本好きになりました。教えてください

レス17
(トピ主0
お気に入り16

生活・身近な話題

ゴン太

私は今まで、漫画すらほとんど読んだことのない未熟者でした。ですが今回たまたまハリポタを読む機会があって、無理やり友達に薦められ少し読み始めました。すると読んだが最後、どっぷり浸かってしまいハリポタが離せなくなり、今出ている巻は全て読みました。こんなに感動したこともなく、読んだ後のあの満足感と脱力感はもう快感でした。本って素晴らしい!!!でも新しい本を読みたいのだけれど何を読んでよいのか分かりません。ハリポタのような深くて、読み応えがあり、夢のある本ってなにかないですか?ぜひ教えてください。

ユーザーID:3067701986

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 児童文学は傑作の宝庫

    子供の頃に出会い、成人後読み返しても飽きない作品のうち、いくつかをご紹介します。

    アストリッド・リンドグレーンは全作お薦め。
    「長靴下のピッピ」が特に有名ですが、
    「やかまし村の子どもたち」シリーズ
    「名探偵カッレくん」シリーズなど、
    どれも日常の冒険にあふれていて楽しめます。

    ミヒャエル・エンデは、心に沁みる哲学的なファンタジーの名手。
    「モモと時間どろぼう」は、効率を追求する文明社会に警鐘を鳴らす作品。
    「果てしない物語」は映画化(ネバーエンディング・ストーリー)されてますし、ご存知かもしれませんね。

    ガネットの「エルマーのぼうけん」は、少年エルマーが知恵と勇気で竜を助ける物語。

    エーリヒ・ケストナーの「ふたりのロッテ」は、別々に育った双子姉妹がサマーキャンプで再会。
    入れ替わって帰宅し、離婚した父と母を何とか再婚させようと奮闘する話。
    旅の途中で犯罪に巻き込まれ、自ら解決に挑む「エーミール」シリーズや、
    犯罪や家族問題も絡む友情物「点子ちゃんとアントン」も傑作。

    これらの作品は「勇気とは何か? 優しさとは何か?」を教えてくれます。

    ユーザーID:5946409493

  • 十二国記

    小野不由美さんの十二国記シリーズ。
    ハリポタと同じように、読んだら最後、離せなくなりますよ。
    中国系の架空の世界が舞台のファンタジーです。
    それこそ、深くて読み応えあって、夢のある本で、トピ主さんにはオススメだと思う。

    ユーザーID:3569837063

  • 祈祷師の娘 鬼の橋

     福音館創作童話シリーズをお勧めします。

     特に小学校高学年を対象としている作品は、『祈祷師の娘』をはじめ読み応えのある作品が多いです。
     活字も大きくて読みやすいし子供に読ませようと図書館から借りてきたものの親も一緒になって読んでいます。面白いですよ。

     それから個人的には『年をとったワニの話:ショヴォー氏とルノー君のお話集』もイラストがシュールでお話の流れもちょっと変わっていて子供に読ませるにはもったいないと思っています。

     これからいろんな本に出会えるといいですね。

    ユーザーID:8307339677

  • 星の王子様

    はいかがでしょう。深い感動を覚える話です。
    児童文学だとハリポタと同じイギリス物に面白いものがたくさんあります、食べ物の記述が美味しそうで子供のころ「イギリスは美味そう」とおもってました。(後年、逆らしいと聞いてがっくりしました)
    今まで、あまり読書経験がない方だと、図書館をあまり利用なさっていなかったかもしれませんが、公共の図書館で聞いたことのあるタイトルに片っ端から、トライしてみては?名作といわれるものには訳があります。
    しかし、人がどんなに面白いといっても自分にはハズレという場合もあります、結局は好みですから。私はアタリが出て、手元においておきたいときに本屋さんで購入しています。セコイけどいろんなものに挑戦でき思わぬところで好きなものに出会います。
    たくさんのアタリの出ますように。

    ユーザーID:6032382162

  • 私のバイブル

    私もいい年してファンタジー大好きです。

    ちょっと古い本なので絶版になってそうですが、水の都の王女(J.グレゴリイ キイズ、早川書房の文庫本)が私のバイブルです。ネイティブ・アメリカンの文化の研究者が書いた、いわゆる西洋風ファンタジーとは一味違う、エキゾチックな作品です。世界の捉え方・描き方が最高に美しいですよ。
    ぜひ古本屋さんで探してみてください。

    日本人の作品だと、上橋菜穂子さんのアジア風ファンタジー<守り人>シリーズが大好きです。NHKでアニメ化されてるので、ご存知かもしれませんね。元はハードカバーですが、最近新書版や文庫版も出てるので手にとりやすいですよ。

    また、純和風ファンタジーですが、夢枕獏の陰陽師シリーズも最高です。安倍清明を主人公にした平安絵巻で、なんともいえない幻想的な雰囲気が漂っています。

    他にも山ほどありますけど、他の方に譲ります。
    楽しい読書を!

    ユーザーID:0025929534

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 難しい。。

    ハリポタ、いいですよね。私も大好きです。
    あの本と同レベルの作品を探すのは難しいと思います。
    私の場合、本屋をブラブラして、これはどうかなぁと思う本をメモし、
    その著者の作品を図書館で借りて、好みの本や著者を探したりしています。

    宮部みゆきさんの作品は、読書初心者にも面白いと感じるのでは?
    映画にもなった「ブレイブストーリー」など、お薦め。
    (宮部さんの作品は、どうしようもなく暗いのもあるのが難点です)
    宮部作品中、ファンタジーと時代物はハズレが少ないと思います♪

    ユーザーID:1024324422

  • 色々ありますが・・・

    徳間書店の「Books for Teennagers」シリーズは
    面白い物が多いです。
    『ブリット−マリはただいま幸せ」アストリッド・リンドグレーン
    『すももの夏』ルーマー・ゴッデン等など

    『レイル−王国の暗殺者』S・D・タワー(ソニー・マガジンズ)
    分厚さにビックリしましたが、読み応えあり。

    日本の作品では
    『だれも知らない小さな国』佐藤さとる(講談社)
    シリーズ全部読みたくなります。
    子供のころから繰り返し読んでいます。
    2年ほど前、横浜で佐藤先生の講演会の後
    サインしていただいた本は私の宝物です。
    『時計坂の家』高楼方子(リブリオ出版)
    この季節になると読みたくなる作品です。

    ユーザーID:2851118747

  • ペンドラゴン

    私のおススメは、D.J.マクヘイルの「ペンドラゴン」です。
    全10巻のシリーズで日本では今4巻まで出ています。
    ハリーポッターが好きならきっと気に入ってもらえると思います。
    早く最後まで読みたーい!

    ユーザーID:2183970218

  • 「ブレイブ・ストーリー」でいいと思う

    40歳パート主婦です。
    図鑑ばかり見ていた息子(中2)が去年の夏にはまってました。
    映画をみたのがきっかけで、あっという間に上・中・下の3巻をよんでしまいました。
    そのあと、夏休みに一通り、DVDを見てからもう1回と何度か読んでいるようです。
    「なんで何回も読んでるの?」
    「漢字が読めるようになってよく意味が、わかるようになってきた」とか「今の自分が誰に近いのか、毎回違うから」とか
    良いストーリーなんだと思います。
    その後はホラーづいて、「リング」「らせん」「ループ」、「着信アリ」なんかを読んでいました。
    今は「Itと呼ばれた子」というノンフィクションを読んでいます。
    いつの間にか随分進化したものだ、と感心しています。
    私はハードボイルド小説オンリーで、「新宿鮫」なんかばかり読んでいますが、まだ子供には勧められませんね。

    ユーザーID:9714361417

  • 夢と冒険がいっぱい!

    アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」のシリーズは如何でしょうか?私は大人になってから初めてこのシリーズを読みましたが、幼い頃にかえって思いっきり冒険の世界を楽しむ事ができました。幼い日の自分やすてきな仲間に出会えますよ。

    ユーザーID:8620542145

  • 難しい質問ですね

    ただ、単に何か本を…と言われてもねぇ。漠然としすぎて。読書にハマりだした方は、こういう質問多いですよね。
    どんなジャンルで、どんな内容を求めてるのか、面白さか感動か、ある程度具体的に書いてくれないと、答えようがないんですけどね。

    あえてオススメというなら「心臓を貫かれて」(文春文庫)「泥棒日記」(新潮文庫)「闇の奥」(岩波文庫)をあげときます。

    ユーザーID:5550873187

  • おっと

    失礼しました。夢のある本、ですね。

    「銀のほのおの国」(福武文庫)「光車よ、まわれ」(ちくま文庫)

    どちらも日本のファンタジー傑作です。

    ユーザーID:5550873187

  • ファンタジーじゃないですが・・・。

    こんにちは。

    私が小さい時は漫画を読む人は小説もよく読むといわれていました。
    ですからいまさらはまる、素質はあったんでしょうね、良い作品に恵まれてよかったですね。
    ハリポタだったら「指輪物語」が同系で読み応えあり、ですよね。
    私も長い間ドキュメンタリーや随筆ばかり読んでいて小説から遠ざかっていたのですが、一昨年に読んだのがかの有名な「ダ・ヴィンチ・コード」これは久しぶりにハマって読みました。推理小説なのでファンタジーに比べると短めですが、ジャンルを増やす上でもお勧めですよ。

    ユーザーID:4636793728

  • 黄金の羅針盤

    ハリポタがお好きなら、フィリップ・ブルマン著「黄金の羅針盤」(ライラの冒険シリーズ)をお勧めします。
    著者は大人のためにこのファンタジーを書いたそうで、確かに世界観が壮大でメッセージも深いです。
    読み終わるのがもったいないと思えたほど、夢中になりました。
    来年映画が公開されるようです。(配役が早くも不満ですが)

    ユーザーID:1755391887

  • 指輪物語

    指輪物語はいかがでしょう?
    数年前話題になった映画、「ロード・オブ・ザ・リング」の原作です。少々長いですが、私は、昼休み、お風呂の中で、布団の中でと読みまくるほど夢中になりました。
    読み終わったら映画を見るのも楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:1495183227

  • 読みやすい本

    今まで本好きではなかったようですので、読みやすいものをお勧めいたしましょう。

    ・ジブリ映画にもなりましたがル・グウィンの「ゲド戦記」
    ・これまた映画化されたC.S. ルイスの「ナルニア国物語」
    ・エミリー・ロッダの「ローワンと魔法の地図」などのローワンシリーズ
    ・デブラ・ドイル/ジェイムズ・マクドナルド の「サークル・オブ・マジッ
     ク」
    ・ダレン・シャンの「ダレン・シャン」

    他の人も書かれていますが
    ・上橋 菜穂子さんの「精霊の守り人」など守り人シリーズ
    ・小野 不由美さんの「十二国記」
    ・茅田 砂胡さんの「デルフィニア戦記」

    など読みやすくてお勧めです!
    私の場合特にすぐ上の3人の作品はどっぷりとつかってます。図書館で借りて読むだけじゃ物足りなくて購入して何度も読み直しています。
    茅田 砂胡さんはデルフィニア戦記だけじゃなく他の作品も面白い!

    そうそう畠中 恵さんの「しゃばけ」も面白いですよ。

    ユーザーID:1071622506

  • ルドルフとイッパイアッテナ

    子供の頃から本好きでジャンル問わず
    だいたい何でも読んでますが「何かお薦めを」と言われたら
    誰にでもお勧めしたい本です。

    講談社からタイトル他
    「ルドルフともだちひとりだち」
    「ルドルフといくねこくるねこ」
    の三冊が出ています。

    小学校低学年から向けではありますが
    イッパイアッテナが語る教養とは・・
    ルドルフ達の勇気と友情、思いやり・・深いです。


    本の世界と出会われたトピさんに
    是非(本を書く!)ルドとその仲間達に出会って貰いたいな。

    ユーザーID:7595140033

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧