• ホーム
  • ひと
  • へろへろに疲れて帰ってくる高校球児の息子…どうしてやれば?

へろへろに疲れて帰ってくる高校球児の息子…どうしてやれば?

レス30
(トピ主4
お気に入り16

家族・友人・人間関係

pompom

過保護と思わないでくださいね、長男のことで相談です。息子は高校の野球部で毎日朝練、放課後も遅くまで、土日も試合試合の生活です。それでも大学に行きたいから勉強はしなければと自分で夜遅くまで勉強しているようで、朝はしんどすぎてご飯も食べずにぎりぎりまで寝て飛び出して行き、いくらちゃんとした朝食を作って用意しても食欲がない、時間が無いと食べていきません。とりあえず、朝練がすんだ後食べるようにと余分に食事を持たせますが、あまり食べると授業が眠くなるからとおにぎりを1〜2個食べるだけです。遅くに帰宅し、夕食はそこそこ食べてくれるのですが、練習のきつい日は、あまり食べません。ひどい日は、玄関で寝てそのまま朝のときもあります。あまりにでっかいんでひっぱって布団に運ぶこともできず、まくらを頭の下に敷いてやるのが精一杯。 心配するのですが、どうしても子供の頃からがんばっている野球を辞めれないようでとにかく一生懸命です。かつてわが子がそうだったとかいう意見でもいいです、何か意見、アドバイスありますか?

ユーザーID:7978759022

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ほっときましょう

    手出ししてはいけません。
    スポーツは自己管理が全てです。
    それが出来なければアマチュアでも上級になれません。

    食事、睡眠、洗濯、全て自分でやらせましょう。

    ユーザーID:8576140025

  • 息子さん、頑張ってますね!

    息子さんの年齢がわからないのですが、トピを拝見した感じだと、
    高校二年生くらいですか?
    わが息子も中学からバスケ一筋で、この春念願かなって志望高へ入学し、
    バスケ漬けの日々ですが、同じく疲れてヘロヘロで、帰って来ると
    座りこんで動けない状態です。
    息子さん偉いですね!ちゃんと疲れていても勉強もやるなんて!
    過保護だなんて思いませんよ、お気持ち、よくわかります。
    わが息子は、それこそ家庭学習なんて皆無で、お風呂に入って
    寝るのがやっとの様子。
    今はそれでいいのかも・・・と、とにかく、睡眠をとって疲れを残さない
    ようにさせています。
    疲れがたまるとどうしても食欲もなくなる傾向にあるので。
    息子さん、勉強しないとというあせりの気持ちもあるようですが、
    今は、ちゃんと食べて、十分な睡眠をとるということに徹していれば
    そのうち練習量に体が慣れて、少し余裕が出てくるのではないでしょうか?
    勉強はそれからでも、息子さんなら十分やっていけるように思いますが、
    いかがですか?

    ユーザーID:2285040252

  • 熱中するものがある点は良いけど

    高校何年生なのか書いてありませんが、取りあえず、高校時代に熱中する対象があるということは良いことですね。

    私の兄は野球少年で、高校時代も野球部所属でした。朝練あり、土日は試合あり、盆正月も何だかんだ理由をつけて練習したり会合があるので、1年を通じて事実上休みはありませんでした。でも、食事を取れないほど疲労したことはなかったです。この点は異常だと思います。

    高卒で就職するのか大卒で就職するのかわかりませんが、大部分の野球少年は、将来はスポーツとは無関係の職業に就くはずなので、いつ引退すべきかということを考える時期は近づいていると思います。何年も先のことではなさそうですね。

    ユーザーID:8501587577

  • 解る!

    スポーツしていました。全く同じでした。
    一番母が恐れていたのは、風呂の中で寝てしまう事です。
    上がってくるのが遅い事を心配した母が見に来たら、
    私は湯船でぐっすり・・・・って事が何度も。
    ひどい時は風呂が冷たくなるまで眠ったりしてました。
    よく溺れなかったと思います。
    玄関で寝た事もあるし、自分の部屋に入ってから記憶が無い事も。
    朝目が覚めたら部屋の入口で制服のまま寝ていたり。

    おかげでそこそこの成績を残しました。
    マイナースポーツでプロなどにはなれませんですたが、
    その後の人生、あれほどの練習に耐えたのだから
    少々の困難はへっちゃらです。周りからも強いと言われます。
    すごく自分の為になったし、後悔もありません。
    これは大人になってから解る事ですが。

    息子さん、頑張ってるんですね。
    今のまま見守ってあげて下さい。
    おにぎりは強い味方です。よくちょこちょこ食べてました。
    サンドイッチなどにすると、具が入れられるので良いですよ。
    レモンスライスに砂糖をかけ、凍らせた物をタッパーで持って行ってました。これは疲れに効くし、疲れていても食べれます。

    ユーザーID:3451104324

  • 少し事情が違いますが、我が家はサッカーでした。

     今日は。団塊世代です。ご子息、一生懸命ですね。我が家以上です。

     私の息子は小中時代、サッカー一筋(中3の後半駅伝にも参加)でした。先輩の2人がJ1に進んだほどです。朝練、放課後の練習、土日全日、夏休みと兎に角サッカーでした。良く脳みそまでが筋肉と揶揄されるほど、サッカーに明け暮れていました。

     しかし、学業成績は不思議なほど良かったのです。小学校ではクラスで、中学校では学年で1〜2番でした。勉強方法はノートを殆ど取らず、先生の話に専心し、要点を教科書に書いたそうです。早朝布団の中でそれらを読んで朝練に参加したようです。

     その後地元の公立高校に入学、サッカー部の顧問が嫌で、入部しませんでした。地元の社会人チームにはいり、平日の夜、土日とサッカーに励みましたが、高3の時限界を感じ、退団しました。阪大(理)を経て、現在東大数理で数学を研究しています。

     野球の練習はサッカーの比ではありませんね。想像以上です。私の息子は挫折しましたが、スポーツで食べていくのは大変です。大学入試に向けて、夜勉強されているとのこと、安心しました。pompomさんと息子さん、頑張れ!

    ユーザーID:7855030180

  • ちょっと心配

    息子さん、頑張っておられますね!
    ただ、運動量に対して食事の量が少ないと思います。
    そのうち体のバランスが崩れてしまいそうで怖いです。

    今のトピ主さんにできることは
    栄養価が高く、消化の良い食事を作ること!

    私も高校生の頃、息子さんのような生活を送っていました。
    勉強も部活も決して楽ではありませんでしたが、仲間と助け合い励ましあって乗り越えました。
    卒業して15年近くなりますが、毎年1回は集まってお互いの近況や悩みなどを話しています。
    大切な仲間を得ることができました。

    息子さんが頑張れるのも仲間といつも暖かく見守ってくれるトピ主さんがいるからです。
    部活に打ち込めるのもあと1,2年です。
    精一杯プレーさせてあげてください。

    ユーザーID:0454161872

  • なるほど。

    息子は高1です。 下に小6、小4と男の子がおり、家計的にもそれほど余裕があるわけではないので、大学浪人はできないと自覚しているみたいです。だから、しんどくても勉強をしているようです。公立の高校に行っていますが、野球部に入ってからかかったお金はびっくりするほどのものでした。ユニフォーム、合宿代、その他もろもろ 万札がことあるごとに飛んでいくので…。公立だからと安心したので、正直大変でした。あ、余談になってしまいましたね。 もともと小4から少年野球、中学でも野球の部活と体力は作ってきているはずですが、高校の練習はまたちょっと違うようですね。通学という大変さも加わりますから、朝練といっても中学のような時間では間に合いません。Cooさんのいうようにそのうちその厳しい練習にも体が慣れてくるのでしょうね。しかしまぁよくがんばれるもんだわ・・・ プロ野球選手にはなれないけれど、いい思い出は残るのでしょうね。  

    ユーザーID:7978759022

  • 自分で考えるでしょう

    夫は野球名門校の野球部員でした。ただし、その学校の野球部員はほとんど商業科で、普通科は夫を含めて数人。

    結局、夫は1年の1学期に成績が信じられないほど悪く(学業でも地域のトップ校だった点を差し引いても)、夏休みに挽回する予定がまったく時間がとれず勉強できなかったために退部しました。

    でも、義母は何もいわず、見守ってくれていたそうです。

    自分で考えて決めるでしょう。
    生きていくのには、それが一番大事です。

    夫は、結局大学で野球同好会に入り(大学の野球部は論外…)、今でも細々とやっています。

    ユーザーID:0877049471

  • ガンバレ!

    こんにちは。

    懐かしいですね、私も20年前甲子園目指してがんばってました(目指すのは勝手だからね♪)。
    やはり朝練、昼練、放課後の練習と体力的に厳しかったですね。帰ってからはすぐ寝て早朝に起きて勉強をしていました。
    目指す大学によっても違うと思いますが、私はパッと見て理解できる素頭が良いタイプの人間ではなかったのでそれなりにきつかったですが、国立にしか受験させてくれないというハードル(貧乏)があったので的を絞って勉強してました。

    息子さんは根性ありそうなので栄養価の高いものを食べさせてあげてください。どんなに弱くても(失礼)目指すはベスト8とかではなくて甲子園と思いますので一つでも長く試合ができれば良いですね。高3の夏以降は勉強し放題ですし、休日にある模試も受けることが出来ます!!
    親子共々忘れられない高校生活になると良いですね。

    おー、そういや二時間目と三時間目の間に調理パン食べて昼は弁当食べてました、ヘンなこと思い出しました(爆)。

    ユーザーID:3500406087

  • 浪人情報

    私は女ですが、中高とバレーボールに明け暮れていました。
    息子さんのようにがんばって勉強することもなく、あまり無理せずに部活だけに一生懸命になっていたため浪人しましたが、
    浪人中はアルバイトでお小遣いをかせぎつつ、予備校に通い志望大学に合格しました。
    うちの親は「浪人してるくせにアルバイトなんてして大丈夫!?」
    と心配そうでしたが、実際は結構余裕です。

    予備校には授業料免除試験のようなものがあり、全額免除などもされたりします。
    また、息子さんはかなりの頑張り屋さんのようなので、予備校に通わなくても自分で勉強できるでしょう(いわゆる宅浪)。

    まあ家庭により事情はさまざまでしょうから、一概に浪人しても絶対平気!なんて言えませんが、
    あまりにも辛そうだったら、
    「浪人してもいいから、今は野球に集中してればいいわよ〜」
    なんて言っちゃってもなんとかなるかもしれません。

    あと、特に男の子は、部活引退後の追い上げがものすごいです。
    無責任な主観的意見をあえて言ってしまいますと、
    勉強なんて後からどうにでもなります。
    甲子園いけるといいですね。

    ユーザーID:1542478727

  • 応援してあげてください

    このトピを見て、自分の高校時代を思い出し、懐かしくなってしまいました(笑
    僕は野球じゃなく、柔道でしたが、かなり練習はきつかったです。
    平日は、朝、昼休み、放課後と、6〜7時間の練習。
    休日は授業が無いので、朝9時からお昼休みを挟んで夜8時ぐらいまでやってました。
    上下関係も厳しく、練習中の水分補給は良くないとされてた時代なので、夏などは汗で搾れるぐらいになった柔道着を、監督や先輩の目を盗んで吸って水分補給してました。
    夏休みなんて毎日一日中練習なので、早く夏休み終わって欲しいと思ってました(笑
    本当にあんなキツい思いは一生無いというほどキツかったですが、おかげで今は、根性がついたというか、多少のことでは辛いと思わなくなりました。
    トピ主さんの息子さんは、その上勉強も頑張っておられるなんて、凄いですね。
    僕の場合、授業中は大事な睡眠時間。テスト期間で早く帰れる日は唯一遊べる日でしたから(笑
    正直、親にできることっていうのは、栄養のある食事を出してあげる等の体調管理と、応援してあげることぐらいしかありません。
    立派な息子さんを、どうか応援してやってください。

    ユーザーID:6444435736

  • まだこれから、かも

    まだ高1ならば、これから体が慣れていくかもしれません。
    私も高校で運動部に入り、ハードな練習にくたくたに疲れ果て、食事をする元気もない状態が9月まで続きましたが、その後は体が慣れて、食欲もりもりになりました。朝から唐揚食べまくったり。
    入学から半年で一気に10kg近く痩せましたけどね。
    栄養を取らないと筋肉もつかないし体も作れないので、そのことに本人が気付けば、食事の大事さはわかると思います。
    文武両道、結構ですね。
    私も、勉強もがんばりました。
    部活と勉強で気持ちの切り替えができて、集中してできるものです。
    部活を精一杯やって、全国大会にも出て、青春のいい思い出です。

    ユーザーID:5138257778

  • 今は多分、精神的に疲れています。

    私も本当にきつい練習をしてきました。

    でも自分たちが主体のチームになるまでは(2年の夏から)、上下関係にとても疲れていました。
    体力的にももちろんですが、精神的な疲れが本当に大きかったです。

    そして、そういう時はあまり食欲がありませんでした。
    息子さんはただでさえお腹がすくような年齢なのに、スポーツをしながら食事をしない。

    とても心配ですよね。

    もう知っていたらすみません。
    レモンの砂糖漬け、冷蔵庫に常備してあげて下さい。
    口当たりもよく、疲れた体にはとてもいいです。

    輪切りにしたレモンをタッパにいれて、多めの砂糖をかけて冷蔵庫にいれるだけなので。
    少しコクがあるので三温糖がオススメです。

    別にプロになれなくてもいいじゃないですか?
    私も他の人の何倍も忍耐力があります。
    思い出はお金では買えませんし。

    今のまま、優しく見守ってあげて下さいね。

    ユーザーID:6797866747

  • 今のままで

    息子さんいいですね。
    私も自分の高校時代を思い出します。
    私も運動部に入ってました。テニスです、
    夏休みも毎日練習。勉強もしていたので部活をしながら受験の
    補習を受けてました。
    学校のある日も朝練があると朝レン後に食べるおにぎりを持って
    行ってました。
    試合の時は沢山食べるとしんどくなり夏は食欲がないので、
    6ゲーム×3セットを2回してもお昼はおにぎり1つとかでした。
    でも若いって凄いですね。
    1日炎天下にいても倒れませんでした。
    今思い返してもあの時なんであんなに頑張れたのだろうって思います。
    そして頑張っててよかったと思います。
    今でも同じ年の女性と比べたら体力、持久力があります。
    トピ主さん、心配なさらないでください。
    玄関で寝てしまう息子さんに枕を当てるくらいでちょうどいいと思います。思いっきり好きな野球をさせてあげてくださいね。
    素敵な息子さんをお持ちでお幸せだと思います。

    ユーザーID:1253758940

  • 息子さんと一度よくお話を

    息子さん、がんばっていますね。とても良いことだと思います。

    トピ主さんがどのように息子さんに接していらっしゃるのかが、書かれていないのでわかりませんが、母親から息子に「ちゃんと朝ご飯食べないと…」とか「玄関なんかで寝ていると、体を壊すわよ…。」など、母親の意見で話しかけていませんか?

    息子さんにしてみれば、そんなことは良くわかっているつもりだと思います。もう高校生なのだから、自分で十分自己管理ができて当たり前だと思います。

    私は、一度だけ、母子で話し合う機会を設けるべきだとは思います。親として伝えたいことをきちんとした形で伝え、それに対する子供の意見をきちんと聞く。本人がどのように考えていて、親はそれをどう思うか、あるいは、親としてアドバイスがあるのか。

    普段の生活の中ではなく、ゆとりを持って話せる時間を作ることは大事です。お互いが尊重しあい、話し合えば、思いは伝わるでしょう。

    ユーザーID:5577561115

  • 食べないのが心配

    私は中学高校大学ニずっとバレーボールでした。特に高校のバレー部が厳しく、正月3が日だけが休み、部活禁止の定期試験中も昼休みに練習していました。また練習後の帰宅が、自転車でずっと上り坂という、泣きっ面に蜂の状況で、家に帰ったら本当にヘロヘロでした。朝食は、寝る時間が惜しくて全然食べられませんでしたが、そのかわり1時限目から3時限目にかけて弁当を平らげ、昼は食堂で食べていました(笑)。小食なのにスポーツが一流になる人は、いないとは言いませんが、すごく稀だと思います(体重を気にするスポーツは除く)。私の周りは常に大食漢だらけでした。息子さんも、無理に食べさせる必要はありませんが、たんぱく質とビタミンの多い食事をあげるようにしてください。試合の前日は逆にでんぷんの多いのを。

    ユーザーID:8166698139

  • 大成しますよ

    今現在の心配に対しての具体的なアドバイスでなくて申し訳ありませんが、息子さん、間違いなく大成しますよ。好きなスポーツを精一杯やって、大学受験の勉強も可能な限りされている・・・。こんな健康で最高な高校生がまだまだ日本にいるんだと思うと安心しますし、そのような人は、将来いろいろなことができると思います。今日、明日の体が心配なのは親として当然ですが、是非、息子さんがそのような立派な人物であるという事を誇りもって、接してあげてください。

    ユーザーID:2290851081

  • 野球が好きだから・・・

    でも、ご飯食べずに行くなんて・・・
    そりゃぁヘロヘロになりますよ・・・

    絶対食べないとだめです!!
    疲れる→食べれない→体力が無くなる→疲れる
    悪循環ですよ。

    そこだけはお母さんが無理やりでも食べさせてあげてください。
    プロの選手でもこの時期は体重が落ちたりします。無理やり詰め込んでいるのですよ。!!
    これからもっと暑くなります。食べるのもトレーニングです!!

    ユーザーID:3528536684

  • 思い出しました

    浪人情報書いたものです。
    ハードな部活と勉強を実際に両立されていた方もいらっしゃるようで、
    心底尊敬します!

    一つ思い出したので追記させてください。
    勉強も頑張っていた中学時代、週に2回ほど塾に通っていました。
    でも、塾の間中ひたすら眠くて、さらに学校の授業中もひたすら眠くて、
    どちらも全然集中することができませんでした。
    そこで思い切って塾をやめてしまい、当然家でも勉強せずに早く寝るようにしたら、
    授業中眠くなるどころか理解力が増し、成績も落ちることはありませんでした。

    息子さんも、疲労で授業に集中できてないのでは?
    うとうとしながら2時間机に向かうより、しゃっきり30分だけのほうが実質的に頭に入っていることもあるので、
    よかったら提案してみてください。

    効率の話ついでに。
    他の方々もおっしゃっているように、ちゃんとご飯食べないと野球のほうも効率悪いです。
    勝手に熱くなってきました。続きます!

    ユーザーID:1542478727

  • 部活を続ける子の強み

    中高一貫校に通う高三の息子を持つ母です。先日、公式戦で辛くも敗退し、息子の6年に及ぶ野球生活が終わったところです。トピ主さんのレスを読み、ご心配が伝わってきて、思わず涙が出てしまいました。私も、今までに、息子の身体が心配で、ずい分とハラハラした思いをしてきましたから。息子も、勉強と部活を両立させるために、本当に大変な毎日を過ごしてきました。でも、苦労しながらも、最後までやり遂げた我が子を見ると、ずいぶんと成長したなと思います。

    まず、1.並外れた集中力がついた。2.すぐれた人間関係スキルが身に付いた。2.優先順位を瞬時に判断し、短時間で様々なことを処理できる力がついた。3.体力(持久力)がついた。4.精神的にタフになった。
    息子は、公式戦に敗れた次の日から、きちんと気持ちの切り替えをして勉強に取りかかっています。息子の学校は進学校ですが、上位校に現役で進む子は、最後まで部活を続けた子が多いと先生もおっしゃっています。
    息子さんが部活を続けたいという意思をお持ちの間は、食事の面などで注意しつつ、温かく支えてあげてください。色々な面で、きっと大きく成長なさると思います。

    ユーザーID:6851808584

  • 思い出しました2

    続きです。
    言わずもがな、たんぱく質は筋肉の材料になるのでこれを摂らないとせっかくのトレーニングがもったいない!
    身体の中で食べたものを吸収したり使える形に変えたりといった過程などいろいろなところでビタミンやミネラルも必要だし、
    脳には炭水化物が不可欠です。
    当然脂質も重要です。

    これらをバランスよく摂らないと、身体作りの効率が悪くなる上に、疲れやすくなります。
    ネットでも、スポーツ、食事などのキーワードで検索かけるとためになるサイトがたくさんでてくるので、
    息子さんの食事作りの参考にしてみてください。

    一つおススメの朝ごはんは、納豆卵かけご飯☆
    卵や大豆はタンパク中のアミノ酸のバランスが筋肉に効率よいらしいです。
    すぐ食べられるし。

    栄養のことなどすでに知ってらした情報でしたら、ほんと偉そうにすみません。
    長くなりましたが、応援してます!

    ユーザーID:1542478727

  • 改善した方がいい点

    きちんとした朝食とありますが、どのようなものを準備されているのでしょうか?
    また、「余分に食事を持たせますが、あまり食べると授業が眠くなるからとおにぎりを1〜2個食べるだけ」ともありますが、主食はご飯ですか?

    運動をしているので、十分なエネルギーと栄養を取る必要はありますが、ご飯中心の食事では重すぎで食べづらかったりします。

    ですから、パスタとかパン(サンドイッチが楽かな)などの、食べやすく、消化の早い、エネルギーになりやすいものを準備した方がいいでしょう。

    また、乳製品などをいつでも冷蔵庫に準備しておき、息子さんが食べられるようにしておくとか、ゼリー状の補助食品がありますけどああいうものも併用するなどしましょう。

    あとは、アミノ酸系の補助食品をとることで疲労回復をはやめるとかも可能です。

    プロテインを食事とは別にとることには反対する人もいますが、息子さんのように成長期に強度の高い運動をしているのであれば、とるようにしたほうがいいでしょう。

    ユーザーID:6216466928

  • がんばってるのかなぁ?

    二回目です。

    息子さん高1なんですね、今県大会が佳境に入っていてお子様の野球部はどうだったのでしょうか?私の母校は健闘むなしく惜敗してしまいました、この歳になっても新聞の片隅をしらみつぶしに見て一喜一憂しております(笑)。

    のんこ様の言われていることが的を射ています。
    短い時間で効率よくしなければいけないので、息子さんがいろいろ考えながら勉強方法を見つけるでしょう。また下に弟が2人いらっしゃると言うこと、兄の背中を見ながらこの子達にも良い影響を与えるでしょう。表面上は「オレは兄貴みたいなことはしないよ。」なんていうかもしれないですがこれはかなり良い先生を家庭にもっているようなもの。
    トピ主様も心配でしょうが今のまま温かく見てあげてください。試合を見に来た母が私の打席の時は目をつぶっていたと言います、今では良い思い出です。

    もう少ししたら新人戦のシーズン(秋季大会)、また練習が厳しくなります(笑)。ガンバレー高校球児!!

    ユーザーID:3500406087

  • フルーツは どうですか?

    pompom様 毎日お疲れ様です。
     
    私も20年も前になりますが、高校時代バレーボールですけど青春を捧げていた者です。

    高1の夏の練習って本当に食欲を無くすんですよね。
    フライドチキンが合宿中に差し入れされた時は 心で大泣きしました。
    (差し入れは笑顔で頂くのがルールだったので)
    本当は スイカやメロンなどの果物が欲しかった。 バナナもイイです。

    私場合、合宿で1年生は残り物を全部食べるルールがあったので(しかもお茶一杯のみ)ご飯を茶碗3〜5杯 食べました。気持ち悪かった〜。
    体重も5キロ落ちました。

    でも、今考えれば それは訓練で その夏以降 食事はきちんと食べれるようになりました。体も肉体改造されましたし。

    ただ、家でも食事の面々などでとやかく言われていたら 反発していたと思います。 両親は黙って見守ってくれてました。 だから達成できたのかな。 

    文面を読むと 文武両道の素敵な息子さんです。息子さんを信じ見守ってあげて下さい。

    バナナは非常に栄養価の高い手軽なフルーツですから食欲の無い時に お勧めです。

    ユーザーID:1964617869

  • うれしいです

    なんだか心があたたかくなるようなレスばかりで…本当にうれしいです。
    ありがとうございます。そして、参考になることがたくさんあったので
    勉強になりました。食事の勉強、がんばってみます。日に日にまぁ黒光りしてくるほど日焼けする息子を半分頼もしく、半分心配で見ています。
    でもみなさんもそういう時期を乗り越えて、今があるんですね。
    ならきっと息子もがんばりきるでしょう。30度を越える暑さの日はさすがに心配ですが、人間ってがんばれるもんなんですね。

    ユーザーID:7978759022

  • 匿名さんへ

    県大会、4回戦まで勝ち進みましたが、さすがに横浜には強豪がそろっています。負けてしまいました。今回は『ボールボーイ○○クン』とテレビに出れたので照れくさそうに喜んでいました。『来年は選手として出るからね』と弟たちにも話してましたよ。弟たちはたとえボールボーイでも『おぉ〜!お兄ちゃんがテレビに〜!』と感激してましたが。弟二人は兄のことが大好きです。兄みたいになりたくて野球を始めました。うちは父親が運動苦手なんで3人の息子は私が毎日キャッチボールに付き合いました。かなり小柄な私ですが、腕はなんだかたくましくなりましたよ。さすがに中学に入ってからはとてもじゃない、取れない球を投げてくるようになったので今は下2人の相手をしています。匿名さんの『もう少ししたら新人戦のシーズン(秋季大会)また練習が厳しくなります』という言葉で“おぉ〜?そんなものがあるの?”と驚きました。そうですよね、また覚悟しておかなくては。もっと疲れた息子が帰ってくるのを・・・。でも、励ましのお言葉ありがとうございました。うれしいです。みなさん、やっぱりかつてがんばったことがいい思い出になってるとわかってほっとしてます。

    ユーザーID:7978759022

  • 時間に工夫を

     pompomさん御心配ですね。時間を変更するよう提案されていかがでしょう。発想を変えて朝、勉強するようにするのです。息子さんの現在の帰宅時刻、朝の出発時刻が判らないので仮の時間割ですが、帰宅後、入浴、軽い食事すぐに就寝(21:00までに)朝、03:00に起きて、クエン酸たっぷりなレモンジュース、梅ジュース等で頭と胃袋を起こして、2時間半勉強、通常よりたんぱく質多目(卵2個、焼き魚、等)の朝食を取って、学校へ。
     疲れた体で深夜まで勉強するより、睡眠後の疲れの取れた状態で勉強する方がはるかに効率的です。朝勉強の2時間は、疲れた夜の3時間から4時間に匹敵します。高校1年生なら6時間睡眠でも十分だと思いますが、足りなければ、3時半、4時、の起床でもかまわないかもしれません。その分勉強時間は短くなりますが、疲れた体で勉強するよりましです。
     皆さんも御指摘の通り、初めての高校部活の夏は、体が慣れるまで大変だと思います。しかし、フレッシュな頭で1日2時間コンスタントに勉強を続けるならさほど成績を落とさずにすむと思います。体が慣れてくれば勉強時間も増やせるでしょう。

    ユーザーID:5929638872

  • 神奈川県ですか!

    こんにちは、3回目です。
    前回は手違い「匿名」になってしまい申し訳ございませんでした。

    おお〜っ!神奈川県大会と言えば高校野球で一番の激戦区じゃないですか!今年は桐蔭学園が姿を消してY高や東海大相模やら残っていますね。4回戦まで戦ったとなると新人戦は期待が持てますね。

    弟さんもがんばっている兄を見て尊敬しているのですか、私もトピ主様のご家族のようにしっかりとした子育てが出来るようになりたいものです。

    私の夢は、子供の投げる球を取れなくなることです。「あ〜成長したんだなぁ。」と感慨にふけってみたいです(笑)。でも、元高校球児としてはまだ負けられません(爆)!

    ではトピ主様もいろいろ心配もあるでしょうが、息子さんたちを元気に家で迎えてくださいね♪
    いいなぁ、キャッチボールの出来るお母さん!

    ユーザーID:3500406087

  • 疲労時には消化のよいものを

    息子さん、がんばってますね。そこまで自分を追い込めるのは若さの特権であると同時に、努力の証です。お母様にはできるだけサポートしてあげていただきたいです。

    さて、がんばっている息子さんはかなりお疲れのご様子。今はしっかり食べるより、とにかく消化のよいものをとらせてあげてください。
    運動する人の栄養補給は、「運動前にエネルギー源(糖質、脂質)、運動後にアミノ酸(たんぱく質)」が大原則です。しかし、脂質や、糖質でもごはんやパン、たんぱく質でも脂の多い肉などは、弱った胃に負担をかけ、さらに食欲や体力を失わせてしまいます。

    そういう時は、フルーツがおすすめです。
    多くのスポーツ選手は試合の30分前にバナナを食べます。朝食として取るなら、輪切りにしてヨーグルトに入れたり、牛乳と一緒にミキサーにかけてバナナジュースにするとさらに消化がよくなります。他にも、桃やメロン、キウイなど、お好みのものを。
    家での食事の際の主食は、雑炊、スープ、うどんなど、消化のよいものを食べさせてあげてください。

    体が慣れてくれば、逆にいくら食べても足りないようになります。

    続きます。

    ユーザーID:6694981342

  • ありがとうございます!

    サッカー小町さんのおっしゃったジュース、これなら飲めると朝、飲んでいきました!ありがとうございました!! 源さんは元高校球児さんなのですね。きっと息子さんとキャッチボール等、楽しんでらっしゃるのでしょう。元高校球児だと、少年野球ではコーチとしてひっぱりだこですよ!!なかなか専門的に教えられなくてそれぞれのお父さん方がなんとか子供につきあってくださっている状態ですが、もし一人でもそういうかたがいらっしゃったらもうどれだけありがたいか。そのときがきたら是非お子さんと一緒に汗を流してください。お父さんを心から尊敬すると思いますよ。

    ユーザーID:7978759022

レス求!トピ一覧