NYから帰国の傲慢な友人

レス120
お気に入り194
トピ主のみ8

キャサリン

ひと

私も数年前までNYに住んでいました。当時の友人がこの夏、日本へ一時帰国するようです。久しぶりに会うことになっているのですが憂鬱になってます。

私は帰国後結婚、出産、育児をしていて私なりに充実した暮らしをしています。彼女は向こうの大学院を出て、現地の日系の大手企業で働いており、結婚もしています。子供はいません。お互い状況は違っても、相手の価値観を理解し、尊重し合える関係でいたいのですが何だかそうはいかない気がします。

私は、彼女の日本の風潮を馬鹿にした態度が鼻につき、又、彼女いわく帰国してNYの事を話題にすると日本人には嫌われるという思い込みが自意識過剰に思えてきました。日本人はNYへのコンプレックスがあるからだ・・・とまで言ってますが、果たしてそうでしょうか?私も小さな子供がいて、親に預けてわざわざ時間を作って会うのに、先日の電話で嫌気がさしてきました。

電話でも既に、「単に日本人はNYのもの等、珍しがっているだけじゃない?誰もそんなに憧れているってわけじゃないでしょ。」と言い返したりして穏やかではない感じです。彼女への対応、どんな風にすればいいでしょうか?

ユーザーID:3614949827

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数120

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 会わなければならない理由は?

    外国で暮らしていた、または暮らしている人で、一時的なものであれ日本を批判する人は少なくないような気もします

    どの国、都市にも、いい面悪い面はありますが、お友達の場合はNYがブランドのような感じなのでしょうね

    あなたがムキになって言い返すこともないし、彼女にわからせようとするのも時間と労力の無駄だと思います

    どうしても会わなければならない理由がないのなら、お子さんを預けてまで会うことはないのではないでしょうか?
    接触すれば、嫌な気持ちになる人と、無理してつきあうことはないと思うので、「どう対処したら」ということもなく、かかわらないようにするのが一番だと思いますが・・

    ユーザーID:0436542782

  • 確かに自意識過剰。

    例え小旅行でもNYに行きたいな〜憧れるよな〜なんて一瞬たりとも思ったことのない日本人もここにいるのですが。。いったい何を根拠に言うのでしょうね。もう「中身はすっかりアッチの人」気取りなんでしょうが、そもそもアッチの人って日本や日本人を馬鹿にしているのでしょうか。眼中にないと思いますよ?実際は。結局自分が日本人だからこそ、日本が気になって気になって仕方ないのではないでしょうか。
    って言ったら怒るんでしょうね彼女。

    ユーザーID:7228683639

  • 少し似た状況を経験しました

    私も昔いたNYで親しくなった友達(私は帰国、彼女は今もNYに住み仕事や遊びで日本と行ったり来たり)と20年間文通、電話、年に数回会うなどの交流を続けたのですが、言動や価値観が段々ズレてきて彼女の「私はNYと日本のいいとこ取りだけ出来てホント幸せ♪」「日本は女性が生きづらい国なのによく耐えられるわね」など、その他全般に渡って、自分が優位な立場で生活できていることを強調したり、こちらを哀れむ(?)ようなことを言うのをずっと聞き流していたのですが、去年あまりにも度が過ぎることがあり限界にきて、理由を告げて距離を置きました。

    私の変化について彼女から何度も手紙や電話で「貴女も結局他の日本人と同じで、私に嫉妬してるだけでしょ?」「理由が納得できない」と責められましたが、とにかく「もうそっとしておいて」としか返事できませんでした。

    彼女とは長年の思い出もあり今も少し胸がチクリと痛みますが、かといって連絡して、また気持ちがささくれ立つのも憂鬱です。
    少なくとも交流を断ってから心は落ち着いています。

    トピ主さんもしばらく距離を置かれて関係を見直しては?

    ユーザーID:2649742083

  • NYへのコンプレックスとかじゃなくて

    ご友人が自意識過剰ということ、理解できます。
    NYの話をすると日本人が嫌うというのは、
    別にNYとかには関係なく、
    海外滞在の経験のない人たちが、海外暮らしの話をされても、共通の話題がないから、ただ話をへぇーーと聞くしかなく、
    「つまらない」というだけだと思うんです。

    以前、職場のパートの奥様で、たった1年の海外暮らしの話を何かにつけ、「○○にいたときはね」「○○ではね、」とされるので、
    周りがうんざり・・・ということがありました。

    むしろNYコンプレックスなのは、ご友人だと思いますけどね。

    だんだんトピ主さんも腹立たしくなっているご様子。わかりますよ。
    私はイライラする友人に無理に会ったり連絡とる必要はないと思います。しばらく距離を置いたらいいのではないかと思います。

    ユーザーID:4689949672

  • 日本らしさが心地いいこともある..

    けど、そのことは彼女には言わない方がいいでしょうね。
    「NYは良かったな」とか、「あのレストランのパスタがまた食べたいわ」とか、そんな思い出を話してくれば機嫌よく戻って行くと思います。

    NY(manhattan)は米国のなかでも特別な場所だし、
    憧れている人が多いのは確かです。
    ただ、彼女の場合、そこに居られる自分を自慢したいのでしょうが、
    国籍関係なく、普通は自慢話を喜んできく人は稀でしょうから、
    嫌われると思っているのは正しいのではないでしょうか。

    日本の風潮を馬鹿にしたところで、彼女は日本人であるにも関わらず
    日本で心地よく暮らしていけないかわいそうな人ですから、
    お土産においしい(最高級の)和菓子でも持って、
    適当にお付き合いしてあげればいいのではないでしょうか。

    トピ主さんは、日本に居場所を見つけて安定した生活を送っているのです。表面上成功しているように見えても、彼女は自分がどこに行っても(日本でもNYでも)相手にされていないと、必死なのだと思いますよ。言い返したりすると追い詰めるので、好きなように強がりを言わせてあげたらどうですか。

    ユーザーID:5742204891

  • 合わなければいいのでは?

    たぶん、同じアドバイスが多いとおもいますが、
    合わなくてもよいのでは?

    キャサリンさんは今日本にいて充実した生活をしているのですよね。
    NYのお友達は大親友ですか?
    それなら、バカにした態度をとった時に、
    「そういうことを聞いて、私あまり気分がよくない」
    って言ったらいいとおもいます。

    一緒に居て気分が悪い人とでかける必要はないと思います。

    ユーザーID:5213792392

  • おんなじです

    わかります。
    私の長年の友人もヨーロッパの大学から一時帰国したとき、トピ主さまの友人と同じような発言をしてきてびっくりしたことがあります。まえはそんな事をいう奴ではなかたのですが‥。
    その時は場の雰囲気を壊さないように、「ああ〜。」とか「そうだね〜。」といっておきましたが、自宅に帰ってからは友人の余りの傲慢な態度に、正直もう二度と会いたくないかも‥とまで思ってしまうありさまでした。ただ、後日そのことを親に話すと、ハッとすることを言われました。「もしかしたら外国で強いストレスを受けて心の病気になっている(躁鬱症の躁状態)のでは?」と‥。それで今現在は、下手に意見せずしばらく様子見守ることにしています。もしかしたらトピ主さんのお友達も昔と著しく性格が変化しているようなら、心の病気かもしれませんよ?

    ユーザーID:3660705485

  • 気にしすぎじゃないですか?

    私もよくNYはこうだったとか、アメリカではこうだったとついつい話してしまいます。はっきりいって深い意味はありません。
    特にNYに住んでいたことがある人が相手だと余計に日本の嫌なところ良いところ、NYの嫌なところ良いところを、面白おかしく、ざっくばらんに話します。
    例えば、日本(人)のこういうところが変と言うこともあるけど、それは馬鹿にしているとかではなくて、単に思っていること(意見)です。
    だから、そうなんだって思えばいいだけです。
    海外に長くいると自己主張が強くなるし、意見をはっきり言う傾向があるので、それが傲慢に写ることもあるかもしれませんが、言っている本人は傲慢な態度でいるつもりはないかもしれません。

    そうは言っても価値観の違いもあるだろうし、一緒にいて楽しくない人と友達を続けることはないと思いますので、無理に会う必要はないと思います。

    ユーザーID:0136200709

  • 疲れてしまっているのでは?

    ご友人は優劣感と劣等感に挟まれているようにも見えますね。NYに限りませんが「Aではこうだ。それにひきかえBでは〜」を連発されれば、聞く側も嫌な気になるでしょう。

    ただ、読んでいて思ったのは、ご友人はアメリカでの生活に疲れてしまった、もしくは嫌な事があったのでは?ということです。日系企業では日本人同士の摩擦もあり得るでしょうし、ホテル代わりに家に泊めてもらえると思ってやってくる無遠慮な客人があることもあります。

    最近お互い顔を見てゆっくりお話しされていないのなら、そうしてみてはいかがですか?顔と顔を合わせたコミュニケーションで初めて見えてくるものもあると思います。その人をまだ「友人」だと思うのなら、そうする価値はあると思いますが。

    ユーザーID:8704937556

  • NYは素晴らしい街!

    確かにNYは米国の中でも特別な街で、文化経済の重要拠点、有名人も多いですし、魅力的でエキサイティングな街です。けれど、魅力的で素晴らしいのは街自体で、ちょっと住んだからといって、人間自体が魅力的にもエキサイティングにもなりません!

    たぶんそのお友達は<私は素晴らしい所に住んでいる!>と日々、自分や日本人に言い聞かせていないと、自分への価値が見いだせないのでしょう。彼女の周りの人間は皆、NYに住んでいるわけですから、<素晴らしいNYに住んでいる自慢>は日本にいる日本人にしか通用しませんからね。

    トピ主さんのように自分の人生が充実していて幸せな暮らしをしていれば、他と比較する必要もないし、わざわざ大声で自慢する事もないと思います。お友達は人生あまり上手くいってないんじゃないかな?

    ユーザーID:3623812364

  • トピ主です。

    皆様、貴重なご意見をありがとうございます!!状況を把握して頂き嬉しく思います。必死で読みました!「会わない」というのも考えています。
    それから、海外でのストレスから少し彼女が攻撃的になっているようにも思えます。私が広い心で温かく見守っても良いのかも知れません。皆さんのご意見を参考にまた今考えています。
    彼女は2年前にも一度帰国しています。私以外の他の友人(大学時代の)に会ったときは、彼女自身、気分を害したそうです。「変わった」など否定的な言い方をされたとか。私の場合はその頃まだNYが懐かしくて彼女を許せる範疇だったのだと思います。今回は帰国の際会う約束をメール等でやりとりしてから最近電話で話しました。その時に、NY至上主義が見え、もはや日本にどっぷりな私からみるとめんどくさい人になったと再確認しました。ここで断ると明らかに嫌気がさしていると言う事になります。しっくり来てない最近の付き合いからすると溝ができそうです。大親友というほど心を許していません。でも、共通の思い出もたくさんあるし良い面もあるので友人は続けたい人なのです。続く・・・

    ユーザーID:3614949827

  • トピ主です2

    それから話は飛躍していきますが、この際色々書かせてください。彼女は夫と子供はつくらないと決めているそうです(不妊というのではありません。)以前から育児とかに全く興味が持てないような事は言ってましたし、それは彼女らしい選択だと思います。いつも、私の子供の事も全く聞いてくることはありませんし、幼稚園絡みの話も聞き流してしまいます。もちろん、理解できないのだとは思うのですが、今後もこの調子だと交流し辛いし、環境の違う友人とどう付き合っていって良いのか分かりません。でも出産時などには、お祝いを送ってくれたり、心のこもったカードをくれたり、今までも色々してもらっています。賢くてきれいだけど少し高飛車です。でも、孤独で幼稚な面もあり、見守ってあげたい気もするのです。今回さわやかに軽く会うというので終わらせようかと思案中です。環境の違う友人。前回はsex&thecityに出てくる女性のような、黒で決めたファッションで登場してきました。私は少ない服で苦労するし、本音は面倒くさいのです。主婦になって大人の付き合いというものを常々考えさせられます。こんな事しながらも、人生を渡り歩くのが普通なのでしょうか。

    ユーザーID:3614949827

  • 街の持つ「気」が違うから・・・

    ニューヨークと日本では、街の持つ「気」のようなものが違うと常々思っています。(在住です)

    この街で生きている若い女性は、日本の穏やかな空気に入った時には「殺伐と尖って」浮きます。

    私も若い頃、自覚は無かったですが、帰国時には家族に何度も指摘されたものです。自分で選んだとはいえ、一瞬も気が抜けず、ぴりぴりした空気の中での生活は「無茶苦茶気張らないと折れそうになる」ものですから、「無意識につっぱらかって」いたことでしょう。

    それに比べて、日本は基本的に「気が柔らかい」。

    柔らかい気の中での幸せな結婚、出産、育児をなさっているキャサリンさんと、今のご友人では、それこそ「『気』が合わなく」なってしまったのではないでしょうか?

    どちらが悪いわけじゃない。
    生きている場所、人生において見ている視点が「今は」違いすぎます。
    シェアできる話題も殆ど無さそうです。

    長い目で見て、また「気の合うとき」もやってくるかもしれません。
    付かず離れずの距離で、余裕を持って静観なされば良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:2923277645

  • 2度目のレスです。

    私はいつも、田舎のねずみと都会のねずみの話を思い出します。
    この場合どちらが田舎で都会かということではなく、
    それぞれが、お互いの環境を珍しく、興味深く、思いながら、
    結局自分のいる所に落ち着くという話。
    私も友達の子供や家族に関する具体的な話はあまり興味もてませんが、
    それで友達が幸せなのか、面白かったこととか、いろんな感想を聞くのは悪くないと思います。あと、高飛車な人って、冷静になって一歩下がると以外と面白いリアクションだったりしませんか。

    今度彼女がどんな格好で現れるか、楽しみですね。少し真似して、
    ひとつだけ奮発してスタイルのいいバッグとか持ってみたら、それだけでも楽しい気分になれそう。(もしそのバッグに悪口いわれたら、素直にがっかりするなり、代わりに見立ててもらうなり。素直になれば、きっと大丈夫な気がします)

    ユーザーID:5742204891

  • お友達のような方は、いろんな嘘をついている。

     例えば、田舎から都会に出られた方が、田舎に戻られた時に、洗練された都会人として振舞う方がおられるように、ニュヨーカーであることに酔ってしまった方が、日本を見下した態度を取ることは、往々にしてあることです。昔から、都会に住んでいれば、昔からニューヨーカーであれば、殊更、ニューヨーカーを自慢する必要はありません。所詮、張子の虎なのです。廻りにいる人たちから見れば、そういう方は、滑稽でしかないし、傲慢にしか見えません。ただ、自分が生まれ育った土地に愛着を持っている人々も、ニューヨーカーであることを自慢するし、誇りにも思ってもいます。そういう方は、嘘のないニューヨーカーです。しかし、張子の虎は、いろんなところで嘘をつかないと、ほころびが見えてしまいます。可愛そうだと思うけど、自業自得でもあると思います。張子の虎であると判ってしまったところで、廻りの人々が離れていくのは仕方ないことです。

     こういう人は、誰にも相手にされないようにならないと、自分の愚かさに気付きません。ともかく、離れて、自分の愚かさに気が付いた時以外は関わらないのが良いように思います。

    ユーザーID:5206671929

  • トピ主さんの状況が変わったからそう思うのでは?

    トピ主さんが未だにNYにいて、
    その友人と同じ状況(以前のまま)だったら、
    そういう彼女の態度は何とも思わないのでは?

    ある意味、トピ主さんの状況が変わったから
    彼女に対する見方が変わっただけで
    同じ状況でも今のように思っているかどうかは
    わかりませんよね?

    それに、子供「あり」「なし」というのは
    女性の交友関係を大きく分ける要因だという気がします。

    あと、私も海外在住ですが、
    一時帰国時に、普通に聞かれればいろいろ答えますが、
    でもあまり「海外では・・・」という
    話をしないようにしています。

    というか、住む国や生活状態が日本と全然違うので
    話が合わないというか、
    話してもわからないでしょう。
    それを、海外ではああだ、こうだと言われると
    「ここは日本なんだ」ということになりませんか?

    海外で「日本はああだ、こうだ」というのと同じで
    人は多少は面白がっても、そこまで興味はないと思いますよ。

    ユーザーID:0665187949

  • 住む場所が違うと、話は合わないかも・・

    お互いに悪気はなくても、日本に住む人と、アメリカに住む人とは、話が合わないっていうのは仕方ないかなーと思います。結局は、共通の話題がないだけなんだと思います。

    私自身、アメリカの大学院を出て、最近帰国しましたが、主婦だったり育児中の友人とメールでやりとりしていても、「大学院卒業おめでとう」なんて言ってくれる人は皆無・・・ 自分とはあまりにもかけ離れたことだから、興味もないし、「誰でも入れるカルチャースクールにでも行ってたんでしょ」ぐらいにしか思ってないんじゃないかなあ?

    バリバリ働いている元会社の同僚と会っても、留学に興味があるような人や、留学経験がある人以外は、アメリカの大学院のことを聞いてきたり、受験を頑張ったことを褒めて(?)くれるような人は皆無です。社交辞令程度に「アメリカ生活どうだった?」って聞いてくるだけなので、さらっと話して、あとは共通の話題で盛り上がるような感じです。

    環境が違うと、楽しく会話するのは難しいな〜とつくづく思います。

    ユーザーID:1526749174

  • そんなことないよ〜ん

    日本人がNYにコンプレックスあるなんて帰国子女の傲慢ですよ〜。
    イギリスとかフランスとかに憧れてる人って、逆にアメリカの風潮馬鹿にしてる傾向あると思います。特にNYはその槍玉だと思います。(みんながそうってわけじゃないよ)
    美輪明宏さんとかもアメリカ評価ボロボロですよね。軽薄とか汚いとか。
    その友達は、いう事が一々嫌味&自慢たらしいから嫌われるんです。「ハイハイ、アメリカではそうですか」って対応されるんじゃない?それで何で否定されるのかわからないから「何よ!羨ましいくせに」って思ってるんです。
    これ、日本人からのアメリカ批判じゃなくて、そのお友達が日本の友人に嫌われてるってだけの話。
    「あいつ外国行ったからって勘違いしてるよな」って思われてるだけ。

    ユーザーID:4044674985

  • 似たような人がいます。

    NYではないのですが、アメリカ留学経験がある友人が、
    なにかと、アメリカと比べます。
    もちろん、アメリカから学ぶこともあるし、否定はしませんが、
    それは心で思って欲しいです。
    その友人は、田舎出身なので、都会に住んでいたころは、田舎で
    「アメリカ帰りで、都会に住んでいた私」
    を演出するお土産探しで大変でした。
    でも、結局友人は心を病んで、田舎に帰ってしまいました。
    どこにいても自分に自信がなく、とにかく人からの評価で生きていた結果でした。
    なので、そのお友達も、本当は自分に自信がないのではないでしょうか?
    自分を持っている方は、どこにいても人と比較したりしないと思います。
    トピ主さんは、充実して暮らしているので、もうすでにご友人と違っているんだと思います。
    もう会わなくてもいいのでは?年賀状とか、カードくらいのお付き合いで、離れていくのはどうでしょう?

    ユーザーID:8907529451

  • なるほど。

    NYで生きてくのって日々戦い、みたいなところがありますよね。魅力的な街ですが、決して楽しいばかりの街でもありません。お友達はストレスたまってるんじゃないでしょうか。。(在住者です。)

    全てが思う通りにいくはずないし、彼女なりに不安や不満があるのかもしれません。ただそれを認めると自分がみじめになってしまうので、「NYは素敵。NYに住んでいる私も素敵」と思う事によって、自分を保っている。そんな感じがしました。

    NYのアートカルチャーは日本のものをどんどん取り入れてますし、日本食のお店も沢山ありますから、日本が「いけてない」なんて全然ありません。そもそも文化が違うんですから、比べようもないですし。

    お友達はトピ主さんに話す事によって、自分を肯定したいだけなんですよ。右から左に「そうだね。」と聞き流すのが一番よいかと思われます。

    ユーザーID:1255547606

  • 今回は会わないほうがよいのでは?

    自分自身が海外滞在で一時帰国、友人が海外から一時帰国の両方とも何度も経験がありますが、会う前に「気が重いな」と思ったときは、たいてい会話が弾まず、更に気が重くなってしまうことが多いような気がします。

    多少、話にズレがあっても、会うのを楽しみにしていた友人との会話ならスルーできるのに、事前に構えた気持ちでいる人との会話だと、「やっぱり、こういうこと言うんだ」と、気になってしまったり。

    一時帰国時に日本の友人に会えるのはとても楽しみですが、日本滞在中はバタバタと忙しいことも事実なので、約束がキャンセルになってほっとすることもあります。

    嫌な予感がする今回は無理に会わず、しばらくメールなどで距離を置いたおつきあいを続けてはどうですか?彼女もトピ主さんも、時間とともに変わっていくでしょうから、再び波長が合って楽しく会話できる日がまたくると思います。

    ユーザーID:1157122200

  • 寂しいな

    もうすぐ数週間帰国するNY在住です。

    数年帰っていなかったので、友達に会うのも、日本の美味しいものを食べるのも、行き届いたサービスを受けるのも、とっても楽しみです。
    が、やっぱり私も友人達にはこんな風に思われるのかな?って思ったら、ちょっと寂しい気もします。

    あからさまに引かれる要因として、
    「どうでもいい単語に英語が混じってしまう」(普通に考えて引きますよね・・・。日本語がおかしくなってる自分が恥ずかしいです。悪気は全くなく、ついて出てしまうだけなんです。)
    「日本はどう、NY(アメリカ)はこう」
    といった事を言うのは極力控えようと思っています。

    私は自分の生活を、それほど素晴らしいとも充実感満点とも思っていません。なんとなく帰る時期を逃してしまっただけです。これからの事だって不安です。自分の国・日本で暮らす方がよっぽどリラックス出来るのに、何してんだ私?とも思います。こちらに来てから、必要に迫られて日に日に図々しくなってますしね・・・(汗)。

    お友達はいろいろストレスやプレッシャーにさらされてるんでしょうね。お気の毒・・・と流して欲しいな・・・と思います。

    ユーザーID:1647972932

  • いますね〜(笑)

    そんな人、私の周りでも、何人か見かけました(笑)帰国したとたん意識が変わった友人。
    海外へ渡り、沢山の影響を受けて帰国するのはいいですが、意見が合わないと「これだから日本人は〜」「日本人ってどうして〜」的な発言ばかり。。
    それに対して周囲が意見したり、気分を悪くしたりすると、私が帰国子女だから嫌われるのね・・・ってとんだ勘違い(汗)
    経験上、このような人には何を言っても思いは通じません。
    私はほっといてます(笑)

    ユーザーID:6658256576

  • 私にもそんな時期がありました…

    NYではないけれど、ド田舎から東京にでてきて憧れのメーカーに就職したのに、仕事も恋愛もうまくいかず、日々疲れきっていた時、私も友達にそんな態度をとっていたと思います…。
    自分は努力して夢がかなってこんな素晴らしいところで働いているんだ!と、人や自分に言い聞かせなければやっていけなかったのでしょう。
    今、仕事も恋愛も落ち着いて過去を振り返ってみると、なんて自分はイヤなやつだったのかとびっくりするほどですが、そんな時期も今も変わりなく接してくれる友達には感謝してもしきれません…。テレくさくてそんなこと一生言えませんが。
    トピ主さんもそのお友達の態度が、ホントはそんな人ではない、何かツライことがあるのかもしれない感じでしたら、今回だけでも、自慢でも批判でもそっと受け流して聞いてあげれませんか?
    ホントに生活が充実していて満たされてる人は、自慢したり、相手を貶めるような批判はしないと思いますし。

    ユーザーID:1498092265

  • トピ主さんも一言言えばよいのでは?

    彼女は日本で生まれ育ったけどNYを生活の地に選んだ、トピ主さんはNYにも住んでた事があるけど、やはり日本で生活したくて戻ってきた・・・って事ですよね?
    成人した人間が自分の価値観に近い、又は住みやすいと思う国や場所を選べる事ってすごく幸せな事ではないでしょうか?私の感覚では、結婚相手を選ぶのと同じようなものです。
    その彼女がいろんな条件を気に入ってNYに住んでいるように、トピ主さんも日本がNYより自分に合ってると思ったから帰って来たのでしょうから、彼女にもはっきりそう言えば良いのでは?
    一般の日本人の意見や、言動をトピ主さんが日本に住んでる一人の日本人として代弁するから話が噛み合わないんじゃないでしょうか?
    「私はこう思うけど・・・。」って言ってみた事ありますか?

    ユーザーID:0901221203

  • 第1段階かと

    私も双方、同様の経験があります。日本で就職後、数カ国駐在を経験をしましたが、1カ国目のときは様々な面で日本との違いを感じ、それを言いたくてしょうがありませんでした。ただ、2カ国目、3カ国目になると国や都市の違い、日本との違いも違和感がなくなりました。そういう感覚でアメリカ在住者、特にビギナー(?)の話を聞くと気分は良くありませんでした。アメリカ在住者は自分達も世界のマイノリティーであることを認識できないんですね。日本もアメリカも欧州もアフリカもアジアも世界の一部に過ぎないことが理解できれば日本がどうだ、アメリカがどうだという話は無意味であることに気が付くはずです。違って当たり前ですから。

    でもアメリカに関しては勘違いする人は本当に多いのは事実です。中国で仕事をしていても「アメリカではどうだった」と訳のわからないこと言うアメリカ経験者は多かったです。未だにアメリカ=世界と勘違いしているんですね。なのでそういった話を聞いた時、私の場合は「この人はまだ第1段階にいるなぁ〜」という風に見ているので特に不愉快にはなりません。因みに私的第2段階は「日本の良いところが見えてくる」です。

    ユーザーID:4271219360

  • 浦島太郎

    去年帰国したとき、久々の友人に会いました。こちらはとても楽しみにしていて、友人は何でも議論できる人だったので、お話してました。でも、段々険悪なムードになってきて、向こうから色々と嫌味をいわれるようになり、最後には喧嘩別れになりました。
    しばらく友人をなくしたと思って沈んでいたのですけど、このとびを見て、知らず知らずのうちに、自分の住んでいる国と日本を比べてしまって、”日本は〜”的な発言が多かったのかなと思いました。その発言に友人は反発したのかなと。普段知り合いとかにはそんな話しないのですけど、何でもいえる友人だと思ったから思ったことを言ってたんです。でも、理解されなかったようです。昔は何でも言えた人だったのに、すごく価値観の違いを感じました。
    わたしは外国に住んでいても日本人として誇りをもっているし、日本のことを好きだからこそ世界でも通用する日本になってほしいと思って意見してたのですけど。
    きっと、たまに日本に帰ると自分の思い描いていた昔の日本ではなくて、周りからはもう浦島花子状態なのでしょう。正直日本は未だに鎖国国家に思えました。

    ユーザーID:2826368803

  • かなり、ストレスがたまっているのでは?

    彼女、かなりストレスがたまっていると思いますよ。日系企業で現地採用の日本人は最低の扱いされますから、彼女はかなり辛い思いをしているのではないでしょうか?

    彼女の事情を考慮に入れて、優しくしてあげるのか、NY流にきつい事を言うのかは、貴女の選択ですね。まあ、今回は会わないのも良いでしょう。

    ユーザーID:2012796610

  • 「NY(都会)自慢」する人の共通点

    先にお断りしておきます。トピのレスを斜め読みしただけなので的外れな回答になっていたらご容赦ください。私は都心で生まれ育ち、アメリカに住み20年近くになる者です。

    こちらに来て初めてあった人たちが、NY(都会)自慢の人達です。

    共通しているのは、田舎育ちでそれがコンプレックスだと言うこと。都心で育った私や周りの友達などは、大人になってから都会に住むことがステータス/嬉しいことなどという考えすらなかったので、びっくりしました。

    田舎育ちそんなにいやですか。八丈島で育った知り合いがいますが、素敵と思います。

    「NY(都会)自慢」する人に会うと「田舎育ちがコンプレックスの人」と思うだけで、彼女達が印象付けようとしている「そんなところに住んでいてすごい」ということはまったく思いません。逆の印象のみ。

    本当にカチンと来ていて、さらにおっしゃる勇気があるのであれば、「そういうこと言う人って田舎育ちでそれがコンプレックスの人が多いんだよね」と言えば、そのご友人、あなたには高慢な態度とるのやめてくれるかも。彼女が賢明な人であればですが。

    ユーザーID:3389753540

  • friendsさん、分かりますが

    >日本のことを好きだからこそ世界でも通用する日本になってほしいと思って意見してたのですけど。

    分かりますが、お友達からすれば、「じゃあ、あなたは日本のために何をしてくれるの?」という気持ちだったんだと思います。あなたが日本のために何もできないのならば、遠くからの上から目線で「あれはだめ、これはだめ、結局日本は全然だめ」と言われっぱなしでは、お友達も気を悪くすると思います。
    正直、あなたの意見は辛口でもなるほどな、と思えるような「建設的」なものではなかったんでしょう。

    >正直日本は未だに鎖国国家に思えました。

    うーん、どうでしょう。同じことが、アメリカ人同士で起こったら、やっぱりアメリカ人も(他の国の人も)気を悪くすると思いますよ。(というか、実際にそういうことがよくあります。どんな国の人の間でも。職場や学校でよく見ました。)
    そのように友人の反応だけで、自分を反省せず一足飛びに「日本人は」と一般論化するところが(「自分の言ったことが悪かったんじゃないか」ではなく、「だから日本は鎖国国家だ」と考えてしまうところ)受け入れられないんだと思います。

    ユーザーID:1247215509

  • friends様 横ですが

    自分の意見が友達に聞いてもらえなかったという事象だけで「鎖国国家」とは傲慢な物言いです。日本ほど他国からどう見られているかを気にしてる国民はいないという事は、「日本人論」の類の本の多さを見ればわかりますよ。

    ユーザーID:8502880818

  • NYは素晴らしい。でも傲慢な態度はお断りだ。

    自分ならばそう判断します。そしてそのような類の友人とは二度と会いません。でもまたNYには行きます。

    加えてNY自体が全てにおいて完璧かと言えば必ずしもそうではない。例えば鉄道好きだったらNYはさほど
    魅力のある所ではありません。薄汚い地下鉄に不恰好な大陸横断鉄道。

    これに比べて日本の鉄道シーンは百花繚乱、群雄割拠のヨーロッパですらその足元にも及ばない位。あと
    ついでに自由の女神にしても牛久大仏や仙台大観音なんかに比べたらまるで子供としかいいようのない大
    きさでしかない。でもNYにはまた行きます。

    自分が一番必要としていないのはニューヨークでもモスクワでもなく、その傲慢な態度の元友人です。

    ユーザーID:9221511714

  • Friendsさん、わかるんだけどね。

    ニューヨークに来て(アメリカ、とはあえて言いません。NYは殆どのアメリカ人が「特殊な場所」と思っているので)、「何でも議論できる」ことに新鮮さと喜びを感じるのはとてもよく分ります。まだお若いのでしょうね。

    でも、「何でも言える友人」なんてニューヨークですら存在しないかな。
    あなたは、「相手が嫌がることでも何でも、議論として言っていいんだ!」と勘違いしているのではありませんか?

    NYでも、本当に成熟(成功)した大人たちは「相手の嫌がる話題を避け」たり「相手が喜ぶことを見つけて取り入れたり」の配慮が行き届いています。
    「この話題では話が合わないな」と気付くと、すっと話題を変えたりすることも社交テクニックの常識です。
    大事な友人を失いたくないからこそ、そうする人もいますよ。

    政治家を始め、こちらのディベートでトコトン言い合うのには気分もすっきり、感心もしますが、これは「議論の場」での話です。
    社交の場はまた別です。

    全てを兼ね備えて初めて「世界に通用する国際人です」。
    正直すぎる議論だけの片翼飛行では無理があります。

    ユーザーID:2923277645

  • コンプレックスの裏返し

    NYに長年住んで入れば、この街のいいところも悪いところもよ〜く見えてきます。それでもNYって特別で素敵な街、と思えるのはいいことだと思うけれど、それを日本と比較して馬鹿にするような態度を取るのは、よっぽど本人にそれだけの見得を張らなければいけないコンプレックスがあるからでしょう。

    NYに住むことなんて誰にでもできるご時世で、えらいことでもなんでもありません。逆に東京の一等地に住んでいきなり自分の価値が上がったように思う人もいるみたいだし。私の知る限り、そういう人には屈折したコンプレックスがつきまとっています。プライドも高い、でも脆いところのある人たちです。そして「NYの個人主義はすばらしい」とか言ってるわりに、周囲の価値感や評価がものすごく気になっていたり。

    きっとトピ主さんにNYな自分を見せたくて仕方ないのでしょう。すごいね、と言ってもらいたいのでしょう。日本批判を黙って聞いてほしいのでしょう。

    トピ主さんがそれに対する率直な考えを言って気まずくなるならそれまでの友人だったのだと思います。きっと自分を賛美してくれる人を求めて去っていくでしょうね、虚構の世界ですが・・・。

    ユーザーID:5586946273

  • まずは冷静に

    帰国子女です。
    私にも経験がありますが、海外で長く暮らすと、日本人なのに日本社会に受け入れてもらえるか逆に不安になってきます。帰国時に日本の事をいろいろいうのも、コンプレックスというよりは、実は不安の裏返しなのでしょう。
    お友達は傲慢で幼いところがあるとの事ですが、その彼女のナイーブな所をあなたがかわいく思えるかどうかがポイントでしょうね。
    いずれにしろ縁があって仲良くなったご友人。一度お互い頭を冷やされて冷静になったあと話してみる方が得策と私は思います。
    ニューヨークと日本の話でお互い盛り上がれるような状態になれるといいですね!

    ユーザーID:9345823075

  • ゴビさんの意見に賛成

    田舎から東京にでた子が「東京ではね〜」
    大学卒の人が高卒の人に「大学ではね〜」
    NYに行った人が「アメリカではね〜」
    にわかセレブ?になった人が「○○はね〜」
    昔も今も似たような話題はありますね。

    で、私はゴビさんの「第一段階」の意見に賛成。
    上記の内容でも、「・・・はね〜」の言葉は
    あえて言わないほうが人間関係うまくいくと思って気をつけています。
    帰国子女がめずらしかった時代(地域?)に育った
    帰国子女の些細な知恵です。

    私の知り合いで「○○ではね〜」のセリフが大嫌いで
    こういった言葉に攻撃的な人がいます。
    私は、このセリフをいわないので(?)良かったみたいですが。
    今、その人は突発的に来ることになったアメリカで生活し
    友達との会話や一時帰国での際に
    嫌いだったはずの「アメリカでは〜」のセリフを連発しています。

    ゴビさんの第一段階、というのに賛成です。
    はやく段階を上がってくれることを願ってます。

    ユーザーID:7209384877

  • いますいます、住んでる場所がステータスな人!

    江戸の崖っぷちさん、ルビィさんに同意です!

    私は在米ですが、高慢な日本人に結構出会います。
    外国に住んでいる(特にNYなどの大都市)だけで、英語が話せるだけで、自分は他の日本人よりエライとでも思っているかのような人。

    住んでる街や勤めてる会社がステータスな人、ハワイ在住・NY在住に多い気がします。
    ブログのタイトルだのハンドルネームだの見れば一目瞭然。
    “ハワイなんとか”“NYのなんとか”って、住んでる街で人目を惹こうとしているかのよう。
    引っ越せば、あるいは会社を替われば、そんなステータスなんか何の意味もなくなるのにね。

    “心が田舎もの”なんだと私は思います。
    もしくはそのまんまの、看板ナシの自分じゃ人目を惹けないと心の底で思っているのか。
    かわいそうな人たちですよね。

    自慢の種が、“住んでいる街”“そこで暮らしている(カッコイイ?)自分”っていう人たちって、ほんと勘違いもいいところ。

    住んでる街がステータス、な人たちってイタイ と私は思います。
    他所から来たにわか住民ほど、そうなっちゃう確率高いと思いません?

    ユーザーID:1788310799

  • 聞いた話

    NY住在です。ひとづてに聞いた話で正確に覚えてないのですが面白いと思うので聞いて下さい。
    全く文化の違う国に来て、環境に慣れて落ち着くまでに大まかに5段階の心理的変化があるという研究結果があるそうです。それによると
    1全く違う環境に自分が冒険者になったかのような興奮を感じる
    2環境にうまく対応できないことを理由とし、落ち込む
    3自分を受け入れられないことに怒りを感じつつも郷に入れば郷に従え、を実感し徐々に新しい環境に自分から合わせて行くことが苦にならなくなる
    4いつも、とはいかないが環境にうまく対応できてきてその国の良いところもわかるようになる
    5すると自分の国に帰った時に自分の国なのに違和感を感じる
    期間には個人差があるようですが大抵の人がこの5段階を経験するそうです。だとすると5の心理段階も多くの人が感じても不思議ではないですし、その人自身が変わった訳でもないのかもしれませんね。

    ユーザーID:6562504996

  • いいトビだなあ〜

    すっごい横ですみません。
    トピ主さんの疑問の投げかけ方や自省も大人らしいと思いますが
    レスする方の視野・思慮が深く感心しています。
    めったにない良トピだと思います。
    とくにゴビさんのレスはとても説得力があります。
    こうして考えると、海外に住む(それも短期間ではなく働く)
    ということはやはり人間性を深めるのだろうか、とも感じました。

    ユーザーID:8602825024

  • もしまだそのお友達にお会いになるのであれば、

    次に話をする機会にさりげなく、食べているご飯の話題をふってご覧になる事をお勧めします。例えば、今一番おいしいカリフォルニアのこしひかりはなにになった?とか、最近どのお寿司屋さんのねたが新しい?とか、日本食料品店の話題とか、さりげなく。外国の暮らしが長い場合最後に残る母国のしるしは言葉ではなく食べ物です(失礼!なんだか動物っぽくなってしまいましたがこれ本当です)。

    戦争花嫁の時代にアメリカに来て日本と隔絶した暮らしが半世紀におよび日本語がでなくなってしまっている方に一度ですがすれちがったことがあります。どこでだと思いますか?日本食料品店でさつまあげを選んでいらしたその方は、私たちの日本語を聞いてしゃべろうとしたのですが、ついにでてきませんでした。戦争花嫁だとのことでした。

    そのニューヨークのお友達、多分家では白いご飯におのりです。

    ユーザーID:9349435640

  • あまり友人の知らない世界の話題はしないに限る?

    以前レスしたのがUPされていないようなので再び。
    「鎖国国家」という書き方で、もしも皆さんの中で気分を悪くされた方がいらしたら、申し訳ないと思います。
    ただ、ぽんこさんのおっしゃるような
    >あれはだめ、これはだめ、結局日本は全然だめ
    ではなく、まったく逆の日本のいい部分を挙げていたんです。外国に暮らすと、今までみえなかった部分がみえてきたことです。でも、そういうことでも、外国に住んでいるのを自慢しているみたいに取られて、気に障ってしまうこともあるのかもしれませんね。
    私自身は、外国に住んでいたことを自慢に思ったことはないのですが(大都市でもないですし)、日本に帰るたびに友人から差別的な目で見られている気がして悲しいです。なにかちょっと言うたびに、自慢しているように取られて。
    どなたかおっしゃっていたように、○○(地名)では、とかそういう言い方は本当に避けたほうがいいんだなと思いました。でも、長年離れていると、住んでいるところも違うと共通の話題ってなくなってきますよね。学生時代の昔話に花を咲かすとかそんな感じでしょうか。
    でも、皆さんの回答、参考になります。

    ユーザーID:2826368803

  • “心が田舎もの”とはなんじゃ???

    ねえねえさんの書かれた「心が田舎もの」??
    田舎者が悪い事を前提として書かれているようですが、田舎出身ではいけませんか?
    はてはて?

    ユーザーID:0859675888

  • 横ですけど、りささん。 1

    >日本人がNYにコンプレックスあるなんて帰国子女の傲慢ですよ〜。

    まず最初に、トピ主さんのお友達は帰国子女じゃないと思います。それに帰国子女ってNYだけじゃなくて、北米の地方都市やミクロネシアやヨーロッパなど色んな国から帰ってきてるんですよ。それなのになぜ「帰国子女の傲慢」??ある世代の人たちは「帰国子女」に対してすごい偏見がありますよね。差別というか。「帰国子女」って言ってもピンキリで2年しかいない子もいれば10年いた子もいる。日本文化にあっている子もいればあってない子もいる。ひとくくりにして「へえ、帰国子女なんだ」って判断しないでください。高校時代「帰国子女ってみんな傲慢なんだと思ってたけど、違うんだね」とかよく言われましたよ。

    自信満々に見えると苛められる日本文化で育って、自信満々に見えないといじめの標的になる文化に放り込まれ、また8年後に日本文化に放り込まれる苦労が分かりますか?

    あ、すいません、りささんのレスにいままでの思ってたことが爆発しました。

    帰国子女でNYに在住ですが、日本人がNYにコンプレックスがあるなんて思ったことはないですけど?

    ユーザーID:7439597963

  • 横ですけど、りささん。 2

    私は日本が大好きですし、日本のいいところとアメリカのいいところはあまりに文化が違いすぎて、比べられません。
    例えば日本のいいところはなにごとも正確なところだと思います。電車も2分遅れただけでもお詫びのアナウンスが流れるし。きっちりしてて安心できます。アメリカでは本当にいい加減で、15分遅れてもなんのアナウンスもないです。3分早く来てそのまま待たずに行っちゃったこともあります。止まる場所もいい加減なのでどこに並べばいいのか分からない。イライラするけど、ある意味おおらか。日本もまたきっちりしすぎ、丁寧すぎなんじゃ?と思うところもあるのです。だから比べても意味がない。両方いいところはあるんだから。

    最近うれしく思うのが日本も日本のよさを認めて発揮し始めたなーってことです。和のテイストが入ったモダンなインテリアなんて本当にすてき!書店に行っても「だからだめなんだ、日本人」とか自虐的なタイトルを最近見ないのでうれしいです。

    お友達はトピ主さんを一緒にNYにいた同士って見てるから、つい日本のいいところ悪いところ遠慮せずに言っちゃうんじゃないですか?この人はわかってくれるって思って。

    ユーザーID:7439597963

  • トピ主です

    皆様、興味深いご意見をありがとうございます。
    私も本当に勉強になります。さて、その友人ですが結局会うことにはなりました。前回の電話で、私が「どこか(日本で)行きたいところある?」と聞いたところ、「それがないんだよね〜。」というまた気の悪い返答。
    「六本木ヒルズ」とか騒いでるけど私は興味ない・・・って続く。
    そういうのは私も今は興味ない、もっと一般の観光地だという事を告げましたが、「NYの新しい場所などは行きたいけど」と言ってものける。日本ならではの場所や食べ物など懐かしい気持ちで楽しめるところというつもりで聞いたのに、何か勘違いしたままで疲れます。
    レスの中に私もNYに住んでいたから相手も安心して日本の事を好き勝手言っているのだという意見がありましたがその通りだと思います。
    付き合いもあるので今回はとにかく会うだけ会います。
    また投稿します。引き続きご意見ください。

    ユーザーID:3614949827

  • サクッと終わらせる

     お友達はもう、日本には何の魅力も感じないの!という気持ちになっているか、そのふりをしてるようですね。
     でも、それでいて、帰国して日本の友人と交流をしたいんですね。

     二人で仲良く岩盤浴にでも行って、心と体のコリをほぐしておいしい和食でも食べてください。NYにもおいしい和食はあるでしょうけどね。帰国した友人に、久々の日本を楽しんでもらおう、なんて考えずに、単なる久しぶりに会う友人、というスタンスでいいんじゃないですか。
     
     もしも彼女がNYの話ばっかりするようなら、「私はもう帰国してずいぶん経つからねー、なんかあの頃のことはもう夢のようだなー」と
    ”私には遠い世界の話題”という空気を匂わせましょう。

     私はある時期、日本人にはかなり珍しい国(在留邦人が200人弱)に住んでいて、とても仲良くしていた友人がいました。その後二人とも帰国、私はいまだに海外転勤を繰り返し、彼女は日本の地方都市でのんびり。もはや駐在の話題は、彼女との共通トピックではなくなりました。
     
     生活が変われば友人も変わる。仕方ありません。トピ主さんも、この再会が最後になるかも知れませんね。

    ユーザーID:7963201127

  • 傲慢には傲慢をはだめです

    はなさんに同意です。

    旧友に会うということは、自分の過去と対面することでもありますよね。避けたいと思う、嫌悪を抱く対象は本当は旧友ではなく過去の自分という場合もあります。この場合人生のステージに大きく変化があったのはトピ主さんのほうなので尚更かなと感じました。

    また、「○○コンプレックス」という論法は簡単でわかりやすく、論者が中立的な審判者であるかのような錯覚さえ抱かせる力を持ちますが、それを濫用すれば人間関係を根本的に壊してしまうだけでなく論者自身の人格破壊さえ招く危険極まりないドラッグのようだと私は感じます。

    過去の時間を共有した旧友を「傲慢」と断罪するよりも、楽しかった過去を語り合い楽しい時間をすごすほうが賢明だと思います。人間誰しも変わるものです。それぞれの現在値の差は軽く流すほうが、お友達の人生はもちろんトピ主さん自身の人生をも肯定する大人の対応だと思います。

    ユーザーID:3199100785

  • トピ主です!

    久しぶりに投稿します。近日中についに彼女に会うことになりました。
    NYから戻って一番に会うのが私のようです。
    今回は私の新居にも立ち寄ります。彼女の実家への途中経路にあります。(でも時間がかかります。私が出向いて行った方が早い。私自身は子供を近くの実家に預けるので来てもらうのは都合は良いですが。)私は日本のちょっとした観光地に住んでいます。観るところもあるし、レストランなども豊富です。彼女はどこでもいいって言ってるので、家から近い普通のレストランに行く予定です(時間がたっぷり取れるという事で。)私が、初めてせっかくここまで来るのに近所で良いのか?いろんな場所があると振ってみても、「とにかく会えたらいいので」という返事。だったら、わざわざここまで来なくても良いのにと思いますが、一度私の家にも来てみたいのかなぁと予想します。
    私の住んでいる場所に全く興味を示さない、私の子供にも全く興味のない彼女。メールだけのやりとりでは、一体どんな態度で会いに来るのか想像できません。話がどう噛み合うかも分かりません。是非、報告致しますのでここまでお付き合いくださった皆様には読んで頂きたいと思います。

    ユーザーID:3614949827

  • >きなこもちさん

    不快にさせてしまったようですみません、謝ります。
    実は私も気になることがあったばかりだったので…。先日留学から帰ってきた旧友を含め数人で会ったのですが、彼女の都合で皆(特に車を出してくれた人)にかなり迷惑がかかりました。みんな「彼女とは久々の対面だから…」と思って誰もそのことを責めませんでしたが、彼女は「私のせいじゃないもん」と飄々としていました。
    もともとちゃんと気を遣える子だったはずなのに「ごめん」や「ありがとう」の前に「当然」「私は悪くない」みたいな態度をとられて正直不快でした。

    でもそれを「外国に行ったせいで性格変わった」と言うのは外国帰りの人への偏見なのでしょうね。もちろん、皆がそうだと思ってはいませんが、私の知る範囲では外国に住んだあと少々傲慢に見える変化を見せた人がいたのも事実です。
    言い訳が長くなりましたが失言をお詫びします。

    ユーザーID:8017663281

  • 癪に障るのであれば

    NYや米国の問題点について話題をふりましょう。トピ主さんもNYに住んでいたようですから、知識はお持ちでしょう。医療問題や、戦争、銃社会。大統領選などもいい話題の種では。悪いところは日本だけでなく、世界のどこにでもあります。お友達がNYについても常に問題意識をもっているようなら、本当に面白い話が聞けると思います。

     逆にお友達がNYの良い面にしか目が行かず、日本及び日本人を批判するのであれば、それはただ彼女の気に食わない点で、日本、日本人の問題点ではありません。初めから視点が偏っておりそんな意見に耳を貸す必要はありません。
     「NYや米国のことそんなに知らないのに、よく日本や日本人ばかり批判できるわね! 自分が住む国なんだから、もっと勉強して!他の国の批判はそれからにして!」といってあげましょう。

    ユーザーID:4625313623

  • たぶん言い方の問題なんでしょうけど

    私も一時帰国時に友人に会う際は気をつけないと、「私の住んでいる場所に全く興味を示さない、私の子供にも全く興味のない彼女」と受け止められてしまう可能性もあるんだと、重要な点に気づかせていただきました。

    私が友人に会いたいのは、会ってたくさん話をしたいということに尽きます。できれば、(わがままですが)こちらで貯まったストレスを吐き出させてもらいたい。子どもがいないので、友人の子どもに対する興味は薄くなりがち。話してもらえれば、興味深く聞きますが、自ら思いつく質問は一つか二つ。

    そんな私ですが、幸いにして学生時代からの友人数人は、いつも温かく迎えてくれ、心から感謝しています。トピ主さんのお友達もそういう気持ちをもっているのではないかと思うのですが、今は感謝の気持ちを表すだけの余裕もないのかもしれませんね。

    私ごとになりますが、米西海岸で暮らしているのですが、最近公私共に不安定で、悲観的な気分が支配的。こんなときに日本の友人に会うと、つい安心して愚痴や批判のオンパレードになってしまうかも。世界は自分を中心に廻っているのではないということを意識せねばと、このトピで自戒しました。

    ユーザーID:1157122200

  • ニューヨーカーという態度

    NYに住んでいてニューヨーカーを自負する人って日本人に限らずこういう態度の人が多いみたいです。
    主人の妹(サンフランシスコ在住/アメリカ人)のところへ義妹(生粋ニューヨカー)が遊びにきましたが、何処へ連れて行っても必ず『NYでないにしては」という枕詞がついて、その後おいしいわねとかいいわねと言い続けたので辟易したと言っていました。
    ニューヨーカーはNYは世界の中心だと思っているのでしょうね。でも外部のものからみると他に目をむけない心の狭い村人みたいですね。
    お友達もニューヨカー病にかかっているみたいなので、わたしなら『私はもうNYに住んでいないから違う見方だけどね」と適当にうけながしますね。

    ユーザーID:2845910284

  • 日本の友人に相手にされなくなっていると分かり始めたのかも。

     とぴ主さんは優しいですね。私だったら、とっくに遠慮しているけど、とぴ主さんには思いやりの気持ちがあって、お友達を心配する気持ちが残っていますものね。お友達にとっては崖っぷちになっているなあと思ったので、変な名前で書き始めてしまったけど、お友達は、もしかしたら、日本に戻ることも頭の中にあるのかもしれないですね。もちろん、表に出てくるのは、ニューヨーク礼賛だと思いますが。お友達が口に出せないでいることがあるかもしれないから、聞いてあげたらいいかもしれないですね。

    ユーザーID:5206671929

  • 肩の力を抜いて

    以前一度だけレスしたものです。私はトピ主さんの投稿を拝見して、トピ主さんのご友人はアメリカ暮らしで相当ストレスを貯めているかも、と推察しています。

    >私の住んでいる場所に全く興味を示さない、私の子供にも全く興味のない彼女。

    時間を割いてくれるだけでありがたいので、できるだけトピ主さんを煩わせたくないと思っているのかもしれないですよ。それとお子さんのことですが…。子どもそのものに興味がないのなら、トピ主さんのお子さんに興味が薄いのも不思議ではないかもしれないですね。あまり気にしなくても良いのでは?

    >メールだけのやりとりでは、一体どんな態度で会いに来るのか想像できません。話がどう噛み合うかも分かりません。

    想像できないからこそ、思い込みを捨てて柔軟な姿勢で会っていらしてはいかがでしょう。ご友人との関係を思い悩むのはそれから先でいいのではないでしょうか?肩の力を抜いて楽しんできてくださいね。

    ユーザーID:8704937556

  • うーん、

    これから、その御友人は、どんどん一時帰国の時に会える(会ってもらえる)人を無くしていくんだろうなーと思いました。私が一時帰国する度に感じた事は、女性って環境によって変わっていくという事。自分は海外にいて前と同じつもりなんだけど、先に帰った友人達は子供が出来たり結婚したりで、同じ話が出来ないのが残念に思いましたが、相手も同感かも知れないと思いました。トピ様も何も同じ友人と、気を遣ってお付き合いする事はないんですよ。お互い、友人は環境によって変えてもいいと思います。もちろん、ずっと長くお付き合い出来る方もいますが、それはちゃんと心地よい距離感が取れるから成り立っていると思います。 

    ユーザーID:3580413036

  • (つづき)

    つづき・・・
    日本で 「〜では ○○だった」「〜〜では」を連発すると 「デワノカミ」←武家風?と言われて嫌われると、どちらかの帰国冊子に書かれてありましたが、確かに自分でも日本にいる時には多用しがちなので、私も気を付けるようにしてます。女性の知り合いで ご機嫌取り的なお付き合いは個人的には疲れますし、不快な思いをする事も多いので避ける確率が多いです。 トピ様も あまり真剣に相手の言うことを受け止めないように・・・ストレスが溜まるだけです。

    ユーザーID:3580413036

  • 海外からのやっかいな客

    NYに数年住んでいました。たしかに地方出身の人で、「NYデビュー」して
    しまうと、後ろ足で日本に砂をかけるような人が多かった気がします。
    特に東京や大阪などの都会に住んだこともなく渡米した人は、NY=Top of the world
    なんですよね。そういう人は視野が広がるはずが、逆に狭くなってしまいます。

    あと、日本で面白くない生活をしていた人ほど、海外に出ると反動で
    偉そうになる傾向があると思いました。お友だちはどこの出身で日本では
    どういう仕事をしていたのか聞いたことありますか?

    女性はどうして住む場所や、旦那の年収や役職とか、自分には直接関係ない
    ものを自分のステータスにしたがるんでしょうね?海外に行ってもそういう人が
    多いのには笑ってしまいます。

    友だちとしてこのままつき合いを続けるのなら、こういう部分に釘を刺して一度
    ガス抜きしておいた方がいいのでは?NYみたいな激しい街で生きている女性ですから、
    それぐらいじゃどうってことありませんよ。Sex and the Cityの女性たちを
    見ればわかります(笑い)

    ユーザーID:1308507044

  • トピ主です!!会いました!!!

    ご意見くださった方、本当にありがとうございました。こんなに色々な方々の意見を聞けて勉強になりました。さて、ついに彼女に会いました。
    結果、どちらでも良かったという感想です。たくさん書きたいことがあるので、何回かに分けて投稿します。
    気持ちが通じて、楽しいと思える時もありましたし、私も気負いすぎかと思った点もありました。ですが、疑問点があるので是非聞いてください。
    まず、会った瞬間一目で引いてしまいました。彼女の身なりが異常にゴージャスだったことです。以前もいかにもブランドできめて現れましたがそれ以上です。それは、フレンチを食べると言っていたし街中での約束だったから仕方ないのかも知れません。今回は、普通の住宅地で近所のレストランに行くと言っていたのに関わらずです。彼女の心理が解りません。私は別に相手がきれいにしているから嫉妬という訳ではなく、私もおしゃれは好きだし、ブランドに興味がないタイプではありません、でも!!今回のことは不自然で本当に理解できなかったのです。

    ユーザーID:3614949827

  • 会いました!!!2

    身なりの事ばかりになりますが、ダイヤのごろごろついた高価そうなピアスとネックレス、大粒ダイヤの指輪。派手なラップドレス、エルメスの時計にバーキン、ヴィトンのボストン。たまに年配の方で豪華な方がおられますがそんな感じです。私の住む地域にもリッチな方が多いのですが、比較的シンプルで上品なので彼女は叶姉妹のようで驚きました。威圧するようなファッションで小さなレストランに行きました。私はあえて、ブランドのデニムに麻のカーでカジュアルにしていました。

    久しぶりに友達に会うからと無理に宝石をつけようとは思いません。私も持っていますが滅多につけることはないです。彼女が平然とその格好でいるのも解りません。NYでは普段みんな日本人のようにきれいにしていないと言っていましたし、私も知っています。わざわざその格好で来たのです。どなたかその心理を説明できる方はおられませんか?彼女は、私と別れて地方の郡のつく地域の実家に戻っただけです。私に何を示し、なにがしたかったのでしょう。

    ユーザーID:3614949827

  • 会いました!!!3

    会話はわりと普通にしましたが、威圧的な態度に落ち着きませんでした。
    やはり、アメリカではしられていないのに日本で流行っているという類のものを嘲笑う感じではありましたので、「そういう言い方は馬鹿にしているように思う。」と言いました。彼女は一応フォローしましたが、口先だけかもしれません。他には特に傲慢さはなく、親兄弟、子供の話などでは通じ合い、楽しめたところもありました。彼女は、私が「二人しかいない親友の一人だ」と言ってました。それは印象的です。別れ際には打ち解けて話せるようにはなっていましたが、最近のママ友達とのようには楽しく会話できない、イコール、話が合わないのだと私の方は感じました。彼女に私以上の友達がいないのなら、彼女はそうは感じていないのかも知れません。これは愚痴でしかありませんが、私の住む地域に来て(観光地として雰囲気のある街です)褒め言葉の一つない、新築で購入した我が家におせじの褒め言葉も殆どない、そういう人です。相手を認めたくないような気がします。私も彼女を特に褒めないので同類かも知れません。上辺だけ書きましたが、後味の悪い相手でした。まだ整理できずですがまた投稿します。

    ユーザーID:3614949827

  • 違和感を感じるなら冷却期間をおいては…

    ご友人、引いちゃうようなファッションで現れたり、相手を威圧する、自分を誇示する事で自分のプライドを保っている、彼女は彼女で必死なのだと思います。
    キャサリンさん、楽しい瞬間はあっても言葉の端々に違和感を感じるなら無理してつき合いを続ける事ないじゃないですか。
    経過を報告するのはトピを立てた以上必要だと思いますが、会いました、こんな事言ってました、ファッションはこんなでって、半分面白がっているような気がします。

    ユーザーID:9134515953

  • 最初にイメージしたほどひどくないです。

    この連日の酷暑の中、どこかの国際空港からどこかの有名観光地まで、二人しかいない親友の大事な一人に会うのを楽しみに、ヴィトンのスーツケースを引きずりゴージャスだけどちょっと真夏にはつらいファッションで汗を拭きながら、てくてく歩く姿を想像するとなんだか可哀相で。トピ主さんも彼女のこと、過敏に反応しすぎでは?それこそ「NYから帰国の傲慢な友人」のレッテルをバチっと貼り付けてしまって。彼女のおしゃれは異様に写ったかもしれませんが、きっと彼女なりに悩み抜いたファッションなのでしょう。「成功者とはこうあるべきファッション」とも受け取れますが、女性ですから、純粋にトピ主さんに会うことをとっても楽しみにしてたのでお洋服もうきうき選んだ。という風に考えることはできませんか?

    ユーザーID:7228683639

  • 会わなきゃいいのに。

    会えば嫌な思いをするとわかっていてなぜ会うのですか?とぴ主さんの投稿を初めから読ませていただきましたが、初めは「そっかー」なんて同情しながら読んでいましたが、読み進めていくうち、なんだかとぴ主さんの本章がわかってしまったというか、嫉妬ではないとおっしゃっていますが、結局はいつでも自分が一番でいたい心理の表れなのではないかと思いました。「NYから」・・・んー、たしかに傲慢な人はいますね。でもどこに住んでいても傲慢になる人、ならない人がいるわけで、「NY在住」ばかりが一人歩きして、NY在住者はみんな傲慢であるかのように受け取れてしまいます。かくいう私もNY在住ですが、地道に頑張っていらっしゃる方も沢山いらっしゃいますよ。

    ユーザーID:2203433719

  • その友達はたぶん自信を無くしている

    以前「その友達は人生あまり上手くいってないのでは?」とレスした者です。トピ主さんの最新レスを読んで、一層その感を強くしました。自分の身をブランド物で固めるのは、自分には価値がないと感じているので、世間的には価値があると思われているブランドのお宝を貼付け、自分に価値があるよう見せているのだと思います。

    そして「みてみて、私はこんなに立派で価値のある人間なのよ!」と必死になって訴えているという事は、周りの人間に自分の価値を認められていないと感じているからこそで、しっかり生きている人はどこにいてもそんな事をする必要はありません。特にトピ主さんに自分の存在価値を認めてもらいたいのではないでしょうか?

    NYはやはり弱肉強食の世界で、お友達のように大学院を出て仕事をし結婚してても、順風満帆とは人生が進みません(ま、日本でもそうですがー)。世界の金持ちや成功者が周りにいると、自分が惨めに思える日々もあります。周りがきらびやかだと、我が身の惨めさが一層身につまされるのです。お友達はそんな状況ではないのでしょうか?

    ユーザーID:3623812364

  • 会ったんですね?

    トピ主さんの書き込み、拝見しました。NYの彼女は、もてる限りのブランドを身につけて、乗り込んで来た、っていう感じですね。でも、いろんなブランドがごちゃ混ぜで、悪趣味〜〜〜〜(おぇっ)
    やっぱり彼女は、NYを隠れ蓑にして自信のない自分を隠している、という印象ですね。
    トピ主さんは適当な距離をおいて、フェイドアウトするのがいいですね。

    ユーザーID:5298699615

  • 彼女は発展(反動)途上中

    以前、書いた者です。
    とうとうお会いになって、彼女の様子をお書きになったのを見て
    出て来ました。

    彼女自身には「解決しなければいけない内面の問題」があるように思います。
    例えば異常なコンプレックスとか、着飾る以外何もまだ持っていないとか。(きついかな)

    彼女は「成功している自分」を「演出」していたのでしょう。
    何度も「威圧」と書かれていますが、彼女の「余裕の無い精一杯さ」がその印象になったのでしょう。

    彼女は明らかに「発展途上」にいます。
    人は大きく変わる時、右往左往ジタバタします。
    よそから見ると、みっともないことが多々あります。

    反動中とでもいうのか、左に大きくぶち当たって、また右に大きく跳んでいって・・というような作用の最中というか。

    彼女は分りやすい性格のようですから、この前も書いたと思いますが、
    10年、20年の長い目で見てあげては如何でしょうか?

    今の彼女を分析してもあまり意味は無いように思います。
    私なら、彼女が自分を見つけて確立した時に会うのは、ちょっと楽しみかな。

    しかし「郡」では、目立つべなあ。

    ユーザーID:2923277645

  • それは。。。。

    トピ様、その彼女に会われたんですね。偉いですね。


    >私に何を示し、なにがしたかったのでしょう。

    私は あなたより上よ!上のランクの人間なのよ。
    と誇示したかったんじゃないのでしょうか?たぶん。。。だから、ずっと威圧的な態度だったのではないかと思います。誇示できる相手がトピ様(だけ)だったのじゃないでしょうか?



    関係ありませんが、新築で購入したお家を見せて頂いた時には、褒め言葉がいるんですね。気を付けないと。。。。参考になりました。有難うございます。

    ユーザーID:3580413036

  • NYは関係なさそうですね

    トピ主さんの最新レス読みました。
    NYからの帰国云々は関係なく、相性の良くない友人とお互いの立位置が違うので、共感できないだけという感じがします。

    ユーザーID:2128717569

  • 彼女が傲慢には思えない

    在米の方が長いものです。
    彼女は観光所には興味なく貴女に会いたいだけだといったのですよね。
    アメリカで大げさな宝石類をつけた人はごろごろいます。でもそれが何?って感じで気にする人は居ないと感じます。
    久しぶりに帰ってきた友人のファッション感覚が違うというだけでここに書くほど彼女が傲慢だと思われたのでしょうか?
    なぜ、彼女にその違和感を伝えられなかったのでしょうか?
    トピ主さんは元在米だということで気を許しておられる友達に冷たいと思います。

    ユーザーID:3793480738

  • 距離をおいてみたら?

    キャサリンさん、その後の様子を教えてくれて有難うございます。いろいろ不思議な感じのご友人ですね。

    ただ、当日の彼女の服装については「彼女は、私と別れて地方の郡のつく地域の実家に戻っただけです」という点がポイントかなと思ったのですが、どうでしょう?

    例えばの話ですが、いつまでもNYから離れない彼女に対して、ご実家ないし親戚の人などが「どうせ成功しているわけでもないのに」などと、悪意のあることを言い、そのことをお母様が彼女に愚痴ったとか。それでせめて身なりは派手にして帰ろうと思ったのではないかと、私は想像してしまいました(彼女がどこかで着替える機会があるなら、私の勘違いですね)。

    大昔、留学から帰った私に母が「すぐに美容院に行きなさい」と一言。経費節約でろくなカットをしていなかったので、みすぼらしく見えたようです。

    いずれにせよ、違和感ばかりが募ってしまい、あまり楽しくなかったようですから、次回は適当な理由をつけて会わないようにしてはどうでしょう。

    友人が少なくなっていそうな彼女には気の毒な気がしますが、彼女自身の態度によるものであれば仕方ないですよね。

    ユーザーID:3725671024

  • 何だか

    テレビでよく見るレポーターかのようだと思ってしまいました。
    会わなくてもいい人とは会わなくてもいいのに・・・虚しいですね。

    ユーザーID:7576845563

  • 思ったこと

    ダイヤじゃらじゃら、だめですか?
    好きなもの着て好きな装いで好きな友人に会う事の、何がそんなにいけないのか、わかりません。
    お葬式や子供の運動会に行くのにそんな格好なら、だめでしょう。
    でも、親友と食事をするのに彼女は一番、自分が自分らしくいられるファッション、現在好きなファッションで来ただけなのでは?
    前の彼女はそうじゃなかったかもしれない、だけど、好みやスタイルなんて変わります。
    見せつけるためにそんな格好で現れた、なんて発想はひがみです。
    むしろ気を許しているからこそためらいなく、自分が今一番好きな、装いで来たのでしょう。
    ミニスカートをはいてきた娘の同級生に対して、
    「一体何を示したいの?足が長くて細いってわざわざアピールしたいの?」
    って、いちいち思います?

    こんなにイタい人がいるの!みんな、叩いて!
    ってトピ主さん、そう言ってるように聞こえます。

    ちなみに私も、お世辞は言いません。

    ユーザーID:5639655027

  • こっ…怖い!

    長いトピなので、トピ主さんの発言だけ拾い読みしました。

    正直言って、トピ主さんコワイです。
    >私の住む地域に来て褒め言葉の一つない、新築で購入した我が家におせじの>褒め言葉も殆どない、そういう人です。

    そういう人、ああいう人、世の中には色々な人がいるものでしょう?
    なのに、なぜそんなに端々まであげつらうのか?

    客観的に見ると、そのNY在住のお友達もトピ主さんも単に違うだけという気がします。
    むしろ、帰国時に連絡してきて「あなたは親友」と言うお友達のほうが可愛げがある。コテコテに飾り立てて来たのも、鎧が脱げない人という感じで、別にそこまで言うことないのに…。

    ユーザーID:6432043011

  • 反省しています トピ主です。

    感情に任せて投稿した前回の三通で、不愉快に思った方もおられると思います。申し訳ありませんでした。私も、少し勢いで調子に乗って書いたような感じです。今日一日、冷静に彼女の事を思い出し、良いこともあったなぁ。と思い出したりしていた所です。前回の投稿分は、私の女の何かを刺激されたという感情だけのものだったのかも知れません。時間を置いて冷静になってみたいと思います。彼女に会おうと思ったのは、2週間日本に滞在しているうち、いつでも良いから会いたいという感じだったのです。その2週間という長さのうち一日も会えないとまで言って断る程、私も彼女に望みをなくしていた訳ではありませんでしたから、会ってみたのです。
    彼女は、私の出産時にもカードやお祝いをくれたり、私との付き合いを大切にしてくれていた人でした。勿論、物をもらったからという訳ではなく、本当は少し不器用だけど私を大事に思ってくれる人なんですよね。
    ちょっと、今回引いてしまったので私は困惑しました。私に見せ付けるかのように思えたからです。もう少し考えて見ます。私の、人間のいやさしさを沢山お見せしてしまって、恥ずかしく、情けなく、反省もしています。

    ユーザーID:3614949827

  • これ以上の投稿はやめられたほうがいいですよ

    それまでの文章からなんとなく予想されたこととはいえ8月29日のトピ主さんのレスを読み非常に後味の悪い思いをしております。他の方もおっしゃっていますが、小町で「NY在住」のキーワードに反応してくださった皆さんのレスを得てまるで水を得た魚のように「ただの意地悪な悪口」がとまらなくなってしまったのですね。

    2度目なので正直にずばりと書かせていただきます。トピ主さんのような方が知人におります。日本にいるときは周りに「NY帰りのわたし」をアピールするけれど、実際に現在NY在住の方と会うのを非常に嫌がります。現在NY在住の方への悪口がとまりません。

    後でご自分で読んだときに後悔されると思いますので、もうこれ以上投稿するのはやめられたほうがよいと思います。

    ユーザーID:3199100785

  • 何だか切なくなってきました

    2回目のレス、会ってきたことを「!!!」×3で報告・・・なんて下品で心の狭い人なんだろうと思いました。でも、どっちが悪いとは思いません。昔は仲の良かった友人の発言・行動を悪いようにしか捉えられなくなってしまった「2人の関係変化」に切なくなってしまいました。環境や立場が変われば価値観が変わっても仕方ないのでしょうが・・。でも、3回目のトピ主さんのレスを見て、少し安心しました。
    客観的に見ると、トピ主さんに対する彼女の発言・行動は、すごくかわいげがあると思いますよ。
    「とにかく会えたらいい」「あなたは親友」なんて、嬉しいこと言ってくれるじゃないですか。その親友に会うために、わざわざ相手の地元まで出むいて。張り切って精一杯のおしゃれして。観光名所なんか、どうでもいい、観光名所に行くと目的が名所を見ることになってゆっくり話せないから。いいレストランかどうかなんて問題じゃない、目的はトピ主さんと話すことなんだから。なんていう心境が彼女の行動からは伺えます。
    何よりもあなたに会ってゆっくり語ることを最優先してる。友人は傲慢なころがあるかもしれませんがもう少し友達のままでいてあげましょうよ。

    ユーザーID:2285473933

  • わたしも・・

    トピ主さんごめんなさい。
    私もそんなにいお友達が悪いと思いませんよ。
    多分、トピ主さんより自分を持ってるのでは?
    ファッションなんて自分が楽しんでいたらいいのでは?
    トピ主さんのほうが、今幸せではないんですね。
    そこまで書かなくても・・って思ってしまいました。

    もう会うのはやめて、ご友人の幸せを祈りつつ、
    トピ主さんが幸せになってくださいね。

    ユーザーID:7681234168

  • トピ主さん、落ち込まないで

    トピ主さんの気持ち、ちょっと解ります。私にも似たような経験があります。
    トピ主さんの友人は「日本からニューヨークに渡って上手くいっている人の代表」みたいな気分でいるんだと思います。はたして上手くいっているかどうかは疑問ですが、そういう型に自分をはめてみたいんだと思います。そしてそれを誇示できる人間の一人がトピ主さんなんでしょう。日本の事をあざ笑いたいのなら生粋のNYの方としたら一番良いはずなのにそれをしないのは、やはり彼女も根は日本人なんです。
    私はNYのことは良く知らないのですが、彼女、どこに行っても浮いてしまう存在なのではないでしょうか。たまたまNYと言う場所だったために浮き具合がそう目立たないだけで。そういう自分をアクセサリーとか洋服とか、時にはいいっぷりだったりの鎧に包んで、自分を防御しつつNY的な自分を主張しているみたいですね。でも彼女の価値観を尊重したいんですよね?それなら今の彼女の価値観はそれなんだから、理解までは出来なくても尊重して見てみたらどうでしょう。肩の力を抜いて話してみるとそんなに苦じゃなくなります。

    ユーザーID:2658420137

  • 全く心のつながりってものが見えません

    どうして
    お二人は逢うのでしょう?

    彼女、異様な格好で現れたって?
    ブランドで固めすぎた女性って心がすきま風で寂しいのです。

    そして、その彼女をどこどこのブランドとこのブランドとあのブランドと実況中継され、彼女のいでたちや表面的な発言にのみ反応しているようですが、

    いったい、お二人はどの部分でつながっている(いた?)のでしょうね。

    私は二人の関係が虚しいものに思えてなりません。

    表面的な言葉を取り繕いながら、虎視眈々と相手を観察しているって、友達以前に寂しい関係ですよね。

    ユーザーID:4689949672

  • 私もあなたのお友達と同じでした

    元留学経験者です。
    帰国後「あちらでは…」「だから日本人は…」的発言を繰り返し、何人かの友人と疎遠になりました。
    その時の心理状況は、元の文化に溶け込めるか不安だらけの上、海外生活で日本人であることを常に意識させられ疲れていた、だから嫌われるのを知っていながら嫌味なことを言わずにはいられなかった、という感じです。

    ただ、同じ「嫌味」を聞いても嫌味と受け取らない人もいて、そうした人たちとは帰国後も変わらぬ付き合いが続いています。ネガティブな発言はしないに超したことはないですが、せめて「嫌な事」を言う相手を選べば良かったかなとは思いました。

    お友達は、トピ主さんが海外で暮らしたことがあるので、自分の言うことがわかってもらえると思っているのかもしれませんね。
    でも、トピ主さんも実は根が負けず嫌いで、反発を覚えてしまっているように感じます。

    距離を置くのも一つの手ですが、お2人とも海外を知っていて、聡明さ、良い意味での気の強さをお持ちのようですから、腹を割って話すきっかけがあるといいのにな、という感想を持ちました。前よりも仲が深まるといいなぁと思います。

    ユーザーID:4974148333

  • いろんな意味で刺激的でしたね

    ご友人はずいぶんマイペース。特に害(といっては失礼かもしれませんが)がなければ、いつも会うわけではないので面白そうかな、と思いました。回りと浮いている格好は一緒にいる身としてはちょっと恥ずかしいし、トピ主さんが!!!で言いたい気持ち、わかります。小町でのトピも含め、ご友人の帰国騒動、不快なところも多かったかもしれませんが、刺激的でしたね。

    実は、もしかしてご近所かなと思って再度でてきました。雰囲気が好きで引っ越してきて、とてもよかったと思っています。新築も、古い建築も両方ある小さな町で、外国の方も結構歩いてるの見かけます。知人に「私もここに住みたい」と言われたときはうれしいですが、やっぱり住んでいる人が一番よさを知っているといつもほくそ笑んでいます。NY経験も少しあり、代えがたい魅力を双方に感じています。

    ユーザーID:0555461532

  • 裏と表の顔のトピ主様

    どなたかも、書かれていた様に、そんなにいやなら会わなければよかったのだと思います。NYのお友達の前では仲良い様にみせかけて一緒に会ったりするのに、陰で世界中の人が読むことのできる掲示板に友達のファッションのことや、あなたの町を褒めなかったなどと書き連ねるのは、非常に不誠実な人間関係であると思います。こういう卑劣なことをするくらいなら、静かに友情関係をやめたほうがさっぱりしていていいと思います。

    ユーザーID:6081735101

  • トピ主さんが怖いです(2)

    東京は「三代続いてなければ江戸っ子とはいえない」なんて言われるし、どんなに頑張ってそれなりに成功しても「田舎者の成り上がりが」なんて意識も厳然とある。
    もちろん東京だけじゃなくて、ロンドンやパリなんてもっとそういうところありますよね。
    アジア人が最上のクラスに属するのは不可能に近いはず。アメリカ国内だって、一見人種の坩堝なL.A.だって実際は白人至上主義社会です。
    でもNYCは違う。頑張れば成り上がれるんですよ。こんな都市は他に類を見ないと思います。
    お友達は日本の郡の付く地域からアメリカの大学院を出た。これって、どれほど凄いことか。東京の名門中高から一流大学って環境であれば普通の頑張りかもしれませんが、郡の付く地域に育った彼女の周囲に一体どれだけ、このことの価値がわかる人がいるでしょうか?NYのことを話せば嫌われるという彼女の意識も満更自意識過剰ではないと思います。
    私は既にここのレスの中でだって、それに近い雰囲気を感じました。帰国子女と留学帰りの違いすらわからない方だっていらっしゃいました。

    ユーザーID:6490143969

  • トピ主さんが怖いです(3)

    私は彼女は典型的な「NYで成功している人」だと思います。トピ主さんのNY滞在理由はわかりませんが、はっきり言って、ちょっと違うのでしょう。そこが鼻についてるのではないですか?
    日本だったら、高い学歴、ステイタスは謙遜しなければ叩かれます。でもNYCにどっぷりつかってる彼女にはそういうところ、もうないのでしょうね。
    彼女は確かに日本的価値観からしたら鼻につく人だと思います。でも、トピ主さんを親友だと思い、そしてNYの話が自分達にとっての共通の話題だと思っているのではないですか?子供に興味のない人は、幼稚園の話なんて訊こうという発想が出てこないですよ?トピ主さんはお友達の会社の事業戦略について率先して訊きますか?
    何だか彼女が可哀想。トピ主さんみたいな人、怖いです。

    ユーザーID:6490143969

  • 本当に久しぶりの投稿です。覚えていますか?

    もう一年近く前のトピになりますが、当時は色々な意見を頂き、ありがとうございました。あれからも、彼女に対して時折考えたりしてきました。
    そして、こんなに時間がかかりましたがやっと分かったような気がします。

    実は、皮肉にも私自身あれから夫の仕事の都合で海外に来る事になり、現在アジアのある国に暮らしています。外国にすむ日本人の気持ち・・・それは再び思い出すことができました。ですが、夫の都合で付いて来た私の立場では、彼女のNYを選んでで住んでいる感覚とは違うと思います。
    私はNYで学びたいことを学んで、満足しています。いつか、またそれに関する仕事ができればいいと思っています。彼女のようにキャリア志向で特にオフィスワークには興味が無いので、彼女に嫉妬があったわけではありません。お金を大胆に使えば、彼女のようなゴージャスなファッションも可能です(限界がありますが)でも、今の自然体の生活が気に入っており、特に興味はありません。では、どうして、あんなに不愉快な気持ちになったのか。
    それは、彼女自身の「自分の人生は正しい」という押し付けのような気持ちだと思います。続きます・・・

    ユーザーID:7702568939

  • 続き

    どなたか書かれていましたが、精神的に余裕の無い時期だったのだと思います。色々な意味で、日本の誰にも負けない格好で来たという戦闘態勢だったように思えます。鎧を着てきたのです。
    帰国前に私と国際電話で話していて、私が、「私の住む地域の幼稚園ママは、とてもきれいにしている。」と言った事で、彼女に火を点けたのではないかと思います。確かにNYには服装などこざっぱりしていて、日本のようにピカピカのイメージはありません。彼女はそれも認めていました。
    でも、私が本気になったらこれくらいできるという負けん気で、披露したかったのでしょう。それから、彼女と私の間に、本当の信頼関係が無かったのだと認識しました。NYにいたときは価値観も似ていて仲良くしていたものの、膨大な金額の滞在費、授業料を出してもらって何年も院浪人している彼女に対し、親の経済力を凄いと思っただけで、彼女を凄いとは思った訳ではありませんでした。そして、自分のしたいことよりも、兎に角学校にこだわる、職種にこだわる、形ばかりで、見栄張りの彼女を認めてもいなかったのだと思います。
    私とは通じるものがもともと無かったのでしょう。

    ユーザーID:7702568939

  • 続き3

    もし、本当の友達なら久々に会っても服装にコメントして二人で面白おかしく笑っていたかも知れません。
    彼女とはそこまでの関係では無かったと思います。
    結局私も怖いのです。彼女もきっと繊細だろうから、何か言えばとても気にする、下手すれば私も傷つく。
    きれいで、高学歴で、高収入で、お嬢様で、そして性格はとても傲慢で寂しがりや。
    世間で良いとされているものが好き(ブランド物)、評価されているもの(映画等)しか褒めない。
    形にこだわって体裁を気にするというのでしょうか。世間にはこのタイプはたくさんいるのかも知れないと思いました。
    続く・・・

    ユーザーID:7702568939

  • 続き4

    私は自分に満足しているので何も感じないと思っていましたが、彼女のこの時の態度だけは理解不能で、考え込みました。女の嫌味な見栄の心理とはここまで人の気持ちをかき乱すのでしょうか。
    きっと、彼女の心理の中に、日本の専業主婦なんかより優雅だと自負したい気持ちがあったのだと思います。
    そうでないと、こんなに不快なはずがありません。海外に住んでいると色んな人がいるので、確かにファッションも大胆になったりします。今、海外にいるのでそれはよく分かります。でも、きっとそういう単純なものでは無かったのです。その本人の態度にもよると思います。もともとの関係にもよると思います。私も気をつけようと思いました。高級車、ブランド物、当たり前のように身に着けているお金持ちではなく、やはりちょっと贅沢してそういったものを買う人も多いと思いますが、それが本当に好きなのであれば嫌味でもないでしょう。でも、どこかに他人との比較、区別、色々な主張、色んな社会的な要素が絡み合って、お互いに加速しているのだと思います。久しぶりに会う友達に思いっきり見栄を張るとしたらそれは、お互いにとって本当の友達ではないのだと思います。

    ユーザーID:7702568939

  • キャサリンさん お久しぶりです

    懐かしいトピが上がってるなと思ったら、トピ主さんだったんですね。
    レスはつけませんでしたが、興味深く読んでいました。

    お友達は強烈な個性の持ち主で、それにトピ主さんが心を乱される状況というのは分かります。
    でも1年経ってご自分の境遇が大きく変化しても、未だに考えてしまうというのはどういうことなのでしょう?

    私にはキャサリンさん自身の中に何か反応する部分があるように思えます。
    お友達が傍目に分かるほどみっともなく足掻き、あなたに押し付けてくる(とご自身が感じている)価値観の何かに、ご自身も引っかかるものがあるのではないでしょうか。

    キャサリンさんは、
    >私は自分に満足しているので何も感じない
    と書いています。
    これはすごくカッコいいことですよね。多くの人がそう言いたいことでしょう。でも、実際に何物の屈折も抱えていない人はいないのでは?
    小町にはたくさんいらっしゃるような気がしますが(笑)

    こういう状況で相手に非を見ると心が荒みます。
    触れられて嫌な部分を「これは私のコンプレックスだ」と自覚していれば、少しは穏やかになれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6051754885

  • わざわざ蒸し返さなくとも

    なんかトピ主さんのほうが戦闘態勢な感じです。NYの彼女のこと本当は嫉妬してるけど、自分で言「訳をあれこれ見つけ、自分で納得しようとしている。今度は自分も海外暮らしだから「あなたには負けないわ」って宣言しているようです。洋服や持ち物のこといろいろ書いてあったけど、ご主人が好きでプレゼントしているんじゃないの?今は、NYの女性はきらびやかにしていますよ。若い子でもブランド持つし、高価な服着ていますよ。彼女にとっては普段の服装だったのかも。キャサリンさんの一方的な嫉妬かなと感じました。特に最近の書き込みから。本当は、ニューヨーク駐在になってほしかったのね。ご主人に。

    ユーザーID:5330725743

  • 気にしすぎじゃないですか?

    キャサリンさん

    自分の今の自然体な生活が気に入っているなら、ご友人の事はあまり気になさらない方がいいですよ。
    それに、NYCで生活している人にとっては、大げさなジュエリーや、派手ながらのラップドレスは、それはそれで自然体なんですよ。堂々とした態度も、長く海外にいたら普通なんですよ。

    >きっと、彼女の心理の中に、日本の専業主婦なんかより優雅だと自負したい気持ちがあったのだと思います。
    NYで大学院まで出てバリバリ働いていたら、日本の専業主婦は目にもかけていないと思います。

    私も先日欧州から帰国して日本の友人に再会しました。私は逆にF国でヨレヨレジーンズ&ヨレヨレコンバース穿いた専業主婦ですが、東京の独身の友人の活躍ぶり、綺麗さにビックリ。友だちがイキイキしているのを見るのは素直に嬉しいと思いました。

    お友だちのも、女の嫌味な見栄とかじゃなくって、元気でイキイキしてる証拠じゃないですか。お洒落するのは女の心意気ってもんです。

    それより、トピ主さん自身が、自分のしたい事出来てますか?自己実現できずに不安な自分への言い訳に、お友だちを批難しているのではという印象を受けましたが?

    ユーザーID:8017008578

  • 結局。。。

    大分前のトピだったんですね。
    それにしてもレスされてる皆さんの、意見はそれぞれでも、その内容はレベル高いように感じました。

    ところで、トピ主さん、時間がかなりたってから3回にわたって、友人に対する気持ちを書き込みをされるとは、トピ主さんのその友人へのこだわりはかなりのものですね。

    ご自分の心理をいろいろ分析されていますが、結局その友人が嫌いだったってことを言いたいだけではないかと思いました。 

    何もここまで言わなくても... ご友人は2人しかいない友人のうちの一人があなただと言ってくれているのに。 ダイヤじゃらじゃらでも別にいいじゃない。

    人間は自分と「同じもの」を持っている人を嫌うといいますよ。

    ユーザーID:1323505662

  • キャサリン様

    たまたま、今日このトピを読んでいました。
    途中まで、最近のトピと勘違いしていました。去年のトビだったんですね。

    私も、NYに長く住んでいる者です。
    ず〜っと、今迄のレスを読んでいて最後に今年の5月のトピ主さまのレスを見つけた時一瞬、ポジティブなレスを期待しました。

    でも、申し訳ないですが、私には“なんで今頃?”って感じでした。
    そして、“又、悪口?”って正直とれてしまいました。

    トピ主さまがおっしゃる“私は幸せ、今を満足している”と何度も言われると逆に“満足していないのかな?”って私にはどうしても聞こえてしまうんです。
    間違っていたらごめんなさい。

    私もたまに一時帰国しますけど、私の友人では少なくても貴方の様な方は居ないもので。

    ただ、純粋に“えっ?”と思ったもので書き込み致しました。

    価値観の合う、友人がみつかると良いですね。

    お元気で。

    ユーザーID:1369756675

  • あおきいろさん、ありがとうございます トピ主です。

    あおきいろさん、レスありがとうございます。覚えていただいてありがとうございます。勢いに任せて書いた投稿なので、ちょっと表現が不適当だったり、不十分ですみませんでした。
    あおきいろさんの、「トピ主さん自身になにかあるのでは・・・」という意見、そうなのかなぁと興味深く読ませていただきました。自分では分からないものですよね。それから私が「自分自身に満足しているので」と自分のことを表現していますが、これは自信があるというのではなく、もちろん、何かと悩んで暮らしている私です。ただ、本当に平凡だけれども家族を持ってささやかな幸せを感じることもあり、今の自分は幸せだと認められるので、ここまで外部に刺激されるとは思いませんでした。
    もし、友人が社会的に成功して有名になったりしていても、羨ましい気持ちがあっても素直にそれを認めたりできそうです。会った時の友人の態度にもよるかもしれませんがきっと嫌な思いまでしない。
    ではこのNYの彼女に対して、羨ましい訳では無いのにどうして嫌だったのか。この話は私の周りの主婦の友人に話したところ、私の嫌だった気持ちが理解されました。

    続く・・・

    ユーザーID:7702568939

  • あおきいろさんありがとうございます 2

    それから、今日別ののトピを見ていて少し気づいた事がありました。
    残念ながら削除されてしまったようですが、「友人に優越感を感じてしまう」というタイトルの学生さんのトピでした。
    内容は腹立たしく(笑)就職の内定先が回りの誰よりも給料がダントツ高いだの、彼氏に周りの誰よりも大事にされ、もらったものやしてもらった事も上だというものでした。そうです、正にこのNYの彼女、上辺を見て勝ち負けを判断していそうな気がしました。勝手に乗り込んできて威圧してきた、その負のオーラに刺激されたのでしょうか。思い出せば、私に他人の学歴や職業を言っていたものです。彼女が結婚した相手と付き合っている時も、「ティファニーの○○」をくれる位だから向こうは本気だとか、そういう事も言っていました。彼女は大人なので、そこまで露骨な表現でもなく、「もので計る訳じゃないけど・・」と断りも入れていたのでそこまで当時気にしなかったものの、学生さんと同じだと思います。その強烈な価値観と、現在平凡な暮らしに満足している私の相性が悪すぎたのではないかと思います。私自身の奥深い大切な価値観を理解されそうもなく寂しかったのかもしれません。

    ユーザーID:7702568939

  • ちょっと補足説明(2度目です)

    本日の自分のレスを読んで、わかりづらい箇所があるので補足します。
    まず、かなり時間がたってから3回のレスではなく、4回でしたね。(4回に分けてのレスという意味)

    また自分が持っているものと同じものを持っている人を嫌うとは、ダイヤとか、物のことではなく、たとえば、噂話の好きな人は、噂話の好きな人を嫌う、とかそういうことです。

    それにしても近所に住んでいて頻繁に顔を合わせる相手でもなく、アジアとニューヨーク こんなに離れて住んでいる友人に対してのこのこだわりは尋常でないものを感じます。 やっぱりトピ主さん自身になにかの要因が有るのでは、と改めて思ってしまいました。

    心の奥の奥ではニューヨークが恋しいのかな?

    ユーザーID:1323505662

  • キャサリンさん、あんまりだわ!まだ言い訳言っている

    思わず出てきました。再び。これは掲示板なのに、そこまで書くか?自分のブログで『私は私だ!』っって書けばいいんじゃない?そこまで知り合いの人を悪く書かなくてもいいんじゃない?アメリカは職業と学歴はセットになっているようなもの。NYに居た事あるんなら理解できますよね。ティファニーってやっぱり特別なお店なんですよ、この国では。このニュアンス、理解できませんか?彼女はキャサリンさんだったらわかってくれると思ったかも知れませんよ。最後は、別の人のトピを例に出し、『私の価値観はもっと崇高よ』とのたまう。NYの彼女もどこか、構えているかも知れないですね。私はかなり長い年月ここに住んでいるので、別に日本が、NYが東京がなどとは思わなくなりました。住み始めて3年くらいは両都市をよく比較をしていましたが、19年目となると、東京もNYも「むかしはもっとよかったよね」と時代と比較するようになってしまいました。人は、みな『事情』って言うものがあるんですよ。自分だけの事情で人を計るのはよくないと思います。これは自分自身への言葉でもあります。

    ユーザーID:5330725743

  • がっかりしました

    1年前のトピに戻ってこられたので、過去のご自分を振り返られることを書かれているのかと思いきや、彼女の悪口の総括ですか・・・

    ここまで彼女にこだわるあなたを見ると、結局あなたは彼女を嫉妬しているか、彼女の中に自分自身と似た欠点を見つけそれを激しく嫌悪しているようにしか見えません。同族嫌悪なのでしょう。

    NYではなくアジアに駐在になって、今のあなたは彼女に見下されているでしょうね。それが悔しいのでしょうか?彼女を馬鹿にしながらも、彼女の価値観でしか自分を評価できない。なぜならそれはあなたの価値観と同じだから。そしてその彼女を越えられないあなたがいるのですね。

    ユーザーID:5028589872

  • 理由は単純なこと

    初めてトピを頭から拝見しました。
    わたしの感想は「トピ主さんに余裕がないな」です。

    お友達と同じくNY生活を経験した事のあるトピ主さんが
    なんでお友達を疎ましく感じるのだろうと思いました。
    日本に帰国し、日本での主婦の生活に満足している。
    気持に余裕があるなら、お友達の高飛車な発言や、
    笑ってしまうくらいゴージャスな身なりも、
    (あ〜、仕方ないなぁ)と苦笑してやり過ごせる気がします。
    口では「ステキね!」と言いながら。

    結局、自分の意識の裏で、親や夫の経済力に恵まれている
    お友達をうらやむ気持ちがあり、素直に受け入れられないのでは
    ないでしょうか?
    どちらも本音のないお付き合いで、不毛な気がします。

    ユーザーID:7435183346

  • 成長してないねぇ

    結局、友達の悪口ですか。
    わざわざ古いレス引っ張り出してきて、まだやりますか?
    全く成長ないですね(笑)
    言えば言う程、負け惜しみにしか聞こえずお気の毒です。
    確かにお友達もどうかと思う所も勿論ありますけど
    それをココまで引きずって自分自身を客観的に見られないトピ主さんは
    やっぱり彼女の事を異常に意識してるって事ですよねぇ。
    なんだか憐れになってしまいました。
    書けば書く程、自分自身、潜在意識の中で必死で満足してると
    思い込みたいんだろうなぁ〜と思いました。

    ユーザーID:5179076196

  • 似た者同士

    お互い、相手が、自分にない、もしかしたら自分も手に入れられたかもしれない「何か」を持っていることが、
    心の底では羨ましいのだろうな、と思いました。
    だけどそれを認めたくないと無意識のうちに心にバリアを張っているから、
    2人の関係がうまくいかないんですよ。
    2人ともがNYコンプレックス。
    似た者同士です。

    老後になったときに再会したら、
    「あの頃はお互い若かったよね〜」
    「本当色んな意味で意地張っちゃってて、今考えると笑えるよね〜」
    なんて言いながら笑い合える仲になるんじゃないかな。

    ユーザーID:3970724168

  • 自分語りになりますが

    キャサリンさん、丁寧なレスをいただいて恐縮しています。

    お友達はたしかに強烈な個性の持ち主ですし、学歴や職業、持ち物で競ってこられたら、多くの人は嫌な思いをするでしょう。

    それでも、こんな風に掲示板に心の内を書かずにいられない、相手の心理を微に入り細に入り分析せずにいられない、そんな風にキャサリンさんを突き動かしている何かは、やはりキャサリンさんの中にあるんじゃないかなと思うんです。

    私も海外駐在中で子供がいる専業主婦、日本でバリバリ働いてたけど夫の赴任のために辞めた方たちから、「専業主婦なんて」と下に見られる時はへこみます。
    平凡な毎日を幸せと思い、夫の赴任について回る、これが私の人生なんだと腹をくくって生きてるのですが。
    「今はあなただって専業主婦でしょーがー!」
    「出産前なら私だってバリバリだったー!」
    「だが過去にすがるのは意味がないー!」
    と心で叫んでスッキリ(笑)

    「働き続けられたらよかったな」という思いがゼロでないのは、自分でも分かってるんです。
    が、足るを知るだなーと。
    刺激してくる相手を気にし続けるのは苦しくないですか?

    ユーザーID:6051754885

  • 生活環境の違う友達はとても大事

    もう日本でどんな便利なものがあるのかとか、美味しいレストランはどこかも解らないぐらいになってしまっている私ですが…

    日本にいるお友達は大切に思っています。
    生活環境は皆それぞれです。
    二児の母や、キャリアウーマンや、普通のOL、パン屋の女主人、ソムリエ…いろいろです。

    集まると(そんなに頻繁に集まれませんが)皆楽しい昔話もしますが、愚痴ったりもします。
    解らない話もありますが、みんなそれはそれで話を聞きます。
    そんな中で自分の知らない世界や、解らなかった苦労などが見えてきます。そうやって私達はお互いを刺激しながら、理解しながらお友達を続けているんです。

    お互いに相手の価値観や意見を受け入れて初めて成り立つ関係だと思います。

    自分の意思とは裏腹に、しかも英語圏ではない国の滞在を強要されているトピ主さんに同情はしますが、トピ主さんの最後の書込みから“主婦のねたみ”のような感じを受けました。

    海外在住が長いため、日本の友達との意識の差のトピかと興味深く読ませていただきましたが、トピ主さんの〆られ方には残念です。

    ユーザーID:2519285213

  • わかる、、、わかります。

    わかります、トピ主さん。

    私はマイペースで嫉妬を感じることもあまりなく、自慢げな人も率直でかわいらしく思えます。
    なのに、たった一人だけどうしても苦手な人ができました。
    最初は人の幸せを喜べない人間になったのかと落ち込みましたが、変わらず他の人は喜べるのです。
    彼女と他の人の違いは、「彼女はいつも怒っている」でした。
    うまく言えないのですが、何かに怒って苛立っている感じで。
    ただ自慢げな人は純粋にその事柄を喜んでいるのに対し、彼女は他者への攻撃の道具にしていて、でもちっとも嬉しそうではなく満足もしていず、苛立っているようでした。
    心から褒めても機嫌が悪いのです。
    かと思えば、とても打ち解けて慕ってくれたりもしますし。
    後になって彼女が家庭で居場所がないと嘆いていたと知りました。
    ご両親が弟ばかり可愛がるそうです。

    トピ主さんのご友人も、満ち足りない思いがおありかも。
    心に怒りがある人は付き合いづらいのですね。

    ユーザーID:8739320621

  • 別に悪口じゃないでしょ

    私も主人に付いて来て海外在住4年目(通算合計10年)です。トピ主さんのお気持ちわかりますよ。何人かのレスと違い、私はトピ主さんが意識して友人の悪口を書いているとは思いません。特に嫉妬も感じませんが...
    トピ主さんはマメでまじめな性格なのですよね。思ったことでトピをたてて相談し、経過を報告し、友人と自分の気持ちのズレを分析している。地位・仕事・金目のものにこだわるNY在住のお友達と、今は家族との幸せを一番と考えるトピ主さんの価値観の差を分析されて正直に書き込むと「嫉妬、ねたみ、悪口」と書かれる。トピ主さんの真意は違うと思いますけどね。

    ユーザーID:8819620987

  • 本当に平凡な暮らしに満足なら、

    どんなに傲慢オーラ出してる相手でもあまり気にならなかったんではないですかね。
    でも、2人しかいない親友の一人と言ってくれてる友達ってありがたいように思うのですが。

    私は夫の仕事で中国に3年あまり住んでいて、当時の主婦仲間がたまに帰国するとき会います。
    とにかく久しぶりの日本を楽しんでもらいたい気持ちで会いますよね。それを楽しみたい気がさらさらないと寂しいかもしれません。
    でも一時代を一緒に過ごし、共通の思い出のある友達と会うと本当に楽しいです。
    トピ主さんが、ニューヨークで頑張っている友達を応援する気持ちになれたらいいのに、と思いました。

    ユーザーID:6640870603

  • そういう事もある

    なんとなく…ですが。

    そのご友人とトピ主さんは、ご本人たちも意識しないような部分で、どこかしら似ている部分があるのではないでしょうか。
    相手に対して羨ましい気持ちを素直に認められない、というか…

    ご友人は、「普通の主婦」であるトピ主さんが羨ましい(かどうかはわかりませんが、多分、何か彼女を刺激する部分があるのだと思うのです)。
    結果、戦闘服を着て再会の場に現れるわけです。
    相手が同じような装いをしていない事は、だいたいわかるわけですが。
    そしてトピ主さんは、そんなご友人に対してムカッとする。
    「あぁ、面白い人だなぁ」とは思えずに。

    他人から見たら、「どっちもどっち」な感じです。
    色々な意味で「合っちゃってる」というか。

    今は距離を置いた方が良いでしょうね。
    本当にご縁があれば、必要な時は必要としている形で現れてくれると思います。

    私にも、同じような友人がいたような気がします。
    あまりにも自分を見るようで、嫌な気持ちになったりしたので、距離を置き続けてそのままになっていますが…
    それはそれで良いと思っています。必要な事だったのだろうと。

    ユーザーID:6491195460

  • 本人の性格に起因するものでは?

    米国西海岸在住です。研究職ですが、最初の2年は日本とのギャップを埋めようとして肩に力が入りすぎ、それから1年は日本に帰国時の違和感に悩み(恐らく無理をして自分を作り変えた歪み)、5年を過ぎてマイペースで快適になりました。でも日本の安くて美味しい食事、お風呂、温泉が懐かしくてたまりません。

    キャサリンさんのトピとレスを読んで感じたことですが、ご友人の許せない(気に障る)所は、NY居住等は関係はなく、本人の性格ではないですか?
    ご友人は「見栄っ張り」「負けず嫌い(人よりも優位に立ちたがる、という意味で)」ですよね。それを出してもよい時もありますけど、友人同士でそういう態度をとり続けられたら、疲れて嫌になってしまうし、トピ主様も構えてしまうと思うんです。
    ただ日本を離れて長いと、元の性格が変質して増長されたりする事はあると思いますが。
    これに対して、ご友人の表面的なNYかぶれ(失礼)的なところは、それほど気にならなくて、許容範囲の印象です。

    トピ主様も負けず嫌いだとは思いますが(笑)、今の生活環境が狭いせいか、思考が無限ループに入っている気がします。お気をつけて。

    ユーザーID:7947672416

  • 彼女はトピ主さんに気を遣ったのではないの?

    トピ主さんが、レストランに誘ったのでしょう。
    トピ主さんが、まわりの幼稚園のお母様がおしゃれだと話したのでしょう?
    それで、彼女は、トピ主さんに恥をかかせないように気を使っておしゃれをしてきてくれたのだと思いました。
    昔、アメリカに住んでいたことがありますが、あちらの方たちは、アクセサリーをつけるのが普通でしたよね。
    あまり、お友達の個人情報は書かない方がいいと思います。おそらく彼女がここを見ることはないでしょうが、もし読めば気を悪くされるかも。
    私は、彼女がすてきな女性に思えました。

    ユーザーID:4109919657

  • 素直になってみてください。

    いろいろ読んで、感じたこと。
    トピ主さんのほうが、彼女をねたみ、ひがみ、みえにこだわっているということです。
    会いたくないのは、自分が会えば負けた感じがするからではないでしょうか。
    あなたもNYでがんばってみたかったのでしょう。素直になったほうがいいですよ。
    読んでいて、いつまでもそんなことにこだわっているのもなんだか・・・と思いました。

    ユーザーID:9568474064

  • 嫉妬むんむん

    結局、トピ主さんはお友達にライバル心を燃やして
    嫉妬しまくっているのだと思いますよ。
    「私は何も気にしていないのに。」なんて言いながら
    相手をここまで事細かに分析し批判するのは自分と比べているからでは?

    なんだかんだ言ってもトピ主さんの文章からは
    凄まじい嫉妬しか感じられませんでした。
    トピ主さん、本当は自分の人生に不満を持っているのでは?
    心のどこかで友人を羨んでいるのでは?
    本当に気にしていない人なら相手の一挙一動に関心を持ち論う事もないですから。

    トピ主さんが友人の事を何か言えば言うだけ虚しさが漂いますよ。

    ユーザーID:3102394440

  • ネガティブな感情が続くときは

    はじめまして。
    お友達に対してなぜモヤモヤする気持ちを持ってしまう(持ってしまった)のか、再会から1年たった今も納得いかずに悩んでいる様子が投稿からよくわかります。
    お友達の行動や思考を分析して理解しようとしているようですが、こういった場合、原因は外ではなく自分の内にあることが多いです。

    トピを読んで感じたのですが、キャサリンさんはNYで何かやり残したことがあるのではないでしょうか?
    もしずっとNYにいたら、お友達と似ていたという「価値観」は今でも同じだと思いますか?
    そもそもNY時代どのような「価値観」をお友達と共有していたのでしょうか?

    トピ主さんはやさしくて真面目、自分の生き方や選択に納得して生きたいタイプだと思います。でも時には自分の内の声を聞き、心を開放することも大切です。今の状態だと心に鎧をつけているのは、お友達ではなくキャサリンさんのように感じます。

    せっかく1年ぶりに書き込みをしたのですから、徹底的に自分を分析してみてはいかがでしょうか?
    今まで気づかなかった物が見えてくるかもしれません。

    ユーザーID:4233653262

  • トピ主さんは優しい

    トピ主さんのレスは悪口ではなく、ただ率直に感想をのべ、自分の心理を
    分析したがっているだけだと思います。
    人生に満足し穏やかな精神でいると、他人に掻き乱される事が滅多に
    ありません。きっと普段のトピ主さんは、石油王と結婚した人を見ても、
    自分の人生と交換したいとは思わないほど心が落ち着いているのでしょう。
    そのため、たまに他人に嫌悪感を持つと、原因を分析したくなるのでは?

    「興味を持てない相手」はいても「嫌悪を感じる相手」は滅多にいない。
    なのに、なぜただの旧友にイラつくのか。
    我ながら不思議で、時間が経っても(経つほど?)ふとした拍子に
    思い出して考えてしまう、という感じでしょうか。

    でもそれは、トピ主さんがむしろ優しく素直だからでは?
    私のように狡猾で傲慢な性格だと、彼女に『同情』し『気を遣』って、
    NYを讃え、在住の彼女を褒め、良い気持ちにさせることで、変な
    自己満足に浸ったと思う。なんと言うか、『不幸な旧友の心理を汲み、
    完璧に対応してアゲル余裕のある親切な私』な行動を取り、ホクソ笑む
    いやらしい私を容易に想像・・・。

    ユーザーID:5247190113

  • アメリカ

    私も少しだけアメリカに住んでいたことがあります。やはり外国に行くと色々な事を考えることができます。アメリカで流行した後、日本に流れることが多いんだな、とか、アメリカでは車いすの方が沢山ショッピングしていて、日本は設備がちゃんとしていないから障害者が外に出られないんだろうな。とか・・・。

    自分で感じてきたことって、つい人に話したくなります。もちろん、日本の良さにも気づきます。野菜が豊富ってありがたいことだとか、安いものだと日本の洋服や、靴のがおしゃれで、機能的なものが多いです。

    ただの情報として話します。でも、あまり言いすぎると、嫌味なんでしょうね。私も気をつけようと思いました!!

    ていうか、そのお友達が本当に鼻が高くなってるのかなあ?ただの話題だったら聞き流してほしいと、同じ経験してる私としては思います。

    知ってしまったアメリカ情報、言わないで我慢するのもなんだか不自然。
    私は海外の生活に興味を持ったので、色々な国についての本を読み漁っているほどです。嫌味にとられるなんて寂しいです。ご友人もそんな気持ちなのでは?あまり具体例がないのでわかりませんが・・・。

    ユーザーID:3530606933

  • もっと自信を持って

    トピ主さんが書けば書くほど、ご友人(と呼べるの?)へのコンプレックスが浮き彫りになってるような気がします。
    何年も院浪人といいますが、日本人がアメリカの大学院(それも結構な名門校?アメリカは日本の10倍は学歴社会なので、学校名にこだわるのは尤もなこと)に入るのは難しいです。だってアメリカ人にとっても難しいんだもの。
    日常生活に問題がなく、コミュニティカレッジや専門学校でやっていける程度の英語力とアメリカの大学院(理系はそうでもないですが)でやっていく英語力は天と地ほどの差です。
    親御さんに経済力があったのは確かだと思いますし、中には全てスカラーシップで日本から準備して入ってくる超優秀な日本人もいますが、一般的に考えてもアメリカ育ちでもない日本人が院に入るのは優秀ですよ。
    それなりに苦労されてると思いますし、アメリカでは学歴とそれによって得た地位は堂々と誇っていいものですから。
    確かに自己顕示欲が強い方なのかもしれませんが、何ヶ月経っても「上から目線」でその方を分析しようとする執着はコンプレックスからではないでしょうか。

    ユーザーID:8188167206

  • トピ主さんも傲慢です。

    トピ主さんも傲慢だと思いました。

    なぜなら、友人が日本の生活(?)を否定的に見ているように、

    トピ主さんも、友人を否定的に見ているからです。

    その上友人の事を事細かにここで。。。。

    もう友人ではないです。トピ主さんも。

    ユーザーID:8465399932

  • 格好悪い

    トピ主さんの、それなりに充実した今の生活に満足している、という言葉に
    偽りは無いのでしょうが、結局トピ主さんは、”きれいで、高学歴で、高収入で、お嬢さま”のご友人に激しく嫉妬し、彼女を忌み嫌っているだけという
    印象を持ちました。

    自分の住む地域や新築の家にお世辞の一つも無いと嘆く貴方は、つまるところ
    彼女から認められたくて仕方ないのですね。
    負けず嫌いで、強烈な対抗心を燃やし、相手を意識しているのは貴方の方では
    ないですか?
    貴方が彼女の「上辺だけを見て勝ち負けを判断する」価値観で評価された場合、貴方は明らかに負けているから悔しいのでしょう。

    ちなみに私はアメリカ都市部在住ですが、どなたかも仰っていたように、
    こちらでは大振りな宝石を着けるのは普通ですし、最近の若い女性は皆程々に
    小綺麗な格好しています。
    ご友人の身なりに難癖をつけ、ご自身を正当化するのははっきり言って
    格好悪いです。

    ユーザーID:3177413674

  • 本当に幸せですか?

    あなたは本当に自分の人生に満足していますか? 今、心の底から幸せだと感じていますか? 幸せな人生を送っている人間は、決して他人を貶めるようなことはしません。友人の人生に嫉妬をしているだけではありませんか?自己分析と称して、匿名で見ず知らずの人達に彼女の悪口を言って、憂さ晴らしをしているだけではありませんか?

    仮に友人がNYの話を持ち出しても、自分がNYに憧れを抱いていなければ、それを「自慢話」と感じることもないと思います。学歴もそうです。
    職歴もそうです。つまり、友人のことを「傲慢だ」とあなたが感じること
    自体、彼女が「NYに住んでいること」「綺麗なこと」「高学歴であること」「高収入であること」を羨ましいと感じているからではないですか?

    人間誰でも嫉妬を感じることはあります。それを素直に認めることが大切です。幸せな人生を送っている友人を見て、素直に「羨ましい」と感じることは決して間違っていることではありません。それを認めずに、嫉妬の対象となっている友人の生き方、価値観や人生観を陰で批判することによって、自分の正当性を主張するのは賢明なことではないと思います。

    ユーザーID:9731754330

  • 2

    思えば私が帰国した頃、話が合わなくなり衝突し、その時点で関係は壊れお互い突っ張った状態でした。感覚的に合うところはありましたが、根本の価値観や人生に求めるものは違っていたと思います。そして昨年の再会は、お互いが余裕の無い平行線の対峙状態だったと思います。事前の電話で相手の傲慢な発言に疑問があったのでこちらも身構えすぎたと思いますが、もう心が離れきっていてどこにも友達の温もりを感じられなかったのです。人の心と心は磁場のぶつかり合いのようで、その相性が悪ければここまで空気が張り詰めてしまうものだと改めて感じました。思い入れがあった友達なので、気になったのだと思います。

    ユーザーID:7702568939

  • 〆ます

    日本の住環境が気に入っていたので日本を離れるのは躊躇いましたが、今では家族全員ここの暮らしも気に入っています。西洋と東洋の文化が共存する魅力的な街です。また違う国で暮らせて私はよい経験をさせてもらっています。いつか、また他の国に住んでも先入観で判断したり偏見を持ったりすることのないよう、その国の色んな良いところも見ていきたいです。日本に帰国の際は、忙しい中時間を作って会ってくれる友達に感謝して、母国である日本人の機微を思い出し丁寧に接していきたいと思います。海外に暮らすと、日本の友人にはつい強がりを言ってしまいそうですが、距離があるからこそ親友には素直に接していたいです。いつからか本音を見せられない相手となってしまった彼女。お互い繊細で分かち合えた分、壊れてしまうと直すのが難しいようです。遠い遠い将来は分かりませんが。

    ユーザーID:7702568939

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧