現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

オーストラリアの大学院で環境学を学びたい。

dot
2007年7月24日 15:08

社会人8年目の女性です。

日本の大学では英米文学科を卒業しましたが、
環境学を学びたく、オーストラリアへの留学を考えています。
(オーストラリアを選んだのは主に学費が安い点からです。)

日本の大学での専攻とは全く異なる分野ですし、
これまでの職歴ともかけ離れており、
環境学に対する知識は素人です。
しかし、できれば大学院への入学を希望しております。

手始めにIELTSを受験し、7ポイントでしたが、
英語力や専門知識、また日本の大学院とは大きく異なるなど、
いざ留学を真剣に考え出すと、見えない点が多々出てきて不安です。

私のような経歴でも大学院に入学できるのでしょうか?
また、実際に卒業後はどのような進路を
選択されているのでしょうか?

無知ですみません、、、。
同じような経験をされた方がいましたら、
少しでも情報やご意見を伺いたいと思い、投稿させて頂きました。

どうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:4499058028  


お気に入り登録数:1
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
Ecology/ environmental study
ecco la!
2007年7月24日 18:06

アメリカの大学で環境学で学士を取った女子です。今は環境学とは直接関係ありませんが、新卒採用で日本の化成メーカーで働いて8年目です。トピ主さんと同い年くらいですね♪ 
1まず希望の大学を絞る。
環境系で修士以上の過程を置いている大学は比較的規模の大きい大学に限られてくると思います。まずオーストラリアの住んでみたいエリアの総合大学をネットで検索してみましょう。それらの候補大学のHPで、Graduate StudyでEcology/Environment StudyでMaster's degreeの取れる所を探してみましょう。さらに、オーストラリアの他地域の大学でも同様に調べて見ましょう。そうしてカリキュラム、faculty(教員/教授陣や施設/設備など)気に入った数校を絞り込んでください。
2admission policyを確認
Ecology/Environmental Studyでは生物や化学、統計の基礎が求められることがありますが、社会学に傾いているプログラムでは必須ではないかもしれません。修士課程の受け入れ条件を確認しましょう。
長いので続きます。

ユーザーID:0761101068
Ecology/ Environmental Study
ecco la!
2007年7月24日 20:56

(続き)
アメリカでは一般に大学院受験用の基礎学力試験GREというのがありますが、オーストラリアではどのようなシステムになっているか分かりません。その他、admission requirementsを一つづつ確認していきましょう。卒大からの推薦状が必要な場合もありますが、英文科の教員ならお手の物だと思います。あとは卒大の成績証明書くらいでしょうか。
3.出願
志望校を2〜5ほど絞って固まったところで出願しましょう。acceptanceは神のみぞ知る、です。

4.卒業後の進路
オーストラリアでの状況は私はわかりません。国土が広いので環境保全系の公務員などにもなれるかも分かりません。残れるビザを取得できるかどうかも課題です。
日本では、企業に戻るのは一般的に言うと難しいでしょう。よりエンジニア系に近い学問分野なら中途枠があるかもしれませんが、理論中心の文系学問ではなかなか企業で活かせる分野が思いつきません。発想を変えてNPOやNGOはどうでしょうか。

ユーザーID:0761101068
心配ないです
在豪マスター生
2007年7月24日 21:48

こんにちは。

トピ主さんと同じ専攻ではないのですが、現在AUSの大学院で学生してます。私もトピ主さん同様学部の時の専攻とは全く違うことを勉強しています。

入学基準に関してはコースワークに関してはこちらでは一度社会に出てから大学に戻ってくるのは普通なので基本的には専攻が違っても気にすることはありません。だたし学部によってはベーシックバックグラウンドを要求する所もあります。(例 環境経済学→要経済知識)

もしリサーチで今後ドクターなどを志すのであれば事前に個別に大学に問い合わせることをお勧めすます。

あまりお役に立てなくでごめんなさい。

こちらは優秀な環境学のコースをもつ大学がたくさんあると聞きます。英語力も問題ないようですし、ぜひチャレンジしてほしいです。がんばって!

ユーザーID:0860648382
環境は幅広い学問
green
2007年7月25日 13:27

USで環境マネジメント修士をとりました。

1 未経験はOKでしょう。私は大学は文学部で卒業後は全然関係ない仕事をしてました。環境学は学際的なのでいろんなBackgroundの人を受け入れてくれます。

2 オーストラリア、NZはへたするとアメリカより環境については進んでいるかも。いい学校がたくさんあると思います。

というわけで基本的にいい選択だと思います。がんばってください!

ただ気をつけてほしいのは、環境といってもいろんな分野があるってところです。たとえば、温暖化、大気、水、生態系、資源、企業環境マネジメント(ISOなど)、リサイクル、エコデザイン。・・・まだまだあります。
でも大学院ってたったの2年。できることは限られます。少なくとも、興味分野を絞って、それに特化した学校を受けることをお勧めします。
でないと、環境学の入り口だけ見て(それだけで2年なんてあっという間)終わってしまうかも。

ユーザーID:4072789639
トピ主です。
トピ主
2007年8月5日 14:35

ecco la!さま、在豪マスター生さま、greenさま

皆様、あたたかい励ましのメール、大変勇気ずけられました。
ありがとうございます。

大変お礼が遅くなりまして、ごめんなさい!

メルボルンかタスマニアの大学院に絞って、
来年2月の入学を目指そうと考えています。

環境学にもいろいろな分野があると言うことで、
現在は仕事が忙しくて環境学の文献を読みあさって
見ることしかできませんが、
自分が選考したい分野をよく考えてみます。

年齢やバックグラウンドに臆せず、頑張ってみようと思います。
みなさんのコメントに後押しして頂けました。

ありがとうございます!

ユーザーID:5587749561
 


現在位置は
です