本の読み聞かせ

レス30
(トピ主0
お気に入り6

妊娠・出産・育児

いちご

2歳の子供をもつ母親です。子供に本を読み聞かせるともう少し大きくなってから違いが出てくるとかよく聞きますが(感性の豊かな子、落ち着いた子供、頭がよくなる)など。
私は両親が共働きでとても忙しく一回も本を読んでもらった記憶がありません。小学校にあがってもひらがなも知らず、本を読むことが大嫌いでした。
小学生・中学生のお子さんを持つ、本の読み聞かせをしていたお母さん方にお聞きしたいのですが、今でもお子さんは本が好きですか??

ユーザーID:7682684823

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も知りたい

    私の母は農家の嫁で忙しく、読み聞かせしてもらったことはありませんが、私自身は低学年の頃から常に学校で一番くらいの勢いで図書館の本を借りて読んでいました。国語の成績も良かったです。
    主人は読み聞かせしてもらった子ですが、その後の人生で読んだ本は3冊くらいだと豪語しております。
    うちの息子は今小一ですが、3歳直前に妹が生まれたので、忙がしくて読み聞かせどころではなかったですが、いつの間にか字を覚えて、年少のうちには本が読めるようになっていました。
    個性じゃないんでしょうか?

    ユーザーID:5824445859

  • 私は三姉弟ですが。

    子供時代、母が寝しなに必ず本を読んでくれました。一番「これ読んで」とせがんでいたのは妹だったように記憶しており、少し成長してからもそれなりに本を読んでいたようですが、結果的に一番本好きに育ったのは長女の私です。妹は話題の本くらいは読むという程度で、弟にいたっては読書するのかしないのか・・・。

    因みに夫一家は誰も本(小説)を読みません。夫も含め、ノンフィクション系やマニュアル本の類は読むようですが、小説系はせいぜい歴史モノくらいみたいです。

    ただ、最近は勉強をかねた読み聞かせをさせるお母さんが多く、かえって本嫌いにさせてしまうケースが少なくないと聞きましたのでご注意です。本はやっぱり純粋に楽しむものだと思うので!

    ユーザーID:5248381931

  • してもらってました!

    お母さんの立場ではないのですが・・・
    私の父親が本の虫でしたので、
    私も小さいころからたくさん絵本を買ってもらっていました。
    文字が読めないころは読み聞かせをしてもらい、
    幼稚園に入る3〜4歳ごろには、
    すでにひらがなの読み書きが出来るくらいになっていました。
    その後も、おもちゃやゲームは、
    誕生日やクリスマスなどの特別なとき以外買ってもらえませんでしたが、
    本だけは好きなだけ買ってもらえたので、
    いろいろな本を手に入れて読んでいました。
    それでは飽き足らず、
    図書館や学校の図書室でも借りてきては読み、
    そして大人になった今でも、
    忙しい合間を縫って、
    月5〜10冊くらいは読んでいます。

    今現在妊娠6ヶ月ですが、
    自分の子どもにも絶対読み聞かせをしようと思っています!
    いちごさんも、ぜひお子さんに読み聞かせをしてあげてください。

    ユーザーID:9598603550

  • 親子の触れ合いとして捉えた方が・・・

    上の子が1歳い終わりの頃から寝る前に読み聞かせをしていました(毎日じゃなかったですが)

    今子供たちは小2(男)・小3(女)になりましたが、どうでしょう・・・。
    小2の子は3歳から少しずつ字を読め、大好きな魚類・恐竜・昆虫などの図鑑をいつの間にか自分で読んで調べるようになりました(読めない・分からないことはこちらに聞いてました)。
    でも、これは読み聞かせの成果ではなく、本人がたまたま知りたいことがいっぱいで文字にも興味があったからそうなっただけだと思います。そしてこれがいつまでも続くとは思ってません。
    今、たまたま興味があるから出来るのだと思います。
    ちなみに国語や道徳で「主人公の気持ちを考えてみよう」的な授業は大嫌いと言ってます。

    小3の子はコミック大好き!です。サザエさん、ドラえもん、ゲゲゲの鬼太郎などよく読み込んでますよ。
    物語(マンガじゃない)に対する感性は結構いいもの持ってると思います。登場人物の気持ちを考えるときも大人でもびっくりするような視点で見てたりします。
    でも!語彙力はキビシイ〜ものがあります。また漢字もとっても苦手です。続きます・・・

    ユーザーID:1362871411

  • 続きです・・・

    絵本の読み聞かせをしたら頭がよくなる、っていうのはちょっと・・・って思います。
    ただ、親子の触れ合いとして捉えると、できる範囲でしてあげたほうが子供の心の栄養に絶対なると思います。これは感性や落ち着きに関係してると思いませんか?

    ちなみに私は小さい頃読み聞かせって程ではないけれど時々母に絵本を読んでもらっていました。
    その私が小学生時代、大ッ嫌いだったのは読書&読書感想文でしたよ。
    私はお絵かき大好き人間になっってました。
    こういうヒトもいるのであまり、こだわらず、でも少し意識して、っていうスタンスでいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1362871411

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 想像力はつくと思います。

    3才くらいから、必ず夜眠る前に読んで聞かせていました。
    現在、上の子は小4ですが、今でも本好きのようです。マンガからトルストイまで、いろんな本を読んでいて驚かされます。作文も得意のようです。親ばかですね、やめておこう(笑い)。

    私も、母に「いちごばたけのちいさなおばあさん」や「ちいさなおうち」「フランシスのともだち」などを読んでもらいました。その記憶が私の子供時代を思い出させ、幸福にしてくれます。私にとって絵本とは、母に愛されたことを思い出させてくれる、大切な存在なのです。、、、なぁんちゃって、大げさなことを書きましたが、どうか気楽に、絵本を楽しんでください!

    ユーザーID:3599226277

  • その子によるかも・・・。

    私の母はずっと専業主婦でしたが、就寝前の本の読み聞かせは「ごくたまに…」ぐらいでした。私は二人姉妹ですが、私は「本の虫」で妹は全く本には興味が無く性格自体全然違います。
    うちには小3の娘が一人いますが、1才の頃から保育園に預けて私達夫婦は共働きしています。でも就寝前にほぼ毎日本の読み聞かせをしていました。
    それに主人も本好きなので生活の中で自然と父母が本を読む姿を見ているはずなのに娘は全く本に興味が無いようです。かろうじて付録目当てで「ち○お」などの少女雑誌を購入しますが中身は殆ど読んでいません。
    多分その子の性格なんだろうな〜と思い、あえて強制はせず私は週一の小学校の「読み聞かせの会」に参加して生徒達に本を読んでいますよ。

    ユーザーID:7184469837

  • もっと気楽に

    楽しめれば良いのではないでしょうか?
    子供の頃、毎日本を読んでもらいました。小学校の低学年では学校の図書館の
    本全てを読みあさっていた気がします。とても好きでした。
    幼稚園の年中では幼稚園から貰ってくる絵本に書いてある漢字も読めました。
    (妃、蛙、茶碗とか)でも大学時代を最後に本は読んでいません。

    児童文学の先生は生後0ヶ月からでも読み聞かせをしたら赤ちゃんにちゃんと伝わるから読んであげてねと言っていました。
    また原作を読むことを強くすすめておられて子供向けに短編になった本を読むのは良くないと力説されておりました。わたしはいいと思うのですが。

    ちなみにうちの娘も生後半年前から絵本を読むようになり1歳過ぎの今では一日最低10冊は読んで欲しいと持ってきます。
    でも私の子なのできっと国語の教科書の話ってなんてつまんない話が多いんだろうとか夏休みの課題図書ってどうして面白くない話ばかりなんだろうとか思う子
    になるだろうと思っています。

    ユーザーID:5171127953

  • 参考になりますでしょうか?

     夫は子供の頃、毎晩どころか日中も読み聞かせをしてもらったそうですが、
    「読書は嫌い」と豪語し、我が家にある彼の本は漫画ばかりです。

     対して私は、読み聞かせしてもらった記憶がないくらい親が忙しかった
    (しかし、本はいくらでも買い与えてくれました)ので自分で読むしかなかったのですが、
    小・中・高校時代と膨大な本を読みました。
     
     ・・・本が好き=本を読む環境が好き っていう感じがします。
     親も、読み聞かせはしてくれませんでしたが、読書の時間(私が集中している時間)
    は尊重してくれましたし、親も読書は好きでした
    (でも、読み聞かせはしてくれなかったな、むむぅ)。

     小さい頃の「読み聞かせが好き」「本が好き」って、「親が自分に読んでくれる」と
    いうのがうれしいっていうのが大きいと思います。
     次第に、自分の興味や関心で読むものを選んでいるみたいです。

     義母には「あんなに読み聞かせしたのに、高校に入ったら活字もろくにない成人向けの本ばっかりになっちゃって・・・」とこぼされます。
     (「今でもそうだよ」とこたえてしまいました)

    ユーザーID:1886686395

  • 読み聞かせの多さと頭の良し悪しは無関係

    読み聞かせのコツ、のような解説で↑みたいな事を偉い先生が仰ってました。また、あゆママさんがレスされていたような内容の事も仰ってました。本の内容や読み聞かせした時間が重要というより、極端な話、親に読んでもらったという記憶が残ればそれでいい・・・みたいな。

    本が好きな私。生まれた娘にはせめて本嫌いになって欲しくない一心で、毎月絵本の頒布会も申込み、年齢にあった本がどんどん本棚に溜まっていきますが、当の娘は2歳になろうというのに、絵本は逆さまに眺め、私が読んであげようとすると空中へ放り投げ、挙句に齧って背表紙をボロボロにしてクレヨンで落書きする始末。

    今まで大人しく私の膝の上で本を見ていたのは数十冊中わずか2冊だけでした。これから興味を持って見てくれる絵本は出現するのでしょうか。娘の破壊活動から避難させた、めくりシワも殆どついていなかった絵本たちを娘の代わりに1人読みながら思わぬ感動に出会ったりしてる今日この頃です。

    ユーザーID:9894695159

  • 私が小さかった頃は、

    現在のようにゲームやテレビ番組も少なく、父親がテレビを独占していた幼少の頃は、母が毎晩、絵本を読み聞かせしてくれるときが唯一の楽しみだったのを覚えてます。
    絵本や本が好きというよりも、母の心地よい声を聞いてると安心感で満たされ、母に抱きつきながら温かいぬくもりを感じ精神の安定を図っていたのかな?!と今は思います。


    現在は、本を殆ど読みません。
    ただ、本屋さんで思い出の絵本を見かけると胸がキュンと懐かしく母を想い幸せだった幼少の頃に浸れるのは確かです。

    ユーザーID:7938088483

  • 読み聞かせで育ちました

    寝る前の読み聞かせをしてもらって育ちました。

    自分が読書好きになりましたので、子供にも読み聞かせをしました。

    息子も娘も本を読む子になりましたし、成績も良いです。もう高校生と中学生ですが。

    福音館の月刊絵本の「こどものとも」「かがくのとも」がおすすめです。良質で値段も手頃です。

    娘は三歳のときピーターラビットがお気に入りで、シリーズを何冊も読まされました。
    いい思い出です。

    お母様が好きな絵本で楽しい時間を過ごして下さいね。

    ユーザーID:9666572201

  • 本好きになってますが…

    現在13歳(中2)の息子がいます。生後半年くらいから読み聞かせをしました。
    教育とかいうのではなく、ただ単に親である私が本好きだったので、育児をしながら絵本をたくさん読んでみようと。
    私自身も親が本好きでいろいろ読んでくれましたし、おもちゃは買ってはくれませんでしたが、本は買ってくれる家庭に育ちました。

    こどもの為にと言いつつ(実は自分の欲求の為に)、それこそ、小さな図書館と呼べるくらい本を購入しましたし、図書館にもよく通いました。育児サークルを通じて、読み聞かせの会をしたりもしました。
    …息子は今、野球少年ですが、本は大好きです。というか、本を読むことに抵抗がないようです。

    国語の成績はよくありません(笑)語彙も少ない普通の少年です。
    漢字は、ようやく漢字検定3級にぎりぎりで合格しました。
    どちらかというと理科系統が得意です。
    本人の個性かなぁと思いますね。

    ユーザーID:6536579623

  • 出会いと個性です

    読み聞かせ神話に辟易としている者です。好きでしてる方、読んで貰うの大好きなお子さんはいいです。でも、これも出会いと個性が一致してこその効果なので、そんなに悩む必要は無いと思いますよ。

    私は本の嫌いな子供でした。母親は読み聞かせをしようとしましたが、苦痛な時間でした。読んで貰っても直ぐに飽きるか寝てました。
    我が家の高校生の長男が同じ。なので、3歳までは読み聞かせしましたが、バカらしいので止めました。
    次男はそんな長男の下で読み聞かせはしてもらわず、育ちました。

    現在、長男は得意科目が『現代国語』です。難関校と言われる学校に通っています。学校でも特に国語の成績は上位です。でも、あんまり本は好きじゃないみたいです。
    次男は、本が大好きです。気が付くと何か読んでいます。でも、得意科目は『数学』です。

    まあ、そんなもんです。

    ユーザーID:7498709188

  • 読んできました

    子は大学生と高校生ですが、下の子が小学低学年まで毎晩読んでいました。
    本や作り話が好きで、毎日楽しみにしていたようです。
    現在は、二人とも寝る前に、マンガ9割、本1割くらいで読んでいるようです。
    ハリーポッタのような厚い本も、苦にならずに読んでいるようですので、
    本嫌いではないようです。

    ユーザーID:9797808110

  • 本好きです

    今は成人した娘二人ですが上が1歳過ぎの頃から下が小低学年頃になるまで毎晩読み聞かせをしていました。
    いつも同じ日本、世界名作短編集です。
    内容は既に知っているのにそれでも読んで欲しがりました。

    通っていた保育園も本の読み聞かせがどれほど大切かを重視し、絵本作家や読み聞かせに重きを置く人達の講演会など定期的に行っていました。
    時折納得できないような話もありましたが本が大事という点では同じ考えでした。
    私達夫婦が子供の頃から現在も本が好きだったこともあり毎晩のことが苦にならなかったこととたまたま親に似て?本が好きだったことも幸いしていたのかもしれません。

    娘達が成長するにつれ感じたことは思っていた以上にはるかに語彙数が多いということでした。加えて読解、理解、想像力もついていた様に思います。
    各家庭の考え方それぞれだと思いますが私は今でも読み聞かせは親子のスキンシップも含めて子育ての中で重要な一つだと思っています。
    二人の聞き入っているあの真剣な顔と目が今でも忘れられません。

    現在娘達は漫画本から推理小説、私にはさっぱりわからない小難しい本まで
    読んでいます。

    ユーザーID:0791785800

  • 日本語習得

     アメリカに住んでいます。
     読み聞かせをしたら頭が良くなるかどうかは
     分かりませんが、日本語を習得するために
     一日平均30分から40分くらいの読み聞かせをしています。

     もうすぐ3歳の女の子ですが、9月からプリに行くのでそれからが勝負だとは思っていますが
     日本語のレベルは日本にいる3歳児と同じくらいだと思います。

     友人の子はもうすぐ6歳になりますが
     その子も毎晩読み聞かせをしてもらっているせいか
     すでに学齢期にもかかわらず日本語のレベルは
     同年齢の子とほぼ変わらず読み書きも出来ます。
     英語も年齢相当に出来ているようです。

     日本人がそんなにたくさん住んでいる地域では
     ないので、日本語の習得には皆頭を悩ませています。

     人によっては、一日中日本語のビデオをつけっぱなしという
     人もいますが やはり日本語を理解して話すことができても
     書いたり読んだりすることが苦手のようなので
     今のところ、読み聞かせが一番効果があるようです。
     
     私は読み聞かせは多少なりとも効果はあるのではないかなと思っています。

    ユーザーID:6457849143

  • いつ頃から?

    少しズレますが教えて下さい!
    ウチの娘は4ヵ月です。
    先日、市の4ヵ月健診があり行きました。そこで絵本の読み聞かせがあり、たくさんの絵本が並べられていて、市立図書館の説明があったり、学生ボランティアの方が読み聞かせをしてくれました。娘は寝ていたので反応なしでしたが、一生懸命絵本を見つめている子もいました。
    4ヵ月といえば、やっと目が見えるようになり、色々見えて面白い時期だと思います。でも絵本をよんであげて、どの辺を理解しているのでしょう。4ヵ月ではまだ早い気がします。ちなみに娘が起きている時に絵本を読んでみましたが、あまり興味は示しませんでした。最近はボタンを押すと音がしたりする物が色々ありますが、あぁいうのから始めたらいいのかなと思うのですがどうでしょう?皆さんはいつぐらいから絵本読んであげましたか?

    ユーザーID:6033507100

  • 楽しんで良い思い出を作れば

    中学生の娘が小さい頃、毎晩3冊は絵本を読み、更に電気を消したあとは娘が主人公のお話をでっち上げて語っていました。そういえば紙芝居も大好きでした。

    が・・・落ち着いていないし、頭も良くないし、感性が豊かでもありません。読まなかったらもっとひどいのかもしれませんが。
    字も小学校に入ったときは自分の名前が読める程度でした。
    大体、読んでいてもそのページに満足するとすぐページをめくってしまったり、いつまでも見ていたり、読んでいる文と絵とどれくらいリンクしていたのやら。

    それでも何かの折りに昔読み聞かせをした本を見かけると、「あ〜、これ良く読んで貰ったよね」と嬉しそうに言うので、きっと何かの糧になっているのでしょう。

    ユーザーID:4881131392

  • うちの場合、読解力に差があると思えます。

    三児の母です。

    第一子には、本当に寝たきりの赤ちゃんの頃から読み聞かせをしていました。
    言葉を覚える二歳過ぎ頃には、お気に入りでたびたび読む絵本は、その内容を暗唱できるほどに読み聞かせていました。

    第二子には、第三子を妊娠するまでの、第二子が二歳頃まで、第一子とともに読み聞かせをしました。

    第三子には.........ほとんど読み聞かせなしです。

    ということで、第一子は五歳過ぎまで、第二子は二歳過ぎまで、読み聞かせにいそしんだという事になります。

    十一歳の第一子は、下の子と同じ年齢で比べてみても、三児の中では一番『物わかり』が良いと思います。
    第二子は八歳ですが、たとえば物語の読解力などに雲泥の差があると思います。が、それ以外に、字を覚えるとかそういう事は、
    あまり変わりないような感じです。顕著な違いはやっぱり『読解力』ですね。
    育児のやり方などについて、その他には大きな違いがわからないので、読み聞かせの効果であろうと思えます。

    三児とも、読み聞かせは大好きで毎晩せがまれますが、自分で読むのはあまり好きではないようです。

    ユーザーID:6421066846

  • おはなしもたのしい

    私は母ではありませんが、
    ちいさいころ母によく絵本のよみきかせをしてもらった者です。
    母も仕事をしていたので、読んでる途中で本をばたっと取り落として
    寝てしまうことがよくありましたが(私たち姉妹は母が目を覚ますまで待っていた)、
    疲れているのによく読んでくれていたなあと、とても感謝しています。
    読み聞かせとの相関関係はわかりませんが、
    現在では姉妹そろって大の本好き…というか
    活字中毒といっていいくらいになっています。
    (でも本好きが一概にいいのかどうか?!)
    母自身が本好きで、私も母の持っている本を勝手に読みながら大人になったので、読書傾向が似ています。母とは面白い本の話で今ももりあがります。

    本が好きじゃない子なら、お話をするっていうのはどうでしょうか?
    昔話をうろおぼえで話して、わからなくなったら
    勝手にストーリーをつくっちゃってもおもしろいです。
    祖父はよくそうやってオリジナル昔話(口から出任せのちょっと下品なおハナシでしたが)おかしくておかしくてげらげらわらいっぱなしでした。でも祖父とのすごくいい思い出です。

    ユーザーID:0153236513

  • 読書は娯楽、それ以上を求めちゃだめ。

    小学生と年長の娘二人とも本好きです。
    二人とも最近は自分で勝手に読んでいるので、
    読み聞かせは減りましたが。

    読書は娯楽です。
    大人だって自分が興味のない本を「読め」と言われることほど、
    退屈で辛いことはないです。
    子供に本を与えるとき、それを絶対忘れてはいけないと思います。

    大事なのは「本を読むと、面白いことがある」という体験。
    それが本の内容でも、声色でも、
    読むときにお母さんに抱っこされることでも良いし、
    名作じゃなくてもアニメ絵本でも迷路や間違い探しでも、漫画でも
    楽しければそれで良いと思います。
    3歳以下の小さい子は
    そもそも集中力がそんなに長く続きませんからね。
    興味のある部分だけをすきな順番で見るだけで十分だと思います。
    そのうち、通して読んだ方が楽しいって事が
    理解できるようになれば、じっと聞くようになると思います。

    本が好きになれば、たくさん読んでいろいろ吸収していきますが
    それは子供自身にとっては
    あくまでも「副産物」であって「目的」じゃないんです。
    それを大人が間違えると、読書嫌いの子を作ってしまうと思いますよ。

    ユーザーID:3546006527

  • 向き不向き

    向き不向きがあると思います。我が家の長男は二才くらいまで頑張って読み聞かせしましたが、全く興味がないようでしたので、やめました。その分いっぱい遊びました。その後はほとんど本を読んだりはしなかったのですが、そのせいか自力でなんとかしなきゃと思ったのか、幼稚園前には平仮名なら書けはしないがスラスラ読んでました。長女は気合いが抜けたのか、読み聞かせを全くしませんでした。ですがやはり幼稚園前には平仮名をスラスラ読んでました。今でも本の虫です。成績は妹の方がいいです。本好きになるかどうかは読み聞かせの有無でなく、個性だと思います。親が本を読む姿を見せる事の方が重要です。

    ユーザーID:0826796470

  • 2度目のカキコです。

    頭が良くなるとか落ち着いた子になるとか云々につきまして。私は確かに落ち着いてる方だったかもしれませんが、どちらかというとボーっとしてるとか、のんびりしてるとか、元々持ってる性質だったような気もします。

    頭が良くなるかどうかは微妙です。文章を読み慣れているので国語の成績は抜群に良かったですし漢字の読み書きも得意でしたが、他教科は普通でした。

    ただ、空想力がつくのか感性は豊かみたいです。自分では分からないけれど、ダンナに「独特の感性を持ってるよね(変わってるってこと?)」ってよく言われますし、会社員時代に受けたパーソナル診断をかねた社外講習で「あなたは何か特別な情操教育を受けたことがありますか?」と聞かれたことがありますので。とはいえ今は普通の主婦ですけどネ(苦笑)。

    でも、これは私の独断ですが、本を読むことによって登場人物の気持ちや人生等を擬似的に経験することによって自然と想像力がたくましくなるんじゃないかな?と思います。

    因みにうちは読み聞かせもしてもらいましたが、読書を強要されずとも母の本が家にどっさりあり、それを自然に読んでましたネー。

    ユーザーID:5248381931

  • 読んでもらう心地よさ

    言葉が遅かったことをきっかけに2歳から来年小学校の息子に本を読み聞かせてきました。確かに息子は実年齢より語彙力、読解力はありますが、そのことより、私は子ども向けの本から子どもとは何かを多く学んだことが大きかったと感じています。

    子育てがわかりやすく、面白くなりました。下手な育児書より、子ども向けの本の方がずっと子育てとは何か教えてくれます。

    子どもだけでなく、人から本を読んでもらうというのは心地がよいもので、お母さんに絵本を読んでもらうというほんわりした時間が何よりの絵本の読み聞かせの素晴らしい点かと思います。

    ユーザーID:1233102853

  • 追加です

    知人のお子さんで、幼稚園入っても自分の名前さえ読めず、相談された事があります。「どうしたらそんなに字が読めるようになるのか、教えて欲しい」と言われました。よく話を聞くと、大変真面目な方で、お子さんにとても熱心に読み聞かせをされてたそうです。「もしかして、お子さんが『本は読んでもらう物』と思ってるんじゃないですか?ただ聞かせるんじゃなく、一緒に読んでみてはどうですか?」と言いました。何日か経ってから効果あったのか、たまたま時期が来たのかわかりませんが、読めるようになったそうです。かたくなに読み聞かせ、と言う形に拘らず、お子さんに「読む事は楽しい」と言う事も教えてあげて欲しいです。

    ユーザーID:0826796470

  • 主人の担当です!(横ですが)

    9ヶ月の息子がいます。
    先日子供の教材の会社に勤める知人から絵本をたくさんいただきました。
    主人が読み聞かせると手足をばたばたしながらニコニコして見ています。内容を理解しているとは思っていませんがあまりにも喜ぶので見ているこちらも嬉しくなります。でもすごく喜ぶものと興味なさそうにするものがあるので息子の中で何かで違いがあるんでしょうね。
    お気に入りの本に「りすさん」「うさぎさん」「ライオンさん」が登場しますがその場面では「う〜」と反応しています。
    このまま本が好きになってくれるといいなと思っています。

    ユーザーID:2583949437

  • 本、大好きです

    私も弟も読み聞かせで育ちました。
    隔週ぐらいで『かがくのとも』や『こどものとも』が数冊家に届き、昼寝や就寝前に読み聞かせてもらっていました。
    そのうち、「自分で読めるかな?」と子供のペースで母と共に声を出して読むようになり、幼稚園に上がる頃には一人で本を読んで留守番してましたよ。

    結果、私は創作や文学が好きになりその道へ進み、弟は好きな作品を丸暗記する子供だったので記憶力が伸びてました。

    高校の時に国語の教科書を作っている先生に教えて頂いたのですが、小さい頃に本を読めば読む程、想像力や語彙力が広がるというのは本当だそうです。

    でも何より、小さい頃お母さんに本を読んでもらったという記憶はいい思い出としていつまでも残ると思いますよ☆

    ユーザーID:9121501567

  • 3歳ごろから毎日のように読み聞かせていました。

    親子揃って本好きなので、週末によく図書館に行きます。
    2、3時間の読書タイムの後、好きな本を貸し出し限度いっぱいまで借りて帰ります。

    子供は、日本人作家のお話を借りることが多いので、私が他のジャンルの本を適当に選んで「良かったら読んでみて」と、子供が借りた本と一緒に置いておきます。最近のお勧めの中では、三国志や中国の歴史ものを気に入って読んでいましたよ。

    >子供に本を読み聞かせるともう少し大きくなってから違いが出てくるとかよく聞きますが(感性の豊かな子、落ち着いた子供、頭がよくなる)など。

    うーん、どうでしょう?

    感性の豊かな → YES
    落ち着いた  → NO (『本を読んでいる時』だけすごい集中力)
    頭がよくなる → ?

    あまり関係ないかも・・・??

    横ですが、本好きの子の親御さんって大抵本が好きって聞きます。
    本嫌いだったとのことなので難しいかもしれませんが、トピ主さんが本の楽しさをお子さんに教えてあげたら、お子さんは本好きになると思いますよ。(「本を読みなさい」と言うのは逆効果だそうです。)

    ユーザーID:3244501874

  • 必要条件ではないと思う

    私自身、幼児期は、読み聞かせはおろか、ろくに絵本もない家庭で育ちました。ですが、本は大好きですし、国語系の科目は得意でした。

    小学校に上がてから、図書館で本の楽しさに目覚めたのです。
    私がむさぼるように本を読むようになってから、親も本を買ってくれるようになりました。

    読み聞かせは、しないよりした方がいいと思いますが、本嫌いとの関係では沢山ある要因の一つです。一番影響があるのは自分自身の興味ではないでしょうか?

    私は、自分の子には一才ごろから読み聞かせをしていました。但し、本人が興味を示し、「もっともっと」という反応する本だけ、です。(本は楽しむものですから、義務や日課になった時点で、むしろ逆効果だと思ってます。)それで、三年生までは読み聞かせしてました。四年生になって、急に本が大好きになり、自分でどんどん読んでいます。

    読み聞かせはある程度影響したと思いますが、学校での取り組みや友人の影響、本人の意欲なども大きいと感じています。

    ユーザーID:0264161150

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧