やんわり否定され続ける会話

レス18
(トピ主0
お気に入り17

家族・友人・人間関係

つゆぞら

職場の同僚なのですが、毎日昼食を二人でとっています。(今のところ回避方法はありません)その際の会話なのですが、二人は趣味嗜好がほとんど合わず会話のネタといえば天候の話ばかりだったりあまりはずみません。

そんな中、お互い主婦という環境や同じような年齢で仕事を続けてきたこともある中私のほうから主に会話のネタをさりげなくふり、和やかに話してランチを楽しもうと思っているのですが、気づくとどうも彼女とは話もはずまないし話していて楽しいことも余りありません。

考えてみると相手に寄り添って好意的に「〜〜よねえ?」とういう会話を、きつくは全然ないのですがやんわりと否定的に彼女は常に返すのです。思い返してみると、結局私の意見とも別に相違がないのにあえて違う切り口で「(だけど)〜〜なんですけどねー(否定)」といった感じです。。。

正直そんなやり取りの繰り返しで、私も考えて一生懸命話すネタを提供してる(相手も会話したいそぶりはあるので)上でのことだし、私への意見に限らず何でも否定的な彼女に嫌悪感すら感じだしお昼の時間が苦痛で仕方ありません。

良い対処法があれば是非教えて下さい!

ユーザーID:1754112442

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理しない

    ただ単に「でも〜なんですけど」という否定形が口癖なのかもしれませんね。そういう人いますから。
    ただの口癖というか考え癖なので悪気はないんです。

    「一生懸命話すネタを提供して『あげる』」のも、無理に会話するのもおやめになれば?
    もしかしたらトピ主さんが一生懸命しゃべってくれるものだから、
    自分から話題を出すのを控えてるのかもしれません。

    ユーザーID:1656039532

  • 無言無言

    とりあえず「ムスッ」とした顔ではなくて、フツーに口角を上げつつ、無言でお弁当を食べる。
    相手も話したいと思っていれば、何か話題を振ってくるだろうし、そうじゃなきゃ無言で食べるだろうし。
    もう気を使う事もないでしょう。
    それぞれ持参したお弁当を食べてるんですか?
    もし、会社に配達されるお弁当だったり社員食堂だったりコンビニのお弁当だったりする場合、さりげなく「これ、おいしいな」とか、独り言とも話しかけてるともつかないような感じで話してみるのは?
    あとは、もう愛想よく無言で食べるのみ!
    もしくは「おいしいケーキ屋さんとかどこか知らない?」とか、相手に回答させるような質問は?
    「○○のケーキっておいしいよね」と言うと、また否定されるだろうし。
    でも、質問ばかりすると「聞いてばっかり」と言われてもイヤだから、無言で食べつつ、たま〜に「質問形式」で会話するとか。しかも、どうでもいいような内容。
    「最近、なんかドラマ見てる?」とか。
    「○○見てる」と言われて、もしそれをあなたが見ていなくても「へ〜、それ面白い?」とか聞く。
    うん、これどうです!?我ながら名案!(むふふ)

    ユーザーID:8598404877

  • 黙って食べましょう

    嫌な思いをしてまで会話を盛り上げないといけない相手ぢゃないですよね?
    私なら黙って黙々と食べるかなぁ…
    ごはんくらいおいしく食べたいもん。
    向こうも話したそうなら向こうにしゃべらせてみればいいんじゃないかな?

    ユーザーID:2512663520

  • そういう人には

    そういう人には質問形です!!

    私の周りにもそういう人います。
    悪気はないんだと思うんですが、言うことすべてにやんわり否定。
    初めは親しげにしているけど、私のこと嫌ってます!?って疑ったりしてたんですけど、
    どうやらそういうわけでもないらしい。
    休憩時間になると話しかけてきたり、私が休むと翌日心配して声かけてきたりするので。
    でも、とにかく、なんでもかんでも最終的には否定されると疲れます。
    が、突き放すわけにもいかず…。

    こういう人には質問です。
    話題をふるときに、「〜よねぇ?」じゃなくて全部相手への問いかけにします。
    どう?どう思う?どうしてる?どんなの?
    そして、相手の答えには、肯定と賞賛の感想。
    そうなんだ。すごいねぇ。なるほどねぇ。へぇ〜。
    そうするようになってから、カチンとくることがなくなりました。

    ある先輩が言ってました。
    不快にならない・させない適度な会話の相槌を覚えとけって。
    へぇ〜、なるほど!、ほおぉ〜(驚き)、いや〜知らなかったなぁ
    使えます。

    ユーザーID:2829769561

  • 寄り添わないで

    寄り添うようないい方も、
    同調を求めるような言い方も、
    やめてみたらどうでしょう。

    相手は、適当に調子を合わせられないタイプかも。
    あなたとまるっきり同じ考えではないということを
    暗に主張してるのかも知れない。

    ならば、意見がまったく違うのが当然と考えて、
    「これって○○だよね〜」とか「○○と思わない?」ていう
    同調を求める言い方はやめて、

    「これって、私は○○だと思うんだ。  〜〜さんはどう思う?」
    と、はっきりお互い別の意見をいいましょうというスタンスで
    発話してみたらいかがでしょう。

    ユーザーID:3850407815

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • う〜ん

    もしかしたら、あまり話をしたくないのかもしれませんね。

    お弁当などでしたら、食べた後は雑誌などを読んではどうですか?
    その中から少しだけ話題をふってみるとか。

    ユーザーID:1483988769

  • 程よい距離を置く方へ

    二人で食べることをやめる回避策がないとはどうゆうことでしょう?
    性格が合わないのに無理して唯一の昼休みを一緒に過ごす必要性にせまられてるんですか?

    当たり障りなく別々にお昼を取る方法に動いてはいかがでしょう。

    「今日ちょっと銀行行かないと行けないから・・・」
    「今日○○さん達も誘ってみんなでお昼行こう」
    「今日夫が(友人が)近くまで来てるから一緒に食べてくる」
    「今月お金きついからお弁当持ってきた。(買ってきた)」
    「今日は外で食べたい気分なんだー。」
    「昼休み勉強しようと思って」

    などなど、いくらでもあると思います。
    最初から毎日断ると、ギクシャクしてしまうかもしれないので、
    週に2回くらいから始めて、増やしていけば、自然と相手も自分なりの時間の使い方をすると思います。
    私にとっては、ランチなんて、たまに誰かと行くから楽しいんだと思います。普段は基本ひとりがいいです。
    もういい大人なのですから、昼休みぐらい、自分らしい時間の使い方をしてくださいね。

    ユーザーID:3141410278

  • 過去にいました

    私の場合はもっとたくさんでランチしてたのですが、誰かが「昨日電車に乗ったら優先席に若者が座ってて、その前に老人がたくさんいたから若者をにらんでみた」と言おうものなら、
    「だめだよ〜具合が悪いかもしれないじゃ〜ん」
    また別の誰かが「昨日、●●(テレビ番組名)見たらねー」と言うと「え〜?●●見てるの〜?あれってやらせだよ?」と否定。
    何でもかんでも否定しなくちゃすまない人だったのです。
    そして本人の話は29歳の女性とは思えないほど幼稚。
    「親と〜たけのこ取りに行って〜」の話を延々するなど。

    私も彼女の真意は全くわかりませんでした。でも一生付き合いたくない人ではあります。
    そして「趣味嗜好が全くあわない」と言われればその通りでした。
    普通は岩盤浴だのおいしいレストランだのヨガだの恋愛だのそんな話ばかりだから。

    つゆぞらさんももう気を使わなくていいと思いますよ。
    今度は相手に話させてみたら?きっとつまんないとは思いますが・・・
    あとは「今日、郵便局行くから」と早めにランチを切り上げるなどはいかがでしょう?

    ユーザーID:3267905887

  • じゃあ

    「えー”だけど”って言って、同じこと話してるじゃな〜い?(笑)」
    と明るく言って差し上げたらどうでしょう?
    明るくいちいちツッコんであげたら否定癖に気付くかも。
    あと、こっちも意見を一度否定して、その後「でもそういう意見もあるか。」と肯定してみるとか。
    自分が肯定してあげると、相手も肯定してくれるようになるかもしれません。

    私は趣味嗜好が違ってても、そのギャップに好奇心を持つタイプなので、相手の興味のある事柄に関してどんどん質問したり「そういう世界もあるんだ〜」と相手の話を理解しようとするので、あんまり会話に困ったことはありません。
    (趣味の話題になると話したがる相手が多いせいかもしれませんが)

    そのおかげでムダ知識が増えて、自分も相手もジャンル外の話であっても「そういえば○○って△らしいですよ」とトリビア的な話題を振って、またそこから別の話に流れたりします。
    昼食時なら、食材の話とか振ってみたらどうですか?
    そこから産地、旅行、世界情勢などいろいろ枝が伸びますよ。
    旅行したい所が違ったとしても、どうしてそこに魅力を感じるのか、など質問もできます。

    ユーザーID:9264586131

  • 小道具を用意する

    会話がはずまない相手と場の空気をなんとかしたい時は、
    会話の手助けになるような小道具・・フリーペーパーとか、旅行のパンフレット、ファッションだけじゃなく芸能・テレビ・レストランなど総合的な情報誌、通販カタログなどを持参すると便利ですよ。

    ユーザーID:6073843681

  • 疲れますでしょ?

    大学時代の話ですが、そういう友達がいました。
    私の方から話題を振ることが多かったのですが(気を遣っていたと思います)、それに対して「んん〜、そうかな・・・?」みたいな煮え切らない反応ばかりでした。はっきりした否定ではないけれど決して同意ではない。じゃあ自分の意見はどうなの?と。会話が続かないしこちらもストレスになるので、いつしか距離を置きました。

    すると、突然彼女から家に電話がかかってきたんです(携帯が普及するちょっと前でした)。「最近あまり話しかけてくれないけどどうして?」と。正直に自分の感じていることを話したところ、実は彼女も自分が周りに対してどう反応したらよいのか分からなくて悩んでいる、とのことでした。トピ主さんの同僚の方も、人間関係を築くのが基本的に苦手な人かもしれませんね。一緒にご飯を食べたとしても、ムリに話さなくてもよいのでは?でも、向こうにもプライドがあるでしょうから、嫌悪感が伝わってしまうと私のように抗議される可能性があります。それだけ気をつけてください。

    ユーザーID:2323934224

  • 文庫本など

    私なら本を読むかなあ。会社の昼食ってやっとひとりで休める時間ですし。
    最初は、「いますごくこの本にはまっていて、早く読みたいので」って笑顔で言えば気も悪くしないのじゃないかしら。

    >結局私の意見とも別に相違がないのにあえて違う切り口で

    そういう友達がいるのでわかります。同じ意見を言っているのに、わざわざ否定して同じ意見を違う言葉で言い直す、みたいな。会話の癖なんでしょうね。
    「だからそう言ってるでしょうが!」って心の中できれそうになりますが、表にあらわすわけもいかず。
    こっちにパワーがないときは、ただ笑顔でうなずくだけになっちゃいました。

    ユーザーID:7559665198

  • トピ主さんの態度に原因が

    >私も考えて一生懸命話すネタを提供してる

    これが原因だと思います。

    あなたが気を遣っていることが彼女には疎ましく、やんわり否定して話の腰を折る遊びを楽しんでいるのです。このような悪意の人はそうそういないと思いますが、私にはわかります。なぜなら私がそういうタイプだから。
    「○○だよね?」と同意を求めるのも厳禁です。“感じ方は人それぞれなのに、押し付けがましいんじゃない?”と考えるのがこのタイプの人です。同意は相手を見て求めましょう。トピ主さんもお気づきのとおり“同じと思わないで”というのが彼女の主張なのです。

    対策としては、気を遣うのをやめて沈黙してみる、これに尽きます。
    彼女の方が沈黙に耐えられなくなり、話すネタを一生懸命考えて提供するようになるまで。この我慢比べには必ず勝ってください。
    力関係を変えることです。
    彼女に「協調性」という言葉の意味を教えてあげましょう。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:9493315108

  • ランチを短くして無言

    今日は読みたい本があって、、、とバクバク食べ
    ゴメンね〜と本を読み始める。
    移動するか?移動できなくても始める。
    話しかけられても「あ!ごめん夢中で聞いてなかった」
    「ちょっと待ってね〜今、気になる部分だから・・・」
    この手で、本以外に他の趣味でも使えます。
    話すより楽しいことを見つければ良いのです

    ユーザーID:0233950847

  • 〜よね?というしゃべり方

    会話の時「〜〜だよね?」というしゃべり方をする人って結構いますけど、どうして他人が自分と同じ考えを持っていると思うのでしょう?
    自分の価値観と相手の価値観が常に同じだとは限りません。

    最初のうちは「え?私はそんな風には思わないけど」と思っても、「そうだよねー」って話をあわせますけれど、毎回毎回「〜だよね?」と同意を求められると、いい加減うっとおしくなって「いや私は違うけどね」って言いたくなります。

    「結婚してるのに働くなんてかわいそうだよね〜」「ネットの掲示板に書き込む人って変だよね〜」のように、トピ主さんがまず最初に同僚の方を否定しているという事もあるかもしれません。
    「ケーキっておいしいよね」「キムタクってカッコイイよね」彼女がケーキもキムタクも嫌いだったら、「そうね」とは言いにくいでしょう。(私は両方嫌いですから、だよねと言われるとこまります)

    そもそも趣味嗜好が合わない仲だとトピ主さんもわかっていらしゃるんですから、価値観・考え方は合わなくて当然なのではないでしょうか。
    同意を求めるのではなく、どう思う?と意見を求めてみたほうが良いのではと思います。

    ユーザーID:9493530620

  • もっと気楽に

    私の身近にも同じような人がいます。
    話すことが無いのも、否定に感じるのも、気が合わないからだと思います。
    そういう人とは意思の疎通もうまくいかないし、
    話せば話すほど食い違ったり、否定が強まったり、いいこと無いかも?
    当たり障りの無い天気の話など何か一つでも話を振ったら、とりあえずノルマ達成!
    あとの会話は思い切って、相手に委ねてしまいましょう!!
    で、自分は雑誌を読んだり、音楽を聴いたり、好きなように過ごせばよいのです♪
    その中で、気が向いたら話し掛けたり、自分のペースを作ってください。

    ユーザーID:2604595643

  • みなさまありがとうございます

    ご意見をいただき、ありがとうございます。
    自宅のパソコンの具合が悪くなり、返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした!

    私はこういう方は今まであまり周囲にいなくて、しかも息抜きの休み時間に(食事が終われば即解散していますが!)その相手と二人きりというのが辛くて思わずトピをたててしまいました。

    ですが皆さんのお話を読んでいると、私の同僚のような人が結構いると知りました。いろんな実例を知るだけで、それだけでなんだか気持が楽になりました!おかげで今はもう、こういう人なんだと割り切れつつあります。あと皆さんのご提案を生かして自分の嫌悪感がこれ以上悪化しないよう嫌なパターンを前よりは回避できるようになったかな〜!?

    会社にはいろんな人がいるのでいちいち自分に合わないとイライラしてはしんどいですよね。これも勉強と思い処世術というか器を大きくもって上手に対処しようと思います。

    本当に私のためにたくさん、ありがとうございました!感動しました。

    ユーザーID:3987208473

  • 私は一人で食べることにしました

    こんにちは。
    私も、とぴさんと同じことを経験したのでレスします。
    結論から言えば、私は一人で食べることにしました。
    いつも5、6人で食べていたのですが、その中の一人が私にだけ
    まさに「やんわり否定しつづける」ことを言うのです。
    苦痛で仕方がなかったので、
    ある日お昼のメンバー全員に「今日から自分の部署で食べます」と送信しました。もちろん理由など書きません。角が立つだけですからね。

    一人で食べるようになって本当に落ち着きました。
    午後からの仕事の能率もあがりましたよ。
    とぴさんも一人で召し上がったら?

    ユーザーID:0035243964

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧