感動できません

レス27
(トピ主0
お気に入り13

趣味・教育・教養

プッチ

人間性を豊かにするために、美術館や博物館へ行こうかと思いますが、実際その場に足を運んでも何の感動もありません。映画を観た時や本を読んで感動したりはしますので、その辺は普通の人と同じです。

イギリスへ旅行した時大英博物館に行きましたが、「何でこんな絵が芸術なの!?」って思ってしまいます。風景画のように鏡に映したのと同じくらいキレイな絵なら「よくこんなにそっくりに書けるなぁ・・・」って単純にすごい!と思います。しかし、抽象的な絵は「???」理解不能です。

また、外国の古い歴史の街並みを見ても「ふ〜ん・・・」、ラスベガスへ旅行した時にグランドキャニオンに行っても「ただの岩じゃん」、京都の風情(紅葉なども)もあまり理解できません。

どうして感動できないのでしょうか?

古い作家の本を読もうとしても眠くなりダメです。
ノンフィクションの話は好きですが、作り話となると毛嫌いしてしまします。

ちなみに刺激的なことにはかなり興味があり、絶叫マシン大好き!、ラスベガス大好き!です。

私と同じような人いますか?

ユーザーID:6303166431

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じタイプではないです。

    そんなのワカットルと言われそうですが、感動するのって 人さまざまとおもいます。 私の場合は 学校の音楽で習うような曲は 小中高と大っ嫌いでした。 つまり ベートーヴェンとかモーツァルトなどなど 一体全体どこがどういいのか、さっぱり分かりませんでした。
    嫌悪感すらいだいてました。
    中年になって、「子どもの頃の事は思い出したくないような イヤな事があまりにも多かったからかなー」と思うようになりました。
    父は朝でも暴力をふるったし、とか ヒドイ偏食で白飯も味噌汁も大嫌い。きゅうりと卵しか食べられなかったのに、殴られるから残せなかったとか‥‥
    でも 変わりました。今クラッシックといわれる曲も、いいなと思うのが結構あります。 いいなと思うものに触れていれば よろしいのでは‥‥
    新たな感動に出あえると 良いですね。

    ユーザーID:2622247332

  • 私はもっとひどいです。

     ほとんど私もあなたと一緒です。というか、刺激的なことにも興味がわきません。唯一つ、美味しいものを食べるのは好きですが、感動するところまではいきません。こどもの頃からこんな性格です。親はそれを悩んで私にアウトドアや習い事、音楽、旅行、美術、色々な経験をさせてくれましたが感動することはありませんでした。でもせっかく連れて行ってくれて「すごいでしょ!」とか「素晴らしいね」とか声かけされるので、「つまんない。早くお家に帰りたい」と思いつつも「そうだね」と相槌は打っていました。

    以前何人かの人に何が楽しくて生きているの??と聞かれたことがあります。

    私は答えられませんでした。心の中では楽しいことがないと生きてちゃいけないのと思いましたが。。

    ただ、今現在の仕事は色々楽しいところに出かけたり、楽しくてためになることを企画しなければいけない部署なので、どこにいっても楽しいと思えない、家でのんびりしているのが一番好きな私は何も思いつかず苦戦しています。仕方がないのであなたが楽しいと思うことってなんですかと聞きまわる日々です。

    まあ、こんな人間もいますということで。。

    ユーザーID:4834132574

  • 興味は人それぞれ

    お気持ち分かります。
    転勤族で現在は都内に住んでいますが、地方に比べて美術館がたくさんあり、あちこち出かけてみました。
    いまいちピンとこないというか。
    でも「こうして芸術に触れるだけでも違うはず」と思い観に行きます。
    絵画にしても「ん〜〜これがそんなに素晴らしいんだぁ〜」とピントはずれな感想を抱きつつ観ています。(それはそれでいいかと)

    そんな私でも交響楽団の演奏会など大好きです。
    知らない高校の吹奏楽部の演奏会も行くほどです。
    でも、友人は「そんなの聞いてると寝ちゃう」と言いますし、そういう友人は(女性)バイクが大好きなライダーです。

    また別の友人は野球が大好きで、一緒にドームに試合を観に行った時に「今日の試合、感動した〜」と言いますが、私はルールも分からないので「無感動だよ!」とツッコミ入れつつ帰途につきます。

    興味の対象って色々だと思います。
    木工に興味がある友人は、家具屋さんで「うわ〜これすごくよくできてる」と感動していますが、私にはさっぱり分かりません(笑)

    ドラマでも歌でも好き嫌いがあるように、それと同じ感じじゃないでしょうか?

    ユーザーID:0790554857

  • N.Y

    ニューヨークに行かれたことありますか?

    あの、摩天楼の超高層ビル郡、アスファルトから吹き出る水蒸気、
    いったいいつから建ってるのかと思うよな古いビル、昔、ビリージョエルがいたという店。。感動しました。

    ユーザーID:8712630978

  • 想像力

    古い町並みや、壮大な自然・・・感動するのは、その奥にある歴史だったり、自然の驚異だったりすると思うのです。
    絶叫マシーンは、まさに体験するので、想像力が必要ありませんよね?
    本は頭の中で、あれこれ広げていかないと単なる字の羅列だけれど、映画は映像があるから、それほど想像力が必要ありませんよね?
    もし、感動したいのであれば、目の前のそのままの姿ではなく、もう少し、あれこれと想像してみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:6152422077

  • 背景を理解する

    グランドキャニオンはただの岩です!笑
    では何で感動するかというと、ああいう景観がどのように作られたかを知ることによってです。

    外国の古い町並みにしても、そのままでは汚いだけに感じるかもしれません。その古い町並みをみて何かを感じるには、その国の歴史や、どうしてそういう町並みになったのかを知る必要があります。

    抽象絵画にしても、それなりのルールがありますし、発展の歴史があります。書かれた当初はまわりから「わからない!」と相手にされなかった作品も多いです。
    絵の中の物の配置に約束があったりします。

    ということで、ぱっと見て理解できるものは受け入れても、受け入れるのに下準備が必要なものについては、準備が足りないのではないでしょうか?

    映画については、最近作品であればとてもわかりやすく作ってあります。その代わり内容は薄いです。それは最近の人がひねった映画を作ると理解できなくなったというのがあります。推理物とかはひねってないと意味ないので別ですよ。

    まあ、頭でっかちになって、薀蓄君になっても困るのですが、知識を得ることで感動が深まったりしますよ。

    ユーザーID:8161027113

  • いいんじゃない?

    感動ポイントが違っても,それは個性なんだからいいんじゃないですか?

    私も,大ベストセラー本や大ヒット映画に??????となることがよくあります。
    きっと,感動ポイントが一般的なところとずれているんでしょうね。

    ユーザーID:3053457058

  • 美術館に行ったからと言って

    人間性が豊かになったりするわけでもないと思いますが。

    私は頻繁に美術館に出かけていきますが、それは人間性を豊かにするためでも感性を豊かにするためでもなく絵を見るのが好きだからです。

    絵と言ってもいろんな時代のいろんな絵がありますからどの絵を見ても感動するわけでもありません。私も現代美術にはほとんど興味がありませんし、風景画にはあまり興味がありません。トピ主さんの好きな細密画にもあまり興味がなく人物画が好きです。そして、夫は風景画や細密画が大好きです。だからどの美術館に行っでも感動するわけじゃなくて、「今日は不作だった」って日もあります。夫だけ喜んでたりするときも。

    映画だってためになるからと言ってトピ主さんの興味もないような分野の映画を見てもつまらないですよね?本も同様。

    つまり何が言いたいかというと、絵や景色を見て感動出来ないのはトピ主さんがおかしいわけではなくて、その絵や景色がトピ主さんの好みでなかったってだけの話しなんだから気にすることないんじゃないかなと思うし、興味がないのに美術館に行くこともないんじゃないかなって思います。

    ユーザーID:6435602245

  • 無理に感動しなくてもいいよ

    映画を観たり本を読んだりして感動することはあるんですよね。だったら
    何を見ても聞いても感動しない、ということではないし、ただ単に、感動できない事はあなたにとって興味が無いこと、なのではと思います。世間一般に「感動する景色」とか「感動する絵画」と言われているものでも、私だって興味がなければ感動なんてしません。私も美術館や博物館には興味がないので、いくら有名な絵画だと言われても、ふーん、って感じですし、芸術に興味がない人だったらそんな反応ではないでしょうか?

    感動するツボって人によって違うと思うんです。私も映画を観て感動して泣いたりすることがありますが、みんなが泣いている場面では全然泣けないのに、誰も泣いてない場面でうるうるきちゃったりすることも結構あったりします。人に勧められて、ここの景色ってすごい感動するよ〜と言われていた場所に行ってみたら、それほどでも・・・っていうこともありますし、逆に、普段何気なく通っていた道端に可愛い花が咲いているのを発見して思わず感動、なんてこともあります。

    感動する基準って人それぞれですから、今のままのあなたでいいと思いますよ!

    ユーザーID:6930833227

  • 音楽ならわかる

    私も同じです。基本的に無感動という訳ではありませんが
    美術館へ行ってもあまり感動できない方です。

    生きてるみたいな彫刻や、写真みたいな絵は「おおっ!」
    って驚きますがそれって芸術的な感動??には程遠いですよね。

    これなら私にも描ける!と思うような絵ってあります(笑)
    美術家の方ごめんなさい。

    こないだフェルメールを見ました。
    すばらしい「黄色」が出せるのは世界にこの人だけと教わりましたが
    「素敵ですね・・・。」
    と言いながら、さっぱり分かりませんでした(汗)

    どこがどんな風に心に響くのか私も知りたいです。
    なんだか皆さんが食い入って見てたので一人取り残された感覚でした。

    ユーザーID:8258476577

  • 感動には予備知識が必要

    私も絶叫マシン大好き!、ラスベガス大好き! です。
    来月、ラスベガス行きますー!
    でもそれと同じぐらい、イタリアへいって、美術館めぐりもしたい。

    古い町並みや絵画や博物館で「感動」するには、予備知識が必要なのです。
    それは、歴史であり、その作品が作られた背景、思想、経緯などです。
    ただただ、構図が美しいとか、めずらしい、だけではなかなか感動できないです。

    美術品を予備知識なしに見るってことは、
    映画でいえば、ラストシーンだけを見てるようなもんだと思うのです。

    映画や、本は、感動するために必要な予備知識を
    全編を通じて、じわじわと面白くスムーズに与え続けて、
    ようやくラストに結実するように仕上げてあります。
    だからそれだけ見て、感動できる。

    でも、美術品は、それを見たとき、
    自前でそのバックグラウンドを頭のなかから引き出して
    こられなければ、楽しみようがないのです。

    かく言う私も、日本の風景に感動する方法をしりません。
    日本の歴史にあまり興味がないせいじゃないかと思ってますが。

    自然は美しいとおもうし、
    海で色とりどりの魚をみれば、
    生き物の造形の巧みさに感動しますが。

    ユーザーID:1597511344

  • 解る気がします。

    私も、人が感動するものに感動しないことありますよ。
    映画なら、ラストサムライもセカチューも海猿もただ君を愛してるも全く感動できず。
    でも、私だって感動できる映画はいくつもあるわけで。
    人とズレる部分は、ツボが違うだけなのでは?

    『○○は素晴らしい』と人が言っているから
    自分も感動できないといけない、ってことないですよ。
    トピ主様にも好きなもの沢山あるようですし、
    十分感動のある人生だと、私は思いました!

    ユーザーID:7724926956

  • いたって普通

    トピ主さんは普通だと思いますよ。だって全ての分野で感動できる万能人間なんて居ませんから。
    世の中は様々な人間の感性や価値観の“寄せ集め”でバランス良く成り立っているのです。
    抽象画に感動する人々がいるからデザイン界は発想豊かになり、自然や遺跡に感動する人々がいるから世界遺産の保護は進み、ラスベガス大好きなトピ主さんのような人々がいるから娯楽や経済は発展するのです。みんなそれぞれ世間の役に立ってるんです。
    だから無理に欲張らず自分の得意分野(感動のツボ)の価値を信じて堂々としていれば良いと思います。

    ユーザーID:9717731397

  • 音声ガイド

    音声ガイド、お勧めします。

    見るポイントや時代背景など説明してくれる上、音楽付きのものもあって、気分がもりあがります。芸術は見る目を養うことが必要なんだと思います。私も最初の方は全く駄目でした。でも、メトロポリタン美術館でゴッホの「ひまわり」を見たときに、絵から気みたいなのが出ていて、後ろに押されたような感覚を味わいました。これが、絵の力かと「感じられたことに感動」したことを思い出します。

    ユーザーID:4764421008

  • 似てる

    私も同じタイプ。
    でも夫は美術館めぐりが好きなタイプ。
    イギリスやフランスに旅行へ行ったとき、
    お互い行きたい場所がまったく違い、大変だった。
    今では夫が私に合わせ、美術館めぐりをあきらめてしまった様子。
    他の人のレスを見て、私も美術館にすこし足を向けてみようかな。
    「絵の何がつまらないんだね?」
    仕事上、官僚と接する機会があったのですが、
    こういわれたときは何も答えられなかった。

    ユーザーID:2468009106

  • 年齢とともに

    年齢とともに、感動ポイントって変化することがありますよ。
    私は、去年40代に突入しましたが、最近になって「昔はこんなことで感動しなかったのになあ」というようなものに、妙に感動する時があります。

    あとは、あまのじゃくな性格なので、人から押し付けられると感動できなくなったります。
    子供の頃は、特にそうでした。
    母親から押し付けられると反抗して、感動の窓が閉じちゃうというか。

    最近は、へえ、私ってこんなことにも興味が持てるようになったんだね〜という自分発見が楽しくて仕方がありません。

    あせることはありませんよ、年齢や経験とともに、変わってきますからね。

    ユーザーID:7392811972

  • 私もです

    合わないだけでしょ。私は絶叫マシンなんて乗る人の気が知れないですし、乗って楽しかった事なんてただの一度もありません。賭け事にも興味ないので高い金出してラスベガスにも、全然行きたくないしタダでもお断りです。登山にも興味がなく、学校行事で強制的に登らせられた時も疲れただけで、頂上の景色を見ながら、「あぁまた降りなきゃなんないのか」とゲッソリしました。ちっとも感動しませんよ。でも美しい紅葉の景色には感動しますし、スペインの聖家族教会では感動のあまり言葉を無くしました。小説は楽しみの為に読む主義なので、ノンフィクションは疲れるので読みません。ノンフィクションは新聞で充分です。そんな私を変わってると思います?私は特に不便は感じてませんし、不満もありません。あなたがなにか困ってるのでなければ一緒ですね。

    ユーザーID:4009879401

  • 勝手な言い方ですみません。

    「刺激的なことにはかなり興味があり」というところから考えたのですが、刺激的なことに心が慣れ過ぎてしまって少し感性が鈍っているのかもしれないと思いました。(ごめんなさい、悪く取らないで下さいね)例えば濃い味のものをよく食べていると薄味のものの味がよくわからなくなるというような意味です。
     確かに感動するには好みの問題もあると思うので一概には言えませんし、他の方も仰っていましたが歴史的な景観などはその背景がわからないと感動できないかもしれませんね。広島の原爆ドームを見ても、原爆のことを知らなければただの廃墟、でも広島で何が起こったのかを知っていれば、感動とは違いますが、それが持っている意味を理解できるということなのではないでしょうか。

    ユーザーID:9664185004

  • 思うに、、。

    私も博物館や美術館にあるもののような、高尚な芸術をまだ理解出来ません(苦笑)。パンフレットを読んでも、解説を受けても。
    いつか年齢を重ねると、ふいに「ああ、、」と「解る日」が来るのかなと思います。
    それは、学問や教養としてじゃなく、感性として分かることが出来たらいいなと思います。
    けれど思うにトピ主さんは、常に何気なく何かに感動していると思いますよ。意識しないだけで。
    それは、有名な絵画や名所旧跡のようなものではなくても、普通の生活の中で。
    あまり親しくなかった他人と思わず心が触れ合ったとき、近所に咲く紫陽花のつぼみが大きくなったのを見つけたとき、近所の子供に幼い頃の自分を見たとき、、、。
    感動って、地味な自分の生活の中にもあると思いますよ。

    ちなみに私は刺激的なものは苦手なので、レスには反するタイプなのですが、
    トピ主さんがそれに心が動かされるということですから、良いことではないでしょうか。

    ユーザーID:4169104291

  • 強烈な感動はなくても

    トピ主さんはセンスのいいインテリアの部屋や好みのファッションを見て、「あ、これいい」と思うことはありませんか?すごい感動ではなくても、自分の趣味にあっているとか、気持ちにぴったりくるとか、そういう感覚です。美術品を見るのもそれと同じで、身震いしたり涙が出たりするほどの感動はなくても、「これ好き」とか「自分の部屋において毎日眺めてみたい」とか、その程度に気持ちが動いたら、それでいいんじゃないでしょうか。自分の気に入ったものに出会って心が休まり、その後、気分の良い喫茶店でコーヒーでも飲んでまったり過ごせば私は大満足です。要は、そんな自分の心の中のかすかな動きを気に留めて大切に思うかどうかということです。

    ユーザーID:4254708268

  • みなさん、ありがとうございます

    「人は人」と割り切ればいいのですが、家族5人の中で私1人だけツボが違うんです。しかも母親からは「あんたは、情緒がないわねぇ」と冷たい一言。ほっとけばいのでしょうが、ちょっとひっかかります。

    他にも色々思考がズレており、家族で何かの話題についておしゃべりをしていても私1人だけ「そうは思わない。なぜなら・・・」と意見を言うと、「屁理屈だ!」と言われます(泣)。

    4対1だとさすがにキツイので、あまり深い話はしないようにしています。しかし、家族っていうのは社会のいざこざから抜け出して唯一安らいで会話をする場所なのに、私にとっては安らぎではありません。一人だけ浮いています。結構凹みます。

    ユーザーID:2978642275

  • 消費しているだけだから

    感動できる事柄にはなかなか巡りあえないもので、だからこそ感動するのだと思います。
    既に評価を受けたものを見物することで、手っ取り早く感動が得られると思われがちですが、感動はお金で買えないもの。
    せいぜい「感心」できればいいほうです。
    消費するだけで、創造することがないからなのでは?
    遊園地のアトラクションのように、座っているだけでは感動はやってきません。
    お膳立てされた刺激は簡単に楽しめて便利ですが、たまには自分で考えて探してみてはいかがでしょう。
    何か見つかるといいですね。
    わたしも模索中です。

    ユーザーID:2236506245

  • くずれたレンガの壁の色

     別に大きな事でもなくていいのでは?

     イタリアに行ったときは10時間以上の飛行時間がかかりました。
    シルクロードって歩いていったんですよね?なんかすごいなぁ〜〜って思いそれ以来「シルクロード」にとても関心をもつようになりました。


     バスの中からくずれたレンガの壁を観たときの色の美しさ、日本では観たことがありませんでした。

     そんなことでもいいのでは?だから、海外は好きです。そう、日本のお札(絵柄)ってすごいと思います。あんなに精巧なお札みたことない。外国人もきっと驚くと思いますよ。

    ユーザーID:5761437447

  • 感情移入

    自分に置き換えて実感できることは割合素直に感動できます。例えば、幼稚園児が一生懸命歌っていたり、かけっこしていたりすると、自分の子供の成長に重ね合わせて、それだけでウルウルします。
    また、冬山で大同心(八ヶ岳)を見た時は時間が止まりました。人工の明かりの一切無い新月の夜に山の尾根で寝ながら見た夜空(宇宙空間に浮遊している様に感じた)も凄かった。
    でも、それらも観光気分で眺めていると、単なる風景です。絶対、グランドキャニオンの方がすごいと思います。

    客観的に見るのではなく、自分もその一部と感じることにより、風景が感動する場面に変わる様に思います。要するに感情移入できれば感動に結び付く、とでも言えば良いのでしょうか。(表現力の限界!!)

    でも、結局は夫々の感性ですよね。方向性も違うから、所謂ツボも違って当然だし。
    あえて、感動を捜さなくても、自然に感じていれば、感性に合致したイベントに出会えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3314826080

  • 人それぞれかな

    感性というものは生活必需品ではなく、どちらかと言えば、オマケみたいなものかなぁ〜?なくても生きいけるでしょうし、ない方が楽なんじゃないかと思うこともあります。
    よく感性を育てるとか言いますけど、生まれつきじゃないのかな。

    トピ主さんの悩みは、感性がないことなの?それだとしたら、悩むに値するかなと思うけど、他の人と感動する対象が違うというのなら、悩む必要はないんじゃないかな。

    私は感動しやすいタイプなので、それもまた、周囲に理解されずらく、孤独ですよ。

    ユーザーID:9899618431

  • 私かと思った・・・

    それでもいろんな所に旅行して「どうせ感動しないもん」とか思いながら予想外に感動したりしたら楽しいじゃないですか!すぐに感動だとか癒されるって言う人って、どうなの?って思っちゃいます。
    私は絵画や歴史に全然疎くて、でもいつか自分から行ってみたい!って思った時、旅をしようと決めてます。そしたら予備知識を得たいと思うでしょうし勉強もきっと楽しいハズ!
    本や映画の好き嫌いも他人とずれてるみたいなので、お勧めしたりはしませんが「私に2度3度読み返させるなんて、この作家やるじゃん!」なんて思いながらも、こういうのが自分の中の感動なんだと信じてます。
    こういう感覚って友達には理解されづらいので話しませんが、トピ主さんがどんな本や映画が好きか興味ありますよ。友達になれそうですね!

    ユーザーID:5498728452

  • 教会の鐘の音

     生まれてはじめて聞いた心地よい音だったら感動しますよ。

    イタリアで聞いた夕暮れの鐘の音・・・・石畳の街に響きわたり、神を信ずる気持ちってわかるような気がしました。
    これまで一度も聞いたことのない音でした。

    ユーザーID:5761437447

レス求!トピ一覧