弘法、筆を選ばず〜?

レス12
(トピ主2
お気に入り8

生活・身近な話題

 使い慣れた道具ってありますよね
これじゃないと絶対うまくできない〜って言うような。

先日、20年愛用しているノートを探していると、友人が「あんたって道具からはいる人間なんだね」と馬鹿にされました。
「それに、ノートなんてどれも一緒じゃん」って・・・
でもこれじゃないと駄目なんですよ。

そういうものってありますよね?

ユーザーID:5052785031

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは弘法大師だからできること

    フルート歴14年の女性です。

    一昨年ですが、奮発してプロが使ってもおかしくない楽器を購入してから音色が劇的に変わり、それまでの「何で私はこんな音しか出ないんだろう!?」というストレスが大幅に軽減しました。以前の楽器もたまに吹いてみますが、やっぱりストレスが溜まります。楽器演奏においては楽器の質は本当に無視できません。

    結局、「弘法、筆を選ばず」は弘法大師だからできることだと思います。私は一般人だから無理です(笑)。

    ユーザーID:4288947882

  • 選ぶ、そして小まめな手入れ

    トピ主様、初めまして、美大卒です。筆は一定以上の品質の物を選びます。モノによっては諭吉出動!という場合もありえます。そして同じメーカーの同じ物でも物凄く吟味します。しかし、それ以上に大切なのは普段の手入れです。使ったら必ず温水で中性洗剤にて丁寧に洗い、筆先を整えて乾かします、この時必ず垂直に立てる、または吊り下げます。決して寝かせません。筆先が自分の感覚、感性を表現するので至極当然の事です。
    絵画以外でも同様でしょう、プロ野球選手のグラブ、バット、サッカー選手のスパイク、小説家の万年筆(今はワープロがほとんどかな?)、茶道の茶碗等々、何でも拘りの道具があると思います。繊細で豊かな感性の人ほど大切にすると思うし、そういった感覚の持ち主でなければ、素晴らしい表現はありえないでしょう。私はファインアートの世界しか知りませんが、一流と呼ばれる人ほど道具を大切にしていました。製作中などはぞんざいに扱ったり、乱暴に見えても必ず計算が働いています。稀に全然気にしない人もいます、天才か、天才気取りの人です。私が出会ったのは後者のみでした。
    トピ主様も拘りに拘って素晴らしい表現を!

    ユーザーID:0894804442

  • 昔、

    お習字の先生に言われました。
    「筆を選ばないのは弘法大師だから」だと。「普通の人はちゃんと選ばないといけません」

    私には「このメーカーのこれ」、と言えるほどのものはありませんが、女性にしては手が大きく、親指が長いため、マグカップと傘の持ち手にはちょっとしたこだわりがあります。
    なので、買う時には真剣にマグカップや傘と握手を繰り返します。

    ユーザーID:2941289320

  • 弘法も筆次第

    とも言いますよ。

    特定のものに拘るのは誰にでもあることでしょう。わたしも仕事で使う道具には多少の拘りがあります。自分にあった使いやすい道具でなければ、仕事が思うように進みませんから・・・・

    ユーザーID:6030600819

  • 弘法は筆を選ぶ

    じつは、弘法自身は「良い書を書くためにはその時々によって筆を使い分けるべきである」といっていたそうです。

    どちらにしても伝説の域にあることなので真偽は不明ですが、こういう話もあるってことで。

    ユーザーID:1023214080

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • こだわり

    私はメイクのブラシにこだわります。仕上がりが違う、思い道理のラインが描ける。
    子供たちは、シャープペンシル・シャ−プの芯・ノート・ルーズリーフ全て、指定です。握りやすさ、書き心地、途中で折れにくいなど、それぞれの筆圧で好みがあります。
    主人は仕事で使うボールペン・色鉛筆など、同じ製品を使い続けています。
    でも、学生時代クラスメートを見ていて、全く気にしない人もいたので、人それぞれでしょうか。きっとその友人は、気にしないタイプなんですよ。
    それに道具からはいるというのは、何かを新たに始める場合であって、使い続けているものに対して言わないのでは?

    ユーザーID:1507728816

  • 弘法筆を選ばず?

     ノートでも何でも自分に合ったものを選ぶと良いです。しかし、本当はノートがあなたを選んでいるとも考えられます。いい筆は字が下手な人には選ばれないようにしています。もののほうでも、使い手を選んでいるのですよ。要はバランス。

    ユーザーID:8191639230

  • 習字の先生曰く

    時代が時代なので、選択出来る筆のレベルは「大差なかった」か「選び
    たくても選べなかった」のでは?という説を説かれてました。

    ノートより筆記具ばかり目がいってしまいます。

    ユーザーID:8378593021

  • みなさま、ありがとうございます

     トピ主です

    なかなか一般人は弘法大師のようにはいきませんね〜

    道具からはいるといった友人は、結局いつもなにも買いません。

    私のお気に入りのノートは、何回も倒産しかかってる会社の製品で買いに幾たび、これで最後かもしれないとびくびくしながら探しています。
    シャーペンも100円で買ったものですが、15年愛用しています。

    Snowmaidenさま>私もプロ仕様の絵画道具でカラーイラストがすごくよくなりました

    りゅうりゅうさま>実は私も美大卒です。作品に燃えてます!

    きょんたさま>私は逆に手が小さいため手袋に悩みます

    ふみさま>そうなんです、違うものだと効率が悪くなるんです

    ゆきにゃさま>初めて知りました、それ今度友人にいいます

    息子二人さま>家族そろってのこだわりいいですね、私はメイクには無頓着かもしれません

    小春どんさま>選んでくれたノートさん倒産しないで〜

    まる子さま>あまりもののない時代ですものね、選択の余地なしですね

    ユーザーID:5052785031

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • わかるっ

    書道で日展に入選した友達が「筆ペンでは字はかけない。不便」と言っていました。

    さて、私は歯ブラシにこだわります。10年ぐらい同じのを使っていたのですが、徐々に店頭で見なくなってきて、色々なドラッグストアに飛び込んで、見つけたら大量買いをしていました。最近、ついにこれまで使っていたのを上回る歯ブラシを見つけて毎日「これはすごい」と満足しています。多分これで10年いくと思います!

    ユーザーID:5389290779

  • こだわりますよね

    例えば板前さんやシェフと呼ばれる方々は、皆さん必ず『マイ包丁』を持ってますよね。勿論プロの料理人ですから、自分の包丁でなくても仕事は出来るとは思いますが、そこはやはりプロのこだわりで、一般人にはわからなくても自分は納得出来ないんでしょう。必ずしも言葉では説明出来ない微妙な何かがあるのが『マイ包丁』だと思うのです。

    私は趣味でエレクトリック・ベースを弾きますが、特定のメーカーの特定のモデルを2本所有しています(5弦Frettedと5弦Fretless)。弦も同様に、自分が納得した特定の物しか使いません。他人のベースも勿論そこそこ弾けますが、しかし自分のベースじゃないと何か変なんです。

    トピ主さんの「でもこれじゃないと駄目なんですよ」と仰るのも、それに似ている感じがします。他人が何と言おうが、徹底的にこだわったら良いですよ。

    ユーザーID:5772541940

  • レスが遅くなりごめんなさい

     こだわるよーさま>おはずかしいですが、歯ブラシ3年変えてません
    今のがなんだかフィットしてて・・・・
    これもこだわりですよね?不精ですか・・・

     Concordianさま>楽器もそうですね。
    私はピアノを弾いてるんですが、発表会のとき会場設置のピアノはとても弾きづらいです。
    自分のをもって行きたいぐらいですね。

    父が料理人なので、包丁はこだわりぬいて自分で研いでます。

    ユーザーID:5052785031

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧