現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

NYから帰国の傲慢な友人

キャサリン
2007年7月24日 3:07
古いレス順
レス数:120本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
今回は会わないほうがよいのでは?
疲れずに
2007年7月27日 3:51

自分自身が海外滞在で一時帰国、友人が海外から一時帰国の両方とも何度も経験がありますが、会う前に「気が重いな」と思ったときは、たいてい会話が弾まず、更に気が重くなってしまうことが多いような気がします。

多少、話にズレがあっても、会うのを楽しみにしていた友人との会話ならスルーできるのに、事前に構えた気持ちでいる人との会話だと、「やっぱり、こういうこと言うんだ」と、気になってしまったり。

一時帰国時に日本の友人に会えるのはとても楽しみですが、日本滞在中はバタバタと忙しいことも事実なので、約束がキャンセルになってほっとすることもあります。

嫌な予感がする今回は無理に会わず、しばらくメールなどで距離を置いたおつきあいを続けてはどうですか?彼女もトピ主さんも、時間とともに変わっていくでしょうから、再び波長が合って楽しく会話できる日がまたくると思います。

ユーザーID:1157122200
寂しいな
もうすぐ帰国
2007年7月27日 12:19

もうすぐ数週間帰国するNY在住です。

数年帰っていなかったので、友達に会うのも、日本の美味しいものを食べるのも、行き届いたサービスを受けるのも、とっても楽しみです。
が、やっぱり私も友人達にはこんな風に思われるのかな?って思ったら、ちょっと寂しい気もします。

あからさまに引かれる要因として、
「どうでもいい単語に英語が混じってしまう」(普通に考えて引きますよね・・・。日本語がおかしくなってる自分が恥ずかしいです。悪気は全くなく、ついて出てしまうだけなんです。)
「日本はどう、NY(アメリカ)はこう」
といった事を言うのは極力控えようと思っています。

私は自分の生活を、それほど素晴らしいとも充実感満点とも思っていません。なんとなく帰る時期を逃してしまっただけです。これからの事だって不安です。自分の国・日本で暮らす方がよっぽどリラックス出来るのに、何してんだ私?とも思います。こちらに来てから、必要に迫られて日に日に図々しくなってますしね・・・(汗)。

お友達はいろいろストレスやプレッシャーにさらされてるんでしょうね。お気の毒・・・と流して欲しいな・・・と思います。

ユーザーID:1647972932
いますね〜(笑)
まめこ
2007年7月27日 16:17

そんな人、私の周りでも、何人か見かけました(笑)帰国したとたん意識が変わった友人。
海外へ渡り、沢山の影響を受けて帰国するのはいいですが、意見が合わないと「これだから日本人は〜」「日本人ってどうして〜」的な発言ばかり。。
それに対して周囲が意見したり、気分を悪くしたりすると、私が帰国子女だから嫌われるのね・・・ってとんだ勘違い(汗)
経験上、このような人には何を言っても思いは通じません。
私はほっといてます(笑)

ユーザーID:6658256576
私にもそんな時期がありました…
ネウ
2007年7月27日 16:49

NYではないけれど、ド田舎から東京にでてきて憧れのメーカーに就職したのに、仕事も恋愛もうまくいかず、日々疲れきっていた時、私も友達にそんな態度をとっていたと思います…。
自分は努力して夢がかなってこんな素晴らしいところで働いているんだ!と、人や自分に言い聞かせなければやっていけなかったのでしょう。
今、仕事も恋愛も落ち着いて過去を振り返ってみると、なんて自分はイヤなやつだったのかとびっくりするほどですが、そんな時期も今も変わりなく接してくれる友達には感謝してもしきれません…。テレくさくてそんなこと一生言えませんが。
トピ主さんもそのお友達の態度が、ホントはそんな人ではない、何かツライことがあるのかもしれない感じでしたら、今回だけでも、自慢でも批判でもそっと受け流して聞いてあげれませんか?
ホントに生活が充実していて満たされてる人は、自慢したり、相手を貶めるような批判はしないと思いますし。

ユーザーID:1498092265
トピ主さんも一言言えばよいのでは?
猫の母
2007年7月27日 16:52

彼女は日本で生まれ育ったけどNYを生活の地に選んだ、トピ主さんはNYにも住んでた事があるけど、やはり日本で生活したくて戻ってきた・・・って事ですよね?
成人した人間が自分の価値観に近い、又は住みやすいと思う国や場所を選べる事ってすごく幸せな事ではないでしょうか?私の感覚では、結婚相手を選ぶのと同じようなものです。
その彼女がいろんな条件を気に入ってNYに住んでいるように、トピ主さんも日本がNYより自分に合ってると思ったから帰って来たのでしょうから、彼女にもはっきりそう言えば良いのでは?
一般の日本人の意見や、言動をトピ主さんが日本に住んでる一人の日本人として代弁するから話が噛み合わないんじゃないでしょうか?
「私はこう思うけど・・・。」って言ってみた事ありますか?

ユーザーID:0901221203
第1段階かと
ゴビ
2007年7月27日 17:21

私も双方、同様の経験があります。日本で就職後、数カ国駐在を経験をしましたが、1カ国目のときは様々な面で日本との違いを感じ、それを言いたくてしょうがありませんでした。ただ、2カ国目、3カ国目になると国や都市の違い、日本との違いも違和感がなくなりました。そういう感覚でアメリカ在住者、特にビギナー(?)の話を聞くと気分は良くありませんでした。アメリカ在住者は自分達も世界のマイノリティーであることを認識できないんですね。日本もアメリカも欧州もアフリカもアジアも世界の一部に過ぎないことが理解できれば日本がどうだ、アメリカがどうだという話は無意味であることに気が付くはずです。違って当たり前ですから。

でもアメリカに関しては勘違いする人は本当に多いのは事実です。中国で仕事をしていても「アメリカではどうだった」と訳のわからないこと言うアメリカ経験者は多かったです。未だにアメリカ=世界と勘違いしているんですね。なのでそういった話を聞いた時、私の場合は「この人はまだ第1段階にいるなぁ〜」という風に見ているので特に不愉快にはなりません。因みに私的第2段階は「日本の良いところが見えてくる」です。

ユーザーID:4271219360
浦島太郎
friends
2007年7月28日 12:23

去年帰国したとき、久々の友人に会いました。こちらはとても楽しみにしていて、友人は何でも議論できる人だったので、お話してました。でも、段々険悪なムードになってきて、向こうから色々と嫌味をいわれるようになり、最後には喧嘩別れになりました。
しばらく友人をなくしたと思って沈んでいたのですけど、このとびを見て、知らず知らずのうちに、自分の住んでいる国と日本を比べてしまって、”日本は〜”的な発言が多かったのかなと思いました。その発言に友人は反発したのかなと。普段知り合いとかにはそんな話しないのですけど、何でもいえる友人だと思ったから思ったことを言ってたんです。でも、理解されなかったようです。昔は何でも言えた人だったのに、すごく価値観の違いを感じました。
わたしは外国に住んでいても日本人として誇りをもっているし、日本のことを好きだからこそ世界でも通用する日本になってほしいと思って意見してたのですけど。
きっと、たまに日本に帰ると自分の思い描いていた昔の日本ではなくて、周りからはもう浦島花子状態なのでしょう。正直日本は未だに鎖国国家に思えました。

ユーザーID:2826368803
かなり、ストレスがたまっているのでは?
在米
2007年7月29日 14:19

彼女、かなりストレスがたまっていると思いますよ。日系企業で現地採用の日本人は最低の扱いされますから、彼女はかなり辛い思いをしているのではないでしょうか?

彼女の事情を考慮に入れて、優しくしてあげるのか、NY流にきつい事を言うのかは、貴女の選択ですね。まあ、今回は会わないのも良いでしょう。

ユーザーID:2012796610
「NY(都会)自慢」する人の共通点
ルビィ
2007年7月30日 6:30

先にお断りしておきます。トピのレスを斜め読みしただけなので的外れな回答になっていたらご容赦ください。私は都心で生まれ育ち、アメリカに住み20年近くになる者です。

こちらに来て初めてあった人たちが、NY(都会)自慢の人達です。

共通しているのは、田舎育ちでそれがコンプレックスだと言うこと。都心で育った私や周りの友達などは、大人になってから都会に住むことがステータス/嬉しいことなどという考えすらなかったので、びっくりしました。

田舎育ちそんなにいやですか。八丈島で育った知り合いがいますが、素敵と思います。

「NY(都会)自慢」する人に会うと「田舎育ちがコンプレックスの人」と思うだけで、彼女達が印象付けようとしている「そんなところに住んでいてすごい」ということはまったく思いません。逆の印象のみ。

本当にカチンと来ていて、さらにおっしゃる勇気があるのであれば、「そういうこと言う人って田舎育ちでそれがコンプレックスの人が多いんだよね」と言えば、そのご友人、あなたには高慢な態度とるのやめてくれるかも。彼女が賢明な人であればですが。

ユーザーID:3389753540
friendsさん、分かりますが
ぽんこ
2007年7月30日 13:54

>日本のことを好きだからこそ世界でも通用する日本になってほしいと思って意見してたのですけど。

分かりますが、お友達からすれば、「じゃあ、あなたは日本のために何をしてくれるの?」という気持ちだったんだと思います。あなたが日本のために何もできないのならば、遠くからの上から目線で「あれはだめ、これはだめ、結局日本は全然だめ」と言われっぱなしでは、お友達も気を悪くすると思います。
正直、あなたの意見は辛口でもなるほどな、と思えるような「建設的」なものではなかったんでしょう。

>正直日本は未だに鎖国国家に思えました。

うーん、どうでしょう。同じことが、アメリカ人同士で起こったら、やっぱりアメリカ人も(他の国の人も)気を悪くすると思いますよ。(というか、実際にそういうことがよくあります。どんな国の人の間でも。職場や学校でよく見ました。)
そのように友人の反応だけで、自分を反省せず一足飛びに「日本人は」と一般論化するところが(「自分の言ったことが悪かったんじゃないか」ではなく、「だから日本は鎖国国家だ」と考えてしまうところ)受け入れられないんだと思います。

ユーザーID:1247215509
friends様 横ですが
紅蓮の錬金術師
2007年7月30日 15:11

自分の意見が友達に聞いてもらえなかったという事象だけで「鎖国国家」とは傲慢な物言いです。日本ほど他国からどう見られているかを気にしてる国民はいないという事は、「日本人論」の類の本の多さを見ればわかりますよ。

ユーザーID:8502880818
NYは素晴らしい。でも傲慢な態度はお断りだ。
あしゅら猫小町
2007年7月30日 21:30

自分ならばそう判断します。そしてそのような類の友人とは二度と会いません。でもまたNYには行きます。

加えてNY自体が全てにおいて完璧かと言えば必ずしもそうではない。例えば鉄道好きだったらNYはさほど
魅力のある所ではありません。薄汚い地下鉄に不恰好な大陸横断鉄道。

これに比べて日本の鉄道シーンは百花繚乱、群雄割拠のヨーロッパですらその足元にも及ばない位。あと
ついでに自由の女神にしても牛久大仏や仙台大観音なんかに比べたらまるで子供としかいいようのない大
きさでしかない。でもNYにはまた行きます。

自分が一番必要としていないのはニューヨークでもモスクワでもなく、その傲慢な態度の元友人です。

ユーザーID:9221511714
Friendsさん、わかるんだけどね。
lana
2007年7月31日 0:12

ニューヨークに来て(アメリカ、とはあえて言いません。NYは殆どのアメリカ人が「特殊な場所」と思っているので)、「何でも議論できる」ことに新鮮さと喜びを感じるのはとてもよく分ります。まだお若いのでしょうね。

でも、「何でも言える友人」なんてニューヨークですら存在しないかな。
あなたは、「相手が嫌がることでも何でも、議論として言っていいんだ!」と勘違いしているのではありませんか?

NYでも、本当に成熟(成功)した大人たちは「相手の嫌がる話題を避け」たり「相手が喜ぶことを見つけて取り入れたり」の配慮が行き届いています。
「この話題では話が合わないな」と気付くと、すっと話題を変えたりすることも社交テクニックの常識です。
大事な友人を失いたくないからこそ、そうする人もいますよ。

政治家を始め、こちらのディベートでトコトン言い合うのには気分もすっきり、感心もしますが、これは「議論の場」での話です。
社交の場はまた別です。

全てを兼ね備えて初めて「世界に通用する国際人です」。
正直すぎる議論だけの片翼飛行では無理があります。

ユーザーID:2923277645
コンプレックスの裏返し
ウエストサイド
2007年7月31日 16:08

NYに長年住んで入れば、この街のいいところも悪いところもよ〜く見えてきます。それでもNYって特別で素敵な街、と思えるのはいいことだと思うけれど、それを日本と比較して馬鹿にするような態度を取るのは、よっぽど本人にそれだけの見得を張らなければいけないコンプレックスがあるからでしょう。

NYに住むことなんて誰にでもできるご時世で、えらいことでもなんでもありません。逆に東京の一等地に住んでいきなり自分の価値が上がったように思う人もいるみたいだし。私の知る限り、そういう人には屈折したコンプレックスがつきまとっています。プライドも高い、でも脆いところのある人たちです。そして「NYの個人主義はすばらしい」とか言ってるわりに、周囲の価値感や評価がものすごく気になっていたり。

きっとトピ主さんにNYな自分を見せたくて仕方ないのでしょう。すごいね、と言ってもらいたいのでしょう。日本批判を黙って聞いてほしいのでしょう。

トピ主さんがそれに対する率直な考えを言って気まずくなるならそれまでの友人だったのだと思います。きっと自分を賛美してくれる人を求めて去っていくでしょうね、虚構の世界ですが・・・。

ユーザーID:5586946273
まずは冷静に
YAK
2007年7月31日 18:09

帰国子女です。
私にも経験がありますが、海外で長く暮らすと、日本人なのに日本社会に受け入れてもらえるか逆に不安になってきます。帰国時に日本の事をいろいろいうのも、コンプレックスというよりは、実は不安の裏返しなのでしょう。
お友達は傲慢で幼いところがあるとの事ですが、その彼女のナイーブな所をあなたがかわいく思えるかどうかがポイントでしょうね。
いずれにしろ縁があって仲良くなったご友人。一度お互い頭を冷やされて冷静になったあと話してみる方が得策と私は思います。
ニューヨークと日本の話でお互い盛り上がれるような状態になれるといいですね!

ユーザーID:9345823075
ゴビさんの意見に賛成
alien
2007年7月31日 20:53

田舎から東京にでた子が「東京ではね〜」
大学卒の人が高卒の人に「大学ではね〜」
NYに行った人が「アメリカではね〜」
にわかセレブ?になった人が「○○はね〜」
昔も今も似たような話題はありますね。

で、私はゴビさんの「第一段階」の意見に賛成。
上記の内容でも、「・・・はね〜」の言葉は
あえて言わないほうが人間関係うまくいくと思って気をつけています。
帰国子女がめずらしかった時代(地域?)に育った
帰国子女の些細な知恵です。

私の知り合いで「○○ではね〜」のセリフが大嫌いで
こういった言葉に攻撃的な人がいます。
私は、このセリフをいわないので(?)良かったみたいですが。
今、その人は突発的に来ることになったアメリカで生活し
友達との会話や一時帰国での際に
嫌いだったはずの「アメリカでは〜」のセリフを連発しています。

ゴビさんの第一段階、というのに賛成です。
はやく段階を上がってくれることを願ってます。

ユーザーID:7209384877
いますいます、住んでる場所がステータスな人!
ねえねえ
2007年7月31日 23:20

江戸の崖っぷちさん、ルビィさんに同意です!

私は在米ですが、高慢な日本人に結構出会います。
外国に住んでいる(特にNYなどの大都市)だけで、英語が話せるだけで、自分は他の日本人よりエライとでも思っているかのような人。

住んでる街や勤めてる会社がステータスな人、ハワイ在住・NY在住に多い気がします。
ブログのタイトルだのハンドルネームだの見れば一目瞭然。
“ハワイなんとか”“NYのなんとか”って、住んでる街で人目を惹こうとしているかのよう。
引っ越せば、あるいは会社を替われば、そんなステータスなんか何の意味もなくなるのにね。

“心が田舎もの”なんだと私は思います。
もしくはそのまんまの、看板ナシの自分じゃ人目を惹けないと心の底で思っているのか。
かわいそうな人たちですよね。

自慢の種が、“住んでいる街”“そこで暮らしている(カッコイイ?)自分”っていう人たちって、ほんと勘違いもいいところ。

住んでる街がステータス、な人たちってイタイ と私は思います。
他所から来たにわか住民ほど、そうなっちゃう確率高いと思いません?

ユーザーID:1788310799
聞いた話
さらり
2007年8月1日 12:56

NY住在です。ひとづてに聞いた話で正確に覚えてないのですが面白いと思うので聞いて下さい。
全く文化の違う国に来て、環境に慣れて落ち着くまでに大まかに5段階の心理的変化があるという研究結果があるそうです。それによると
1全く違う環境に自分が冒険者になったかのような興奮を感じる
2環境にうまく対応できないことを理由とし、落ち込む
3自分を受け入れられないことに怒りを感じつつも郷に入れば郷に従え、を実感し徐々に新しい環境に自分から合わせて行くことが苦にならなくなる
4いつも、とはいかないが環境にうまく対応できてきてその国の良いところもわかるようになる
5すると自分の国に帰った時に自分の国なのに違和感を感じる
期間には個人差があるようですが大抵の人がこの5段階を経験するそうです。だとすると5の心理段階も多くの人が感じても不思議ではないですし、その人自身が変わった訳でもないのかもしれませんね。

ユーザーID:6562504996
いいトビだなあ〜
kitchin
2007年8月2日 11:21

すっごい横ですみません。
トピ主さんの疑問の投げかけ方や自省も大人らしいと思いますが
レスする方の視野・思慮が深く感心しています。
めったにない良トピだと思います。
とくにゴビさんのレスはとても説得力があります。
こうして考えると、海外に住む(それも短期間ではなく働く)
ということはやはり人間性を深めるのだろうか、とも感じました。

ユーザーID:8602825024
もしまだそのお友達にお会いになるのであれば、
バニラティー
2007年8月5日 10:01

次に話をする機会にさりげなく、食べているご飯の話題をふってご覧になる事をお勧めします。例えば、今一番おいしいカリフォルニアのこしひかりはなにになった?とか、最近どのお寿司屋さんのねたが新しい?とか、日本食料品店の話題とか、さりげなく。外国の暮らしが長い場合最後に残る母国のしるしは言葉ではなく食べ物です(失礼!なんだか動物っぽくなってしまいましたがこれ本当です)。

戦争花嫁の時代にアメリカに来て日本と隔絶した暮らしが半世紀におよび日本語がでなくなってしまっている方に一度ですがすれちがったことがあります。どこでだと思いますか?日本食料品店でさつまあげを選んでいらしたその方は、私たちの日本語を聞いてしゃべろうとしたのですが、ついにでてきませんでした。戦争花嫁だとのことでした。

そのニューヨークのお友達、多分家では白いご飯におのりです。

ユーザーID:9349435640
 
現在位置は
です