長時間労働の健康管理は?

レス9
(トピ主0
お気に入り10

キャリア・職場

ゆき

現在の仕事について数年が経ちます。やりがいを感じて今まで努力してがんばってきました。仕事上の知識もつき、人間的にも成長することができたかなと感じています。

しかし膨大な仕事量と強いストレスに負けそうになっています。連日終電までの勤務、たびたび夜2,3時まで残業します。休日は計画通りとることができず、休日に出勤もします。上司にはもちろん相談し続けていますが具体的な業務内容の改善は前向きに取り合ってもらえず。長時間労働が当たり前の会社で他の社員もそうやって働いている、私よりもっと長時間働いている社員もいる、というのが理由かもしれません。

できれば辞めずに続けたい、と健康管理には気をつけてきましたが、今は体力的にも精神的にも限界に来ているような気がします。

長時間労働をされている方など、どのように体、精神面で健康管理をされていますか。また、長時間労働から仕事を辞められた方はいらっしゃいますか。社外の人から意見を聞く機会がなかなかありません。ご意見いただければうれしいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:2097254771

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長時間労働は続かない

    若いときはがんばれるのですが、中年の域に達すると身体を壊して仕事を変えざるを得ない人が多いです(辞めなくてよい職場であっても出世を諦めるとか)。

    老眼は早い人では40歳あたりから始まりますし、女性なら更年期障害もあり、脳みそが働かなくなって仕事全体の効率が落ちるのです。中年なら成人病の1つや2つを抱えているのは当たり前ですし、家族がいれば家族の健康や学校行事なども無視できない。気持ちに余裕がなくなって鬱病にかかる人も、非常に多いです。若い人に対抗しようなんて無理です。

    どれだけのストレスに耐えられるかは個人差が大きいので各自対応してくださいと言うほかありませんが、私の場合は気楽に稼げる仕事に転職しました。こういう私も若いときはバリバリ社員だったのですよ、本当に(笑)。

    ユーザーID:0490144793

  • 1本いっとく?

    お仕事お疲れ様です。
    体力はともかく、精神的にというのはやはりキツイですよねぇ。
    主人も、毎日2時3時の帰宅です。
    今日は早く帰ってきました(と言っても、午前1時でした)
    電車で行くと確実に終電に乗れず泊まりになるので、毎日自転車で40分かけて通っています。
    住まいは社宅住まいで都内ですが(職場も都内)、社宅が関東に分散していて、埼玉や神奈川、千葉の社宅から通っている人は、まさか自転車通勤は無理だし、電車のある時間に帰るのも無理なので、平日は職場に泊まりこみです。
    職場の何百人という人たちが、そういう生活です。
    よくみんなやってられるなぁというのが感想です。
    良いアドバイスがありませんが、うちはとりあえずドリンクを飲んで頑張っています。

    ユーザーID:1944548923

  • 人それぞれですが、私は辞めました

    現在29歳です。
    大卒後の5年間広告制作(DTP/web)の仕事をしていました。同じような労働環境でした。
    朝早くから毎日終電まで働くか、あるいは会社に泊まり。休日の予定も立てられない状態でした。
    あまりの激務で体調をくずし、生理不順とめまい、足のしびれに悩まされました。まだ20代だというのに、同期のみんなはげっそり老けてしまっていました。
    仕事をしてもしても、次から次へと詰め込まれるのです。長時間労働が当然という暗黙のルールがあり、社員全員がこういう働き方なので、誰にも文句も言えません。

    そんなわけで、体力的にも精神的にも限界に来ましたので、転職しました。あの時の爽快感は忘れられません。社員だったときは、辞めたら後悔するんじゃないか、責任を放棄することになるんじゃないかと悶々と悩んだものですが、今となっては辞めて良かったと心から思っています。将来性のある仕事でもなかったし、年をとったら身体がもたないことは明らかでしたから。
    ただし、長時間労働が平気な強靭な精神・肉体を持つ人もたまにいます。そういう人なら続けてみるのも良いかもしれません。私はできませんでしたが。

    ユーザーID:4579077705

  • 辞める勇気も必要

    長時間労働本当にお疲れさまです。
    私は新卒で超忙しい会社に入り、半年で「これは一生出来る仕事じゃない…」と退職、その次に入った今の会社は土日休み、残業もあまりなく、10年近く働き続けられています。
    しかし夫がものすごいです。
    朝8時半に家を出て、家に帰ってくるのが翌朝5時。
    2、3時間寝て、また8時半に家を出るという、非人間的な仕事っぷりです。
    人に言うと「浮気してるんじゃない?」と言われますが、弟が夫と同じ職業(別会社)で、やはりそんな勤務状態だったので、多分仕事だと思います(笑)
    残業代が出たら数年で家買えそうですが、残業代なし!
    業界全体が長時間サービス残業当たり前みたいです。ひどい話です。
    もちろんバンバン人は辞めていきますし、体を壊す人も大勢います。
    弟も体を壊して療養中です。弟の会社の社長さんは皆の目の前で過労で倒れてそのまま他界されたそうです(まだ30代前半だったそうです)。立ち上げたばかりの会社だったので社長さんも社員と同じかそれ以上に働いてたみたいですね…。
    (続きます)

    ユーザーID:0792841533

  • 辞める勇気も必要2

    (続きです)
    同じ職業で、弟はぶっ倒れ、夫は持ちこたえているところを見ると、やはり持ち前の体力やストレスに対する耐性、また、仕事が好きで楽しいかどうか、が長時間労働を長く続けていけるかどうかを分ける気がします。
    仕事が積極的に好き(趣味が仕事になっているなど)でなければ、転職が心身の健康を守る近道だと思います。
    弟はもう2年も社会復帰できていませんし、先述の社長さんにいたっては亡くなっているわけで、命・健康あっての物種ではないでしょうか。
    忙しい会社にいると、やめることに罪悪感、もしくは敗北感を感じるかもしれませんが、いざという時に会社は助けてくれません。
    「あと半年で仕事が楽になる」などの具体的な目処があるならともかく、
    限界を感じるのでしたら、変に粘らずに勇気を出して辞めることも必要だと思います。

    ユーザーID:0792841533

  • 長時間労働してます

    ゆきさんほどではありませんが、長時間労働しています。
    ただ波があるので、ゆきさんほど働いてはいません。

    毎日タクシーに乗って帰っているとき、ふと「もう精神的にも体力的にも限界なのでは」と思って泣いてしまったこともあります。
    たまたま私の勤めている会社では規定時間を越えるとカウンセリングを受けることになっており、その際にカウンセラーの先生が「3日休みなさい」と強制的に休ませてくださったのでそこでリフレッシュして、休みって必要だと痛感しました。

    ゆきさんも難しいかもしれませんが週に1日はいつもより早く帰る、など決断が必要かもしれません。効率って下がっているものですしね。

    私も家族にもう辞めたらと言われながらも、ここまでやってもったいない、と思って続けている面もあります。
    でも本当に限界だと思ったら、自分で何らかの手を打たないと自分の身は守れないとカウンセリングのときに気づきました。
    お体に気をつけて頑張ってくださいね。

    ユーザーID:3555460416

  • はっきり言ってナンセンスです

    そもそも長時間労働は、週40時間以上になれば36協定がないと違法です。
    そもそもそんな協定があるのですか。
    さらにサービス残業になれば協定の有無にかかわらず違法行為です。
    最近では年俸制とか裁量労働制とかありますが、前者は最初から年俸に時間外手当を含んでいると言ってもそれを超えれば手当は支払わないといけないのです。

    また裁量労働制は本来は対象にならない業務に対して違法な導入をしているケースが多いので実は適応するケースは少ないのです。
    また他の先進国では実はサービス残業はあり得ないのです。
    最近では労基署もサービス残業にはたいへん厳しい対応をするようになってきています。もし長時間労働やサービス残業が横行しているのであれば、労基署に訴えるなり、労組を立ち上げるなりすればいいのです。
    それで改善されない場合は、次は経営者の逮捕などさらに厳しい結果が待っています。
    健康管理といってもある程度以上の長時間労働を続けるのはそもそも無理でいずれは破綻します。

    ユーザーID:6048741732

  • 自分を守って・・・

    お疲れ様です。
    web業界で働いています。やりがいもあり楽しかったです。
    ここ数年、平日は朝から0時過ぎまで仕事でしたが、去年は引越しして家が遠くなったのに朝から終電まで、タクシー帰り、休日出勤をひたすら、の日々が11ヶ月続きました。上司に訴えても「改善するからがんばって」の返事のみ。確かに人は増えたけど、仕事を教える時間がさらに加算されてどうにもならない状況でした。

    12月上旬、状況は改善されました。
    自分が突発性難聴で戦線離脱したからです。安静にしているようにと先生から言われたものの休むわけにはいかず、、、それ以来、数ヶ月を治療に費やし(仕事はしてるけど残業はしない状態)、最近ようやく少しずつ残業ができるようになったところです。

    一度体を壊すと復活まで時間がかかるし大変な思いをしますので、そうなる前に自分を守ってください。気をつけていても、自分で平気と思っていてもがんばりきれないこともあります。ちなみに同じぐらい働いて何ともない人もいたし、私より1ヶ月前に倒れた人もいました。

    ユーザーID:6359199818

  • 自分のみは自分で守る。

    激務、お疲れ様です。
    私はITエンジニアで、半年ほどですが超激務になったことがあります。
    そのプロジェクトを強制終了した後、燃え尽きて暫くは鬱っぽくなりました。
    体もガタガタです(苦笑)

    その時に判ったことは
    『会社は私を守ってくれない。守れるのは自分だけ。』
    ということです。

    皆さんがお書きになっているように、ストレス耐性には個人差があります。
    自分が辛いと思ったら、強制的にでも休む。
    それで非難されるようでも。自分のためです!!
    もし倒れたら周囲の人の迷惑になりますので、皆のためでもあるのですよ。

    あと、勤務状況は記録しておきましょう。
    36協定違反と思われるので、労働基準法を勉強しましょう。
    頑張って!!

    ユーザーID:4017947619

レス求!トピ一覧