再婚後の生命保険

レス20
お気に入り11
トピ主のみ6

うーたん

男女

私の夫は再婚で、前妻さんが彼の子ども2人を育てておられます。
また、夫と私の間には5ヶ月になる娘がいます。

夫は前妻と離婚する際、生命保険の受取人を前妻との間の
子どもにしました(以前は前妻が受取人)。

その後私と再婚し娘が生まれたわけですが、
この生命保険の受取人を私にしてもらうように夫に言うのは
間違っているでしょうか?

というのも先日、前妻から
「もし可能なら、養育費を一括でもらえないでしょうか?」
という申し出があり、夫はこれを了承して支払ったからです。
家を買う頭金にしたいからとのことでした。
私としては、娘が生まれた今に限ってそんなまとまったお金を
渡してしまうなんて…と思ったのですが。

私と再婚した後も生命保険の受取人が前妻との間の子どもに
なっているのは気になっておりましたが、
もし夫に不幸があった時に養育費の支払いができなくなっては
いけないからと、自分に言い聞かせておりました。

しかし、

・養育費の一括払いをした
・私との間にも娘が生まれた

という状況の変化があったので、
この際思い切って夫に言ってみようかと考えています
みなさんはどう思われますか?

ユーザーID:4274802567

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 受取人に娘を加える

    前妻との子2人が保険金の受取人にされてるなら、
    娘さんを加え、3人受け取り人にされてはどうでしょう?

    ところで、家は持ち家ですか?
    それなら、遺言で妻には家をとされてはいかがでしょうか。

    一度は腹を割って、話し合いされるのがいいと思いますよ。
    なせなら、既に養育費は一括払いをされてますよね。
    なのに、手元にいる娘には、何の保障がないのは、可愛そうですし、
    万が一の時、妻子が歩道に迷わされるような事になったら、無責任ですし。

    ユーザーID:1531699254

  • 新たに保険に入ればいいと思います

    私もトピ主さんと同じ境遇です。私の夫の場合は、養育費は月払いですが。

    うちの場合、夫の以前からかけてた生命保険の受取人は前妻さんとの子供達になっています。そして私達に子どもが生まれたので、新たな生命保険に加入し、その保険の受取人は私達の子供です。以前から加入している生命保険の補償額を減額したので、掛け金が幾分安くなり、新しく加入した保険の支払の一部となっています。

    前妻さんが育てていらっしゃるお子さん達が中学生になったので補償額の減額をしましたが、まだまだ小さいお子さんなら減額するのは妥当ではない場合もあります。

    養育費は完済していても、自分が死んだときに一緒に暮らしていない子供達に何か残してあげたいと思う親心を理解できないでしょうか?保険料のせいで生活が厳しいなら仕方ありませんが、払えるなら払ってもいいのではと思います。

    私の場合、フルタイムで仕事をしているので、夫が死んでも特に保障は必要ありません。なので夫の死亡保障金の受取人は子供にしてあります。もしトピ主さんがお仕事をされていないなら、新たに加入した保険の受取人はトピ主さんという事で宜しいかと思います。

    ユーザーID:4313368141

  • 前妻の子も彼の子です

    もちろん、トピ主さんがこれから小さな子を育てていくという
    中での気持ちは本当にお察しします。
    しかし、トピ主さんは夫と一緒に子供を育てて行けますが、
    前妻は2人の子をかかえてこれから1人でやっていかなければ
    ならないという事も忘れないで下さい。

    そして、理由はともあれ2人の子供は両親の犠牲になっている
    というのも事実です。(前妻と父親の都合で、という意味です)
    誰でも一番大切なのは自分と自分の子です。それは当たり前です。
    生命保険の件も夫と相談する必要はあると思いますが、出来れば
    前妻の子にも出来る限り平等にお願いしたい・・・と勝手ながら
    思いました。
    新たに自分と子供のための生命保険に加入するのは難しいのでしょうか?
    お金が掛かる事ですから、他人が勝手な事は言えませんが・・・

    ユーザーID:7663542212

  • トピ主です

    みなさま、レスをありがとうございます。

    > Mm 様
    「受取人に娘を加える」というのは気づきませんでした。
    なるほど、そういう方法もありましたね。
    つい、前妻の子 or 私(と私の子)というように考えてしまっていました。

    現在の家は持ち家ではありません。賃貸です。
    でも、近い将来に家を買おうと思っておりました。
    おおまかな下調べ程度ですが、主人と一緒に物件を探したりしていました。
    今回の養育費一括払いで、頭金にしようと思っていた貯金が
    ほとんどなくなりましたので、しばらくは無理そうです。

    私は現在、子育てのため休職中です。
    べったりと育児をするのが夢でしたので、幼稚園へあがる頃までは
    専業主婦をさせてもらう予定です。

    ユーザーID:4274802567

  • トピ主です(2)

    > ゆんぼ 様
    > 前妻の子 様
    おっしゃることはよくわかります。
    もちろん前妻との間の子たちには、できる限りのことをしてあげてほしいです。
    それは頭では理解できています。ですが本能的に
    「私との間の子はどうでもいいのかしら?」と、心の中でイライラしてしまいます。
    主人にとってはどちらも大切な子であるのはわかっているし、
    「どうでもいい」などと思っているはずがないのに。

    新たな保険の件ですが、実は再婚した直後に軽く
    「私のために保険に入って!」と言ったことがありました。
    ところが「そんなことは、うーたんから言うことじゃない」と、
    なぜか怒られてしまいました。

    その時の主人の対応が心のどこかにひっかかっていて、
    私を後ろ向きな気持ちにさせているのだと思います。
    (保険の加入って、妻から言いだすべきものではないのですか?)

    その時は、子どももいなかったし、私もフルタイムで働いておりましたので、
    「まだ今はいいか…」と自分に言い聞かせておりました。
    が、子どもができた今、もう一度保険の件を主人に言ってみても
    いいかな?と思った次第です。

    ユーザーID:4274802567

  • 保険が必要なのは誰?

    保険会社勤務の♂です。

    そもそも保険の目的は何か?
    こういう場合は普通、「父親の死後、残された家族の生活費・子供の養育費を残すため」ですよね?

    なら答えは簡単。受取人は変えてもらうべきです。
    だって、前妻のお子さんの養育費はもう全部払ってしまっているんですから。
    前妻のお子さんに必要があるとすれば、母親が亡くなったときの生命保険でしょう。

    それに、一括で支払った結果蓄えがないというならなおさら、トピ主さんのお子さんに保険が必要だということになります。

    それを、どうご主人に納得してもらうかはまた別の問題ですが・・・
    おそらく、ご主人は前妻とのお子さんに対して、養育費を払っているという愛情表現が今後できないがために、
    保険を持っておきたい(保険に入っている、という形で愛情を示したい)のではないでしょうか。

    受取人に娘さんを加えるというのは、後々の揉め事のタネになりやすいので避けた方がいいと思います。

    ユーザーID:2368823503

  • 大切なことですよね

    私が今度結婚する彼も再婚です。(子供1人は前妻のところ)
    養育費のことや、将来の家の名義のことやいろいろ考えていましたが、
    保険のことはまだ考えていませんでした。

    トピ主さんの話を聞いて、他人事とは思えなくなりました。
    以前ご主人に保険の話を聞いたら怒られた、とのことですが、
    そんなのおかしいです!

    ご主人に何かあったら、現在の妻と子供はどうなるのでしょうか!?
    子供も生まれた今、もう一度旦那様に確認してみるべきだと思います。
    トピ主さんの考えはもっともだと思います。

    ユーザーID:8179065897

  • 早く変えた方がいいと思います

    生命保険は相続財産に含まれないので、再婚家庭の後妻さんなら、なるべく早く受取人を自分に書き換えられた方がいいと思います。
    他の遺産は遺言を書こうが、遺留分は取られてしまうので、後妻さんとその子供が全額受け取ることが出来るものは生命保険に限られてしまいます。
    養育費も貰っているのだし、遺産も法定分は貰えるのだから、生命保険も!なんて言うのは欲張りすぎと思いますね。
    トピ主さんも、万が一のため、生命保険や遺言はすべて自分の子だけに受取人を指定しておくといいですよ。旦那様に半分いくと、いずれは赤の他人にトピ主さんの財産がいってしまいますからね。
    どうしても二つ保険に入ってほしければ、前妻の子の分は、前妻に保険料払ってもらえばいいんじゃないですか? 保険だってタダじゃないですもんね。

    ユーザーID:8188693454

  • なるほど

    トピ主さんの心に何かひっかかっているのが理解できました。
    でもご主人気持ちもわかる気がします。

    子供がいない共働き夫婦なら相方が居なくなっても生活に困るわけでもないですよね。なのに葬式代以上の生命保険をかけたいと言われたら、正直困惑します。必要はなないけど、当たるかもしれないという宝くじ感覚がちょっと。。。と思うかも。
    「自分が死ぬことで受ける夫(妻)の精神的苦痛をお金が癒してくれるなら」という思いやりから自ら保険に加入し受取人を配偶者にしておくというサプライズはありだと思いますが。

    でも、子供が出来たとなると事情は違います。必ず保険はかけてください。前妻さんとのご主人の子供の件は関係ないのでひとまず忘れて、堂々と生命保険の話をしていいですよ。新しい保険に入るか、受取人にお子さんを加えるか、どちらでもいいと思います。

    余談ですが、子供が小さいうちは、父親より、母親が亡くなるほうが家庭にとってダメージが大きいです。子供が中学生ぐらいになるまでは、母親の生命保険も手厚くかけていたほうがいいですよ。

    ユーザーID:4313368141

  • うちの場合・・・

    私はまだ子供がいないけど、主人には先妻との間に子供一人。
    調停で決められた養育費を払っています。

    先妻が出て行ってから、生命保険の受取人は子供にしていましたが、
    私と結婚後は、私の名前に変えてもらいました。
    主人も納得して手続きしてくれましたよ。
    子供さんには、学資保険だけはかけています(受取人も子供の名前)

    主さんとの間にも子供さんがいらっしゃるんだし、
    養育費の支払いが済んでるんだから、いいのでは??

    ユーザーID:8937268651

  • トピ主です(3)

    > ひろりん 様
    保険会社にお勤めとのこと。
    専門にしておられる方からレスをいただけるなんて光栄です。
    ありがとうございます。

    受取人に娘を加えるのはモメやすいというのも、
    冷静に考えてみればそうですよね。
    ただでさえ、相続の時のことを考えると気が重くなってしまいますし…。

    「保険に入っている、という形で愛情を示したい」。
    心にしみます。
    まさに、主人はそのように考えているのだろうなと思います。


    > トレトレ 様
    トレトレ様も再婚の方とご結婚なさるのですね。
    これからいろいろなことが起こると思いますが、お互いがんばりましょう!

    ユーザーID:4274802567

  • トピ主です(4)

    > 通りすがり 様
    ・生命保険は相続財産に含まれない
    ・私の財産も、遺言で子どもにいくようにしておく

    ですね。
    なるほど、と思いインターネットで少し調べてみました。
    本当にためになりました。ありがとうございます。


    > ゆんぼ 様
    「宝くじ感覚」というのに思わず笑ってしまいました(すみません)。
    以前、主人に保険の話をして怒られた時には、
    少なからずそう思われたのかもしれませんね。

    でも今は状況が変わったのだし、堂々と生命保険の話をしてみようと思います。


    みなさま、いろいろなご意見をありがとうございました。
    タイミングをみて主人に話をしてみます。

    たくさんの方に「受取人を変えてもらうべき」だと勇気づけてもらえて
    とても嬉しいです。
    それでもやっぱり緊張しますが…。

    夫婦なのに気軽にこういう話をできないのって、うちだけでしょうか?
    私が深く考えすぎてしまうせいかしら?

    また結果をご報告します。

    ユーザーID:4274802567

  • あなたの子には遺族年金がある

    わたしなら、と考えてみました。

    もし、自分の立場なら、今は生命保険云々は言わないと思います。なぜなら、現在は専業主婦とのこと、ご主人に何かあれば、自分には遺族年金(子供の分の加算付きで)が支払われるからです。(もちろん、潤うほどの十分な額ではありませんが)

    先妻さんのお子さんには、遺族年金は支払われません。もしご主人がなくなると、養育費はその時点で打ち切りになります。先妻さんはそれが不安で一括払いを申し出たのかもしれません。

    再度、話し合いをするのなら、私なら、復職するときがいいかな、と思います。(生命保険の受取人に、娘さんを含める、というのは良い案だと思いました)

    ユーザーID:8102083746

  • 復職してはいかが?

    みあやさんと同意見です。
    まだ5ケ月という乳児ですから、今はしかたがありませんが、1歳になった時点での復職を考えられてはいかがでしょう?
    と言うのも、
    子持ちのバツいちの男と結婚された宿命のようなものだからです。

    もちろん、保険金についても、話し合いをされても良いと思いますよ。
    言いたい事も言えない夫婦なんて、信頼し合ってるとは、思えないし。

    自分も働くから、保険金の受取人の変更でなく、新規に保険金を作らせても良いし、
    自分自身の保険も作っても良いと思います。(受取人は娘に)

    ユーザーID:1531699254

  • トピ主です

    主人に話をしてみました。
    結果、もう一つ保険に入ることになりそうです。
    以前から入っていた保険の受取人について、そして
    月々の保険料の支払いについては、私からは特に何も言いませんでした。

    「保険に入っている、という形で愛情を示したい」
    のだと思いますので主人にまかせます。


    > みあや 様
    話し合いをするタイミングについてアドバイスいただいていたのに、
    週末にしてしまいました。
    (結構普通に話せました)
    そうですね。遺族年金というものもありますね。
    やみくもに不安がるのではなく、こういった制度についても
    いろいろ調べておこうと思います。


    > Mm 様
    復職の時期についてですが、前にも書きましたとおり
    少なくとも幼稚園にあがるまでは仕事をするつもりはありません。
    それどころか、もう一人子どもを作る予定もあります。
    (=下の子が幼稚園にあがるまでは復職しない)

    「子持ちのバツいちの男と結婚された宿命のようなもの」
    とおっしゃっておりますが、それは
    「再婚なのだから、べったり育児なんて悠長なことを言うな」
    という意味にとらえてよろしいでしょうか?

    ユーザーID:4274802567

  • Mmさん

    >子持ちのバツいちの男と結婚された宿命のようなものだからです
    これは本気で考えてらっしゃるんですか? だとしたら、物凄く一方的で自分勝手で自己中心的な方なのだとお見受けします。
    しかし、世の中の女性(小町に多数の再婚歴のない主婦)は、こういう考え方なんでしょうね。だからこそ、いつまでも女性の地位も向上しないんでしょうね。
    離婚したら、前妻は生活に困らないお金を貰って当然、後妻は働いて当然。何と恐ろしいまでの依存体質なんでしょう。元夫をいまだに自分のお財布・所有物だと思っているのでしょうか。
    何で離婚原因になったわけでもない後妻が、前妻の家庭のために働くのが当然などといわれるのか、理解不能です。いいですか、この場合、働くべきは、離婚の当事者である「前妻」であり、「後妻」ではありません。どうしてこれくらいが分からないのか不思議です。
    トピ主さん、もう一つ新たな保険に入られるとのこと、とても理解のある後妻さんだと思います。(私なら前妻に保険料を払って貰う案に一票です)
    保険一つとってもこれだけ勝手な意見を言われるのですから、相続はしっかり対策を取ることをお勧めします。

    ユーザーID:1467064467

  • 生命保険の受け取り人を変える権利について

    トピ主さんのところは、ご主人が新たに保険に入ってくれることになったということなのでよかったですね。

    ところで、生命保険の受取人って誰が変える権利を持っているのでしょうか?
    保険にかかっているひとなのか、受取人なのか、保険料を払ってる人なのか?
    私は保険料を払ってる人だと思うのですが、違います?

    というのは、トピ主さんの場合、今はご主人が保険料を払っているのかもしれませんが、ご主人が離婚前には夫婦(ご主人と前妻さん)で払っていたのですよね? 例え名義上ご主人が払っていたとしても、実際には夫婦のお財布から出ていたわけですよね。
    そうすると、保険の一部は前妻さんにも権利があるのでは?
    ご主人の一存では、受取人の変更はできないのじゃないか・・・と思ったのですが、どうなんでしょう?

    ユーザーID:2662527820

  • トピ主です

    > 通りすがり 様
    ありがとうございます。
    つい、必要以上にカッとなってしまったなと反省しておりましたが、
    救われたような気持ちになりました。

    相続について、いつかはしっかりと話し合いをしないといけないですね。
    まだ先にはなりそうですが、家を買う時にでも話してみようと思います。


    > Kanako 様
    以前の生命保険は、主人の加入分は主人が支払っていたようです。
    なので、受取人の変更は主人一人でできたはずです。

    前妻さんも仕事をしており、家計分をそれぞれが出し合って
    残りはそれぞれの自由なお金…というやり方をしていたとのことです。

    それでも、保険の一部は前妻さんにも権利があるのかもしれませんが…。

    ユーザーID:4274802567

  • あれれ?

    何だか、前妻VS後妻になってませんか?

    生命保険の受取りはあくまでも“夫の子”ですよね?

    夫の子である以上は受取人になっている事は何らおかしい事
    では無い様に感じますが・・・・

    “後妻の子”も“前妻の子”も同じ子です
    “前妻”という事に囚われ過ぎ無い様に・・と思います

    ユーザーID:6006650832

  • トピ主さんがんばれ

    受取人の変更ができるのは保険契約者なので、
    ご主人名義の保険契約なら、
    ご主人単独でできるのでは?
    まず、保険約款を確認しましょう。

    保険料を支払っていた人間=保険契約者ではないです。
    保険契約者はあくまでも契約名義人。
    それが名義貸しというのであれば、
    名義貸しである主張する側が、
    それを証明しなければなりません。

    そして、前妻さんが自分の固有の財産から支払っていた
    という事情でもない限り、夫婦の財布から支払われていたから、
    前妻さんも契約者であるという証明にはならないと思います。

    夫婦の財布からお金が支払われていたから、
    夫婦の契約になるのなら、
    夫名義の借金だって、
    夫婦の財布から支払っていたら、
    妻のマイナスの財産にもなるはずですが、
    それでもいいのでしょうか?

    ユーザーID:2925602061

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧