猫の避妊手術について

レス10
お気に入り2

迷宮

話題

初めて相談させていただきます。
猫、アビシニアン6ヶ月女の子がいます。うちはマンション住まいなので、完全室内飼いです。
そして当初は半年あたりで避妊手術を考えていて病院の先生にも相談していました。手術をした方が発情期の泣き声とか本人(猫)も病気にかかりにくいとか色々ありますが、全身麻酔の危険性もありますよね、そこが少し心配でした。
6ヶ月をすぎてもうすぐ7ヶ月になるのですが、アビシニアンという種類からなのか普段全然鳴きません。
鳴いても小さいか細い声で「ふーん・・・」というだけで、「にゃーん」というのは一度も聞いたことがありません。
最近少し発情もしているみたいなのです、甘えてきてなでてあげるとお尻を突き出したり・・・でも鳴きません。
それで発情期のあのうるさい泣き声もないので、避妊手術に迷いが出てきました。外には絶対出さないのだから、このままでもいいのではないか?と。
こういう場合、皆様ならどうなさいますか?やはり手術はするべきでしょうか?

ユーザーID:2535543243

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不妊手術の目的は鳴き声対策ではありません

    同様のレスがたくさんつくとは思いますが...

    仔猫を生ませる予定がないなら不妊手術してあげてください。
    手術をするのは鳴き声対策だけではありません。
    そもそも、鳴き声対策というのは人間のエゴですよね?

    発情期が来て、相手を見つけて交尾したいのにできない。
    それは本能ですから、そのときに思いが遂げられない苦しさが理解できますか?
    ものすごい空腹なのに目の前の料理に手を出せない、用を足したいのに目の前のトイレに入ってはいけない、そんなものだと思ってください。動物の生殖本能とはそういうものですから。人間とはまったく違います。
    不妊手術をしないまま、繁殖の機会も与えない「拷問」のような飼い方は、ある意味「虐待」だという考え方もあるんですよ。

    全身麻酔が不安だとのことですが、信頼できる獣医師さんでならまず大丈夫なはずです。

    ユーザーID:4655454133

  • して下さい

    繁殖をさせる気がないのであれば、手術は適切な時期に行ってください。
    外に出さないだの、泣き声が小さいだの、そういう問題ではありません。

    雌猫の場合、子供を産ませないのに避妊手術をしないと、乳腺や子宮系の病気にかかるリスクが非常に高くなります。
    多分、トピ主さんが考えている以上に高いですよ。
    全身麻酔が可哀想だから手術をしないでほったらかし、その後に重大な病気で手術をすることになったら、それこそ本末転倒じゃないですか?

    私の実家の猫の場合、父が「どこも悪くないのに手術なんて可哀想だ」と獣医師からの忠告を断固拒否。
    結果子宮筋腫で生死の境をさまようことになりました。
    その子が手術と入院のストレスで見る影も無く痩せ衰えて帰ってきたときには涙が出そうになりました。

    殊、ペットに関する人間の「可哀想」は、ペットに対しては悪影響しか及ぼさないもの。
    かかりつけの獣医師にきちんと意見をもらってください。
    …最近はメリット・デメリットを並べ立て、飼い主に最終判断を押し付ける獣医師も多いですけどね…。

    ユーザーID:4439028308

  • したほうが良い

    我が家にもアビシニアンがいます。
    迷宮さんのアビちゃんとは違って、
    うちのアビはうるさいくらい大きな声で鳴きます。

    他のアビでもそういった話を聞くので
    アビだから小さい声というのはなさそうです。

    あまり普段と変わらないのなら、全身麻酔の危険も考えなくてもいいか
    と思ってしまうのはわかりますよ〜。

    でもこれからどんどん激しくなっていくのかもしれないし
    大きくなればなるほどそれなりに体力の心配も出てきます。
    一応、ある程度の年齢でも事前に検査をしてOKであれば
    手術も可能らしいのですが。

    避妊手術をして良いといえば
    猫自身もさかりの辛さもなくなれば、
    子宮系などの病気もならなくなるので良いそうです。

    なので、今後お見合いなどで複数匹飼いたいというのでなければ
    したほうがいいのかなと思います。

    ユーザーID:1388167392

  • 私は

    繁殖の予定がないのなら、避妊手術はしたほうがいいという考えの者です。 万が一、万が一にもヒートの時期に外へ出てしまったら?どうします? また、手術をすればある程度の確立で防げる病気だってあります。ヒートの度にストレスを感じさせることもありませんし(泣き声が小さいだけで感じているストレスはほかの猫と一緒だと思います)。

    うちには犬と猫がおりますが、犬はなんとなく2歳まで手術をしていませんでした。 そうしたら軽度ですが乳腺炎になったり、妊娠もしてないのにお乳がはってミルクが出るようになったりして、病院で相談して手術を決めました。 

    確かに全身麻酔は心配です。事故が起こったケースも知っています。 それでも私は今のかかりつけの先生を信頼していたので犬も猫も手術をお願いしましたし、もし何かあったとしてもそれは所謂自己責任(私が自分の判断でその先生にお願いして手術をしてもらった、ということ)ですから。

    手術が可哀想、エゴだ、という人もいますが、人が犬や猫をペットにしている事自体が既にエゴなんですから、なるべくペットの体や心の負担を軽減させる義務が人間にはあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8632113189

  • 子供を産ませる予定が無いのなら、した方がいいです

    3歳までには、避妊手術をするかしないか、決断をするべきだと思いますよ。
    遅くとも5歳までかな?

    理由は、手術と全身麻酔に耐えれる体力があるうちに。
    あと病気予防に。

    メス猫は子宮蓄膿症という病気になる場合があります。
    子宮に膿が溜まり、その膿が全身に回ってしまうと命の危険があります。

    猫の子宮蓄膿症は、飼い主が中々気づけないんですよね。
    だから、飼い主が気付いた時にはもう膿が体に回り始めている頃です。

    そうすると、子宮全摘出後、点滴で体に回った膿を出さなければいけません。
    猫の年齢が高いと、まず手術に耐えられるかどうか。
    すでに膿が体に回ってますから、熱が出て、体力も弱ってます。
    その後、膿が体から出切ってくれるかどうか。


    避妊手術は飼い主的には悩むところですが、私は子供を産ませる予定が無いのなら、早いうちに手術した方がいいと思います。

    (でも本当に悩みますよね…)

    ユーザーID:5970283075

  • うちの場合

    はじめまして。
    うちには雑種の推定9ヶ月の女の子がいます。野良だった子を連れて帰ってきたのですが、完全室内飼いです。
    当初、室内飼いで妊娠の心配はないので、避妊手術には積極的ではありませんでした。
    が…、発情が始まるとそれまで一度も失敗したことがないのに、トイレではないところでおしっこをするようになったんです…。布団にも何回かやられて、泣きそうになりました。
    動物病院の先生に聞いたところ、「猫は女の子でも発情期にトイレの躾が乱れることもありますよ」との事でしたので、避妊手術をすることに決めました。
    全身麻酔も心配でしたが、きちんと手術前に血液検査をして異常があれば中止と説明があったので、安心して決断することができました。
    術後何日か痛そうだったのと、暫く毎日薬を飲むことと、カラーをつけられ動きにくそうにしていたのは、ちょっと彼女には気の毒でしたが、今は傷跡もわからないですし元気にすごしてます。

    ユーザーID:8489581190

  • それはまだ本当に発情してないのいでは?

    多分、トピ主さんの猫まだ本当の発情をしてないのではないでしょうか?
    本当に発情したら、もううるさくて寝れないくらいですよ。
    「ウォー、ウォオオオーー!!」ってお前はどっからそんなデカイ声出しているんだ?
    しかも犬か!?ってな鳴き方しますよ。
    絶対する事をお勧めします。
    じゃないと、ご近所から苦情来ると思いますよ。

    ユーザーID:4853150070

  • 残酷な発情期

    にゃんさんのおっしゃるように、発情して想いを遂げられないのは、それはそれは可哀想なもんですよ。したくても出来ない!悶え苦しむとはあの事です。

    一旦発情したら、いくら泣き叫んでも、避妊手術は発情が治まるまで出来ません。それに発情して手術をうけるより、発情を経験する前にしたほうがいいとも聞きました。その猫ちゃんには、避妊手術はいつが最適なのか、お医者様とよく相談して早めにしたほうがいいですよ。

    ユーザーID:2773163173

  • ホルモンの影響は大きくなりますが。

     夫婦で医師(人間の)をしていて、猫には侵襲的な手術をしたくないと考え(人間の医術からイロイロ想像してしまい)、避妊はしていません。

     ただ、年齢を重ねるごとに、ホルモンの影響が大きくなり、発情期の独特の不安定さも強くなります。(人間の成人女性のと似ています。)それが本来の姿だと言えばそれまでですが、正直、発情期になると、自分の生理時期の精神状態と重ね合わせて、かわいそうに思えます。
     それでも、夫はすごく強硬に避妊反対だし、私も絶対避妊が必要とも言い切れないので、そのまま4歳になりました。

     一般論だと、たぶん避妊した方がいいんだろうと思います。
     また、全身麻酔に関しては、手術件数が増え、管理が進歩していますので、件数をこなしている獣医師さんなら大丈夫だと思いますよ。

    ユーザーID:4854000531

  • ありがとうございました。

    皆さんの意見を聞いて、手術をする決心がつきました。私は全身麻酔で3回手術をしており最後の3回目はちょっと危なかったもので、つい自分と重ね合わせてしまいました。
    ただ今は暑いので、季節的にどうかなーと思ったりします。かかりつけの獣医師さんに聞いてみます。

    ユーザーID:2535543243

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧