柔らかい伝え方を学びたい

レス10
お気に入り12
トピ主のみ0

はなみずき

男女

初めて投稿します。
小さい頃から思ったことをストレートに口にしてしまう人間でした。
それが長所でも短所でもあると周囲から言われ、気をつけていますが、
つい夫にはストレートさが全面に出てしまいます。

例えば何か注意するとき、優しく言えばいいのに、間違いをズバット指摘してしまい、夫を傷つけ、さらに落ち込ませてしまいます。
夫の機嫌が悪いときはそれで喧嘩になってしまうことも・・・。基本的に優しく温厚な夫で、喧嘩をしても暴力は振るいませんが、わたしの言葉がまくし立てるように聞こえるとがつんと怒鳴ってきます。

これはDV?とかそういう相談ではなく、わたしは自分のものの言い方がちょっと問題なのだと自覚しているので(親にも言われます)夫に何か注意するとき、ちょっと非難めいた意見を言うとき、どう伝えればソフトに伝わるのかコツを学びたいと思っています。

ちなみに付き合い始めた頃は今よりも言い方がきつかったようでよく喧嘩になりましたが、今は夫が理解してくれているので殆ど喧嘩にはなりません。でも夫に甘えるのではなく、自分で治したいのです。

ご意見宜しくお願いします。

ユーザーID:2679427367

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つい

    ついキツイ言葉が出てしまった時は語尾を替えてはいかがでしょう?
    私は旦那さんにそうしています。
    うちの旦那さんは、のんびり屋で私は片付け魔。
    洗ってキレイに片付けた食器を再び出して、気ままにケーキを食べる旦那さんにムッとする事があります。
    (やっとキレイになって休憩・・・と思ったのに!!)
    そんな時ついムカっとして「使ったらちゃんと洗って片付けて・・・」と言ってしまうのですが、慌てて「ね」とか「〜して欲しいな」と語尾に付けています。
    それだけで柔らかくなる気がするので。

    旦那さんも普通に「うん、了解」と答えてくれますよ。
    いかがでしょう?

    ユーザーID:8741611043

  • 私もー

    夫からよく言われます。
    付き合った頃はこんなにきつい女じゃなかったって。
    自分でも外れてないと思ってます。
    私は、表現にワンクッション置くようにしてます。
    それから、下から目線でとか。
    あまり実行できてないのですが、日々、努力してます。
    お互いがんばりましょう!

    ユーザーID:0627592648

  • お手本は旦那様

    旦那様は優しい方だとおっしゃってますね?
    旦那様のことを優しいなと感じる時はどんな時ですか?

    きっと旦那様はあなたに注意をするとき、あなたが傷つかないように考えながら話してくれているんだと思います。
    旦那様は『自分がして欲しいことを人にしてあげられる人』なんだと思います。

    あなたはどうですか?
    日頃、自分が使っている言葉を自分が言われたとしたらどう思うか考えてみてください。

    話をするときに以下のことを気をつけてみてください。
    『自分が言われたら嫌なことは言わない』
    『自分が言われたい言葉をかけてあげる』

    旦那様の喜ぶ顔を思い浮かべながらがんばってみてください^^

    ユーザーID:9568738825

  • ゆっくり言う

    思ったことをストレートに言うのが許されるのは子供のうちだけですね・・
    私もそのタイプだったので、言う前に1・2・3と3秒置いてから口を開く練習しました

    それから、「嫌いとか汚い」という強い言葉は、
    「苦手好きでない・綺麗でない」と直接的でない言葉に置きかえます

    私は夫に文句や注意の時には、
    普段使わないニックネームで「xxちゃ〜ん、すんごくヤなのぉ〜!とか」
    ニッコリ冗談ぽく言うとケンカにはならない気がします

    あといつも思うのですが、女性同士のオシャベリでも「嫌なのね」と言いながら
    「眉間に皺寄せたり、口をへの字のする癖」のある人がいますが

    嫌なことは言葉だけで十分なので、顔で嫌は表現しないようにします

    そんな私は仲間に、優しくキツイ事言う、
    言っている事は同じなのにキツク感じないから得だと言われます

    ユーザーID:7417751744

  • 言い方の問題ではなく、いわないこと

    そんなに注意することありますか?
    そんなにダメ人間なのですか?旦那様は?
    私も夫がいますが、夫に改善を求めることはあっても、そんなの数ヶ月に1度あるかどうかです。
    自分が思ったとおりに動いてくれなくても、いちいちいいませんよ。
    それが、包容力というものです。

    言い方の問題ではないと思います。
    相手を許していないということです。

    ユーザーID:4433175452

  • 私の場合は

    人によってよく使う言葉がいくつかあると思いますが、
    私の場合には『ダメ』という単語を使わないことにしました。
    「ダメじゃない」と言いそうになったら『ダメじゃない、ダメじゃない』と頭の中で
    違う言葉を探したりしてました。そして「こうした方が良いんじゃない?」とか…。
    口からでてしまった時には「ダメっていてしまってごめんなさい」と謝りました。

    使わない言葉を決めて、その数を一つずつ増やしていくと良いかもしれません。
    もちろん、旦那様に注意(協力)してもらいながら。
    私はそうして、”別の言い方”が少しずつ自分の言葉になっていきましたので。

    あと、頭を使う習慣をつけました。
    目で(何かを)見て→口から(言葉を)だす
    ではなく、
    見て→頭を使って(文章を組み立てて確認)→言葉を発する。
    「言わなくていいことを言わない」訓練にもなります。

    ユーザーID:3704436537

  • ふうふなかよしさんに同意

    言わなければいいだけのことです。ご主人は優しそうな方みたいですから相当我慢をしているでしょう。傷つけて落ち込ませているようですから黙りましょう。ものの言い方ではなく根本的な問題は彼を認めていないだけです。

    ユーザーID:3578179232

  • 一つ叱って二つ褒め

    はなみずきさん、あなたは大丈夫ですよ。自分でキツイ言い方を自覚しているから。きっと直せますよ。
    さて私が「ここは主人に意見した方が良いな」と思う時の声の掛け方は、タイトルのように「一つ叱って二つ褒め(もちろん三つ以上褒めも可)」です。
    また叱ることから言い始めず、褒めることから始めます。本当に相手の良いところをまず褒め(例「あなたはほんとに優しい人」「人を思いやることのできる人」等)、その後に「でも○○○のところは、直した方がもっといいんだけどな、そうすればもっと良い貴方になるよ」などとやんわりと指摘します。そして「私のいいたいこと、分かってくれるよね?」と念を押します。

    この方法は相手がご主人じゃない場合にも応用できますよ。使ってみてください。
    それからカッとなって売り言葉に買い言葉...みたいな時には思わぬ言葉の暴力が出てしまうことを自戒して、論理的に相手を説得できるように考えながら、言葉を選んで話すようにしましょう。そうすれば、言葉の飛び出す勢いを抑えることもでき、理にかなった内容を話すこともできるはず。
    より良い自分に向かっての努力です、がんばってください!

    ユーザーID:1560719614

  • 伝え方だけの問題じゃないと思います

    きつい言い方になるのは、自分が絶対に正しい。自分の言うことを黙って聞くべきだという気持ちが、根底にあるからです。相手の言い分に聞く耳を持たないから、きつく言いのけてしまうんです。
    でも、正しい、正しくないの判断は、本当はとても難しいこと。
    事実が正しい場合でも、それを口にすることで、人の心を傷つけるのなら、言うことそのものが、正しいとはいえない・・そういう場合もあります。
    また、事実そのものも、見方によって、人によって、価値観によって、正しい、正しくないは変わります。
    絶対的な自信を持ってきつい言い方をしたことを、後々になって恥じることになるかもしれないと考える、謙虚で思慮深い心を持つことを、自分の恥ずかしい経験から、お伝えしますね。

    ユーザーID:4779848398

  • どんな言い方かな?

    きつい言い方って具体的にどんな事言うのか、良ければ教えていただけますか?

    ユーザーID:9145054602

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧