愛犬の死

レス26
(トピ主0
お気に入り14

心や体の悩み

きゅう

苦しくて苦しくてたまらないのでちょっとだけ、はき出させてください。

長年飼っていたわんちゃんが亡くなりました。
最後は呼吸が苦しく、痙攣が治まらず、本人も苦しかろうと獣医師さんのすすめもあって注射で死なせてしまいました(安楽死です)

昼間でしたので家族はみな家におらず、私一人で決断し見送りました(老犬ゆえ急死だったのです)

家族に最期の事は聞かれたのですが苦しんだ事を言いたくなかったのと、詳しく言いたくなかったのとで、眠るように死んだ、と言いました。

家族は苦しまず良かった、と納得していますが、私は一人誰にも言えず毎日苦しんでいます。

毎日毎日毎日わんちゃんの墓前に勝手に決断して殺してしまってごめんねと拝みながら。
私はいつか後悔せず、わんちゃんがいてよかったと思える日がくるのでしょうか。

ユーザーID:3834600266

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 辛い決断でしたね・・・

    トピ主さん、初めまして。40代半ばの既婚男性です。

    トピを読んで不覚にも涙が止まりません。読み苦しい文章になるかも知れませんが、御容赦下さい。

    飼い主にとってペットを安楽死させる事は、考えられる限り最も辛い決断だと思います。トピ主さんも、身を引き裂かれる様な思いだったでしょうね。でもトピ主さんが置かれた状況の中で、愛犬を思うトピ主さんに出来る最善の決断であったとも思います。

    御家族にこれ以上悲しい思いをさせたくないトピ主さんのお気持ちはわかりますが、本当の事をお話しになっては如何ですか?亡くなった愛犬は、御家族の皆さんにとっても家族の一員なのですから、嬉しい事も悲しい事も全て分かち合うべきですよ。そして、安楽死という辛い辛い決断を下されたトピ主さんを責めることの出来る人は誰もいませんよ。

    どうか「勝手に決断して殺して」なんて言わないで下さい。トピ主さんに可愛がられ、愛され、最期を看取ってもらって、彼も幸せだったと思います。

    御存知かも知れませんが、『虹の橋』という詩を是非読んでみて下さい。地上では亡くなっても彼は虹の橋でトピ主さんとの再会を待っていますよ。

    ユーザーID:1251306465

  • よくご英断されました

    トピ主様、ご愁傷様でした。
    きっとワンちゃんもあなたに感謝していると思います。
    痙攣し、呼吸機能が低下してそのまま死ぬ苦しみを考えると・・・
    身体も突っ張り、顔つきも苦しそうな死に顔で死んでしまいます。
    その方がご家族は悲しまれると思います。
    ご家族がおっしゃっているように、「苦しまず良かった」ように計らったのはあなたですよ。
    とっさの判断、よくされたと思います。

    私にも今年9才になる大型犬がおり、もうすぐ寿命だと思うと考えただけで泣けてきます。
    それでもこの子が苦しまないように、そして余生を安心して過ごせるように、と
    日々思いながら愛情を注いでいます。

    いまわの際にあなたが側にいてくれたことも、きっとワンちゃんは感謝しているでしょう。
    飼い主に撫でられながら目を閉じることができたのですから。
    どうぞご自分を責めず、元気だった頃のこと、沢山遊んだり叱ったり慰められたりしたこと、面白いエピソードの数々・・・
    沢山の思い出を忘れないであげてくださいね。
    トピ主様の悲しい気持ちが早く晴れる日が来ますように。

    ユーザーID:1477033846

  • 聞きかじりですが

    ずいぶん昔に読んだ本に書いてあったのですが、犬(動物)には「死が怖い」という考えはないらしいです。そもそも死という概念を持っていないとのこと。だから犬がつらいと思うのものは、これから死ぬかもしれない不安や恐怖ではなく、たったいま感じている身体的な苦痛なのだそうです。

    これを読んだとき、自分のペットが治る見込みのない病気になったときに苦痛を伴う長い治療は控えようと思いました。

    勝手に判断して殺して・・・なんてあまり気に病まないで下さい。一度も愛情をかけられることも撫でられることもなく処分されていく動物がたくさんいるこの世の中で、老犬になるまで一緒に暮らし最後はきちんと看取ってもらえて、幸せな犬生じゃないでしょうか。わんちゃんもトピ主さん一家に感謝していると思いますよ。

    ユーザーID:8269478190

  • きゅうさんは強い人。

    わんちゃんは、きゅうさんの判断をいつものように信じて楽になったのだと思います。
    病気や治療、死の意味すら知らないのだから、快方に向かう希望が無ければ苦しませるのは酷だったと思います。

    家には痛い注射が大嫌いなワガママ猫が居るのですが、最期の時にきゅうさんのように慈悲深い決断が出来るか自信がありません。
    私のエゴで苦しい思いを強いてしまうのだけは避けたいと常々思ってます。

    家族の為に辛い最期を胸に封じ込めようとしているんですね?
    私だったら少しでも心の荷を軽くしたくて吐き出してしまうでしょう。
    泣きながらでも心の内を話してはどうですか?
    ご家族は悲しみを分かち合いたいかもしれませんよ。

    悲しみのあまり、もう犬なんて飼いたくないときゅうさんが思っても、天国のわんちゃんはまたきゅうさんと暮らしたいと言うでしょう。
    どんなにかわいがられたかみんなに自慢してると思いますよ。

    ユーザーID:3432857141

  • お察しいたします

    きゅうさん、さぞかしつらい日々をお過ごしのことでしょう。
    きゅうさんのお気持ちを想像するだけでも胸が詰まります。
    どうか、どうか、ご自分を責めないで下さい。
    ご自分を責めて、いつまでも悲しい気持ちでいると天国にいる
    わんちゃんがもっと悲しい気持ちになってしまいます。

    きゅうさんが選んだ道は、決して殺しではありません。
    愛するが故の選択でしょう。
    それはもちろん、わんちゃんにだって伝わっていないわけがありません。
    天国から感謝と、今のきゅうさんの状態を心配そうに見守っているはずです。

    こんなに優しいきゅうさんに大切に愛されたわんちゃんですもの、今天国からきゅうさんとご家族の幸せを願っていると思います。

    どうか愛するわんちゃんの為にも、きゅうさんに笑顔が戻りますよう。

    ユーザーID:5039521490

  • トピ主さんが早く癒されますように

    優しいトピ主さん、こんばんは。お気持ちよく分かります。
    でも安楽死をさせてもさせなくても、どちらも悔いが残ったと思います。

    私ももう14、5年前ですが、うちで産まれて家の中でずっと一緒に暮らして、
    家族同然に可愛がっていた犬がガンになり、獣医師さんから不治を宣告されてから、
    2週間であっと言う間に亡くなってしまいました。

    まずは餌が食べれなくなり、水ばかり飲んでは吐き、そのうち水も飲めなくなり、
    最期の三日間は立てなくなって、寝たまま血便を垂れ流して、苦しい息をしていました。

    それを見た母は「もうつらい思いをさせるだけだから、安楽死させよう」と
    言っていたのですが、私と妹がどうしても安楽死に踏み切れず、
    結局その犬に苦しい息をさせたまま死なせてしまいました。

    犬が死んでしばらく経ってから、妹と二人で「やっぱり安楽死させた方がよかったかも。
    させなかったのは私たちの我儘だったのかな。」と話しました。

    トピ主さん、どうぞご家族に本当の事を話されてください。
    誰も責める人はいないと思います。
    トピ主さんの気持ちが早く癒されますように。

    ユーザーID:9702694667

  • 必ず来ます。

    家は、具合が悪くなって3日でした。しばらくは、人に聞かれても家で寝てる〜とかいってました。もう一匹いたので散歩があり、そのたびにでした。でもね、きゅうさん、ワンちゃんはものすごく感謝していると思いますよ。だってつらい姿をあなたがただ一人で背負ってくれ、他の家族は眠るように逝ったと思っているんですもの。今頃虹の橋でたくさんのわんこと遊んでますよ。一人っきりで逝かなくてよかったですよ。

    最後まで見る

    これは,飼った人間の責任ですし、そして飼ってもらって幸せだったに決まっているジャン。お世話になりました。ありがとね〜〜って言ってますよ。

    ユーザーID:3371137974

  • どうかご自分を責めないでください

    辛い思いをされましたね。

    トピ主様のお気持ちよくわかります。
    実家で猫や犬を見送ってきましたが、
    苦しんでいる姿を見ることは耐えられません。
    そのときの判断は間違っていないと思います。

    ワンちゃんは決してトピ主様のことを恨んでなんかいません。
    きっといつの日か、夢の中で会えますよ。
    ワンちゃんは「ありがとう」って言ってくれると思います。

    でも、ご家族にも黙っているのはとても苦痛でしょう。
    少し落ち着いたら、家族の方に話してはどうでしょうか。
    誰も責めないと思います。
    家族皆様でワンちゃんとの楽しかった思い出を話してください。
    (すぐは無理だと思いますが・・・)
    これが一番の供養になると思います。

    私も一人暮らしで現在6匹の猫がいます。
    いつの日か必ずその日が来ます。
    自分ひとりで耐えられるだろうか・・・
    考えるだけで、涙が止まりません。
    思い出を共有できる家族がいたら・・・と思います。

    支離滅裂になってしました。
    どうかトピ主様に一日も早く心穏やかな日が来ることを祈っております。

    ユーザーID:9430596561

  • 私も

    娘は最初心臓麻痺を起こし、いったん助かったけれどもう何日も持たないと言う事で見送るのが辛さに行くなら私のいないときにしてほしいと願ってしまいました。そのためにとは言い切れないけど娘は私が出かけている間に行ってしまい、帰った時ノは冷たくなっていました。いまだに心が痛みます、書いていても鼻の奥が痛くなります。時間が忘れさせてくれるときがくるのか、一年近くなるのに未だ辛いです。

    ユーザーID:0893656817

  • 愛犬がありがとうって言ってます

    苦しくて苦しくて大変なのを助ける決断をしてあげたと思ってください。

    愛犬の苦しさを助けるのはその注射しかなかったのです。
    その注射によってお星様になってしまったのです。
    天に召されない注射では苦しさから助け出せなかったのですよ。

    お星様になることが決まってしまっていたのですから、お星様になる時間を遅くさせてその間苦しませておくなんていうのは悲しいことだと思います。
    苦しむ時間を短くしたから早くお星様になったのです。ほんの少し早くした分苦しい時間が短くなったのです。

    苦しさから救ってくれてありがとう!
    他の家族にいい思い出を伝えてくれてありがとう!

    耳を澄ませてみてください。ほらっ愛犬はそう言っていますよ。

    ユーザーID:3047180921

  • ご冥福をお祈りします

     聞きかじりで正確ではないかも知れませんが、イギリスのことわざに「子供が生まれたら、犬を飼え」というのがあるそうです。
     「犬は赤ちゃんである子供を敵から守ってくれる。子供が成長するにつれ、犬は子供のよき遊び相手になってくれる。そして、子供が青年になった時、犬は先に死んで生命の尊さを教えてくれる」
     我が家にも13歳のおばあちゃんパグがいます。最初、飼う時に、死別する時のことを考え、躊躇しました。しかし、犬を飼っている友人が「死ぬ時のことを考えるより、一緒に生きている時のことを考えれば・・」と言ってくれました。
     たしかに、これまでの13年、彼女はかけがえのないものを、我が家に与えてくれました。今は、彼女の最後に対する覚悟をしています。その時、彼女が苦しんだら、私も安楽死を選ぶでしょう。安らかに虹の橋のたもとへ行ってもらうために。

    ユーザーID:2332425222

  • ご自分を責めないで下さい

    おつらかったですね。でももう苦しまないで下さい。虹の橋にいるわんちゃんが、悲しそうなトピ主さんの姿を見てきっと心配していますよ。
    安楽死を決断されたことは、わんちゃんにとって最善だったと信じてください。トピ主さんがご家族におっしゃった通り、最後は「苦しまず、眠るように」旅立つことができたのですから。「殺した」なんて、ご自分を責めたりしないで下さい。これ以上ないほどの苦しみから解放してくれたトピ主さんの気持ちをちゃんと感じて、わんちゃんは心から感謝していますよ。
    私としては、今すぐでなくても、気持ちの整理がついたらぜひご家族にも本当のことを話してほしいなと思います。トピ主さんの深い愛情とご家族の気持ちを気遣う優しさを、きっと喜んでくださることでしょう。
    楽しかった日々、わんちゃんの笑顔を思い出しながら、安らかな気持ちでお参りできる日が来ることを祈っています。

    ユーザーID:4994730728

  • 涙がでてきました

    我が家にもワンがいますし、小さい頃から犬のいる生活でした
    今まで飼っていたワンは、老衰で眠るように天国にいったのですが
    もしトピ主さんと同じ状況でしたら、やはりワンの苦痛をやわらげたいと思うでしょう
    なので、トピ主さんはよくご決断されたと思います
    きっとワンちゃんは苦痛を取り去る決意をされたトピ主さんに、感謝こそすれ
    ご自分を責める姿は見たくないのだと思います
    時間はかかるかもしれませんが、少しずつでもワンちゃんとの思い出を思い出しながら
    この苦しみを乗り越えてくださいね

    私は今でも10年以上前に飼っていたワンのことを思い出して涙が出ますが
    それ以上に、ワンとの楽しい思い出が蘇ります
    虹の橋、とてもいいお話ですし、いぬのえいがもとてもいい映画です(夫談)

    トピ主さんの悲しみが一日でも早く薄れますよう、心から願ってます

    ユーザーID:1522368756

  • あなただけじゃないと思います

    愛するものを失うって、辛くて悲しくて苦しいことですよね。
    うちはまだワンコが生きていますが、ワンコを失ってしまった後、
    どうなってしまうのか見当も付きません。
    出来る限りのことして、苦しまないで天国へ旅立って欲しいのですが、
    こればかりは運ですよね。一生懸命面倒を見て、最後に
    本当に悲しい別れ方をしなければならなかった方はほかにもいます。
    そのことを聞いたときも涙が出ましたが、そのことを話すと
    今でも泣けてくるので話せないです。

    あなたは辛くて苦しいでしょうが、あなたに最後まで大事に思われ、
    愛されたワンちゃんは幸せだと思います。
    愛犬の辛さをあなたが引き受けたのだから、あなたは立派だと思います。

    ユーザーID:2062468405

  • 辛かったでしょうね…

    とても辛い決断だったと思います。
    私も3月に大型犬を老衰で亡くしました。14歳という長寿でしたが、
    その分、寝たきりの状態も長かったです。
    大型犬なので、数時間おきの寝返り、食事の補助など
    本当に大変でした。
    でも、一番辛く、大変だったのは彼(犬)だったと思います。
    血尿、床づれ、痛いのか、苦しいのか…悲しい遠吠え…
    何度「安楽死」を考えたか…でも、なかなか決心が付かないまま天国に旅立っていきました。最後は眠るようでした…
    しかし、これで本当に良かったのだろうか?
    いたずらに苦しめてしまったのではないか?
    ずっと、悩みました。

    死というものは、とても難しいことで、正解は無いのかもしれません…
    だから、トピ主さんも自分を責めてはいけません。
    いままで一緒にいられた時間が大切なんです。
    あと、ご家族に本当のことをお話しできず苦しんでいらっしゃるようですが、是非、「本当のこと」をご家族にお話ししてください。
    同じ家族の死です。家族みんなで悲しさを分け合い、支え合うことをお奨めします。

    ユーザーID:1383039641

  • 思い出して涙がでました。

    苦渋の決断でしたね。
    読んでいて涙でました。
    四年前うちのゴールデンレトリバーも私の手の中で死んでいきました。
    乱れた呼吸がだんだん弱弱しくなりすぅーと息が途絶えそのまま・・・
    半狂乱でかかりつけの先生に電話しましたが間に合いませんでした。
    私の帰宅を待つかのようにこの世を去りました。
    今でもその状況は主人に話すことができません。
    あまりにも悲しすぎて・・・あの時ああしていたら苦しくなかったんじゃないか・・・もっと早く帰宅していたら・・・なんで仕事が休めなかったんだろう・・・自分を問いつめます。
    想いはグルグル駆け巡ります。
    トピさんの決断は正しいです。
    無理な苦しみは与えるものではありません。
    私もその場に先生がいたら安楽死をお願いしていたでしょう。
    それほど耐えられない辛いことですから。
    ましてそれを人に説明するのはとても難しいことです。

    ユーザーID:6397466121

  • 決断したことは

    私も犬一匹と猫二匹を飼っています。猫は二匹とも高齢(十歳と十二歳)
    で、今は二匹とも重い持病を抱えています。
    トピ主さんのつらい気持ち、よくわかります。

    安楽死に関する考え方から言えば、私は反対です。
    どんなに苦しい日があったとしても、発作などはじきに治まります。
    もしかしたらその後、安定した日が過ごせるようになるかもしれません。
    その見きわめはとても難しいです。
    現に、私の猫も死にそうになった状態から徐々に復活し、日常生活に
    問題がないほど回復しています。
    だから、私は安楽死は決して選択しません。

    でも、安楽死の是非など、本当はたいしたことではないのではないか、
    と思います。
    飼い主が、愛情から決断したなら、それは「その子にとって正しい」
    のだと強く思います。
    私はいつも「来世で自分がこの猫・犬に生まれても良いか」と
    考えます。
    自分の家に生まれても、ラッキーだと思えるか。

    トピ主さんの決断は、来世でトピ主さんがその犬に生まれ変わっても
    許せることなのでしょう?
    ならきっと、トピ主さんはワンちゃんと虹の橋で会えますよ。

    ユーザーID:2558117039

  • それで良かった

    私は犬ではないのですが、うさぎを飼っていて、
    そのコが急性腸炎で死んでしまったのですが、
    亡くなる前はものすごい苦しみようでした。
    苦しみの余り自分の耳を齧ってちぎってしまうほどだったんですよ。

    私はただオロオロするばかりでした。
    あの時安楽死のような処置をしてあげていたら・・と
    今思い出しても泣けて仕方がありません。

    トピ主さんの決断は、わんちゃんにとって最善だったと
    私は思います。
    人間も含め、生き物は必ず死ぬ時が来ますよね。
    私自身、自分の死に際に断末魔の苦しみを味わうより
    安らかに眠らせてほしいと思いますから。

    わんちゃんも喜んでいると思います。
    ご自分を責めないで下さいね。

    ユーザーID:9047167843

  • トピ主です

    レスをくださったみなさん、ありがとうございます。

    本当に打ちひしがれていたので、ここではき出して泣いて、ちょっと落ち着きました。

    先日初七日で霊園にお参りしてきました。
    家族は霊園に行くのは初めてだったので、見晴らしのいい墓所を見て『ここなら喜んでいるかな〜』と話しておりました。

    私一人まだがっくりとしておりますが、虹の橋で私を待っていてくれるかな〜?とちょっと気持ちを切り替えられました。

    いろんなわんちゃんのお墓に刻まれた年齢を見てるとうちのわんちゃんがいかに長生きしたかが解りました。

    家族も長生きして苦しまず逝って良かった、と言っておりますので最期のことはもう私一人の胸に納めておこうと決めました。

    いろいろご助言くださったみなさん、ありがとうございます。
    ここに投稿して本当に救われました。


    今でもわんちゃんの写真にはごめんね、の方が先に出てきますが、いつかありがとう、に変わればいいなと思っています。

    ユーザーID:0030647440

  • きゅうさんへ

    きゅうさん
    私も猫2ひき飼っています。
    きゅうさんが今どんな気持ちでいらっしゃるか、
    考えただけで私も涙がでてきます。
    自分がその立場になったらどうするだろうか、考えても分かりません。
    愛するからこそ少しでも永く生きていてほしい、
    愛するからこそ苦しませたくない、
    どちらにしても、結局はいつまでも考えて後悔してしまう気がします。
    悲しい気持ちをお一人で抱えていると、考えはどんどんマイナスになってしまうと思います。ご家族に話されて、愛されたわんちゃんの思い出を語り合われてはいかがですか。思いっきり泣くのもいいことだと思います。
    皆様コメントなさっているように、
    長年家族の一員として愛されすごしたこと、
    大好きなきゅうさんに最後まで一緒そばにいてもらえたこと、
    わんちゃんにはきゅうさんの愛情がいっぱい伝わっています。
    なんのアドバイスもできないですが、
    ご自身を責めないでくださいね。
    ありきたりな言葉になってしまいますが、わんちゃんも大好きな
    きゅうさんが悲しんでいると悲しみます。早く笑ってぼくのこと
    思い出して〜って願ってると思いますよ。

    ユーザーID:8710098413

  • つらいと思いますが・・

    トピ主さま、今はおつらいでしょうが、どうぞご自分を責めないでください。

    もし私がトピ主さんと同じ状況に置かれたなら、やはり同じ方法をとったでしょう。それが、愛犬にとって一番良い方法に思えるから。早く苦しみから解放してあげたいから。

    わんちゃんも感謝していると思います。
    最後までトピ主さんに見守られながら旅立てて、幸せだったと思いますよ。一人で逝かなくて良かった。

    傷が癒えるには時間がかかると思いますが、そのうちきっと、あの子がいて良かったと思える日はきますよ。そして楽しい思い出がたくさんあることに気づくと思います。過去に愛犬を亡くした私の経験から。

    ユーザーID:6009108809

  • 重い決断なさいましたね

    うちの子も私の目の前で息を引き取りました。
    急いで手当てを…と思うまもなく、逝ってしまいました。
    私たち家族は、そのまま逝かせてあげようと決心しました。
    今でも、私たちが行動していたら、なんとかしていたら、まだ彼は生きていたのか…なんて考えます。

    安楽死ではなかったものの、そのショックは想像をはるかに超え、
    なかなか彼の写真もまともに見れない状態が続きました。

    お気持ち、大変よくわかります。
    でもご自分を責めないでください。その子はたとえ数日永らえて生きられても、
    苦しんでいるのであれば、辛いだけだと思います。
    私はその子が感謝しているような気がしますが…

    薄紙をはぐように記憶はやさしくなります。
    辛い思いでいるきゅうさんを、愛犬はとても切ない思いで見つめていると思います。
    最後にこのサイトは、うちの子を亡くしたとき慰めになりました。
    きゅうさんも、よろしかったらどうぞ。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0131/076065.htm?o=0&p=1

    ユーザーID:8770810654

  • 自分を責めないで

    もうこのトピができてから5日になりますね。
    少しは気持ちは落ち着きましたか?

    このトピを見て、私がきゅうさんに言いたかったことはもう他の方が言われているので、同じことになりますが...
    私も、きゅうさんの辛い気持ちはご家族に話されてもいいと思います。
    わんちゃんを一緒に大切にしていたのだから、本当のことを伝えて悲しみも一緒に乗り越えてほしいと思います。
    きゅうさんが1人で抱え込むのは辛すぎますよ。

    私が子供の頃飼っていたワンコは、朝目覚めたら庭で冷たくなっていました。壁を隔てただけで近くにいたのに誰も気付いてあげることはできませんでした。20年以上たった今考えても、本当に申し訳なかったと思います。猫も交通事故でなんの前触れもなく亡くなってしまいました。

    きゅうさんに看取られたワンちゃんは、最後まで大切な人に近くにいてもらって幸せだったと思います。きゅうさんは最後まで、飼い主としての役目を立派に果たされたと思います。
    長年一緒に暮らしたワンちゃんなら、きゅうさんと気持ちは通じ合っていたはず、きゅうさんのことを許さないなんてことはありませんよ。

    ユーザーID:5343550759

  • わかってくれています!

     トピ主さんの辛い気持ちお察しします。16年前に愛犬を亡くしました
    たった一人で逝かせてしまいました。自宅に帰ると死んでいました。その悲しい体験をしたのに2年後にまた飼いました。今の犬はもう老犬で、田舎で好き勝手にしていたのに、今は都会で狭いアパートで暮らしています
     散歩も、よぼよぼで歩いています。私も苦しむ姿は見たくないですので
    安楽死を考えると思います。言葉がわかるんですよね、きっと気持ちは
    わかってくれています。きっと、わんちゃんはあなたのことが大好きですよ。ご自分を責めないで、辛かった気持ちをご家族に話してみては、いかがですか?誰も責めたりはしません。

    ユーザーID:2661187806

  • ご自分を責めないでください

    きゅうさん、安楽死を選んだのは、正しかったと思います
    救いもなく、苦しんでいるのに生かせておくのは、かわいそうなだけです
    末期の人間は苦しくて苦しくて「死なせてほしい」と言っても安楽死を認められていないので、苦しみながら死ぬを待たなければいけません
    そんネのは辛いでしょう
    辛い思いをさせずに逝かせてあげられて、本当によかったです
    きっときゅうさんはワンちゃんの命の終わりを感じることができたのです
    だから無意識に決断できたのです
    ワンちゃんは長い間、最後まで、きゅうさんから深い愛情を受けて、
    幸せでしたね
    ワンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

    ユーザーID:7049819011

  • お辛かったですね。。

    本当なら、ご家族にもその辛い気持ちを共有してお互いに慰めあえれば少しずつ気持ちが慰められたと思います。
    でも、わんちゃんは獣医師さんが判断されたように、苦しむ時間が短く済んだだけ、楽だったと思いますよ。
    難しい判断をお一人でされて、胸に抱えてる苦しみはいかほどか想像もつきませんが、ご自分を責めないでくださいね。
    私は飼っていた猫が老衰で認知症状態になり、両親が見ていられない、と安楽死させたことを後から知らされました(私が子供だったので)が、猫の苦しんでいる姿を見ているので、納得せざるおえなかったことがあります。
    また、別の子で手遅れで今夜が峠なので自宅で見取ってあげて欲しいとお医者様に言われて自宅に連れ帰ったものの、動物の生命力でとてもがんばってしまうのですね。苦しみもがく姿を見ていられなくてずっと泣きながら「もうがんばらないで!」って死(=楽になる)を願ってしまった数時間の記憶があります。本当に辛かったです。そういうことを経験しているので、安楽死はわんちゃんにとっての最善だったのだと思えます。。今、犬を飼っていますがもし苦しむなら犬のため、安楽死を選ぶと思います。

    ユーザーID:4093422864

レス求!トピ一覧