ちょっと気になる言葉

レス100
(トピ主11
お気に入り38

生活・身近な話題

我是日本人

わたしは現在中国で日本語を教えています。職業柄、言葉の変化や乱れがとても気になります。
ですが、もう3年以上も日本を離れており、ほかの日本人と接する機会も少ないので、最近の日本語がどうなっているのかさっぱりわかりません。

みなさんの気になる言葉や言い回し(誤用、若者言葉、流行語等)があれば、ぜひ教えてください。

ユーザーID:0312491919

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数100

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それを調べるのが先生の仕事

    日本語の先生をしていらっしゃるんですよね?
    先生というのは、今持っている自分の知識を生徒に教えるだけではないと思うんです。
    先生も日々勉強する姿勢を持ち、努力し続けないと時代と共に変化していく言語を教えていくのは難しいと思います。

    日本の文化、習慣などにつねに敏感になりネットが使える環境があるのなら、若者の言葉についての本を購入したりもできるはずです。
    日本へ一時帰国するのも、先生として一つの研修です。

    若い人との交流が欲しいのなら、若者が集うサークルに参加するとか友達を作るとか色々と方法があるはずです。
    ここで聞くよりも実際に若者と接しないと得られないことが沢山あるような気がしますよ。

    当方、中国在住ですがフリーペーパーなどでサークル会員の募集とか色々あるじゃないですか。

    私は教諭の資格はありませんが、一時英語の家庭教師をしていたことがありました。
    映画を見たり、日本にある外国人サークルに入ったり、現地へ勉強しに行ったりして肌で感じて目で見て英語を勉強しました。
    人に教えるということは、教えられる材料を集めるところからだと思っています。

    ユーザーID:1970461746

  • 意見を聞かれた時の答え方

    「〜〜と思いますけど。はい。」
    街頭インタビューなどでよく聞きますね。

    元来、「けど」は直前に言ったことへの逆説(?)を言う時に使う言葉。
    ・新人には難しいと思う「けど」、頑張って欲しい。
    ・旅行に行きたい「けど」、お金がない。
    こんな風に、続きがあります。

    でも、この手の「けど」には何も続きがないんです。
    「〜〜と思いますけど」の後は、「はい」と肯定しておしまい(更に自分の発言に自分で頷く)。
    だったら「けど」は要らないじゃん。

    堂々と意見を言う人間を好まない、日本人的な自己防衛なの?
    「私はそう思える『けど』、皆さんの考えは違うかも。よく分かりませ〜ん」っていう逃げとか。
    でもその割にはわざわざ最後を「はい」で締めくくって肯定してるし、自分の言葉に何度も頷きながら喋ってる。なんかアンバランスだなぁ。

    最初は違和感あった「けど」、最近慣れてきました。
    みんな同じ話し方なんだもん。

    ユーザーID:7377030250

  • ここで聞いちゃだめ?

    もっちさんの生真面目さはわかりますが、小町でリサーチしてもいいと思います。

    わたしはイントネーションの平板化が気になります。アナウンサーやいい大人の俳優がこれだとがっかりしますね。ことばでは、最近小町で立ったトピックのタイトルで「どんなですか」というのがありました。通じますけどちょっと違和感。

    ユーザーID:8920551324

  • トピ主です

    トピの書き方が悪かったようなので、付け加えます。
    わたしは今の若者言葉や流行語が知りたくてこのトピを立ち上げたわけではありません。ネットで調べれば、今どんな言葉がはやっているか、どんな誤用があるかはすぐわかります。わたしが知りたいのは、それら多くの若者言葉や流行語、誤用の中で、一般の人々が特にどういう言葉が気になるのかということです。

    よく聞く言葉だけどどうも違和感があるとか、この言い方は変じゃない?ということを聞かせていただけるとうれしいです。

    「今日○○という表現(言葉)を聞いたけど、これって変よね?」という軽い感じでかまわないのですが・・・

    ユーザーID:0312491919

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • もっちさん

    もっちさんのお言葉、すごく説得力があって感心してしまいました。
    私も今、ひとつのことに行き止まり停滞している所だったのですが、もっちさんの言葉を読んで、最初に戻って頑張って見る気合いが出来てきました。
    ありがとうございます!

    ユーザーID:6890074718

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 色々ありますが

    「ナニゲに」何気なくが変形したものらしいけど、意味不明。
    使用例は「ナニゲに難しかった」など。
    私には、さっぱり意味がわかりません(笑)。

    最近、40代くらいの社会人でも使う方がいて驚きです。

    ユーザーID:8468454071

  • 〜が売ってる

    こんにちは。

    たくさんあるのですが、今すぐ思いつくのは、「〜が売っている」という使い方です。ここ数年でとても増えたように思います。もうあまりにも普通に使われすぎていて、テレビでもしょっちゅうそう使われているのを耳にします。

    以下はレッドソックスの松坂が初登板した頃、テレビで聞いたフレーズです。
    「巣鴨では、松坂フィーバーにちなんで、赤い靴下が売っています。」
    ?赤い靴下さんが何かを売っているのか?

    正しくは、「赤い靴下が売られています。」または「赤い靴下を売っています。」だと思うのですが。気になっちゃうよー。

    ユーザーID:8632042327

  • 違うよね〜

    AとBは違うと言う表現をする時。「AはBと違くて(ちがくて)」とか「違っていた」と言うのを「違かった(ちがかった)」と言ってるのをたまに耳にします。
    いつからこんな言い方するようになったのでしょうか。
    私にはとっても違和感のある言葉です。

    ユーザーID:1361453034

  • モノへの感嘆符

    たとえば、私は最近こんなことが気になります。

    プロのライターが執筆している読み物サイトで、
    よく食べものを扱っているのですが、
    そこで頻繁にだされる言葉。
    「うまげ」、「うまそげ」。

    おそらく、「美味しそうだ」を意味してそうですが、
    それまでの気分が沈むぐらい、汚い言葉だと思います。
    一気に読む気力が失せてしまいます。

    とても美味しそうな写真を載せて、
    高揚感を出していたにもかかわらず、その一言で
    美味しさや期待度が激減しました。
    なにせ変だと思いません?

    敢えて「美味しそう」を違う表現であらわしたいキモチは
    わからないでもないですが、正直、女性の方が食べものに対して
    「うまい」とか「食いもの」などと表記してしまうのは、
    いかがなものかと感じずにはいられません。

    ユーザーID:5547501014

  • 「〜になります」

    どこへ言っても耳にする「〜になります」。これが非常に気になります。
    「こちら、領収書になります」
    「こちら、ラーメンになります」
    「電話番号は何番になりますか?」
    アナウンサーでさえ「今日はお天気がよく、雲ひとつない青空となっています」と嬉しそうに言っていたのにはひっくり返りそうになりました。
    飲食店で「こちら、ラーメンになります」と言われるたびに
    「いつまで待てばラーメンになるんですか?」といつもツッコミ入れたくなります。

    ユーザーID:2294259895

  • トピ主です。

    皆様レスありがとうございます。

    35歳 東京女さん

    私もそのような言い方をしているかもしれません。「はい」はつけませんが、「〜と思います」だと、自分の意見をはっきり主張しすぎている気がして、語尾をぼかしてしまうんですね。もちろんこれはあまりよくないと思いますけど。はい。

    よきちさん

    平板化アクセント、わたしも気になります。「彼氏」などは平板化のほうが普通になっているように思います。

    あるるさん

    わたしもこの表現は以前からナニゲに気になっていました。形としては「何気なく」が形容動詞の副詞表現の形に変化したもので、意味は「なんとなく」と同じだと思います。

    ガジさん

    そんな言い方が広まっているとは知りませんでした。他動詞の「売る」がいつの間に自動詞になったのでしょうか。

    カメさん

    わたしがこの表現を初めて聞いたのはMr.ChildrenのEverything(It's you)です。「例えばこれが恋とは違くても」という歌詞があります。確かに動詞を形容詞のように活用させるのは変です。

    ユーザーID:0312491919

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 一応、若者を代表して・・

    わたしは、「〜みたいな」をよく使います。
    意味としてまったくもって必要のない言葉であることは自覚しています。
    この「みたいな」という言葉は、それはもう便利で
    比喩に使うことはもちろんのこと、「まじかっこよかった、みたいな?」
    意味としては、私的にはかっこよかったよねー、あなたもでしょ?という意味もとれるような気もします。
    なんというか本当に、意味不明の言葉であります。

    そして、逆接の意味を持たない「〜だけど」の使い方としては
    こう解釈しています

    わたしが使うのは
    「私はこう思うんだけど。(なにか文句ある?)」
    「わたしあのケーキ超好きなんだけどー!(あなたは好き?)」
    もちろん、このほかにももっと意味はあると思いますが・・
    わたしが使うときはこのような感じだと思います。

    でも、わたしも留学で英語圏の国にいますが
    第二言語を習得し、流暢じゃないのに、スラング(若者がつくったような言葉)
    を多用するのはかっこわるいと思いますので、
    先生、そこらへんはきちんと指導してくださいね!
    日本語は美しさが命だと思いますので!

    ユーザーID:7203247471

  • できなく、・・・

    分かります! 「〜が売っている」も「違くて」も「〜になります」も、大変気になります。

    私が最近気になるのは、小町でも時々見かける用法ですが、
    「〜ができなく、〜です。」という言い方。すごく違和感があります。
    「〜ができず、〜です。」というのが正しいはずですが、いつからこういう言い方が出てきたんですかね。

    似て非なるのが「〜することなく、〜」。
    同じ「なく」でもこっちは正しい。

    ユーザーID:7338826706

  • もっちさん・・・・せっかくの掲示板なんだから

    もっちさんのおっしゃる事も一理ありますが、トピをよく読んでトピ主の言いたい事を汲み取ってもいいんじゃないでしょうか?
    「こんなとこで聞かずに自分で調べなさいよ。教えてあげない」っていういじわるに聞こえます。
    それに、日本でも環境の差などあります。
    中国のように広いところだとなおさらじゃないかと思います。
    トピ主は「他の日本人とも接する機会も少ない」とおっしゃってます。
    だからこそ、生の声をこういうところで聞ければと思ってトピを立てたんだと思います。熱心だと思いますよ。
    「本を購入したりできるはず」って・・・・「こういう本が良かったよ」とかアドバイスもないんですね。(そりゃそうですよねぇ〜)
    「日本へ一時帰国も一つの研修」と言われますが、それができる環境とできない環境もあると思いますし、もう少し他人を思いやる気持ちってもてないんでしょうか?
    それとも、異国で頑張って暮らしていると、そういう心根になるんでしょうか。
    トピ主さん、頑張ってください。

    ユーザーID:2786779547

  • 〜のほう・〜円でよろしかったでしょうか

    ちょっとどころか、すごく気になる言葉遣いです。
    ・「〜のほう」
     例:「コーヒーのほう、お持ちしました」
    ・「〜円からでよろしかったでしょうか」
     なぜ過去形?

    「〜のほう」と言うのを聞くと、「消防署のほうから来ました」と言って消化器を売りつける詐欺のことを思い出します。

    ユーザーID:4086483049

  • 一万円からお預かりします

    例えばレジで支払する時、一万円札を出したら「一万円からお預かりします」と言われる事が多いです。
    普通に「一万円お預かりします」で良いと思うんですが…
    あと、「○○でよろしいですか?」と言うのを「○○でよろしかったでしょうか?」と過去形で言う人も多いです。
    面白いので「ハイ、よろしかったです」と答えています。

    ユーザーID:2867893149

  • もしかして、コレで正解なのかもしれないですが、、、。

     本当はあっているのかもしれないですが、どうも最近?と思うので、質問がてら発言させてください。
    私が気になっているのは、ものに対する複数形です。

    子供(たち)動物(たち)仲間(たち)は理解できるのですが最近ブログやなんかを見ていると飴(たち)本(たち)などと使われていると、「コレは果たしてあっているのかしら?」と思うのです。 多分、私がスペイン語圏に住んでいて物の複数形を嫌というほど意識して言葉を使っているせいかとも思うのですが、、、。普段、友人達には「日本語はスペイン語みたいにほとんど複数形を意識しなくてもいいから楽よ。」なんていっている手前、実は違ったなんていうことになると恥ずかしいので、ぜひ正解を教えていただけるとありがたいです。

    ユーザーID:9900785514

  • どこまでオブラートに包むのか・・・。

    TVを見てて時に聞く、気になるコメント。

    「こんな事言っちゃいけないと思うんですけど、私の中ではちょっと許せないかなと思える部分があって〜」(例)

    言っちゃいけないなら言わんといて。
    部分てナニ?あなた自身が思ってるんでしょ?
    ピンポイントで『許せない』と言い切れないんですかね?
    前にも後ろにも不要な付け足しをして『許せない』を覆っている気がします。

    オブラートに包みすぎて本体(本音)が見えにくい。モヤモヤしてしまいます。


    あと、

    「許せないじゃないけど〜」(例)

    の様な前置き。
    じゃ、許せるのかい?『じゃないけど』ってNOの意味があるはず。でもYESの意味合いで使ってる人がいますよね。


    日本人なのに日本語が下手になってる・・・。
    むしろ外人さんからの方が、スッキリした日本語を聞けてます。

    ワータシ、ニホンジントシテカナシイデース。

    ユーザーID:1765102156

  • 最近、特に気になるのは

    「○○してあげる」という言い方です。

    「お肌のお手入れ」について、あるテレビ番組を見ていましたら、そう若くもない講師がこの言葉を使っていました。
    「洗顔の後は、たっぷりの化粧水をパッティングしてあげましょう。」とか、「気になる目元には、アイクリームを塗ってあげてください。」等々

    何故、「パッティングしましょう」や「塗ってください」ではなく「あげる」という表現になるのか、さっぱり解りません。「他人の肌の手入れについて」というタイトルなら解るのですが・・・・

    もう一つ、昔から気になっている言葉が「○○であります」です。「○○です」「○○でございます」では駄目なんでしょうか。徳光和夫さんに聞いてみたい。

    ユーザーID:5460464649

  • マニュアル言葉

    いわゆるマニュアル言葉がとても気になります。

    ○○円からお預かりします。 は既に出ていますが、
    ちょうどお預かりします。→レシートのお返しです。
    の流れがどうしても馴染めません。
    スーパーやコンビニでよく耳にしますので、もし、そこに勤めるとなると自分もそうしゃべらないとならないのか…と
    警戒してしまいます。
    他に、名前や用件を聞く時に「失礼ですが…。」で止める言い方もちょっと気になります。
    そこでこちらが名乗らないと、怪訝な雰囲気で(電話です)何度も「失礼ですが」と繰り返されたり。

    あと、これは方言だそうですが…
    「私、○○と申しました。」という表現はビックリしました。
    え、○○と申しますじゃないんだ?って。今なら方言だってわかるのですが。

    私、細かいんでしょうかね?

    ユーザーID:8683292514

  • 並列するわけでもないときの「とか」

    「昨日ぉ、あれからぁ、家とか帰ってぇ、課題とか今度出さないと
    単位とか落とすからぁ、ちょっとやってたらぁ、彼氏とかぁ、
    電話とか掛かってきてぇ、○○のファミレスとかいるからぁ、
    今から出て来いとか言うからぁ、バーッとバイクとか乗って行ったらぁ、
    交差点のとことかでぇ、おまわりとかいてぇ、50キロとかで走ってたからぁ、
    スピード違反で切符とか切られてぇ・・・(以下略)」

    聞いているだけでイライラします。

    ユーザーID:2437874470

  • ヤバイ

    最近の若者が、たとえば「えー、これってマジヤバくね?」などと言っているのを見かけますが、この場合決して本来の「ヤバイ」という意味ではなく、良い意味で使っていることがあるんですね。
    おいしい、とかそういう誉めるときの形容詞として。

    あと、私もよきちさんがおっしゃったような、イントネーションに抑揚のない、平板な発音が気になりますね。
    「超よくない?」など。

    あと「さりげに」とか「ありえない」などを多用するのも気になります。

    ↑上記のようなギャル語?までは行かないけれど、もう少し大人(社会人)が使う「○○するじゃないですか〜」という半疑問符のような、自分の意見なのに相手にも勝手に同意を求めるような話し方…
    あれはとても違和感があります。

    流行語というか、イマドキの話し方は若いひとにはある程度仕方ないですし、私もわざとふざけて使ってみたりもしますが、会社などで使われると、とても疲れてしまいます。
    TPOに合わせて使い分けてもらえたらなぁと思います。

    ユーザーID:9254732604

  • 気になる言葉

    ・「耳障りのいい言葉」???
     ⇒「耳障り」は悪い意味では?

    ・「全然美味しい」???
     ⇒「全然」が否定形ではなく、「とても」の意味で使われる。
     
    ・「なさげ〜」(無さそうの意味)
     ⇒それこそ「耳障り」な日本語だ。
      仕事の場で使われると、幻滅しますね。。。

    ・「宜しかったでしょうか?」
     ⇒よく言われますが、「宜しいでしょうか」で十分ですよね。。。

    ただ、今は「正しい」と言われていても、昔の基準では「間違っている」という言い回しもあるので、何を「正」とするのかは難しいのかもしれませんね。

    とはいえ、自分自身では上記の言葉は絶対使いませんが。

    ユーザーID:9755333594

  • 「すごい」じゃないよ「すごく」だよ

    「わたし,このアイスクリーム,すごい好き。」
    なんてのをテレビで聞くと,ぶん殴りたくなります。
    「すごい」じゃないよ「すごく」だよ。

    ユーザーID:8479440182

  • 最近よく聞くけど

    「はんぱない」って言葉が、ひっかかります。
    文脈から考えると、多分「半端ない」って字でしょうか? 
    「半端じゃない」の略なのかと思うのですが、年配の人も使ってるのを聞いて、びっくりしました。 
    それとも もともとこんな言い方でした?

    ユーザーID:2283914343

  • フインキ

    接客業をしているので特に言葉遣いが気になるのかもしれませんが。

    雰囲気をフインキって言うの、大人にも多いですがとても気になります・・・。

    あと間違いではないのですが公の場で
    重い→重たい
    眠い→眠たい
    等「た」を入れて喋られるのも嫌です。

    私のお店では
    ○○円です(ございます)
    丁度頂きます→こちらレシートです
    を使用していますよ。

    ユーザーID:6631476456

  • 気になることば

    最近特に気になっているのが、同じ事を言い換えるだけの時に使われる「逆に」。最初にこの言葉を文章で読んだ時、「逆に」の前と後ろで全く同じ事が書かれていて何が逆なのか分からず、とても理解に時間を要したことを覚えています。

    もう一つ、既に出ていますが「○○が入荷しました」。

    何だか意地悪な方がいるようですが、たとえ現地に日本人がある程度いても(そもそも日本人に接する機会がないと書かれていますね)、「今まさに日本で使われている、ちょっとおかしな表現」を知るのは難しいと思います。
    上に挙げた表現も、海外にいるとなかなか接する機会がないと思いますが、いかがでしょう、我是日本人さん。

    ユーザーID:7413723601

  • 私も「〜が売っている」が気になる

    他は、最近というわけでもないですが「カレシ↑」と疑問形のように語尾上がりの単語や業界用語とされる「マイウー(美味い)」が引っかかります。

    そして、「私って〜な人だからぁ」
    「〜」にはルーズとか敏感とか陽気とかが入るわけですが、自分のことを他人みたいに言うな、と。

    すでに上がっている「〜ですけど」は自分でも使ってますね(汗)
    「〜です。けど違うんでしょうか?」「〜です。けど何かありますか?」といったニュアンスで使ってました。

    ユーザーID:1204348614

  • そういえば・・・!

    >他に、名前や用件を聞く時に「失礼ですが…。」で止める言い方もちょっと気になります。
     
    のレスで思い出しました。

    以前、タモリさんの番組で正しい日本語を考えるものがありました。

    社長と二人で会食の場面。
    社長の前(しかも自分とは遠い側)に置かれた醤油。
    社長は、自分用の皿に醤油を注ぎ、また元の位置に置いてしまう。
    こんな時、失礼無く社長に醤油を取ってもらう言い方は? 
    というもので、ゲスト達は
    『社長様の前にございます、お醤油を取って頂きたく存じます。』とか
    『社長様、あの、日本古来より伝わる調味料であります醤油をこちらへお取りいただければ幸いでございます』
    など珍回答が出た後、正しい頼み方として紹介されたのが
    『社長・・・(社長と醤油を交互にみつつ)醤油を・・・』というものでした。
    目上の方には、全てを言ってしまわずに、察してもらうというような説明だったと思います。(おぼろげですが)

    もしかしたら、その『失礼ですが・・・』の人は、そういう気持ちなのかもしれません。笑

    ユーザーID:6072844672

  • ぽたさまへ。

    あちゃぁ、私はたまに「みみざわりのよい…」などと使ってしまっています。汗

    ただし「耳障り」ではなく「耳触り」というように一応意識して使い分けています。
    本来はぽたさんがおっしゃるように「みみざわり」は昔は「耳障り」しかありませんでしたが、最近では俗語として「耳触り」も辞書に出ています。
    ぽたさんの思う「耳障り」の「障り」は「差し障り」や「目障り」と同じ扱いなので確かに意味はおかしいですが、私がたまに使うほうは「肌触り」「舌触り」などと同じ、触れた感触のことを指しています。

    でも、ぽたさんのように耳障り=不快に感じる音、と思われるかたもいらっしゃるようなので今後は気をつけたいと思います。

    ユーザーID:9254732604

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧