夢はきっと叶う?

レス9
(トピ主1
お気に入り13

男性から発信するトピ

ドリーマー

わたしは以前から、海外で働き、家族とともに生活するというささやかな夢がありました。
今、その夢は完全に満足とは言えないものの、いちおう叶えられています。
わたしのは「夢」と言っていいかどうかもわからないような小さいものだったので、比較的簡単に叶えられましたが、「政治家になりたい」とか、「有名な歌手になりたい」というような実現が難しい大きい夢もあると思います。

わたしは夢は1夢に対する強い意識、2何があってもあきらめない不屈の精神、3夢を実現するための具体的な計画の3つがあれば、必ず叶うと信じています。

でも、現実には夢を追うばかりでは暮らしていけないので、夢をあきらめてしまう人も多いでしょう。

今夢を追いかけている人、夢を実現させた人、夢をあきらめ他の人生を選んだ人、色々な人の「夢」について聞かせてください。

ユーザーID:3993298129

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 叶うと思います!

    私もいくつかの夢を叶えました。夢を持っていると、見逃してしまいそうな小さな情報でも手に入れることができるし、周りに普段から言っているといい情報を教えてくれたりもします。
     私が夢を叶えるきっかけになったのは、本屋で何気なく立ち読みをした本と、友達から私の夢に詳しい友達を紹介されたことです。
     例えば大きな夢でもうダメだなって思っても、そこでまた自分が出来そうな違う夢に軌道修正して、それを叶えれば夢が叶ったことになりますよね。
    私も1,2,3を実行すれば夢は必ず叶う。夢を持っているだけで何もしなければ叶わないものだと思ってます。

    ユーザーID:7157000534

  • 心は現実をつくる。

    トピ主さん、素晴らしい人生ですね。
    いろんな表現があると思いますが、私は、夢は目標と捉えています。
    「こうなりたい自分」を認識して、それに向かって努力しています。
    欲しいものを手に入れて喜んでいる自分、したい事をして充実している自分、いろいろです。
    叶いそうにないような大きな夢でも、潜在意識に認識させたらその実現に動き出すと何かで聞いたので、それも実行しています。
    諦める事はしません。勿体無いですから。どんなときでも自分を信じて、自分にゆだねることです。
    心は現実をつくると言いますから。

    ユーザーID:9108292991

  • プロ野球選手!

    こんにちは。

    「夢」って良い言葉ですよね!
    私は小さな田舎で育ったこともあり、今考えると井の中の蛙でした。
    高校二年の夏までプロ野球選手になることを夢見ていました。父は特に思い入れが強く高校卒業後はノンプロに入れようと思っていて、私が大学進学を考えていると両親に言った時は泣いたくらいでした。

    今思うと純粋と言えば聞こえが良いが世間知らずだったのでしょうね、でもずっと打ち込んできた野球は今でも大好きですし、あの時きつい練習をしながら受験勉強をしてきたから大抵のことには逃げずにできるのだと思います。
    「夢」はかないませんでしたが「夢」のためにがんばって得たものは大きかったですね。あ、もちろん一緒に甲子園を目指した仲間も得られたのも財産ですー☆

    ユーザーID:6458823360

  • ある意味、夢叶いました…

    元々、結婚式やウエディングドレス、打ち掛け等にもあまり憧れがなかったのもあるのですが、30歳になった頃、ふと「結婚は50歳でも80歳でも相手がいればできるけど、出産には、タイムリミットがある!」と気づき、「旦那はいらないけど、子供が欲しい!!!!」と思いました。

    結果、35歳で未婚で出産しました。子供の父親で当時の婚約者には、子供が生後3ヶ月の時に「僕はやっぱり独身がいい!」と逃げられました。

    30歳のあの時、なぜ「お金持ちでやさしくて、私を愛してくれて、子煩悩な旦那様との間に子供をもうけ、幸せな人生を送りたい♪」と願わなかったのか、後悔してます…(涙)。今は、出会いの「で」の字すらありません…。

    しかし!とりあえず、次の夢(妄想?)は「好みの男性と友人から恋人になり、大きなダイヤかルビーの婚約指輪をもらい、結婚式をあげ、新婚旅行に行き、自宅を購入し、夫の会社を週2−3日手伝い、あとは好きに過ごし、年に何回か国内外に旅行に行き、ボケることなく、静かに眠るように天寿を全うする。」です!

    ユーザーID:4847063414

  • 昔はそう思っていました

    幼い頃から親からの暴力暴言に耐えて育っていたので心から強く願った夢は「世界に1人でいいから私を一番に思ってくれる人と出会って温かい家族が持てますように」ということです。

    今まで小学生の頃に週に5日塾に通い体を壊して毎朝二時まで受験勉強をし続けましたが受験に失敗、両親から罵声を浴びせられた時も、仕事でいきなりリストラされた時も、全部自分の努力不足だと思いました。

    でも結婚して知ったのは子供だけは努力でもお金でも心の持ち方でもなく授かり物だということです。
    恋愛経験も夫だけ、年齢も20代前半、健康だけが取り柄で夫も私も不妊の原因が一切無いのに子供が出来ない原因不明不妊だったのです。

    まさか自分がTVで見た痛くて恐ろしい高額な高度治療をするなんて思いませんでした。子供に恵まれた今も、世の中には限界の努力をしても子供だけはどうしようもないんだなぁと思います。

    ユーザーID:5726248350

  • 叶って、それがゴールなら

    求められてるレスとは違うかもしれませんが、ご容赦を。

    なにかになりたい、という夢は、それがお嫁さんでも
    先生でも、なって人生のゴールでないのだから
    叶うこと自体にはあまり意味がないような気がします。

    よくスポーツ選手の例が出ますが
    プロチームの支配下選手になることが夢ではなく
    試合にレギュラーで出て、そのギャランティで生計が立つことが夢なんですよね。

    私なぞも、HNのとおりで、デビューはして、何作か誌上に掲載はされましたが結局「ただそれだけ」です。
    漫画家になりたい、って言う人から見れば夢は叶ったかもしれませんけど、自分も世間もこれを叶ったとは認めない。

    シンデレラだって結婚式で話は終わるけど、果たしてその先の結婚生活は幸せなのかどうなのか。

    要するに夢が叶うこと自体に意味はなく、叶えるために生きてきた過程に後悔はないか、今、幸せか、が大事なんじゃないでしょうか。

    それに、やっぱり骨格とかで不向きな夢なんかもありますし、あんまり「叶う」ことばかりに重点をおくのはどこか違う気がします。

    ユーザーID:1508731968

  • お陰さまで叶っています。あ〜よくやってきた!

    私も、大学も私の分野では最高峰に入れたことから始まりました。

    幼少から自分の最終学歴は「大学院」と漠然と信じていて、それは「日本語以外で修得する」、これはアメリカで叶いました。

    良いタイミングの結婚も、豪華な結婚式も、幸せな結婚生活も運が良く思い通りでしたが、それは自分の夢と引き換えに、後に失うことになりました。
    海外の好きな場所で働き生活する、という夢でした。

    ドリーマーさんと同じ、私も今は海外の好きな場所で自分のやりたかったことを仕事にして生活しています。
    まあ、完璧ではありませんが殆ど叶ってますね。

    今まで「大金持ちになりたい」とか、お金に関しての夢が殆ど具体的に無かったためか(?)大金持ちには程遠いですが、「欲を張り過ぎたらそこから破れる」と信じていますので、「欲しい物が不自由なく手に入る程度」と
    ぼかして神様に託しています。

    今の夢は、両親の健康での長寿全う、私の健康と仕事の内容の更なる充実(これは私次第)、卑近なところでは、あと6キロほど痩せることです。(これがねえ、結構難しいのね)

    神様、仏様、ご先祖様に運の良さを感謝しています。

    ユーザーID:3789554881

  • トピ主です

    皆様、レスありがとうございます。
    皆様の貴重な体験談やお話が聞けて、このトピを立てて良かったと思います。

    あんなさんがおっしゃるとおり、自分の努力だけではどうしようもないことというのは確かにありますよね。でも、夢を追うことによって、自分が今まで知らなかった世界が見えたり、たとえ叶わなくても、その過程で得られるものもたくさんあるものなんですね。

    わたし自身も夢を叶えるというのはひとつのステップだと思っています。ひとつの夢を叶えるということは、ひとつのゴールであり、また新たなスタートでもあると思います。ひとつの夢を叶えたら、また別の夢に向かって努力する、人生はその繰り返しなのではないでしょうか。

    わたしはまだ次の具体的な夢はありませんが、早く見つけて、それに向かって努力したいと思います。

    ユーザーID:3993298129

  • 植村直己の名言

    「夢」といえば、登山家の植村直己をすぐに思い出しました。


    「人の生きる本当の価値は、お金や肩書きなどではなく、夢を追い求め一瞬一瞬を精一杯生きることにあります」
    成功・失敗といった結果よりも、夢を持ってそこに向かう経過こそが大切なのだと言う。 

    子供が大きな夢を語るとき、大人は「そんなのお前には無理だ」とか「お前には向いてない」とか言うけれども、もしそれでだめだったとしても、その経験の中から好きなことや、自分に向いてる道を探す事ができる。
    だからその夢に向かって生きていくことに意味がある。
    夢に向かって生きていって欲しいと。

    子どもたちへは
    「僕らが子どものころ、世界は新鮮だった。やりたいことはなんでもできた。医者になろうと思ったらなれるし、登山家になろうと思ってもなれると思っていた。だが、大人になるとみんな疲れて夢を失っていく。
    だけど、僕はいつまでも子供の心を失わずに、不思議なもの、美しいものを見るために生きてきた。美しいものを見るためには、子どもの純粋な魂を持ち続けることが大切だ。いいかい、君立ちはその気になれば、何でもできるんだ。」

    ユーザーID:3011737117

レス求!トピ一覧