子で楽をしてもいいんじゃない?」という言葉で、ミルクをちらほら飲ませたり、病院に相談して、おっぱいを暖めたりとか、水分をとか、搾乳とかいろんなアドバイスをいただきいろいろ試しているうちに出るようになっていました。
    実は出なくて悩んでいるのは母親自身かもしれませんよ。私にとっては母親の「頑張りなさい」よりも、旦那の「たまには息抜きも必要」とか助産師さんの「こういうの、試してみたら?」という方がありがたかったです。母乳育児の病院を選んだ時点で母親は頑張らなきゃと思っているので、優しく手助けしてくださるとありがたいです。
    素敵な助産師さんになってくださいね。

    ユーザーID:3132682716

  • 私の場合・・・1

    私自身は、完全母乳になればな〜と、思ってましたが、院の方針は「母乳を推進するが、強制はしない」と、いうものでした。

    いっしょだったお母さんの中には、「母乳強制でないから、ここを選んだ」と、おっしゃった方もいます。

    初めから、院の方針を納得して選ばれた方には熱心に指導されるのも良いでしょうが、やむなく…と、いう方に強制ともとれる指導はやはりプレッシャーなのでは?

    基本は「無理しすぎない程度に、がんばりましょうね」と、いう姿勢で接して欲しいかな…。

    <エピソード>
    その日、何が嫌なのか、我が子は狂ったように泣き喚き、お乳をあげてミルクも通常の2倍あげたのに、泣き止まない夜がありました。

    まだお腹が足りてないのか?と、思うがミルクは既にやりすぎ感があり、怖くて飲ませられない。かと言って、おっぱいを咥えさせようとするが、顔をそむけてギャン泣き!

    藁にもすがる気分で、助産師さんに泣きついたのですが…
    私がどんなにあやしても泣き止まなかったのに、助産師さんにあやされると間もなく泣きが収まってきました。

    ショックでした。

    (続きます)

    ユーザーID:9327288768

  • 私の場合・・・2

    誰でもいいから泣き止ませて!
    そう、思ってたのに、いざ他人の手であやされる我が子を目の当たりにして、信じられない程のショックを味わってしまったのです。

    なんで?どうして??お母さんは、私なのに…

    きっと、悲壮な顔をしてたんだと思います。
    泣き止んできた我が子を見て、ニッコリと私の方に目を向けた助産師さんでしたが、さっと赤ちゃんを私に差し出し、
    「やっぱり、お母さんでないとダメね。もう少しがんばってみてね」と。

    例え、百戦錬磨のプロだと解っていても、親として負けたくなかったのかもしれません。
    我が子にとって、世界中で一番なのは自分でいたかった。

    必死であやして、ようやく上手に咥える事ができて、安心しきった我が子の顔を見た時、心底ほっとしました。

    そして、一線を越える前に子を返してくれた助産師さんの切り替えのよさに、感謝してます。
    もし、あの時最後まで助産師さんがあやしてくれたとしたら、私は今頃育児放棄してたかも…。

    (すいません。まだ続きます)

    ユーザーID:9327288768

  • 私の場合…3(最後です)

    入院中は、混合でしたが、退院後まもなく完母になりました。
    ミルクを足すと、飲みすぎるのかゲップといっしょに吐いてしまい、そっちの方が怖かったからです。

    どうすればいいのか解らず、オロオロしていましたが、姉の「体重がちょっと増えないくらい、どってことない。とにかく泣いたら飲ませればいいのよ!お腹がへったら飲むんだから」
    の、言葉に「そりゃそうだよな」と、納得したら気が楽に。

    産院では授乳は3時間ごとに〜と言われ、律儀に守ってましたが、退院後は30分〜1時間ごとには授乳してました。

    まじめだと手を抜く事ができず、教科書に載ってるような事を律儀に守っちゃうんですよ。
    難しいでしょうが、臨機応変に協力してあげて頂ければな…と、思います。

    (長くなってすいません)

    ユーザーID:9327288768

  • 参考に

    こんな熱心な助産師さんに出会えていたらと思います。
    私が出産した病院も母乳推進しており、母子同室でした。
    なかなか母乳が出なくて悩んでいるときに助産師さんに言われたのは
    「とにかく泣いたらくわえさせる、そうすれば赤ちゃんも安心するし、吸ってもらえばオッパイもでる。」
    「家に帰ったら上半身裸のつもりで。」
    「赤ちゃんもまとめて飲んだほうが楽ってことに気づくから、そうしたらまとめて飲んでまとめて寝てくれる。大丈夫」
    雑だなーと思ったけど、安易にミルクを勧める助産師さんよりずっと信頼できました。
    ミルクに頼ってしまうお母さんは、イライラよりも不安なのでは。
    病院なら体重計でどのくらいミルク飲んだかわかるけど自宅ではそうはいかないですもの。
    実際私がそうでした。本当に母乳が出ているのか自信が持てませんでした。
    なので、おしっこが6回くらい出てれば大丈夫、とか、
    元気に足をバタバタしてれば大丈夫、とか、そういったアドバイスが欲しかったです。
    結局退院後に自分で調べてわかったことが多かったです。
    やはり入院中に解決したかったですね。

    ユーザーID:1697110644

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 大丈夫よ〜〜って言ってくれるのが一番

     子供を完全母乳で育てました。一人目の時は何故か「絶対母乳で育てる!!」と心に固く誓い、かなりテンパっていました。テンパっていた様子が助産師さんに伝わったらしく、「ミルクを飲ませてみる?」といわれました。

     勿論断り、母乳で(ジャージャー出ていました)行きましたが、二人目のときのことも思い出すと、慣れた助産師さんほど、

    >お母さんの疲労やイライラはピークに達し
     たように見える時に、
    「赤ちゃんってね、泣くもんなのよ。おっぱいの時だけじゃなくてね。大丈夫よ〜」
    ってお母さんに声をかけて居ました。

    とにかく、赤ちゃんが泣いてお母さんがイライラしていても「頑張って!」とか、「ミルク飲ませる?」とかじゃなくて、

    「そういうもんなのよ。赤ちゃん可愛いね!」
     って言う人のほうが安心させてくれましたよ!私の赤ちゃんを優しく抱っこして背中を「ぽんぽん」と軽く叩きながら、「可愛いね」ってあやしてくれた時は涙が出そうになりました。

     母乳が出なくて悩んでいるママにも「大丈夫よ!」って、言いながら指導して(勿論体重は見て)あげてください!

    ユーザーID:4256585950

  • 2人完母ですが

    病院によって、母乳に対する方針がずいぶん違うのを2つの病院を体験して感じました。
    1人目の病院では母乳に対する考えは建前だけという感じでミルクばかりがんがん足されました(体重をおっぱいの前後に測って足りない分ミルク)。また、産後すぐは疲れているからといって子供と離されて、授乳機会がなかったし。今なら、そのやり方ではなかなかおっぱいでないでしょって突っ込めますが、何もわからなかったころは辛かったです。赤ちゃんのおっぱいの飲み方が下手とか(実際はかなり上手)、だからおっぱいでないとか、きついことを言われ、泣きました(ホルモンのせいってのも今はわかります)。
    2人目のところは割とよかったです。

    2人目は産後2日目まで一睡もせず、抱き続けました。吸わせば吸わしただけおっぱい出るのがわかっていたから、今辛いけど、これがんばれば、後は楽チンだと思って。
    母乳でがんばろうと思っている人には母乳を出すには吸わせること、これに尽きるってことを優しく教えてあげて励ましてくれればうれしいです。必ず出るよって、励ましてくれれば安心できると思います。

    助産師さん、素敵な仕事ですね。

    ユーザーID:0473801456

  • その姿勢で頑張ってください!

    トピ主さんの感じてる温度差は確実にあると思います。

    私も出産後は貧血でフラフラだったし
    おっぱいは何もしなくても痛いし、
    飲ませるのもなんでかわかりませんが激痛でした。
    汗だくで、苛々して「病院なんだから退院するまで面倒見てよ!」
    とまで思ってました。
    助産師の方は来るたびにみんな優しく教えていってくれましたが
    私は精神的にそれどころじゃありませんでした。

    産後3ヶ月ぐらいかかりましたが完全母乳になりました。

    同じ時期に出産して同じぐらい母乳出てるって言われてた友人は
    「母乳めんどくさい」と、産後1ヶ月で完全ミルクとなりました。

    退院した後の母親の気持ちと努力だと思います。
    あの時、助産師さんが熱心に教えてくれなければ
    私も「もういや」って止めてたかもしれません。

    すべての人に気持ちが伝わらないでしょうけど
    その気持ちを少しでも初めてのママたちに分かってもらえる様に
    そのままの姿勢で頑張ってください。

    ユーザーID:0809793396

  • 最初は出ません!

    次男をまだ授乳中の2児の母です。
    初産のときはお乳が出るのに3日ぐらいかかった記憶があります。
    でも必ず出ると信じてほぼ一日中寝ても起きてもおっぱいをくわえさせていたら、結果的には吹き出るほど出たものでした。私も「もう出ないからミルクでいいや」とか「こんなの楽しくないなあ」と思ったこともありました。授乳はじめはストレスになりやすいものだと思います。
    助産師さんに必ず出るようになるから、と励まされて、私はがんばれました。
    あと、桶谷式の授乳の本にも励まされました。
    いくら励ましてもあきらめる人もいると思います。それはその人の選択で、もったいないですが仕方がないのではないでしょうか?

    ユーザーID:9658932322

  • 逃げ道を用意して

    こんにちは。
    私は3人の子供がいます。
    1人目は混合栄養、下の2人は完全母乳でした。
    最初の子供のとき、母乳が十分出なくて母親失格のような気がして
    よく泣きました。産後に母乳相談にも行きましたが、結局混合でした。
    母乳栄養はすばらしいと思います。
    でも、どのようにがんばっても足りないこともあるのです。
    「できれば母乳がいいけれど、つらかったらミルクをたしていいのよ」
    と言ってもらえると気持ちが楽になります。
    母乳相談の助産師さんからは、「3時間以上寝るようならミルクを
    足しすぎなので、控えめに足してね」
    と指導されました。
    母乳が足りない場合のミルクの足し方の指導もしてください。
    出産して病院にいるあいだは、赤ちゃんの授乳のために1日格闘
    していられるけれど、家に帰ると家事もあり忙しいです。
    ちなみに下の2人は完全母乳で大丈夫でした。
    多分1人目のときより育児に余裕があったのと、哺乳瓶の洗浄とか
    面倒で、泣いたら吸わせるを実行したためでしょう。

    ユーザーID:2267001817

  • もっともっと説明して、そしてよりそってほしかった。

     3ヶ月になる子がいます。私は、トピ主さんのような助産師さんに介助していただきたかった。

     母乳推進の病院で産んだのですが、出ない、切れる、などで、産んでから一睡もできず、なのに、ミルクもお砂糖水ももらえず、入院中からノイローゼになりました。

     私は、「とにかく飲ませれば出る」というのはわかるのですが、そこらへんをもっと詳しく説明してほしかったです。とにかくくわえさせて!だけではやっぱり滅入ってきますし、乳首が切れてべろべろになっているのにも関わらず、大丈夫飲ませられるって、痛くて、眠れなくてふらふらなのに、頑張って!のような言葉だけで、もう自分のからに閉じこもるようになってしまいました。

     母乳を今、飲ませればどうして、いつ頃、でるようになるのか、乳頭のケアはどうしていけばいいのか、もっと深く説明して、頑張ってとか、今乗り切れば大丈夫とかそういう言葉ではなく、こまめに寄り添って、「大変だよね、」って言ってほしかったです。そして、子どもへの母乳の良さはわかりますが、そこに固執せずに、その人その人の授乳のプランを大事にして、尊重してほしかったと思いました。

    ユーザーID:7725465294

  • 大変だけど、嬉しいこと

    3人の子供の母です。素敵な助産師さんになってくださいね。

    1人目、2人目を母乳育児推進の病院で出産しました。1人目の時は母子同室+完母でかなりのスパルタだったように感じました。正直ヘロヘロ状態でしたが、あの痛い(泣)マッサージのおかげで十分出たので助かりました。ただ、そこまで母乳育児が楽しめる余裕は無かったかもしれません。でも今は3人目、楽しいです〜。あまりにもおっぱいに頼りすぎて、離乳食の準備もしてませんが・・・

    つい先日3人目を出産したときには、違う病院で、あまり母乳にはこだわらずミルクを足しているお母さんもたくさんいました。もったいないなぁ・・・と思いましたが、妊婦さんそれぞれ色々な事情もあると思いますので、個人個人の母乳に対する考えや出産に対する考えを十分に吸収していただけるといいな、と思います。

    3人目の病院は分娩件数は多いものの助産師さんの数が絶対的に少なくて、バースプランを助産師さんと話し合う余裕すらありませんでした。

    その病院に1人目の時にかかっていたら、3人は生んで無かったかもしれませんよ。

    ユーザーID:3836244022

  • 産院の母乳指導つらかったです

    毎朝「胸は張ってきましたか?」と聞かれる度、張ってこない私は悲しくなりました。
    授乳時に赤ちゃんの体重を量り、飲んだ量を調べることも苦痛でした。
    10gも飲んでいないことを報告して、助産師さんの顔が曇ると、母親失格と言われているように感じました。

    母乳が出ないこと、赤ちゃんの体重が減っていくことを一番不安に感じているのは母親です。
    そこで助産師さんも一緒に不安がったり、いぶかしんだり、良くないことのように言われると、追い打ちをかけられたように辛くなります。

    友人はなかなか飲まない子供に疲れながらも「気長にやります」と言ったら、助産師さんに「退院までに飲めるようにならずにどうするの?!」と叱られ泣いてしまったそうです。

    助産師さんは退院までに力になりたいと「今つらくても頑張れば、」と言う気持ちだと思いますが、母親がかけて欲しい言葉はむしろ「頑張らないで、気長にゆっくりやりましょう」だと思うんです。
    私は1ヶ月半後に新生児訪問に来た助産師さんに「母乳は出てないかもと思うだけで出なくなるからね」「(産んだことを)頑張りましたね」と励まされて、完全母乳になりました。

    ユーザーID:2790232517

  • 確かに楽でした

    三児の母です。上二人は完母、三人目は保育園に通わせる関係で混合にせざるを得ず、でも夜〜朝の母乳育児を楽しんでいます。

    お母さんとトピ主さんとで温度差がある、とのことでしたがかなり多くのお母さんたちは母乳にしようと一生懸命だと思います(出産するたびに産院で会った方々は一様に頑張っていました)。それに今、世間がものすごーく母乳育児を推奨していて、おっぱいが出にくかったり病気などでミルクで育てた知人たちは一様に申し訳なさそうな顔をしていて。。母乳育児を勧めるのはいいのですがお母さんが体力・気力とも追い詰められないような形で、というのが理想だと思います。

    私は母乳の量は十分でしたが、赤ちゃんがなかなか上手に吸うことが出来ず、乳首は腫れ上がり、一人目の最初の10日間くらいは本当につらかったのを思い出します。
    軌道にのれば、母乳育児は確かに楽ですよね。人に預けられない、食べ物に気をつけないといけない、などなどありますが、母になると自然と我慢が出来ます。それにお出かけの際にも身軽だし、夜も添い寝おっぱいでよく眠るし・・。当然、卒乳後のおっぱいはスルメイカ、でもそれも勲章かなと。

    ユーザーID:0200112256

  • 私が受けたアドバイス

    授乳ってチームワーク、飲ませるのはママの責任だけど、飲むこと自体はベビーの責任だから、泣いてもうまく飲めなくても常にママのせいってわけではないよ、と言われて気が楽になりました。

    ユーザーID:3283567804

  • 母乳一筋の病院でした。感謝しています。

    出産したらのんびりと育児をして…と
    何の予備知識もないまま思い描いていましたが、
    出産直後、帝王切開だったので腰を曲げて
    ヒーヒー歩いているうちから、
    おっぱい強化合宿ばりの訓練でした。

    しかし産後30分のおっぱいの大切さ、
    その後も頻回の授乳の大切さを、
    病院で教わらなければ誰が教えてくれただろうと、
    本当に感謝しています。

    今思えば、看護師さんたちは未婚の方も多くいたのに、
    自信たっぷりにくわえさせ方を毎晩
    何度も教えてくれました。
    ドナルドダックのように口を開けさせることが
    こんなに大変だとは知りませんでしたし、
    腱鞘炎になっても授乳の喜びはかわりません。

    真夜中の授乳室は「なんで飲んでくれないの」と
    赤ちゃんといっしょに泣きながら訴えるお母さん、
    睡眠不足にうとうと眠りながらのお母さんもいて
    自分だけではないのだと心強かった。

    2人目3人目でお母さんの方針が
    最初から定まっている人や、
    がんばっても出にくい方の場合は例外かも知れませんが
    初産の方には看護師さんが自信を持って
    母乳育児を勧めてよいのでは、と思います。

    ユーザーID:2669815112

  • 母乳育児

    4歳と10ヶ月の子供がいます。
    私がお世話になった産院も、母乳育児に力を入れていました。
    自然分娩の人は出産したその日から母子同室で母乳、帝王切開の人も手術当日に初乳を与えて、翌日からは基本、母子同室で母乳を与えていました。

    さて私ですが、一人目の時には出産当日から溢れる様に出た母乳でしたが、二人目出産の時には殆ど出ませんでした(涙)
    乳首のくわえさせかた、赤ちゃんの抱き方、頭の支え方など一人目の時は指導を受けなくても母乳がジャンジャン出て赤ちゃんの体重もグングン増えていたので、そんな事は関係ないわぁ〜と悠長にしていたのですが、二人目の時はばっちり指導を受けましたね。
    でも当時は、母乳を出せないイライラで「いい加減にしてよー!出ないならミルクでもいいじゃん!母乳母乳って推進しないで!」とかなりブルーになってました。そんな時にベテラン助産士さんが「上の子の時に母乳が出たなら乳腺がしっかり通ってるはず。絶対に母乳が出るから焦らないで。」と。救われたような気がしました。あ、でも母乳がんばろ!って一番思ったのは「完母だと絶対痩せるよ!」この一言かな。

    ユーザーID:5890987381

  • 怒らないで欲しいなあ

    私の病院も母乳推奨で、色々と指導して頂いて感謝しています。

    ただ、ある一人の看護師さんに怒られまして・・・悲しかったですね。
    初めは3時間置きぐらいの授乳しますよね?
    でも、夜中も全く寝てくれない子で、やっと朝方眠ってくれて、
    自分も3時間過ぎて、4時間ほど間を空かしてしまったんです。
    そうしたらたたき起こされまして、「ちゃんと授乳しないと駄目でしょう」と結構な剣幕で怒られまして・・・。

    そりゃ、理想はそうなんでしょうけど、ちょっとぐらいは大目に見て欲しかった・・・というのが本音でした。
    したくなかった訳では無いのに・・・。
    いつも怖い表情の人でしたが、ある時、その人の満面の笑みをみまして、
    腰を抜かしました。

    お仕事大変だとは思いますが、こちらはなにぶん素人ですので、
    多少の粗相は許して欲しいんですよね。
    駄目ですかね?

    でも、なんとか完全母乳で卒乳しました。
    素敵な助産師さんになって下さいね。

    ユーザーID:8380864955

  • 押しつけがましいといやかな

    助産師さんの方がかたくなに「母乳を!」となっていると、母親によってはうんざりしてしまうかもしれませんね。私は完全母乳で今次女を育児中ですが、長女の時そんな人いました。初産でかなり体力を消耗し、切開の傷もものすごい痛い…そこへ助産師がやってきて、否応なしにマッサージをされました。母乳がいかに良いかをたくさん話してくれましたが、正直疲れていたのでそっとしといて欲しかったです。

    二人目の時は無理に母乳母乳とは言われず、無理なく自らやりたくなるように促してもらった気がします。賛否両論だと思いますが、形が崩れるから母乳は嫌だと思われてるお母さんもいるみたいですね。温度差というか、それぞれの価値観だからわからない人にはわからないことだし、迷惑がる人は迷惑がるんだろうと思います。

    ユーザーID:0639975747

  • 今では感謝しています

    欧州在住の者ですが、一年前にこちらの産科専門病院で出産しました。その病院も母乳育児推奨で、助産師さんはインド系、フィリピン系の方が多かったのですが、インド系の助産師さんの厳しかったこと!明け方帝王切開で出産、手術直後麻酔も残っている時から授乳開始、数時間後から母子同室、でした。帝王切開のせいか、母乳があまり出なかった私に、これでもか!と赤ん坊の口を乳首に吸わせ、授乳の仕方をスパルタ式で教えてくれました。私はといえば、当時は痛くて苦しくて弱音吐きまくり、その助産師さんが鬼のように見えましたが、そのおかげで母乳もよく出るようになり、当初の痛みも退院後数週間で嘘のように消え、完全母乳育児を存分に楽しむことができました。

    いくら頑張っても母乳が出ないお母さんもいると思いますけど、できれば母乳で育てたい!と考えている初産のお母さんにとっては、多少スパルタでも厳しく指導してくれる助産師さんはありがたいのではないでしょうか。私は最初は授乳がものすごく苦痛だったので、自分だけではギブアップしていたと思います。
    (勿論、その病院は母乳、ミルク選択制で、母乳希望のお母さんだけに指導がありました。)

    ユーザーID:8551886491

  • 強化合宿

    わたしの子育て時代は母乳が見直されたピークだったようで母乳教、母乳信仰みたいに修行のように厳しく指導されました。母乳が出せない親は母親失格であるかのようにこわーい助産師さんに赤ちゃんの頭をつかまれ口を乳首にぐいぐい押し付けられ泣きたくなりました。おかげさまで家へ帰ってきてから母乳だけで育てられたので良かったのですが。でも、どうなんだろう。思うように出ず泣いてたお母さんもいっぱいいたので。それに母乳がたくさん出るお母さんは優越感を持って出ない人を見ていたので。
    私自身結果オーライだったけどもう少し新生児との喜びを感じられてもいいのではとも思いました。

    ユーザーID:6250230542

  • 温度差があった場合

    今、産婦人科は不足しています。正直、無事に、命落とさず産ませてくれるのなら母乳推奨か否かなどは、選択している余地がありません。私も、こういうケースでした。病院は母乳推奨、私はミルク育児希望。でも選択肢がなくそこに入院せざる得ませんでした。予想どおり、入院生活はつらい思い出でいっぱいです。希望していない、授乳指導、マッサージ、母子同室すべてが苦痛でした。でも患者の立場は弱いです。まな板のうえの鯉なので、言うこと聞かないと医療行為を含め、仕打ちをされました。どうして、病院は母乳か否か方針を決めてしまうのでしょうか?妊婦に選択する権利はないのでしょうか?母乳で育てたい人には、そのアドバイスを、ミルクで育てたい人には、断乳後のケアを含めた指導をと望むのは、高望みですか?安くない分娩費用を払ったのに教えてもらいたいことは聞くことすらできず、自分にとっては役に立たない授乳方法のみ教えられまったくの無駄でした。(退院してすぐ母乳はネットで調べた方法でやめました)

    ユーザーID:8072698120

  • 私は出ませんでした。2

    トピ主さんにお願いがあります。
    決して「母乳は頑張れば必ず出る」と思わないでください。
    学校ではそう勉強されてきたと思うし、現場でも「なんとか母乳を!」と気負う気持ちも分かります。しかし頑張っても出ないものは出ません。
    母乳が出ない、または少量の母乳しか出ない母親にとって「頑張れ!」は何よりも辛い言葉です。うつ病の方に「頑張れ!」が禁句なのと同じ感じでしょうか。
    私は1人目を産んだベテラン助産士さんには今も感謝しています。「大事なのは母乳ではない」ということをはっきり言ってくれたからです。

    母乳の出ない母親は母親失格ですか?

    何よりも母乳が出て欲しいと願っているのは赤ちゃんではありません。
    母親自身です。
    そしてミルクを選ぶのも母親自身です。
    あまりガチガチに考えず常識に囚われず、臨機応変に、産後のお母さんのケアをしてあげてください。

    私自身、産後に母乳が出ないなんて思っていませんでしたよ(笑)
    「結婚したら子供ができる」と同じくらいに「子供を産んだらお乳が出る」と思っていましたから。

    ちなみに私もミルク育ちなので・・・遺伝ってあるんですかね?

    ユーザーID:8860613668

  • 私の場合

    ごめんなさい、やはり経験に勝るアドバイスはなかったように記憶しています。
    経験不足ならば、せめて指導というより褥婦さんの心に寄り添ってほしいです。
    焦っている人に「焦らないで」といってあれこれ指導するのではなく、「今回はこちらにしましょうか」などとミルクを持って来られた方がよっぽど精神衛生的によかったように記憶しています。
    家に帰ってどうしてもうまく行かないときは電話相談や来院などで問題解決を図ればいいからね、とどっしり構えてくれた年配の助産師さんがやはり心に残っています。
    私は5日ぐらいの指導で完母になった、ありがたいとは正直思わず、あれこれ家で工夫して自分と赤ちゃんのよりよい授乳方法をみつけてこんなふうにすればいいか〜、とつかんでいったような感じでした。

    ユーザーID:5580854079

  • 貴重なご意見をありがとうございました!

    トピ主です。
    たくさんの方々からのご意見、ひとつひとつ丁寧に読ませていただきました。
    頑張ってよかったと思われた方、辛い思いをされた方、周りの人の言葉に救われた方など、本当に貴重なご意見でした。
    どれだけ頑張っても母乳が十分に出ない方も全体の5%くらいいらっしゃることや、母乳への想いや体力や気力など、すべて個人差、人それぞれと思ってはいるのですが、実際にはお母さんの本音を聞けていない気がしています。
    今回のご意見をいただいて、これからのことを考えました。母乳育児を推進していく姿勢は基本的には持ち続けていきたいです。そして、その時々でお母さんの体調や気持ちを注意深く観察し、できるだけ寄り添い、本音を聞いて、その時々でお互いに話し合い、納得した上で1番よいと思われる方法をとっていきたいと思いました。
    ご意見をいただいたみなさまに感謝いたします。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:0968400098

  • 助産師さんの温度差も気になる

    私も入院中はたくさんの助産師さんにお世話になりました。ほとんどの助産師さんが親切に指導してくれました。しかし、聞いても指導してくれず、助けを呼んでも来てくれない助産師が担当の日があり、我が子は泣きやまず本当にどうすればいいのかと思いました。その日は結局ろくに授乳できず、夜中に胸が張ってしまい、その助産師さんにマッサージをしてもらったのですが、爪を立てられ内出血してしまいました。それから、助産師さんを呼ぶのが怖かったのですが、他の助産師さんは天使のように優しかったのでなんとか頑張れました。
    とにかく、良くも悪くも助産師さんの影響というのは大きいと思います。
    完全母乳が一番と言い切らず、疲れたときはミルクでいいのよと逃げ道というか追い詰めないような指導をして欲しいです。

    だけどトピ主さんのように忙しい中、事務的でなくお母さんたちの気持ちはどうなんだろうと考えてくれる方ならいい助産師さんになるんだろうなと思いました。

    お母さんと一緒に悩みながら頑張ってください。

    ユーザーID:5904891069

  • 新人さんにありがちな・・・1

    元助産師で、2歳の子供をもつ主婦です。
    私も新人の頃は、トピ主さんみたいに「熱意は伝わる!」と思って母乳育児に取り組んでました。
    BHF認定の施設にも勤務していましたが、そういう病院であっても完全母乳を希望しない方がお産に見えるというのは事実です。
    やはり妊娠中の指導や説明が大事ですし、なによりも母親の母乳の知識がどの程度あるのか確認して指導に入ることが重要だと思います。
    こんなこと百も承知と思うかもしれませんが、どんなにベテランであっても「相手が理解していなければ、説明の仕方に問題がある」のです。
    これはサラリーマンや、ご近所づきあいでも一緒です。

    なんとなく「母乳がいいっていうから母乳」という方はかなり多いです。
    赤ちゃんには水筒と弁当があるから出なくても大丈夫!と言われても、泣く子をみれば不安に思う母親もしるでしょうし、頑張りたいと思っても自分の体が想像以上に辛くてどうしようもない、ということも実際にあるのです。
    指導、母乳の知識云々の前に、母親の気持ちに寄り添うこと、その変化を待つことが助産師の仕事なのではないでしょうか。

    ユーザーID:5143880503

  • 新人さんにありがちな・・・2

    私自身、新人の頃とベテランと呼ばれる年数に入った頃では、自分の気持ちにも余裕がでて変化がありました。
    子供を産んで、糖水を与えることに必要性を感じていなかった私でさえも、糖水は欲しかったです。。。正直なところ。
    かたくなに母乳にこだわっていた自分が、まさか母乳が出ないとは〜と今になれば笑い話ですが、子供は体重が減ったまま退院しましたし、熱意だけではどうにもならないこともありますわね。

    母乳に力を入れている方は、時になにかの宗教のような考え方になってしまうケースは多いです。
    でも、やっぱり母乳育児は素晴らしいものですから、トピ主さんが肩の力を抜いて指導するということが、今すぐに実践できることなのかなと思います。

    ユーザーID:5143880503

  • ステキな助産師さんですね!

    現在8ヶ月の息子を完母で育ててます。
    私の産院も母乳推進だったし、私自身母乳育児を希望してたので助産師さんの丁寧な指導はありがたかったです。
    「母乳育児を希望かどうか」ははっきり聞かれたと思います。
    それに基づいて希望者にはどんどん母乳がよく出る指導を勧めていって良いんじゃないでしょうか。
    例えば私の場合
    ・乳頭が切れないようにおっぱいをすり込んでおくと良い
    ・早くても産後2〜3日からでないと十分には出ない
    ・赤ちゃんが吸えば吸うほどおっぱいは作られる
    ・赤ちゃんがおっぱいを吸うことで子宮の収縮が促進される
    など雑誌で読んでた情報をプロから聞く事でとても安心できました。
    逆に質問されて「それを私が決めないといけないの?」と返答に困る時もありました(例えば授乳後に「ミルク足しますか?」など)
    「赤ちゃんがぐっすり眠るために」とか「今回は○gしかおっぱい飲んでないみたいなので」とか
    理由をつけてもらえると判断しやすいのですが、助産師さんたちにとっては日常のことなので
    いきなり質問だけされて逆に「どぅしたらいいですかねぇ?」と聞きたくなることがありました。

    ユーザーID:9609917010

  • 「頑張ればでる」は辛い言葉。

    散々言われました。
    頑張れば母乳はでるもの、泣いたらくわえさせればいい。
    でもね、どんなにやっても出ない人っているんです。
    でないものはでないってわかってほしい。

    初めはベビーも吸うの下手だし、
    精神的なことで母乳が出ないのかもしれません。

    退院してよく出るようになった人が多いのは、
    入院中のナースの言葉から開放されたからかもしれないと思います。

    頑張ればでる、この言葉は言わない方がいいと思います。
    プレッシャーにもなりますし、
    出ない私は駄目ママだと言われているようなものです。

    ユーザーID:3974743045

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧