分からなくなってきました(温暖化防止)

レス34
(トピ主2
お気に入り30

生活・身近な話題

ミリィ

以前【温暖化防止の為に私達が出来ることは】みたいなトピがありましたよね。

私も多くのレスをした皆さんの意見に賛成で自分なりに頑張ってたんですけど。
中には、マイバッグや電気や水道の節約、自動車より自転車って言っても結局はパソコンを使ったり
エアコンを使ってるのだから本当のエコとは言えないみたいな異見もあって・・・

私の仕事場もそう言う人が結構多いんです。「ミリィが広告の裏使ってもエアコンの温度上げても焼け石に水だよ」って。
確かに新幹線に乗ると私は上着を羽織らなきゃ寒いのに回って来る車掌さんはキッチリ制服を着込んで私が見ても暑そう。
温暖化防止って声高に訴えてる芸能人のお宅拝見を見てビックリ。これがエコ、エコって言ってる人の家か!?って驚きました。

どんな事も矛盾があって当然なんだけど・・・パソコンや車に乗ってるうちは温暖化防止に協力してるって言えないのかぁって。
私の中で線引きがうまくできないんです。けどこれだけ世界各地で異変が起こってるのに何かしなきゃって思うんです。
けど、しょせん私も結局は勝手なのかな。皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:2314228317

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分が “できること” をやる。

    なんでもかんでも全て “全員が” “完璧に” やろうとしなくてもいいのではないでしょうか?

    レジ袋を断れない事情の方は、節電をできるところがあればする。

    節電ができない方は、環境にいい洗剤を使ってみようと思う。

    洗剤を替えられない事情の方は、車を使うのを控えてみる。

    車を使うのを控えるのが難しい方は、レジ袋を控えてみる。 など、

    自分ができることをまずすることが大切だと思いますよ。

    できないからしない。 無理だからしない。 ではなく、自分にできないことは、誰かが補ってくれている。 でもその分、誰かが事情でできないところは、私ができることだったら私がしよう。 って心持ちでエコに取り組むのは駄目でしょうか?

    ユーザーID:4316500045

  • ぶたさんへ・・・

    レス有り難うございました。

    ぶたさんのレス見て凄いなぁって思いました。
    大人の意見だ!って考えさせられました(私も成人してますけど)
    私はつい完璧にやらなきゃって思いがちで私も周りも疲れちゃうんだと思います。
    私もぶたさんのように柔軟に考えられたら自分なりのエコが出来ると思うんですけど・・・。

    ただ、つい先日まで空梅雨で水不足が心配されてたのに平気で水を出しっぱなしで洗車したり
    毎日会社で捨てる膨大な枚数の紙を見て絶対おかしいって感じて。

    友人はデパ地下に勤めてるんですけど毎日廃棄する食品の量が半端じゃないんです。
    見せて貰ってビックリしました。
    学生時代発展途上国に一年ほど暮らしていたので、
    絶対日本人はバチがあたるよ・・・って。企業側からすると仕方ないのだろうけど哀しくなったんです。

    けれど自分が出来る事を地道に続けて行く事が、今私たちにそれぞれが出来る事なんですね。

    ユーザーID:2314228317

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 排出量を計算してみては

    環境家計簿で実際のCO2排出量を計算してみてはいかがでしょうか。

    たとえば月に100kWh節電で、CO2を50kg削減。ガソリン10リットル節約で、23kg削減。レジ袋50枚減らして1kg削減(意外と少ない)。水10立方メートル節約で3kg削減(これも手間の割に少ない)。

    など環境行動によって、CO2削減量も様々ですから、計算してみてはいかがですか。エアコンを使うか使わないか、車を使うか使わないかという、1かゼロかではなくて、少しずつ減らしていく努力というか、楽しみが出てきます。

    ユーザーID:7319624000

  • みりぃさんへ。 ぶたです。

    みりぃさんの言うこと、よ〜くわかりますよ。 そういう光景を目の当たりにすると 自分のしていることの無力さを痛切しますし、嫌味のようなことを言ってくる方もいますしね。 悲しくなりますよね。

    しかし、私自身も、これって実は環境によくないんだよね・・・ と知りつつも自分のエゴを優先してしまうことが多くあります。

    エコだと言われていることでも実は逆の方向から見るとそうでもなかったり、そこを改善することによって別の害がでてきたりして、エコっていったいなんなんだろう? って思いますよね。

    でも、わからないから。無理だから。で無視できないことは確かですよね。

    お互いに 今、自分ができること を頑張りましょうね。

    きっと世の中には、たくさんの 微力だけど自分ができること をやってる方たちがいますよ。

    みんなで協力しあいましょう。

    みりぃさんが頑張ってると思って私も頑張りますね。

    ユーザーID:4316500045

  • 皆感じてるよ。

    そんなこと私も毎日、いつも感じてますよ。

    でも焼け石に水でも
    何か出来ることがあればする。
    何もしないよりなんでもやってみよう。
    そう思ってます。

    夏に一生懸命エアコン使わないようにしても
    冬あちこちでイルミネーションみてると
    クールビズの分が1日のイルミネーションで
    吹っ飛んでしまうんじゃないか・・・と
    虚しさ感じたりね。

    皆が皆やっても同じだと思って
    何もしないより
    箸を持ち歩くこと、買い物袋もらわないこと
    等小さいことでも多くの人が何かしてることの
    方が意義は大きいと思いません??
    小さい力が1つになって大きな力になるんだと
    思います。

    一番いけないのは無関心。
    私はそう思ってます。

    ユーザーID:6009406134

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • はっきり言って自己満足です

    もともと「温暖化防止」というキーワード自体が、特定の国、産業、団体の政争道具でしかありませんからね。だって大気温上昇とCO2の関連性すらまだはっきり証明されておらず、異論も少なくないのですから。
    そもそも「温暖化が危機的状況である」とすることで利益を得る人々が存在する事実を知っておくべきです。

    ただし、技術立国の日本はエコに関して非常に優秀です。低燃費低排出が売りのトヨタが世界市場で躍進したのは有名な話。ですからこの気運の高まりは、日本にとって比較的優位な状況を生み出すかもしれません。

    そういう問題じゃないって?
    その程度です。何だかんだで政治・ビジネスの駆け引きの道具のひとつでしかありません。国政の中心にいる人々が考えているのは崇高な環境意識などではさらさらなく、損得勘定以外の何物でもないのです。

    大した裏付けもないのにイメージだけでエコだの何だのと声高に叫んでいる人を見ると、愚衆政治とはこのようにして成るのだなと感心します。

    もちろん「しない善よりする偽善」という名言もありますから、エコを否定するわけではありませんが、その意味について考えてはいけません。空しくなるだけです。

    ユーザーID:1823226644

  • 小さなことをコツコツと

    一番大切なのは個人の意識だと思います。
    個人にできることはホントに小さなことです。
    しかしそれぞれが出来る範囲で何かを実行することこそが
    小さくて大きな確実な一歩なのだと思います。
    自分ひとりだけが実行しても…と思うと矛盾や疑問が生じます。
    個人の意識が高まって100人が100人実行するようになれば
    成果も大きくなります。
    アメリカのアーミッシュの人達のような生活は出来ません。
    出来る範囲で実行です。

    ユーザーID:7518556650

  • まず、ライトアップをやめたら。

    それから、公共施設の各所にかなり大きな温度計の設置をしたらどうでしょうか。
    イヤでも、ここは温度設定に気を遣ってると言う事がわかりますよ。

    役所と言われてる所の女性は皆夏は寒そうに長袖を、冬はYシャツにせいぜいVESTで仕事してますよね。コレが個人のお家だったらそんなに温度を下げないでしょう。だって、自分のフトコロが痛みますから。
    あまり、温度を下げなくても扇風機で風を起こせばすむことです。
    税金の無駄使いですよ。

    個人の家庭にエコを言う前に、各役所が実行したら、どうでしょうか。

    ユーザーID:9673088148

  • 目に見えると良いのですが・・・・。

    エコの事は頭にあっても、自分がしている行為がどのくらい環境の為になっているのか目にみえないと、何だかガックリします。エコカードみたいな物ができるといいな〜なんて、個人的には思っているんですけども・・・・どうでしょうか?

    レジの袋を断ったり、環境に良い洗剤を買うとポイントが増える。そのポイントで物と引き換えて欲しいなんて思いませんが、インターネットにアクセスしたら、世界の環境にどのくらい、みんなの努力が影響しているのかを教えてくれるシステムだとやる気がでると思うんですけど。私だけでしょうか?こんな事を考えるのは・・・・。

    ユーザーID:7321162724

  • ちりも積もれば・・・・

    大丈夫! がんばりましょう☆

    「焼け石」に少しずつだとしても何度も水をかければ、いずれその石は冷えるでしょうけど、
    まったく何もしないといつまでも変わりませんよね。

    見える効果が無くてもちょっとした努力をすることって、大事だと思います。


    そりゃあ、「エコ」って思わせてて、その実、その製品を作るのに
    既存品を作る以上の環境負荷がかかってる可能性は否定できないけど、
    電気や水道の節約は、無尽蔵に使うことと比べれば自分が使わない分は確実に環境負荷を減らしてます。
    みんなが思う存分使おうとしたら、更なる発電量が必要になって、
    新たな原発が必要になって・・・・って、エスカレートしちゃいます。

    だから心配しないで、出来ることを一緒にがんばりましょうね♪

    ユーザーID:2688218552

  • わからない?

    温暖化防止とかエコとか言うけど、突き詰めると本当は難しいんですよね。
    プラスチック容器と紙容器でも、製造から廃棄処分まで考慮するとプラの方が環境負荷が低いからプラの方が良いという計算も有ったし、割箸も間伐材利用なら資源の有効利用になるとか・、何が正しいのか、判らなくなってきます。
    電気、ガスも、どちらも特別料金設定をしているので、費用が落ちたから省エネとも限らないんですよね。しかもガスも電気も同じ様なシミュレーションをしているのに、なぜか夫々自分の方が良いという結論になっているし?
    それに最近オール電化住宅が省エネだから・って推進しているけど、効率の設定が実状より高すぎて、実際は増エネだ、なんていう指摘もあったし、原発は廃棄物処理の扱い(CO2計算や環境負荷の前提)があやふやで、発表されている数字をどこまで信じて良いのかわかりません。
    結局、確信をもってできるのは、必要なものは使うけど、できれば節約/使わない、とか、身近なレベルでの行動くらいですね。一人の成果は一滴にしかすぎなくても、集まれば大河にもなります。そう信じて実行しましょう。

    ユーザーID:0519509866

  • 完璧主義は駄目

    って、知人に言われました。

    違う話なんですが、「楽しみやイタズラで動物を殺すのは駄目で、食べ物としてブロイラーを殺すのはいいってのは何か違わない?野菜だけ食っててても人間は死なないし、楽しみの為に殺してるのと一緒だよねえ」と私が言ったら、「100%完璧に出来ないから、その分野での努力を諦めるってのは、完璧主義の人間が陥りやすい罠。100を目指しつつも、色々な価値観や需要がある中で、最低ラインを決める法律を40に設定しようとか、50に設定しようとかいうところで、世の中の科学者と政治家は頑張り、いや自分はもっと努力できるから個人目標は70だなとか言って庶民は頑張っているわけですよ」と。

    いい事言うじゃん!って思いました。

    ユーザーID:0168088083

  • 確かに矛盾が多いですね。

    我が家では夕食のお惣菜をスーパーで買う機会が極めて多いのですが、アッと言う間にプラスティック容器が山積みとなります。レジ袋を減らすことも大事ですが、そちらに手を着けないと焼け石に水どころではなく、火山に水滴、のように思えます。因みに、我が家では、レジ袋は生ゴミを捨てる時にリサイクル利用(?)していますが、容器はそのまま不燃ゴミとして捨てています。

    個々人がまず出来ることから始めるというのは大事ですが、国や企業レベルで何らかの抜本的対策を講じないと温暖化の勢いは止められそうになりませんね。(レジ袋は選べてもお惣菜の容器は選べないですもんね)←家で料理すれば解決する?

    ユーザーID:6888667700

  • 温暖化防止の目的は?

    温暖化防止って、何で必要なんでしょうかね?【人間】が快適に過ごす為ですよね。それを見失ってしまうから線引が出来なくなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3636044423

  • いらないものは買わない、長持ちするものを使うで十分


    環境問題は、結局は「人間にとっての快適な環境を永続化させる」ことが目的です。

    不便さを強いる小さな取り組みよりは、

     質感のあるいい家具を長く使う
     断熱性の高い丈夫な家を建て長く住む
     健康的で腹八分目の生活をする
     長持ちする家電を使う
     飽きの来ない燃費の良い車を買って長く乗る
     いらないものは買わない

    という本質的なことこそ有効です。日常の支出の割合を考えれば明らかだと思います。

    あえて言えば環境のための特別なことの多くはたいてい無駄か逆効果です。例示すれば

     プラスチック、紙など金属以外のリサイクル
     健康目的以外での徒歩、自転車の過度な利用
     現時点での電気自動車やハイブリッドカーの利用
     ゴミの分別
     田舎暮らし

    など。

    ごちゃごちゃものがあふれた家に住んでいるのでなく、シンプルな家具のある快適な家にでも住んでいれば十分環境に優しい生活をしているといえるのではないでしょうか?

    ユーザーID:9972483149

  • ちょっとがいっぱい

    私も矛盾を感じることは多々あります。
    たかがこれくらいって思うことも。

    でも、例えば一人1回レジ袋を断れば、1億人の人口のこの日本、
    1億枚の節約になります。
    いつもより1分電気の節約をしたら、1億分です。
    変な例えですが、私はそう思うようにしています。
    だって、成果なんてすぐに形には現れないもの。

    関係ないですが
    夜11時以降の煌々とついているパチンコ屋の看板証明を消したらどれだけエコか、と思います。
    商品の個別包装はあまりしないとか、エアコンの設定温度もあまり下がらないように製造段階で設計するとかね。
    行政の企業に対する規制はもっとあってもいいんじゃないかなと思います。

    >焼け石に水だよ
    という仕事場の人はきっと何も環境に対して何も考えていらっしゃらないからこその発言だと思います。

    ユーザーID:9521697100

  • 心がけが大事

    自分たちが快適に過ごすために、いかに地球に負担をかけているか、
    と言うことを知り、ちょっとでも何かできれば、
    と言う心がけが大事。
    その心がけがあるだけで、全く違います。
    政治や企業の策略、と、何にもしない人よりも、
    無限大倍、立派なことなのです。
    変に冷めすぎないで、気持ちを大事にすることで、
    生活は変わっていきます。

    ユーザーID:2594018593

  • 質問です<主さん横すみません

    正直な男性さんへ質問です。

    >プラスチック、紙など金属以外のリサイクル
    >健康目的以外での徒歩、自転車の過度な利用
    >現時点での電気自動車やハイブリッドカーの利用
    >ゴミの分別
    >田舎暮らし

    これらのことがなぜ「無駄か逆効果」なのでしょうか?
    教えてください。

    ユーザーID:4294953558

  • 今の温暖化防止って正しいの?

    確かに矛盾だらけですね。例えば原子力発電ではCO2はそう発生しないかもしれませんが燃料の濃縮ウランを作るのに石油を相当使うしその分CO2も発生するし。例を挙げるときりがありませんね。
    ところで今温暖化の主犯がCO2になっていますけど本当にそれが正しいのでしょうか?ネットで調べてみるとCO2が増えたから暖かくなったのではなく地球が何らかの原因で暖かくなってきたから、ちょうど炭酸が抜けるように海からCO2が出てきたとか、CO2の温室効果はもう飽和状態でこれ以上増えてもほとんど変わらないなどデータを示して犯人説を否定している説もあります。犯人説からのその反対意見もいろいろ出ていますがいずれもいまいち説得力に欠けます。だいいち、最大の温室効果ガスである水蒸気が問題にあがらないのが不思議です。
    以前というか今もそうですが確かにCO2犯人説は疑問に思っていますが何もしないよりはいいだろうと相当矛盾はありますがCO2を出さないように努めています。しかし、ほとんど疑問なしに世界的?にCO2犯人という方向にベクトルが向いていますが、結局他の何かが犯人だたっらとちょっと心配する今日この頃です。

    ユーザーID:3409814731

  • 小さな力が大きな力へと・・・

    確かに、矛盾や「もったいないな」と思う事もしばしば。

    車を辞めて支障が出る人出ない人がいるように、みんなそれぞれ生活事情が変わります。
    みんながそれぞれできる事をやればいいのでは?

    個人的に心がけている事は、
    自転車・エコバッグ・ゴミの分別・(リサイクルも含め)など・・・。

    地球温暖化防止への貢献度は微々たるものだとは思うが、やらないよりはやった方がいい。
    例え小さな事でもできる事を!!

    ユーザーID:7242314793

  • 悩むのがいいことだ

    わかるわかる。
    この前牛乳パックを洗っていて「これを洗うのにどれだけの洗剤と水を使ってるんだ」と思ったらなんだかむなしくなりましたよ。
    そういうことでしょ。
    このパックを洗う水、洗剤が元に戻る時間。
    うーーーん。

    冷房を我慢するのにアイスを食べたり、冷蔵庫何度もあけたり。
    これも本末転倒。

    つまりなんでもほどほどにね。
    かな。

    やはり文明社会に生きている恩恵は受けたい。
    冷房も車もないと生活できないし。
    できることから小さいけど、かな。

    私は社会がエコエコなど言ってない時からマイバッグ持参。
    効果あるかといってもわからないし。

    ブランドのエコバッグに群がる人もいてやっぱり人間というのはエコではなくエゴ。

    でも、いいエゴをすればエコになると思う。
    うちの電気もったいないし、とかのエゴ。

    トピ主さんの周りの人のいい分は「そんなのわかってるって、でも無理なこともあるんだよ」
    という自虐的な言い回しなんでしょ。
    そこもわかるといいなあ。

    とにかく小さいことからするっきゃないね。
    でも使う時には遠慮なく使っちゃおう。

    ユーザーID:4492098362

  • Tempさん

    水蒸気は人間の活動で直接増えるわけではないので対象外です。
    このことは気象予報士の本にも出ています。

    ユーザーID:9698265079

  • 輸入品に注意

    すさまじい勢いで工業が発展し、“世界の工場”の異名をとる国がありますね。産業の発達速度にエコ感覚や食品衛生感覚、安全な製品を作ろうという生産者モラルや設備がついていっていないため、最近では○○産の××は危ないというニュースが頻繁に出ています。

    そういう国で物を生産するときに使う電気は、石油よりも二酸化炭素をたくさん排出する石炭を燃焼して作られています。
    安いからとつい100円均一などでたくさん買ってしまいますが、粗悪で長く使えないものも多いですよね。

    原材料として使用される石油、エネルギー源として使用される石炭による膨大な二酸化炭素、法規制の遅れによる河川や土壌の汚れ等、食品・製品の安全性など、途上国産の農工業製品には問題が山積みです。

    健康と環境のためを思うなら、高価でも日本製を買った方が良いそうです。日本製も最近ちょこちょこ問題はありますが。

    ユーザーID:8316072004

  • 地産地消

    yukaさんのおっしゃることと同じ方向性に、
    地産地消という最近の流行の言葉がありますね。
    地元で生産されたものを地元で消費する、ということです。
    物を輸送するには大量のエネルギーを消費します。
    輸送距離を小さくして、環境を保護しましょう、
    と言うことです。
    私はこれは結構好きです。
    地元の産物に愛着も湧くし。

    ユーザーID:2594018593

  • 「リサイクルしてはいけない」なんてタイトルの本もありましたね

    yb様 元発言者ではありませんが

    正確な出典・統計値は手元にないのですが

    プラスチックのリサイクルについては
    現在のところ、収集/分別/保管/リサイクル施設までの輸送といった
    リサイクルのプロセスで消費される石油資源のほうが
    リサイクルで回収される石油資源よりも多いといわれています。

    遠方のリサイクル施設まで石油使って運ぶよりは
    近場の焼却場で石油の代わりに燃やして発電その他でエネルギー回収する方が
    理にかなってます。

    現代日本でリサイクルが一番うまく回ってるのは古本だと思います。
    これはこれで新刊の買い控えを呼んでしまって
    出版・著作関係の皆さんは非常に困ってるようですが。

    ユーザーID:3605956697

  • だからこそ、出来る事から

    エネルギーを使わずに生きられれば、それこそ地球環境には優しいかも知れません。
    それが出来ないから、『少しでも』出来る事からする。それが重要なんだと思います。
    確かに少しの事だけど。一人がするとしないは大河の一滴だけど。大勢が少しをするとしないでは大きな違いになる。
    結果よりも理念が大事なんだと思います。だからきっかけが必要。
    入り口は矛盾が多少あっても仕方が無いと、企画した側だって判ってるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2841428308

  • >謎東洋様

    なるほど。
    プラスチックなどのリサイクルにおいては、そういった「逆効果」が発生しているのかもしれないのですね。

    レスありがとうございます。
    ひとつ、疑問が解けました。

    ユーザーID:4294953558

  • 小さいことからコツコツと…

    基本的にコレは自己満足&塵も積もれば…の世界ですね。

    国単位で動かないと大きな差は出ないと思いますが、
    千里の道も一歩からです。

    実際、僕は電気スクーターに乗っていて、
    排気ガスも出ないし、ガソリンも使いませんが、
    じゃあ、そのエネルギー元の電気はエコか?と言われれば、何も言い返せません。
    (太陽電池や自家発電で動かしているならまだしも…)
    なので、まずはチョットした事からやって…同じ事をやる人が100人、1000人と増えていくと
    相乗効果でそれだけ効果も上がる…といった感じだと思いますよ。
    大事なのは意識することです。

    ybさん>
    謎東洋さんが既に書かれていますけど、
    現在のリサイクル技術の多くはコストパフォーマンスがかなり悪いそうです。
    言うならば、100のエネルギーを費やして10を得る…といった感じなので、
    そう言った意味では無駄…だと言われているようです。
    でも、今は無駄でも実際にその技術を使い続けることで改良点等が見つかるわけですから、
    未来のリサイクル技術の為だと思えば無駄じゃないですね。

    ユーザーID:4971008139

  • 矛盾を感じることは大切

    〜なんじゃないかなあ? 生きていく中で完璧を求めるからおかしくなることも多いし、それでもあきらめないでいくことも大切だと思っています。

    それと ぶたさんの意見に私も賛成です。
    リサイクルがもっと進んで、都会にも緑をもっと増やせるといいと思います。

    確かにリサイクルにも温暖化を進めてしまう要素はあるし
    完璧にしようと思うと、原始時代のように暮らすしかありません。

    それでも一度切った木をまた大きくするまでの時間とリスクなども
    考えなくてはいけないので、どれをすれば完璧!ということはないと思います。

    一人一人がちょっとづつ気をつけるだけでも、大きな違いがあるかもしれません。

    猛暑の中クーラーを我慢しても、熱中症になっては本末転倒です。
    氷や水も必要になるでしょう。
    時間や温度調節をして使うとか
    他でできることを探したり、意識を高めていく必要はあると思います。

    私は100円ショップでの買い物が減りました。他の物でもそうだと思うけど
    安い木材などは、森林の伐切などで動物の生きる場所がなくなっているからです。

    ユーザーID:9808027044

  • ありがとうございます

    皆さん沢山レスして下さっていたのに返事が遅くなってごめんなさい。

    それぞれのレス感心しながら読ませて頂きました。
    私など何の知識もなく「温暖化防止」と言う言葉だけに反応していたように思います。
    もっと知識を学ぶ必要があるなって!

    ただ温暖化防止とは少し違うけど食べ物を粗末にするテレビ番組を見ると物凄く哀しくて。
    家族の都合で途上国で数年過ごし今でも日本で途上国から留学して来た人の生活面のお世話をさせて頂く事が多く
    一緒にテレビ見てるといたたまれなくなり「ごめんね」って思うんです。
    (大食い競争)とか(○○を食べ切ったら伝説達成)とか他にも結構ありますよね。
    涙こらえたり吐きそうになりながら食べてるのを見るとこっちが情けないのを通り越しムカつきます。
    食べてる人も仕事なのは分かるんですけど。絶対バチがあたるぞ!って心で悪態ついてしまいます。
    ヤッパリ私が割り切れてないんですよね。

    温暖化も食糧問題も柔軟に考えないと駄目ですね。

    ユーザーID:2314228317

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧