子供の頃なぜか食べられなかったもの

レス42
(トピ主0
お気に入り10

生活・身近な話題

鈴蘭

皆さん、こんにちは!

大人になると味覚が変わる、と良く言いますが、実際皆さんが子供の頃になぜか食べられなくて、大人になった今は大好物、というようなものはありますか。

私の場合は・・・

−なす
 今は大好きですが、子供の頃は何かグロテスクで食べられませんでした。

−むしパン
 「むし」という響きがどうも「虫」を連想させて、絶対嫌でした

−マッシュルーム
 マッシュルームを縦に切った形が、どうもドクロに見えて気持ち悪くて食べられませんでした

皆さんのレスお待ちしております!!

ユーザーID:6020057950

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ごはん

    小学校にあがるまで白いご飯が食べられませんでした。
    いまはご飯だけでもOKなくらいなのに(笑)

    ユーザーID:4231622887

  • はいはいはいはい!

    私も子供の頃はなすが駄目でした。色が気持ち悪くてね。

    あれは幼稚園の年長の頃、茄子は見るのもいやでしたが、親戚の家で食事をしたときに茄子のお漬物がありました。
    その頃から見栄っ張りな私は、「人様のお宅で出されたものを残すなんてお行儀悪い」と思い、死ぬ覚悟で口にしました。
    そしたらおいしかったのです!

    それ以来、食わず嫌いは損だ確信し、なんでも一度は口にしてみることにしています。

    いまでも食べられないのは甘い味の卵焼きですが、それ以外は好き嫌い無しです。

    ユーザーID:6262572900

  • なんといっても

    カリフラワーです。『脳みそ?!』って思ってました、、、。

    ユーザーID:5659385643

  • いっぱいあります。

    子供って想像力豊かだし、味だけじゃなく、ビジュアルで食べられないものとかもあるんですよね。
    私のナス、駄目でした!
    その他、わさび、辛子、ぽん酢、みょうが、納豆、ピーマン、しいたけなどなど苦手なものいっぱいありました。
    そのどれもが今ではその美味しさがわかり、食べられるようになりました。
    納豆も前は健康のために、と無理矢理食べていましたが、最近は美味しいと味わって食べています。

    偏見?かもしれないですが、偏食の大人って知人でもわがままな人が多いような気がします。
    大人になって味覚が変り、美味しさがわかるようになってよかったです。

    ユーザーID:9073386332

  • いっぱいあります!

    鈴蘭さん、こんにちは。

    なす、ピーマン、人参、ほうれん草、椎茸、生姜、タラの芽やウド・フキ・蕗ノトウといった山菜等々、匂いや風味の強い野菜は大抵食べられませんでした。鳥肉の皮、豚肉の脂身も苦手でした。
    今はどれも好きです。食わず嫌いも結構ありましたが、多くは調理方を変えたら意外とおいしくて食べられるようになったように思います。また、やはり年とともに食の嗜好も変わりますね。

    いまだに苦手なミョウガとゴーヤー、あと何年かすればきっと食べられるようになると思っています。ちょっと楽しみ。でもラッキョウは無理かも...。

    ユーザーID:2601457477

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • みょうが

    もう少しすると祖母の家の庭にみょうががたーくさん出ます。
    今は蚊に刺されながらも、喜んで取っては食べてます。

    今だに食べれないのはパクチー。
    刻んで料理に入っていると。。。あー、せっかくのお料理が食べれません。

    ユーザーID:3611875246

  • 好き嫌い多かった。

    なにせ、戦時、戦後の時期に子供時代をすごしましたので。

    まず、給食の脱脂粉乳、このお陰で牛乳までのめなくなりました。
    かぼちゃ、サツマイモ、じゃがいも、大がつくほどキライでした。
    干物もキライでした。だって、口の中がヒリヒリするシロモノしかなかったんです。
    うどんもキライ、だって、上手く打てないし、小麦粉が良くないから10cmくらいなんだもん。

    今は、どれも大好きです。どれもおいしいから。

    とても口に出来ないほどまずくて、でもお腹がすいてて悲しくて良く泣きました。

    あんな悲しい思いをもう誰にもして欲しくない。
    戦争はイヤです。

    ユーザーID:6959391468

  • モンブランです

    あの黄色いグルグルのことを母が「おそば」と呼んだので、甘い蕎麦だと思い込んで気持ち悪くて食べられませんでした。ちなみに、大人になってから知りましたが、蕎麦を甘い味で食べる食べ方も本当にあるんですよね。

    小さい頃はあんこなどの甘い和菓子全般が甘すぎて嫌いでしたが、大人になった今では大好きです。舌が鈍くなったのでしょうかね。「甘さの楽しみ方」をおぼえたというのもあると思います。

    ユーザーID:1041442268

  • いっぱいありすぎて!

    私も茄子駄目でした。色とか、くたっとした感じとか。全然食欲湧かないビジュアルですよね。でも友達がトマトやらパプリカやらと一緒に炒めて洋風にアレンジしてくれた料理がすごく美味しくて。それ以来焼き茄子やらおひたしやらに挑戦してどれも意外に美味しくてやみつきになりました。

    あとオリーブが小さいとき駄目だったんです。なんか苦く感じて。でも今では大好き。苦いものは色々苦手でしたね。みょうがとか。さんまとか。あと魚はやはり見た目で駄目でした。頭がついてるのも皮も気持ち悪くて…でも食べてみると美味しいんですよねー。高校生くらいから徐々に味覚が変わっていって、というか見た目だけで判断するのは止めるようになって、大学生のときにだいたいのものは食べられるようになりました。今でもねぎ類はだめだけど!

    ユーザーID:4930858418

  • 私も好き嫌い多かった!

    野菜全般が駄目だったんですけど、今はほとんど好き嫌いないですよね。味の素のマヨネーズに出会ってから、どんどん野菜が食べられるようになりました。

    あと、生魚が駄目で、お寿司が食べられませんでした。就職してからお刺身やお寿司を食べる機会が多くなり、「いやだなー」と思いながら食べているうちに、大好きになりました。

    今日のお昼も母とお寿司を食べに行きました。
    多分、私が子供のころと比べると輸送技術が変わってきて、内陸のほうでも新鮮な魚が手に入るようになったのも一因だと思っています。

    ユーザーID:8015710777

  • ありますね

    おにぎり
    豆腐
    エビフライ
    あさり
    梅干し
    シソ
    カレーやシチューのじゃがいも
    素麺

    大嫌いでした。
    今は全部大好きです。
    食わず嫌いではなくて、口に入れると吐き気がする程でした。
    嫌いでもとりあえず食べてみるという、
    食いしん坊だったのが幸いしたのかもしれません。

    今でも駄目なのは
    蕎麦。
    食べられるようになりたい!

    ユーザーID:3527995845

  • どうしてだったのでしょう?

    なぜかチョコレートを食べると、気分がわるくなっていました。友達が好んで食べているので、ミエで少しだけ食べるようにはしていました。今はまったく気になりません。あの吐き気はどうしてだったのか?
    ピーマンも、どうしてこんなモノがあるのか疑問でした。食べ物とは思えませんでした。

    ユーザーID:2565805859

  • 小さい頃は好き嫌い多かったです。


     高校生になってから、刺身が食べられるようになりました。それまでは生の魚なんてぜんぜんおいしいとは思っていませんでした。
     わさびをつけて食べられたりして、大人になったのかなて思ってました。

    ユーザーID:1951695917

  • どうしても食べられなかった・・・

    子供の頃、鶏肉全般駄目でした。
    なぜなら、家でペットとしてニワトリを飼っていたから・・・。
    今では鶏肉全般大好物です。

    生まれてから一度も口にしたことないのはらっきょう。
    一度食べて口のまわりが爛れた無花果。
    このふたつはこの先死ぬまで食べることはないと思います。

    オクラはあのネバネバが胡散臭くて食わず嫌いでしたが最近食べられるようになりました。こんなに美味しいものだとは知らず、食べずに生きた30数年がもったいなかった・・・。

    ユーザーID:7806051908

  • 納豆 ほか

    納豆・オクラ・牡蠣・マンゴー・ライチ・生卵(黄身はいいのですが、白身のドロっとしたのが嫌い)

    ユーザーID:8056839156

  • フキ

    小学生のとき、フキが嫌いでした。
    嫌いと気が付いたのは、学校で東京都体育館に行った時、
    お母さんたちが用意した弁当に入っていたのです。
    要領の悪い私は、大好きな鶏の唐揚げが入っていたのに、
    おいしくないフキを先に食べるのに真剣・・・。
    時間もなく少食のため、フキ以外ほとんど残したのでした。
    バカみたい・・・!

    その後、19歳くらいのとき、おいしい仕出し弁当のフキを
    食べて好きになりました。

    今考えると、フキは子供向きではないのでは?と思います。

    ユーザーID:9311390644

  • お味噌汁

    お味噌汁、全然飲めませんでした。
    それから、納豆の豆。

    多分、あの大豆のくしゃっとした食感が駄目だったんだと思います。

    ユーザーID:8409394094

  • どうして食べられなかったのかな?

    と今でも思いますが、小学校3年ぐらいまで、数の子とかっぱ巻き以外の御寿司が食べられませんでした。
    お正月は姉が私の分の数の子を喜んで食べてたんですが、ある年、突然 "あたしも食べる!”と言って食べ始めました。今は御寿司、刺身、数の子なんでも御座れです。 なんで急に食べ始めたのか、今でも疑問です。

    ユーザーID:1055805516

  • カツ丼今もダメ

    子供の頃から今でもダメなものは、カツ丼。(鶏肉のはOKです、なぜか)
    子供の頃のみダメだったものは、うなぎの皮。

    ユーザーID:3852510384

  • 私もあります!

    人生50年一寸もやっていると、好みにもそれはそれはいろいろな変化というものがございました!

    子育て中は、好き嫌いをなくしましょう!!な〜んてえらそうに子供達に呼びかけていた私も、子供の頃は嫌いなものだらけでした。

    お魚、メロン、メロンパン、ニンジン、おでん、などは本当にいやでした。今は何でも美味しく頂きますが、未だに苦手なのはメロンパン…。

    180度転換賞は、お魚です。昔海に行ってお魚が出ると、かんべんかんべん、と思っていたのに、今はわざわざ新鮮な魚を求めて海方面に出かけるのですから、人間変われば変わるものですね!

    ユーザーID:7796993327

  • それはチーズ

    何故なのか理由はハッキリしています。
    昔の一般的なチーズは石鹸のような味でした。
    口当たりも悪かったです、ザラザラしていました。
    今は大好きです。昔のようなまずいチーズはありませんね。

    ユーザーID:5158330671

  • ある、ある!!

    柚子味のものや柚子が漬物に入っていたりする物
    大根おろし。納豆やからみもちなんか誰が考えたんじゃー!!
    みょうが。ちっちゃいくせに辛いんだ?
    冷奴。味がない、豆腐独特の味が嫌い
    と子供のころは嫌いでした。
    あとチョコレートもおいしくないと思いましたが
    今はチョコや上にあげた嫌いだったものも好きに。
    こんなにおいしいものなのに嫌いだったって
    嫌いだったものを食べるとなんか損した気分になります。

    ユーザーID:1975540267

  • ようかん、お刺身、ぜんざい

    子供の頃、お客(宴会/土佐弁)といえば、子供向けにお皿によそってくれるのは、たいてい、ようかん、お刺身、おぜんざい。お寿司とかは食べられましたが、あのようかん、ぜんざいの甘さが、小豆の感じがどうにもダメでした!
    お刺身も、真っ赤できれいなマグロが生々しくてダメ。トロもイカも鯛もとんでもない!

    それが高校生くらいになって大好きになって、いまや魚卸売市場に早朝から行ってでも、お刺身、食べたいです!鮪マグロ!トロトロトロ!たこでもエビでも!!
    小豆買ってきて大鍋にぜんざい炊いて、一人で食べてしまいます。
    ようかんはまだイマイチ量がダメですが。

    あと、モツ類内臓類は子供の時も今も、ダメです。
    理由は、子供の頃、家が養鶏を一時やっていて、廃鶏(卵産まなくなった鶏)を父が料理していたのです。私をその「現場」に呼び、かあよ、ここが胃だよ、ここが心臓だよ、と、親切に解剖学を小学校3年生のワタクシに教授してくれたので…(涙)
    肉類一切中学校まで食べられませんでした。当時カレーも鯨肉で作りました…
    今は肉類は大丈夫ですが、内臓類は相変わらず絶対ダメ!です。

    ユーザーID:2671772438

  • 餃子の中身

    挽き肉も野菜も食べられるのに、それが一緒に餃子の中に入っていると食べられませんでした。
    でも皮は好きだったので、母に中身を食べて貰って、私は皮だけ食べていたのですが、
    毎回となるとゲンコツを食らいまして、スーパーで皮だけ買って焼いて食べたりしてました。

    ところが中学生になって少し経った頃、突然丸ごとの餃子に食欲が湧き、パクッと行ったところ、
    あまりにも美味しくてビックリしました。
    小学生のときは気持悪く感じた味なのに、何で急に味覚が変わったのか解かりませんが、
    それ以来餃子が大好物になりました。

    ナゾ。

    ユーザーID:3136036324

  • メロン

    全く記憶には無いのですが、小さい頃メロンが食べれられなかったらしいです。
    母から言われました。
    今は普通に大好きとはいわないまでも食べれれます。

    因みに大人になってから苦いものが平気になったりするのは、
    舌の味蕾という器官が味を感じるのですが、これは甘味に特に反応します。
    それが年とともに減っていくので、子供は甘いもの→大人になって苦いもの
    も大丈夫になるそうです。

    でも、なんでメロンだったんだろう?

    ユーザーID:2834245936

  • これだけは

    ピーマン 一言で苦い(笑)今は克服しましたが、あんまり好きじゃなかった・・

    しいたけ みじん切りになっていればOKだった。今はバター焼き、丸焼きも平気。

    うなぎ 今もあんまり好きではないけど、皮の部分を見ただけで気持ち悪かった。。なのでタレご飯で食べていました(笑)

    料理方法次第で食べれるようになったけど、これだけは、
    今でも食べれません。きくらげ、練り製品(かまぼこ等)貝類、いかリング、焼いたもの、赤、黄色いピーマン、ホルモン系焼肉


    絶対無理です(笑)

    ユーザーID:1895501310

  • すいか

    小さくて黒い種・・・・・虫がたかっているように見えました(笑)

    ナスが苦手という方多いですねぇ。
    私にも『ナスが大嫌い!』という友人がいました。
    友人のナスが嫌いな理由は

    『あのテカり具合がカブトムシのテカりとまったく同じ!』だからだそうです。

    なるほどなぁ〜と笑っちゃいました。

    ユーザーID:9017095194

  • 沢山有るんですよ

    その中でも特に大嫌いだったのが魚。全て大嫌いでした。親父が魚好きで特に煮魚を好んだので無理やりきれいに食べさせられました。くにゃくにゃしてすごく不味そうでした。その他にも握り寿司の中でもポピュラーなマグロの刺身も醤油につけると油がギラギラして気持ちが悪かったですね。唯一食べてられた寿司はキュウリだけでした。

    大学に入ってから下宿してそこで煮魚(鯖の味噌煮)を食べさせられてこれはすごく美味いんじゃないかと見直しました。お袋の料理に問題があったんです。女房にマ魚をつくらせてもあんなに気持ち悪い味はしませんから確信が持てました。それで今では肉料理よりは魚料理のファンです。

    ユーザーID:3805091491

  • イチゴジャム

    どうしてもダメでした、イチゴジャム。
    理由はたぶん小児用の薬の味に似ていたから。
    というか薬にイチゴ味つけないで欲しかった(泣)
    市販の小児用味つき薬を飲まされそうになると、
    いつも家の中を逃げ回っていました。(ごめんよ母)

    幼稚園でいつもは弁当持参でしたが、たまに母の体調が悪いときは
    幼稚園でパンを購入して食べてました。
    運悪く「イチゴジャムパン」だった日には、
    空腹に耐えかねて食べるものの見事にリバースし、
    汚れた制服を、自分で洗った記憶が鮮明に(涙)

    入園直前に重いハシカで入院した時も、
    私だけ味のついた小児用ではなく、錠剤を飲んでました(汗)
    逆に大人になってから錠剤の薬は苦手です。

    イチゴジャム、今は普通に食べられます(笑)

    ユーザーID:3858102206

  • 青シソ

    今は大好きです。
    子供の頃は、食べると吐き気がして
    どうしてもだめでした。

    ユーザーID:6526493520

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧