作品を人に見せるのが苦手

レス9
(トピ主1
お気に入り9

趣味・教育・教養

あぱこ

あぱこと申します、出産を機にアパレル会社(経理所属)を退社したばかりです。

友人(元同僚)から雑貨の作り方を習っています。
彼女から、「大分上達したからネットで販売してみてはどうか、勉強にもなるのでは」とすすめられました。彼女は会社員、しかもデザイン部所属なので、販売等は一切していませんが、ブログで自分の作品や作り方を公開しています。

ネットショップには興味があるし、誰かが自分の作ったものを購入してくれたらとても嬉しいと思います。しかし、作品を公開するということに対し、抵抗があるというか、「誰かに真似されたら嫌だな」という気持ちがあるのです。つくづく「自分は芸術家肌ではないのだなー」と思います。
アーティスト気質の方は「皆に見て貰いたい!」という欲求が自然とあるのですよね・・

友人は美大出のデザイナーなので「なんだそりゃー!」と笑われてしまいました。小町にはフリーのクリエイターさんやネットショップのオーナーさん、ご趣味で文学や美術をたしなむ方が多いと思うので質問です、真似されたら嫌という感覚はお持ちですか?またそれをはねのけて精進するコツを、どうか教えて下さい!

ユーザーID:6922893416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マネは本物が薄まったモノ

    トピ主様、初めまして。某美大出でアーティストを志しておりましたが、今はチッコイ会社を経営しております。元ハシクレとして一言。

    【マネは本物を越えられない】

    いくら上辺を真似ても真似は真似、本物が持つ哲学、精神、気高さ、純粋さには到底及ぶべくもありません。解りやすい例で言うと某国の某ランドを真似たレジャー施設、誰がどう見ても可笑しいし、価値があるとは思えません。何故でしょうか?
    故ウォルト・ディズニーの崇高な精神や哲学という肝心な部分が抜け落ちているからです。これは真似してどうなるというものではありません。

    トピ主様が美大出のお友達に笑われたり不安に思うのは失礼ながら、まだプロフェッショナルとしての自覚や自信、実績が無いからだと思います。ではどうしたら持てるのでしょうか?簡単です、「私はプロだ!」と覚悟を決めればいいんです。おいそれと真似の出来ない技術、精神、哲学を身に付ければ即解決です。
    まあ言うは易しということで口で言うほど簡単ではないかもしれませんが、トピ主様でしたら大丈夫でしょう、せっかくのチャンスです。思い切って頑張って下さい!ご成功を願っております。

    ユーザーID:1538041609

  • 無理をしない。

     人それぞれ考え方や生き方の違いがあります。自分の作品を見て貰いたい、評価して貰いたいと思うのも自由ならば、肩凝らずに、自分で作って楽しむだけで満足するのも自由と思います。

     私も作品を作るプロのはしくれですが、自分の作品を作ることに関しては大きなエネルギーを使います。疲れるけど、良い作品が出来た時は充実感があります。良い部分がある代わりに、思うような作品が出来ない時のストレスも大きなものになります。

     とぴ主さんの場合は純粋に趣味として作品を作られているのですから、無理して公開してストレスを感じてしまっては意味がないように思います。

     私も趣味としてカメラ撮影が好きです。趣味のカメラについては、実に、自分の好きなように思うままに作品を作ります。そして、その作品を誰かに見せることはしません。見せれば、勝手に評価されたり、ああでもないこうでもないといわれたりするからです。だから、カメラで撮った作品は、自分で見て楽しむだけです。それでいいのではと思います。

    ユーザーID:2597356815

  • 補足です。

    トピ主様、長々とすみません。500文字だとなかなか、こういった問題は書ききれませんので補足をば。

    先ほど言った「私はプロだ!」という思い、これがあれば技術は後から付いてきます(本当です)。プロとして一番大切なのは技術もモチロンですがそれ以上に【何を表現したいか】といった精神や、その人なりの哲学が最も重要だと個人的には思っています。本当に上手い、下手よりそれが大事なのです。世の中の芸術作品と言われるモノでも100年後、1000年後に残るものがいくつあるでしょうか?
    【歴史が選別し判定する】、これこそが本物の芸術作品です。トピ主様が作品を造るつもりなら是非、そういう覚悟を持ってください。そういう覚悟を持っていないと、覚悟を持っている人には絶対に負けます(芸術に勝ち負けは無いですけどもネ)。
    作るものが雑貨でもこういう思いで作っていれば、相応の高みに行く事が出来ますし、場合によっては新たな芸術分野の開拓にも繋がります。生意気ばかり言って本当にスミマセンが応援しております。では!

    ユーザーID:1538041609

  • モノ造り の仕事をしています・・

    私もりゅうりゅうさんのご意見に同感です。結局、フィロソフィーのないものは二番煎じの時点で四番煎じ以下(もう出がらし以下ですよね)の値打ちしか、もたないのです。魂が宿らないというか。

    真似されたくないと思ううちはまだ自信がないのだと思います。
    「真似できるもんなら真似してみろ!」ぐらいの自信がついたときがプロなのかなぁ。
    逆に、トピ主さんは 人の作品の真似しますか? 人の創っていないものを創りたい!という純粋な気持ちはありますか?

    あとはご性格なのでしょうかね。私は自分大好き自分の作品大好きなので、人がなんといおうと、自分の思い入れを全面にアピールします!ついてこい!!って感じでしょうかね(笑)。

    ユーザーID:8194961514

  • 音楽ですが

    自作自演で音楽をやってるものですが、音楽だから美術品などと違って真似とか贋作とか作りにくいから(そのままやったらコピーだし)参考にならないかもですが…

    自分の作品は自分にしか作れない、真似したとしてもテイストが違うものになるだろう、と思っているから気にならないですね。
    もし万一自分が有名になって、(ありえないですが…)自分のフォロアーが出て来たら嬉しいと思うし。
    でも音楽に限らず作品て人間性が現われるから、本当にまったく同じ素材で同じものを作っても、まったく一緒にはならないものですよ!

    ユーザーID:5147270386

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 常に作り出せ!

    真似されるかもしれません。
    ちょっと感じ良くないかもしれません。

    でも、まったく真似されないとか無視されたりだったら
    逆に作品のクオリティに問題があるって心配になりませんか?

    真似されてナンボ、
    真似されたら、もっと新しいものを作り出すんです。
    それがクリエーター魂です!

    ユーザーID:9319323447

  • りゅうりゅうさんに更に勝手に援護

    妻が小町のファンです。横目でこのトピを見て、たまらずの投稿です。
    このトピにぴったりなお話があります。
    その昔、有名な陶芸家の河合寛次朗が作品に名前を入れるのをやめてしまいました。そのとき、周囲の人たちは「そんなことしたら、ニセモノが出回るよ!」と寛次朗に忠告しました。すると寛次朗、「それらが美しいのなら本物でしょう。」と言ったそうです。実は、私もデザイナーで色々な企業やメーカーからパクられまくっていますが、そんな時、この言葉を思い出し、自分が本物にさえなればよいのだと、自分のデザインを認めてくれた(パクってくれた)企業やメーカーに感謝しています。がんばってください。

    ユーザーID:3480138020

  • ちょっと違う観点から

    こんにちは。興味深く読ませていただきました。
    確かに、そういう(トピ主さんが言っているような)感覚もわかるなー、と。

    ただ、思うのですが、芸術作品って、そのほとんどが(よほど革新的なものは別でしょうけど)それまでの作品群の積み重ねの上になりたっているものですよね。そこに、ちょっと新しかったり、変わったアイデアをプラスしたものが「オリジナリティがある」作品になっていると思います。
    つまり、何が言いたいかというと、自分も先人たちのアイデアを真似してそのうえではじめてオリジナリティを発揮しているのに、それを無視して自分のアイデアの部分を「真似された!」と考えるのってどうなのよ、ということです。ちょっと、自意識過剰な感じ、しませんか?

    それに、トピ主さんの場合はまだ作品作りをならっていらっしゃる段階なんだから、真似される、ということを気にするレベルには達していないんじゃないかな(ちょっと失礼な書き方になってごめんなさい。でも真実だと思いますが)。それを気にするより自分の作りたいように楽しめばいいじゃないですか。

    ユーザーID:1708844643

  • トピ主です!

    お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
    皆さんからのご投稿、どの意見もまったくそのとおりです、本当にありがとうございます。

    りゅうりゅうさん、元アーティストで今は会社経営なんて、素晴らしい才能ですね。ディズニーのお話、一人深くうなずいてしまいました。そしてあまりにレベルの高い意識に圧倒されてしまいました!
    ぷろとあまの境さん、作品作りのプロで更にカメラが趣味だなんて、芸術家肌ですね。無理をしない、確かに今の自分は少し無理をしているのかも・・・。
    ヴぇルヴェットさん、「真似出来るもんなら真似してみろ!」かっこいいです。なんだか何かが吹っ切れた気がしてきます。
    うーんさん、もしフォロアーが出てきたら嬉しいなんて・・・私もいつかそこまでいけるのでしょうか。
    DC−30さん、いいエピソードをありがとうございます!!やはり一流の方の発言は一流ですね。ご自身デザイナーさんとのこと、何故デザイナーさんは皆寛大なのでしょう・・・一本筋の通った信念がおありだからでしょうか・・・
    ランさん、まさにそれなんです。プロどころか一定の域にすら達していないのに心が狭い自分が嫌というか・・・

    ユーザーID:6922893416

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧