依存する夫

レス61
(トピ主8
お気に入り94

恋愛・結婚・離婚

たむママ

結婚初めまして結婚二年目のたむママです。だんだん働かなくなっている夫に困っています。妊娠六ヶ月目でいきなり退職、一日二時間の予備校講師のアルバイトをはじめました。当然生活なんてできません。出産直後を除いてフルタイムで私が家計を支えています。一年間はどうにか私の独身時代の貯金で食いつなぎましたが、それも底をついてきました。私が意見を言うと理詰めで責め立てます。姑に直談判したところ「息子なりの考えがあるんだから!」と、意味不明なことを言われました。端から見ると寄生元を親から私に代えただけのようです。来春から大学院に再入学するとのこと、アルバイトも年内で辞めるそうです。そういう質だと見極められなかった自分の責任も半分あると思ってきましたが、「そこまで面倒見なきゃ行けないのか?」最近そんなふうに疑問に思います。

ユーザーID:4726558265

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 面倒を見る必要はないでしょう

    大学院はご自分で授業料も払って、その上生活費も自分で何とかするのでしょうね。
    健康な大の大人を、トピ主さんが養う必要はありません。
    夫と子供の生活費は負担させましょう。
    それとも、見限る時期が来ているのかも知れませんね。
    将来の計画や展望があっての、大学院進学でしょうか?
    それとも、学生に戻りたいだけですか?

    ユーザーID:9935115689

  • 聞く耳持たずなわけですか?

    大変ですね。
    そこまで面倒見たくなければ見なくてもいいのでは?
    今フルタイムで家計を支えているなら、そんなご主人いなくてもいいのでは?

    保育園に預けて働くシングルマザーはたくさんいますよ〜。
    私も、子供を4ヶ月の時から保育園にお願いして、フルタイム働いてます。

    理詰めには理詰めが良いと思います。
    ご主人の身勝手な希望にトピ主さんが同意してないんですから、「私は反対だ!」と強気に主張してください。
    それでも聞く耳持たないなら「妻子ある夫としての責任を果たさない人の話は聞けません。」と一蹴しましょう。

    高すぎるプライドと成果の伴わない向上心を持つ人って、そういう寝言を言うんですよね。
    なおりませんよ〜、なんだかんだと言い訳しては、人の下で働くのを嫌がり、繰り返すと思います。

    ユーザーID:8269244654

  • 今後の生活をどうするのか確認してみよう!

    まずご主人の考えを確認してみましょうよ。
    生活が出来ないこの状況下にアルバイトを辞めて生活費をどう工面するのかを。
    その回答が現実性・計画性がない内容だったら、さっさと離婚された方がトピ主さんの
    幸せにつながるのではないでしょうか?
    いくら夫婦と言えど、助け合いには限度と言うものがあると思います。
    お子様もいらして妻が生活が苦しいと言っている側から、収入元を断って自分のしたい
    こと(大学院に再入学)をする行為に助け合う必要はありません。
    現実を直視出来ないおバカさんです。このような人は結婚には不向きなタイプです。

    ユーザーID:3302684008

  • 貴重なご意見ありがとうござます。

    ありがとうございます。
    夫の専門は数学です。そもそも復学しようと思い立ったきっかけは、当時お世話になっていた担当教授からの「戻ってこないか?」の一言でした。見ようによっては一世一代のチャンスかもしれません…でもね?技能職ですので、シングルになっても子どもを養っていく自信はあります。

    ユーザーID:9476977527

  • 指導教官は分かってない

    >当時お世話になっていた担当教授からの「戻ってこないか?」の一言でした。

    旦那さんまだお若いのでしょうか。
    指導教官は、彼に子どもがいる、と言う事実を知らないのではないでしょうか。指導教官にあなたが直接電話でもかけて(大丈夫です。)、彼がすでに子どもの父親であることを告げましょう。教官からのアドバイスも変わるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5923440924

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 知っているそうです(夫曰く)

    ご意見ありがとうございます。
    夫は現在32歳…大学院の仕組みってよく判らないんですが、復学したとして、その年齢でやっていけるものなんでしょうか?学位を取ろうが取るまいがドクターコースって6年で追い出されるんですよね?本人に将来の展望などを聞いたところ、「そういう問題じゃない」と一蹴されちゃいました(←意味不明)。学位(博士号)を取ることに意義があるのだそうです。…子どものめんどうなんかホントによく見てくれるんです。でも、彼の行動を見ていると、娘の将来の事などこれっぽっちも考えて無いんだな…なんて思わずにいられません。

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 悩むよね。

    夫が、それで成功してくれたら良いのですがね、、。
    「糟糠の妻」で、子供を抱え、働き、夢見る夫の見果てぬ夢を一生応援するのも、人生。
    期待するのを止め、覚悟を決めて別居、様子を見ながら、見込みの無い夫であることを確認後、離婚するのも人生。
    どちらも立派な人生です。
    、、、まあ、ご主人のことを、すでにタイトルのように考えているのでしたら、もう御自分のなかでは、何かを決心しているのでは、、?

    これが、男性の多いサイトだったら、「応援してやれよ」「長い目で見てやれよ」っていうレスが多く付きそうですけどね、、。

    ユーザーID:5506860608

  • お客さま

    こういう時代ですからね,大学もお客さま(学生さん)が欲しいんですよ。お金払って働いてくれるから。
    ものになるかどうか?。は,本人の努力次第。そこまでは責任持ってくれませんよ。
    将来・・・,なんて期待しない方がいいですね。
    それでも,ネギしょってく?。

    ユーザーID:9925513561

  • 髪結いの亭主

    なんですね。そういう亭主を養うかどうかは、主さんしだいだと思いますが・・
    スポンサーなんですから、大学院の費用と期間、以後の見通しなど、具体的な計画を出してもらいましょう。
    主さんが納得できない計画なら却下ですよね。
    それに従わないなら、離婚も仕方がないのではないかと思います。

    ユーザーID:8467072103

  • もしかしたら出来ちゃった婚ではないですか?

    貴方の旦那さんのような方が実は私の身の回りにもいるんです。
    私の博士課程での先輩の男の人が当時30歳だった年上の女性と付き合っていました。
    ところが、子供が出来てしまい中退して就職、結婚したものの、本人は研究が続けてたくてぐずぐずしている感じです。
    やはり分野は数学で、才能もあった人なので、もうちょっと気を付けていれば……と周りの人達みんなで残念がったのでした。

    数学の分野で「戻ってこないか?」と指導教官から誘われるというのはもの凄い事ですよ。
    修了後のポストも、それなりに考えられた上で誘っているのだと思います。
    博士課程であれば、絶対に大学院に戻った方が良いです。
    工学とは違い研究自体でお金が取れるわけではないので、旧育英会の奨学金(博士であれば利子無しが取れると思います)とTA程度の収入になると思いますが、
    育児をしながらパートをする主夫と考えれば、十分な収入ではないでしょうか?
    専門が数学だけに、毎日研究室に出勤する義務もないと思いますし。

    ぜひ貴方が今頑張って旦那さんを復学させて上げてください。
    その頑張りは、10年後に必ず家族全体に返ってくるはずです。

    ユーザーID:3568681446

  • 大変ですね

    だんなさんと離婚されないのであれば、役割を交換しちゃうしかないのでは?トピ主さんはこのままフルタイムで働いて、だんなさんが家事。子供の面倒はみてくれる人なんですよね。

    でも大学院に復学するとなると研究が忙しくなるのかな。

    だんなさんが大学院を途中でやめたのにはどんな理由があるんでしょうか?博士号がとれなくて結局中退したのか(それだったら今回復学しても厳しいような)、博士課程って中退の人普通ですよね。できちゃった結婚とかで急に働かなくてはいけなくなったのか(これだったら復学したいって気持ちもわからなくもない)。

    博士号とっても仕事ってなかなかないでしょうけどね。オーバードクターって最近問題になってますよね。

    いずれにしても今も2時間のアルバイト生活なのではトピ主さんが働くしかない。幼いお子さんを抱えて大変ですね。

    ユーザーID:5774180596

  • トピ主さんが大黒柱になればいいのでは?

    数学ですかーーー、それは厳しい・・・。

    私の夫も数学科を出ていますが、同級生の数学科で一番だった人も大学に残れなかったそうですから。

    予備校講師とかをしながら院に通ってもらいましょう。
    数学科は時間的には余裕がありそうですから(実験とかはないので)。
    でも、トピ主さんも仕事はされているようですし、男女逆転してると思えばいいんじゃないですか?

    ご主人のことはパート主婦のようなものだと思いましょう。
    実際問題一人で子供を育てるのは大変だし、保育園の送り迎えだってご主人がいたほうが楽です。

    家事や子育てもちゃんとやってもらえばご主人を養ったっていいじゃないですか。

    ユーザーID:1675839785

  • 収支計画表と夢の計画表

    だんなさんに、この先10年間の収支計画と夢の計画を
    表にして提出してもらいましょう。
    お姑さんの言う「息子なりの考え」を書面にしてもらう。
    二人で一緒に作成するのもよいと思います。

    話し合いではなく、紙に書くことでお互いに見えてくるものがあると思います。
    また、それをもってだんなさんの親御さんにも相談すれば
    解決の方法も出てくるかもしれません

    (最善策ではないかも知れませんが、親御さんのほうから援助してもらうとか)

    ユーザーID:6667834318

  • 横ですが夏みかんさん

    >>終了後のポストもそれなりに考えられた上で誘っているのだと思います

    夏みかんさんは現在大学もしくは研究機関にお努めでしょうか?

    読売新聞でも報道されていましたが、数学などの分野では、学位を取得したものの定職に就けず、ポスドクや非常勤のアルバイトでしのいでいる人が沢山いるのです。でもあなたはとても現実をご存じの上で発言なさったとは思われません。終了後のポストについても、たとえ教授に考えがあったとしても、学位取得後、人件費予算カットなどで想定していたポストが消えることも多々あり得ます。

    また、運良く大学教員になっても、任期制の導入、若年人口減少による大学の縮小や倒産などによるリストラ、失業の危険もあります。ですから

    >>その頑張りは、10年後に必ず家族全体に帰ってくるはずです

    とどうして言えるのか不思議です。

    トピ主さんのご主人も、残念ながら学位取得は35歳を超えてしまう可能性があります。たとえ本人に数学の才能があったとしても、数学の研究者ポストは非常に数が少ないので、10年後に数学者として成功する見込みが高いとは言えないでしょう。

    ユーザーID:1491339623

  • 続きです。

    トピ主さんあてに補足します。

    数学は35歳までが勝負です。基本的にそこから先の年齢では無理です。
    既に旦那さんは32歳、なのに誘われるということは、既に傑出した結果を出しているか、後3年でアイデアをまとめられる目処が立っていると、誘ってくれている先生が判断しているということだと私は思います。

    たしかにこのご時世、大学がつぶれることもあるでしょう。
    その時は旦那さんにはパート兼業主夫をやってもらえばいいだけの話ではありませんか?
    ここで旦那さんを送り出さなければ、旦那さんは貴女とお子さんに恨みを抱きながらぐだぐだアルバイトを続けるだけでしょう。
    (そして世紀の発見が消える、もしくは50年先送りになる可能性があります)
    10年後、貴女や家族に返ってくるのは、好意ですか、それとも恨みでしょうか?

    ユーザーID:3568681446

  • 計画妊娠です

    >>夏みかんさんへ
    一応計画妊娠です。結婚した時点で、長患いしていた舅の容態が思わしくなく、もって半年だろうと。ですので、夫とは相談の上、結婚と同時に妊娠しました。産後は主人の実家で養生させて貰いました。お陰様で余命半年という告知から一年半後「ありがとうね」という言葉を遺し舅は逝きました。

    …さて、そこで問題です。もともとドクターコースを中退して地元に戻ってきたのは上記が理由だそうです。数学専門の仕事なんてあるはずもなく、出逢った頃は普通のサラリーマンでした…未練があるんでしょうか?葬儀を済ませ一段落ついた後「研究室に戻りたいんだ」と。呼び戻したはずの姑は姑で、「学問を続けることは亡くなったお父さんの遺言だと思って!」と焚き付けます。これからは、生きている人間の心配をしてほしいと思う私は冷たい人間でしょうか?

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 大黒柱の妻・パートの主夫

    ≫これが、男性の多いサイトだったら、「応援してやれよ」「長い目で見てやれよ」っていうレスが多く付きそうですけどね…。

    ゆり子さん、笑えない状況なんだけど、思わず笑っちゃいました。
    男性サイドから見たら、分からず屋な奥さんに見えちゃうかなぁ。ちなみに今、思いっきり大黒柱なんですけどね(泣笑)

    在住地域の予備校は数学専門大歓迎らしく…夫の時給只今4千円…私が彼ならバンバン稼ぐんだけどなぁ。でも、夫的には違うんでしょうね。

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • ち・な・み・に

    現住所と大学は遠距離にあります。夫的には妻子と共にそちらに移って、研究に没頭したいとのことです。

    期間限定の大黒柱になることはやぶさかではありませんが、二歳に満たない幼子を抱えて、見知らぬ土地で、夫と子どもを養うのは…精神的にキツいなかぁ(苦笑)

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • こちらではよくあります。

    こういうケースアメリカでもよくあります。で、大体2つのパターンです。
    奥さんが夫に三行半を下し、家から追い払うケース。これはあなたに経済力がありますのでいつでも取れる選択肢です。
    もうひとつは、旦那さんが完全に主夫になってしまうケース。これもこちらではよくあり、赤ちゃんのおむつ代えでも、奥さんが旦那さんをひと呼び。旦那さんは飛んできてそさくさとオムツを代えると奥さんは、He is a quick changer.と言って友達に紹介しています。もしあなたが旦那さんにあまり期待したいならばこれでもよいのではないでしょうか。(笑)

    ユーザーID:3991643523

  • 相当厳しい覚悟の上で

    上の方でも大学教授が書いてられるように、大学で研究職につくのは非常に難しいのが現実です。

    私なら、本当に凄い才能があると思うなら、大学院生としてではなくて最初から助教で呼び戻します。

    しかし本人がやはり数学を研究したいというのなら、それを止めさせることは本人の人生に悔いを残します。妻子のために人生を棒に振ったと思われるのも不本意でしょう。

    とりあえず時間を切って、5年間だけ数学に専念しても良いというような約束をしてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7462026567

  • 「助手」ですって

    ≫妻子のために人生を棒に振ったと思われるのも不本意でしょう。

    …そうですね、一度で良いから「妻子のために人生棒に振った」と思えるほど、死にものぐるいで働いている彼の姿を見てみたいものです。

    昨日、夫に「これからどうするんだ?」と彼なりの人生設計を聞きました。
    大学では「助手」扱いで教授の傘下に入り、途中でうち切った研究を続けるそうです。…っていうか、「助手」ってなんですか?
    社会的な信用は?職業欄に「助手」?これってちゃんとした身分?

    おかげさまで、レスを下さった中には、詳しい方もいらっしゃるようなので。

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • めずらしくないようですね

    ≫在米者さま

    在英の友人にも相談したところ、イギリスやアメリカでは我が家のようなケース、珍しくないようですね。「い〜っぱい居るよぉ、離婚?止めとき!妙なのに捕まったと思って、腹くくったら?」なんて、カラッと言われちゃいました。(爆笑)

    …家事全般・子育てに関してはホントにパーフェクトな夫。私も稼げないワケじゃないし、かる〜い気持ちで「この人、勉強の好きなちょっと変わった主夫」って考えればいいのかな?低賃金で雇っている家庭教師兼家政夫だと思って(笑)

    ユーザーID:4726558265

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 数学者としては

    もう遅いと思いますね。
    「フェルマーの最終定理」という本で著者は数学者として実績を挙げている人は25歳までに足がかりを見つけているそうです。数学者のノーベル賞と言われる「フィールズ賞」は受賞対象者が40歳までだそうです。いまからご主人が研究にかかっても到底難しいと思われるのですが。また数学くらい研究においてお金を必要としない理系の学問はないように思います。数学者は紙と鉛筆さえあればいいそうですから。数学の世界にはもう解決された「フェルマーの定理」以外にも難問がいくつかあってその解を見つけた人には多額の賞金が出るそうです。本当にご主人が数学者としてやる気があるのなら、大学に行かずともその問題に取り組んでもらいましょう(勿論働きながら)。
    個人的には馬鹿なこと言うな、しっかり働けといいますね。

    ユーザーID:1661988081

  • 結婚当初から無茶苦茶ですね

    数学のひらめきは確かに30までが勝負でしょうね。35だとちょっと?かな。

    トピ主さん、もう少し自分本位に考えて!子供もいるんだから!

    10年後に投資。。。と仰る方もいますが、問題は今日明日の話です。
    赤ちゃんがずっと健康でいてくれればの話です。

    実際、将来芽が出るかもしれない天才の卵を支え続けるのは本当に経済的にも精神的にも辛いことです。

    時間があれば、話し合ってみて、彼が譲らないのであれば、離婚か、別居を考えましょう。
    話し合う余地がないのであれば、あなたとあなたの赤ちゃんが安心して暮らせる場所を確保しましょう、それが先決です。

    院に戻るまでの間彼が蓄えてくれていたっていうなら、まだわかるけれど、
    彼が何故結婚したのかさっぱりわからない。

    そもそも「戻ってこないか?」ってあなたが耳にした話じゃないでしょう?
    彼の言い分でしょう?

    語弊があるけれど、学者って「大人」になっちゃったら出来ないんです。
    真理の追究をしているわけだから、お金がないとご飯がたべられないなんてこと
    意識のなかでは二の次なんです。

    ユーザーID:1763783427

  • 馬鹿にせずに応援してあげませんか?

    >…っていうか、「助手」ってなんですか?

    助手と言ったら出世頭ですよ。ただ、最近、以前の助手が「助手」と「助教」に分化しました。「助教」のほうが研究上の独立性が強く、「助手」は教授の補佐的な仕事が多いです。このへんの区別は研究室によって異なるようですが。

    研究成果の不調や何等かの「大人の事情」がある場合には、万年助手になってしまう可能性もあります。しかし、その場合は単に出世コースから外れたというだけですので、助手でも大学の専任教員ですから、トピ主さんが心配しておられる「社会的な信用」はあると思います。 

    旦那様は無責任な方ではないと思います。今は研究に集中しなければならない時期なので、バリバリ稼げないのは仕方ありません。トピ主さんが大変なのはわかりますが、もう少しご自分で情報を集めるなどして、彼の進もうとしている世界を理解しようとしてあげられないでしょうか? 

    それにしても、「低賃金で雇っている家庭教師兼家政夫だと思って(笑)」とは、相手を侮辱しすぎではないですか? 研究職には任期制のポストが増えています。「稼ぐ人が偉い」と考えている人は研究者の妻には不向きです

    ユーザーID:0327018979

  • 「助手」なら給料がもらえる筈

    どうも状況がよく判りません。大学院に再入学すると言うのなら、それは授業料を払う立場です。助手なら教員であり、きちんと給料がもらえます。勿論、家族持ちで生活できる給料がでます。

    今年の春から、助手と言う名前はなくなり助教と言うことになりました。国立大学の助教の給料(月額)は、人事院勧告「教育職(一)」俸給表の1級の欄に書いてあります。

    助手扱いと言うのが何を意味するのか不明です。

    ユーザーID:7462026567

  • お給料もらえるそうです

    ただし、任期制なので、この先どうなるか分からない、だから今まで通りフルタイムで働いて欲しいとのことでした。「学校戻る」=「復学」とは意味が違うんですって。よく分かりません。

    院にはずっと籍を置いてたそうです。現時点で「課程博士」(←なんですか?)だそうです。授業料は全額免除になっているので払っていません。働いていない間は勉強してたそうです。

    ユーザーID:9476977527

  • 明るい離婚

    ↑上記トピと若干食い違ってきてますね。すみません。「とことん話し合う」ということのない夫婦ですので(私の方が面倒になってくる)。

    》「稼ぐ人が偉い」と考えている人は研究者の妻には不向きです。

    そうですね。でも、期間限定といえど、大黒柱の私としては
    「今日明日どうやって食っていくか」を一番心配しています。「稼ぐ人の方が偉い」とは思っていませんが、…そういう目線から見ると、私は確かに研究者の奥様には向いていないですね〜(笑)

    別居→離婚の方向で行こうと思います。私の都合なので、慰謝料も養育費も彼には請求しません。ここ数年で、なんだか疲れちゃいました。私の貯金も底をついたところですし。ちょうど引き際なんじゃないですかね。ある意味「金の切れ目が縁の切れ目」ってやつですね(爆笑)
    彼も目標に向かって着実に歩んでいるようですし…明るい離婚に向かって爆走したいと思います!

    ユーザーID:9476977527

  • トピ主さんの都合ではないと思いますが

    トピ主さんの方向性がはっきりしたようで何よりです。
    ・・・それは置いておいて。
    離婚はトピ主さんの都合なのですか?
    十分、ご主人の都合でもあると思えるのですが。
    もしかしたら、将来稼げる男になるかもしれませんから、養育費は決めておくに越したことはありませんよ。
    お子さんの将来のために・・・。
    ちなみに、養育費は親権者の権利じゃなくて、子供の権利なので、母親が「いらない」って言える種類のものではないみたいです。
    お子さんがまだそういう意思表示が出来ないので、アレですが、将来お子さんが「養育費もらう」と言えば、過去にさかのぼってまで請求できるというお子さんの権利なんです。
    例えば、離婚協議書に「収入の○%を養育費として支払う。」とか入れてみる、ってのはどうですかね〜?素人考えなのでそういうのが有効かどうかはわかりませんが・・・。
    生きるためにはお金は必須。
    それを良くトピ主さんもご存じのはずですし。
    権利は賢く行使した方が得ですよ。

    ユーザーID:8269244654

  • がんばれ〜

    彼は家庭を営んで子供を育てて未来につなげるよりも、学問によって未来に貢献したい人なのです。
    そしてトピ主さんは子供を育てて未来に貢献したい。
    目指すものが違うので別の道を歩んでもいいでしょう。
    ただそれでも離婚せずに自分を支えろという迷惑な相手だとしたら、そのままサクッと視界から排除なさればいいのです。

    結婚や家庭生活に不向きな人と結婚しちゃいましたね〜。

    ユーザーID:2670419468

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧