NYから帰国の傲慢な友人

レス120
お気に入り194
トピ主のみ8

キャサリン

ひと

私も数年前までNYに住んでいました。当時の友人がこの夏、日本へ一時帰国するようです。久しぶりに会うことになっているのですが憂鬱になってます。

私は帰国後結婚、出産、育児をしていて私なりに充実した暮らしをしています。彼女は向こうの大学院を出て、現地の日系の大手企業で働いており、結婚もしています。子供はいません。お互い状況は違っても、相手の価値観を理解し、尊重し合える関係でいたいのですが何だかそうはいかない気がします。

私は、彼女の日本の風潮を馬鹿にした態度が鼻につき、又、彼女いわく帰国してNYの事を話題にすると日本人には嫌われるという思い込みが自意識過剰に思えてきました。日本人はNYへのコンプレックスがあるからだ・・・とまで言ってますが、果たしてそうでしょうか?私も小さな子供がいて、親に預けてわざわざ時間を作って会うのに、先日の電話で嫌気がさしてきました。

電話でも既に、「単に日本人はNYのもの等、珍しがっているだけじゃない?誰もそんなに憧れているってわけじゃないでしょ。」と言い返したりして穏やかではない感じです。彼女への対応、どんな風にすればいいでしょうか?

ユーザーID:3614949827

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数120

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 〆ます

    日本の住環境が気に入っていたので日本を離れるのは躊躇いましたが、今では家族全員ここの暮らしも気に入っています。西洋と東洋の文化が共存する魅力的な街です。また違う国で暮らせて私はよい経験をさせてもらっています。いつか、また他の国に住んでも先入観で判断したり偏見を持ったりすることのないよう、その国の色んな良いところも見ていきたいです。日本に帰国の際は、忙しい中時間を作って会ってくれる友達に感謝して、母国である日本人の機微を思い出し丁寧に接していきたいと思います。海外に暮らすと、日本の友人にはつい強がりを言ってしまいそうですが、距離があるからこそ親友には素直に接していたいです。いつからか本音を見せられない相手となってしまった彼女。お互い繊細で分かち合えた分、壊れてしまうと直すのが難しいようです。遠い遠い将来は分かりませんが。

    ユーザーID:7702568939

  • 2

    思えば私が帰国した頃、話が合わなくなり衝突し、その時点で関係は壊れお互い突っ張った状態でした。感覚的に合うところはありましたが、根本の価値観や人生に求めるものは違っていたと思います。そして昨年の再会は、お互いが余裕の無い平行線の対峙状態だったと思います。事前の電話で相手の傲慢な発言に疑問があったのでこちらも身構えすぎたと思いますが、もう心が離れきっていてどこにも友達の温もりを感じられなかったのです。人の心と心は磁場のぶつかり合いのようで、その相性が悪ければここまで空気が張り詰めてしまうものだと改めて感じました。思い入れがあった友達なので、気になったのだと思います。

    ユーザーID:7702568939

  • 本当に幸せですか?

    あなたは本当に自分の人生に満足していますか? 今、心の底から幸せだと感じていますか? 幸せな人生を送っている人間は、決して他人を貶めるようなことはしません。友人の人生に嫉妬をしているだけではありませんか?自己分析と称して、匿名で見ず知らずの人達に彼女の悪口を言って、憂さ晴らしをしているだけではありませんか?

    仮に友人がNYの話を持ち出しても、自分がNYに憧れを抱いていなければ、それを「自慢話」と感じることもないと思います。学歴もそうです。
    職歴もそうです。つまり、友人のことを「傲慢だ」とあなたが感じること
    自体、彼女が「NYに住んでいること」「綺麗なこと」「高学歴であること」「高収入であること」を羨ましいと感じているからではないですか?

    人間誰でも嫉妬を感じることはあります。それを素直に認めることが大切です。幸せな人生を送っている友人を見て、素直に「羨ましい」と感じることは決して間違っていることではありません。それを認めずに、嫉妬の対象となっている友人の生き方、価値観や人生観を陰で批判することによって、自分の正当性を主張するのは賢明なことではないと思います。

    ユーザーID:9731754330

  • 格好悪い

    トピ主さんの、それなりに充実した今の生活に満足している、という言葉に
    偽りは無いのでしょうが、結局トピ主さんは、”きれいで、高学歴で、高収入で、お嬢さま”のご友人に激しく嫉妬し、彼女を忌み嫌っているだけという
    印象を持ちました。

    自分の住む地域や新築の家にお世辞の一つも無いと嘆く貴方は、つまるところ
    彼女から認められたくて仕方ないのですね。
    負けず嫌いで、強烈な対抗心を燃やし、相手を意識しているのは貴方の方では
    ないですか?
    貴方が彼女の「上辺だけを見て勝ち負けを判断する」価値観で評価された場合、貴方は明らかに負けているから悔しいのでしょう。

    ちなみに私はアメリカ都市部在住ですが、どなたかも仰っていたように、
    こちらでは大振りな宝石を着けるのは普通ですし、最近の若い女性は皆程々に
    小綺麗な格好しています。
    ご友人の身なりに難癖をつけ、ご自身を正当化するのははっきり言って
    格好悪いです。

    ユーザーID:3177413674

  • トピ主さんも傲慢です。

    トピ主さんも傲慢だと思いました。

    なぜなら、友人が日本の生活(?)を否定的に見ているように、

    トピ主さんも、友人を否定的に見ているからです。

    その上友人の事を事細かにここで。。。。

    もう友人ではないです。トピ主さんも。

    ユーザーID:8465399932

  • もっと自信を持って

    トピ主さんが書けば書くほど、ご友人(と呼べるの?)へのコンプレックスが浮き彫りになってるような気がします。
    何年も院浪人といいますが、日本人がアメリカの大学院(それも結構な名門校?アメリカは日本の10倍は学歴社会なので、学校名にこだわるのは尤もなこと)に入るのは難しいです。だってアメリカ人にとっても難しいんだもの。
    日常生活に問題がなく、コミュニティカレッジや専門学校でやっていける程度の英語力とアメリカの大学院(理系はそうでもないですが)でやっていく英語力は天と地ほどの差です。
    親御さんに経済力があったのは確かだと思いますし、中には全てスカラーシップで日本から準備して入ってくる超優秀な日本人もいますが、一般的に考えてもアメリカ育ちでもない日本人が院に入るのは優秀ですよ。
    それなりに苦労されてると思いますし、アメリカでは学歴とそれによって得た地位は堂々と誇っていいものですから。
    確かに自己顕示欲が強い方なのかもしれませんが、何ヶ月経っても「上から目線」でその方を分析しようとする執着はコンプレックスからではないでしょうか。

    ユーザーID:8188167206

  • アメリカ

    私も少しだけアメリカに住んでいたことがあります。やはり外国に行くと色々な事を考えることができます。アメリカで流行した後、日本に流れることが多いんだな、とか、アメリカでは車いすの方が沢山ショッピングしていて、日本は設備がちゃんとしていないから障害者が外に出られないんだろうな。とか・・・。

    自分で感じてきたことって、つい人に話したくなります。もちろん、日本の良さにも気づきます。野菜が豊富ってありがたいことだとか、安いものだと日本の洋服や、靴のがおしゃれで、機能的なものが多いです。

    ただの情報として話します。でも、あまり言いすぎると、嫌味なんでしょうね。私も気をつけようと思いました!!

    ていうか、そのお友達が本当に鼻が高くなってるのかなあ?ただの話題だったら聞き流してほしいと、同じ経験してる私としては思います。

    知ってしまったアメリカ情報、言わないで我慢するのもなんだか不自然。
    私は海外の生活に興味を持ったので、色々な国についての本を読み漁っているほどです。嫌味にとられるなんて寂しいです。ご友人もそんな気持ちなのでは?あまり具体例がないのでわかりませんが・・・。

    ユーザーID:3530606933

  • トピ主さんは優しい

    トピ主さんのレスは悪口ではなく、ただ率直に感想をのべ、自分の心理を
    分析したがっているだけだと思います。
    人生に満足し穏やかな精神でいると、他人に掻き乱される事が滅多に
    ありません。きっと普段のトピ主さんは、石油王と結婚した人を見ても、
    自分の人生と交換したいとは思わないほど心が落ち着いているのでしょう。
    そのため、たまに他人に嫌悪感を持つと、原因を分析したくなるのでは?

    「興味を持てない相手」はいても「嫌悪を感じる相手」は滅多にいない。
    なのに、なぜただの旧友にイラつくのか。
    我ながら不思議で、時間が経っても(経つほど?)ふとした拍子に
    思い出して考えてしまう、という感じでしょうか。

    でもそれは、トピ主さんがむしろ優しく素直だからでは?
    私のように狡猾で傲慢な性格だと、彼女に『同情』し『気を遣』って、
    NYを讃え、在住の彼女を褒め、良い気持ちにさせることで、変な
    自己満足に浸ったと思う。なんと言うか、『不幸な旧友の心理を汲み、
    完璧に対応してアゲル余裕のある親切な私』な行動を取り、ホクソ笑む
    いやらしい私を容易に想像・・・。

    ユーザーID:5247190113

  • ネガティブな感情が続くときは

    はじめまして。
    お友達に対してなぜモヤモヤする気持ちを持ってしまう(持ってしまった)のか、再会から1年たった今も納得いかずに悩んでいる様子が投稿からよくわかります。
    お友達の行動や思考を分析して理解しようとしているようですが、こういった場合、原因は外ではなく自分の内にあることが多いです。

    トピを読んで感じたのですが、キャサリンさんはNYで何かやり残したことがあるのではないでしょうか?
    もしずっとNYにいたら、お友達と似ていたという「価値観」は今でも同じだと思いますか?
    そもそもNY時代どのような「価値観」をお友達と共有していたのでしょうか?

    トピ主さんはやさしくて真面目、自分の生き方や選択に納得して生きたいタイプだと思います。でも時には自分の内の声を聞き、心を開放することも大切です。今の状態だと心に鎧をつけているのは、お友達ではなくキャサリンさんのように感じます。

    せっかく1年ぶりに書き込みをしたのですから、徹底的に自分を分析してみてはいかがでしょうか?
    今まで気づかなかった物が見えてくるかもしれません。

    ユーザーID:4233653262

  • 嫉妬むんむん

    結局、トピ主さんはお友達にライバル心を燃やして
    嫉妬しまくっているのだと思いますよ。
    「私は何も気にしていないのに。」なんて言いながら
    相手をここまで事細かに分析し批判するのは自分と比べているからでは?

    なんだかんだ言ってもトピ主さんの文章からは
    凄まじい嫉妬しか感じられませんでした。
    トピ主さん、本当は自分の人生に不満を持っているのでは?
    心のどこかで友人を羨んでいるのでは?
    本当に気にしていない人なら相手の一挙一動に関心を持ち論う事もないですから。

    トピ主さんが友人の事を何か言えば言うだけ虚しさが漂いますよ。

    ユーザーID:3102394440

  • 素直になってみてください。

    いろいろ読んで、感じたこと。
    トピ主さんのほうが、彼女をねたみ、ひがみ、みえにこだわっているということです。
    会いたくないのは、自分が会えば負けた感じがするからではないでしょうか。
    あなたもNYでがんばってみたかったのでしょう。素直になったほうがいいですよ。
    読んでいて、いつまでもそんなことにこだわっているのもなんだか・・・と思いました。

    ユーザーID:9568474064

  • 彼女はトピ主さんに気を遣ったのではないの?

    トピ主さんが、レストランに誘ったのでしょう。
    トピ主さんが、まわりの幼稚園のお母様がおしゃれだと話したのでしょう?
    それで、彼女は、トピ主さんに恥をかかせないように気を使っておしゃれをしてきてくれたのだと思いました。
    昔、アメリカに住んでいたことがありますが、あちらの方たちは、アクセサリーをつけるのが普通でしたよね。
    あまり、お友達の個人情報は書かない方がいいと思います。おそらく彼女がここを見ることはないでしょうが、もし読めば気を悪くされるかも。
    私は、彼女がすてきな女性に思えました。

    ユーザーID:4109919657

  • 本人の性格に起因するものでは?

    米国西海岸在住です。研究職ですが、最初の2年は日本とのギャップを埋めようとして肩に力が入りすぎ、それから1年は日本に帰国時の違和感に悩み(恐らく無理をして自分を作り変えた歪み)、5年を過ぎてマイペースで快適になりました。でも日本の安くて美味しい食事、お風呂、温泉が懐かしくてたまりません。

    キャサリンさんのトピとレスを読んで感じたことですが、ご友人の許せない(気に障る)所は、NY居住等は関係はなく、本人の性格ではないですか?
    ご友人は「見栄っ張り」「負けず嫌い(人よりも優位に立ちたがる、という意味で)」ですよね。それを出してもよい時もありますけど、友人同士でそういう態度をとり続けられたら、疲れて嫌になってしまうし、トピ主様も構えてしまうと思うんです。
    ただ日本を離れて長いと、元の性格が変質して増長されたりする事はあると思いますが。
    これに対して、ご友人の表面的なNYかぶれ(失礼)的なところは、それほど気にならなくて、許容範囲の印象です。

    トピ主様も負けず嫌いだとは思いますが(笑)、今の生活環境が狭いせいか、思考が無限ループに入っている気がします。お気をつけて。

    ユーザーID:7947672416

  • そういう事もある

    なんとなく…ですが。

    そのご友人とトピ主さんは、ご本人たちも意識しないような部分で、どこかしら似ている部分があるのではないでしょうか。
    相手に対して羨ましい気持ちを素直に認められない、というか…

    ご友人は、「普通の主婦」であるトピ主さんが羨ましい(かどうかはわかりませんが、多分、何か彼女を刺激する部分があるのだと思うのです)。
    結果、戦闘服を着て再会の場に現れるわけです。
    相手が同じような装いをしていない事は、だいたいわかるわけですが。
    そしてトピ主さんは、そんなご友人に対してムカッとする。
    「あぁ、面白い人だなぁ」とは思えずに。

    他人から見たら、「どっちもどっち」な感じです。
    色々な意味で「合っちゃってる」というか。

    今は距離を置いた方が良いでしょうね。
    本当にご縁があれば、必要な時は必要としている形で現れてくれると思います。

    私にも、同じような友人がいたような気がします。
    あまりにも自分を見るようで、嫌な気持ちになったりしたので、距離を置き続けてそのままになっていますが…
    それはそれで良いと思っています。必要な事だったのだろうと。

    ユーザーID:6491195460

  • 本当に平凡な暮らしに満足なら、

    どんなに傲慢オーラ出してる相手でもあまり気にならなかったんではないですかね。
    でも、2人しかいない親友の一人と言ってくれてる友達ってありがたいように思うのですが。

    私は夫の仕事で中国に3年あまり住んでいて、当時の主婦仲間がたまに帰国するとき会います。
    とにかく久しぶりの日本を楽しんでもらいたい気持ちで会いますよね。それを楽しみたい気がさらさらないと寂しいかもしれません。
    でも一時代を一緒に過ごし、共通の思い出のある友達と会うと本当に楽しいです。
    トピ主さんが、ニューヨークで頑張っている友達を応援する気持ちになれたらいいのに、と思いました。

    ユーザーID:6640870603

  • 別に悪口じゃないでしょ

    私も主人に付いて来て海外在住4年目(通算合計10年)です。トピ主さんのお気持ちわかりますよ。何人かのレスと違い、私はトピ主さんが意識して友人の悪口を書いているとは思いません。特に嫉妬も感じませんが...
    トピ主さんはマメでまじめな性格なのですよね。思ったことでトピをたてて相談し、経過を報告し、友人と自分の気持ちのズレを分析している。地位・仕事・金目のものにこだわるNY在住のお友達と、今は家族との幸せを一番と考えるトピ主さんの価値観の差を分析されて正直に書き込むと「嫉妬、ねたみ、悪口」と書かれる。トピ主さんの真意は違うと思いますけどね。

    ユーザーID:8819620987

  • わかる、、、わかります。

    わかります、トピ主さん。

    私はマイペースで嫉妬を感じることもあまりなく、自慢げな人も率直でかわいらしく思えます。
    なのに、たった一人だけどうしても苦手な人ができました。
    最初は人の幸せを喜べない人間になったのかと落ち込みましたが、変わらず他の人は喜べるのです。
    彼女と他の人の違いは、「彼女はいつも怒っている」でした。
    うまく言えないのですが、何かに怒って苛立っている感じで。
    ただ自慢げな人は純粋にその事柄を喜んでいるのに対し、彼女は他者への攻撃の道具にしていて、でもちっとも嬉しそうではなく満足もしていず、苛立っているようでした。
    心から褒めても機嫌が悪いのです。
    かと思えば、とても打ち解けて慕ってくれたりもしますし。
    後になって彼女が家庭で居場所がないと嘆いていたと知りました。
    ご両親が弟ばかり可愛がるそうです。

    トピ主さんのご友人も、満ち足りない思いがおありかも。
    心に怒りがある人は付き合いづらいのですね。

    ユーザーID:8739320621

  • 生活環境の違う友達はとても大事

    もう日本でどんな便利なものがあるのかとか、美味しいレストランはどこかも解らないぐらいになってしまっている私ですが…

    日本にいるお友達は大切に思っています。
    生活環境は皆それぞれです。
    二児の母や、キャリアウーマンや、普通のOL、パン屋の女主人、ソムリエ…いろいろです。

    集まると(そんなに頻繁に集まれませんが)皆楽しい昔話もしますが、愚痴ったりもします。
    解らない話もありますが、みんなそれはそれで話を聞きます。
    そんな中で自分の知らない世界や、解らなかった苦労などが見えてきます。そうやって私達はお互いを刺激しながら、理解しながらお友達を続けているんです。

    お互いに相手の価値観や意見を受け入れて初めて成り立つ関係だと思います。

    自分の意思とは裏腹に、しかも英語圏ではない国の滞在を強要されているトピ主さんに同情はしますが、トピ主さんの最後の書込みから“主婦のねたみ”のような感じを受けました。

    海外在住が長いため、日本の友達との意識の差のトピかと興味深く読ませていただきましたが、トピ主さんの〆られ方には残念です。

    ユーザーID:2519285213

  • 自分語りになりますが

    キャサリンさん、丁寧なレスをいただいて恐縮しています。

    お友達はたしかに強烈な個性の持ち主ですし、学歴や職業、持ち物で競ってこられたら、多くの人は嫌な思いをするでしょう。

    それでも、こんな風に掲示板に心の内を書かずにいられない、相手の心理を微に入り細に入り分析せずにいられない、そんな風にキャサリンさんを突き動かしている何かは、やはりキャサリンさんの中にあるんじゃないかなと思うんです。

    私も海外駐在中で子供がいる専業主婦、日本でバリバリ働いてたけど夫の赴任のために辞めた方たちから、「専業主婦なんて」と下に見られる時はへこみます。
    平凡な毎日を幸せと思い、夫の赴任について回る、これが私の人生なんだと腹をくくって生きてるのですが。
    「今はあなただって専業主婦でしょーがー!」
    「出産前なら私だってバリバリだったー!」
    「だが過去にすがるのは意味がないー!」
    と心で叫んでスッキリ(笑)

    「働き続けられたらよかったな」という思いがゼロでないのは、自分でも分かってるんです。
    が、足るを知るだなーと。
    刺激してくる相手を気にし続けるのは苦しくないですか?

    ユーザーID:6051754885

  • 似た者同士

    お互い、相手が、自分にない、もしかしたら自分も手に入れられたかもしれない「何か」を持っていることが、
    心の底では羨ましいのだろうな、と思いました。
    だけどそれを認めたくないと無意識のうちに心にバリアを張っているから、
    2人の関係がうまくいかないんですよ。
    2人ともがNYコンプレックス。
    似た者同士です。

    老後になったときに再会したら、
    「あの頃はお互い若かったよね〜」
    「本当色んな意味で意地張っちゃってて、今考えると笑えるよね〜」
    なんて言いながら笑い合える仲になるんじゃないかな。

    ユーザーID:3970724168

  • 成長してないねぇ

    結局、友達の悪口ですか。
    わざわざ古いレス引っ張り出してきて、まだやりますか?
    全く成長ないですね(笑)
    言えば言う程、負け惜しみにしか聞こえずお気の毒です。
    確かにお友達もどうかと思う所も勿論ありますけど
    それをココまで引きずって自分自身を客観的に見られないトピ主さんは
    やっぱり彼女の事を異常に意識してるって事ですよねぇ。
    なんだか憐れになってしまいました。
    書けば書く程、自分自身、潜在意識の中で必死で満足してると
    思い込みたいんだろうなぁ〜と思いました。

    ユーザーID:5179076196

  • 理由は単純なこと

    初めてトピを頭から拝見しました。
    わたしの感想は「トピ主さんに余裕がないな」です。

    お友達と同じくNY生活を経験した事のあるトピ主さんが
    なんでお友達を疎ましく感じるのだろうと思いました。
    日本に帰国し、日本での主婦の生活に満足している。
    気持に余裕があるなら、お友達の高飛車な発言や、
    笑ってしまうくらいゴージャスな身なりも、
    (あ〜、仕方ないなぁ)と苦笑してやり過ごせる気がします。
    口では「ステキね!」と言いながら。

    結局、自分の意識の裏で、親や夫の経済力に恵まれている
    お友達をうらやむ気持ちがあり、素直に受け入れられないのでは
    ないでしょうか?
    どちらも本音のないお付き合いで、不毛な気がします。

    ユーザーID:7435183346

  • がっかりしました

    1年前のトピに戻ってこられたので、過去のご自分を振り返られることを書かれているのかと思いきや、彼女の悪口の総括ですか・・・

    ここまで彼女にこだわるあなたを見ると、結局あなたは彼女を嫉妬しているか、彼女の中に自分自身と似た欠点を見つけそれを激しく嫌悪しているようにしか見えません。同族嫌悪なのでしょう。

    NYではなくアジアに駐在になって、今のあなたは彼女に見下されているでしょうね。それが悔しいのでしょうか?彼女を馬鹿にしながらも、彼女の価値観でしか自分を評価できない。なぜならそれはあなたの価値観と同じだから。そしてその彼女を越えられないあなたがいるのですね。

    ユーザーID:5028589872

  • キャサリンさん、あんまりだわ!まだ言い訳言っている

    思わず出てきました。再び。これは掲示板なのに、そこまで書くか?自分のブログで『私は私だ!』っって書けばいいんじゃない?そこまで知り合いの人を悪く書かなくてもいいんじゃない?アメリカは職業と学歴はセットになっているようなもの。NYに居た事あるんなら理解できますよね。ティファニーってやっぱり特別なお店なんですよ、この国では。このニュアンス、理解できませんか?彼女はキャサリンさんだったらわかってくれると思ったかも知れませんよ。最後は、別の人のトピを例に出し、『私の価値観はもっと崇高よ』とのたまう。NYの彼女もどこか、構えているかも知れないですね。私はかなり長い年月ここに住んでいるので、別に日本が、NYが東京がなどとは思わなくなりました。住み始めて3年くらいは両都市をよく比較をしていましたが、19年目となると、東京もNYも「むかしはもっとよかったよね」と時代と比較するようになってしまいました。人は、みな『事情』って言うものがあるんですよ。自分だけの事情で人を計るのはよくないと思います。これは自分自身への言葉でもあります。

    ユーザーID:5330725743

  • ちょっと補足説明(2度目です)

    本日の自分のレスを読んで、わかりづらい箇所があるので補足します。
    まず、かなり時間がたってから3回のレスではなく、4回でしたね。(4回に分けてのレスという意味)

    また自分が持っているものと同じものを持っている人を嫌うとは、ダイヤとか、物のことではなく、たとえば、噂話の好きな人は、噂話の好きな人を嫌う、とかそういうことです。

    それにしても近所に住んでいて頻繁に顔を合わせる相手でもなく、アジアとニューヨーク こんなに離れて住んでいる友人に対してのこのこだわりは尋常でないものを感じます。 やっぱりトピ主さん自身になにかの要因が有るのでは、と改めて思ってしまいました。

    心の奥の奥ではニューヨークが恋しいのかな?

    ユーザーID:1323505662

  • あおきいろさんありがとうございます 2

    それから、今日別ののトピを見ていて少し気づいた事がありました。
    残念ながら削除されてしまったようですが、「友人に優越感を感じてしまう」というタイトルの学生さんのトピでした。
    内容は腹立たしく(笑)就職の内定先が回りの誰よりも給料がダントツ高いだの、彼氏に周りの誰よりも大事にされ、もらったものやしてもらった事も上だというものでした。そうです、正にこのNYの彼女、上辺を見て勝ち負けを判断していそうな気がしました。勝手に乗り込んできて威圧してきた、その負のオーラに刺激されたのでしょうか。思い出せば、私に他人の学歴や職業を言っていたものです。彼女が結婚した相手と付き合っている時も、「ティファニーの○○」をくれる位だから向こうは本気だとか、そういう事も言っていました。彼女は大人なので、そこまで露骨な表現でもなく、「もので計る訳じゃないけど・・」と断りも入れていたのでそこまで当時気にしなかったものの、学生さんと同じだと思います。その強烈な価値観と、現在平凡な暮らしに満足している私の相性が悪すぎたのではないかと思います。私自身の奥深い大切な価値観を理解されそうもなく寂しかったのかもしれません。

    ユーザーID:7702568939

  • あおきいろさん、ありがとうございます トピ主です。

    あおきいろさん、レスありがとうございます。覚えていただいてありがとうございます。勢いに任せて書いた投稿なので、ちょっと表現が不適当だったり、不十分ですみませんでした。
    あおきいろさんの、「トピ主さん自身になにかあるのでは・・・」という意見、そうなのかなぁと興味深く読ませていただきました。自分では分からないものですよね。それから私が「自分自身に満足しているので」と自分のことを表現していますが、これは自信があるというのではなく、もちろん、何かと悩んで暮らしている私です。ただ、本当に平凡だけれども家族を持ってささやかな幸せを感じることもあり、今の自分は幸せだと認められるので、ここまで外部に刺激されるとは思いませんでした。
    もし、友人が社会的に成功して有名になったりしていても、羨ましい気持ちがあっても素直にそれを認めたりできそうです。会った時の友人の態度にもよるかもしれませんがきっと嫌な思いまでしない。
    ではこのNYの彼女に対して、羨ましい訳では無いのにどうして嫌だったのか。この話は私の周りの主婦の友人に話したところ、私の嫌だった気持ちが理解されました。

    続く・・・

    ユーザーID:7702568939

  • キャサリン様

    たまたま、今日このトピを読んでいました。
    途中まで、最近のトピと勘違いしていました。去年のトビだったんですね。

    私も、NYに長く住んでいる者です。
    ず〜っと、今迄のレスを読んでいて最後に今年の5月のトピ主さまのレスを見つけた時一瞬、ポジティブなレスを期待しました。

    でも、申し訳ないですが、私には“なんで今頃?”って感じでした。
    そして、“又、悪口?”って正直とれてしまいました。

    トピ主さまがおっしゃる“私は幸せ、今を満足している”と何度も言われると逆に“満足していないのかな?”って私にはどうしても聞こえてしまうんです。
    間違っていたらごめんなさい。

    私もたまに一時帰国しますけど、私の友人では少なくても貴方の様な方は居ないもので。

    ただ、純粋に“えっ?”と思ったもので書き込み致しました。

    価値観の合う、友人がみつかると良いですね。

    お元気で。

    ユーザーID:1369756675

  • 結局。。。

    大分前のトピだったんですね。
    それにしてもレスされてる皆さんの、意見はそれぞれでも、その内容はレベル高いように感じました。

    ところで、トピ主さん、時間がかなりたってから3回にわたって、友人に対する気持ちを書き込みをされるとは、トピ主さんのその友人へのこだわりはかなりのものですね。

    ご自分の心理をいろいろ分析されていますが、結局その友人が嫌いだったってことを言いたいだけではないかと思いました。 

    何もここまで言わなくても... ご友人は2人しかいない友人のうちの一人があなただと言ってくれているのに。 ダイヤじゃらじゃらでも別にいいじゃない。

    人間は自分と「同じもの」を持っている人を嫌うといいますよ。

    ユーザーID:1323505662

  • 気にしすぎじゃないですか?

    キャサリンさん

    自分の今の自然体な生活が気に入っているなら、ご友人の事はあまり気になさらない方がいいですよ。
    それに、NYCで生活している人にとっては、大げさなジュエリーや、派手ながらのラップドレスは、それはそれで自然体なんですよ。堂々とした態度も、長く海外にいたら普通なんですよ。

    >きっと、彼女の心理の中に、日本の専業主婦なんかより優雅だと自負したい気持ちがあったのだと思います。
    NYで大学院まで出てバリバリ働いていたら、日本の専業主婦は目にもかけていないと思います。

    私も先日欧州から帰国して日本の友人に再会しました。私は逆にF国でヨレヨレジーンズ&ヨレヨレコンバース穿いた専業主婦ですが、東京の独身の友人の活躍ぶり、綺麗さにビックリ。友だちがイキイキしているのを見るのは素直に嬉しいと思いました。

    お友だちのも、女の嫌味な見栄とかじゃなくって、元気でイキイキしてる証拠じゃないですか。お洒落するのは女の心意気ってもんです。

    それより、トピ主さん自身が、自分のしたい事出来てますか?自己実現できずに不安な自分への言い訳に、お友だちを批難しているのではという印象を受けましたが?

    ユーザーID:8017008578

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧